ここから本文です

投稿コメント一覧 (2941コメント)

  • ザ スターリン 遠藤ミチロウさん
    すい臓がん

    膠原病治療を続けながらもステージに立ち続けてたミチロウさん
    福島第一事故後、即座に復興ライブイベントを開催して
    勢いよく福島を元気づけてくれた、、
    それから原因不明の膠原病治療をしながら
    音楽活動を続けてた
    すい臓がんの手術を終えて療養中とのことですが
    ミチロウさんの音楽活動は一貫したものがあって
    それは詩に残されてるものだから
    後輩達はずっと後輩のまんまで、、

    カッコいいですよ、、
    日本最大の危機に立ち向かったパンクアーティストだもん
    凄くカッコいい
    私はとても辛い思いを感じてるけど
    福島復興ライブに行った方々はきっと
    ミチロウさんのディスコグラフィーを追ったと思う
    現代史の中の一つに名前刻んだ方は
    とても大勢の方と繋がってる
    闘病は想像のつかないとこにあるけど
    叫ぶ姿は輝かしくずっと残り続ける
    なんか、、力が抜けてしまう感じ

  • 防弾少年 興行に戦争被害を利用していた

    原爆シャツだけじゃなく
    ユダヤ人強制収容所所管のマークなどの入った衣装、
    ユニセフのイベントに原爆型看板を持ち込んだり
    かなり必要な回数、戦争被害を興行に利用してきたようです
    本日、サイモンから声明が発せられ
    それらに関係した企業、グループに謝罪と説明をしてくださいとされています

    スタイリスト以前に
    それをデザインし製品化する人達がいる
    それが同系列で流れになっているなら
    意図的に作り上げてきたと言える

    一般人がそのようなプラカードやシャツを着てデモなどを行う事は興業じゃなく活動だけど
    アイドルグループはそれを利益に変えているので
    とても悪質な事件として裁かれることになるかもしれません

    日本のお笑い芸人がやったみたいな
    曇らせた皮肉なら悪戯で済むかもしれないけど
    ビルボードトップのアイドルグループが
    これで稼いでたらヤバいですね

    1970年代のようなスパイスの効いた時代でもないから

  • 防弾少年は斬り込んでいった若者そのもの

    キノコ雲シャツを着ていたとテレビ出演が無くなった韓国の人気アーティストグループ
    防弾少年

    イギリスBBCもニュースにしたけど
    広島原爆と韓国の解放記念日を兼ね合わせた韓国右派的なメッセージなのか
    それを祝いとした韓国を皮肉としたのか
    思惑はデザイナーに聞かないとわかりません

    あーゆーデザインは普通、皮肉に使われる事が多い
    パンクミュージシャンが戦争被害をアルバムジャケットに使い
    その不条理な社会に対して怒りをぶつけるために
    最もイメージが直結するシンボルを使う

    原爆、解放、祝い
    皮肉にもってこい
    日本人にあてがったメッセージじゃなく
    原爆犠牲に対して祝いを施した韓国人へのメッセージかもしれない
    アーティスト防弾少年は過激なファッションで演じてる

    原爆被害にあった日本と
    それを解放のきっかけと喜んだ韓国への
    皮肉なのかもしれない

    単純じゃないかもです

  • 河童と胡瓜と尻子玉 気軽にスナップ

    南足柄の金太郎、天狗せんべい、美味しい果樹、河童、自然
    まんきつしたけど古き時代の日本の姿が失われていく
    日本の素質が消えていってしまうんじゃないかなって思うと
    少し寂しくも感じた、、
    里山はとても綺麗に整えられ
    自治体の努力もとても強く感じたし
    神奈川県という印象は横浜を中心とした都市部と思いがちだけど
    私個人的には漁と里山が活きる場所と思う
    足柄付近のマーケットで目についたのは
    30代世代と80代世代が共に添って買い物をしていること
    とても多く見かけた、、
    本質は優しく忠実な生き方が出来ている方々

    近代化はわりと最近みたいで
    こっちと比べて古き良き日本の姿が残ってた、、

    天狗せんべいを少し調べてみたら
    店主のおじいさん90歳だって!
    明治や大正時代を知る人だった、、
    現代のコミュニティをどう感じているのかなって気になるけど
    昨年末、店が火事になり再建に悩んでいたとき
    周囲の方々やお客さんに助けられ
    復興を決意したっていうこと
    だからサバサバした現代コミュニティにおいて
    南足柄は助け合いの精神が根底にある素晴らしい地域っていうのが
    私の中に焼きついた感じです

    好きになった場所には何度も何度もおもむきたくなります
    意外と何にも無いんだけど、、足柄
    ハイキングや温泉、里山、キャンプ
    小さな旅で小田原の海産物、足柄の里山巡り
    事前に予定をしっかり組んでいけば
    時間が足りないくらい満足できる場所だと思います

    まるたの森博物館、オンリー湯温泉
    大井の里山巡り
    小田原丼ぶり
    時間がすごくゆっくり過ぎてる感じでした

  • 河童と胡瓜と尻子玉 足柄 オマケ写真

  • 河童と胡瓜と尻子玉 足柄 オマケ写真

  • 河童と胡瓜と尻子玉 足柄 オマケ写真

  • 河童と胡瓜と尻子玉 足柄 オマケ写真

  • 神奈川県 足柄 金太郎 オマケ写真


    ジブリ作品に出てますね(笑)

  • 新東名 最高速度110キロに定め一年が過ぎました

    新東名静岡一部区間で採用された最高速度110キロ区間
    車の性能向上や道路建設の技術向上で問題無く一年が過ぎて
    110キロ区間の延長や最高速度120キロに高めては?と意見が出ているそうです

    車両を2000cc以上の普通車に限り
    120キロとか
    商用車を除く一般車両のみとか分けてできれば
    140キロ区間でも問題はないと思います
    新しい車、発売10年以内のナンバープレートを色分けしたり
    高速道路を自動運転中の車両にマーカー表示を義務付けたり
    まだまだ色々出来る事はありそうです

    マーカーやナンバープレートの色分けは
    認識し易さに繋がってくるから
    最高速度を上げていくうえで必要になると思います

    自動運転禁止区間でマーカーがついていたら違法とか見分けられるし
    事故が多い区間を分けて改善されたら区間を解放するような
    エラー修正があれば段階的に作れてく

    静岡は特に雪の影響が少ない地域だから
    交通系は試験をする場に使って欲しい
    新東名は新しい車の可能性も高めていける
    そうゆう場所として設備を高めていって欲しいです

  • 箱根と足柄
    隔てる火山の噴火

    松田から小田原に向かう小さな村々の
    小さな畑のいたるところに溶岩石が見られました
    脇に寄せてあったり、、
    これは足柄ジオパークなどで説明もされていると思いますが
    箱根や富士山、浅間山もかな
    の噴火が地域を隔てる境界として地質が関係しているようで
    そのあたりを発見できるのも面白いんです

    新興住宅地では全く見られないんだけど
    古くからの村や寂れた町の路地裏から住宅街に点在する畑をよーく見てみると
    火山灰が混ざった土の色や溶岩石が混ざっているのが見られるんです
    用水路や坂を利用して作られた町や田畑などを見て楽しむだけじゃなく
    土を見て歴史を知ることって
    発見の有る無しで全く満足度が違うんです
    箱根行って温泉や溶岩石みたり
    富士山行って溶岩石みたりとかとは訳が違います

    境界でそれを見れてしまうことが
    物凄く満足なんです

    で小田原河童伝説とかあるのは知ってたんだけど
    河童

    河童といえば南信州、木沢の絵画であった
    こわっぱが夜に月に向かい飛んでいく際に
    河童に変身していく作品がありました
    小童と河童
    そして月に
    日本という国の世界観は、、
    ただのお話、童話とかの水準から掛け離れてる
    その世界観に少し入ってみると、、
    失ってはいけない文化の真髄が見えてくる気がします

  • 京の坂田の子 金太郎さんを求め


    足柄村の天狗せんべい屋さんが新築して綺麗な店になってた
    でも駐車場が見当たらなくて
    とても狭い道路に車を止めて
    お店に入ってみたら、、
    お爺ちゃんが一人
    とても小さなショーケースにポツリポツリと置かれた
    天狗せんべいを売ってた、、
    近年の道の駅やサービスエリアの土産物売り場からは想像もつかない
    天狗せんべい専門店という位置付けで
    旅マニア向けのシチュエーション
    外観はリニューアル
    中は古民家
    昭和を生き抜き平成を生き抜こうとする
    足柄のせんべい専門店のお爺ちゃん
    それだけで、、天狗せんべい数百円の土産は価値のある土産物に変わるんです
    土産話しが付加価値になるから
    私はとても満足でした

    足柄山を登っていくと市営の温泉や博物館があります
    温泉は最高って言われるくらい人気で
    昨日、夜8時くらいかな
    駐車場は満車になっていました、、
    近年のアウトドア人気を入り混ぜたようなスタイルの設備らしくて
    足柄の人気スポットとされているようです


    気になる美人スポットも調査してありますけど
    秘密です(笑)
    足利市の北部地域に色白可愛いカテゴリーの美人スポットを発見したのですが
    やっぱり秘密
    やっぱりね、、地域があるんですよ
    可愛いとか色白っていうのは
    肌とか透き通ってますから凄くきめ細かで

    金太郎と母
    母子像

  • 京の坂田の子 金太郎さんを求め 3

    地獄の金太郎です!
    可愛い金太郎に見えて
    現代的なワードだと地獄の金太郎
    何故、地獄かは単純だけど
    地獄という意味の地獄じゃなくて
    作家さんの作品に地獄の〜ってワードがあるんです

    ボーボーで可愛い金太郎さん
    例えば母親似だとして、、
    こんなんだったら京の坂田が種をつけるかな?っていう
    現代との美的感覚まで考えさせられる工芸品作品

    坂田さんがボーボーで、、こんな顔つきの金太郎の母に
    むしゃぶりついてしまったのかが疑問とされる作品として私はシャッターを切りました

  • 京の坂田の子 金太郎さんを求め

    カブいた金太郎の工芸品
    焼き物はほんっっとうに多種多様多彩で
    凄く面白く思います
    まるで絵画のように表現が様々で
    工芸品というより彫刻の部類の美術品だと私は考えるんです
    焼き物だけじゃなくオモチャとされた張り子なども

    カブいた金太郎が松の木を引っこ抜く場面
    母の乳を咥えている場面
    竹籠の中の赤ん坊金太郎
    熊とじゃれ合う金太郎
    五月人形のような金太郎
    凧に描かれたカブいた金太郎

    どれも金太郎ですが多種多彩
    前掛け姿から紋付袴までの流れが工芸品で現わされているんです
    ほんと、、
    私は趣味で工芸品を買ったりしてるんだけど
    金太郎は収集家が多く個人的には価値の高いもので
    特に焼き物になると時代的な付加価値まであって
    美術品と同等の価格が当たり前になってる

    足柄の方々より他の地方の収集家のほうが
    金太郎の工芸品を所有してるんじゃないかな
    それはとても残念なことだと思う
    金太郎博物館っていうふうに
    今のうちに自治区で全国から金太郎工芸品を集めて
    金太郎ワールド足柄みたいになって欲しいな

    足柄は天狗、金太郎、河童と日本昔話の世界観たっぷりです

  • 京の坂田の子 金太郎を求め

    神奈川県大井町の里山巡りを終え
    温泉に入り
    昔ながらの宿場町を探索して用水路や下水の在り方を見たあと
    伝説の出世人
    金太郎さんの生地に向かいました
    昨年、足柄山の奥深く山頂付近の古びた小さな神社で金太郎地蔵を見た時は
    随分と昔から、、地域のシンボルとされてきたんだって実感したんだけど、、
    今年は更に紐解く為、小田原から足利へ向かいました
    美人山盛りとうたう城下町、小田原から
    足柄女性の容姿を比べると
    足柄は濃い顔が多くメリハリが強い感じ
    宿場町には色白の美人を見かけて名残りを実感
    近代化で見えなくなってしまったと思われがちな日本も
    地域、地域で比べると特性があるのを感じとれます
    で、、金太郎
    事細かな事は歴史上の人物ということで省略
    写真に収められるのは文脈じゃなく
    工芸品です
    足柄の工芸品

  • 神奈川県 大井町の掲示板

    その日神奈川県大井町のビオトピアでは
    野外イベント、キャンプなど盛り上がりを魅せていました
    私は里山へ向かい地場産品売り場へ
    葉ネギや鬼クルミなど立派な農作物と手入れされた山村を眺めながら
    町を満喫していました
    通り掛かった村の消防小屋の片隅に
    ご自由にご利用くださいと書かれた小さな小屋を見つけ
    写真に収めました、、

本文はここまでです このページの先頭へ