ここから本文です

投稿コメント一覧 (2163コメント)

  • コンプレッションバッグ


    ソロキャンプツーリングや登山の時に
    荷物をギューって圧縮出来るバッグがあるのを初めて知りました
    私の場合、カッパとタオルとか着替えと寝袋を圧縮したい
    そーすればバイクだけじゃなくて
    常備、車に乗せておく避難用品として寝袋も充分考えられるよーになるし
    自然に空気で膨らむシートとかあるじゃんキャンプ用品に
    あれも一緒に入れておけばもっと寝やすくなるし、、

    えっと
    東北二泊三日キャンプで不便だった事は
    テーブルを持って行かなかったことで
    調理自体が余り楽しめなかったこと
    折りたたみバケツを持っていったけど使わなかったこと
    バケツを使うほどキャンプ場にいなかったから
    調理器具や食材を入れてテント内に入れっぱなしでした
    帽子、これもキャンプ場に殆どいなかったから殆ど使わなかったから邪魔でした
    あと山頂は風が強かったからフライシートを固定する際にストレッチコードが必要だったくらい
    ストレッチコードはゴム紐で突風がテントを揺らした時に
    テントのパラコードを繋いでる場所の破損を抑える感じで
    それは買ってみました意外と大きいので困惑中

    あとは、、ランタンかな、、
    小さな百均の多機能のを持っていったけど
    1番役立ったのはヘッドマウントライト
    これが無ければ夜トイレに行けないくらいでした
    朝方バイクの荷物整理したり出発の準備をするのにも大活躍
    広角にも照らせるので室内でも使いやすかったです

    コンプレッションバッグは買っとこ
    ツーリングだけじゃなくて災害時にリュックサックの外側に付けられるじゃん
    骨組みを別にしたテントと寝袋を圧縮させておいて
    トレッキングポール入れるとこにテントの骨組み入れとけばいいし
    寝袋と着替えさえ小さく圧縮できたら
    そーとー荷物を持っていけるし
    買っとこ

  • 単独登山女子

    youtube
    https://youtu.be/WZ4j9xGRQ8E


    ソロキャンプツーリング以上に難易度高くて知識と計画と準備が必要な単独登山
    人が多くて宿泊施設が整ってるトコなら大丈夫だと思う

    もう寒くなってきたから
    って出歩かなくなったら人生80年ってタイムリミットがもったんないです

    あとGPS搭載の携帯のアプリやデジカメ、スマートウォッチを使って
    登山路とかを記録しながらなら遭難は無いと思うけど、、
    口ばっかで私もそんなん使ってない(笑)
    とりあえずコンパクトナビ一つで旅するから
    スマホもPCも持ってってない、、
    電話すら持っていかないからアクシデント=ヤバいっていう(笑)

    来年からは気軽に自由に出来るから
    スマホも持ってくけどね
    、、東北の旅、地図も現地で買ったし
    それも東北道の駅マップっていう大雑把なのを200円で

    スマートウォッチでプロトレックみたいなのは何種類か出てて
    それもGPSで歩いた登山路でるのあるし
    でも、、電池の持ちが悪いから、、

    四駆欲しいですね(笑)その前に
    まー私はカブにスパイクタイヤとかチェーンでいこー!

  • 旧石器時代

    日本列島 旧石器時代
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%97%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%97%A7%E7%9F%B3%E5%99%A8%E6%99%82%E4%BB%A3


    デニソワ
    ネアンデルタール
    阿呆のホモサピ
    それ以前のミュータント
    日本人に秘められ遺伝子の中には様々なタイプがあって
    人類そのものの歴史があります

    ホモサピは感染のようなもので
    感染は遺伝子に菌が関係してくる
    菌=環境への適応がミュータント、変異の理由で
    性感染の様になってった
    このままグローバル化が進んでくのと
    阿呆な価値観で先住民を排除するよーな土◯丸出しな行為を続けると
    人間そのものが滅ぶ事になる
    化学で新人類を作り上げても必要なタイプはステッチの設定並みに必要になるし
    ミュータント性を失った状態で新タイプを生み出し組み合わせのバリエーションを広げても
    それは数世紀で不良のゴミ捨て場になってしまいます
    大切なのはミュータントであること
    変異体であること
    変異体は私達の目の前にある自然界というもの全てで
    その変化に合わせられないといけない
    ホモサピはただの一種で永遠に人にはなれない
    二足歩行してマスターベイシヨンを覚えた事で欲深さを高めた糞猿でしかありません

    チンパンです

    この様な旧石器時代の遺跡がある地域には
    世界の種みたいな種類がポツリポツリと生まれ出ることがあります
    山の中の小さな集落出の娘さんが
    祖母や母と違い中央アジアの子供みたいに
    真っ白で手脚が長くきめ細やかな絹のような肌をもってる
    スタイルも良くそれは昔話の姫様みたいな感じの
    それは白人の原種みたいな感じにも思える
    ホモサピ度合いが低い白人みたいな感じ
    肌が美しい韓国人女性より更に美しい細胞を持っているようにも思えます
    もしかしたらそれは古代韓国人と同じタイプの子なのかもしれません、、

    つい100年前までは両隣りの県に向かう用事なんか皆無だった
    更に1000年前なら?
    10000年前なら?
    10万年前の古代日本なら?
    、、、
    なぜ、、白人の原種のような子が生まれ出る?
    近代に混ざった白人系ハーフよりも
    ずっと原種の白人に近く思える
    それも秘められた事の一つです

  • ソロキャンプ用の小さなテント


    オートバイに付けたパニアケースに入るサイズに畳めるテントを使ってる
    3シーズン用の寝袋の半分くらいの容量に畳めて
    2人用のツーリングテント
    左右に小さな前部屋があるタイプで
    前室を張ると形は六角形になる
    2人用テントだとリュックサックやパニアケースに入れてある荷物全て室内に入れても余裕があるから
    使い勝手はとても良い感じです
    畳んだ時のサイズは今手元にないから多分だけど
    横幅45センチ無いくらい
    直径12から15センチ無いくらい
    重さは2から3キロ無いくらい
    グラスファイバーポールだけど軽量でコンパクトに畳めます
    あのバリバリっていうマジック紐で絞ると
    そーとーコンパクトになります
    寝袋も絞れるよーにしました、、
    寝袋は1割くらい小さく畳めるよーになったけど
    あんまり効果はありませんでした
    結局、寝袋は質と性能と携帯性の高いものを買うのが一番みたいです
    テントは撥水性の高さと必要な広さと生地の感じを確かめて良ければ
    メーカーとか意識しないでも良いかも、、
    私のはインナー一部メッシュで
    通気孔は上部に二ヶ所あるくらい
    けっこう暖かです、、
    最近は雨が続くからキャンプツーリングは避けてる人が多いと思うけど
    雨が止む頃は11月近いから防寒準備を整えてもの選びの時期を楽しむのが良いかも
    バイクの細かなメンテナンスとか
    チェーンの掃除とか冬用に新しい油を注してあげるとか

    そう!
    昨日、カブの部品なにかあるかな?って
    ヤフオクとか見てたら
    カブ相場くっそ高まってる(笑)
    もう人気の無い中型バイクとか大型バイクの中古車価格並みのカブもチラホラ
    (笑)
    デッドストックで買える新車は20万から30万
    それと同じくらいのビンテージカブやハンターカブ
    中古価格が高まってくるとメンテナンスもしっかりするオーナーが増えるから
    ハンターカブも数年前までボロボロ感がファッションだったのが
    今はピッカピカだもん凄いですよね
    もう個人で完全レストアするオーナーが増えて
    質の良いハンターカブが多いし、、
    あれは個人売買でマニアから買う乗り物になったのかもしれないです
    ビンテージカブも専門店かマニア個人からが当たり前だし、、
    カブはそーゆープレミアムなのもあって良いけど
    やっぱり実用性の高さ、仕様の幅広さを活かして乗りたいものかなって思う

  • 天空の福島 猪苗代


    なぜ磐梯山と猪苗代を中心としたか?
    だけど
    これは過去同じ目的で訪れた多くの者も同様の答えに行き着いたからで
    福島の磐梯と猪苗代湖が地勢的に強い力を持っているっていう、、
    それをずっとずっと絶えず信仰し支えてきてくれた福島の方々を知りたかったし
    その方々を見て触れ合う事でその意味を理解してくことも大切でした、、
    磐梯山に向かう前に私はその周辺の古代信仰の地を巡っています
    そこのゲートから眺めると山岳信仰が見えてきます

    山岳信仰、太陽と月、星々、天候の全て
    そして時間と歴史、、
    地形からも、、
    水流からも、、
    時には影からも
    継承されてきた形が見てとれる

    おべっかとか復興の一環とかそんなんじゃなくて
    その全ての史を私はとても尊く感じた、、

    私は1人の老人と出会いました
    前日の大雨で田畑が荒れてしまい
    ドロドロの田んぼで稲立ての作業をしてた方
    背は丸くなりヨボヨボと頼りなく畦道を歩く姿を見て私は写真を撮りました
    色々な話しをして貰いながら
    御礼も出来ないし次にいつ来れるかわからないって伝えたけど
    耳が遠くて何を話しているかわからないっていうお婆ちゃんに
    私はありがとうありがとうって何度もジェスチャーして
    大きく手を振ってさよならをした、、

    何気無い農作業の風景だけど、、
    私にとっては凄く大切な一枚、、想い出
    写真って写真を撮るって以上に
    その一瞬一瞬が存在する今を共有してるって思う
    一年後、、そこに同じ風景が残っているのか
    そこで知り合えた友人は元気にしているのか?
    過ぎ行く時の流れの中で、、自分は何を記録しておくのかって
    ほんとは別れ際、、お婆ちゃんギュってハグしたかったけど
    それじゃ変態になっちゃうじゃん(笑)
    だからね感情全てをバイバイお婆ちゃんって振る手に込めたんだ、、

    写真は狗奴の章の最後に二枚だけ、、
    福島で撮影した写真を投稿します
    写真は他にもあるけど、、
    テーマの(道)に則って


    なんか、、深く考えると、、
    一期一会っていう出会いはとっっても切なく美しいまま想い出に残る
    写真家にとってそれは求めるべき一瞬でもあるんだろーけど
    とてもそれが淋しく思えるんです

  • 天空の福島


    磐梯山を巡り猪苗代へ
    朝六時にキャンプ地を出て向かった先は磐梯山
    出発時点では曇りだったけど自動車専用道路を走り出すと雨が降り出し
    会津観音、ゴールドラインに着く頃にはビシャビシャ、、
    撥水のジャケット、パンツにも高速走行で雨が染み込んできて
    磐梯山を登り始める頃には下着に冷たさを感じるよーになってました、、
    その時の外気温10度、グローブをしてたけどもう指先は冷えていて
    寒さを強く感じていて裏磐梯名所名所のパーキングエリアでの撮影も
    悴んだ手でカメラの操作をする感じ、、
    走行スピードを抑え体温を維持できるように調整してたけど
    満車状態のハイキングエリア付近では外気温8度、、
    ビショビショになってのバイク走行は予想以上に体力を奪っていきました、、
    噴火口を望むパーキングエリアで磐梯山に太陽を望み
    偶然一瞬雲の切れ間に太陽が現れてくれたことでヤル気がみなぎって
    磐梯の観光地を通り過ぎる頃には晴れ間が広がり
    道の駅、猪苗代に到着する頃には衣服はほぼ乾いて身体も温まりはじめていました
    道の駅猪苗代では多くのライダーが開店を待っていて
    朝一番賑やかな福島を感じられました
    磐梯から猪苗代までずっと、、とても美しい景観で
    道路や建物もそれを損なう事なく
    緑、自然を意識したとても近代的な設備が整っていました、、
    磐梯山で早朝すれ違うライダー達もほぼ全員挨拶を交わしてくれて
    駐車場でエンジンを暖房機代わりにしてる私を通り過ぎる車に乗った人達も心配そうに眺めてくれた
    心配して止まってしまうことが無いように
    車やバイクの音がするとパッと立ち上がって大丈夫シグナルをしてて
    その際も東北の人達の心の暖かさを感じました、、
    触れ合う事なく心を感じるだけでも充分伝わる、、くらい

    それで寒かった、意外と疲れた
    で腹ペコになってた私は道の駅猪苗代で工芸品を見て楽しんだり
    食べ物やお土産を選んだり身体を休ませながら何食べよって選んだ結果
    ノングルテン解禁で納豆パン(笑)と小倉パンを食べました
    納豆パンは一口目、んんー?だったけど
    食べてくうちに美味しくなってきて二つともペンロリです!
    お土産にも買いました消費期限五日持つから
    流石納豆(笑)
    ミニ薄皮饅頭も容器小さくてお土産に持ち帰り易いから購入しました
    蜂蜜が欲しかった、、種類たくさんありましたから悩んじゃって

  • 天空の福島


    12時間バイクに乗り続けて休憩はトータル1時間
    夜中の二時に出発
    福島到着午後2時
    その間、、お尻が痛くなったのは沼津インターから圏央道のパーキングエリアまで走る区間
    尻痛解消は強くニーグリップしながら尻位置を少し変えること
    強くニーグリップしながらお尻を浮かす
    この二点でした
    重さ10キロ近いリュックサックを背負ってたから
    背筋の角度を変えてリュックサックがシートにつくようにして
    肩への負担を軽減させたり
    パニアケースにはキャンプ用具がギッシリで
    重心はかなり上目
    ブロックタイヤで振動は強くて
    ガソリンは距離にして100キロから150キロで満タン給油
    だから三日で十数回
    燃費はリッター33、高速で25から30くらいで計算して走ってました
    ただ高速でエンジン回転数を引っ張って走り続けた時はリッター21くらいになってました、、計算上だけど
    単純に燃費計算で総走行距離1600キロ
    実質の走行距離は2000キロ程だと思います

    尻痛は一般道でとても辛く
    高速道路では殆ど気にならない、、
    高速道路なら1000キロでも疲労少なく走れると感じました
    ただ、、予算を下げる為にそーとー入念に下調べして
    高速道路を利用してたから
    走行時間と金額=で最善の道を選んでたと思う

    高速料金は有料道路含めてトータル15000円くらい
    二泊、燃料、高速料金、お土産一万円分
    でトータル費用は42000円
    二泊三日、お土産どっさりで42000円
    実は帰りの高速道路利用を増やして2000円オーバーしたんだけど
    それは、、帰路に福島茨城の一般道、国道四号を利用して
    午後からの混み合う時間にハマってしまって
    帰宅時間がオーバーしてしまったからです

    国道四号はとても便利だけど
    東海地方に向かうには大回りになってしまうんです
    だから四号から東北自動車道へ変えて首都高に向かいました
    大回りになったけど時間はかなり短縮されました
    茨城からだと帰宅は10時間30分
    それを高速道路利用で6時間30分程に短縮出来ました
    四時間の運転時間短縮に高速料金7000円くらいだけど
    疲労はかなり軽減できたし、、

    信号だらけ、ゴーアンドストップだらけの混み合った道を走るのと
    高速道路を走るのと五倍くらい疲労感違う
    街乗り距離20キロ
    高速利用100キロ
    このくらいの差かな?もっとかもです

  • 狗奴の章 天空の福島


    ケツの穴九州が下痢便ブリブリし始めました、、
    盾の準備を忘れないでください
    災害用品の他にアウトドア用のキャンプセットなんかを用意して
    ソロ、ファミリー、自治区とか適当に娯楽通じて野営や食料調達の心得を
    老若男女に経験させてみて
    それは、いつ起きても冷静に考えて
    盾を扱う事の出来る術になると思うから

    そーねってくらいに簡単に考えて
    出来れば経験を積む事を楽しみながら災害に備えれるのが一番理想
    外国人の方も日本で用品レンタル出来るアウトドアを楽しんで
    供に生きよ

    福島に種を遺してくれば良かった、、
    まだまだ長いから先は

    福島道中膝栗毛
    手長足長のお話し編に入ります
    これが数年かけ巡ったお話しの目的でもあったって言えるくらい
    福島の方々と代々守られ続けたその地の神々には
    とてもとても大きな力を必要とさせてしまうけど
    それが出来るから向かう事になったんです

    いかにんじん
    国見バーガー
    喜多方ラーメン、、食べたかった
    コンニャクボールは食べたよ!
    よーく煮えたの100円だったから
    カラシつける?ってきかれて
    は?ってなった(笑)
    からすつ××××って聞こえて(笑)
    で、、コンニャク持って外にでたら
    黄色いどら猫がくっついてきて
    飛び付いてくるんですよシャっ!シャっ!って
    だからコンニャク千切って半分以上ネコに食べられた、、
    ネコがコンニャク食べるの初めてみたよ
    デブネコの癖に素早いし(笑)

    お腹減ってるのは一緒だから
    私と供に過ごしてくれてありがとうねって
    コンニャク半分
    50円ぶん!

    あー、、また行きたいな、、
    ほんと純粋な方々ばっかり出逢ったから
    素晴らしいなって

    さぁー!御飯たべます!

  • 東海から東北の旅 番外編


    高速道路でのトラック運転手モラル向上に驚いた話


    高速道路利用は行き
    沼津から東名、海老名から圏央道、久喜から東北道、日光まで
    二日目、猪苗代から東北道に向かい宮城白石まで
    三日目、栃木から東北道、そのまま首都高、東名高速
    の流れでしたけど全般的にトラック運転手の運転マナーが大幅に向上していて
    まず!スピード超過がほとんど無く
    左車線の利用がとても多く
    パーキングエリアでもルール違反の駐車を全く見なかったこと
    これには凄く驚きました!
    東海地方でもここ二年くらいトラック交通ルールの向上を感じていましたけど
    関東東北でここまでルールが守れるよーになったのは驚きでした
    高速道路がバイクでも走り易く安心して利用出来るようになったのは
    警察機関や国交の努力があってからこそですね、、
    一般自動車のキ◯ガイ遭遇率はタクシーが最も多くて
    三十代くらいのタクシードライバーの強引な割り込み、スピード超過、煽り、無謀運転が目立ちました
    それでも10台くらいだから一般自動車の危険運転率も減ってる
    東北自動車道では一台安定の白プリウスが猛スピード、煽り、強引な割り込みの大三元で危険運転してたくらいで
    タクシーくらいかなモラルを守れてないのは、、
    バイクは殆ど問題を感じられなかったけど
    スピード超過くらいかな
    凄く安全運転でした

    それにしても、、
    バイクで高速道路走ってトラックの危険運転に怖い思いをしなかったのは初めてで
    マナー向上が目に見えたのは凄かったです
    ちょっと前はマッドマックスでしたから(笑)
    トラックと高速の壁とか一般道のガードレールに挟まれそうな割り込み幅寄せクネクネ運転とか
    トラック運転手はキ◯ガ◯!ってそのまんまだったし
    ゆとり世代トラッカーも丸くなったのか
    そーとー強くトラック協会からゆとり動物飼い慣らし指導があったのかわからないけど
    高速道路も安心して利用出来るよーになったっていう
    もしかしたらそーゆー危険運転してた阿呆トラック運転手が事故して交通刑務か免許取り上げになって絶滅しただけかもしれないけど
    一般道ではまだ運転中スマホボチボチやってるドライバー見かけますから
    三十代以下の人ばっかりだけど
    トラックの破壊力を知ったらながら運転とか余所見とか絶対出来ないはずなんだけど
    突っ込みどころが悪いと会社ごと潰れる規模の賠償責任だし

  • つづき


    思い出した!
    白衣白髪の年配男性が槍を投げた方角は
    磐梯山とは少しずれてて猪苗代湖の方角です!
    ただ湖に入れるよーにではなかった
    投げた方角には多分、マトのような物があって
    若者はそのマトの横にいた

    うーん、、それだけ(笑)
    投げた方角をしっかり思い出すと湖の方角で
    磐梯山は横です

    夢の話を書くな!(笑)って思うじゃん
    そりゃーそーだけどね
    不思議なものは不思議なんですよ
    こんな夢普通見る?
    夢にも思わんは!普通!
    で旅は私にとって特別な瞬間じゃないしね
    これといったカルチャショックみたいなのは全くなくて
    常に落ち着いて行動してるから
    意外と神経質でキチっキチとした現実主義者ですよ(笑)
    フェミみたいな脳足りんじゃないだけで
    かなり現実主義者だと自分で思う(笑)

    不思議な夢の話はおしまいです

    福島道中膝栗毛
    つづぐ

  • つづき


    福島の雲海、山頂で見た夢の小話
    白衣で白髪のビシッとした年配男性が槍を投げた夢の話
    で、、女性の魂は私の様々な感情を見ていくっていうより試してくんです
    例えば、、欲望という欲望の種みたいなのを次々に私に試してくみたいに与えてきて
    根本的に私は普段から全く欲望っていうものの無い生き方をしてるから
    女性の魂みたいな存在が振り掛けてくる想いに殆ど興味がなくて何で?って否定の感情をずっともってた
    夢が覚めて目が覚めてから少し何でだろ?ってお茶作りながら考えてたけど
    それが意味することは試されたのかな?って
    テントを開いていつの間にか満天の星空になってた夜空を眺めながら
    お茶を飲んで、あれ?獣の鳴き声が全くしなくなってるって安心して二度寝したんだけど
    朝四時に起きて朝ごはん食べて五時半くらいかな日の出しだしたから
    野営の片付けと乾燥の為の支度して
    ふって下界を眺めたら会津若松が雲海に沈んでるんです!
    ずーっと雲海!
    磐梯山と猪苗代湖はビシッと朝日を浴びて黄金色に輝いてて
    あー、、福島って、、本当に素晴らしいって感動したんです
    感動は一つ二つじゃないから
    一例としての感動

    で白衣の白髪の年配男性の髪型は比較的モワッとしてて横の毛がカールしてるみたいになっててハゲてはいなくて
    しっかりした格好の若い男の人達のほうが比較的普通、自然に伸ばしてて纏めてるよーな感じでした
    平安絵巻とかみたいな適当なのじゃなくて
    凄くリアリティな聖職者っぽかったから
    いちおう、、書いて残しておくけど、、
    ビシッと凄くキリッとした顔立ちしてました
    眉毛も白髪です
    仙人ってイメージじゃ全くないです、、
    なんだろもっと清潔感っていうより自然な感じの
    白衣も白!っていうより透けるよーな光のよーな雲の色みたいな感じ
    これ、、夢の話だから(笑)
    でも福島の山頂で見た夢だから
    福島道中膝栗毛で書いてもいいでしょ
    なんにも問題ないし
    今、ふって浮かんだんだけど
    男性は姿を見せて若者は何かを司る立場で子供達かも
    女性は魂の存在っていうのと
    私をスキャニングしたっていう(笑)

    もしかしたら獣は
    私がテストされて駄目だったら
    その処理の為に居合わせたものだったかもしれない
    そーゆーのも全て覚悟しての巡業だから
    私にとってはそーいった事も有り得て当然だと考えるよーにしてます

    つづく

  • つづき

    福島膝栗毛
    未舗装道のど真ん中に巨大な鹿みたいなのが寝てたケツプリ
    ・・・
    道幅二メートルくらいのワダチのついたガタガタ道
    標高だいたい800メートル地点くらいかな?夜9時辺りは真っ暗
    ガガガがガガガが未舗装道を走る私のバイクのヘッドライトにいきなり現れた
    道路のど真ん中でくつろぐ巨大な鹿らしき茶灰色の物体(笑)
    ライトに照らされて1秒くらいでパッとこっちを見たような一瞬で立ち上がって
    道路を斜めに塞いだ状態になったので
    うわー!止まったらヤられる!って
    ガガガがガガガがって突っ込んでったら
    ザザザって一瞬で森の中にバウンってジャンプして避けてくれた、、
    優しそうな目をしてた気がするからヤられるはなかったかもしれないけど
    サカリだったら危なかったかもしれないです、、
    その後、キャンプ地で1人、、
    もうギョエーギョエーギャー!って獣の鳴き声とか鼻息とかグォォグォォグォォって熊の鼻息とか
    動物園のふれあいコーナーであじわった猪のハフハフハフハフって鼻息も
    夜中の11時の就寝までたえる事なく続いて
    不思議な夢を見たんです、、
    あんまり夢を見ないんだけど
    白衣を着た白髪の年配でも背筋がピシャっと伸びてる人が槍を磐梯山の方角に向けて投げていて
    その槍が投げられた場所には衣服が整った若い男の人が数人いて
    女性の魂がその後に現れて、姿形は無くて女性の存在みたいなのを感じて
    私の様々な感情を見ていくよーな感じの夢を見て
    目が覚めたのは夜中の2時くらい
    もう獣の鳴き声もやんでいて直ぐにお茶を沸かしてマッタリしました、、
    不思議な夢の事を考えたりしたけど
    現代の知識では細かな事の理解は出来ないから
    いちおうここで書いときました

    で、、獣の鳴き声がやんで安心してるじゃん明方四時に起きて朝ごはんの支度と片付けしてガタガタ道を下山して山のゲートのとこ!!
    ぬかるみに熊の足跡がくっきりそのまんま!真新しくあるんですよ!
    グーより大きな思いっきりあの熊の手と爪の足跡!
    デッカいのが!
    ゲートだからバイクから下りてて
    ゲート抜けるまでバイク押さないといけなくて
    もう!どあせって!
    キョロキョロしたりOM-Dを振り回せる様に心の準備したりで
    熊は結局出なかったんだけど
    夜中のグォォグォォグルルルっていう小さな吐息みたいなのは
    直ぐ近くに熊がいたってことで間違いはなかったみたい
    つづく

  • 地方のインフラ


    これ、、ひろゆきさんと貴文様が雑誌で色々言ってる見たいだけど
    目的は別にあるのとそっちは別にして
    人間を人間として考えるから都市化を効率と考えてしまうんだよ、、
    都市をケージと考えて
    人間をイナゴと考えて
    飼料を輸入の家畜の餌と考えて
    大量発生したイナゴに餌を与え続ける
    それは生殖って面と捉えてください
    金銭や物も同じ
    発生したイナゴの量は調整可能
    でも都市化の肥大化の流れを抑えられなければ
    イナゴは自然に減ってく本能をもちます
    田舎っていうのはライフキーパーソンで
    緑の優れたイナゴを維持していける環境を整えておく事が必要
    だから無理に都市化の流れを引っ張るチェーン展開は逆効果で
    その面でのインフラ整備は無用
    必要最低限の優れたイナゴ育成コストを都会より倍費やしていくのが効率的
    最も分かりやすいのは
    茶色イナゴのメス
    これらは無謀意に交尾をしだした後に制御にはいります
    それは生殖の形になって現れる
    現代の都会はその段階にあるんです

    地方の維持は教育というものより
    リーダー学を学ぶ事を優先させてく事にあって
    集団同調して寄せ集まる茶色イナゴとは違い
    同調✖️協調◯のタイプを生み出していく地にしていける様にしないといけない
    移民の管理も茶色イナゴの管理も
    緑イナゴの役割
    これらを踏まえて貧富を作り上げれない
    都市化の富の固着は失敗例になる
    田舎で不自由を感じるのは同調意識からで
    それはそのものが茶色イナゴだという事を証明してる
    それらの生殖は抑えられている段階だから未婚や子孫を残せない茶色イナゴが大量発生してる
    少し過激な例えだけど
    地方のインフラっていうものの良い例は
    東北大学や愛知県のリーダー育成教育機関
    これらを地方に備え
    都会からいち早く出家させ学ばせていく事が重要になってきます
    その為のインフラ整備は都会の維持より遥かに大切
    とてもコアな部分だと私は考えています

    既に優秀な方々は子孫をそのような機関で教育させているし
    ひろゆきさんや貴文様も似たような経歴を持ってそれを理解してる
    地方にどのような人材育成の場所が必要かは
    生物学視点から見ないといけないと思う
    お金の割り振りより
    とても大切な基本的な事だと思います

  • つづき

    結局、国見あつかしの郷には行けなかったんだけどね
    道の駅たかはたで時間的に無理だってなって
    そのまま会津若松方面に向かっていきました
    山形から福島に入るまで天候が危うくて
    朝一ビチョビチョ、磐梯で太陽を望み晴れ渡ってサラサラから
    もう突風の突風で完全乾燥からの
    山形グレー
    もう雲の切れ目切れ目の晴れ間目掛けて
    パラつく雨を避けながら走りました
    結局、カッパきましたけど、、
    そんなに土砂降りにあたらなかったけど
    ビチョビチョになるのは寒すぎるから
    でね、、
    ぶっちゃけますけど

    いか人参も
    国見バーガーも
    食べらなかった
    どっこにも売ってない!
    会津観音かな?その近くの糞ショボいスーパーにも探しに行ったんだけど
    まーぁ、、、、それはもう、、ね、、
    無いんですよ!!
    惣菜が昭和の商店街かってぐらい
    懐かしさに溢れるものばかりで、、
    そーゆー昭和の輝きを味わいたい方々は、、
    会津観音近くの小さなスーパーに行ってみてください
    オラびっくりしただ(笑)
    お酒も全く売ってなかっただ!
    そのままずっと走って観音前のセブンイレブンで泣き寝入りの梅酒プラスアルファかいました
    コンビニで1000円も使ってしまったんですよ、、
    御当地名物が手に入らなかったから、、

    ただ、、
    そのスーパーの椎茸の煮物は
    くっそデッカい椎茸であせりました
    こっちの10倍くらい大きなの
    南会津の道の駅で1000円で売ってた椎茸はもっと大きかった、、
    あんな椎茸見た事ないくらい
    ドンコってあるじゃん、肉厚の
    あれの大きなのを5個くらいギュッて合体させて
    ポンって一つにしたくらい
    見た時自分の目を疑ったもん、、
    っていうかキノコってキノコ全部10倍くらい大きなのばっかだった
    あれは凄すぎです!
    で、、スーパーの椎茸もビックリしたけど
    高かったから買わなかった、、
    あと見るからにしょっぱそうだったし

    イカ人参と国見バーガーも食べられなかった、、
    それは時間がなかったから
    本当、次に東北行くときは観光と食べに尽くします
    だってね、、喜多方らーめんすら食べられなかったんですよ
    キャンプ地に着いたの21時近かったし
    その帰り道の未舗装道でめっちゃデッカな鹿みたいな、、鹿のデッカいのが道のど真ん中で丸くなってたんですよ!
    ケツプリで
    もう止まったらヤられるじゃん
    ガガガがって突っ込んでいきましたよ!
    つづく

  • 日光から会津若松
    磐梯山を巡り
    猪苗代から東北自動車道白石
    蔵王から121号で会津若松
    会津若松から国道4号で茨城
    茨城から埼玉、都へ

    東北への道は
    日光から山道を会津若松に向け抜けていきました
    たまたまツーリングの名所と重なるんだけど
    南会津までガソリンスタンドが無かったので
    南会津に入りしだい給油をしました
    そこが福島なのか分からなかったのでガソリンスタンドの女性に
    ここは福島ですか?と問いました
    福島の最も南方と返事が返ってきた時
    とても嬉しく疲れやコリがスッと抜けました
    栃木県、日塩もみじラインから121号線に合流
    南会津の道の駅 タジマ?かな南から北に走って橋とトンネルがある手前を左折するとある渓谷川沿いの道の駅
    そこでサンショウウオの燻製と棒タラの甘煮を購入しました
    棒タラはその日の夜、炊き込みご飯にしたけど絶品です
    そのままでは甘さが強く珍味のようだけど
    炊き込みご飯にすると甘さが米に馴染んで丁度よくなります
    オススメな飯盒メシ具材です試してみてください
    サンショウウオは御守りみたいなもので
    絶対食べません(笑)
    今もテーブルの上にボテっと置いてあります
    真っ黒でカピカピ

    磐梯山で太陽を望み恵まれ
    猪苗代から行きは東北自動車道で宮城県白石へ
    蔵王は紅葉が始まりとても美しく
    まぼろしの滝も青空と共に眺められました
    御釜に向かい蔵王から121号線で
    磐梯を中央に向け線を辿る事が必要でした
    日光から磐梯、蔵王から磐梯
    この力を胎とするのが磐梯と猪苗代の役割
    その為の東北行きです
    被災地には今回は目的が違うからむかえなかった
    いわきから相馬に行きたかったけど
    三日っていう限られた時間では無理でした
    福島広いから(笑)
    でも海洋の民だったら神々の地に向かう事を理解してくれるはず磐梯に向かう事を
    そう!BANDAIって磐梯山から名前もらったのかな?
    ガンプラ=磐梯みたいな

    この東北の話しはツーラーとして後々書いていきます
    たまたま山形から国見あつかしの郷でバーガー食べないと!って道を変更した時に
    偶然山形の道の駅、たかはたに着いて
    そこで縄文とか歴史関連に触れました
    福島の子達が発掘体験したりしてるチラシも貰って
    なんか凄く嬉しくなって
    発掘ふくしまってチラシ
    もうね、、嬉しくて嬉しくて、、
    東北はさ本当に石器時代からずっとその地を守り続けてるんです

  • 走れ! ぴっちょりーな 富士山ラーツー


    https://youtu.be/wUcxfU_PXYc


    今日もツーリングしてる人達山ほどいました
    昨日は女子ライダーのツーリングに遭遇
    大型ボックスに大型バイク、身長低いけどビュンビュン走り抜けていった…
    さいっこーな季節だから
    ほんと

    ぴっちょりーなさんの放送みると
    ラーツーもいいなって思う
    富士山は今からが最高な景観になってく
    静岡側なら年中キャンツー可能じゃないかな?
    五大湖とかもまわれるし
    ツーリングには最高な場所かも

  • カブの話し

    リトルカブ・・・生産終了
    最近ぽちょぽちょリトルカブの新車に買い替えた人達いるなぁって思ってたら
    生産終了してた・・・
    周り3台くらい新車にしてる
    多分、単に買い替えじゃなくて
    カブ主のお婆ちゃん達リトルカブしか乗れないから
    販売店から買っておいた方が良いよって営業があったのかな?
    だからピッカピカなリトルカブが止まってるのよく見かける、、
    熊本で造られた最後のリトルカブか、、
    ボトムズのスコープドックみたいにカブは使い捨てられ消耗品とされてきたけど
    エンジン、フレームが生きてる間は世界中の愛好家が維持をし続けてく
    数多くのバイクの中で歴史に深く名を刻むバイクはカブなのかもしれないです

    カフェカブミーティングin青山
    開催まで一カ月を切りました!
    http://www.honda.co.jp/welcome-plaza/contents/event/2017/20171104/

    今年は様々な意味で変化の年
    そこからどんな、はじまりに踏み出していくのかは
    それぞれの人生とかストーリーで枝分かれしてる
    ビックデータみたいな発信元にカブがあって
    それは世界中に広がった
    広がって広がって日本っていう島国では
    キュって集まる場所が出来てる

    私はいつ起こるかもしれない
    災害の防災用品の一つにカブ一台ってススメてる
    ナンバー取得して乗ってもいいし
    新車のまま倉庫に眠らせておいてもいいし
    ガソリン燃料利用が減ってく時代まで
    災害への盾としていてくれると思うから

    タイヤくらいは自分で交換出来るといいけど、、
    パンク予防剤のスライムジェルを入れておけばいいし

    今日はカブ洗ってあげよっと

  • カズオイシグロおめでとうございます!

  • 天空の福島


    福島沖で長く揺れた地震は
    長野、新潟、伊豆箱根辺りと八丈島に誘発する事があるから
    事前準備を怠らないよーに
    災害への備えは必ず皆んなが呼びかけてまんべんなくさせておく
    用具や水、燃料や乗り物まで
    現代では需要が減ってしまったり
    緑虫のせいで都会では見なくなってしまった原付きやオフロードバイクも
    予算と場所に余裕があるなら備えとして所有しとくといいよ

    特にカブやスクーターみたいに左手が自由になる乗り物は
    災害後に役立つと思う
    カブに備蓄燃料20リットル
    燃費平均50かける20だから1000キロ
    50キロ走る用事があるなら20回ぶん
    小都市の行き来、または水源地への移動などにも
    一台あればそーとー安心
    自家用車や倉庫があるならタライも準備しとくといいけど、、
    車載ジャッキで車高をあげて燃料を抜くためだけど
    それは危険が伴うからやめた方が良いかな、、
    バイクユーザーで器用な人ならオススメだけど、、

    あとキャンプ用品一式は揃えておくといいよ
    特に炊事用具と大型の固形燃料コンロ
    あと、燃費の良い石油ストーブやコンロ
    寝袋もね、、これら全て揃えても安いから

    災害が起きてから何も出来ないより
    事前準備でそーとー助かる事になる
    備えは防具
    鉾と盾の盾です

    手長の軸の場所によっては中央構造線に影響がある
    その歪みは中央へ
    中央構造線から九州鹿児島で詰まり大きなエネルギーに変わって降りかかる
    力の溜まる場所に必要な胎、壷が失われた事で
    その力は解放されてしまうんです
    願掛け、望みは形になってくれる

    東北は崩れたバランスを整える為に調整に入るようになる
    その期間、こーいった微調整が起きるけど
    その歪みは構造線からケツの穴九州へと向かってく
    下痢便みたいにドロドロになってく福岡とか
    それはもう、、私にはどーしよーもないんです、、
    手立ては失われてしまったから

    そのものは力を溜め込む
    それは=全てを吸収してく
    注ぎ込んでも貢ぎこんでも全て吸収されてく
    だから、、もう手遅れなんです

    とりあえず備えは守りだから
    守りっていうものを固めてください

  • 狗奴の章 天と淵


    いたった地は栃木、福島、宮城、山形、茨城、埼玉、東京
    手長足長を辿り蔵王まで
    三陸北部、秋田には行けなかったけど
    やれる事はしました
    その結果がどーでも出来る限りはしました
    そっち方面は書かないけど旅の話と継承する東北の事を書いていきます

    昨日、少し大きな地震がありました
    地震前にめまいや立ちくらみを感じていた人も多いかもしれない
    音のない稲光も空から伝えられてたのを気付いた人もいるかもしれない
    もっと強く感性をもって自然界と繋がってほしい
    その力は貴方達に備わっているんだから

    ゆっくりはじめていきたいと思います

本文はここまでです このページの先頭へ