ここから本文です

投稿コメント一覧 (1170コメント)

  • 「概念の壁」と言うけど、サイボーグ007や仮面ライダー、
    それに米アニメのアイアンマンも、ロボットとは言わない。
    それってFDA承認にとって、そんなに大切な問題なのかな?。

    ガンダムの様に人が乗り込んで「操縦」するものはロボットと呼ばれるけど。
    HALは人体のサイボーグ化を目指しているのであって、
    無理に「ロボット」と呼ぶ必要は無いと思う。

    「ロボティクス」と言った方が株式市場のグローバルテーマには合致し易いけど。

  • 今回の祭りの頂点は9:01の742.7円でした。
    ハイ、お片付け、お片付け。遊んだオモチャはお片付け。

  • >>No. 413

    キリストとかブッダとかモハメッドとか、ここの社長は教祖。
    信じたと言うより、自分で考えて創り、信じさせる側。

    注意が必要なのは、一般信者。本当に信じていいの?
    自分から疑問を持たないとダメ。

  • 「信じる」のはただの思考停止ですよ。それは宗教。
    投資家と科学者に必要なのは「疑問を持つ心」。
    未だ売りませんけどね。

  • 与党勝利は株価にポジティブだが、材料としては既に相場には「折込済」。
    明日からは「材料出尽くし」で「利益確定の売り」に押されるのが相場の常識。

    政策期待が盛り上がれば、新しい材料になるが、自民は改憲に臨める数に達したので、
    今後は経済対策が後回しになる懸念が出て来る。
    与党は勝ち過ぎ。これは経済界が期待していた最善の結果ではない。

  • >>No. 319

    「1」等、予め決めておいた数字が3回連続で出る確率は6^3ですね。

    でも「どの数字でも良いから出目が3回続く」という条件なら、
    1回目は「1-6」のうち、どの目が出ても条件クリアです。
    2回目+3回目が一致する確率が問題になるので確率は6^2です。

    指数関数とは、どの様な物か知っておくのが、ここのフォルダーにとっては必須???

  • 選挙結果は与党圧勝でしょうが、そこで「材料出尽くし」。
    日経平均の祭りは終わり。
    月曜の朝はADRに近い所から始まり「寄り天->利益確定の売り」では?

  • >>No. 304

    いや、あの、プログラミング言語はプログラミング言語です。
    英単語的な表現が使われる事も有るけど、人間の言語といっしょくたにはできません。
    ちなみに日本語的な表現で「開く」とか書ける「なでしこ」なんて言語も有りますが
    もちろん日本語ではなく、プログラミング言語はプログラミング言語です。
    英語が得意かどうかと、プログラミングの能力は関係無いので、「なでしこ」は普及してません。

    FDAの承認が注目されているのは、米国の医療費市場が大きいからです。

  • >>No. 298

    まあ9回の練習と、その成果の関係は劇的な物ではないですね。
    ウイルス性の病気が特効薬で治った、みたいな話ではないから。
    でも経験的には効くし、統計的に数字で表す事だってできた。
    って事です。

    英会話教室に週3回 X 半年通って、全く成果が無い人はいないと思うけど、
    本人の素質や、やる気や、教室外での過ごし方によって、個人差は出るでしょうね。

    療法士の資格が有る人でも、HALの扱いには習熟が必要な様なので、
    英会話教室並みにHALが普及するには、優秀な先生の確保も必要かな?

    中学校の英語教師並みの税金泥棒でも、成果が出せる様な、
    使い勝手の改善の方が先決じゃないのかな・・。

  • >>No. 297

    とにかく研究者が「経験」した事を、他の人と情報共有するためには、
    統計的に数字で表現する事が必要です。

    p値って言うのは「危険率」、「その結論が誤りである可能性」です。

    サイコロを振って3回連続で同じ目が出たら、インチキくさい気がしますが、
    その程度の「まぐれ」は1/36の確率で起きるので、それくらいのことで、
    「このサイコロはインチキ」と決めつける事はできません。

    しかし100回振って同じ目が出たら「このサイコロはインチキ」と結論付けて
    誤りとなる可能性はかなり低くくなります。

    もっとも500回連続で同じ目が出る「まぐれ」も絶対に無いとは言い切れません。
    「危険率」はゼロにはなりません。

    p値が0.39だったら、ただの「まぐれ」の危険率が39%
    p血が0.03だったら、ただの「まぐれ」の危険率は3%

  • >>No. 288

    例えばページ(14/35)とか(15/35)に、書いて有る事を私なりに意訳してみました。

    「とりあえず9回たけ歩行プログラムをやった。
    人によって入院の人や、通院の人などバラ付きがあった。
    まあ、人体実験だから、条件を揃えるのは難しいです。」

    「筋肉が衰える病気に対して、脳神経信号を出す練習をしても効果は少ない。
    そりゃまあ、体を鍛えたら少しは良い事も有ったけど、まぐれかもね。
    神経回路に問題が有る場合は、たったこれだけの練習でも4人に1人が改善した。
    まぐれの可能性も低い」

    リハビリとは、体の機能を本人の練習や努力で改善する事です。
    しかし人生では、練習や努力、結果が常に一致するとは限りません。
    特に健康管理で「個人差」が有るのは、仕方無いので、
    こういう微妙な表現になります。

  • モルガンスタンレーの配当はともかく、
    キャピタルゲインは、売却するか、簿価を変更しない限り、
    絵に描いた餅です。

    含み益増を評価するくらい市場が親切だったら、
    PBR0.6倍で長い間放置されてはいないような気が・・・。

    ゴールデンクロスは本物だと思います。

  • モルガンスタンレーは未だでした。
    決算発表が終わったのはJPモルガン・チェース。

  • 社会インフラを全て変更するのと、
    個人の肉体の必要部位だけ、生体電位信号で動く義肢に置換するのと
    どっちが簡単か?

    と言うと、勝負は付いているのですよ。

  • 完全自動運転も完全自動介護も10年じゃ無理でしょうね。

    道路や建物等のインフラとセットで変えないといけないし、
    災害や急病等の想定外の事態への対処等もたいへん。

    犯罪も想定される。
    空港の搬送ロボットは、子供にイタズラされると言う理由で、
    バックヤードに引っ込んだんじゃなかったかな?
    完全自動化社会は性善説に立たないと成り立たない。

    そんな事を目指すなら、首から下の全身を自立支援HALで覆い、
    肉体だけ完全機械化する方がコンパクトな変更で済むから現実的。

    要するに体の機能が損なわれた人の脳が、自立した独り暮らしや
    自由な社会参加を満喫できれば良いんだから。

  • モルガンスタンレーは、もう決算発表が終わってると思います。

    出典はコチラ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000018-reut-bus_all

    時差に関する説明が曖昧で、NY取引時間と決算発表時刻の前後関係も
    ちゃんと書いてくれてない。意味不明な記述が多いんですけど。

    シティグループ、モルガンスタンレーが米国時間12日に発表した決算は
    嫌気されて株価下落。

    ->日本時間13日のここの株価はプラス。

    米国時間13日に決算発表したウェルズ・ファーゴは-2.75%下落。

    ->米国時間13日のここのADRは東証比で4円プラス。

    影響は無くは無いでしょうが限定的って言うのかな?

    米企業決算と日本の株価が強く相関したら、
    日経平均の高値更新は何か月も早かったはず。
    あんまり関係無いんじゃないですか?

  • 前年同期2Qの最終益は -189百万
    今年1Qの最終益は-258百万
    ----------------------------
    来月発表の2Q決算に関する個人的予想

    「赤字幅は、今年1Qより減ったけど、
    昨年2Qと比べたら、同程度か微増でした。テヘペロ」

    「でも、まあ売上は、めっちゃ伸びたよ。もうすぐ20億円に届くな。
    研究費を使い過ぎちゃっただけさ。前向きでしょ(^^♪」

    くらいの事は、何の罪悪感も感じず、平気で言い放てる会社だと思う。
    それじゃあダメだと理解できる会社なら、バスケットボールはやらない。
    どっちにしても、株式市場は2Qについては、何も期待してないから大丈夫。

    そんな事より、将来の業績見通しについて、
    ある程度幅を持たせててもいいから、具体的に話せる会社になってくれ。

    人類が猿から進化した話は禁止。
    数字や、黒字化の具体的時期について、触れてくれ。

  • 材料視されるなら、とっくにされてます。株価はそんなにトロくない。

    丸紅なんかウワサだけで神戸製鋼の巻き添えを食らって、
    昨日は商社株の中で独り負けてしています。

  • 日経平均先物の夜間市場は65円上昇。
    たぶんNY主要3指数が上昇した影響。
    ここのADRも4円上昇の725円。

    一方、米国債金利が最高1.85%下落して、
    ドル円は112円割れの111.81。

    ドル円の下落は日本時間昨夜の21:20くらいに米国CPIの発表を受け、
    約20分間で0.5円のナイアガラを食らった結果。
    底値の111.69からは、回復に向かっている。

    東証にも、NY株にも影響が小さい時間帯に、
    ドル円が悪材料を折り込んでくれたのは幸運だった。

    最近の東証の三菱UFJ寄付きは、結構ADRを引き次ぐ日が多い。
    このまま為替が112円台を回復してくれたら、730円までは騰がる。

    730円を越えてグイグイ騰がるかどうかは別として。

  • NHK NEWS WEBが今朝から「リコール」「契約打ち切り」「損害請求」
    への懸念を報じ始めた。

    川崎博也社長は記者会見で、
    「各メーカーのコストは負担するつもりだ」と言ってる。

    これは終わりの始まり?

本文はここまでです このページの先頭へ