ここから本文です

投稿コメント一覧 (72コメント)

  • マーティンは当初残留の予定でしたが、11月に急きょ
    退団となりました。
    家族の事情とのことですが、どこか好条件を提示した
    球団があるような気がします。
    それはパリーグではなく、何でもほしがるセリーグの
    とある球団のような気がします。

  • あーあ。なぜ岩見にいかなかったんだろうだろだろう。いっけん、いいドラフトのようだが夢がない。正尚、岩見、夢のある打線が組めたのに。
    残念で残念で仕方ない。

  • 昨日のS☆1でドラフト予想されてたけど、西武が
    田嶋だと予想していた。
    巨人が鈴木との意外な予想でこれ以外は概ね報道
    されている内容であった。(安田予想は0だった)
    もし、西武との一騎打ちなら確率50%、これで
    外れても悔いはないでしょう。
    田嶋の指名をオリックスが先に表明したことで、
    西武がより手堅く、他選手の一本釣りにいってくれる
    と最高なのだけど。

  • 今年のドラフトは一位指名をだれにするかにより、
    最悪2010年のドラフトの二の舞になるような気がして
    ならない。
    田嶋はオリックスを含め3球団程度指名する可能性が
    ある。くじ運の悪いオリックスがここではずすと、清宮
    外しの球団と数少ない即戦力左投手(立命館東 等)の取り
    合いになり、昨年ロッテに行った佐々木の様に外れ1位の
    複数球団競合なんてあり得る。
    またまたくじ運の悪いオリックスはここでも外し、かなり
    力の落ちる左投手の指名ということになりかねない。

    となると、最初から東で行くべきか、意表をついて慶応の
    岩見に行くなんていうのもありかと思う。
    3割程度のくじがあたる可能性とどちらがいいのかと
    なるとかなり微妙な気がする。
    なにせいろんな意味で運のない球団なので。

  • 岩見は現在の活躍ぶりをみれば一躍一位候補でしょう。
    二位でとれるような選手ではありません。
    正尚、岩見、T、夢のある打線になりますね。
    これもありかなって思います。
    外野手ですが、三塁手へのコンバート出来ないかな。
    最初からいけば単独指名もあるかもしれません。

  • メディアで清宮の1位指名のない唯一の球団と報道されて
    いるのに、なぜ面談するのか?(方針転換でもなさそう)
    清宮自身も自分に対し最高の評価をしている球団にしか
    興味はないはず。
    とりあえず会ってみようかでは相手にも失礼。その点、
    広島は潔い。この辺の対応1つとっても球団の力量の差
    を感じる。

  • 昨日の対ホークス戦テレビ観戦しました。
    投手に関して目を引いたのは比嘉、コーナーに
    切れのいいストレート、緩急をつけたスローカーブが完璧にコントロールされてました。
    解説者も言ってましたが上に上げないのは何か
    特別な理由があるのかと勘ぐってしまいます。
    あと、戸田が140キロ後半のストレートを投げ
    空振りとってました。一時横手投げでしたが元にもどしたんですね。
    先発の斉藤は後半スタミナ切れでした。まだまだ一軍は遠そうです。
    打者は残念ながら目につく選手いませんでした。

  • ディクソン、山岡、西、この3連戦で初戦は勝った
    ものの共通して言えるのは球数多すぎること。
    特に山岡、西は初回で30球近く投げている。

    初回でスタミナ(特に精神的な)を使い、後に
    後半ボディブローのように効いてくる。
    初回に慎重になりすぎるのもあるが、楽天の打者の
    ファールが多いことも1つ。
    当てにきているのではなく、フルスイングでファール
    になっている。茂木、銀次、島内が特にそれが目立つ。

    楽天の打者の打撃技術が高いのか、オリックスの投手
    の配球によるものなのかは素人の私にはわからないが
    この辺、感覚だけではなくしっかり分析してほしい。

    2戦目の則本に対し、オリックスがせめて抵抗しな
    ければならないのは球数を投げさせることだったはず
    だが、こちらは全くそれが出来ていない。

  • ある意味今年一番の試合だったと思う。
    やはり打つべき人が打ち、守るべき人が守れば
    いかに相手が球界を代表する投手であっても勝つこと
    出来るのです。
    解説者も言ってましたが、今日の試合は4位に
    甘んじるチームの試合ではありませんでした。

    それにしてもT、正尚が打つ前にライトへホームラン性
    の当たりを打ちその後三振。すっかり主役の座を持って
    いかれました。もしTの3ランが出ていれば、もっと
    チームの雰囲気は盛り上がったでしょう。

  • 現実的にはもう来年のことを考えた方がいいと思います。
    今後について考えてみたいと思います。

    1.守護神について
    平野については、年齢的にも中継ぎないしは思い切って
    先発転向もありと思います。
    代わりは黒木でしょうが、まだ来年はセットアッパーで
    経験を積むべきと思います。もう少し球種を増やしてから
    でも遅くはないと思います。
    そこで、使い減りしない外国人が必要です。新たに見つける
    のは結構大変。昨年のコーディエの例もあります。狙いは
    日本ハムのマーティンあたりがいいと思います。日ハムは
    お金のない球団、あの谷元を金銭で放出するほどです。
    サファテを西武が放出しソフバンが獲得した時のように
    強奪するべきと思います。

    2.先発投手
    6番手の山崎福の代わりに山本、吉田凌に経験を積ませて
    ほしいです。

    3.ドラフト戦略
    2軍を見ると12球団ワーストのホームラン数で、広島の
    1/3です。兎に角荒削りでも長距離砲を2~3人とるべきです。
    それと、ただ足が速いだけではなく盗塁の上手い選手(見出す
    のは難しいですが)を内野、外野問わずとるべきです。
    投手については、高校生が不作の様なので、球威のある左投手
    をとるべきです。

  • 黒木についてですが、今日は今まで投げて
    いなかった球を投げていた。スプリットかチェンジアップ
    かわからないが、この球がかなり有効で2アウトまで
    なんなく打者をうちとっていた。
    彼の持ち球はストレートとスライダーだけだったのだけど
    こんな球、いつ覚えたのだろうか?
    結果は逆転負けだけど、守護神という重役はこんな経験を
    して一人前になるのでしょう。
    あんな球投げられてそれが自由に操れれば、平野に変わる
    立派な守護神になれると思う。

  • ロメロの不調痛いですね。
    彼は今までの野球に取り組む姿勢(昨日も不慣れなセンター
    でファインプレーしていた)をみると極めて真面目な助っ人
    です。
    恐らく、この時期に大型の長期契約。期待に答えようと、
    全てに力が入っていると思います。
    少しの間、4番のプレッシャーから開放してあげるのも
    1つの方法と思います。
    幸い、ここのところ小谷野が調子を取り戻しているので
    代役で彼を4番でもいいかと思います。

  • 平野の代わりに黒木が抑えを。
    大丈夫だろうか。
    本年、オリックスはやたらサヨナラ負けが多い。
    早いうちから来年に向けて対策頂きたい。

    ソフバンサファテ、楽天松井、出てきたら相手
    チームが戦意喪失する位の守護神がいるチーム
    はやはり強い。先発、中継ぎ投手達のモチベーション
    も上がるし、打撃陣もいつもポジティブな思考でいれる。

    もし平野が復調出来なかったら、日本ハム、FAの増井、
    単年契約のマーティンあたりに触手をのばすべきと思う。

  • バント指示ばかりの監督。
    そのバントもまともに出来ないばかな選手。
    (しかも失敗後歯出して笑ってた。)
    同じ選手に2試合で4本ホームラン献上。
    毎度言っているが、打たれたのは全てアウトコース。
    学習能力ないのか!!

    私らオリックスファンはいつ楽しい思いにさせて
    もらえるのだろうか?
    ひょっとして選手達は自分のチームにファンなんて
    いないと思っているのか?

    この3連戦、楽天ファンは夢のようなここちだった
    だろう。今晩もおいしいビール飲むんだろうな。

  • ペゲーロもアマダーも穴のある打者なのにあえて
    彼らのツボばかりを投げるオリックスバッテリー。
    いい加減あきれるばかりです。
    両方とも外人特有の長いリーチを活かして、アウト
    コースが腕が伸びそこがつぼになる。
    共通して、インコース高めが苦手。特にペゲーロ
    は胸あたりを通過する球を空振りする。
    好きなところに穴があるので、アウトコースの
    ワンバンするような低めもいいが、怖がって
    インコースを攻めないのは愚の骨頂。

    明日の西はぜひ得意のシュートを使って、インコース
    を積極的に攻めてほしい。

  • ロッテのピッチャー。
    悲しいけど、心のよりどころがオリックスと
    なってます。
    実力以上のものがオリックス相手だと出てし
    まいます。
    オリックスファンからすると、このバカタレ
    ほかのチーム相手の時も頑張れと言いたいの
    ですが、吉田正、ロメロ相手でも、実力以上の
    パフォーマンスを発揮します。
    前から言ってますが、CSに勝ち残るためには
    ロッテに負け越すなんてありえないんです。

    兎に角牙をへし折るしかありません。
    こんなチームに負け越して大幅な負け越しとなる
    のははなはだ不本意位です。
    兎に角頑張りましょう。

  • 対ロッテの平野の投球に関しては、何かよまれている
    ような気がしてならない。
    150キロの球を非力な選手があそこまで飛ばすのは、
    ある程度配球がわかっているからこそと思う。
    若月のわかりやすいリードもあるが、ひょっとしたら
    フォークと直球の握りの癖のようなものがあり、それ
    が見抜かれているのかも。

    それと、CSを狙うのであれば、いつもベストのブルペン
    にしてほしい。金田、赤間ではなく、吉田一や経験豊富
    な比嘉あたりをおいておく方がいいと思いますが。
    今は将来性より、目先の一勝です。

  • 前半戦の反省
    1.先発ピッチャーは概ね試合をつくっている。しかし勝ちが
      つかない。(特に山岡、松葉)
    2.ロメロがいない間の極めて低い得点力。
    3.平野の不出来。
    4.監督の不可解な選手起用。
    前半戦の光明
    1.ロメロが真に4番をはれる打者であった。
    2.緊急補強のマレーロが日本野球に早めに適応した。
    3.ドラフト一位、二位が予想以上に能力の高い投手であった。
    後半戦への課題
    1.吉田正が怪我をしないで残り試合を全て出場。
    2.1、2番の固定。
    3.T-岡田の得点圏打率。
    4.金子、西が本来の投球を取り戻す。
    5.6番手の先発投手。
    6.ロッテ戦の大幅な勝ち越し。
    7.監督の選手起用。

  • 正尚のホームラン、ある意味相手に強烈なダメージを
    与えたと同時に味方打線を鼓舞しました。
    あれがフェンスぎりぎりであればそうでもないのですが
    5階席に突き刺さるすごい打球のホームラン、兎に角
    その衝撃の強さは半端ないです。
    これそ吉田正尚、チームに与える影響力が全く違います。
    単なる初回に出たツーランではないです。

    その後、相手ピッチャーは萎縮し序盤で大量点。
    こんな展開恐らく、本年のオリックス戦ではほとんど
    ありませんでした。
    流石に序盤フラフラしていた山崎福也もこうなれば、
    本来のポテンシャルを発揮出来ます。

    これからもこんな試合何度も見たいです。

  • 今日のスタメン。
    やはり、Tは7番のようですね。
    打率3割近い、ホームランチームトップの選手を
    7番で気楽に打たせるのって、聞こえはいいけど
    ダメの烙印を押されたようなもの。
    所詮7番を打たせれば7番打者にしかならないのです。

    Tにはとりあえず、後ろにロメロ、マレーロがいる
    3番を打たせるべきです。
    ソフバン柳田も後ろに内川やデスパイネがいるから
    あれほど自由奔放なバッティングが出来ると思います。

    お願い福良さん試してみてくれませんか?

本文はここまでです このページの先頭へ