ここから本文です

投稿コメント一覧 (88コメント)

  • 2017年03月13日【トップインタビュー】ステラケミファ橋本 亜希 社長【ひとこと】懸念していた利益率は、営業マンの奮闘で「ようやく実を結んだ」と顔をほころばせる。低採算の案件は見直すなど社員の意識が変わりつつあるという。ただ「損して得を取るという考えも必要。とくに若い営業マンには柔軟な考え方が大事と伝えたい」とも。ステラファーマのメディカル事業を軌道に乗せる一方、屋台骨のフッ酸事業の強化に知恵を絞る。

    ↑いまも考えは変わりませんか? 「損して・・・」やっぱり損なのでは?

  •  これだけ株価が下がると、やはり機関のカラ売りは減少傾向となりました。いまのところ「なるほど、こういう仕組みか」と納得。ただ制度の信用買いが減少しているのは気になるところです。

     株主総会にはぜひ出席して、社長の厚化粧を見に行かないと。それまでにワラ人形を買いに行かなければ・・・

  • 第3Q決算発表のあと、機関のカラ売りではなくて制度の信用買いがふくらむ過程で株価↓

    ちょと今後の展開が読めませんので、売りも買いもせず今回は勉強させてもらいます。

  • 為替はドル円が105円台で、日経平均は21720円・・・もしドル円110円に戻っても無相関なのだろうか?

  •  機関のカラ売りは2/13にUBSが報告義務消失、野村が消失、2/14にモルガンスタンレーが復活。あとクレディスイス増、シティ減。考えてみれば、よくもまぁこれだけ機関の食い物にされていたものです。

     原料高とはいえ、製品への価格転嫁が進まないのは独禁法の関係? 経営者は株主を軽視、無能。

  •  ついに株価は4000円を超えてきました・・・
     どうも第1Qの決算内容が漏れている感じ。そりゃ株価は上がるわなぁ

  • あと外資の空売り残はクレディ・スイスの47万株・・・これが解消となる時は、また株価↑

  •  外資の空売りは少し減って、2/13モルガンスタンレーが報告義務解消となりました。この日はてっきりS安かと思っていたので、成る程この買戻しがあったのかという感じ。

     おかげで株価は2/14続落。まだCityもUBSもクレディ・スイス、野村まで空売り残はなかなか無くなりませんね。

  •  これだけ株価が下がったら、ハゲタカ外資の空売りも解消に向かうような気がするのですが・・・甘い考えでしょうか?

  • 経営成績に関する説明
    (前略)利益面におきましては、売上高が前年同期比で増加したものの、主要原料の無水フッ酸価格について、期初より
    高騰した後、第2四半期については価格が低下基調に転じ、正常化に向かうものと想定しておりましたが、下期に
    入り再急騰していることから利益を大きく圧迫する要因となり・・・

    修正の理由
    (前略)原料高騰を受け、価格転嫁を最重要課題として対応を進めているのはもちろんのこと、無水フッ酸の供給不足が深刻化し各メーカーが原料調達難に陥る中、当社においては増大する顧客需要に最大限応えるために必要な原料確保および製品供給を着実に実施し、出荷量の増加と利益の確保につなげてまいりました。しかしながら、そうした取り組みについても原材料価格が過去に類を見ない水準にまで高騰している環境下において、当期中に減益幅を補うには至らないと判断し、業績予想を上記のとおり修正いたします・・・

    ↑なんだと、株主をバカにするな !

  •  今回の株価下落は、ネットのセキュリティという点で「仮想通貨のサイバー攻撃を阻止できなかった」なんてことは、ないのでしょうか?

  •  ドイツ銀行は未だ35万株の空売りを残しているみたいですね。あそこの株式担当者は何を考えているのか分からない。

     ドイツ銀行は銀行自体の「破綻の危機」がささやかれて久しい。①償還が危ぶまれているギリシア国債を大量に保有していた②英銀行と共にLIBOR金利を捏造して米銀行から告訴された③中国から撤退しようとして中国政府から資産凍結され、VWと共に中国と心中するしかなかった。しかも「していた」「された」「なかった」は、今も「している」「されている」「しかない」の状態。

     メルケル首相も以前は「ドイツ連邦銀行と異なり、ドイツ銀行は民間企業なので銀行がツブれても知らない」と言っていましたが、何故か今は「ドイツ銀行はツブさない」と言っているようです。会社はツブれなくても、社員は会社がツブれたほうがマシということもありますね。銀行では裁量の金額をみても債券の担当者はエリートですが、株式の担当者は落ちこぼれなので、執行のミスは真っ先にリストラ対象かと。そういう意味で、まだ何をするか分からない怖さがあります。

  •  6058ベクトルについてはボチボチ、ばかよし証券のレーティングで昨年7月の「格下げ」から6か月、昨年10月の
    「目標価格1600円」から3か月が経過・・・あそこの公表レーティングはまだ、そのままなのだろうか?

  • チョコレートにゴム片②
     さすがに食べてれば気が付きそう、いや食べる前に気がつくかも。やはり食品を取り扱う以上、もし本物のゴム片が含まれた返品があれば、そのヒトにはちゃんと謝罪し、報告してくれたことに感謝すべきです。そして欠落した製造機械のゴム部品全部が発見できた場合には、そのことを公表して一般の顧客を安心させてください。欠落部品の全部が見つからなくても、製造機械の点検は念を入れて事故の再発防止に努めてください(いわれなくても、やってればもういいです)

     いつかマクドナルドはハンバーガーにプラスチック片でしたね。その時は申し出たヒトに、「はい、これプラスチック抜きのハンバーガー」と製品交換だけで応じて話題になってました。

  •  チョコレートにゴム片かぁ・・・ちょっとドキッとしたけど、きょうの株価は今のところ落ち着いてますね。逆にプラ転しそう。こりゃ、このあいだからの株価下げは「これだったのか!」という感じ。悪い話は先に、どこかから漏れていたのかもしれません。
     それより無事に12/26の株式消却をこなせば、8079正栄食品工業の株価は暴騰しそうな気がします。さてさて。

  • 片山さんの7575日本ライフライン株式売却代金で競馬のウマが走っていると思うと、腹が立ちます。

  • ご教授、どうもありがとうございました。

    ただ空売り機関の信用取引残高は表に出てこないので、「制度信用取引」ではないように思うのですが・・・

  •  うーむ、まだ株価は下がりますか・・・。こうなったら保有株を売る気はないし、長期塩漬けということで貸株料でも稼ぎましょうか。年利0.1%なら銀行の定期預金より遥かに高い利率かと。まてよ、これは空売りの助けになるのか?

    しかし空売りの機関は、どんな先から株式を借りているのでしょうか。最近でドイツ銀行は約70万株、クレディスイスは約40万株の残高。これは個別の契約だろうから年利0.1%ということもないのだろうけど、同じ格付けの銀行同士でもCDSがドイツ銀行は225、クレディスイスは144(9/30現在)だし、同じ貸株金利の利率ではないのでしようね。

     CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)が倍近く違うのだから、債務不履行というか貸した銀行がツブれて株式が返してもらえない危険性からして倍近い金利でないと割が合いません(もし同じ利率なら、貸してるヒトは馬鹿ですね)あ、ほっといて・・・てか、どもども。なんせヒマなもので。

  •  空売りの貸株料というのは株式分割があっても影響がないのでしょうか?
     貸株料が「株式時価×%」だとすれば何分割しようが株価が変わらなければ同じ料金ですが、株数が二倍になっても料金は全く同じですか? 貸株料は「株式時価×%」だとすれば、料金は毎日の株価で変わるのですか?

  •  決算発表の前にIRが欲しいところですね。
     ぼちぼち8079正栄食品工業は株式分割のタイミングでは? まぁ配当しだいですけど。

本文はここまでです このページの先頭へ