ここから本文です

投稿コメント一覧 (79コメント)

  • 国を守る、家族を守る

    軍備を充実させて侵略に備えよう

    以上は、世の東西を問わず、人類共通の思いです


    北朝鮮も例外ではない、のではないだろうか

    北は自国を守ろうと必死にミサイル実験を繰り返し

    核爆発実験をしている


    現時点では、特定の対象を狙ったものではないが

    日本が、韓国が、欧米が

    北から攻撃される日近しと懸念するのは

    これ また 当然


    連合国と北朝鮮の軍事ステータスは

    只今 休戦中

    奇襲攻撃が いつ再燃しても おかしくない状態なのだ

    だから アメリカ同様に 北も軍備増強にまい進している

    とみるのは 間違いだろうか

    アメリカは軍備先進国 

    北は軍備途上国


    北が連合国との平和関係を望んでいないとは限らない

    平和条約を結ぶにおける

    北の条件とは何ぞや?


    これを聞き出し世界に問うことは

    やってみる価値がある


    日本は その役割を果たせる国だと思っている


  • 権力に従うメディアの面々


    この人たちが日本の報道自由度ランキングを世界第72位に貶めている


    7月13日、6時49分、
    東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」

    レストラン「WASHOKU 蒼天」で安倍首相と会食したのは・・・


    曽我豪・朝日新聞編集委員、

    山田孝男・毎日新聞特別編集委員、

    小田尚・読売新聞グループ本社論説主幹、

    石川一郎・BSジャパン社長、

    島田敏男・NHK解説副委員長、

    粕谷賢之・日本テレビ報道解説委員長、

    田崎史郎・時事通信特別解説委員


  • 歯削る医療機器、半数使い回し…院内感染の恐れ

    読売新聞  2017-7-2



    これは重大問題だ

    治療がHIVや梅毒を民間に伝播していくようなもの



    金儲け第一主義の医療は

    健康な人間の人生を台無しにする


    以前はどこぞで注射針の使い回しもあった


    このような医療機関・医師には営業免許停止が妥当を思料する



    記事と図を以下に。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00050111-yom-soci
    7/2(日) 8:44配信

    全国の歯科医療機関の半数近くが、歯を削る医療機器を患者ごとに交換せずに使い回している可能性があることが、2017年の厚生労働省研究班(代表=江草宏・東北大学歯学部教授)の調査でわかった。

    使い回しが7割弱だった5年前の調査に比べて改善したものの、院内感染のリスクが根強く残る現状が浮き彫りになった。

    調査は、ドリルを取り付ける「ハンドピース」と呼ばれる柄の部分の管理について尋ねたもの。治療時に口に入れるため唾液や血液が付着しやすく、使い回せば細菌やウイルスを次の患者に感染させるリスクがある。日本歯科医学会の指針は、患者ごとに機器を交換し、高温の蒸気発生装置で滅菌するよう定めている。



    .


  • 安倍首相人脈と加計学園グループの関係

    図は(週刊朝日2017年6月16日号より)


    安倍官邸と加計学園の親密な関係がよくわかる



    官邸の言い分

    「加計学園決定について安倍首相が直接指示したことはない、
    証拠もない。周囲が忖度した話」




    小生所感:

    安倍首相は国家戦略特区諮問会議の議長であった
    議長指揮としての 誘導はあったであろう。

    安倍は意中の加計学園に落ち着くように采配した筈

    巨額の土地を無償で贈与し、巨額の助成金を与える相手が
    安倍の腹心の友

    貴重な国民の財産を、安倍は私物化したことになる

    これは国家反逆に等しい。


    .


  • 日本記者クラブにおける小泉進次郎発言(2017-6-2)


    『加計学園に獣医学部を新設する問題を巡って、
    自民党の小泉進次郎衆院議員は、この問題にかかわらず、
    国家戦略特区などの規制改革は進めるべきだとの考えを示しました。』


    小生所感:

    事と次第によりけり。

    規制改革への政治判断は、公正・公平・長期展望が必要だ。

    法曹を増やす規制改革の結果 学校を作り過ぎて 

    現在、閉鎖に追い込まれている学校が多い。



    『小泉進次郎衆院議員:「規制改革というのは徹底的に反対するところは反対しますよ。役所だって死に物狂いで反対しますよ。政治判断を含めて、ここに突破口を開けていかなければ日本は動かないと思ってやるのが特区じゃないですか」』


    小生所感:

    特区を政治家の思想信条や身びいきに利用してはならない

    政治家にその気がないならば、迷惑忖度として阻止できたはず。

    日本が動く突破口はそこにある。



    『加計学園を巡る一連の報道については「何が本当で何が嘘か、確かな報道を見極めるのが大切だ」と指摘しました。』


    小生所感:

    報道は客寄せパンダとなり果てた。

    だからこそ、小泉君、

    加計学園にきめた経緯を、自民党みずからが精査し・公表せよ。



    .


  • 疑惑満載の加計学園獣医学部新設問題


    安倍首相は野党の追及に対して

    印象操作しないでください・・・・と言ったとか



    しかし、添付の図式をみると

    官邸や内閣府が無理強いした印象は深まるばかり




    安倍晋三殿

    我ら国民は確信的印象操作されてしまってござる


    .


  • 「ファシズムの初期症状」とは如何なるものか・・・


    ナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺の悲惨さを伝えるために作られた、

    「アメリカ合衆国ホロコースト記念博物館」に

    ファシズムの兆候を示した「ファシズムの初期症状」という銘文が

    展示されています。



    内容は政治学者のLaurence W Britt氏が書いたもの。


    彼は後の世代のために自由・民主・平和主義を否定したファシズムが、
    初期にどのような兆候を示していたのかを記述しました。



    原文の英語文は画像の通りですが



    ファシズムの初期に見られる現象を日本語にしたものが、以下・・・

    •強力で継続的なナショナリズム
    •人権の軽視
    •団結の目的のため敵国を設定
    •軍事優先(軍隊の優越性)
    •はびこる女性蔑視
    •マスメディアのコントロール
    •安全保障強化への異常な執着
    •宗教と政治の一体化
    •保護される企業の力
    •抑圧される労働者
    •知性や芸術の軽視
    •刑罰強化への執着
    •身びいきの蔓延や腐敗(汚職)
    •不正な選挙




    現今の日本政治に当てはまるものばかり・・・



    .


  • 【大阪】少女に強制わいせつ 大阪府警元警察官不起訴
    5/23 17:22 関西ニュース

    路上で19歳の少女にわいせつな行為をしたとして逮捕された大阪府警の元警察官の男性について、大阪地検は不起訴処分としました。

    大阪府警少年課の巡査部長だった男性(38)は、今年3月、深夜に大阪市内の歩道で19歳の少女に突然抱きつき、衣服の中に手を入れて体を触ったとして逮捕され、さらにその後、去年3月に49歳の女性にわいせつな行為をした疑いでも書類送検されました。男性は府警の調べに対し、いずれも容疑を認めていましたが、大阪地検は22日付けで男性を不起訴処分としました。不起訴の理由については、「ノーコメント」としています。また地検は、19歳の女性から携帯電話を盗んだ疑いについても、「犯罪を立証する証拠が十分ではなかった」として不起訴にしました。大阪府警は今月、男性を懲戒免職処分にしています。






    これだけの悪事でも不起訴か・・・

    警察官は優遇される


    .


  • 美濃加茂市長に藤井氏3選 無投票
    岐阜新聞Web 5/14(日) 17:03配信

    任期満了(6月1日)に伴う岐阜県美濃加茂市長選は14日告示され、無所属現職の藤井浩人氏(32)=1期目=のほかに立候補の届け出はなく、無投票で3選(2期目)を決めた。
     藤井氏は受託収賄などの罪に問われ、二審名古屋高裁で逆転有罪判決を受け上告中。在任中に有罪が確定した場合は失職し、改めて市長選が行われる。岐阜新聞社





    民意を問うのは 無罪確定後にすべきだった




    理由:

    対立立候補者がいたら 選挙戦 → 投票 → 税金浪費


    .


  • 4月29日北朝鮮ー弾道ミサイルを発射


    nhk news web 4月29日 7時59分によると
    北朝鮮は29日朝、西部から弾道ミサイル1発を発射したが失敗。


    日本政府による発射速報をうけて、
    日本の交通機関、東京メトロは全線運転見合わせを10分間、
    JR西日本も北陸新幹線、金沢と上越妙高駅間の運転を10分見合わせた、

    10分というのは、発射から日本着弾までの想定時間である。


    こういう動きがあるにもかかわらず、
    日本政府の閣僚たちに緊張感はない、



    日刊ゲンダイ 2017年4月28日
    北朝鮮危機そっちのけ 大臣11人「GW外遊」に税金10億円
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204388


    『■外務省の大臣、副大臣“全員不在”が4日間
     外務省の日程を見て仰天した。北朝鮮との交渉窓口であるはずの外務省。大臣、副大臣が外遊に行ってしまって4日間も“空白”が生じるのだ。』

    ・・・とある。


    大臣外遊とは、平成29年4月9日~12日 G7外相会合出席であるが


    日本を留守にしていられる 唯一の理由は

    当座、北朝鮮危機は無い

    とわかっているからに違いない



    また・・・

    危機が現実としても

    政府に打つ手なし


    我々庶民は 運を天に任せるように仕向けられている、哀れ


    .


  • <福島県>決済待てず…熊注意看板を自費購入 職員処分検討
    (毎日新聞) 08:15

    福島県は13日、自然保護課の40代の男性職員が昨年度、クマの被害防止用の注意看板を業者に発注する際に、計20枚(約29万円相当)を自費で購入していたと発表した。県内でクマの出没が相次いで発注を急ぐあまり、本来は必要な上司の決裁を待っていられなかったという。県は内規違反があったとして職員の処分を検討している。(毎日新聞)
    [続きを読む]
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6236550



    県によると、男性職員は昨年10月、県内各地でクマが出没していることから注意を呼び掛ける看板の製作を企画。福島市の業者と随意契約を結ぶための書類を作成したが、上司から業者選定の理由が不十分だとして書類を修正するよう指示を受けた。
     しかし男性職員は書類を修正せず、上司の決裁も得ないまま看板を発注。周囲に相談できず、職員自らの負担で費用を支払ったという。
    2016年度予算の決算事務の確認作業で今月11日に判明した。県は、男性職員が契約事務に不慣れだったことや業務多忙などが原因としている。
    (福島民友新聞)



    ー当スレッド主感想ー

    組織内の力関係、仲間内でのいじめの類いは皆無だったのだろうか?


    上司、その他職員と、担当職員との間に何らかの確執があり、
    協力態勢がないために相談できず、意思疎通を欠いたままの自腹であったのか、という懸念が湧いた。


    内規違反はないに越したことはないが、組織内の人間関係が理由で

    社会の必要に即応できない組織というのも困りものだ。


    画像は「職員が自費購入していたクマ被害防止の注意看板=福島県提供」


  • 合法化される政府の国民監視システム


    「テロ等準備罪」などといいながら,法案の中には、

    テロのための条文は1か条も存在していない、とわかりました。

    「テロ等準備罪」という誤魔化しを突然言い始めた政府の真意は

    いずこにありや


    以下の記事に詳しく説明されています。

    ぜひご一読を・・・


    もし「共謀罪」が成立したら、私たちはどうなるか【全国民必読】
    知らなかったと後悔する前に
    高山 佳奈子 京都大学大学院教授 2017.04.07
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51376


    .


  • 幸福ランキング - 国連報告書

    日本51位=最も幸せなのはノルウェー

    (2017/03/21-06:05 時事ドットコムニュース
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032100186&g=soc

    『【ニューヨーク時事】国連が「国際幸福デー」に指定している20日、「世界幸福度報告書2017」が公表され、調査対象155カ国中、最も幸せな国はノルウェーと発表された。逆に最も幸せでない国は中央アフリカだった。日本は51位で16年の53位から順位を上げた

     報告書は各国の1人当たりの国内総生産(GDP)や社会支援の在り方などを基準に14~16年の「幸福度」を算定、ランク付けした。

    報告書は「上位4カ国は、社会福祉や自由の度合いなど幸福に資する主な要因の全てで高評価だった」と指摘した。』

    一位 ノルウェー
    二位 デンマーク
    三位 アイスランド
    四位 スイス

    画像は155ケ国ランキング中、53位までのもの。


  • 現在の社会に満足している?


    ヤフー意識調査

    実施期間:2017年4月1日~2017年4月11日

    2017-4-1現在の合計:1,347票のうち・・・


    大いに満足している    5.5%    74票

    ある程度満足している   19.7%   265票

    あまり満足していない   31.8%   428票

    まったく満足していない  43.0%   580票

  • 疑惑をもたれた政治家の果たすべきことは?


    昭和60年制定の政治倫理綱領は次のように定められています

     「われわれは、政治倫理に反する事実があるとの疑惑をもたれた場合には
    みずから真摯な態度をもって疑惑を解明し、その責任を明らかにするよう
    努めなければならない」



    以上は洋の東西、古今を問わず、今に活きる普遍的・根本的概念です。



    政治家の責任の取り方は謝罪して辞任するだけでは足りない。


    疑いを持たれたすべての政治家は疑惑の詳細を調査し、

    その全容を国民に対して明らかにする責任がある。


  • 今こそ特捜部の出番です




    大阪にある国有地の格安払い下げ問題が耳目を集めているが

    愛媛県では今治市の公有地、(16.8ha、36億7,500万円相当)が

    安倍首相に近い人物が経営する加計学園に無償譲渡されたそうだ。


    その人物とは:

    田中龍作ブロゴス記事によると

    『加計学園の加計孝太郎理事長は、安倍晋三氏の米国留学時から友人で、
    卒業後も頻繁にゴルフや食事を共に楽しむ間柄』

    とある。


    人口減少途上にある日本で よりもよって学校新設とは おかしな話だ



    大阪・森友案件、今治・加計案件、ともに検察特捜が動くべき問題である



    口利きのあるなし だけが問題なのではない


    政治家とその関係者、公務員たちの関わり方が明らかにされるべき


  • 『森友理事長ら参考人質疑、自民拒否 「民間人は慎重に」』
    http://news.yahoo.co.jp/pickup/6232310


    森友理事長は事件の根幹にいる当事者である

    国民は真相を知りたい

    真相を明らかにするのが政権党の役割でないだろうか。


    ロッキード事件では、民間人が多く証人喚問されている

    参考人招致では、仮に嘘の申し立てをしても偽証罪に問われない。

    証人喚問では偽証罪に問われる


  • 入院するときは、保証人がいるらしい。

    或る金持ちが入院することになり、国民年金受給者が保証人になった。

    病院が求める保障の対象は、何なのだろう。


  • 建前主義の裁判所と警察のために

    被害者は更なる危険に曝される、という考えを提示してみたい。



    昨年5月に東京都小金井で起きた事件では

    音楽活動に励む女性に好意をよせた男が

    女性の拒否にあい、ナイフで刺し、殺人未遂の罪に問われている。



    その事件の公判で 裁判所は被害女性に意見陳述をさせた。

    「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」と述べたところで、

    被告人が「じゃあ殺せ}と言い出して退廷を命じられた、との報道があり

    被告人の凶暴性を認識していない裁判所の無神経さに背筋が凍る思いでした



    裁判所というのは、刑事事件を起こす人間の凶暴心理を認識していないのだろうか。

    被告人に被害者の心情をきかせれば、被告人は復讐に執念を燃やすだろうに。

    刑期を終えた暁には、また同被害者に危害を加えないという保障はどこにもない。



    ストーカ―事件も同質の危険をはらんでいる

    ストーカー被害を警察に相談すると、警察は相手男性に注意するそうです


    注意=反省=ストーカーをやめる、 という図式を警察が信じているならば

    あまりにもお気楽・・・


    相談した後に女性が殺されれば、警察が殺人幇助をしたと同然なのだが

    警察は、事件は残念、警察に落ち度はない、最善を尽くした、というだけだ。

    これでは相談した挙句に殺された人は浮かばれない。



    付きまとい嫌がらせをするタイプは、反省どころか逆恨みに走るものだ。



    裁判所も警察も、犯罪者心理を勉強して、恐怖におびえる人を真剣に守ってもらいたい

本文はここまでです このページの先頭へ