ここから本文です

投稿コメント一覧 (353コメント)

  • 東スポ 「恥を忍んで・・・」とあるが、若手育成一丁目一番地を理由に村田を戦力外にしたのです。
    オフシーズンには外国人助っ人の物色やFA選手への獲得へ動く姿勢が一番恥ずかしいのです。

    若手育成に対する、鹿取GMと川相監督の意向には一縷の希望は感じるものの、多くの方々が報じるように常時指揮を執るヘッド無能では結果が見えてます。
    「真」と「修」を見誤ったかとのコメントは膨大です、3年間優勝を逃した張本人のチュウを先ず切らなければならないと感じているのはファンならず首脳陣や選手も同じ。

    村田修一に関わる記事が掲載されれば、多くの方がそれぞれのコメントを入れ(一部ネガティブもあるが)その多くは「早く移籍先を」といったものです、また検索数も多い。
    移籍先が未だ決まらないのは、年俸の関係だろうと思慮します、若手育成には良い見本となるのは事実、とは言え?

    熱き村田ファンとして、魂を揺さぶるプレーをまだ観たいものだと思いつつ朗報待ち続けていきたい。

  • >>No. 112502

    > チュウに役職を与えて残してくれ、と負の遺産を残したハラ。
    >
    > 岡本のスタメンを見たい、と未来を託した村田。
    >
    > どっちがチームを思いやっているのやら。

    同感です。正解は後者です!
    吉村という負の遺産も増えたのですね、どこまで信用すればいいか、何を言いたいのか分からんデイリーのようなポンコツ記事まで始末です。

    王・長嶋に始まり、江川や中畑の活躍が観たい、槇原と斎藤の安定したピッチングに魅せられて松井のホームランにこだわる姿勢に王を重ね合わせて、期待を背負い阿部が。巨人ファンとして生え抜きの選手を応援してきました。
    そこに、ポンコツ1億不倫密会愛好会パワハラ監督は現役時代から甘えが目立ち、バットを投げ飛ばしたり道具を大事にしない事が身についている姿に当時から反吐が出る位嫌な奴で、個人的意見ながら中畑を次期監督とすれば負の遺産の一掃になり、今の目標である若手の育成にも繋がるように思えるのだが。

  • >>No. 112495

    確かに、読売グループは減収でした。時間があれば決算分析してみます。
    報道、メディア機関の多様化による個々の選別及びテレビ離れも一つの原因でしょうね。

    球団の性質上、指導体制もOB主体で旧スター選手が監督がベースです。
    いくら無能なコーチ陣であろうと、ファンから見て辞めてくれと嘆願しても居座り続けるのが決まって1億不倫パワハラ監督の子飼いです。

    背番号8には、個人的にネガティブなイメージがあります、出来れば永久追放欠番が適当だと!
    来シーズンは、チームの若返りがテーマ。コーチ陣を見渡した時に本当に可能なのか?特にデッドストックのチュウ

    昨日のジータスで、徳さんのインタビューで「来季の若返りは、どのように」の問いにチュウ「なんとか勝っていかな、いかん事はわかってる」の応対に思わずひっくり返りそうになりました。

    これから先も、悔しく思うだろう事は何故真一ではなく修一なのかです。
    阿部、村田、マギーがいると若返りが出来ないとは、ただの言い訳としても、これから巨人の男・村田が見れないのが堪らなく寂しい。

  • さらば巨人「巨人に来てよかった」 長野、坂本、亀井らの村田に対する想い 多くの男・村田ファンからの温かいメッセージ アンチ村田であったが賛美のメッセージと去り際の男らしさに安堵です。
    「巨人ファンだったが、村田が居なくなるなら巨人を応援するのを辞めて、村田についていく」とのコメントが多数ありました。
    私もその一人で、今月をもって読売新聞は解約です。
    岡本や宇佐見、山本 吉川らの成長は今後も見守っていきたいし、いつか追いついて欲しいものです。
    ただ、チームの若返りを来シーズンの目標にしバレやゲロをと触手するようではどのようなものか?
    寡黙な男であったが、胸に燃ゆるもの持った一流野球人の村田修一の志を無碍にするような事のないようにしてもらいたいものだ。
    「勝って奢らず、負けて腐らず」の男が最後に「寂しい気持ちはある」と言った言葉の意味を是非理解してほしい。

  • >>No. 112453

    シーズンさん
    熱き村田ファンとして、同感です。

    FAでジャイアンツに来てからの村田へ対する、扱いの悪さに常に疑問を持っていました。
    元来、FAで他球団で活躍しプロとしての実績のある選手ばかりを時期戦力へ組み入れるやり方で巨大戦力化し常勝を目指してきたチーム。
    しかし、その裏で生え抜き選手を表に出すという姿勢も強いのです、問題は獲得後のFA選手の扱いです。
    以前には、江藤(現コーチ)や小久保、落合や清原と最終的には良い印象を与えないまま移籍。

    今回の村田にしてみても、序盤は2000本キャンペーンとマギーの加入で代打要員ですよ、正直、「何を考えてのかっ」と同時に元ポンコツ1億払い不倫監督時代のぞんざいな扱いが過ぎりました。
    村田の存在がきっかけで野球を始めた岡本に対して個人的にも、ヒーローインタビューの時にも「岡本に教えらる
    事があれば全て教えます」と後輩に対するおもいやりもあった。
    我々も当然に村田の後は、岡本というビジョンがあり、そこに至るまでソフトランディングさせれば村田・岡本両者にとっても自然で良い形でしたが、村田の気持ち(守備に打撃に)はもう届きません。

    数年後、FA触手が予想される筒香の獲得は無理でしょうし、次期候補の中田も消えました。
    また、ドラフト会議を2週間後に控えたこの時期の発表、指名される側にも少なからず不安が残る結果になったのでは?

    内海や阿部、脇谷ならば納得したファンも多かったんではないでしょうか、これがベンチは生え抜き(コーチ陣が特異)をフロントは新戦力をの二つにねじ曲がった今のジャイアンツの構図です。

    チームの若返り、いいでしょう。そこに頼れる選手がいなければ真似して、盗んで上手くなることは出来ません。
    そういう意味で見ても、村田は大事な存在だったのではないでしょうか?

    いつまでも、チュウを野放しにしていては将来が見えてきません、鹿取にしろ大した実績も無いのに村田相手にいえたものですよ。
    この際、ジャイアンツファンからアンチで村田に付いて、そこのチームを応援しようかと思案中です。

    「村田はよく頑張った、6年間在籍有難う」とこのスレを利用しつつ伝えたい。

  • >>No. 112421

    他人事のようなコメントでしたね。

    ジャイアンツが変わらない、変えられないのがよく分かりますよ。

  • この時期に、ハラ時代のコーチ等と記事が出るだけでも腹立たしく感じます。
    過去の人であり、スキャンダル隠しの人としての記憶で記事が出るたびに巨人を破壊した悪いイメージが先立つ人物。
    そして、負の遺産を置き去りにした張本人ですね。

    今回のコーチ・スタッフ人事にチュウ残留というのは? 新人監督であった高橋監督のサポート役として功績もなく今季はBクラスへ転落。
    高橋監督は、シーズン中に来季続投となったが、Bクラス(V逸)の責任はとなれば一番近くで一番密に作戦を指示していたチュウの退任は必至だと多くの人は思ったはず、そして新しいヘッドの下と期待もあった筈。

    自分の事しか考えないハラの子飼い連中では、到底、若手の育成など無理な話ですね。
    毎年のようにスキャンダル・事件が起きるのも、その原因と防止策さえない。
    チュウのようにジャイアンツのユニホームを着てある程度、名を売れば引退後はコーチ陣でスタッフでという楽観的思考の選手も出てくる可能性もあるのですね。

    浮ついた気持ちが、もし、そこにあるのならば本気でチームを強くする気持ちないのならヘッドコーチであるチュウこそ自ら身を引くべきでしょう。

  • >>No. 111799

    FAで毎年のように他球団からある程度実績を挙げた選手を弱いポジションに補強し、スタメン起用する

    その一方で、若手期待株の出番が少なく結果をすぐに求められ、そのチャンスも少ない中、力を発揮出来ないで
    降格の繰り返し

    今季序盤からセカンドの定位置にと、チャンスを与えてはみたものの選手は限定的

    一つのポジションだけではなく、例えばショートやサードやファースト、外野など広く多くの若手起用を一定期間
    適正と持ち味を見極めるのも必要ですね

    若手を育てる事については、2軍コーチも育成上手で他球団に引けを取らないと信じていますが1軍滞留のスパンが短すぎる
    ある程度、実績を積んできている選手はベンチウオーマーになろうがシーズン通して滞留させて1軍での戦い方を学ばせるくらいの覚悟も必要ですね

  • >>No. 111787

    まだまだ他球団に比べると、これといって若手の台頭が遅れていますね

    しかし、ここにきて宇佐見や畠(顔が似ていて区別がつきにくいのですが)の新戦力が加わりました
    二人とも大変に研究熱心ですね、これからを支えていく選手になっていくこと願ってます

    ドラフト指名は、安田でと

  • >>No. 111784

    個人攻撃は好みません

    村田も阿部と踏ん張ってるし、球界の名手ベテランとして実績を残しているから高い給料も納得してください

  • 高い給料にしたのはフロントですね。
    そういう事をいってはキリがないですね、たまたま村田推しであるコメントです

    あまり個人的に結果だけ見て言うような卑怯なコメントは好みませんが、他にも高給取り思い当たりませんか

    ベンチの采配や選手起用のビジョンについてのコメントが聞きたいんですよ

  • 何が悪いって、結果だけ見て言ったり大人しい選手の事をあれこれとでは何時までも埒があきませんね

    一時期「小林たたき隊」という言葉が独り歩きをした
    打てる捕手とか、打てない捕手とかね

    もしも、あの悪夢ような13連敗がなければや1点差ゲームの取りこぼしが少なければと想い返してみた時に
    それが、その全てが一部の選手の責任に転嫁しえるものかといえば、それは選手起用下手、戦法下手の監督や
    ヘッドへの責任

    村田選手が惹きあいに出ているようですが、代打起用で出遅れの感が拭えませんが守備は巨人歴代三塁手の中でも
    一番上手い
    かつて長嶋が、なんでもないゴロを難しく取ってファインプレーに見せる
    村田は、難しい打球の処理を難なくこなす
    いつのまにか、これが普通だと当たり前だと感じられるようになり、もう一つのHRバッターである顔の方にばかり
    気持ちが入ってしまい、打てないとガッカリする
    正直そういう私も、その一人でしたがサードの守備を無難にこなす、もし村田でなければと思う瞬間が何度かあった
    はず、前監督も同じポジションでしたが(トンネル王)巨人でサードと言えば村田の安定感の上を行く選手は居ない
    と個人的意見ではありますが「熱き村田ファン」としてコメントを残させてもらいますね

  • 今日の中日戦、連戦と移動疲れも手伝ってのあっさり打線か?
    マイコラス 田口の熱投する試合に1点も取れずに敗戦する
    5点差が付いた負け濃厚のゲーム展開でもなく、相手投手がずば抜けて良い訳でもなく

    打線の工夫が無いだけが一貫し、球種や球道を見極める=数球投げさせる(球数を増やす)
    ただ、初球ストライクから打ちにいき凡打の山を築く、ランナーが出ても個々が個人プレーに徹する為、得点圏に進められずランナーも盗塁の技術に欠ける

    菅野 マイコラス 田口 畠と投手陣はリーグ1の活躍が出来ている、打撃陣が攻撃時間を相手よりも長く出来る工夫が必要で4人投手より成績の悪い相手投手には抑えられない位の打撃陣の強い意識が欲しいものである。

    大量点を取って勝った試合の次の試合に1点を取る事が難しく変貌する打線では、CSに行ったとしても連勝することが義務着けらるだけに苦戦は必至であり、広島まで追いつけない現状のままである。

  • 村田の死球記録、150個も当てられたら何度かその投手に対して向かっていき乱闘騒ぎを起こす元OB選手のような行動にはしる訳でもなく、痛みに顔を歪めた後は淡々とプレーを続ける。
    今季は、代打要員としてスタートして活躍の場が減ったがHRも二桁に乗せ、サードの守備を完璧にこなす。

    桑原のライナー、抜ければ2塁ランナーがホームを駆け抜ける場面でのファインプレー。
    高校時代は投手で甲子園出場、村田が捕球すれば肩はいいので殆どアウトが取れるぐらいの安心感もある。

    豪快な一発も村田の持ち味であるが、今日のような体を張った活躍も勝ちに集中し続ける姿勢であり魅力である。

  • 4連勝!
    五割まで後3つ。
    今日の亀井、5の5 2HR 6打点の活躍。
    最終打席、駆け抜けていれば3ベース(サイクル)狙えたかもとだけが唯一不満であるが、最近の打線の粘りで勝利をものにするところは今後も期待したくなる
    亀井も立派だがマイコラスもお見事であった、後は高木が緊張感をもって0点で切り抜ければ最高であった。

  • 帰宅し録画をチェックしてみたら、村田のお立ち台。
    久しぶりのHR・2打点 山田の痛烈なゴロを好守、連続試合安打継続。

    マギーはセカンドも無難で攻撃に厚みを感じられた、サードの守備は村田が完璧。
    代打要員であった亀井と共に活躍、そして前半戦最後の試合に2人揃ってお立ち台
    我慢を重ねた末の言葉に聞こえた、後半戦も期待したい。

  • >>No. 109011

    今年は、村田が活躍した試合いまのところ負けていますね
    まあ、こんなシーズンもあるって事でめけずに頑張ってくれればいいのです

  • 高橋監督は、「抑えの一番良い投手が打たれての負けは仕方が無い」とコメントを結んだ

    村田の全打点、勝てば久しぶりのお立ち台が待っていた
    7回までチャンスを生かせずに、8回に代打阿部の時に立岡ホーム突入で1死・マギーのファーストフライで2死後の満塁のいろんな想いのこもった場面、右方向に村田らしく振り抜き長野が寺内・坂本とホームインし逆転
    2塁ベース上で手を叩いてのガッツポーズ

    選手が一丸になれた試合であっただけに、この負けは悔しい、村田のお立ち台を観たかった

  • 阿部が早期一軍復帰と報じられていますが、心配なのは全力で走れるのか守備を完璧に出来るのかという事です。
    確かに「一発の期待」はありますが、普通にツーベースヒットを単打にしたり速い打球処理にもたついたりと相手に隙を与える要因がつきものです。
    シーズン通してのフル出場が難しくなっている現状において、2000安打達成という個人の目標の為だけの出場に思えて仕方ない。
    普通に全力で走れる体で年間プレー出来るのであれば、目標達成に向けて応援したいものであるが今の阿部を見る限り無理、今後はそのような心配のない村田起用で代打の切り札の交代が望ましい形である。

    若手の伸び悩みの中、山本・辻・石川を確実に育てていく事と更に岡本の一軍で育成。
    小林のライバルになれるような存在(宇佐見・・捕手でも6番や7番が将来的に打てるような)機動力も使える選手の昇格等に重点を置いて考えるよう今季は切り替えるべき時であると感じる今日この頃である。

  • 阿部は、右膝と腰の切れがないからと左足を低く構えて内側から振り抜くスイングに替えて2HR。
    工夫して対応したなと感心し、期待した3打席目にアクシゼント。
    嫌な予感が的中しました。

    これで、交流戦でも高い力を見せてきた男村田の出番。
    スタメン出場し、豪快な村田らしいプレー阿部の代役以上の活躍を期待したいものです。
    個人的には、サード村田・ファーストマギーでの布陣を観たい。

本文はここまでです このページの先頭へ