ここから本文です

投稿コメント一覧 (1617コメント)

  • >月見団子
    お返事ありがとうございます。
    海月さんサイトまでありがとうm(__)m
    楕円形はお芋の形だという説もありました。
    餡を巻いたお団子 何だか可愛らしい♡
    いろいろ違うって面白いですね

    ゆゆさん 風邪? それとも夏バテかな?お大事に
    予約本ってなぜか同時に廻ってくるの しかも人気本 ありがちですね
    てんてんさん、さよならカルト村早かったですね 私はまだ予約待ちです(^-^)

  • こんにちは。
    月見の話題続きですいません
    今朝TVのクイズで名古屋の月見団子は楕円で三色だそうで関西は楕円形のお団子が多いとか
    知らなかった(*_*;。こちらはまん丸で三角錐のように積み上げるんですよ
    みなさんのお団子はどんな形でしょうか?

  • >>No. 18147

    (^_-)-☆譲らました。重めの内容(体も)多いかもの私(笑)
    てんてんさんが最近読まれているもの興味の惹かれてます
    今借りている本返してから読んでみますね

    今夜とっても月が綺麗でした 月の周りの雲に光が反射して
    一層きれいに見えましたよ(^^♪

  • >僕が殺した人と僕を殺した人
    >東山彰良
    海月さん てんてんさんが読まれていましたね。
    7人の子供を誘拐、殺害したのサックマン逮捕から
    「わたし」が30年前のサックマンを13歳だった、わたしたちと語りだす
    問題のある家庭の少年3人の友情からの悲劇
    スタンドバイ三―をちょっと思ったりして・・・海月さんも思われたそうですね。
    弁護士になったのがジェイとサックマン、ユンの
    面会シーン切なく、やるせなく読み応えありました
    「流」と背景が似た感じでした
    「流」からの作品だそうで納得です

  • 「百年泥」
    内容かなり忘れてるのですが 不思議な思い、現象?
    空を飛び通勤とか 泥の中から出てくる物の不思議 躊躇なく手に入れる人びと
    でしたね^^;

  • >>No. 18137

    てんてんさん すごいスピードで読まれてますね。
    道尾秀介作品 独特の癖というか世界があり時々う~~んとなってしまうことも・・
    樹木希林さん 存在感のある人で 含蓄のあるお話 魅力的な人と思っていたので
    淋しいです ご冥福をお祈りします

  • >億男
    >川村元気
    弟の借金3千万円を肩代わりし昼夜働きどうしの一男
    妻は娘を連れ出て行った
    偶然もらった福引券で商品の宝くじが3億円の当選券だった
    それを知った夜のささやかな贅沢 牛丼を定食のように注文
    少し高い牛乳 パンを買ったことに金があるとはこういうことなのかもしれないと思う一男
    しかし3億円という大金をどうしたものかわからず
    大学時代の仕事で大成功している親友九十九を
    訪ね相談する翌日九十九と3億円が消えた
    九十九と3億円の行方をさがす一男は九十九と仕事をしていた3人に
    会い お金とは幸せとはと3人三様の考え方にますますわからなくなっていく
    最終的に九十九があらわれ3億円ももどる
    一男の幸せとはお金とは 人生とはチャップリンの言葉にあるか
    落語の芝浜のように大金てにいれたのは夢だったんだと
    地道にいきることなのか・・・・・
    宝くじ
    3億円でなくていいから 当たってみたいですね。
    妄想だけでもしておきますか

  • >特攻隊振武寮
    >大貫健一郎
    >渡辺孝
    特攻隊の組織された経緯、隊員の召集方法、訓練、任務、特攻の成果
    飛べるような状態でない戦闘機で出撃した隊員たちの数
    様々なメディアで特攻隊を見聞きしていましたが
    元特攻兵の大貫氏の証言で
    出撃と同時に戦死公報に乗り軍神とあがめられた隊員たちが
    生きて帰還したと死を恐れたと 犯罪者のように扱われ軟禁され
    死ぬための再教育の名の下上官から辱められ竹刀で滅多打ちにされていた日々があったと
    始めてしりまた生き残り兵の死んでいった者達への後ろめたさに苦しみ深さ
    戦後戦友の遺族を訪ね話 また慰霊碑をたて慰霊祭をしている
    特攻隊を組織した上層部に責任をとったものがいるのか
    戦後上官達は恩給をのうのうともらっている
    死んだ者達への謝罪は・・・・
    戦後70年過ぎてまだまだ語られないことがおおいのでしょう
    大貫氏は歌手大貫妙子さんのお父さんだそうです。

  • >>No. 18125

    てんてんさん ゆゆさんも何回かためして同じだったのって面白いですね。
    大坂なおみちゃん キュートでかわいいですよね。
    ゆゆさん 土砂降りで自転車だったら相当濡れたでしょう  
    たいへんでしたね。
    こちらも7時ごろかなり降っていましたが
    今は止んで涼しい風と虫の音が窓から入って気持いいです
    明日から涼しくなるらしい秋がやってくる

  • >>No. 18119

    こんにちは。
    私もデーメテールでした
    試しに2回やってみましたが同じ(^-^)
    「感動に脆く、また傷つきやすい。満足を知しればいつも幸福であることを知っている」
    なるほどでぇす(^_^;)

  • >ここは、おしまいの地
    >こだま
    著者の育った地と家族のエッセイ
    母親に罵声と暴力浴びせられ 入院治療が必要な肺炎でも
    医師の治療さえ受けさせない母親を普通の親と思って育ったが病弱な子供であった著者
    教師になったが学級崩壊で精神を病みやはり同じ病の夫ととんもなく辺鄙で古く異臭のする
    家で引きこもっていたがネットの配信で作家になるきっかけをつくる 本の出版も夫、家族に内緒にしてると
    いう・・・・
    不幸、不運、不遇な人のようだけど なんだか妙な可笑しみのある文体が独特
    「穴」小山浩子著と重なって思えた

  • てんてんさんは偶然だったのですね。
    私はなにかの雑誌?の書評で読んだような覚えがあります
    美達大和氏
    どういう思考の人なんでしょう 凡人では想像もつかない人間のようですね。(・・?

  • >美達大和
    検索しました。著書の「牢獄の超人」2年前に読んでいました

    この本でも殺人を犯しながら罪の意識のない若い犯罪者に
    「うそをつかない」「善と悪」「償い」「人間」とは諭していた人物が超人
    美達氏の父親象でもあったのでしょうか

  • こんばんは
    またしてもおおきな災害が起きてしまいました
    言葉が出てきません
    他人事に出来ないです。

  • >>No. 18103

    てんてんさん 海月さん
    お二人とも無事で良かったです。
    てんてんさんのご近所いろいろ飛ばされたようですが
    てんてんさんのお宅は大丈夫でしたか
    お庭は大変な事になってるようですが・・・・
    タンカーのぶつかった橋しか関空行けないと(・・?
    ほんとどうするのでしょうね。

  • 台風
    てんてんさん 海月さんエリア 台風通過中で暴風雨に襲われて大変な映像
    が ニュースで流れてます
    大丈夫ですか なにもないこと祈ってます

  • >認知症鉄道事故裁判
    >高井隆一
    2007年12月に起こったJR東海で認知症患者が線路に入りはねられた事故
    でJR側から患者家族へ保護責任と損害賠償請求の裁判の
    被告となる患者家族と支援者達の記録
    当時最高裁まで争って家族の責任は問えないと判決が出るまで
    一、二審での判決が二転三転した事件でした
    覚えていますか?
    認知症の人の鉄道事故が8年間で少なくても149件 あったそうです
    鉄道のみならず、個人対個人のケースも
    介護保険制度に賠償保険を含むことも考えられているようですが
    認知症介護に多くの問題とケースがあり 患者と家族が良い方向見られる・・・・
    なかなか難しいけれど 最近の認知症対策広く考えられてきてると思うのですが・・・

  • しゃばけシリーズ
    ゆゆさんご存じだったのですね(^-^)
    ほのぼのとして 頬がゆるみます
    「つくもがみ貸します」録画して見てますよ 面白いですね

  • >>No. 18092


    作家さんの名「小峰元」知りませんでした
    アルキメデスは手を汚さないタイトルだけは聞いたことありますが読んでないです

  • >ヒポクラテスの憂鬱
    >中山七里
    『自然死・事故死においてそこに企みが潜んでいないかどうか
    見極めるがいい。私の名はコレクター(correcor)修正者である』
    埼玉県警のホームページの書き込みはいたずらなのか
    犯罪者の挑発なのか 捜査一課は振り回されていた
    自殺・事故と事件性のないとおもわれる遺体も解剖する方向になり
    浦和医大に持ち込まれる遺体の数と予算は増えるばかりだが
    解剖によって隠された死因が明らかになり殺人犯を突き止め
    また横領の罪を着せられ自殺に見せかけ殺された2人の汚名をはらす
    登場人物の個性がとっても面白いしテンポが速くて楽しめます
    日本の法医学と警察の予算の少なさ
    事件性のない遺体のなかに埋もれている犯罪も
    あるのかもしれないと・・・・おもわせますね。

本文はここまでです このページの先頭へ