ここから本文です

投稿コメント一覧 (17418コメント)

  • >>No. 662096

    ●米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏が以前所有し、現在もその名を冠している米ニュージャージー州アトランティックシティーのカジノ、「トランプ・タージマハル」が閉鎖されることが決まった。現在の運営会社が3日、発表した。

    閉鎖は米国の休日「レーバーデー(労働者の日)」の9月5日の後の予定。従業員の医療保険や退職金をめぐって1か月以上にわたって続いているストライキが閉鎖の原因だと、運営会社は述べている。

    トランプ・タージマハルは毎月多額の負債を生み出している状態で、これまでの負債総額は1億ドル近くに達しており、運営会社の親会社である米著名投資家カール・アイカーン氏のアイカーン・エンタープライゼズが撤退を決めた。---2016年8月4日 AFP
    -------------------------------------

    2年前に潰れたという話だがw トランプが大統領になって再建したという話は知らないw
    トランプが大統領だから負債がなくなり、アトランティックシティーが持ち直したという話はないようだなw
    あほらしw

  • >>No. 662094

    日本にできるカジノにもトランプタワーが必要かねw
    安倍タワーじゃ衰退に拍車かかるだけだろうよw

  • >>No. 662088

    断られのは安倍が首相になる前だよw 安倍になって認可され、今学生が肩身の狭い思いで新設の大学で学んでるという話であるw
    知らなかったはずの安倍がなぜ何度も断るのかね?w 
    バカかお前はw

  • >>No. 662086

    なんだカジノを切望してるところなんかないしw お前も知らないということであろうw
    とんだザル法だよなw これから募集となるとそれはオリンピック後の話かよw
    築地の豊洲移転問題に何年もかけて地元と東京都が揉めたがw 似たような大問題になることは目に見えてるなw
    大笑いw

  • >>No. 662087

    バカイチの住む町は特定アジアお断りじゃないのかねw
    IR法はどこの国の誰だろうが観光客なら歓迎であろうがw お前は特アお断りじゃねぇのか?w 
    そのお前の住む街にできるんだろ?w お前の住む地域が潤うからw 違うのか?w
    それとも特ア嫌いなのは、掲示板だけの話かねw 

    アホかw

  • >>No. 662053

    パチンコってビンボー臭くって嫌い?w

    日本全国津々浦々にありますがw

    ガハハハw

  • >>No. 662044

    アジア中 いや世界中の人たちが楽しめる夢の場所がバカイチの住む町にできるのかw

    特定アジアお断りの街じゃ来てくれないだろうよw

    ガハハハw

  • >>No. 662043

    必要でないカジノに代わる代替案は地元の数だけなんぼでもあるw それぞれ違う地元の要望がねw

    カジノに拘ってるのは安倍政権だけであり、地方のどこがカジノを要望してるw

    加計学園の獣医学部を何度も愛媛県が申請したがw 政府に断れたそうじゃないかw

    愛媛県はカジノも欲しいと申請でもしてるのか?w

    大笑いw

  • 地方自治体はそんなにカジノ法案に賛成なのかねw

    カジノ誘致に手を挙げてくれるところには、政府から助成金でも出るのか?w

    あるいは国有地の大幅払い下げとかw 地方交付税増額の特別待遇とかw

    ほんとにカジノで日本経済が潤うのなら、日本全国が手を挙げるはずであるw

    いったいカジノを何か所作ろうというのかねw 日本全国津々浦々に作るわけではあるまいw

    カジノがインフラになるか! ボケw

  • >>No. 662013

    自民党の議員でラスベガスを口にしたバカの名を教えろw

  • >>No. 662013

    誰かね、ラスベガスをモデルにカジノ法案を勧めてるのはw

  • たしか安倍記念小学校は解体されずにそのままだなw 国交省の管轄だから、更地にしてカジノに作り直すのかな?w

    教育勅語の小学生はいらないw

    大笑いw

  • >>No. 662003

    法案が通っただけで、もう日本経済が潤ったような浮かれようのバカイチ君w

    箱ものの豊洲市場という未来になった時w 責任取ってもらおうかねw

  • >>No. 661995

    米ラスベガスの訪問者数がというはなしであろうw 日本人の富裕層が金を落としてくれるわけではあるまいw
    その富裕層が人口減w 海外から日本に訪れる富裕層に特アはお断りできるのか?w 
    シンガポールやラスベガスや韓国は観光客の落とすその金を当てにしてるのであるw
    地方の町興しに観光客を呼び込むには、他所にはないその地元にあるもので観光客を招くというものであろうw

    なんでカジノを押し付けるw カジノじゃなきゃ町興しできないのか?w
    何処だよ、町興しのためにカジノ誘致に手を挙げてる自治体はw

  • >>No. 661970

    ラスベガスがなんだって?w 砂漠化を止める町興し?w
    バカかバカイチはw

  • >>No. 661970

    今やラスベガスでも客がどんどん減り、閉店を余儀なくされる店も少なくないようです。

    一方で、これまでラスベガスで遊んでいた富裕層らは、オークションで有名絵画を購入したりしているとのこと。

    市場経済の崩壊を予期してか、富裕層らはお金の所有から現物の所有へと移行している様子です。
    ---------------------------------
    以前、アトランティックシティーでカジノが相次いで破たんし閉店していると書きましたが、今日、AFP-時事通信は現場を取材し、よりひどい惨状を報じています。
    また、ラスベガスでも客が居なくなってきており、ショーがどんどん取りやめになってきており、今までラスベガス=大人の遊園地、という状態ではなくなってきているのです。

    ラスベガスはカジノだけではなく、超高級レストラン(総額で何十億円という本物(とうたっていますが)のピカソの絵画を飾っているフレンチレストランや超高級中華レストラン、当日ではまず予約が取れないというステーキハウス等々があります)やショーもブロードウエーミュージカルやセリーヌ等の超有名歌手のショーをやったりしていましたが、今やそのミュージカルやショーもどんどん消えていき、カジノも閑古鳥が鳴いている状態になりつつあります。

    カジノで遊んで楽しんで、そしてあわよくば一攫千金という中堅層が消えてしまったのです。
    勿論、低所得者層はカジノに来ていますが、それはダウンタウンの昔ながらのカジノであり、ベラージオ・シーザーズパレス・MGM等の超高級カジノは、それ相当の服装も必要であり、敷居が高いために来ないのです。
    カジノホテルはある程度余裕のある中堅層から富裕層が対象になりますが、富裕層はさほど変わっておらず、相変わらず来ていると言われていますが、絶対的な数は少なく、VIP(ハイリミットエリア)で遊んでいるようですが、問題は有り金すべて使い、更にはクレジットカードからお金を引き出す中堅層の激減なのです。

    彼らが一番カジノにとり収益になるのですが、この無茶苦茶にお金を使う中堅層の収入が伸びておらず、反対に減らしている者も多く、カジノで豪遊という訳にはいかないのです。
    これはベガスだけではなく、今回取り上げられましたアトランティックシティーでも同じはずです。

  • >>No. 661956

    今日めでたく?w カジノ法案は通ったw
    韓国はカジノ禁止になってないw 日本は晴れて解禁したw

    日本経済を潤すというのは眉唾であるw

  • >>No. 661955

    ─韓国の外国人専用カジノの総売上(2013年)は1兆3685億ウォン(約1368億5千万円)ですが、そのうちの18.6%にあたる2550億ウォン(約255億円)が租税および基金に充当されています。しかし、この2550億ウォンのうち、地方税は128億ウォン(約12億8千万円)に過ぎません。つまり、カジノ解禁による財政的恩恵のほとんどは中央政府に流れ、地方は潤わないというのが韓国が示す実例ですね。では、ギャンブル依存症などの社会的悪影響についてはどうでしょうか?

    金 実態を見てみると、「江原ランド」ではカジノの周辺に質屋や中古車業者が建ち並んでいます。
    これは「江原ランド」に限らず、ラスベガスなどでも見る光景ですが、そうした店舗が数多く営業しているということは、カジノで所持金だけでなく、持ち物すべてを換金してまでギャンブルにつぎ込む人が大勢いるという証明です。そして、前述の通り、韓国ではそうした人のほとんどは自国民なのです。

    また、これはカジノとの因果関係が証明されているわけではありませんが、韓国ではカジノが解禁されて以降、違法賭博の摘発が年々増加の傾向にあります。2015年には違法賭博で169兆ウォン(約16兆9千億円)が違法賭博で摘発されています。

    ─カジノ解禁によってギャンブル一般が身近になってしまい、違法賭博に対する意識が希薄になった結果かもしれませんね。それにしても、169兆ウォンというのは外国人専用カジノの総売上の100倍超の数字ではないですか!

    金 もうひとつ、これも日本の皆さんに是非とも認識しておいてもらいたいのですが、日本人と韓国人には「他地域の人よりもギャンブル依存症に陥りやすい」という傾向が調査によって明確になっています。

    2010年に韓国で国務総理所属の射幸産業統合監視委員会が発表した数字によると、韓国の成人の賭博中毒有病率は6.1%にも上っています。日本の場合、厚生労働省が2015年に発表した数字では、成人の約4.8%(約536万人)がギャンブル依存症患者とされています。これらの数字は欧米諸国の調査結果に比べて3、4倍も高いのです。

  • >>No. 661954


    金 また、インバウンド効果と併せて、今回の法案成立の背景には「カジノによる街おこし」「地方創生」も考えられているようですが、これも難しいでしょう。

    世界的に見て成功しているカジノは、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」のように都心部からのアクセスが良く、立地条件の整った施設です。

    加えて、観光客を呼び込むためにはカジノだけでなくスポーツや音楽などの世界的イベントをしばしば開催するなど、他のエンターテインメント要素も充実した施設でなければ成功は難しいと言えます。山間部にある「江原ランド」と「マリーナ・ベイ・サンズ」の比較で言うと、施設全体の売上に占めるカジノの割合は、前者が95%であるのに対し、後者は81%です。

    日本政府も「カジノはIR(統合型レジャー施設)の一要素である」という説明をしていますが、カジノ以外の条件を整えるのは地方では難しいでしょう。むしろ、地方にIRを作れば、結果的に“箱もの”だけが残り、今以上に地方の財政が悪化する危険もあると考えるべきです。

    加えて、「江原ランド」も元々、炭鉱で栄え、その後に廃鉱となった地域を再開発するという名目で造られましたが、実際に地元に還元されたのは設備投資のわずか3.5%(2011年)に過ぎません。

  • ●韓国は約半世紀前にカジノを解禁したが、それによって経済は潤ったのか? 

    ―韓国は、1968年に外貨獲得を目的としてソウル市郊外に「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」を開業しました。“カジノ解禁の先輩”韓国の現状を教えてください。(※金惠京)

    ※金 今回の「カジノ法案」成立は、日本と韓国が協調して輝かしい未来を築くことを願うひとりとして、非常に残念です。なぜなら、韓国が行なったカジノ解禁は、社会に対してプラスよりもマイナスの影響が大きかったからです。日本の国会はどうして“韓国の失敗”から学ぼうとしないのか、その点が残念でなりません。

    ご指摘の通り、1968年にオープンした「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」は外貨獲得を目的としたもので、韓国人は遊戯できない施設でしたが、2000年に韓国人も遊戯できる「江原(カンウォン)ランド」が開業し、現在では国内17ヵ所でカジノが営業しています。

    これらのカジノがもたらした経済効果に目を向けてみますと、日本のカジノ法案も主に中国の富裕層など海外からの観光客をターゲットにインバウンド効果を狙ったものと考えられますが、韓国ではそれとは全く逆の結果となっています。

    韓国国内の17ヵ所のカジノのうち、韓国人にも遊戯が許されているのは「江原ランド」だけですが、客の99%が韓国人である「江原ランド」の売上は他の16ヵ所の売上総計よりも多いのです。

    つまり、韓国のカジノでお金を使っているのは、海外からの観光客よりも圧倒的に韓国国民が多いということです。外貨獲得やインバウンド効果には繋がっておらず、カジノが黒字になるとしても、それは自国民がカジノで負けた、つまり税金を免れた国民の所得がカジノを通じた国の収入に変わったことと同じなのです。

    ─韓国の日刊紙『ハンギョレ』の日本語版(2014年9月3日)にも次のような記事がありました。韓国を訪れる一般観光の外国人は、ひとり当たり137万8千ウォン(約13万7800円)を使うが、カジノに来た外国人観光客が使う額は46万1千ウォン(約4万6100円)に過ぎない。2013年にカジノでの遊戯を目的に韓国を訪れた外国人観光客は全体(1217万5550人)の22.2%で、カジノ産業を通じた外貨収入は、観光産業全体の収入(143億300万ドル)の8.7%に過ぎない…というものです。

本文はここまでです このページの先頭へ