ここから本文です

投稿コメント一覧 (42136コメント)

  • >>No. 47950

    ×↑当時のウエイトレスの言及は、100~400円程度だからね、慰安婦と同じ位稼ぐんだね、闇売春で。

    ○↑当時のウエイトレスの月給は、100~400円程度だからね、慰安婦と同じ位稼ぐんだね、闇売春で。

  •  そのうちに、僕は兵隊じゃないから、慰安婦の人も話がしやすいんだな。それで僕も「あんたたちどうしてここへ来たんだ」と聞いたら、「実は私たちは、昭南島(シンガポール)の陸軍の食堂でウェイトレスとして働く約束で、支度金百円をもらって軍用船でここへきたんだけど、着いた途端に、お前たちは慰安婦だといわれた」というんです。

    ↑当時のウエイトレスの言及は、100~400円程度だからね、慰安婦と同じ位稼ぐんだね、闇売春で。

    つまりウエイトレスは売春婦だから、慰安婦と同じ商売。

    之を知らない、兵隊は居ない。

  • 出版物取締

    一般標準
    ①皇室の尊厳を冒涜する事項
    ②君主制を否認する事項
    ③共産主義、無政府主義等の理論乃至戦略、戦術を宣伝し若しくは其の運動を煽動し又は此の種の革命機関を支持する事項
    ④法律、裁判等国家権力作用の階級制を高調し,其の他甚だしく之を曲説する事項
    ⑤テロ、直接行動、大衆暴動等を煽動する事項
    ⑥植民地の独立を煽動する事項
    ⑦非合法的に議会制度を否認する事項
    ⑧国軍存立の基礎を動揺せしむる事項
    ⑨外国の君主、大統領または帝国に派遣せられたる外国使節の名誉を棄損し之が為国交上重大なる支障を来す事項
    ⑩軍事外交上重大なる支障を来すべき機密事項
    ⑪犯罪を煽動若しくは■■し又は犯罪人若しくは刑事被告人を称賛救護する事項
    ⑫重大犯人の捜査上甚大なる支障を生じ其の不検挙により社会の不安を惹起するが如き事項
    ⑬財界を攪乱し其の■著しく社会の不安を惹起する事項
    ⑭戦争挑発の虞ある事項
    ⑮其の他著しく治安を妨害する事項

  • >>No. 28714

    戦前に言論弾圧はなかった。

    日本共産党の発信する文章に、日本国転覆という文言があったので、弾圧ではなく発行禁止された。

    日本以外の国で、政府転覆などと言える国は何処にも無い。

    昭和21年07月11日
    ○野坂委員 今の御言葉から察するとここにある憲法草案、是は飽くまで我々の些細なる修正でも受入れないと云ふ風な意圖がありはしないかと想像出來るのですが、どうでせうか、若しさうなら我々此處で發言する必要がないと思ふ

    ○野坂委員 私は今の此の言葉は外の表現に變へるのが適當でないかと思ひます、是で見ると、我々の生存と安全と云ふものは兎も角も外國に頼んで置く、我々が之をどうすると云ふやうな積極性が出て居ないと思ふのです、だから此の點は私變へられることを要求します

    ○野坂委員 是は「世界の諸國民」とありますから、日本も入るでありませうが併し是は主として外國を指して居ると思ふのです、「世界の諸國民」でありますから…今言つたやうに、此處は日本の我々のもつと積極的な努力を表はすべきで、私個人の意見としては、此處の文章を──最後から三行目に始まる「日本國民は、常に平和を念願し、」云々、此の一行、二行目は大體に於て其の次に來る三行、或は次の頁に來るものと重複して居ると思ひます、平和の問題、平和維持の問題、國際關係、斯うなつて居ると思ひます、社會黨の案でも、社會黨の御意見でも、此の前文を出來るだけ簡潔にすると云ふ風な意見が出て居ります、私は非常にそれに贊成します、外からも文章をもつと簡潔にすると云ふ意味で、此の「日本國民は、」云々から始まつて一行、二行は大體私は廢めて宜いのぢやないかと思ひますそれを最後の行に來て「平和を維持し、專制と隸從」之に來て差支へないぢやないか、其の前の二行はなくて宜いのぢやないか、斯う云ふ風に思ひます之を一つ御考慮願ひたいと思ひます、それから質問としては、一番最後の行に「平和を維持し、專制と隸從と壓迫と偏狹を」斯うあります、ここで「專制と隸從」是は對立すると云ふことは能く分りますが、「壓迫」とあります、専制と壓迫とあるが専制と壓迫とどうしてここに區別があるのか之を聽きたいと思ひます

  • >>No. 38435

    若山照彦以外にSTAP細胞からキメラを作って確認した人物はいない。

    若山照彦以外の人物が失敗したからといって、STAP現象が無かったと言う事は言えない。

  • >>No. 28716

    昭和二十七(一九五二)年五月二日、いわゆる〈血のメーデー事件〉が起きた翌朝、朝日・読売など都内の各新聞は、全紙面を埋めたメーデー事件の記事の一面下段に、次のような小見出しのRP(ラジオ・プレス通信社)の記事を掲げた。一段組。
        共産系「自由日本放送」
     〔RP特約=東京〕東京で傍受したところによれば一日夜から「自由日本放送」と称する共産系の日本語放送が開始された。同放送は毎晩八時三十分から九時まで行われ、一日夜は「日本共産党のメーデー・スローガン」「世界労連のメーデーに対するメッセージ」「日本国民は必ず勝利する=解説」などを放送した。なお同放送の所在地は不明であるが、周波数一一・九メガで毎日定期的に行われるところからみても日本国内ではなく、北京、平壌またはハバロフスクとみられている。(読売紙)
     同日、朝日紙の小見出しは「なぞの放送始まる・共産系“自由日本”」であった。

     この時の放送施設は、いうまでもなく中国共産党の援助と協力によって非公然に開設されたもので、前章(胡同の家)とは別に北京市内にあった。出力は五〇キロ、短波周波数は前記の通り、スタジオの外部は平屋木造建であるが、器材は殆ど当時のラジオ放送国際的技術水準を示すもので、マイクロフォンは英国製ヴェロシティ型であった。但し、解放後まだ間もないため、スタジオの椅子は布地が破れ、中から綿がはみ出しているし、夏冬ともに冷暖房はないため、夏場は日本製の金属ファンの扇風機を“弱”でかけ放しにして放送するなど万事非常時型であったが、〈抗米援朝〉の大闘争のさ中ではあり、国内的には、国民経済復興の〈三反運動〉を展開している最中なのだから、これだけの施設を提供してくれたのは、文字通りプロレタリア国際主義の連帯観がなければ到底できないことであった。

    ↑日本の共産党が中国政府と結託して、北京にで放送していましたね。

    これが中国共産党と日本共産党がベタベタ、ズブズブの関係にあるということ。

    日本共産党が中国習近平首相を心底非難したのをも居たことが無い。

    表面をなでるだけ幼稚園生が作ったようなチャチな文章で批判する事は有るようだが。

  • >>No. 17021

    国と県の対立を作ったのは、鳩山鳩ポッポ首相だよね。

  • >>No. 28709

    共産党員の夢と希望は、日本国民の夢と希望とは乖離しすぎています。

    同じ国民とは到底考えることが出来ません。

    日本共産党員は別の国の人だと感じる今日この頃。

  • >>No. 38433

    物理的刺激による再生では同じだね。

    現時点での存在は確認された、若山照彦君によって、出いいんだよ。

  • >>No. 28706

    第9条天皇ハ法律ヲ執行スル為ニ又ハ公共ノ安寧秩序ヲ保持シ及臣民ノ幸福ヲ増進スル為ニ必要ナル命令ヲ発シ又ハ発セシム但シ命令ヲ以テ法律ヲ変更スルコトヲ得ス

  • >>No. 28705

    第8条天皇ハ公共ノ安全ヲ保持シ又ハ其ノ災厄ヲ避クル為緊急ノ必要ニ由リ帝国議会閉会ノ場合ニ於テ法律ニ代ルヘキ勅令ヲ発ス
    2 此ノ勅令ハ次ノ会期ニ於テ帝国議会ニ提出スヘシ若議会ニ於テ承諾セサルトキハ政府ハ将来ニ向テ其ノ効力ヲ失フコトヲ公布スヘシ

  • >>No. 28704

    第4条天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ
    第5条天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ

  • >>No. 28701

    君が代だいは 千代に八千代に さざれいしの いわおとなりてこけのむすまで
    あれはや あれこそは 我君のみふねかや うつろうがせ身み骸がいに命いのち 千せん歳ざいという
    花こそ 咲いたる 沖の御おん津づの汐早にはえたらむ釣つる尾おにくわざらむ 鯛は沖のむれんだいほや

    志賀の浜 長きを見れば 幾世経らなむ 香椎路に向いたるあの吹上の浜 千代に八千代まで
    今宵夜半につき給う 御船こそ たが御船ありけるよ あれはや あれこそは 阿曇の君のめし給う 御船になりけるよ
    いるかよ いるか 汐早のいるか 磯いそ良らが崎に 鯛釣るおきな

    糸島・博多湾一帯には、千代の松原の「千代」、伊都国の王墓とされる平原遺跡の近隣に細石神社の「さざれ石」、細石神社の南側には「井原鑓溝遺跡」や「井原山」など地元住民が「いわら=(いわお)」と呼ぶ地名が点在し、また若宮神社には苔牟須売神(コケムスメ)が祀られ極めて狭い範囲に「ちよ」 「さざれいし」 「いわら」 「こけむすめ」と、「君が代」の歌詞そのものが神社、地名、祭神の4点セットとして全て揃っていること。

  • >>No. 28700

    主権は天皇にあり、
    ( 日本帝国憲法 )


    ↑主権は天皇にはありません、国会の輔弼がないと天皇一人では何も出来ません。

    主権は国民にあり、
    ( 現、日本国憲法 )

    ↑国民主権とは書いてあるが、国会の決議がないと国民では何も決められません。

    日本人 … 310万人の犠牲者、
      ( 兵隊の死亡は半数が餓死、病死でした )

    ↑連合軍のプロパガンダです。

  • >>No. 28699

    国歌になるまでの君が代


    鈴木春信の春画「風流艶色真似ゑもん」の中の一枚[11]。教え子を手籠めにする手習いの師匠を描いたもので、左下の看板に和歌「君が代」が見える。春信は描写に無駄のないことで知られ、この和歌も春画を構成する一要素とみられる
    元々は年賀のためであったこの歌は、鎌倉期・室町期に入ると、おめでたい歌として賀歌に限られない使われ方が始まり、色々な歌集に祝いごとの歌として収録されることになる。仏教の延年舞にはそのまま用いられているし、田楽・猿楽・謡曲などには変形されて引用された。一般には「宴会の最後の歌」「お開きの歌」「舞納め歌」として使われていたらしく、『曽我物語』の曽我兄弟や『義経記』の静御前などにもその例を見ることができる。
    江戸時代には、性を含意した「君が代は千代にやちよにさゞれ石の岩ほと成りて苔のむすまで」(「岩」が男性器、「ほと」が女性器を、「成りて」が性交を指す[要出典])に変形されて隆達節の巻頭に載り(同じ歌が米国ボストン美術館蔵「京都妓楼遊園図」[六曲一双、紙本着彩、17世紀後半、作者不詳]上にもみられる[12])、おめでたい歌として小唄、長唄、浄瑠璃、仮名草子、浮世草子、読本、祭礼歌、盆踊り、舟歌、薩摩琵琶、門付等にあるときはそのままの形で、あるときは変形されて使われた[13]。

    ↑日本のことをお勉強して下さいね、左巻き君。

  • >>No. 38429

    実験環境が違うことを考慮すれば、いいんだよ。

    実験が成功しなかったことと、STAP細胞が無い事とは同じでは無い。

    物理的刺激で再生する生物が居る限り。

  • >>No. 38422

    幹細胞は胚から採取されることが多く、さまざまな病気の治療に利用できるのではないかと期待が寄せられている。もし細胞のタイムトラベルを再現できれば、胚を破壊しなくても高い再生能力をもつ幹細胞が得られるようになり、胚性幹細胞(ES細胞)の研究で取りざたされている倫理問題まで解消される。
     この分野はまだ初期の段階だが、2001年のある発見をきっかけに研究活動が活発化した。当時、マーク・キーティング博士、クリストファー・マクガン博士、シャノン・オデルバーグ博士は、イモリから取り出したあるタンパク質をマウスの筋肉細胞に注入した。すると驚いたことに、このタンパク質はわずか48時間でマウスの筋肉細胞を幹細胞に変えてしまった。つまり、マウスの細胞は再生能力を手に入れたのだ。
     誰一人として予想していない結果だった。科学者たちはそれまで、哺乳類の細胞はいったん筋肉細胞や骨細胞など特定の種類の細胞に成長したら、ずっとそのままだと考えていた。そして、細胞が傷ついても再生することはなく、瘢痕[はんこん]組織に変化すると思い込んでいた。
     ところが、キーティング博士らの実験を機に、ヒトでも条件さえ揃えば細胞を再生できる可能性が出てきた。ヒトとマウスの遺伝子は99%まで似通っているのだ。そうして再生された細胞は病気の治療に利用できるはずだ。

    ↑色んな手法で研究が進んでいる。

  • >>No. 28688

    今でも最先端兵器という事に間違い在りません、それ以上の兵器はありません。

    ウイルスはワクチンがありますね、当方のPCにもチャンとワクチンを入れています。

    最新兵器ではありません。

    ウイルスで物理的破壊が行われたという事実はありませんね。

  • >>No. 38421

    植物やイモリは、外的刺激を受け細胞が万能化し再生するという事実がある以上。

    STAP細胞がないということは、現時点では言えない。

  • >>No. 38417

    ある事の証明は時間を掛ければ良い、昔も今も「無」いと言われたものが時間を掛けた結果「ある」と証明された。

    一例、「重力波」は理論上あるが、現実にはそれを検知できない、と言われていたが、今では検地できるようになった、これには実験を始めてから40年以上もかかっている。


    現在検地(検出)できないから「無い」という結論は、科学的ではないということ。


    論文をnatureの査読者に納得させたのは、若山照彦君。

    之に依って論文は完成した。

    外の誰でもない、若山君が論文を完成させた。

本文はここまでです このページの先頭へ