ここから本文です

投稿コメント一覧 (49コメント)

  • 「シャ・ブ! -知られざる犯罪地下帝国の生態-」



     趙甲済著 黄民基訳 1991年 JICC出版局







    70年代の韓国社会でシャブ密造・密売が巨大な"犯罪産業"に成長した背景は何だったのか?(中略)次にシャブ犯罪に対する「罪の意識の欠如」をあげざるを得ない。70年代、釜山で社会部記者としての生活を送った筆者は、こんな話を大真面目に語る警察官や公務員と多く出会った。


    「率直に話そう。ヒロポンの密輸がなぜ悪いのか?日本の奴らに目いっぱいヒロポンを送りつけ、奴らみんなヒロポン漬けにすれば胸の内がスッキリするではないか」


    「密輸といえば、密輸入を思い浮かべるのがわれわれの実情だ。だから、われわれも密輸出できるものをもっていれば自慢すべきことになるではないか。ハハハ。ヒロポンだって密輸出して貿易の不均衡を改めなければ」


    「ヒロポン製造者愛国者論」を展開する弁護士の例をあげるまでもなく、こうした考えをもった人々が当時相当いたことは否めない事実である。



    日本人が50~60年代、対馬を対韓密輸基地として幇助・育成したことを思い起こせば、また、その対韓密輸のもとで育まれた韓国の密輸組織が、今度は逆に日本に向かってシャブをまき散らすようになった「ブーメラン現象」を確認するなら、そのことを内心、小気味よく感じる人々が現れもしよう。



    シャブ犯罪に対するこうした「民族感情」が犯罪者と捜査官の行動に相当な影響を及ぼした可能性がある。この「民族感情」は、シャブ犯罪者を庇護する人々の罪悪感を薄れやすくし、取り締まり自体をを緩慢にさせる要因にもなっているからだ。

  • 「コリアン世界の旅」 野村進 1996年 講談社







    いま全国に約一万八千軒あるパチンコ店のうち、在日および帰化者二世・三世を含む)が経営する店の割合は、六割とも七割とも言われる。三軒に二軒は、オーナーが韓国・朝鮮系ということなのである。パチンコ台の製造メーカーにも、最大手の「平和」を筆頭に、韓国・朝鮮系の経営者が名を連ねている。


    (中略)


    パチンコが全国に広まり大衆的な人気を博するのは、明らかに日本の敗戦直後からである。身近に安価な娯楽がなかったためという理由ばかりではない。焼け跡闇市の時代の庶民を何よりも魅了したのは、景品に出されるタバコだった。配給制で常に不足がちなタバコが、強力な呼び水となって、戦後最初のパチンコ・ブームを巻き起こしたのである。

    かくしてパチンコ店は雨後の筍のように増えていくのだが、当時、開店資金をどのようにして工面したのか、その経緯が在日自身の口からおおやけにされることも、私の知るかぎり絶無と言ってよかった。


    『こんなことを話す人間は、ほかにおらんだろうね』 と前置きして、キムが語る。
    『闇市で儲けて、それからパチンコ(店経営)に走った人が多いんですよ。じゃあ闇市で何をして儲けたかというと、結局、ヒロポンと贓物故買(ぞうぶつこばい)だよね』 密造した覚醒剤を売りさばいたり、盗品の横流しをしたりして、短期間のうちに大金を作り、それをパチンコ店開業に振り向けたというのである。


    『そういううしろ暗い過去がなかったら、カネなんていうものはそんなに貯まらんですよ。うしろ暗い過去があるから、人にも言われんわけでね』



    (中略)


    戦争直後、韓国・朝鮮人がいくらかの元手ができるとすぐパチンコ店経営に乗り出したのは、日銭が確実に入り、その額がほかの廃品回収や焼肉といった職業よりも格段によかったからである。一日の売り上げだけを見ても、数字のゼロが一つかニつ多かったのだ。

  • 「韓国・北朝鮮総覧1984」 1983年 原書房







    戦後日本に居残った朝鮮人の中に共産党系の者が多数いた。



    (戦後間もない時期、朝鮮人半島引き揚げ者が次第に減少していったことについて)
    この原因について篠崎氏は「朝鮮内における政治上、経済上の不安定から帰国後の生活が不安であること、コレラ病流行、これらの情勢が誇大に朝鮮人間に伝えられたこと、携行金品に制限があったこと」などをあげている。

    さらに日本赤十字社では「その大部分は日本共産党が扇動したものである。日本共産党は戦時中完全に弾圧されていたが、連合軍の進駐とともに解放され、当時の社会事情を利用して急激にその勢力を増していった。



    1946年2月、金天海日本共産党中央委員(在日朝鮮人)は、その機関誌「前衛」第1号に、"在日朝鮮人は日本に定住し革命に参加せよ" という指令を載せ、日本政府が引き揚げの努力をしている最中にこれに反対する態度をとった。」(一部在日朝鮮人の帰国問題)と、その引揚げ者減少の理由を指摘している。



    金天海は在日朝鮮人のカリスマ的指導者で彼の影響はすこぶる大きかった。宮崎学著「不逞者」に登場



    なおのちに金天海は北朝鮮にひそかにわたり朝鮮労働党の幹部になった。が、その後収容所送りで粛清されたといわれている。

  • 朗報!国際オリンピック委員会(IOC)


    「韓国平昌冬季五輪について分散開催はない」と発表!







    これで韓国に残された道は「デタラメ開催」か「開催返上」の二択に!

     日本はお断りなのでドイツのミュンヘンに代理開催お願いしてみたら?

     なでしこりんです。これは朗報と言ってもいいんじゃないでしょうか! 
    一時は「長野で分散開催」だとか「2020東京オリンピックは日韓共催」
    などという「デタラメ韓国の尻拭い」が心配された韓国平昌冬季五輪。 

    IOCの決定で、私たち日本国民は「韓国自滅オリンピック」をお茶の間
    観戦」できることになりました。

    私たち日本国民はあらためて「韓国人の無能さ」をしっかり理解し、日本
    人に成りすまして韓国援助の立場に立つエセ日本人を糾弾していく必要が
    あります。 

    まあ、東京都知事が「エセ日本人の舛添」ですからね。こういう人物を都
    知事にしてしまう自民党東京都連は4月の統一地方選挙で大きなしっぺ返
    しを受けたほうがいいですね。

    2018年まで韓国が存在したらという前提での話ですが、おそらく、冬
    季オリンピックに参加する世界中のアスリートたちは日本でキャンプをは
    り、競技の2,3日前に韓国に行くことになるのでしょうね。 

    そして、F1の時にように、韓国での競技が終了した時点で日本に戻ると
    いうことになるのでしょう。韓国が2018年まで存在したらの話ですが
    ね!

    いずれにせよ、韓国とかかわりを長く持てば持つほど被害を受けるのが
    「Kの法則」ですから、一人でも多くの日本人が「韓国とのかかわりを
    持たない」ことを心がけてほしいです

  • 【大阪市】ヘイトスピーチ訴訟費用支援は貸与の形をとるが、


    裁判でヘイトスピーチ認定されれば返還なし…


    橋下市長「敗訴判決であっても訴訟費用の免除はありうる」



    独自にヘイト認定、被害者の訴訟費用支援 抑止策最終報告案固まる 
    大阪市の検討部会 街宣活動で民族差別をあおる「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)を

    めぐり、大阪市の検討部会は16日、市の審査委員会が独自調査でヘイトスピーチ

    を認定した上で、

    ホームページで認定内容を公表したり、「被害者」への訴訟費用を支援したりする

    ことを盛り込んだ最終報告案をまとめた。2月に同案に基づく答申が橋下徹市長に

    提出されるが、橋下市長は同日、12月までの任期中に制度化する方針を示した。

    橋下市長からヘイトスピーチ抑止策の答申を求められた市人権施策推進審議会が昨

    年10月、 弁護士らによる検討部会を発足させ、具体策を議論していた。




    大阪市には、201名の外国籍職員

    (韓国187名、朝鮮10名、中国3名、英国1名)が在籍

  • ウェブサイトで公開へ 


    24歳以上の兵役未了者は


    海外滞在時に兵務庁の許可が必要




    韓国兵務庁、兵役忌避者の個人情報を





    インターネット上で公開(7月1日以降)







    韓国兵務庁は今年7月から、正当な理由なく兵役を逃れた人の個人情報を

    ウェブサイトで公開する、と14日発表した。これにより

    ▲海外に出国したまま滞在許可期間内に帰国しなかった国外不法滞在者
    (24歳以上の兵役未了者は海外滞在時に兵務庁の許可が必要)

    ▲現役兵士または社会服務要員(旧・公益勤務要員=兵役の代わりに公

    的機関で働く)としての招集を拒否した者

    ▲疾病身体検査を拒否した者-の個人情報が公開されることになる。
    公開されるのは名前と生年月日、居住地などだという。

  • 日本へ謝意表明なし=自衛隊の弾薬支援-韓国

     【ソウル時事】韓国外務省報道官は24日の定例記者会見で、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍への自衛隊の弾薬支援について「追加の防護力を確保する意味で、UNMISSに支援を要請し、UNMISSを通じて支援を受けた。それ以上でも以下でもない」と述べ、謝意表明を含め、日本の支援への評価に言及しなかった。

     弾薬支援が日韓関係の改善にプラスに働くとの見方がある一方で、韓国では集団的自衛権行使を含む日本の「積極的平和主義」を正当化する口実を与えたとの批判もあることを考慮したとみられる。


    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013122400662


    【国際】韓国隊、電話で「周りは敵だらけ」「小銃弾を貸してほしい」「本当にありがとうございました」★3
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1387950704/-100

    敵だらけ韓国隊「ありがとう」…陸自小銃弾提供

     小野寺防衛相は24日、紛争が拡大している南スーダンで活動する陸上自衛隊を指揮する井川賢一1佐とテレビ電話で会談した。

     井川1佐は、陸自が23日に国連を通じて小銃弾1万発を韓国隊に提供した際、韓国隊の隊長から「周りは敵(の反政府勢力)だらけで弾薬が不足している」などと切迫した要請があったことを明らかにした。

     韓国国防省の報道官は24日の記者会見で、派遣部隊の予備弾薬が不足したわけではなく、あくまで緊急事態に備えた措置だと主張。日韓の主張の違いが浮き彫りになっている。

     井川1佐などによると、日本時間の22日未明、ジョングレイ州のボルで活動する韓国隊の隊長から、「ボルの活動拠点内には1万5000人の避難民がいる。敵については北から増援も確認。1万発の小銃弾を貸してほしい」と電話で要請があった。日本側が小銃弾を引き渡したところ、23日夜、韓国隊から「ボルの宿営地と避難民を守るために使う。本当にありがとうございました」と連絡があったという。

    (2013年12月25日09時54分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131224-OYT1T01234.htm


  • 日本へ謝意表明なし=自衛隊の弾薬支援-韓国

     【ソウル時事】韓国外務省報道官は24日の定例記者会見で、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍への自衛隊の弾薬支援について「追加の防護力を確保する意味で、UNMISSに支援を要請し、UNMISSを通じて支援を受けた。それ以上でも以下でもない」と述べ、謝意表明を含め、日本の支援への評価に言及しなかった。

     弾薬支援が日韓関係の改善にプラスに働くとの見方がある一方で、韓国では集団的自衛権行使を含む日本の「積極的平和主義」を正当化する口実を与えたとの批判もあることを考慮したとみられる。


    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013122400662


    【国際】韓国隊、電話で「周りは敵だらけ」「小銃弾を貸してほしい」「本当にありがとうございました」★3
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1387950704/-100

    敵だらけ韓国隊「ありがとう」…陸自小銃弾提供

     小野寺防衛相は24日、紛争が拡大している南スーダンで活動する陸上自衛隊を指揮する井川賢一1佐とテレビ電話で会談した。

     井川1佐は、陸自が23日に国連を通じて小銃弾1万発を韓国隊に提供した際、韓国隊の隊長から「周りは敵(の反政府勢力)だらけで弾薬が不足している」などと切迫した要請があったことを明らかにした。

     韓国国防省の報道官は24日の記者会見で、派遣部隊の予備弾薬が不足したわけではなく、あくまで緊急事態に備えた措置だと主張。日韓の主張の違いが浮き彫りになっている。

     井川1佐などによると、日本時間の22日未明、ジョングレイ州のボルで活動する韓国隊の隊長から、「ボルの活動拠点内には1万5000人の避難民がいる。敵については北から増援も確認。1万発の小銃弾を貸してほしい」と電話で要請があった。日本側が小銃弾を引き渡したところ、23日夜、韓国隊から「ボルの宿営地と避難民を守るために使う。本当にありがとうございました」と連絡があったという。

    (2013年12月25日09時54分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131224-OYT1T01234.htm

  • 日本は
    米国に敗れたのではない、
    中国に敗れたのだ―日本議員

    Record China 1月20日(月)20時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000046-rcdc-cn

    2014年1月20日、人民日報によると、
    千葉県議会の藤代政夫議員は
    「村山談話を継承し発展する会」が19日に行った
    第1回の研究会に出席した際、取材に応じ、
    「多くの日本人が誤解しているが、
     日本は米国に敗れたのではなく
     中国に敗れた」と述べた。

    藤代議員は、
    「安倍首相の靖国神社参拝は、全世界に向けて
     『日本は第2次大戦中に何も間違ったことは
     していない』と表明する挑発行為であり、
     戦後国際秩序に対する挑戦である。
     ドイツが徹底的に反省しているのと比べ、
     日本の歴史の反省は不十分で不明確」と語った。

    藤代議員は
    「8月15日は日本が中国に敗れた日だが、
     多くの日本人は日本は米国に敗れたと
     思っている。
     これは誤った歴史認識だ。
     戦後60年余りの自民党の誤った教育政策が、
     日本の人々の間に反省の意識と行動が
     生まれるのを非常に難しくしている。
     自民党は19日、2014年度運動方針から
     『不戦の誓い』を削除し、今後戦争を行おうと
     考えていることが明らかとなった。
     だからこそ、
     安倍首相は靖国神社を参拝したのだ」
    と述べた。(翻訳・編集/北田)


    --------------------------------------------------------------------------------

    い、いやぁ・・・次から次へと・・・
    安倍政権の効果は凄いなぁ。

    こんな連中が釣れる釣れる!!!

    九条の会・千葉地方議員ネット設立のプロ市民議員

  • アノニマスが暴いた、




    北朝鮮工作員だああーーー!!!



    他にも、日本人や在日本組織と考えられる人物や組織がたくさん北朝鮮工作会員「我らが民族同志」名簿に掲載されている。

    sansu1214,M,???,koyama@sihan.co.jp

    koyama@sihan.co.jp
    e. [そしきめい] こやましはんかぶしきがいしゃ
    f. [組織名] 小山紙販株式会社
    住所: 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2丁目3-21 明治通りビル 2F
    電話:03-6913-171

    なんだこれw

    今は会社名変わってるみたいね
    パチンコの景品あつかってるようだ

    http://p-buyer.com/history.html

    代表取締役 鄭 文成
    取締役 徳山 萬基
    取締役 姜 泰龍
    顧問 吉田 潤喜(ヨシダグループ会長 兼 CEO)

    ホール専門購買代理会社P-buyer

    なんだか心配になってきたのでコード7も抽出してみた
    >TOM1986,M,RYA,info@heyariku.com,19860812,7,1107699376,c78dae292396545cf51977ded22db514
    http://www.heyariku.com/privacy.html
    >(有)ティー・ケー総合企画
    >お客様相談係 栗原 ゆかり
    >E-mail:info@heyariku.com
    メールアドレスが完全に一致するな…
    賃貸のサイトか…

    とあったけど、
    その会社って「TK FACTORY」で登録されてるのね
    で、住所が
    神奈川県横浜市中区元町3-145-503
    で、これ何かの団体の住所で過去出てきてた気がするのね
    しかも、社長の名前が「吉田誠一」で、この名前も見た記憶があるのね


    大阪府警外事課は10日、世界の軍事情報が記載された市販のリポートを転売目的で複製し、
    北朝鮮の軍関係者に送ったとして、著作権法違反の疑いで運送会社社長吉田誠一容疑者(42)
    =詐欺罪で公判中、保釈=を再逮捕した。軍関係者が指定した隠語を使っており、工作員と判断している。


    やっぱり工作員:▽;
    間違いなくスパイリストですた



  •  戦争は北朝鮮軍による突然の奇襲攻撃で始まり、首都ソウルはたちまち陥落し北朝鮮軍に占領された。その後、米軍(国連軍)の支援でソウルを奪還し、その勢いで韓国・国連軍は北朝鮮軍を中朝国境まで追い詰めた。

     しかしそこで中国軍が30万の大兵力で軍事介入し、北朝鮮軍とともに再び南下してきてまたソウルは占領されてしまった。51年1月4日。「1・4後退」といわれ多くの避難民がソウルの南に逃れた。

     この話を思い出したのは、先ごろ韓国政府が対中国友好策として、韓国に埋葬されていた戦争当時の中国兵の遺骨(437体)を中国に送還し、それが友好美談として大々的に報道されたからだ。遺骨は中国でも大々的に迎えられ瀋陽の「抗美援朝烈士陵園」に安置された。

     中国は朝鮮戦争への介入を「米国に抗し北朝鮮を支援した正義の戦争」といい、戦死者は「烈士」として英雄になっている。

     しかし首都まで占領された韓国にとって中国の軍事介入は侵略である。被害は人的、物的なもののみならず、侵略者・金日成政権を中朝国境まで追い上げ、韓国主導の南北統一までいま一歩のところを中国に妨害されたのだ。

     ところが韓国は政府もマスコミもこの過去について、92年の国交正常化時を含め中国に「謝罪と反省」を求めようとしない。「侵略」か「正義」かで歴史認識は完全に対立しているが中国には「正しい歴史認識」や「歴史認識の一致」を要求しないのだ。

     いや、本当は要求したいだろう。過去を「反省」させ「今後は韓国(朝鮮半島)への軍事介入(侵略)は繰り返しません」と約束させたい。しかしそれにこだわると国交正常化もその後の友好・協力・親善もうまくいかないので、棚上げにして黙っているのだ。

     韓国は「中国とは歴史認識が一致しなくてもいい」というわけだ。日本向けとは異なるこの矛盾した韓国の“二つの顔”に日本の世論はうんざりしている。

    中国の習近平国家主席は先にドイツ訪問の際、大学での講演で日本軍国主義を非難する一方、「中国は長い間、強大国の地位にあったが他国を侵略した記録はない」と語ったと韓国マスコミが北京発で伝えていた。しかし韓国政府もマスコミもこれに対し「妄言」と批判、非難し、中国政府に抗議したという話は一向に聞かない。(ソウル駐在・黒田勝弘)

  • 「日王ではなく天皇と呼ぶべき」




    元月刊朝鮮編集長が主張




    「李明博前大統領も訪日時に天皇と呼んだ」




    1: 蚯蚓φ ★:2013/10/18(金) 23:17:38.28 ID:???

    チョ・カプジェ元月刊朝鮮編集長が16日、チョ・カプジェドットコムとツイッターを通じて「日王を天皇と呼ばなければならない」と主張した。

    チョ元編集長は自身の文で「日王と表現するのは韓国人の気概や不満を感情的に表出すること」 とし、
    「メディアが天皇と呼んでも突然権威が高まるわけではなく、日王と格下げしても権威が落ちるわけではないから、両国関係を未来指向的に持っていくのに呼称は呼んで欲しいというとおりに呼ぶのが原則」と主張した。

    引き続き「天皇を日王と格下げさせたメディアは死んだ金正日(キム・ジョンイル)を今も国防委員長と呼んでいるのに、友好国の日本の天皇を日王に格下げするのか考えるべき問題」として「メディアが約20年間、天皇を日王と呼んで韓国人の不満を見せたが、これからは国家の公式呼称と一致させてはどうかと考える」

    李明博(イ・ミョンバク)前大統領が日本を訪問して日王を天皇と呼んだ事実も公開した。
    チョ・カプジェ代表は「大韓帝国以前まで朝鮮は王といったが日本は古代時代から中国に対する事大主義を採用せず天皇と呼んだ。

    私たちが皇帝を称することができないのは、三国時代から中国について低姿勢を取ったからで、王が中国から冊封される形式を継続したため」と付け加えた。

    イ・ゲドク記者

    ソース:シンムンゴ(韓国語) チョ・カップジェ"日王でない天皇で呼ばなければ"
    http://www.shinmoongo.net/sub_read.html?uid=47988


    韓国ソウルでの天皇土下座シーンですって  ↓

  • 強制連行の証拠などなくても責任は問える





          その論法が今度は自分たちの命取りとなる





    韓国米軍慰安婦 従軍慰安婦での責任追及論法が命取りになる

    2014.08.06

     韓国では今年6月、駐留米軍を相手に作られた売春街「基地村」で働かされた122人の元米軍慰安婦が「韓国政府は米兵相手の慰安婦制度を作り、自分たちを徹底的に管理し、苛酷な売春をさせた」として国を相手取り、1人1000万ウォン(約100万円)の賠償訴訟を起こした。

     海外メディアの報道が広がるなど、訴訟を巡る動きは大きなうねりとなりつつあるが、興味深いのは元慰安婦女性ユン・ヨンスさん(56歳・仮名)の証言だ(この女性は原告に加わっていない)。

     「国家賠償訴訟については、ニュースがほとんど報じられないので知りませんでしたが、原告の『政府が強制した』という主張はおかしい。確かに売春はありましたが、国が指示したことはありません」

     重要なポイントだ。慰安婦問題に詳しい東京基督教大学教授の西岡力氏が話す。

     「韓国政府が関与したのが性病検査をはじめとする管理だけであれば、売春を強制したという法的な責任は問えません。それは旧日本軍の慰安婦問題も同じで、軍が女性を強制連行した証拠がひとつもない以上、法的責任を問われるのは筋が通らないのです」

     旧日本軍の慰安婦問題では、朝日新聞の歴史的な誤報をきっかけに支援活動が盛り上がり、元慰安婦による訴訟が起こされ、国際機関からも「性奴隷」と批判されるようになった。

    朴槿恵(パク・クネ)政権をはじめ韓国歴代政権はそうした流れの中で、「強制連行の証拠などなくても責任は問える」と対日批判を繰り返してきた。

     その論法が今度は自分たちの命取りとなる。それは韓国女性を性処理の対象として買っていたアメリカにもいえる。

  • そして今回の最高裁判決は、「外国人は生活 保護法の対象ではなく、受給権もない」とする判決を出したわけです。これは当然のことなんですが、ではこの判決で「何が変わり、何が変わらないか」を今日は論じてみます。

       
       


     まず最初に皆様を失望させます。残念ながら、最高裁が、「外国人は生活 保護法の対象ではなく、受給権もない」という判決を出しても、では明日から「外国人ナマポ」が廃止になるかというともちろんそうはいきません。 


    外国人への生活保護に関しては、1954年の「厚生省社会局長通知」による、外国人は法の対象とはならないが、当分の間、生活に困窮する外国人に対しては一般国民に対する生活保護の決定実施の取扱に準じて」保護を行う(保護準用の通知)」と、1990年、厚生省法令担当係長の口頭による「生活保護の準用を永住外国人に限定した指示」の2通りの「通知と指示」が法的な根拠とされてきました。


    ですから、現在、「永住外国人への生活保護準用」を受けている外国人は、当面はこの制度の恩恵を受け続けると思います。




      
      ではここからは「希望のお話」です。少なくとも公務員の多くは「法令主義」のもと業務を遂行しています。従来ならば、福祉課の窓口に在日韓国朝鮮人のチンピラが集団で現れて、「ゴラァ、生活保護認めんか~!」とすごまれると、「仕方ないかニャ」と認めていたと思うんです。


    さらに、今後は厚生労働省が、「外国人の生活保護を認めている地方公共団体への予算措置を止めるわ」ということも可能になります。ご存知かもしれませんが、実は生活保護の予算は、「国が4分の3、地方が4分の1」を負担しています。ようは厚生労働省が、「あなたの自治体は、違法な外国人生活保護が多いので財政支援はもうしません」と宣言すればよいのです。


    大きな声では言えませんが、地方財政のかなりの部分を占めているのが「公務員の人件費」なんです。地方自治体の一存で「外国人ナマポ」を維持しようとすれば、地方財政は、「公務員への賃金とナマポ費」でパンクします。それで果たして、地方の納税者が納得するか? 当然、首長のリコールですよね!

  • 韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
    (2014/05/01)
    シンシアリー


    内容紹介

    この国を支配している絶対的な力
    名を「反日教」という
    ――これが、私の暮らしている国です

    1日10万PVを超える「シンシアリーのブログ」著者は、
    なぜ、社会的生命を賭してまで、自国の正体を暴露するのか

    凄まじいまでの修羅の妄執 韓国人は、もう「反日」がなければ生きられない!

    【目次】
    はじめに ―― 韓国人である私が「反日」にならず、ありのままの韓国を告げる理由

    序章 韓国を絶対的に支配する「反日教」

    ■第一章 韓国を狂わせた「反日」の起源
    第一節 崩れ去った「忠孝思想」
    第二節「告訴・告発」乱発の国民性
    第三節 韓国はもともと「反日」から生まれた国

    ■第二章 善悪を失った韓国の愚かな「基準」
    第一節 哀れな韓国が抱き続ける日本へのコンプレックス
    第二節 気に入らないものは何でも「右翼」
    第三節「日本のせいで台無しになった」文化財の真実

    ■第三章 韓国がひた隠す自国の性奴隷
    第一節 韓国が主張する「日本軍慰安婦問題」の矛盾点
    第二節 抹殺されつづける自国の売春婦問題
    第三節 慰安婦問題の本質は女性人権でもなんでもない

    ■第四章 だから「反日」は急激に悪化していく
    第一節 韓国人の異常な「序列意識」
    第二節「上下葛藤」=「世代間葛藤」
    第三節「チェミョン(体面)」という虚像のプライド

    ■第五章 荒唐無稽な選択・新「李承晩ライン」
    第一節 アメリカでも死力を尽くす「反日工作」
    第二節 竹島領有権問題の始まり
    第三節「連韓制日」という中国の策略

    ■第六章 見苦しい国・韓国の最大の弱点
    第一節「距離を置く」外交のすすめ
    第二節「日本国民は韓国が好き」という韓国の主張
    第三節『朝鮮及台湾ノ現況1』朝鮮人志願兵の真実

    ■終章 韓国人である私が知ってほしいこと


    著者について

    シンシアリー(SincereLEE)
    1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの生粋の韓国人。
    歯科医院をやっている。


    富士山、東京、横浜など、度々の日本旅行を何よりも楽しみにしている。

  • 長い間海上に遺棄され






    航海に脅威を与える船が、






    今や綱をつけて港に引き入れられ、






    しっかりと固定された








    日韓合邦は日本帝国主義が武力による強制だったというのは真っ赤なウソであり、韓国は一進会という韓国民衆のエネルギーを結集した知識人たちの政治団体があり熱烈に日韓合邦を望んでいたのに対し、日本は巨大なお荷物を抱えることに躊躇していました。

    当時は合邦国家というのは主流でありオーストリア・ハンガリー帝国、チェコスロバキアなどがあります。日韓合邦もなんらおかしな話ではなく、植民地の形態でもありません。

    また日韓合邦をイギリス、アメリカ、ドイツ、フランスなどの列強がすべて賛成しています。事大主義の韓国にあっちつきこっちつきされたのでは大陸が安定しません。決定的なのはハーグ密使事件でしょう。1907年(明治40年)に大韓帝国がオランダのハーグで開催されていた第2回万国平和会議に密使を送り、自国の外交権保護を訴えるも国際社会から完全に拒絶されています。

    米国も、セオドア・ルーズベルト大統領は「長い間海上に遺棄され航海に脅威を与える船にも似た韓国が、今や綱をつけて港に引き入れられ、しっかりと固定された」と肯定しており、小村寿太郎外相に「将来の禍根を根絶させるためには保護化あるのみだ。それが韓国の安寧と東洋平和にとって最良の策である」と語っています。


    韓国の国家財政は完全に破綻しており、列強からの借金は莫大な額になり返済のあては全くなく、帝国主義の時代にあって、政治、経済、社会、文化、教育、衛生、すべての分野においてどうしようもないところまで陥っていたのです。

    日本が韓国を植民地支配したというなら収奪の対象になる財貨、物産がなければなりません。しかし、韓国には道路はない、鉄道はない、港湾はない、橋はない、破壊されたハゲ山、堤防のない河川、野放しの農地、破壊された自然しかなく、これらを回復させるために何十年と日本国民の血税を充てなければならず、逆に日本が収奪されていったのです。

  • 船には甲板上の上等船室と甲板下の下等船室があった。乗船すると白米の食事が提供され、麦飯を食べるのが普通だった当時の済州島民は驚いたという。

    • 定員は365人であったが、常に定員の2倍近い人数が乗船したという。
    • 多くの朝鮮半島からの出稼ぎ者を運んだ。盆・正月には大阪の港は帰省する朝鮮人出稼ぎ者や見送りの家族で溢れたという。
    • 当時の済州島民にとっては巨大な船に見えたらしく、済州の言葉で大きいことを「君が代丸のようだ」と表現する慣習は第二次世界大戦後も長く残っていた。

    出稼ぎのため、朝鮮人たちは、この船に乗ってやってきた。
    何のことはない。
    単なる出稼ぎです。

    だがこれを認めると、彼らが主張する強制連行。
    日本軍によるものとされていますが。
    これが崩れてしまう。

    運賃は、当時の労働者の月給の2倍ほど。
    もちろん、これを支払って、はるばる日本までやってきた。
    それだけのメリットがあったから。

    つまり、要約すると、自分の意思で来た。
    強制連行はウソ。
    こういうことになる。

    そもそも、日本は強制連行なんてしないし、する必要もなかった。
    しなくても、自らの意思で、勝手に大勢やってきたのである。

    強制連行はウソ。
    そうすると今度は、自分たちやご先祖様の犯罪歴が、過去に遡って芋づる式にばれてしまう…。
    戦後のどさくさ時、朝鮮戦争当時に日本へ 不法入国・密入国してきた・・・
    李 承晩ラインの時に、日本人抑留者の解放と引き換えに、超法規的に釈放された在日の凶悪犯達・・・

    心理学的というか、精神衛生上というか、確かにそうかもしれませんね。
    誰でも、人に知られたくないことの1つや2つはあるはずです。
    その言葉を聞くと、誰もが心臓がドキンとする。

    在日朝鮮人にとって、その言葉が「君が代」
    そう考えると、「カメムシがーーー(心臓バクバク)」となるのも分かる気がします。

    これが第二君が代丸 ↓

  • 君が代を絶対に口にするな!!




             あなたは、君が代丸という船を知っていますか??




             この船の名前が、おおっぴらになると何が起こるか??


    君が代丸(きみがよまる)は、1922年から1945年にかけて日本統治時代の朝鮮の済州島と大阪を結んで尼崎汽船が運航していた貨客船である。第一君が代丸と第二君が代丸の2代が存在した。当時、日本と朝鮮半島を結ぶ航路としては、関釜連絡船以外で数少ないものであった。
    ちなみに、大阪のコリアタウン鶴橋に居住する在日の方々は、ほとんどが済州島出身者である。

    「第二君が代丸」は尼崎汽船が座礁した「第一君が代丸」の代船として1925年に購入した、919総トン、全長62.7メートルの船である。今日「君が代丸」として語られるのはこの「第二君が代丸」である。

    前身はソビエト連邦政府から購入した軍艦「マンジュール」で、帝政ロシア時代の1886年に建造された排水量1224トンの砲艦であった。日露戦争期には太平洋艦隊所属艦として中立の中国にいて、武装解除されていた。日露戦争後には戦列復帰して、革命後にはソ連海軍でも使用されていた。なお、仁川沖海戦で沈んだ「コレーエツ」は同型艦。

    大阪と済州島の間はおよそ2日の船旅で、大阪を朝出港すると済州島には翌日の夕方に到着するスケジュールであった。そのまま2日かけて済州島を周回して合計11か所に寄港した。しかし接岸できる岸壁はなかったため、艀による連絡に頼っていた。

    船には甲板上の上等船室と甲板下の下等船室があった。乗船すると白米の食事が提供され、麦飯を食べるのが普通だった当時の済州島民は驚いたという。

    • 定員は365人であったが、常に定員の2倍近い人数が乗船したという。
    • 多くの朝鮮半島からの出稼ぎ者を運んだ。盆・正月には大阪の港は帰省する朝鮮人出稼ぎ者や見送りの家族で溢れたという。
    • 当時の済州島民にとっては巨大な船に見えたらしく、済州の言葉で大きいことを「君が代丸のようだ」と表現する慣習は第二次世界大戦後も長く残っていた。

    出稼ぎのため、朝鮮人たちは、この船に乗ってやってきた。
    何のことはない。
    単なる出稼ぎです。

    だがこれを認めると、彼らが主張する強制連行。
    日本軍によるものとされていますが。
    これが崩れてしまう。

    運賃は、当時の労働者の月給の2倍ほど。
    もちろん、これを支払って、はるばる日本までやってきた。
    それだけのメリットがあったから。

    つまり、要約すると、自分の意思で来た。
    強制連行はウソ。
    こういうことになる。

    そもそも、日本は強制連行なんてしないし、する必要もなかった。
    しなくても、自らの意思で、勝手に大勢やってきたのである。

    強制連行はウソ。
    そうすると今度は、自分たちやご先祖様の犯罪歴が、過去に遡って芋づる式にばれてしまう…。
    戦後のどさくさ時、朝鮮戦争当時に日本へ 不法入国・密入国してきた・・・
    李 承晩ラインの時に、日本人抑留者の解放と引き換えに、超法規的に釈放された在日の凶悪犯達・・・

    心理学的というか、精神衛生上というか、確かにそうかもしれませんね。
    誰でも、人に知られたくないことの1つや2つはあるはずです。
    その言葉を聞くと、誰もが心臓がドキンとする。

    在日朝鮮人にとって、その言葉が「君が代」
    そう考えると、「カメムシがーーー(心臓バクバク)」となるのも分かる気がします。

    これが第二君が代丸 ↓

  •  日本の読売新聞が









     韓国の米軍基地村(集娼村)を取材









     ~慰安婦問題すり替え









     文化日報(韓国語) 2014-10-23

     



    日本で最大部数の日刊紙=読売新聞が、

    韓国内の米軍対象の集娼村である

    『基地村』の実態を取材している事が分かった。



    これは日本軍慰安婦が強制的動員ではなく、

    自発的な性売買によって行われていたという

    日本政府の主張を裏付けるため、

    『韓国版慰安婦』の類似事例を捜すという

    主旨と解釈されて波紋を呼ぶ見込みだ。



    外交家と専門家および市民団体などでは、

    「日本軍慰安婦は韓国女性を

     日本軍と日本政府が強制動員した事で、

     米軍対象の基地村の女性問題とは性質が違う」

    とし、

    「日本政府の慰安婦 政策に合わせた

     日本メディアの無責任で居直り的な態度に

     怒りを感じる」という反応が出ている。



    読売新聞韓国支社の関係者は23日、

    文化日報との電話で、

    「読売新聞が取材チームを設けて、

      韓国の基地村を取材をしているのは合っている」

    と明らかにした。



    彼はこれと共にベトナム戦争時の韓国軍派兵に関連、

    「ベトナムに残ったライタイハン問題などを

     取材して記事にした事があり、

     このような一連の取材は韓国でも慰安婦と類似な

     事があるという点を報道するという主旨」

    と説明した。



    この新聞は慰安婦強制動員に対して暴露した

    朝日新聞と正面から対立して、

    慰安婦強制連行説を否定するのは虚構である

    と主張している。



    読売新聞は去る8月、日本軍慰安婦動員の強制性を

    認めた河野談話に代わる新たな談話を発表するよう

    日本政府に促して、

    第二次大戦の際に日本軍が大勢の慰安婦を

    『性奴隷』として強制連行した事を『誤解』と規定して、

    このような認識が国際社会に広がった原因の一つが

    河野談話だと主張している。



    政界の日本消息筋はこれに対し、

    「基地村の女性が米軍を対象に

     性売買している事を、

     日本軍慰安婦と比較しようとする目的と見える」

    と解釈した。



    政府関係者も、

    「日本政府が強制性を否定 しようとする態度に、

     保守媒体がリズムを合わせている」とし、

    「本質をごまかそうとする態度は残念だ」

    という批判が出ている。



    今まで、
    日本の週刊誌が「洋公主」を記事にしても
    韓国側は大丈夫だと思っていた。
    所詮、週刊誌・・・


    しかし、今回は日本の最大手・読売新聞が
    韓国の米軍基地村(集娼村)を取材して
    記事にしようとしている。
    そりゃ、ニュースになるだろうさ。


    日本軍慰安所が米軍慰安所に変わり
    今は韓国軍慰安所として営業している集娼村。
    しかも、東南アジアの女性達を騙して連れてきて
    「慰安婦」として働かせている実態を
    読売新聞に記事にされたら相当ヤバイのだろうね。

    一番触れられたくない真実の姿だから!



    在韓米軍慰安婦たち ↓

  • 『米軍慰安婦』 ならば青瓦台に『米軍慰安婦の像』を!」より









    ★韓国軍基地村に大売春街 







     過去の米軍慰安所、







           今は韓国軍「御用達」







     週刊新潮2014年7月10日号





     「眠りから覚めた『朴正煕』負の遺産



     『米軍慰安婦』 ならば青瓦台に『米軍慰安婦の像』を!」より

本文はここまでです このページの先頭へ