ここから本文です

投稿コメント一覧 (47コメント)

  • そもそも、
    日本にちょっかいだしているのは昔から!

    尖閣狙いは90年代から着々と
    沖縄なんかとっくの昔からだし・・・

    ★中国人が自衛隊・米軍基地付近の
     土地購入、日本では国家安保問題に
     


    第1次安倍政権で、
    中国へのODA減らそうとした途端
    官制デモを仕掛けて日本大使館を襲撃し
    当時、中国人に大人気だったポーラ化粧品に対して
    偽の不純物混入情報を流して、売り上げ不振させ
    挙句にポーラの中国販売店を襲撃させる・・・

    東日本大震災で、
    自衛隊が大規模な救助作業に従事している間
    日本の領空を侵犯し続けていましたよね。

    「日本が右傾化している」とか
    「安倍首相は軍国主義」という宣伝文句は
    元々、中国が熱心に海外メディアに発信した
    プロパカンダ工作。
    そのような名目を創作して
    自国の軍事行動を正当化しようとしているのでしょう?

  • みなさん!!





             まさか、あのときはあのとき、





                今は今、





                   なんてこと、言わないでしょうね!!





    鳩山先生は本当にエライよ!!
    エライことしてくれたよ。

    2009年の世界気候変動枠組み会議で、日本のCO2排出量を2020年までに90年比25%削減すると、大見えを切って全世界に宣言されましたね。また、それを担保するために、日本の発電量に占める原発の比率を50パーセントにまで高めると。さらに、それを具体的に保証するため、2050年までに新たに25基の原発を新設すると。

    これ、いったい誰がしりぬぐいするの???

    <国連総会における鳩山総理(当時)演説の抜粋>

    潘基文(パン・ギムン)国連事務総長、
    各国代表の皆様、
    御列席の皆様、

     本日の時宜を得た国連気候変動首脳級会合でスピーチをする機会をいただき、誠に嬉しく思います。私は、先月末の衆議院選挙において初めて民意による政権交代を果たし、つい6日前に、内閣総理大臣に就任をいたしました鳩山由紀夫です。

    (略)

     まず、温室効果ガスの削減目標について申し上げます。

     IPCCにおける議論を踏まえ、先進国は、率先して排出削減に努める必要があると考えています。わが国も長期の削減目標を定めることに積極的にコミットしていくべきであると考えています。また、中期目標についても、温暖化を止めるために科学が要請する水準に基づくものとして、1990年比で言えば 2020年までに25%削減をめざします。

     これは、我々が選挙時のマニフェストに掲げた政権公約であり、政治の意思として、国内排出量取引制度や、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の導入、地球温暖化対策税の検討をはじめとして、あらゆる政策を総動員して実現をめざしていく決意です。

    <抜粋終わり、というかもうこれ以上はやめときます>


    国連気候変動首脳会合における鳩山総理大臣演説
    平成21年9月22日
    ニューヨーク

    このバカ面、今でも首相官邸のHPをめくれば出てきますよ!

  • 貧しい家の女性たちが多かった





           業者に騙された人も多かった





              強く生きた女性たちの姿もそこにはある






    韓国では「慰安婦」と「挺身隊」は同じだと教えられているそうです。「挺身隊」というのは昭和18年(1943年)に創設された14歳以上25歳以下の女性が市町村長、町内会、部落会、婦人団体等の協力によって構成されていた勤労奉仕団体のことです。

    女性の労働力を産業の現場に動員したということです。
    男性が戦争にいってしまうので、国内の労働力不足を補うためのものです。戦争があった時代はどこの国でも同じでした。韓国では在韓米軍相手の慰安婦は挺身隊とも呼ばれていたようで、このあたりから後々ごっちゃになったか、悪意ある反日思想から生まれたものでしょう。

    「慰安婦」となった女性たちは貧しい家の女性たちが多かったようです。また、業者に騙された人も多かったようです。(就職斡旋と称して) たしかに軍の強制ではなかったにしろ、慰安婦になった女性たちの運命は同情を禁じえないものがあります。しかし、そんな面だけでしょうか。

     当時は今とは全く「豊かさ」が異なります。「貧困」の中で生きるため、家族にお金を送るために耐え忍び、強く生きた女性たちの姿もそこにはあるはずです。

     こうした話は稀ではなかったようです。朝鮮人女性でも貯金が5万円になったらソウルに戻って小料理屋をするという夢を持った人がおり、日本の軍人がそれを聞いて感動し表彰した話や、ビルマ戦線にいた文玉珠という女性は5千円もの大金を故郷の実家に送金してもまだ2万5千円が残っている貯金通帳を持っていたといいます。

    ラバウルで朝鮮人慰安婦が本国へ帰還する日本兵に200円預けて、実家への送金を依頼したとき、その日本兵は”山梨にある自分の家の価格より高いな”と思ったそうです。慰安婦は月に300円~1500円ぐらい稼いでいました。陸軍大尉の月給が110円という時代です

     貧しかった時代の女性の悲劇もあれば強く生きた姿もある。歴史はこうして両面見て、未来につなげていくべきだと思います。ウソの歴史は未来にも影を落とすと思います。

    下は戦前平壌にあったキーセン学校とその幹部候補生たち ↓

  • 貧しい家の女性たちが多かった





           業者に騙された人も多かった





              強く生きた女性たちの姿もそこにはある






    韓国では「慰安婦」と「挺身隊」は同じだと教えられているそうです。「挺身隊」というのは昭和18年(1943年)に創設された14歳以上25歳以下の女性が市町村長、町内会、部落会、婦人団体等の協力によって構成されていた勤労奉仕団体のことです。

    女性の労働力を産業の現場に動員したということです。
    男性が戦争にいってしまうので、国内の労働力不足を補うためのものです。戦争があった時代はどこの国でも同じでした。韓国では在韓米軍相手の慰安婦は挺身隊とも呼ばれていたようで、このあたりから後々ごっちゃになったか、悪意ある反日思想から生まれたものでしょう。

    「慰安婦」となった女性たちは貧しい家の女性たちが多かったようです。また、業者に騙された人も多かったようです。(就職斡旋と称して) たしかに軍の強制ではなかったにしろ、慰安婦になった女性たちの運命は同情を禁じえないものがあります。しかし、そんな面だけでしょうか。

     当時は今とは全く「豊かさ」が異なります。「貧困」の中で生きるため、家族にお金を送るために耐え忍び、強く生きた女性たちの姿もそこにはあるはずです。

     こうした話は稀ではなかったようです。朝鮮人女性でも貯金が5万円になったらソウルに戻って小料理屋をするという夢を持った人がおり、日本の軍人がそれを聞いて感動し表彰した話や、ビルマ戦線にいた文玉珠という女性は5千円もの大金を故郷の実家に送金してもまだ2万5千円が残っている貯金通帳を持っていたといいます。

    ラバウルで朝鮮人慰安婦が本国へ帰還する日本兵に200円預けて、実家への送金を依頼したとき、その日本兵は”山梨にある自分の家の価格より高いな”と思ったそうです。慰安婦は月に300円~1500円ぐらい稼いでいました。陸軍大尉の月給が110円という時代です

     貧しかった時代の女性の悲劇もあれば強く生きた姿もある。歴史はこうして両面見て、未来につなげていくべきだと思います。ウソの歴史は未来にも影を落とすと思います。

    下は戦前平壌にあったキーセン学校とその幹部候補生たち ↓

  • みなさん!!





             まさか、あのときはあのとき、





                今は今、





                   なんてこと、言わないでしょうね!!





    鳩山先生は本当にエライよ!!
    エライことしてくれたよ。

    2009年の世界気候変動枠組み会議で、日本のCO2排出量を2020年までに90年比25%削減すると、大見えを切って全世界に宣言されましたね。また、それを担保するために、日本の発電量に占める原発の比率を50パーセントにまで高めると。さらに、それを具体的に保証するため、2050年までに新たに25基の原発を新設すると。

    これ、いったい誰がしりぬぐいするの???

    <国連総会における鳩山総理(当時)演説の抜粋>

    潘基文(パン・ギムン)国連事務総長、
    各国代表の皆様、
    御列席の皆様、

     本日の時宜を得た国連気候変動首脳級会合でスピーチをする機会をいただき、誠に嬉しく思います。私は、先月末の衆議院選挙において初めて民意による政権交代を果たし、つい6日前に、内閣総理大臣に就任をいたしました鳩山由紀夫です。

    (略)

     まず、温室効果ガスの削減目標について申し上げます。

     IPCCにおける議論を踏まえ、先進国は、率先して排出削減に努める必要があると考えています。わが国も長期の削減目標を定めることに積極的にコミットしていくべきであると考えています。また、中期目標についても、温暖化を止めるために科学が要請する水準に基づくものとして、1990年比で言えば 2020年までに25%削減をめざします。

     これは、我々が選挙時のマニフェストに掲げた政権公約であり、政治の意思として、国内排出量取引制度や、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の導入、地球温暖化対策税の検討をはじめとして、あらゆる政策を総動員して実現をめざしていく決意です。

    <抜粋終わり、というかもうこれ以上はやめときます>


    国連気候変動首脳会合における鳩山総理大臣演説
    平成21年9月22日
    ニューヨーク

    このバカ面、今でも首相官邸のHPをめくれば出てきますよ!

  • コンプライアンス=法令順守ということ自体が差別になるのでしょうか・・・





         こんな当たり前なことを願っても差別になるのでしょうか・・・ 





    先日、ネット掲示板を見ていましたら、
    「在日韓国人」らしき人物が、
    「ネトウヨは日本で韓国人犯罪が多いとうそをばらいているが、
    日本での韓国人犯罪は多くはなく、1位は中国人で韓国人は4位だ」と書き込まれていました。

    実はこれ、「本当のようで本当ではない」のです。
    ご承知の方も多いと思いますが、
    民主党政権時代の最後に「警察庁の犯罪統計」が変わりました。

    これは、平成22年度まで
    「在日韓国人」は韓国籍ですから「長期滞在外国人として統計」していたのですが、
    平成24年度から「在日韓国人犯罪は日本人にカウント」しだしたんですね。

    「在日韓国人を日本人に数える」 アンビリーバカな世界ですね。
    でも実際にやってます(下の資料)。
    ではなぜそんなことをやったのでしょうか?

    平成22年度長期滞在外国人による日本国内での犯罪者数(警察庁)

    総数6,997人
    1位:韓国・朝鮮人(3994人)(在日外国人犯罪者総数の57,1%)
    2位:中国人(1252人) (同17,9%)
    3位:ブラジル人(410人)(同5.9%)


    平成24年度来日外国人犯罪による日本国内での犯罪者数(警察庁)
    総数9,149人

    1位:中国(3,719人)(同40.6%)
    4位 韓国(1,007人)(同11.0%)*在日韓国人は含まれていません。

    見事な「統計のトリック」ですね!

    ズバリ! 「在日韓国人の犯罪隠し」ですね。
    朝日新聞もせっせとやっていますでしょ。
    要するに、「在日韓国人犯罪を日本人の目から隠したい」んです。あの連中は!

    東京は世界最大の「韓国人売春犯罪地帯」です。
    在日韓国人はパチンコ屋で有名ですが、実は「売春成金」もたくさんいます。
    韓国人売春婦5万人の売り上げはいくらになるでしょう。
    在日韓国人にピンハネされている金額はいくらになるでしょうか?

    共産党系の宇都宮が、「ヘイトスピーチ反対」を叫んでも
    「韓国人売春反対」を言わないのはなぜなんでしょうか?
    あなた、答え、わかりますか? 

    東京はある意味「世界に恥ずべき街」です。
    こんな大掛かりな売春地帯は世界中探してもないでしょう。
    そして、2020年には東京オリンピックが開催されますが、
    韓国人売春で儲けている連中は「東京オリンピック大歓迎」でしょうね。

    そういえば、韓国系の「民団」も歓迎声明を出していましたっけ。
    だって、儲かるんだもん!外国人がいっぱい日本に来ますからね!
    でもね、売春は多くの犯罪と連鎖しているんです。

    女性への虐待、薬物犯罪、殺人、強盗、スリ、性病の拡散、不法滞在・・・。
    都知事選候補の中で「中国・韓国人犯罪」と真剣に戦ってくれる人は誰でしょうか?
    東京を「中国・韓国人犯罪特区」にしたくない人は真剣に考えて欲しいです。

    これがトリック統計 ↓

  • 貧しい家の女性たちが多かった





           業者に騙された人も多かった





              強く生きた女性たちの姿もそこにはある






    韓国では「慰安婦」と「挺身隊」は同じだと教えられているそうです。「挺身隊」というのは昭和18年(1943年)に創設された14歳以上25歳以下の女性が市町村長、町内会、部落会、婦人団体等の協力によって構成されていた勤労奉仕団体のことです。

    女性の労働力を産業の現場に動員したということです。
    男性が戦争にいってしまうので、国内の労働力不足を補うためのものです。戦争があった時代はどこの国でも同じでした。韓国では在韓米軍相手の慰安婦は挺身隊とも呼ばれていたようで、このあたりから後々ごっちゃになったか、悪意ある反日思想から生まれたものでしょう。

    ソウル大学教授の李榮薫(イ・ヨンフン)教授によると1969年の「修羅道」という小説の中で挺身隊が慰安婦になったと書かれたことから混同が始まったのではないかと述べています。

    「慰安婦」となった女性たちは貧しい家の女性たちが多かったようです。また、業者に騙された人も多かったようです。(就職斡旋と称して) たしかに軍の強制ではなかったにしろ、慰安婦になった女性たちの運命は同情を禁じえないものがあります。しかし、そんな面だけでしょうか。

     当時は今とは全く「豊かさ」が異なります。「貧困」の中で生きるため、家族にお金を送るために耐え忍び、強く生きた女性たちの姿もそこにはあるはずです。

    南支派遣軍福山部隊 看護婦婦長 若狭ももえさん談(福岡県)
    「博多のさる料亭の女将さんは大陸で稼いで料亭を買い、妹と二人の弟を上の学校にやったのです。上のほうの弟は、某県の知事になりました」

     こうした話は稀ではなかったようです。朝鮮人女性でも貯金が5万円になったらソウルに戻って小料理屋をするという夢を持った人がおり、日本の軍人がそれを聞いて感動し表彰した話や、ビルマ戦線にいた文玉珠という女性は5千円もの大金を故郷の実家に送金してもまだ2万5千円が残っている貯金通帳を持っていたといいます。

    ラバウルで朝鮮人慰安婦が本国へ帰還する日本兵に200円預けて、実家への送金を依頼したとき、その日本兵は”山梨にある自分の家の価格より高いな”と思ったそうです。慰安婦は月に300円~1500円ぐらい稼いでいました。陸軍大尉の月給が110円という時代です

     貧しかった時代の女性の悲劇もあれば強く生きた姿もある。歴史はこうして両面見て、未来につなげていくべきだと思います。ウソの歴史は未来にも影を落とすと思います。

    下は戦前平壌にあったキーセン学校とその幹部候補生たち ↓

  • 日本も「過去の犯罪を遡って罰する遡及法」が必要かもね!







       どう考えたって「在日韓国人」こそ犯罪民族じゃないんですか?


    基本、「在日韓国人1世は犯罪者」という認識は間違っていませんが、在日韓国人の中には「もうしゃっべてもいいニダカ?」と過去を自慢する「やから」がいます。この「在日韓国人」もその一人ですね。

    こういうのを見ると「在日韓国人」ではなく「罪日韓国人(日本で罪を犯す韓国人)」という当て字もまんざら間違っていないような!


    以下、在日韓国人1世の「自白調書」です。


     在日1世・金仲権(86)の告白


     「飛行場の裏に新品のエンジンがあって、1台持っていけば2万円で買うという所があった」

     「戸を破って全部積んで出て行った」

     「何をやっても失敗したことはない。根性が違う」

     「戸を破って全部積んで出て行った」ww どろぼう~!


     というのは???? これって完全に「窃盗」ですよね! 面白いですね。この記事の表題が「去り行く在日一世の時代 語り継ぐ”差別”の歴史」なんだそうですが、「語り継ぐ”在日犯罪”の歴史」こそが正しい。日本も韓国並みに「過去の犯罪をさかのぼって裁く遡及法」を作るべきですね。

    戦後、どれだけ多くの「在日犯罪」が行われたことか・・・
    在日韓国人にだまされ無念の思いを残して死んでいった日本人がどれだけいたことか・・・今を生きる私たち日本人ができることは何なんでしょうね?


    これがくだんの在日婆さん ↓

  • 朴クネ現韓国大統領は、果たして、下の写真をみて発狂するか??




    朴正煕元韓国大統領。
    日本名 高木正雄


    血書志願書を提出し、帝国軍人への道を!!


    • 1917年11月14日 生誕
    • 1932年 大邱師範学校入学
    • 1936年 最初の結婚
    • 1937年3月 大邱師範学校を70人中69位卒業
    • 1940年4月 満州国軍軍官学校に240人中15位入学
    • 1942年 満州国軍軍官予科を首席卒業
    • 1942年 日本陸軍士官学校に編入(57期相当)
    • 1944年 日本陸軍士官学校3位卒業。満州国軍歩兵第8師団に配属 
    • 1945年8月 満州国軍中尉で終戦を迎える

  • なぜ、在日韓国・朝鮮人が発生したのか???




     在日韓国・朝鮮人は、日本の外国人のうち、韓国・朝鮮籍の人のことであり、日本国独立行政法人統計センター発表の統計によれば2011年12月末現在、日本に定住(連続90日以上滞在)し韓国・朝鮮籍外国人として外国人登録している者は545,401人、そのうちしばしば「在日」と略称される韓国・朝鮮籍特別永住者は385,232人となっている。

    また、韓国に本籍地があっても朝鮮籍のままの者もいるため、北朝鮮地域を本籍地にしている者は2010年末時点で2,589人に過ぎないが、朝鮮籍保持者は3-4万人程度いるとみられている。

    長年に亘り日本定住外国人の最大勢力であったが、帰化と死去による特別永住者の減少が続き、2007年度、急増する在日中国人を下回った。

    併合時代に朝鮮から内地に渡航し、そのまま日本に定住した者、およびその子孫と、戦後、朝鮮戦争などの戦火から逃れるために、荒廃した朝鮮半島より日本に密航し20万から40万と推定される密航者およびその子孫の多くはその後特別永住資格を付与され、旧日本国籍保持者としての背景から日本の外国人の中で特殊な地位を占めている。

    「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府がおこなった強制連行の結果」とする主張があるが、1959年に日本政府が発表し、2010年にも再確認された資料によれば、当時の在日朝鮮人総数61万人のうち徴用労務者はたった245人で、日本に居住している者は「犯罪者を除き、自由意思によって残留したものである」としている。

    また、2005年の日韓基本条約関係文書公開に伴う韓国政府に対する補償申請者は、2006年3月の時点で総受理数21万件のうち在日韓国人からは39人に留まっている。

    1965年12月18日、韓国政府は在日韓国人の苦労の原因は本国政府の責任となる他ありませんので、これからは最大限に生活を保護し、朝鮮総連に加担したものも本国政府保護下に戻ることを希望し、分別なく故国をすてて日本に密入国しようとしたものについても韓国民として是非を問わないとすることを表明している。

    民団統計によると、日本国籍を取得した韓国・朝鮮人の2009年3月末までの累計は296,168人となっている。

    ☆終戦直後の1945年8月24日、朝鮮人帰還者を乗せ釜山港へと向かった浮島丸が、連合国軍司令部の航行禁止命令により、舞鶴港へ入港中、触雷・沈没して乗員約5000名のうち約550人が死亡する浮島丸事件などの事故があった。

    朝鮮人の引揚に関しては、GHQと日本政府は引揚希望者を全員帰国させる方針であり、船便による具体的な送出人数に関してもGHQが指示を出している。また、日本国内(内地)の輸送に関しても具体的な指示が出ている。

    その後、在日韓国・朝鮮人は戦勝国民でも敗戦国民でもない「第三国人」としてみなされるようになった。

    GHQの計画に従い、大部分の人々が終戦後故郷へ帰る選択肢はあったものの、約4分の1が戦後も日本に定住するに至ったことは、後に日本人と在日韓国・朝鮮人双方から「棄民政策」として批判された。従って本国に帰らなかった在日は、すべて本人の意思により日本に住みついた者である。


    数千億円の資産を持っているといわれる元密入国者、パチンコマルハンの会長、韓(ハン) ↓

  • 日帝風水侵略説をご存知ですか??




       今でも韓国では根強く残っています・・・




    下の写真をご覧ください。
    韓国大邱広域市前山公園管理事務所が設置した来訪者への注意書きです。
    日本語に翻訳しますと

    ヤッホー!の叫び声は
    ●やまびこを口実に、日本人たちが操作した静寂を打ち破るための野心作です。
    ●鉄杭が打ち込まれたのと同様、精気を抑え込む意味合いが込められた残滓です。
    ●静かな山林は、あらゆる野生動物・植物が生息する生態系の宝庫です。

    1)鉄杭について
    第14代韓国大統領の金泳三は、「光復50周年」を記念した、いわゆる「歴史立て直し事業」の中で、かつて日本が朝鮮半島で行った政策により、韓国内に残存している文物が「日帝残滓」であり、排除されるべきだと訴えた。その中には当時の日本が韓国(朝鮮半島)の地脈や民族の精気を絶つために「風水侵略」を行ったという非難があった。その例として有名なものに、日本が山頂などの風水上の要所に鉄杭を打ったという「日帝の鉄杭」がある…「鉄杭」がいまも引き抜かれているが、そのほとんどは測量用の杭だという証言も多い。
    また、こういう説もあります。
    山で発見された鉄杭の年代を測定してみたら、ほとんどが1950年代以降であった。
    日帝時代の鉄杭も、精気を断ち切るためのものではなく、地図作成の測量のために打ち込まれたものがほとんどである。
    1990年代に、いくつかの団体が政府から補助金を受けようと日帝鉄杭をでっち上げたのである。

    2)ヤッホーについて
    ヤッホー(ドイツ語:Johoo)とは、山などに行くとヤッホーと叫ぶあのことであるが、ヨーデルの掛け声「イヨッホホホー」から始まったとも、あるいは遠くにいる人に呼び掛ける「ホーイ」などが語源とも言われている。このときに、「オーイ」と呼ぶと、救助を求めていると間違えられる可能性があるので、「ヤッホー」と呼ぶ。聞こえた人も「ヤッホー」と返せばよい。山の地形によっては、ヤッホーと叫ぶと、ヤッホー、ヤッホー、ヤッホー…と声が反響してこだましたり、あるいはたまたま聞こえた人がヤッホーと返すこともある。

    3)ある韓国人の反応(この人はまともなほうかな・・・)
    韓国人
    山びこは日本や韓国だけにある文化なのか?
    山に登って声を張り上げることが、日本から伝来した悪習であるとするなら、他国ではそうしないということか?
    山びこを意味する「エコー」という外国語があることを考えれば、他国にもそういった文化があるということではないのか?

    注)韓国人は中国文化の影響が極めて強く、日本人が理解できないほど風水説を信じ込みます。日本の平安時代の風水説家の安倍清明以上かと。

  • 公営放送の無責任な報道




           私はずいぶん前から




             皆事実ではないと主張している




    趙廷来(チョ・ジョンレ)とMBCの反論に対する再反論
    [イ・ヨンフン ソウル大学経済学部教授] 『時代精神』2007年秋号


    私はずいぶん前から、韓国の歴史教科書が、植民地時代に日本が土地の40%を奪って、食糧を50%も積み出し、650万人もの人々を強制連行して、数十万人の女を挺身隊として動員して日本軍慰安婦にしたと教えていることが皆事実ではないと主張している。そんな主張に対して、私に帰って来たのは悪口と誹謗だけだった。

    小説家のように名誉を得て金を儲けることとは距離が遠いことだった。それでも、愚かにもそんな主張を続けて来たのは、事実ではないことは事実ではないと明確にすることが知識人の責務と信じるからだった。それでこそ国民の歴史意識も先進化して、韓国が先進国へ発展するのに役に立つと信じるからだ。
        
    去る7月初め、MBC放送は、<ニュース後>という番組を通じて私のチョ・ジョンレ批判を公開的に責めて非難した。その少し前に、MBCはそのことで私にインタビューを二度要請した。私は、今回のことはチョ・ジョンレが私の批判に文章で答えるべきものであって、公営放送が介入することではないという理由で断った。

    <ニュース後>によれば、チョ・ジョンレもインタビューを断ったそうだ。そのように論争の当事者が口をつぐんでいるなら、事実の客観的な報道を本来の責務とする公営放送が私とチョ・ジョンレの間に介入する根拠はないと思う。
      
    それでも敢えて興味を持って介入する意思があるなら、いわゆる「企画報道」という方式がある。研究者が何ヶ月かにわたって論文を書くように、放送局のPDらが多くの時間と費用をかけて隠された事実を明らかにするのが「企画報道」だ。労力をかけた企画報道は論文より立派だ。

    しかし、インタビューを断ってからわずかの後に、MBC放送は<ニュース後>を通じて私を公開的に売り渡した。どうやって、そんなに短い時間で論文に匹敵するような企画報道を作り上げることができるというのか。それは、放送局の担当PDが朝鮮時代と植民地時代の歴史に関して何が分かっていて何が分かっていないかの区別さえできないほど無識な中で制作された。無識だから勇ましいのであって、他の何のためでもなかった。
      
    <ニュース後>は、私のチョ・ジョンレ批判と何の関連もない日本軍慰安婦問題を放送中に何度も取り上げて、私が慰安婦たちが金を儲けるために自発的に行った女たちだと語ったようにあげつらった。これほどひどい歪曲報道の事例は捜しにくいだろう。

    <ニュース後>が繰り返し上映した3年前の「MBC深夜討論」の場で、私は、慰安婦という犯罪行為が行われたのには、それに協力する慰安所の抱え主のような多数の朝鮮人がいたという主旨の発言をした。

    その発言を、女たちが金を儲けるために自発的に行った公娼だったという意味で報道することで大きい社会的物議をもたらしたのは、oh my newsというインターネット新聞のある軽薄な記者がそういうふうに報道したからであって、他の何の理由によるものでもなかった。
      
    MBCのPDに聞く。君が批判の敵にした人を、君はどれほどまじめに調査したのか。やはり、細密な調査と漏れるところのない考証は韓国の放送と無関係なものなのか。韓国の放送も無責任な歴史小説のように一裾の風に過ぎないのか。

    韓国で孤独に耐え勇気を持って真実を語るイ・ヨンフン ソウル大学経済学部教授 ↓

  • 一体、いつまで・・・




              若者は何を目指せばいいのか??




                     自信を取り戻し




                          アジアのため世界のため





    2005年(平成17年)バンドン会議50周年を記念して開かれたアジア・アフリカ会議・小泉首相(当時)の演説
    「わが国はかつて植民地支配と侵略によって多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」・・・的外れな演説です。

    1992.10.14香港にて マレーシア マハティール首相のスピーチの一部

    “ 東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功を遂げた。東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際にそれを証明してみせた。

     もし、日本なかりせば、世界はまったく違う様相を呈していたであろう。富める国はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨーロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工業国の言い値で売り続けていたであろう。 ”

     マハティール首相の「日本なかりせば」演説は米を警戒させ、クリントンの圧力によって河野洋平が走り回り、「白人も華僑も入れよ」などとほざきました。

     平成6年(1994年)にマレーシアを訪問した村山富市首相(当時)、土井たか子衆院議長(当時)は型どおり謝罪するとマハティール首相はこう述べました。

    「日本が五十年前に起きたことを謝り続けるのは理解できない。過去のことは教訓とすべきだが、将来に向かって進むべきだ」
    「日本に対して今さら戦後賠償を求めるようなことは、わがマレーシア国民にはさせない」

     このマハティール首相の言葉に村山総理は何の言葉も返せませんでした。
     しかもシンガポールで華僑ゲリラの慰霊碑に謝罪を述べています。死者に対して慰霊するのは構いませんが、違法であるゲリラに謝罪するなどキチ・ガイ行為です。


     麻生前総理は「自由と繁栄の弧」を主張しました(日本がリーダシップをとる)ところが、鳩山元総理はシナ様を盟主とする東アジア共同体構想を出してきました。小沢幹事長が人民解放軍野戦司令官らしい。

    マハティール氏
    「日本は、いつまでアメリカの言いなりになり続けるのか。なぜ欧米の価値観に振り回され、古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。一体、いつまで謝罪外交を続けるのか。そして、若者は何を目指せばいいのか。日本人には、先人の勤勉な血が流れている。自信を取り戻し、アジアのため世界のためにリーダーシップを発揮してほしい」

    この人が、長くマレーシア首相を務めたマハティール氏 ↓

  • 韓国に送り返す方法!




    韓国支社を持つ企業が自社の在日社員を



    韓国支社で60日間働かせれば、



    兵役義務へ そしてそのままリストラへ



    *在日同胞のための兵役義務者の国外旅行案内
    http://jpn-tokyo.mofa.go.kr/webmodule/htsboard/template/read/legengreadboard.jsp?typeID=16&boardid=7848&seqno=708412&c=&t=&pagenum=1&tableName=TYPE_ENGLEGATIO&pc=&dc=&wc=&lu=&vu=&iu=&du=


    「在外国民である男子は18歳から兵役義務対象者になり、
    24歳までは国外居住する期間では延期書類を提出しなくても徴兵検査が延期されます。 
    但し、25歳以後は兵務庁の国外旅行の許可を取得して国外居住しなければなりません」 だってさ。

    んで、もうひとつヤバそうな事が書いてあった。

    「日本企業の韓国支社に六ヶ月の派遣業務を命ぜられました。この場合どうなりますか?
    答え:国内で60日以上経済活動を行なった場合兵役義務を賦課します」 だって。

  • 売春婦ではありません!!




           売春夫です!!

      
      

     その子の名は、「ハナちゃん」といった。休日、横浜・みなとみらいの午後、戸塚から中学校の友だちとスイーツを食べに来て、駅前の光景に凍り付いた。在日特権を許さない市民の会(在特会)による街宣活動が行われていた。「日韓断交」の絶叫に、政治的主張を装いながら「日本が嫌いな反日朝鮮人は出て行け」と、言葉の暴力を放つ。「ハナは半分、韓国人。半分は日本にいちゃいけないってことなの?」。わななく 細い肩に動揺が伝わった。

     迫害の恐怖、人格否定の屈辱。少女はしかし、前を見据えた。視線の先に、デモへの抗議に集まった人たちがいた。人数にして10倍近い「帰れコール」がヘイトスピーチをかき消す。「差別主義者は国際都市にふさわしくない」。それは駅前の使用を許可した行政 に向けられた言葉でもあった。(神奈川新聞) http://www.kanaloco.jp/article/78960/cms_id/106306

    「神奈川新聞」。ここは「朝鮮総連」と深い関係にある新聞社として知られています。神奈川新聞の記事が「事実」に基づいているかは定かではありません。


     こういう「在日韓国朝鮮人はかわいそう」というのは「同情詐欺」「お涙頂戴芝居」として在日韓国朝鮮人お得意の戦術ですね。しかしここまで「作文臭い」のは、神奈川新聞はもはや「日本の新聞社」であることさえ止めたのでしょう。 これって「記事」なんですか? それともただのプロパガンダですか? さて次はあの「朝日新聞」ですよ。

     愛知県警中署は売春目的で客引き行為をしたとして、自称名古屋市中区新栄2丁目、韓国籍の無職・李正宰容疑者(46)を県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕し11日、発表した。李容疑者は男で、ブラウスにスカート姿で化粧をするなどしていたという。

    同署によると、李容疑者は10日午後11時10分ごろ、同市中区栄1丁目にある堀川沿いの駐車場で、 警戒中の男性警察官に「どうする、イチゴー(1万5千円)、すべて」などと声をかけた疑いがある。

    調べに「間違いありません」と容疑を認めているという。地元住民から「最近、男性による売春行為があり、取り締まってほしい」と同署に要望が寄せられていた。 (朝日新聞)http://www.asahi.com/articles/ASGBC0QM1GBBOBJB00W.html

     逮捕された李正宰は「本名表示」ですから、これは在日か本国人かは不明です。在日韓国朝鮮人の90%は通名使用者ですが、残りは本名生活者です。個人的には本名生活者の韓国人のほうが「マシ」には思えますが、李正宰は「売春夫」のようですね。この手の記事は毎年見かけます。十分お気をつけくださいね! 次は「読売新聞」。


     石川県七尾市の危険ドラッグ製造工場が摘発された事件で、東海北陸厚生局麻薬取締部は、危険ドラッグを製造していたとして、薬事法違反(製造)容疑で会社役員・趙顕夫被告(48)=韓国籍=と映像クリエイター藤波(旧姓岡田)実被告(43)(いずれも麻薬取締法違反などで起訴)の逮捕状を取った。

    週明けにも逮捕する方針。 危険ドラッグ製造容疑での逮捕は全国初となる。同部によると、両被告は今年春、七尾市内の建物内で、指定薬物「4―フルオロメトカチノン」を植物片に混ぜるなどし、危険ドラッグ計約1キロ(約165万円相当)を製造した疑い。(読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20141012-OYT1T50005.html?from=tw


    「くたばれ右翼」「だまれ!クソ馬鹿」というプラカードを出しているのは在日韓国朝鮮人たち(大阪)

       https://twitter.com/rinda0818/status/521188185867436032/photo/1

  • とどまるところを知らない自画自賛

     ナルシシズムというのは、哲学的にいろいろと深い意味があるようだが、「自己陶酔」という意味でなら、共産党という政党は、まさしくナルシシズム政党である。換言すれば「独りよがり」と言ってもよい。

     今年、日本共産党は党創立92周年を迎えた。この記念講演会で志位和夫委員長が講演し、次のように述べている。「今年は、自衛隊創設からちょうど60年になります。この60年間、自衛隊は、1人の外国人も殺さず、1人の戦死者も出していません。

    これは歴代の自民党政権が立派だったからではありません。憲法9条の偉大な力ではないでしょうか」。現憲法制定時、この9条に反対し、1990年代まで9条の改正を主張してきたのが日本共産党である。まるで一貫した憲法9条擁護政党であったかのような言い分である。

     志位委員長は、記念講演で原発にも言及し、日本共産党は「人類と原発は共存できないと主張してきました」と述べているが、これは3.11の大震災以降のことであり、それまでは一貫して「原子力の平和利用」を主張していた。このことも忘れたようである。

     記念講演会でも、党大会でも、演説会でもそうだが、日本共産党はいつも最後に大ぼらを吹く。志位委員長の記念講演も同様だった。

     「私たちの綱領は、人類の歴史は本主義で終わりでない、この矛盾に満ちた社会を乗り越えて未来社会──社会主義・共産主義社会に進むという展望を明らかにしています。その未来像の特質は、一言で言えば、人間の自由、人間の解放であります。(中略)壮大な人類史的視野をもった政党が、日本共産党であります」

     綱領では、今世紀中に共産党が連合政権の一角として与党になることを展望しているに過ぎない。社会主義社会の実現などは22世紀の課題になっている。つまり100年、あるいはそれ以上先の目標だ。

     こんなものは政党の目標とは言えない。社会主義社会の実現は、もはやあきらめているのが日本共産党綱領の真実なのである。だが、これを聞いた党員は、「やっぱり共産党はスケールが違う」と感動するのである。まさしく自己陶酔の世界である。そんな党だから、党員も激減している。

     「かつて日本が、戦争か平和かの歴史的岐路に立ったとき、政党の真価が厳しく試されました。1931年9月18日、日本軍国主義が中国侵略戦争を開始したとき、これに敢然と反対の旗を掲げて立ち向かった政党は、日本共産党だけでありました」

     これも聞き飽きた自画自賛である。しかし、現実の日本共産党は未熟であったがために1935年3月に最後の中央委員だった袴田里見が逮捕され、中央委員会そのものも消滅し、有効な反戦運動を行うことはできなかった。

    政党の値打ちは反対したかどうかではない。反対するなら、それを止めさせることができたかどうかで評価される。日本共産党は、止めることはできなかった。それでも戦争犠牲者の前で「我々は反対したんです」と自慢するつもりなのか。

     消費税増税でも、集団的自衛権でもそうだ。結局、反対したことを自慢しているだけである。志位氏が言うように、この党に未来を託そうとは多くの国民は思うまい。

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41448

  • 親日作家に対する言論弾圧裁判




     国定史観に背いた者へ国家による制裁





    朝鮮日報 2005/09/02 16:12

    親日作家が敗訴 9600万ウォン賠償命令

     ソウル中央地裁・民事81単独のキム・チャンボ部長判事は旧韓末、義親王の息子である歌手イ・ソク氏らが『親日派のための弁明』などを著し、親日作家として知られるキム・ワンソプ(42)氏を相手取って起こした訴訟で、キム氏に敗訴判決を下したと2日明らかにした。

     裁判所は判決文で、「キム氏は日本軍慰安婦被害者6人にそれぞれ600万ウォン、徴用遺族5人と義兵大将ミン・ジョンシク氏の孫にそれぞれ500万ウォン、イ・ソク氏および明成皇后遺族ミン・ビョンホ氏らにそれぞれ1000万ウォンなど、計9600万ウォンを賠償せよ」と命令した。

     イ・ソク氏ら15人は、キム氏が『親日派のための弁明』とインターネットコラムなどで日本の植民地支配を歪曲して著述、名誉を傷つけられたとし、2003年5月に訴訟を起こしていた。


    朝鮮日報 2003.02.14(金) 18:46

    「独島は日本領土主張」親日作家に罰金刑

     ソウル高等裁判所・刑事12単独の尹賢周(ユン・ヒョンジュ)判事は14日、日帝の韓国支配と明成皇后暗殺を美化する本を書き、インターネットに関連の文章を掲載した容疑(死者の名誉毀損)で起訴された親日作家の金某被告に対し、700万ウォンの罰金刑を言い渡した。

     尹判事は判決文で、「金被告に対する控訴事実はすべて有罪と認められる。99年にも類似の名誉毀損罪で処罰を受けた前科がある」とし、「しかし、金被告の文章は個人的な意見で綴られ、さほど社会世論に影響を与えたとは思えないため、罰金刑を言い渡す」と述べた。

     金被告は昨年初め、『親日派のための弁明』という本を通じて、「独(トク)島は日本領土であり、李ワンヨンは朝鮮人らから尊敬された」と主張した。また、インターネットに「閔妃を暗殺した日本の行動はありがたいこと」という文章を掲載した容疑で、昨年7月、身柄不拘束のまま起訴された。

    全洙龍(チョン・スヨン)記者

    約100年前の歴史上の人物に対する名誉毀損が成立してしまいます。
    民事訴訟でなく、刑事事件となっています。

    常識の影に隠れた「真実」を明らかにする、そんな自由な歴史研究は、現在の韓国では許されません。

    韓国で最も勇気と理性を備えた人、キム・ワンソプ(42)氏 
    投獄にもめげず、頑張っています ↓

  • 日本政府に対し補償を要求??




           なぜ??




              日本の弁護士の助言???




    第2回国会衆議院本会議第55号(昭和23年6月4日、1948年23期)より


    ○衆議院議員榊原亨君
    私は、最近激増しつつあります癩患者の犯罪に対する処置並びに癩病に対する救癩事業そのものにおいて、はなはだ遺憾の点多く、これが緊急の対策を要するものありと考えますので、以下諸点につき、法務総裁並びに厚生大臣の責任ある御答弁を要求する次第であります。

    問題となりますのは朝鮮人患者のことであります。現在朝鮮人癩患者は、一療養所に約四、五百名くらい收容せられておるのでございまするが、戰前朝鮮の小鹿島にありました約六千名の癩病患者は、終戰と同時に日本人職員が引揚げたのを機会に、全部これが脱出をはかりまして、この脱出いたしました六千名の癩患者の大部分は、あらゆる手段を講じて、日本に向け多数密航してきたのであります。

    その一例を申しますると、兵庫縣の尼崎市におけるがごときものでありまして、これら朝鮮人患者は、日本において一團を組織いたしまして、不良なる日本人または朝鮮人と共謀いたしまして、いろいろ凶惡なる犯罪を犯しつつあるのであります。

    そして、彼らの一部が万一警察に捕われましても、前に申し上げた通り、何ら処罰を受けることなく、そのまま癩療養所に再び收容され、彼らはますます増長いたしまして、療養所内の秩序を乱し、勝手氣ままな生活をした後、折を見て再び三たび脱出するという順序を繰返しておるのでございまして、療養所は、この種犯罪者の安全なる温床となつておるのであります。

    これらの点につきましても何らか緊急の処置を講じなければ、社会の安寧秩序の上から申しましても、実に重大なる事態に至ることを憂うるものであります。

     私どもの見るところによりますと、近來厚生省の方針はあまりに結核対策に重点をおき過ぎ、癩対策に対しては関心がないようでありまするが、この点は、ぜひとも当局の猛省を要望するのであります。


    ○國務大臣(鈴木義男君) 
    榊原君から癩患者の犯罪について御質問でありまするが、癩患者の犯罪はまことに困つた問題でありまして、もとより檢察当局としては、区別をして取扱うようなことはないのであります。

    しかしながら、癩患者であるということを発見いたしますれば、できるだけ通常の刑務所に收容せずに、特別の刑務所に收容をするか、あるいは病院に送付いたしまして、病院について調査をし、あるいは取調べを継続するというようにいたしておるのであります。

    法務廳といたしましては、ぜひ特別の癩患者のための刑務所を施設いたしたいということで、数年前から予算を提出しておるのでありまするが、國費多端であるためと、この問題に対する認識が十分でないためと伴いまして、いつもこの予算が削られておるような次第でありまして、・・・

    みなさん、不思議に思いませんか??
    昭和20年、1945年8月15日に朝鮮半島は日本から解放されたんですよね。
    苛酷な植民地支配とやらから。

    当時朝鮮には全羅南道の小鹿島(ソロクト)に、ハンセン病患者を隔離・収容する小鹿島更生園という日本が創設した国立ハンセン氏病の療養所がありました。
    やっと苛酷な日帝からの植民地支配から脱することができたのに、どうして患者さんたちは日本にわざわざ密航してきたのでしょうか・・・
    まさか、ハンセン氏病患者さんを日本に強制連行するような奇徳な日本人は一人もいないでしょう!

    それでも彼らは強制連行されたと平然と叫ぶのです。
    それに反論すると、差別者、レイシストと糾弾されるのです。
    こんな国、世界中で日本だけですよ!
    早く、普通の国になりましょうよ!!

    榊原 亨(1899~1992) 日本の心臓手術の先駆者。福井県生まれ。九州帝大卒業、金沢医大
    助手、岡山医大外科助教授を経て外科榊原病院(現在心臓病センター榊原病院)を開設。岡山県医師会長、日本医師会副会長、国会議員を務めた。

    日本の心臓手術研究の先駆者・榊原亨氏 ↓

  • 多文化共生とは、多歴史観共生のことか??




         それとも在日の単なる方便か??




    文化の多様性とか多文化共生を声高に叫ぶ連中に限って、歴史観の多様性
    を一切認めない。 在日特有の二重人格的現象である。
    何とも自己矛盾した論法である。

    徹底して自分たちの歴史観を押し付け、それに反する歴史観を悪魔とすら
    呼ぶ。

    それぞれの文化を創り出した歴史の多様性を認めながらも、歴史観の多様性
    には極めて非寛容的であり、排外的な立場を堅持する。
    そして、素知らぬ顔をして排外主義反対と平然と叫ぶ。

    欺瞞というより、もっとタチの悪い偽善そのものである。

    多文化があればそれだけ多歴史観が存在するのは、ごく自然なことである。

    多文化共生とは在日による多文化強制を通じての日本の伝統文化の破壊に他ならない。

  • 国家反逆罪!




        国民の血税で・・・




           通敵、利敵行為ほしいまま!




              年内にも理研解体決定か・・・





    「党・軍・政」総ぐるみ攻勢かける中国に手を貸す日本の研究機関 理研の名も

    レーザー技術開発
    理研は、昨年9月10日に中国科学院上海光学精密機械研究所(SIOM)との間で
    研究協力覚書を締結した。

    レーザーおよびその関連技術の開発のために「理研-SIOM連携研究室」を上海に
    設置する念の入れようである。

    だが、人民解放軍系のニュース・サイト「多維新聞」は昨年9月17日付で
    「解放軍、反衛星兵器を開発中。高密度レーザービーム大量破壊兵器で対米攻撃」と
    題する記事を掲載。その中で毛沢東の指示によって、
    レーザー兵器開発のためにSIOMが創設されたと正体を明かしている。

    理研は「SIOMとの協力は外為法の安全保障貿易管理規則に従っている」(広報室)と弁明している。

    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140829/its14082914000002-n1.htm

    SIOMに関して: 1964年に創立された中国の一番早い、最大規模のレーザー専門研究所であり、
    現在現代光学上の最重要な基礎と応用の最先端科学を探索することによって、大型レーザー開発と
    光量子最先端技術を開拓する国家重点総合研究所です。

    以下理研の広報より抜粋
    http://www.riken.jp/pr/topics/2013/20130911_1/

    平成25年9月10日、中国科学院上海光学精密機械研究所(SIOM)において、協力覚書の調印と理研-SIOM連携研究室の成立式が行われました。本覚書は、レーザー科学研究とその関連の技術開発を促進することを目的としており、その連携研究を推進するため、SIOMに理研-SIOM連携研究室が設置されました。

    式では、中国科学院や中国科学技術部からの来賓が見守る中、覚書の締結がなされ、来賓の祝辞、看板除幕式、ラボツアーなどが行われました。

    理研と中国科学院は、1982年に研究協力協定を締結して以来、着実に協力を重ねてきました。今回設置された連携研究室は、科学院との初めての研究室になります。また、理研の緑川克美主任研究員とSIOMの李儒新所長は、長年に亘り、光学と精密機械研究において、研究交流を行ってきており、今回の連携研究室の設置により、レーザー科学研究やその関連技術開発にさらに拍車がかかることが期待されます。

    下は、上海での覚書締結調印式  ↓

本文はここまでです このページの先頭へ