ここから本文です

投稿コメント一覧 (133コメント)

  • 2018/07/18 17:55

     日足で25日移動平均が下がってきたので、もうすぐ5日移動平均とゴールデンクロスの見込み。過去1年間、GC後のフジクラ株価は下がらないというより、急に上がったことが多い。問題はどの程度の上昇かということかと思います。

  • ①株主総会では一人ひとつの質問しか出来なかったので、BNCTについては「その後、悪性度の高い再発脳腫瘍および頭頚部がんの被験者数に対して第Ⅱ相臨床試験で照射を100%完了した(平成30年6月現在)」とのことでしたが、(私自身はホウ素とフッ素の違いもよく分かりませんので)BNCT照射が完了してその患者が治癒するのかは一番知りたいところです。○○治療のように、がん細胞が無くなっても、患者本人が亡くなってしまったら元も子もないことです。ただ今回の株主総会で分かったことは、BNCT用加速器照射システムは「人体頭部付近のがん」を対象としているらしいことです。これだと体表から数cmの範囲で作用すればよく、それ以上に大きな頭のヒトは少ないように思います。

    ②原料の無水フッ酸についても質問したかったのですが、(素朴な疑問ですが)原料価格が高騰すれば株価は下がるものでしょうか? 原油価格が上昇すれば、株価について陸運・海運株は下落しますが、ガソリン元売株は上昇するような気がします。ステラケミファの平30財務諸表を見ていると、売上高33,622Mからみて商品在庫3,104Mは1か月分、原材料在庫1,655Mも1か月分くらいのように思います。製品価格転嫁も重要ですが、交渉が完了しても転嫁が実現するのは数か月先となれば、ステラケミファ側は安心とはいえ相手側には迷惑な話で・・・ここは上場企業として適正在庫の範囲で「原料備蓄」できないものか。フッ素はレアアースでも無い様に思いますし、業界のほぼ独占企業としては無水フッ酸が(野菜のように生鮮品ではなく、ある程度の保存が可能であれば)安いときに中国とそれ以外のところからも買って(原油のように)適量を備蓄して、フッ素製品の「価格」安定供給に努める必要があると考えます。きのう、北朝鮮と国交が回復して地下資源で無水フッ酸を大量に輸入することになった・・・夢を見ました。

  •  BNCTは「先駆け審査指定制度の対象品目に指定された」→「ふつう12か月の審査期間を6か月程度に短縮」・・・なんか、わけの分からない説明だったので質問しました。要するに2019年の認可申請となるとメディカル事業の黒字化は未だ先でも、着々と治験は進んでいるようです。テーマ自体の事業化は「そんな遠くの未来でもない」というニュアンスでした(この投稿欄でよく見かける「雑音」は気にしなくてよさそうです)

     メディカル分野は私企業として「慈善事業」であるはずもなく、認可後は投下した資金の回収以上のものを見込んでいるということでした(となると、金額的にはかなり大きいはずです)。ほかの株主さんも(小野薬品を例に出して)認可後の薬価基準を質問していましたが、さすがにこちらは企業秘密とのこと。

     ただ言えそうなことは・・・「もうすこしの辛抱」て感じ。テーマ自体の事業化がすすめば会社の業績は「大躍進」、それを見越して先に株価は暴騰しそうなだけに、いまBNCTを諦めるのは勿体ないと感じました。

  •  きょうの株主総会でホテル日航大阪へ行ってきました。(思ったよりも)フレンドリーな雰囲気で総会は無事に終了。役員さん達も最初は警戒してピリピリしていましたが、すべての議案が承認されるとホッとしたみたいです。

     総会では何も質問が出ず「この会社の株主はダメだな」と感じましたが、総会終了後に続いて事業説明会があり、こちらでは株主から素朴でも的確な質問が出て、すこし安心した次第です。私も(弱小株主なので遠慮しようと思っていたのに、つい)今後のメディカル事業とBNCTについて質問、橋本社長の説明に納得してしまいました。ただ、社長さん素材はカワイイ系で悪くないと思いますが、ストレスがあるのか・・・少しダイエットしないと、すごい三段腹でした。

  • フジクラ<5803> 【四季報先取り】フジクラ
    配信日時:06/13 16:08
    配信元:東洋経済

    【拡 大】光ファイバー増産続く。一部データセンター向け在庫調整は後半解消。車載部品は東欧の新生産拠点が改善。スマホ向けFPC、コネクターも堅調。償却費増こなし増益。為替差益見込まず。連続増配。
    【開 発】自動車電装R&Dセンターを設立し、自動車関連の製品・技術開発を強化。超多芯ケーブルなど光関連拡販加速。高出力のファイバーレーザー事業も本格注力。

    (『会社四季報』夏号《6月15日発売》の速報版です。今後、『会社四季報』の制作過程で内容が変わる場合もあることをご承知おき下さい)

  •  機関の空売りは、ますます混乱。どちらかというと解消(買戻し)の方向のような気がする。
     それにしても昨週末は空売り解消なのに、株価が下落したのは理解不能。まぁ売買高が細らなければ、空売りだけで株価が上下するわけでもない。

  •  5/16についてクレイジー・スイスは16,700株をカラ売り。くくっ、何も知らずに・・・

  • 今の株価ゾーンで現物のホルダーは約200万株/1300万株、昨日の年初来高値3945円から上は当面の青天井ですかね。カラ売りと現物の不安定株主は、安いので機関が買っている今のうちに売ってネ。

  • No.666

    強く買いたい

    5/16についても▲11700…

    2018/05/17 18:35

     5/16についても▲11700株だけですが、モルガン・スタンレーMUFG証券はカラ売り解消(買戻し)。機関が制度信用を利用するとは思えないが、限月というわけでもなさそうだし、やっぱり何か株価が上がるようなネタをつかんでますな。

     きょうの日足は株価が上がるときは急で、下がるときは細々としています。やはり売っているのは利確の個人、買っているのは買戻しの機関か、もしかしたら年度初めの投信ファンドかもしれませんね。EV関連とかでステラケミファも買われているのであれば、過去の業績よりも将来の発展性が重要・・・なんてね。

     株主としては、いろいろと考えさせられる銘柄です。

  •  きょうの終値も「微妙」なところに・・・フジクラの株価は、このまま上がればペースは速い!

  •  ステラケミファの株価は年初来高値を更新、3955円から上は早いよ!

  •  機関のカラ売りも「足並みそろわず」といったところですか。ただ量的にはモルガン・スタンレーMUFG証券がカラ売り解消(買戻し)に向かっています。こりゃここだけ何か、サプライズネタをつかんでいますね。おそらく子会社ステラ・ファーマの薬事承認か何かでしょうか?

     経営者も株主総会が近づくにつれて中期経営計画の下方修正などで炎上しないよう必死なのかも。会社の秘密情報が漏れてませんか? フランス料理に「三ツ矢サイダー」が合わないように、会社経営に「インサイダー」も合いません(←ダジャレ面白くない。あ、イタリア料理だったかも)  インサイダー取引だと下手したらつかまりますよ。早い目に公表したほうがマシ。

  •  今日の終値は、また微妙なところに着地したものです。このままフジクラの株価が下落していくとは思えないのですが・・・

  •  日足ではチャートが「三角保ち合い上放れ」のカタチになっているように思います。
    正栄食品工業の株価は近々↑↑↑

  •  今こんな感じ、ガンバレがんばれ

  •  上がったり下がったりするのが株価。結局、遠めに見て上がっていくのか下がっていくのかが問題・・・て、あたりまえでした。いま807円から988円のあいだはフジクラ株のホルダーが少ないところなので、今後もし株価が上がっていくようなら、このゾーンでは急騰します。

  •  カラ売り外資の買戻しが続いているような感じ。ステラケミファの株価は上がっているのではない、戻っているのだブヅブツ・・・
     もし3862円を超えたら、今のホルダーは少ないですよね。3955円超えだと久々の青天井、さて。

  • (取締役等に対する株式報酬制度)フジクラHPより
     当社は、平成29年6月29日開催の第169期定時株主総会決議に基づき・・・当社の株式価値と取締役等の報酬との連動性をより明確にし、取締役等が株価の上昇によるメリットを享受するのみならず、株価下落リスクをも負担し、株価の変動によるメリット及びリスクを株主の皆様と共有することで、企業価値の向上に貢献する意識を高めることを目的として、株式報酬制度を導入しました。

    ということで、5/13(月)はヨロシク !
    これで株価が下落したら、長浜相談役と佐藤特別顧問は退任だけでなく退社してくれ (どんなヒトか知らんけど)

  •  さすが小型株だけあって、出来高が多くても少なくても株価は乱高下しますね。小株主で長期保有のわたしには関係ないことですが・・・というより、今の株価はボックス圏?

  •  同社は平成 30 年4月1日付けで代表取締役の異動を決議し、前の長浜会長と佐藤副社長が代取からヒラ取へ、新たに和田代取専務(旧ヒラ取常務)が交代。和田さんは27歳で当社へ入社したんですね。会社を「代表」して初めての決算、がんばって下さい。

本文はここまでです このページの先頭へ