ここから本文です

投稿コメント一覧 (23コメント)

  • 巨人を戦力外になった藤村獲得に動くんじゃないか?
    巨人は、重信、橋本、吉川らもいるので、藤村をクビにしたのだろうが、28歳だし、ファームでは280を打っている。盗塁数が10と、うちの山下(14)より少ないは気になるが、身体に異常が無いならば、ウチにはいない代走の切り札として期待したい。

  • 残り15試合くらいの時だっけ。ヤクルトとの対戦が多い巨人が有利と書いて、ヤクルトファンからなめるなとお叱りを受けたが、結局、巨人に全負しやがった。しかし怒りはない。最初から期待なんかしてなかったから。

  • >>No. 4319

    セカンド白崎、ライト山下か。
    白崎がセカンドを守れるようになると右打者だし、倉本に何かあった時に柴田にショートを守らせることもできるし、幅が広がるな。山下もどこでも守れるようになると一軍に置きやすい。
    キャッチャー網谷にも注目してます。

  • ヤクルトさん、本当に弱いなあ。
    そのヤクルトの対戦を7試合も残すのが巨人。Deは今日も含めあと2試合しかヤクルト戦は残っていない。阪神もヤクルトとの対戦はあと1試合。
    巨人と2.5差はつけたが、まだまだ安心はできないな。
    ヤクルトさんよ、一番勝てそうな投手がルーキーの星ってやばいよ。

  • 松本啓二朗、昨年まで下半身の細さが目立ったが、今年は下半身の充実が目に見える。まだ老け込む歳じゃないし、これから代打の切り札として、遅咲きのブレイクを果たして欲しい。

  • >>No. 22518

    リードは嶺井の方が上。昨日解説の元広島の西山さんも戸柱の問題を指摘していたけど、今日も同じリードでやはり打たれてる。

  • プロ野球ファンとして、鈴木の怪我は残念。
    それでも、新井、エルドレッドがスタメンに加わり、怖さは全く変わらないところがすごいね。

    相手投手の中村に限ったことではないが、カープはインサイドをガンガン突いて来る。
    思い切り開いてホームラン狙っちゃえ!

  • >>No. 22452

    新人王の最大のライバルは京田。

    今日と明日、しっかり、8タコに抑えこもう!

    濱口よ!10勝、防御率2点台で誰にも文句言わせず新人王とれ〜!
    応援してるよ!!

  • >>No. 4042

    どの球団も意外と評価していないと思う。3、4位までには消えるとは思うが、少なくとも1位の素材では無い。なんでかといえば、目切りが早いから。Deの1位は清宮で決まり。清宮が進学した場合の1位は即戦力投手。石田、今永、濱口の若手左腕三羽ガラス(言い方が古い?)にウィーランド、井納まではローテ決まり。しかし、層がとても薄く、シーズン通して考えるとまだまだ先発投手が足りない。

  • >>No. 4036

    こういう悩める長距離砲には落合の打撃本を読んでほしいな。センター返しを心がけりゃ少なくとも今よりだいぶ迷いは無くなる。ラミレス監督だっていつだってセンター返しが基本にあったからね。

  • >>No. 70

    三振数?
    梶谷はセンター返しを心がけるだけで全然変わってくると思うんだけどな。
    OBだと金城が被るんだけど、彼が首位打者を獲った時というのは、ボール球に手を出さず、選球眼の良さが際立っていた。それもセンター返しが基本にあったからだと思う。
    それが感性で打つタイプと周りにレッテルを貼られ、それは時に天才肌のように聞こえることもあって、最後まで元々の良さを取り戻す日は来なかった。
    内角のツボにはまった時のホームランを忘れられず、低打率、15本くらいのホームラン数で、5、6千万の年俸で落ち着く選手がいかに多いことか。
    梶谷よ、内角の半速球もセンター前打てるようになったら、330、30本確実だよ。

  • >>No. 68

    乙坂、関根〜!!チャンスはあるのに何やってんだ〜!!

  • 田口ということで、右の2番田中浩康ということなんだろうが、右は左のクロスファイヤーに苦労している。
    田口を得意にしている広島の田中広輔も左。
    ちなみに石川雄洋は田口に前回完封された時も2安打と好相性だった。

    スタメン発表された今、何を言っても始まらんが、今日はセンター返し。
    この一点でいぶし銀のバッティングを見せてくれ!

  • >>No. 22305

    日刊スポーツによると、3連戦の先発は、
    井納-飯塚-久保

    対する巨人は
    田口-菅野-大竹

    全部取りたいのは当たり前だが、ラミレス監督の起用から、本当の勝負は先にあると見ている様子。
    その時までに戦力を増やしておくための飯塚起用だろう。

    それでも最悪1勝2敗で、3連敗だけは絶対に駄目だ。
    普通に考えると2戦目は相手が菅野ということもあり計算できない。

    初戦の井納、3戦目の久保、この2人の真価を見たい。

  • >>No. 22304

    エスコバーを先発起用の可能性もあるやもということですね。元々はロングリリーバートして獲得したはずですが、いずれにしてもラミレス監督下で大きく伸びるのではと期待しています。

  • >>No. 22302

    そうでしたか。クラインの日本野球への適応を引き続き期待するとともに、駄目であるならば、新たな先発候補の外国人補強に動いてほしいですね。左の石田、今永、浜口、右のウィーランド、井納まではなんとか計算が立つようになりました。しかし、この5人ですらCSや日本シリーズなど絶対負けられない試合で勝てる投手かといえば、まだまだ心もとないというのが本当のところではないでしょうか。あと一人、それも菅野やメッセンジャー、ジョンソン、則本のような、普段そこそこ打たれることはあっても、ここぞという時に負けない絶対的エースの存在。このピースが揃った時、今の広島を優に上回れると思います。

  • 週末の巨人3連戦で4位以下を突き放し、少しでも広島を追い上げたいところ。

    先発予想は、初日に井納。ここはまず間違いないが2日目以降の予想が難しい。

    私は、2日目に久保かと思っていたが、一昨日、ファームで71球を投げたことから可能性は無くなった。

    飯塚、熊原は月曜に3イニングづつ登板し中4日、中5日で土日を迎える。間隔はあるし若いし問題ないだろう。

    あとは3日目に中5日で今永を持ってくることも十分ありうる。

    ラミちゃんも巨人3連戦は重要視しているだろうし、飯塚、熊原と2日続けて博打は危険だ。

    第一、この2人はまだ実力不足。2人で3イニングづつ全力で投げて繋ぐと言うならまだしも・・・、まあ無いわな。

    初戦を落とした場合は最悪3連敗もある。

    この時点でゲーム差は5あり、1勝2敗でも4になるだけで慌てる必要はないが、3連敗は2に詰められる。

    それだけは絶対避けたい。

    個人的にはクラインに期待したい。

    ヒーローインタビューで選手たちが言うように、広島を抜いて優勝するならばクラインの活躍は絶対だ。

    クラインは楽天と争奪戦を制し、シーズン前はエース格を期待していた男。

    同じ負けるのでも、クラインに少しでも機会を与えたい。

    井納ークラインー今永で行って欲しいのが個人的希望です。

  • 山口の件だけど、我々も知っているように、大した人間性のやつではないが、でも酔って暴力を振るうタイプの人間ではない。ただ、とにかくタイミングが悪い、間が抜けているやつなのだ。
    DeNA初CSで登板できない。FA移籍後しばらく登板できない、などなどなんだか本当に残念なやつ。まあ、FAで巨額の金は手に入れたとはいえ、一生遊べる金を手に入れたわけではない。生活も質素ではないだろう。
    将来、巨人などで指導者になれるようなタイプでもないし、どこかで破綻する雰囲気がプンプンだ。

    だいたい飲んでいて、どうやったら右手の甲に病院へ行くほどの怪我をするのか?
    よほどの泥酔?
    そこがまず不可解だよなあ。

    それで、警備員もいるくらいの救急外来をやっている病院へ向かった。
    でも、救急外来って救急車などの受付はしてても、一般のお客様はここですよ!なんて門を開いているわけではない。

    だから、扉をどんどん叩いたんだろうな。酒も入ってるし、焦るほど血流は良くなり右手の出血が止まらない。
    さらに焦って強く叩き、扉が壊れたんだろうな。

    普通の人間であれば、病院に電話して、事情を説明しておくだろう。
    しかし、そこは山口。そんな知恵が回るはずもなく、なぜ開けないんだと焦りの中、なぜ急患を受け付けないんだと逆ギレしていたことだろう。

    そうしたら、警備員さんが不審者と思って、捕まえようとしたのかな?
    警備員さんからしたら血を流している大男。菅野なら顔を見てわかるだろうが、シーズン序盤ほとんど投げられず知名度が全くない大男。
    恐怖以外の何物でもないよな。

    だいたい警備員さんと言っても、用心棒ではないし、定年後のお仕事でやっている方もいるだろう。
    そのような方であれば、180後半の大男の何気ない行動で吹っ飛んでしまう。怪我もする。

    真相はそんなところじゃないか?
    山口からしたら、悪気があったわけではないし、わざとでもない。
    でも、報告したら大ニュースになることはなんとなくわかる。

    それでビビりに冷や汗を流しながら、黙っていた。
    もしかしたら、球団が「よくあることだよ、山口くん!」とか言って対処してくれるといいなとか思いながら。。。

    まあ、DeNAに残留していた方が、はるかに良い野球人生だったとは思うぞ。
    生え抜きで先発、抑えをやったんだからDeNAだったら指導者のポストもあっただろうに。

    まあ、別に彼に恨みもないし、せいぜい頑張ってくれとしか言えないよな。

  • ラミレスの何が素晴らしいって、本当の勝負どころがもっと先に来ることをわかって采配をふるっているところ。
    今日の点差が離れた試合で、前回完封で球数が多かった今永を早々に変え、田中以外は本来であれば敗戦処理の投手で継投したところはさすがだ。
    その敗戦処理投手陣もファームで結果を残しているわけでもない。6月の疲労が蓄積してくるこの季節にイニングイーターをベンチ入りさせるこの人選は絶妙だ。実力がなさすぎてもダメだし、しかし、実力がある選手は大勝ち、大負け試合で使いたくない。
    ファームでは三嶋をリリーフ転向させているし、ルーキー水野もリリーフとして再度秘密兵器として用意するはずだ。
    打線も筒香を3番に移し、梶谷が6番になったことで、厚みをグッと増した。
    好調であるが、さらに伸び代を感じさせてくれている。

    広島は離れすぎているが、CS進出に向け、阪神と巨人が最大のライバルとなるだろう。
    阪神は藤浪を無理使いせず、新外国人補強にも余念がなく、まだ強くなる要素を残している。
    巨人も菅野、田口、マイコラス、山口の先発陣は不気味で、内海、吉川、大竹なども復調すれば本来エースクラスの面々。

    まだまだ我々は何を得たわけではない。
    ここに満足せず、真の目標が日本一であることを忘れず、一過性ではない真の実力があるチームを目指そうではないか。

  • まだ何も得たわけではない。我々の目標は日本一だ。決して浮かれることなく、選手は少しでも上を目指し、毎年勝てる真の一流のチームを築こうではないか。

本文はここまでです このページの先頭へ