ここから本文です

投稿コメント一覧 (17088コメント)

  • >>No. 161273

    国家が宣戦布告さえすればそれは正当な戦争と看做される西欧諸国の憲法で、戦争放棄のダメ押し戦力不保持である1項2項セットの9条がどこにあるw 日本だけだという話だが?w

    他所の国には9条ないんだからw 西欧式に解釈すべこともなかろうw

    日本だけが平和憲法で他所は違うと言ってるのかねw エロ助君w

    どこの誰も「日本の憲法は西欧式解釈と違うから平和憲法など嘘だ!」という外人さんはいないw

    憲法解釈の必要がないエロ助のバカは何が言いたいw 憲法改正大反対の解釈でケッコウ仮面のオジサンなのかw 

    変態エロパーマ君w お前が言うべき相手はポンコツジジィであろうw

    大笑いw

  • ●北朝鮮による弾道ミサイル発射について安倍晋三首相は29日朝、首相官邸で記者団に「国際社会の一致した平和的解決への強い意思を踏みにじり、このような暴挙を行ったことは断じて容認できない。北朝鮮に厳重に抗議した」と語り、国連安全保障理事会に緊急会合の開催を要請する考えを明らかにした。 by あべw


    青森沖の日本海に落ちたかw バカ首相の平和的解決を踏みにじったミサイル憎しの安倍であるw

    また迎撃できずに悔しがるバカは、9条改正など「く」の字も言わないw

    国連安保理に要請だとさw アメリカは・・・安堵してるであろうw

    ミサイルが日本上空を飛び越えるのは、年明けじゃろうなw

    笑えw

  • 日本をどうしたいのかねw

    何ができるようにしたいのかねw

    それが憲法変えりゃできるのならば、憲法改正案にして国会で発議すりゃいいw

    96条にある通り、改憲の手続きに沿って変えりゃいいじゃねぇかw

    解釈などしなくても、読めばわかる憲法に変えりゃいいのであるw

    政府と国民で解釈が異なるような訳の分からん改憲案は必要ないw

    そんなもんが国民投票で過半数取れるわけがあるまいw

    大笑いw

  • >>No. 161197

    美濃部達吉などわしゃ知らんよw
    そいつが日本国憲法作ってくれたわけではなかろうw
    そんなどこの馬の骨とも分からん奴が憲法を運用するわけではないw

    日本政府、安倍がこの憲法を運用してるのであって、憲法改正案の検討は政党間で協議して議論してるのであるw
    憲法を変えるのは何のためだねw 政府が憲法の趣旨に違わぬ法律を作り、運用するためであろうw

    何が「併呑を宣言」だよw 侵略を宣言すりゃそれが主権国家として正当だというのかねw
    脳みその腐ったお前のようなバカがどう逆立ちしたって憲法解釈も憲法改正も無理なんだよw

    国民投票で必要なのは国民の過半数の賛成であって、お前の解釈手ほどきじゃねぇよw
    バカタレがw

  • >>No. 161197

    なんだエロパーマよw ドリームバカはお前の別ハンなのかねw
    日本国憲法が日本を侮辱してるとかw 日本の憲法学が間違ってるとかw
    バカかお前はw

    解釈で自分の好きなように日本国憲法を変えられるなら憲法改正は必要ないんだろ?w

    憲法改正などする必要ないと言ってるなら、オレと同じであろうw

    憲法変えないとあかんと言ってるポンコツに言えw

    お前はあのバカに2項削除は必須だと言った嘘をポンコツに謝罪しろw
    大笑いであるw

  • >>No. 161177

    中国首脳の訪日、習氏「検討したい」 二階氏と会談
    2017/5/16

    自民党の二階俊博幹事長は16日午前、北京の釣魚台迎賓館で習近平国家主席と会談した。二階氏は「習主席をはじめとしてハイレベルの方に来てほしい」と中国首脳の来日を要請し、習氏は「検討していきたい」と述べた。年内の日中韓首脳会談の開催や、来年の日中平和友好条約締結40年の節目に合わせた習氏の来日を念頭に置いている。
    ------------------------------------

    半年前の記事であるw
    こりゃ間違いなく来るだろうなw 習近平はw

  • >>No. 161176

    アホの安倍は来年あたりに習さんの来日を要請するだろうよw

  • >>No. 161174

    アメリカと一緒なら中国に勝てるといいたいのかねw
    世間知らずのおバカさんw そのアメリカが中国と仲良くしようとしてるから、日本も中国と友好関係でいるw
    大笑いw

  • >>No. 161169

    なぜ、完全に破棄することが必要なのかw それを説明しなきゃ、政府も聞いてくれないw
    中国や日本の左翼にもなっとくできるように説明する能力は・・・お前にはないw
    大笑いw

  • >>No. 161166

    破棄しないと決めて、戦後70年以上が経ち、これからも守り通す日本であるw
    世界にとっても平和憲法は問題ではなかろうw
    笑いw

  • >>No. 161162

    何の説明もしてないだろw お前はw
    お前が無知を晒してるだけであるw
    世間知らずのおバカさんw

  • >>No. 161161

    日本は9条を改正しろと、アメリカや中国や世界がお願いしても、お断りであるw
    どんなに圧力をかけられても、却下するw 
    戦後70年以上もこれでやってきた日本であるw

    笑いw

  • >>No. 161159

    何の目的を達成しろというのかねw

    護憲は守られてるしw 憲法をアメリカに突っ返すつもりもないw

  • >>No. 161154

    アメポチの日本だから中国との友好関係も大事にして、戦争が回避されてることに文句はないw

    9条の憲法改正は必要ではないw

    簡単な話であるw

  • >>No. 161153

    ●トランプのアジア歴訪に見るパクス・アメリカーナの終焉
    渡辺靖氏(慶應義塾大学教授)---11/18

    「パクス・アメリカーナ」が、いよいよ終焉を迎えつつあるようだ。しかし、そこに一帯一路を掲げて台頭する習近平の中国は、一体どのようなオルタナティブな価値を提示しようとしているのだろうか。

    先のトランプ大統領の初来日では、植民地と宗主国の関係を彷彿とさせるような日本の異様なまでの歓待ぶりが目立ったが、実はあの時、大統領は日本を皮切りに12日間にわたりアジア諸国を歴訪していた。トランプにとっては大統領就任以来最長の外国歴訪であり、最大の外交舞台だった。

    しかも、その中には今や世界の2大覇権国となりつつある米中の首脳外交も含まれており、世界はトランプ外交の行方とともに、米中関係の変化が今後の世界秩序にどのような影響を及ぼすかを固唾をのんで注目していた。

    しかし、結論から言えば、外交の舞台に出ても、はるばるアジアまでやってきても、やっぱりトランプはトランプだった。

    トランプ大統領は超大国アメリカの国家元首として、行く先々で盛大な歓迎を受けたが、その一方で、アメリカ側から今後国際社会の中でどのような役割を果たしていく用意があるかについての意志表明は、ほぼ皆無だった。また、トランプは安全保障やその他のデリケートな外交問題も、ほぼ例外なくビジネスディール(取引)の感覚で受け止めていることを隠そうともしなかった。

    これは選挙戦当初からアメリカ第一主義を掲げ、全てをディール(取引)と位置付けてきた不動産王のトランプとしては、至極当然のスタンスだったのかもしれない。

    しかし、アジア諸国を歴訪中に、例えば中国やフィリッピンでは人権の問題に全く触れず、行く先々でどれだけのビジネス取引を成立させたかばかりを勝ち誇るトランプの姿からは、アメリカという国がもはや自由主義陣営の盟主の座はおろか、その普遍的な価値を守っていく気概さえも失ってしまったことを感じ取らずにはいられない。

  • 一方の中国は、これまでアメリカを始めとする欧米の自由主義陣営の国々から、民主主義や人権の分野での遅れを常に指摘されてきた。しかし、今回、アメリカからそのような問題提起がなかったことに加え、むしろ欧米諸国の政治が軒並み機能不全に陥っている様を横目に、民主主義に対する懐疑的な考え方にむしろ自信を深めているようだ。

    ちょうど共産党大会とトランプ訪中のタイミングに1か月あまり北京大学に滞在していた慶応大学の渡辺靖教授は、中国の共産党エリートのみならず、中間層の間にも、欧米が主張するような民主主義に対する懐疑的な見方が広がっているとの印象を受けたと語る。それは現在の中国の共産党による支配体制に対する自信にもつながり、中国には中国の独自の国家モデルがあり、何も欧米のモデルを真似する必要はないじゃないかという風潮が強まっていると渡辺氏は言う。

    古くはローマ帝国から、元、オスマントルコ、大英帝国等々、これまで世界には覇権を握る超大国が一つ存在し、その国を中心に国際秩序が形成されてきた。として、少なくとも20世紀以降は、自由、人権、民主主義などの普遍的価値をベースに圧倒的な経済力と軍事力でアメリカが世界の覇権を握ってきた。

    アメリカは経済規模や軍事力では依然として世界で群を抜く超大国だが、一方で、そのモラルオーソリティ(道義的権威)はトランプ政権の発足以後、大きく傷ついている。このアジア歴訪でそれがいよいよ決定的になったとの見方もある。これは、1世紀ぶりに世界が新たな秩序の模索を始めたことを意味するが、その中で中国がどのような役割は果たすようになるのかは、依然として未知数だ。

    また、そうした新たな世界秩序の下で、日本の唯一の外交戦略は今のところ「何があってもアメリカについていく」以上のものが見えてこないが、それで本当にいいのか、そこにどんなリスクが潜んでいるのかも気になる。

  • >>No. 161146

    ポンコツは、もはや解釈改憲しかないのかw
    9条改憲は、現実的じゃないということだなw
    大笑いであるw

  • >>No. 161140

    平和主義者で2項削除の改憲を言うお前は、軍事力で平和を守るのが目的の憲法改正じゃなかったのかねw
    ドリームバカは解釈でできるから憲法改正は必要ないと言ってるw
    お前があのバカに教えるべき話じゃないのかねw

    憲法改正の必要性をw

本文はここまでです このページの先頭へ