ここから本文です

投稿コメント一覧 (8コメント)

  • 今日はお祝いかなと自己満足ですが、「牛」ホルモンを「雨」の中食んできました。
    近い将来には シャトーブリアンでも行こうと期待しています。
    SJIの時からのナンピ〜ン信者です。
    10万持ってる人お友達になってぇーん:そう思う
    99,999以下の方:そう思わない

  • 発射位置についているのだと思います。
    1600円以上で発射とそれ以下では上がる勢いに差が出ます。
    「値幅で待つ。」古いか!笑

  • 未来投資戦略2017-Society 5.0の実現に向けた改革-の素案 内閣府。配布資料の一番上に遠隔医療が書かれている。
    上がり出したら止まらないと思います。

  • 政府の規制改革推進会議(議長:政策研究大学院大教授・大田弘子氏)は5月23日、2017年度の「規制改革推進に関する第1次答申~明日への扉を開く~」を公表した。医療分野では、遠隔診療の位置づけを明確にするよう求めた

     遠隔診療については(1)遠隔診療の取り扱いの明確化、(2)遠隔診療の診療報酬上の評価の拡充――の2点が項目に上がった

  • 多くの分子標的薬は、標的分子の発現や遺伝子の増幅と関連しないものが多くなっています。EGFR-TKでは効果はEGFRタンパク、FISH-EGFRとは相関せず、EGFRの遺伝子変異が効果と相関しています。もともとMEK阻害剤として開発されていたクリゾチ二ブはALK融合遺伝子陽性、ROS-1をターゲットとして上市されています。シグナルの伝達経路は東京の路線図にように複雑なので迂回路もあり「何か」ターゲットが見つかればコンパニオン診断薬との組み合わせでスーパーレスポンダーがクリアになり、製品として多くの命を延長することになります。TOPKもMELKも期待できると思いますよ。

  • 来ますよ

    厚生労働省は4月20日、医療従事者の需給に関する検討会ならびに医師需給分科会の合同会議を開催し、5月以降、具体的な医師偏在対策を集中的に議論する方針を表明した。法改正を伴わない対策については、2018年度からスタートする第7次医療計画に反映させ、法改正が必要な対策については早期の法案提出を目指す。

    (中略)

    遠隔医療に関しては、「医師と患者の間の空間的・時間的な制約を乗り越える『オンライン診療支援』などの遠隔診療の推進」も議論の俎上に載る。加えて、慢性疾患の重症化予防など安全性や有効性が確立したものや遠隔診療を組み合わせることでより効果が期待できるものについては、診療報酬上の評価を行うことも検討対象となっている。

    ttp://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201704/551049.html

  • 2017/04/21 14:19

    もうすぐですね。

    安倍晋三首相は、2017年4月14日に開催された第7回未来投資会議において、
    「対面診療とオンラインでの遠隔診療を組み合わせた新しい医療を次の診療報酬
    改定でしっかり評価する」と発言しました。

    ■首相が明言、遠隔診療を2018年度診療報酬改定で評価
    ttp://techon.jp/atcl/feature/15/327442/041800124/?n_cid=nbptec_ndhml

    にわかに注目が集まる遠隔診療。
    遠隔診療関連記事の一部を、まとめてお届けします。

本文はここまでです このページの先頭へ