ここから本文です

投稿コメント一覧 (5368コメント)

  • >>No. 906


    >アメリカで新型リーフが昨年と比べて好調な売れ行きのようです。
    >
    >
    >ちなみに去年の1月は、722台を販売しています。笑

    ただしくは、772でした。
    訂正します。

  • アメリカで新型リーフが昨年と比べて好調な売れ行きのようです。


    ちなみに去年の1月は、722台を販売しています。笑

  • >>No. 859

    > 新型リーフ米国で予想外の好調
    >
    > 日産自動車の米国法人、北米日産は、デトロイトモーターショー2018のプレスカンファレンスにおいて、新型『リーフ』の米国予約受注が1万3000台を突破した、と発表した
    > デトロイトモーターショー2018のプレスカンファレンスには、北米日産のホセ・ムニョス会長が登壇。「過去4か月間の新型リーフの受注台数は、2017年の1年間のリーフの販売台数に並んでいる」と、新型の販売に自信を示している


    フェイクニュース並みのインチキニュースに騙されている馬鹿がいて笑わせてもらったよ。
    オマエら17年のアメリカでの販売台数を知ってるのかよ。
    ちなみに17年1月は772台だよ。大笑
    そりゃ、新型で4ヶ月もかければ17年の販売台数に受注台数が並ぶのは簡単だろうよ。

  • 【新車】マツダ・CX-8が月販販売計画の10倍超となる12,042台を受注。主な好評点とは?
    http://news.livedoor.com/article/detail/14187424/

    株も車もマツダ買わない奴、馬鹿だろ!

  • 国沢~。
    わからないことをいい加減な憶測で書かないでマツダの人に聞けばちゃんと教えてくれるんだよ。
    少しは池田さんを見習え!

    以下、池田さんのレポートより引用
    筆者は80キロでの追突試験の動画を見せてもらったが、驚くべきことに、追突後のリヤシートにはまったく歪みがなく、完全に形状をとどめていた。生存空間の確保は見事である。

     実は、筆者が以前「3列目の安全性がちゃんとしているかを試乗会で確認したい」と書くまで、マツダはこのデータを公表するつもりはなかったという。理由を尋ねると、「衝突安全の話は、とても難しいんです。ぶつかり方や条件で一概に何キロまで大丈夫と言えるわけではないので」と言う。それはそうだ。
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1712/11/news013_5.html

  • 2018/01/21 09:42

    >>No. 947

    >
    > > >
    > > > [Text:国沢光宏]
    > > > http://autoc-one.jp/mazda/cx-5/special-3428269/
    > > >
    > > > 引用終わり
    > > >
    > > > こんだけ出鱈目を公表したら俺なら評論家引退する。
    > >
    > > 実際にはCX5やCX8の売れ行きは好調でCX8の三列目シートの安全性も確認されている。
    > > これだけいい加減な事を言う国沢にはもはや怒りも感じないが、可哀想なのは国沢の言う事を信じてしまっている、いわゆる国沢信者である。
    >
    > 三列目の件、国沢氏のレポートを読んだが、CX-8の三列目
    > 2列目シートは120mmのロングスライドを可能にし、レッグルーム(足首の角度が130度以下)は1000mm!
    > これは、アテンザセダンの984mm、MPVの991mm、CX-5の997mm、を超える数値です!
    > さらに、3列目シートのレッグルームについては760mm!
    > これは、MPVの732mm、プレマシーの745mmを超える数値です!


    オマエ何が言いたい?
    国沢の言う事の一貫性の無さを今更気がついたのか?

  • 以下池田さんのレポートから引用

    3列目の安全性
     さて、最後に3列目の衝突安全に移りたい。結論から言えば、マツダは時速80キロでの追突安全実験をしっかりやっていた。高速道路の渋滞末尾で追突されることまで想定している。現実世界での事故を考慮した設計であり、恐らく世界的に見てもトップレベルであると思われる。
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1712/11/news013_5.html

  • 初期型CX-5は安くなったとはいえ、中古車平均価格はなかなかのもの。
    下取り価格も期待できるからこれなら新型への乗り換えも楽だろう。
    ●2012年式:171万円
    ●2013年式:185万円
    ●2014年式:201万円
    ●2015年式:238万円
    ●2016年式:268万円
    ●2017年式:280万円

     それと最後に、マツダのCXシリーズの中古車を紹介しておこう。
    ●CX-3(2015年~):223万円
    ●新型CX-5(2017年~):300万円
    ●CX-7(2006年~2011年):97万円

    ちなみにCX-3の中古車平均価格はかなり高額!
    下取りまで考慮すればデミオと比べて割高感は無いと思う。
    つまりデミオを買う奴はやっぱり馬鹿だね。

    https://www.goo-net.com/magazine/12630.html

  • >>No. 807

    > 以下国沢のレポートより引用
    >
    > 「3列シートミニバンとして考えるとどうか? これまた実用性能は「う~ん!」。そもそも3列目シートの居住性がトヨタ・シエンタやホンダ・フリードのような1500cc級のコンパクトミニバンより悪い。身長160cm以上だと明確に「狭い」と感じることだろう。身長183cmの私だとアウツ。
    >
    > もちろんチャイルドシートを3列目シートに装着するのは全く推奨しない。追突時の安全性が確認出来ていないためだ。当然の如くチャイルドシートは2列目シートに取り付けることになり、3列目シートって私のようなお爺さんやお婆さん用。そう考えたら、少しばかり厳しい。」
    > https://allabout.co.jp/gm/gc/471136/
    >
    > 「最近のマツダは新型車に大きな期待をする傾向。好例が新型CX-5で、フルモデルチェンジしたら好調に売れると考えていたようだ。
    >
    > マツダの経営陣と話をしていると「売れない理由」をあまり認識していないように思う。おそらく今の販売戦略のままだと新型CX-8も厳しいかもしれません。」
    >
    > [Text:国沢光宏]
    > http://autoc-one.jp/mazda/cx-5/special-3428269/
    >
    > 引用終わり
    >
    > こんだけ出鱈目を公表したら俺なら評論家引退する。

    実際にはCX5やCX8の売れ行きは好調でCX8の三列目シートの安全性も確認されている。
    これだけいい加減な事を言う国沢にはもはや怒りも感じないが、可哀想なのは国沢の言う事を信じてしまっている、いわゆる国沢信者である。

  • >>No. 865

    確かにマツダのCXを意識しているのだろうけど、オッサンらしいデザインで笑。
    他メーカーが今からマツダを追っても、付け焼刃ではスカイアクティブに追いつけない。
    コスト面では割高になりその結果装備をケチる事になるだろう。

  • >>No. 868

    1200台のニュースは確かに貼ったけど、それが何か?
    それにこの掲示板ではCX-8の売れ行きに懐疑的な書き込みもあったからな。
    で、何が言いたいの?

  • >>No. 854

    > あなたの言う通りホントにコストダウンが進んでるのなら、
    > マーケットは素直にCX-8の12000台受注をグッドニュースとして受け入れ、
    > 株価も上昇するはずですが?
    > 現実はそうなっていないので説得力はありませんね


    マツダのコスト戦略なんて何年も前から公開されているだろが。遡ってIR資料でも読んでみろボケ!
    CX-8だって、売れないと予想したのは国沢くらいのもので、素人目にも売れて当然なわけだよ。
    何を今更12000台のニュースで株価が反応しなくちゃならんのだよ。
    一体なにを言いたいのやら。

  • >>No. 851

    > この点に関してはマツダオタクで豊通出資者のnb4にも同意いただけると思います。

    何を言っているんだろね。
    俺はCX-8の400億円以上の売り上げが予想されるその数字は、マツダにとっては大きいと思うという事を書いたはずだよ。
    利益率も恐らく高い。
    まぁ全てはマツダ劇場の筋書き通りだと思うけどね。
    ところで何でお前らそんなに必死なの?

  • まぁあれだな。
    マツダがミニバンを止めて利益率の高いSUV、高級化路線にする計画は何年も前から始まっているわけだよ。
    5年、10年先を見越して車種を絞り込み、プラットフォーム共通化を超えたコストダウンの計画が一つづつ実現していっているわけだ。
    思ったより凄かったのは、中国、アメリカ、日本とそれぞれ専用のSUVを用意してそれぞれ成功させているところ。
    コストダウンとそれぞれのニーズに合わせながらコストダウンは、マツダの起死回生の経営の中からしか生まれなかった。他社はとても真似できないという事だね。

  • >>No. 830

    > 逃げないで、このCX-8のニュースが場中に伝わったにもかかわらずマイナス引けだった理由を説明しなさいよ
    > 他の自動車メーカーは、みんなプラス引けだったのに

    CX-8が売れる事は、ニュースを見るまでも無く誰でもわかっていたろう。
    あれが売れないなんて思う奴は国沢かよっぽどの馬鹿だけだ。
    木を見て森を見ずというならば、今の自動車は技術的変換期で、自動車メーカーは車が売れたとて儲からないという見方をされている。
    マツダとトヨタのアメリカ工場もマツダにとっては負担が大きい「背伸び」との見方もある。
    いずれトヨタも技術の見返りをするだろう。
    シャーシ共有などウィンウィンの関係も可能性は高い。
    それほどトヨタの考えはマツダのスカイアクティブに影響されている。

  • >>No. 812

    > 鴻池氏は以前<久兵衛>の話しをしていたことがあったけど
    > 今の主流は久兵衛のように大きなまな板の下に冷蔵庫が有ってそこからネタを取り出す。
    > 包丁さばきが丸見えだから腕に自信がないと恥ずかしいカモ。

    包丁さばきも客に見せられないほど腕に自信が無いなら店やめるだろ。

  • >>No. 810

    > 田舎の寿司屋や腕がない寿司屋って
    > カウンターにネタのガラスケースを置くんだよな。
    > かなり減ったけどな。
    > 笑


    それをカウンターにガラスケースがある寿司屋で言ってみろ。

  • >>No. 805

    北米一辺倒のスバルと比べればその時の為替や国際情勢にあわせて海外2工場と国内工場をフレキシブルに生かせるでしょうね。
    タイの労働力は優秀です。

  • 以下国沢のレポートより引用

    「3列シートミニバンとして考えるとどうか? これまた実用性能は「う~ん!」。そもそも3列目シートの居住性がトヨタ・シエンタやホンダ・フリードのような1500cc級のコンパクトミニバンより悪い。身長160cm以上だと明確に「狭い」と感じることだろう。身長183cmの私だとアウツ。

    もちろんチャイルドシートを3列目シートに装着するのは全く推奨しない。追突時の安全性が確認出来ていないためだ。当然の如くチャイルドシートは2列目シートに取り付けることになり、3列目シートって私のようなお爺さんやお婆さん用。そう考えたら、少しばかり厳しい。」
    https://allabout.co.jp/gm/gc/471136/

    「最近のマツダは新型車に大きな期待をする傾向。好例が新型CX-5で、フルモデルチェンジしたら好調に売れると考えていたようだ。

    マツダの経営陣と話をしていると「売れない理由」をあまり認識していないように思う。おそらく今の販売戦略のままだと新型CX-8も厳しいかもしれません。」

    [Text:国沢光宏]
    http://autoc-one.jp/mazda/cx-5/special-3428269/

    引用終わり

    こんだけ出鱈目を公表したら俺なら評論家引退する。

  • >>No. 800

    君はわかっていないようだから馬鹿でもわかるように説明してあげるね。
    CX-8の一万二千台という数字は受注台数であって販売台数ではない。
    つまり販売台数と受注台数を比較して考えるのが間違いなのだよ。
    CX-5については、いまだに2、3ヶ月の納車待ちが続いている。
    https://fate.5ch.net/test/read.cgi/auto/1509016199/l50
    そもそも3列シートでディーゼルエンジンのみのCX-8とCX-5が競合するわけがないよね。
    ミニバン廃止にかわって登場したのがCX-8なのだ。

本文はここまでです このページの先頭へ