ここから本文です

投稿コメント一覧 (558コメント)

  • 岡田と大隣引退ですか…

    大隣はホークス時代のピッチングが鮮烈で病気を克服して入団した春には大きな期待をしていました。結局一軍登板は一試合だけに終わってしまいましたが、もう一花マリーンズで咲かせてほしかった。
    今年南が同じ病気に罹って、その面でも先輩の大隣の復活は希望となっていたはず。

    岡田は一気に打撃不振に陥って這い上がれなかった。元々の売りであった足も走塁はまだしも盗塁はめっきり結果を出せなくなり、もう一つの目玉の守備も、範囲はそこそこキープしていたものの球際の強さが消えてしまった。

    昨シーズン、今シーズンと一本でもヒットが出ていれば全く変わった結果があったのではないかと思うし、まだやれると思う部分もあるが、多分気持ちが切れちゃったんだろうな…。

    何と言っても2010年の日本シリーズを決めた一打は忘れられません。

    これでいよいよ今年のドラフト、トレード、FA、外国人補強は今までのようなその場しのぎでは到底追いつかなくなりました。
    親会社がロッテであろうとZOZOであろうとはたまた別会社であろうとしっかりとしたヴィジョンで臨んで欲しいものです。

  • 安田くん、ナイスヒット!ナイス打点!!

    1打席目見ていると前回昇格時と同じように差し込まれ気味で、あんま変わってないか、下で結果出してもエース級には通じないか、と思ったらスンゴイ打球を飛ばしてくれました。

    5回までほぼ完璧に抑えられて前回の二の舞かと思わされた西を見事に攻略、マリンだったら口火を切ったタイガー、アップアップながら勝ち投手になった土肥とともに若手のヒロインだったでしょう。

    その安田くんのヒロインはとても19歳とは思えない落ち着いた対応で定型文のやり取りでなく自分の言葉で話をして素晴らしいを通り越してスゴみを感じさせるほどのものだった。
    やはりその年代のトップを走る人物はプレーだけでなく他の部分でも秀でているんだなと改めて感じさせてくれるインタビューだった。

    土肥、あんだけ四球と先頭打者を出して1失点は粘りの投球と見りゃいいのか、グダグダの投球と見りゃいいのか。観戦側からすれば後者さけど、プレーヤーやベンチからするとどうなんですかね。
    5回・100球超えで交代を考えればローテは遠い、緊急時の穴埋め程度になっちゃうんじゃないかなぁ。
    まだまだ若いんだから、木村の二の舞にならないように!

  • そら前澤社長も買う気失せて宇宙へ旅立っちゃいますわ。

    有吉に続いて酒居も良かったなぁ。

    ストレートにはキレがあって、変化球は低目に決まって、3ボールになる状況が殆どなくて、あってもなっちゃったって感じじゃなくて戦術上3ボールに持ってったって感じでホントに安定していた。

    昨日の酒居なら2点でも先制していたら完封できたんじゃないか?
    その酒居を見殺しにした打線は本気で猛省しなきゃダメだ!
    しかもエラーで引きずり下ろすとは何事か!
    ワザとやってるわけじゃない、エラーは野球につきものと言ったってやらかすタイミングってもんがあンじゃねーのかい!

    これじゃあ投手も育たないよ。投手が育たず踏ん張る試合ができなきゃ打者だって不満が溜まるよ。悪循環だ、デフレスパイラルだ。

    連敗の原因の一つに先頭・岡に象徴される1,2番の不振が挙げられる。昨日9番に下げたがそれでもスタメン起用を続ける。さらには調子のよくないユーダイを2番に据える。3回の送りバント失敗併殺はけして結果論でないと断言する。

    確かにショーヘーも清田も期待薄だ。だが今の岡より悪いと判断する明確な材料があるなら二軍に落とすべきだろう。細谷なんか全くと言っていいほど使ってもらえていない。ようやく高濱がヒット打った時の歓声はベンチに届いただろうか。
    これだけ使って結果が出ない選手を継続するのは勝敗以外においてチームにとって悪影響が出るだろう。

    いくら先日HRを打ったとはいえ岡も辛かろう。誰を落とすかは置いておいても菅野・伊志嶺・三家・岡田・肘井・安田・大木・香月、誰でもいいから上げるべきだ。来年も使う気ならドミンゲスだっていいくらいだ。

    これだけ結果が出ていないのに同じことを続ける理由が知りたい。監督インタビューは負けたときこそ聞きたい。

  • 右へのHRは久しぶりじゃないか、アジャ!これを思い出せば25本はいけるイケル!

    あと20cmくらいだった?カッキー、残念。入っちゃえば無様なバッドエンドを迎えることも無かったのに。福浦の当りがショートの頭を越えずに牧原のそれがポテンタイムリになる。全てがツカンポ。

    8回まで4安打、それもアジャと大地が2本ずつじゃ得点できるわけがない、2点取れたことの方が奇跡。

    スランプが長引く選手はいるけど、チーム全体がこれほど打てないのも珍しい。まるで政権交代が決定しているチームみたいだ。井口監督は1年目だしそれは無いのに。
    まさかチーム内で造反が発生してるんじゃあるまいな。選手時代の井口は慕われてたって言うからそれも無いか。

    あ、去年チーム全体ずっと打てなかったっけ…

  • 無死二塁で2番から三者連続三振で無得点。今のマリーンズを象徴している。

    この3連戦、盛り上がりどころは福浦のヒットだけという、金返せ状態。
    リードしたのは第2戦の福浦のタイムリのみでこれもあっさり逆転。

    それでもスタメンは殆ど変らず、昨日にようやく田村から柿沼を使ったが、そこじゃないだろう、という声が私の中で木霊する。
    にしても江村の心境を察するに余りある。

    種市には批判的な声も聞こえるが頑張っていると思う。7回6失点。アジャのエラーが無ければ7回4失点。合格には程遠いが形にはしたと言っていいだろう。

    その種市、6回に大ピンチを招いて2失点したが、不安そうにチラチラとベンチを伺うのに野手はマウンドで叱咤するもののベンチは素知らぬ顔。
    最初から100球は最低投げさせる(6回は任せる)つもりだったのかも知れないが、エース級には「ここは任せておけよ」ってところでもノコノコ出てくるくせに若手がピンチの時に支える姿勢を見せないでどうする。

    7回を投げ切ったのは収穫だろう。是非来年に繋げてくれ。

    E・田中18号HR。けして長距離打者ではないだろうにこの数字。パークファクターはあれど我マリーンズはどうなのか。アジャの20本は良いとして他にもHRを狙える打者は居る。例えばショーゴ。負けずに20本打てる力はあると思う。ショーヘーだってパンチ力は十分。ユーダイだって打撃練習で見せる高々と上がって落ちてこない打球を見れば二桁は打てそうだ。
    最初からHRをあきらめた指導・練習してないか?だから「ここは狙っても良い場面」でも打てない、打つ気無くなってるんじゃないか?
    プロに来る選手ならタイミングが合ってフルスイングで芯食えば誰でもフェンスオーバーできるだろ?そういう練習も必要じゃないかなぁ…

  • 嗚呼、日々是平穏…

    10連戦の最後仙台から大阪までナイターナイターで移動日なし。
    関空が半分しか機能していなくて伊丹や神戸にしわ寄せ来てる状態で大丈夫なのか。まさかの新幹線移動?

  • マルチヒットで残り4本、3年ぶりのHR、それでもチャンスで代打を出される。
    かなり体調(腰)が悪いのかな。

    そんな中今週は北海道への遠征も無くなり5日間の思わぬ休養、そのあとホーム8連戦。

    日・月と行くのでここで決めてくれると嬉しいなぁ!

  • 種市君、ナイスピッチ!
    前回の暴れた制球を昨日はしっかり修正して臨んで、しかも先発で勝利投手の権利獲得という結果を出した。
    白星は付かなかったけどね。

    得点能力が低いし完投を予定していない先発で後ろが不安定なんだから、5回のカッキーの2ベース、ギャンブルだろうとタイガーをホームに突っ込ませるべきだったんじゃないかなぁ…

    これで3位Fと9.5G差。私は基本、100%可能性がなくなるまで希望は捨てないタイプですが、このG差の現実と試合内容から心折れ掛けています。あとは奇跡を祈るのみ、それはプロフェッショナルに対しては多大な非礼であることは承知していますがそれしかなくなってしまった気持ちも理解して欲しい。

    これはナイスバッティング!と思った打球もそれほど勢いが無くなんなく捕球されてしまうシーンをここ数試合何度も目にした。VTRを見るとどうしても差し込まれ気味のバッティングになっている。金森理論がそうなのだからある意味仕方がないのだが、それでもシーズン前半は打っていた。
    やはり今まで年間通して戦った経験の少ない選手をレギュラー固定で使ってきて疲労が溜まっているのだろう。スイングスピードもパワーも落ちてるのではないか。

    同じことがリリーフ陣にも言える。過去も同じことを繰り返しているのだから、調子を落として打たれてから対応するのでなくその前のケアができないものか。

    昨日の内もリリーフカーで「運ばれている」時から自信無さげな表情だった。あれでは打たれてもさも有りなん、怒りすら湧かず、こんな状態で登板させられるのかと半分同情してしまった。

    井口監督の発言もシーズン当初、あるいは去年終盤と180度違うものになっている。自覚した上で何らかの対応策を持った発言なら来期に期待もできる。
    その場限りの感情任せの発言でないことを祈る。

  • 帰宅時にはすでに6回表、実際の投球は殆ど見ていません。結果だけ見ると四球が多く先頭打者も6回中4度出している。でも球数はそれほど多くなく無失点。
    相手からすると打ち崩せそうで崩せない、イヤな展開だったはず。
    6回も初の1イニング2安打だったがアウトはすでに一つとっていた。

    結果2失点したが、いつの間にやらベンチ内投手コーチに戻っていたコバマサ、清水ナオだったらどう判断していたか気になる。

    その後の唐川のドタバタ失点を見て勿体ないという気しか起きない。
    勿論シェッパーズが持ちこたえたはずという根拠は全くないが、前回のそこそこ好投と併せても、もう少し任せても良かったのではないだろうか。

    いずれにしろ2安打じゃ勝てない。
    ショーゴの落ち込みと1番打者の不振、ユーダイの選球眼の無さが響いている。アジャも去年までのアウトローの落ちる球に空振るクセが出始めていたが昨日は何とか持ち直し感があったものの角中も良いのか悪いのかはっきりしないし、ダイチはこのまま今年は終わっちゃいそうだ。清田に上がり目も感じないし、ミッキーや細谷、江村は打席すら与えて貰えない。

    なんかこう、チーム一丸になって現状を打開しようって気が特に打線に感じられないんだよなぁ。
    選手というよりベンチの采配の問題なのか、選手のやる気を感じないから使わないのか、それなら二軍と入れ替えだし、などいろいろ勘ぐってしまう。

    おぅ、牧原!9回7-0で二死無走者、一人くらい出したって勝敗にカンケーネーだろ!
    忖度せーや!

    あー、スッキリしねー!

  • 逆転後の8回裏は怖くて観戦できず、リビングで家族から漏れた「ヒィッ!」という悲鳴を聞き思わず耳を塞いだ。

    ハイライトで岡の見事な弩ストライク返球に拍手喝采!腰のあたりでのキャッチの姿勢はややバランス悪かったけど、肩強い!

    有吉は粘り強いなぁ。ピンチになっても表情変えないどころか更に向う気の強さを出してドンドン攻める。田村もいつものアウトロー一辺倒でなくインも積極的に使ったのは素晴らしい。
    失点もカッキーのなんで初回から?の疑問符付チャレンジ(初回だからかも知れんけど)が無ければ防げていたかもしれない。

    ウッチーも三凡で一時のどん底は脱した感がある。ここから再浮上を!

    二木、有吉、石川、ボルシンガ―、涌井。そこにもう一人酒居、唐川、土肥、チェン、種市など加わればローテは確立。
    クローザーもしくはセットアッパーにもう一人外国人連れてきて、打線にもてこ入れ(丸の獲得?)すれば結構戦える布陣ができそうだが、やってくれるかな。

    今日はシェッパーズと松本。シェップは前回並みの投球をしてくれれば楽しみ。松本はどういう投手か良く知らないが、簡単にやられないように工夫して欲しいところ。

    福浦は今日も出場するかな、打ってくれるかなっ!

  • 8オモ小田のタイムリ2ベースで球場を後にしたので成田の登板も福浦のヒットも見ていない。なんら見どころのない参戦に終わった。

    なんとか3点差以内にしてSシチュエーションにすれば増井が出てくる、昨日・一昨日の状態なら、と思っていたがままならぬどころか無抵抗、ここ数年記憶にないくらいつまらない試合だった。

    5イニング5安打ながら5失点、集中打でなく4度も失点機はいただけない、四球とWPにまずい守備がonされればさも有りなん、速球に力強さは感じたものの昨日はそれだけ、あれだけ変化球の制球が定まらなければ田村も何を要求すればいいか困っただろう。

    とは言えまだ2年目19歳、種市を攻める気は一切ない(反省はしてね)
    初回のユーダイのバント失敗に始まり、序盤から点差が開いたとはいえバファローズの足を絡めた攻撃とは裏腹な無策の行列、6裏アウトになったものの良い当りが続いて7回西の続投でチャンスと思いきや、これがラストイニングとフルスロットルの西には手も足も出ず。
    もう一度言う、あ~つまらん!

    見ていて楽しい野球してくんないかなーって勝つことなんだけどさ。

  • いやぁ、大地、あの打球は捕ろうよ。これは見過ごせないわ。

    榎田に黒星を付ける絶好のチャンスだった。初回のカッキーのクソボールに手を出しての三振。そして7回の福浦の一打。
    初回の追加点があればシェップももっとスイスイ行けただろうし、7回に1点差に詰め寄れば9回の無死1塁での攻め方も違っただろう。

    昨日今日とそこそこ試合は作るものの終わってみれば敗戦、これが彼我の地力・勢いの差というものか。

    シェッパーズは思いのほか好投した。リリーフ時の制球の不安定さは感じなかった。意外と先発適性があるのか。次回再確認。

    さて、3位と5G差というとあきらめかけてしまいそうだが、2位と5.5G差というと希望が湧いてくる不思議。

    残り少ないがまだまだ!

  • >>No. 14118

    2年くらい前ですか、秋季キャンプでショーゴとショーヘーと吉田が並んでバッティング練習しているところを見ました。
    飛距離は3人とも甲乙付けがたいと思ってましたが、あに図らんやショーゴが頭抜けて飛ばしていました。

    当時まだ芽が出ていないショーゴを伊東監督が使い続けるのはこういうところが理由かと納得した覚えがあります。

    中距離ヒッターには間違いないとは思いますし今年は率に重きを置いているせいかHRは少ないですね。

    ですが芯を食った時の打球は素晴らしいので、私は20本くらい打ってくれないかと期待しています。

  • 序盤と締めに失敗したのは前回と同じ。
    7回、ここが最後のイニング、1点リード、協力L打線、慎重に行きたいのは判る。
    四球もヒットも同じランナー、好打者でも7割は凡退、歩かせたらファインプレーも望めない、思い切りストライクゾーンに投げて打ち損じも含めて半分運任せに期待とはなかなか割り切れないか。

    逆転されてガックリだろうがそこは表情に出してはいけない。それが源田のタイムリも呼びこんでしまう。
    辛い時こそナニクソで相手を見据えて睨みを効かせよう。

    山川の特大HRでとどめを刺されたが、その前の浅村のどん詰まりタイムリが痛かった。あそこで踏ん張って2点差で行けばまだ試合にはなっていただろう。

    酒居は好投するものの勝利に結びつかない。一皮剥けるナニカが必要そうだがそれがナニカは判らない。投手コーチの出番、清水直コーチ、お願いします。

    前回の雨中決戦満塁HRで決着付けたアジャは完璧にリベンジされた。マリーンズの投手は打たれる相手にはとことん打たれ続けるのに…

    今日はシェッパ―ズ、初先発はお試しと言える時期はとうに過ぎ、クビのかかった登板、元メジャーの意地を見せて欲しい。
    榎田、いい加減攻略しようよ。

    あ、そうそう、5点差を追う7回先頭細谷ヒットのあと田村の中途半端な三振と清田の中途半端なゲッツーはシドスギ。ここで2点くらい返していればって思っちゃう。

  • 粘って粘って揚句アウトハイのクソボールを空振り三振する未来しか予想しなかった私はあなたを見誤っていました、すみません、岡さん!

    We are!もヒロインも初々しくてよかったけど、これからもっともっと慣れる様な活躍、期待してるぞ!

    それにしても素晴らしい逆転劇だった。
    多和田に3回終了まで27分と赤子の手を捻るがごとくあしらわれ、有吉は速攻で失点、4回にはユーダイの「なんで?」と思える走塁死もあってたったの36球で5回へ、やっぱライオンズつえー、からカッキー2ベースでチャンスを作ったもののWPで本塁憤死、あぁダメか、がまさかのビッグイニング6得点!

    仙台の勢いが一日置いてもまだ続いていましたか!

    願わくば6回7回の先頭出塁を活かしたかった。9回のウッチーは結果素晴らしい投球だったが、終わるまではヒヤヒヤもんでしたから。

    有吉は悪くは無かったと思うんですがやや真ん中に集まりすぎでしたかね。いとも簡単に打ち返すL打線はホント恐ろしい。

    今日は今井と酒居。前回好投されてアジャの満塁HRで何とか勝利した相手。酒居も最近いい感じなのでしっかり援護して連勝と行きましょう!

    しかし村田はスゴイ。あの年で112㌔もスゴイがあれだけ足が上がるのもスゴイ。帰り際、前の座席を跨ごうとしてモモが攣りそうになった私は見習わなければなりません。

  • 8回福浦に代打根元、代えるなよ、と思い、打点を上げたもののここは塁に出ないとダメだろ、仕事したとは言えないなと思っていたら9回に大仕事してくれました。
    タイミング間違えなければ打つ方ではまだまだ使い勝手のある選手だと思うので昨日の一打は嬉しい。

    唐川をリリーバーに、と推しましたが想定していた姿とはチト違っています。短いイニングならストレートはもっと速く力強い球を投げ込んでくれると思っていました。昨日の姿なら先発と大差ないのでリリーフに使ううま味は感じられません。もっと思い切ったピッチングができると思うんだけどなー

    種市、球が高かったね。そういう時にどう対応するかが勝てる投手になれるかどうかの違いかな。次、ガンバ!

    益田は試合展開からあまりリキ入らなかったってことにしておこう。

    内は不安定だな。西巻の5球目ボール判定は厳しかったけどその前の岡島にも良い当りされてたしな。ほかに居ないから仕方ないんだろうけど苦しいな。

    カッキーは少し休ませた方が良いんじゃないか?代わりを誰にするか悩ましいけど。

    苦しみながら最後はいい感じで勝利、一日置いて絶好調のライオンズ戦、勝ち越したいなぁ!

  • 審判団はプロ野球が興業であるということを理解しているのだろうか。
    演者がいて観客がいて審判は舞台を円滑に廻していく立場なのだ。

    異常時に何が起きてどうしてそういう結果になったのかを観客にもプレーヤーにも説明しようとしない、その意識の低さは過去何度も目にしてきて不満だし、中継でも解説者から苦言を呈されることが多いのになんら改善されないのは全く理解できない。

    昨日のジャッジは仲間である審判がダイレクトキャッチ判定をした後、「協議だけ」でファウルに覆した。そこに具体的な判断材料があったのか。今年からリクスト制度が導入され、審判団が自主的にビデオ確認もできるのに、それもせずどうやって身内の意見を「話合い」だけで変更できるのか。
    アウトコールは一塁塁審だろう。主審は捕手が邪魔で確認し難かったろう。三塁塁審と二塁塁審が反対意見を述べて多数決で決めたのか?二塁などホームから一番遠い位置なのにその意見が通るのか?

    威厳を以てジャッジすることは必要かつ素晴らしいことだが、傲慢なそれは見ていて滑稽でしかない。
    プロ野球がどういうものか、審判らが自分たちの立場・仕事は何かを理解していればこのような判断や、ただ「ファウルとして続行」などと木で鼻をくくった様な、説明にすらなっていないアナウンスで終わらせることは無いだろう。

    リクエスト導入に際して審判の威厳が落ちると称して反対したとの報道を聞くが、そのような戯言を言う前に自らの襟を正せと言いたい。

  • 二安打完封、虎の子の1点を死守、二木、素晴らしい。

    過去何度か完封のチャンスが有りながら挑戦させて貰えなかった二木、昨日もアレだけの投球なのに7回で代えられると思わせてしまう采配はチト問題ではなかろうか。
    不用意な四球もあったし、ガン表示が見た感じほど数値が上がってなかったし、スタッツほど圧倒的に抑えてる感も無かったが、代えられると思うほどのピッチングには到底見えなかったぞ。
    しかしなんだって二木の時だけ援護が無いんだろ?

    この白星で二木も打線もベンチもホッとしたことだろう。

    岩下、種市、土肥、有吉、酒居、そして二木。若い投手が次々と出てきている。この芽を摘むことなく順調に育てて欲しい。

    そして平沢、安田、香月、藤岡、菅野ら若手野手も負けずに続け!

    ところで塩見ってなんでこんなに良くなったんだ?あれだけ打たれて失点しなかったのは四球ナシが理由。過去の彼からは考えられない。誰が指導したか知らないけど藤岡貴とか大嶺兄とか関谷とか千隼とかも教えて欲しい感じ。

  • 藤岡貴、頑張って笑顔を作って緊張しないように努力していた。先頭打者初球で一死取ったんだからもう少し落ち着くかと思いきや3球で汗だく。
    トレードされて1カ月経つかどうかでは心技体の内ココロしか手を加えられ無かったろうけど、やはりそんなに簡単に変われるなら苦労しないという話に終わったようだ。

    アルシアに足を引っ張られた感もあって気の毒ではあるがあのキョドキョドした表情に変わりは見られなかったなぁ。

    とは言いながら2回までのマリーンズの攻撃を見ていると間抜けな敗戦を喰らうかと思った。自軍の守備時にはあれだけボールボールでイラつかされただろうになんでポンポン早打ちするかね。藤岡なら簡単に攻略できると高をくくったか。勝ったから良いようなもののねぇ…

    土肥は頑張ったですよ。初回ド真ん中投げて被弾してまた逃げのピッチングになるかと思ったが何とか踏ん張った。
    初勝利おめでとう!

    田村はいい加減制球の甘い投手にアウトローの厳しいところばかり要求するのは諦めた方がいい。ムリだから。それでカウント悪くして球数増やして疲労して投げる球無くなって打たれるパターンは見飽きた。

    投手コーチの配置転換があったみたいだけどアナウンスありました?
    清水直になってまだ数日だけど、先発を引っ張る傾向にありますかね?昨日も今までなら5回で交代だったでしょう。酒居も好投していたとは言え6回で変えていたんじゃないかな。
    私はいい傾向だと思います。中6日の現状、120球くらいまで投げさせた方がブルペンの使い方も含めいい方向に行くと考えています。

    さて、有吉、土肥に続いて二木にも白星を!

本文はここまでです このページの先頭へ