ここから本文です

投稿コメント一覧 (659コメント)

  • >>No. 74

    今年は、アケビの実が沢山付きました。
    一枝から3個\(◎o◎)/!
    初めてで、夫は自慢してましたけどね、

    味は・・・ 甘味が強くて それほど美味しくはありません。

    夫の手前、当分下駄箱上に飾って置きます。
    私のささやかな気持ち。
    訪問者が欲しいと言われたら 迷わずあげちゃうわ。

  • >>No. 75

    昨日のお茶事
    久しぶりの再会にお喋りもでき 友人キャンセルにより一人参加のお茶会でしたが
    とっても楽しい時間を過ごして帰宅できた。
    すると、
    嫁ちゃんから衣装合わせのSOSが来た。
    迷っているらしい・・
    意外な申し出に驚きながらも着替えて嬉しく出向いた。

    息子が羽織袴姿でニコニコ・・ 
    七五三を想い出し笑ってしまった(≧▽≦)
    やっぱり無難なモノトーン柄を勧めたが 白もいいかも。
    私の方が迷ってしまうほど種類が多い。
    一応、タキシードも決めて仕事に戻って行った。

    次は、嫁ちゃんの打掛
    これも どれも似合っていて
    清楚な白地に大きな花文様と決め 
    後はドレス。
    これは後日と言うことになった。

    内心、母様が立ち合うのだと遠慮していたのだが体調を崩しているとのこと
    それで私を頼ってくれたのだろうけど嬉しかった。
    今後の打ち合わせ説明を聞き終わり
    そのまま「夕飯食べにおいで 有り物で作るけど」に 即「ハイ!」
    気持ちのいい子だと前から感じていた。


    私の黒留袖は今回で着終わる。
    それを嫁ちゃんに渡そうと思うことを会場で話した。
    夕飯の時、自分から夫に報告する嫁ちゃんに「高かったんだぞ 大事にしろよ 帯も貰いなさい」に
    「ハイ!」と切れの良い返事が返ってくる。

    帯?(@_@) 私がまだ締められるから考えても居なかったが襦袢も序に。
    嘘のない顔一杯の笑顔についつい・・
    まぁ、帯は仲間で使えばいい(;^_^A


    3時間居たかな?
    息子の帰宅時間に合わせて帰宅したが
    話ぶりから心から息子に惚れているのが伝わってきていた。
    安心して息子を託せられると夫に話したら
    まだ決めるには速い、と言う。
    私の感は当たるんだから~~

  • 英さん
    おはようございます~

    今日は全国的に秋晴れでしょうか?
    こちら、まだ肌寒いけど気持ちいい一日になりそうです。

    >カテゴリを終了させていただくことになりました

    調べて下さってありがとうございました。
    掲示板トップにありましたね。
    お気に入りに入れ、そこから入っていたので気付きませんでした。

    運営会社が決めた事だから従いますが 
    2000年にこのサイトを見つけて色んな方々と
    会話を楽しませて頂いていましたから ちと寂しい気もします。


    続く

  • >>No. 72

    日々寒さが増し 朝晩は暖房器具が必要になった。
    スカートの丈を足首までのロングにせねば・・

    庭の薔薇が咲いています。
    人間の血の色の花びら、
    花瓶にさすと凄く落ち着いた雰囲気になる。
    秋のバラが咲くと夏が終わる・・ クローズ!と
    誰かが言っていたのを想い出した。


    公園の桜の木々
    葉が紅葉しないまま落ち始めてる!

    花が散り、若葉と緑の葉が真っ赤に染まり
    11月には枯れた落ち葉の風景を楽しませてくれる。
    桜の木って 一年中人の目や心を誘う樹木の一つだと思うのだが
    その自然の様が変化しつつあるのも確か。




    英さん
    >この掲示板のこのサイトが今年一杯で閉鎖される

    えぇーーー! お知らせありました?
    何でだろ・・
    まぁ、事情も色々あるんでしょうね。

    ならば 
    12月までお世話になると致しましよう。


    そうそう、ジェット風呂で、
    温泉地やスパで偶にありますよね、
    私、絶対避けます。 
    心臓がバクバクするし 身体に当たると痛いもの。
    圧が強烈すぎるわ^^


    今週と来週、お茶時に出かけます。
    会場と賛同する相手が違うと着物も迷わず同じ物で・・
    その前に
    お稽古仲間の30代と40代の人からランチに誘われたので出かける予定です。
    その日はゴルフで留守にする夫が
    ランチ?またかぁ? 娘位の人と話が合うんかい?と嫌味。

    昨日はバスケの後輩が家に遊びに来た
    私としても年下の人との会話も刺激になっている。
    もちろん、
    同世代や70・80代の人とも楽しいお付き合いをしています。

    ただ、
    気を付けていることは
    なぁなぁ的にならない事、分別をつけた付き合い方をする。
    そうすると
    長ーーーい、お付き合いが合できるんですね。


    私 ただ今 忙中閑あり 
           ↑この言葉好きだなぁ~

  • >>No. 70

    まぁ!お久しぶり~ 英さんではありませんか。
    ほったらかしの部屋へ ようこそ。

    私も久々に開いたら 英さんの書き込みを見っけ!
    突然のご訪問が嬉しかったですよ~

    >ジムと主夫業と読書に専念してましてね

    英さんらしい日常生活を満喫してらっしゃって 安心いたしました。

    私、ずっと多忙の日々を過ごしておりまして・・
    来月上旬までこの忙しさが続きそうなの
    仕事と遊び、おめでたい事や趣味で飛び回っています。


    ここは、閉めたりしませんが無理しないように
    書きたい時、時間が有る時にと気楽に考えております。


    当地方、今日から当分秋晴れが続きますので冬支度週間です。
    私は、この仕事も楽しい~

    先ほど くしゃみを5回続けて出ました。
    初めての経験です・・・

    英さんも、お身体をご自愛くださいね。
    ご訪問ありがとうございました。

  • 雨・・ 寒い・・
    ドンヨリ雲を観ていると 大雪の予感が当たりませんように。

    孫2の運動会に参加するか?のメールが来た。
    爺は、私が出れば行くと言うので爺と二人で参加すると返事をした。
    正直、私が
    あんまり気が進まないのは 娘と距離を置きたいと思っていたから。


    先日のコンペで夫が貰って来た景品に 明星ラーメンと奈良の柿が一箱ずつあった。
    まず浮かんだのは、子供達へのお裾分け
    娘の会社帰りに取りに来れるかのメールの返事が来れそうもないと。
    ならば、
    BKに用があった序に 息子の処と娘の会社に出向き手渡した時の娘の嬉しそうな顔といったら
    そこで、私のわだかまりが吹っ飛んだ。
    やはり親子なんだなぁ・・


    気圧の変化で体調が左右されることが偶にある。
    軽い頭痛で薬を飲まないようにしているけど我慢しない方がいいのか?
    日頃安定している血圧も少し高め。
    もしかして
    原因はストレス? だとするならば 夫だ(*´з`)

  • 3連休が始まった。
    やっと休みらしい休みを過ごす事になる。
    夫も悪天候の中、
    取引先の恒例コンペなので張り切って6時に出かけ夕方まで留守~♪
    飲み会は無くて、表彰式のみだと聞いた。
    お土産は?参加賞のみ!なんてことないように・・・

    私は、香席のお誘いがあったが娘の入院騒ぎでキャンセルした手前
    やっぱり出る!と言うわけにはいかない。
    パソコンで映画を観て過ごしていたが、お昼頃から雨が上がった!
    でも外は蒸しているので書店へ向かい数冊買う。

    戻る道中で観た風景、
    風で街路時のススキが喧嘩をしている様に見えた。
    コスモスを探したが まだ見つからない・・

    ただ、金木犀の香りが窓を開け走る車内に入ってくる。
    観ればアチコチの金木犀が満開だ。
    何時の間に?と驚く。

    犬の散歩で、こんな風景をいち早く目にしていた私。
    稲刈りが終わった田んぼ風景も・・
    散歩が無くなったら自然の動きを感じなくなってしまっている。
    思えば、
    嫌々出ていた散歩でも得るものがあった。
    もう同じコースを歩くのは・・無理。
    だから2キロ太ったんだけどさ・・(-"-)

    さてと、
    明日のお茶会の準備を終えたら
    夕飯の準備を早めにして
    長ーーーい夜を過ごそっと。

  • 北海道に雪が降ったと
    富士山の初雪もそろそろかな?
    どうりで寒いや。

    昨日、墓参りを終え
    振り返ると友人が建てたご主人用のお墓が完成されていた。

    刻まれた文字は・・・家と一字が同じ。
    偶然に同じ通路で斜め向かい合うのだが
    友人からは一応断りの連絡が来ていたから何の問題も無い。

    彼女の精一杯の気持ちのお墓だった。
    ご主人が此処が良い・・と言い残して逝ったというので考えたのだろう。

    合同墓地のような物が増えている中で
    個人で墓を建てる事は時代遅れなのだろうが
    ご主人の希望を叶えてやりたい気持ちがそうさせたと思う。
    それにしても
    子供達が県外に住むとお墓の処分も大変だなぁ・・

    しかし、此処は管理が町内会がしている。
    管理費2000円が払えなくなったり、守り人が居なくなったら合同墓地に移され
    その後、更地となり新しい人へ渡されるのだ。

    ここで、私は違和感を覚えている。
    町内以外の人が権利を買うってどうなんだろう。
    町内会で管理され 安い費用で誰でも使用できると言うのは?
    総会で質問が出ないのは?
    きっと、
    空き地が増えたり建てない人も増えた現実なのだろうが・・
    代々続く家は別として、新しく来た我々のような人達はどうする?
    町内でも老人が多くなり何時かは必要、
    いよいよ墓を必要とした時
    空き地が無い!なんて事はあり得るのだろうか。


    さてさて・・
    最近は「終活」なる言葉が飛び交っている。
    私にも現実は来る。

    誰もが子供達に迷惑をかけないようにと考えているようだが、
    自分を犠牲にして懸命に子育てした時代を子供たちは覚えていないのか?
    便利な時代に育ったお子達は 少々の遺産でも騒動になるらしい。

    子供に頼りたくない・・
    と言う世代の人ほど苦労をしてきたはず!

    今度は子供が親の面倒を看るのは当たり前! は通用しないのかも。
    お子達から 何で? と質問が出そうだ。

    姉がよく言っていた「結局お金!自分を守るには絶対必要」
    (-ω-;)ウーン
    そうなんだろうね~

  • 今朝はドンヨリとしたお天気で肌寒い。
    厚手の長袖を出したら丁度いい。
    そろそろ、イ草敷と藤テーブルをしまおうか・・
    電気カーペット出そうか・・
    身体を動かすにはこの位の気温の時が良いかも。

    今日からお彼岸入り
    お墓参りをしてこよう。
    母が寂しい思いをしてるだろう?
    これは私の勝手な思いだけど・・
    生前、母から受けた事を思えば気が向かないのが本当だろう
    やっぱり親子なのだろうな、仏壇にお参りする回数が増えた。

    娘と私の関係
    最近の娘は、息子と差別されたようなことを今更ぶつけてくるようになったのだ。
    同じにしてきたと思うが・・
    何なんだ? 何が気に入らない?
    帰宅の遅い婿ちゃんなので
    娘が一人で仕事しながら子育て、家事を熟す中でのストレスが溜まっていたのだと思う。
    その心の不満が爆発し 体調を崩したのっだろう・・
    私なりに娘家族には手を貸し援助してきたつもりだが
    息子の結婚で
    私が嫁ちゃんと仲良くするのが気に入らないヤキモチ? まさかね~
    少し、そっとして置こう。

    さて、お墓参りへ。

  • 朝晩の寒暖差の激しい事・・
    体調に気を付けないと!

    昨日、久しぶりに遠方まで出かけて来た。
    高速もさほど混まず、
    青空の下で鳶や白鷲が飛び交う姿を追いながらの運転は楽しいドライブ気分。
    目的地まで休まず直行、帰りにはパーキングで一腹。
    県外ナンバー車が多く営業マンらしい人らも休憩しているのを見ていると
    仕事帰り?それともこれからお得意様へ? 何となく表情で伺えます。
    車内でアイスを食べながらの人間観察も面白い。


    帰宅後娘からメールが来た。
    卵巣が腫れ熱と痛みで即入院・・・
    え~~~~っ?Σ(゚Д゚) 
    前日の敬老の日には娘家族と外食をしたばかり、その時は何の症状も無くパクパク・・
    日頃食べられない物を注文し食欲はあったのに。
    朝になって急に症状が現れたらしい。
    また私の出番か?と覚悟をして婿ちゃんに電話したが数日で退院らしいので・・
    じゃ、今回は自分達で乗り越えるんだな。と判断したが、
    知らんふりもできない。

    今朝、お見舞いに行ってきたら
    点滴のみでお腹が空いたぁ~~!(o|o)
    まぁ 大したことないな・・と
    感じたが痛みはまだあるみたい。

    昼食からお粥が出て熱が下がったら帰宅できるとの事。
    手術をしないで済むなら明日には退院?

    一応、息子のと我々のお見舞い金持ってきたけどと・・・
    バッグから出そうとしたら笑顔になり目が輝きだした。(@_@)
    数日の入院ならどうしようかと迷いながら
    引っ込めるに引っ込められず渡してきた。

    住宅ローンと教育費で貯金ができない状態の生活のをしているのは理解していたから
    出すべき時は出し、米代など貰うべき時はちゃんと貰い。
    その辺の区別は息子にも同じようにしている。

    そろそろ
    我々も老後の資金繰りの事も考えなくてはならない。
    老後破綻で子供にお金を無心することもしたくはない。
    これからも
    子供たちとは良い関係を保ちたいのです。

  • 秋雨の土曜日
    朝晩涼しくなったが 日中は半袖が手放せない。

    夫の実家から今年のお米ができたと連絡が来た。
    今年は稲刈りが早く終わり
    お米の出来も上々で少し値上げを願われた。
    それでも市場に出てる値段と比べたら安い!
    混じり気のない100%コシヒカリで無農薬に近い状態で育てられたお米を
    今年は26袋・・
    身内と友人に頼まれ、これだけの数になってしまった。
    一度には無理なので米用の冷蔵庫に保管もお願いした。
    早く食べたい新米~♪

    お米繋がりで、最近の私は玄米に凝っている。
    体重2キロ減と糖尿病予防に炭水化物を控えようとしています。
    甘党の私にお菓子を取り上げれられたら生きて行けない・・
    できるだけ洋菓子を控え、アイスなども断つ!

    さて この決心が続きますか・・な。

  • 清々しい朝です。

    今年も県外の千葉の友人から梨(あきづき)が送られてきた。
    今朝早速いただいたらジューシーで甘い!美味しい~
    初めて聞く種類で見た目も中身も豊水に似ていて甘さは豊水より多いかも。

    毎年、この時期になると送られてくる切欠は
    年間分のコシヒカリを注文受け 
    夫の実家から買いつけ送っていたのだ。

    前は、県内の親戚から買っていたが
    味が同じなのに高いから家に注文するようになった。

    友人は、県内出身で数年前までお墓参りや旅行を兼ねて米買い付けに来ていたらしい。
    ご主人が体調悪くしてから来られなくなったのもあるが
    やはり・・
    値段も関係あると思う。


    今年も上京して3人で再会を楽しむ予定だったが 
    静岡の友人が、ご主人の介護が始まったため
    寂しいけど当分3人揃う事はないだろう・・

    年末~年明けに姉のところに宿泊する計画中
    折角だから東京で2人で会おうという事になっている。
    行事になってしまっているから続けて静岡の友人が戻って来れるようにしたい。


    あぁ・・
    またまた出て来たスポーツ界のパワハラ。
    まだまだ出てくると思う。

    受けた側、加害者側の意見は様々。
    その時代では当たり前だった事が今は通用しない事を知るべきだ。
    昔の栄光を手土産に居座る地位と名誉。
    それでも結果が出るのだから面倒なんだろうな・・

    年寄りと釘頭は引っ込むが良し
    そろそろ若いコーチに任せ 
    必要とされた時に意見をする姿のほうが美しいと思う。
    陰の力をマスコミだって取り上げてくれるのに。

  • 久しぶりに日の出を見た。
    この太陽の温かみをガラス越しに受けたら
    昨日の体調を崩したことが嘘のように気分が良い。

    昨日の早朝 頭痛と吐き気に襲われ寝ても寝ても眠い。
    頭痛薬を飲んで再び夕方まで眠ったらやっと夕飯が作れるようになったのだが・・
    夫は、気の緩みと仕事が嫌だって心理が働く。と言うのだ。

    昨日は 遠方まで夫の手伝いの予定だった。
    仕事終了後に温泉に行くつもりで準備までしたので
    そんなに嫌気は無かったと思うが?
    良く考えると
    夫の言い分が図星のように思われる。
    正直、夫と仕事に出るのが気が重い。
    仕事中の夫は威張って言葉がきつく手伝うのが嫌になる事が繰り返されていた。
    正直な私の身体が反応したのだろうと察する。
    それを夫も自覚始めているみたい。
    丁度良くバイトが見つかり助かったが、きっと年末まで数回の出番がある。
    嫌々病にならないと良いけど・・・


    やっと過ごし易い季節になって 
    アチコチから嬉しいお誘いが来る。
    久々に会う友人や仲間と家の事を忘れて弾けたい。

  • 今日も雨で、少しの風でも冷たく感じる。
    一雨ごとに秋に近づいているのは確かのようだ・・
    夫たちは仕事に出かけ事務所は静かです。


    全米オープン女子シングルス決勝
    二十歳の大阪なおみ選手が優勝した。
    素晴らしい!
    子供の頃からセリーナ選手に憧れその人に勝ったのだから尚更だろう。
    一生忘れられない思い出となるね。
    被災地の北海道に住む祖父も大喜びだろうな~


    昨日訪問した友人が野菜をたっぷり持参してくれた。
    雨の中畑に出るのが嫌だったけど私の顔が浮かんだらしい。
    その気持ちがとっても嬉しかった。

    私の着物バッグと草履を貸して欲しいと願われ
    秋には茶会や息子の結婚式が控えていたので
    私が必要な物は残して 
    あるだけの物を見せ彼女に選んでもらったら喜んで幾つか持ち帰った。

    彼女とは47年以上の古い付き合いになる。
    実家が農家で部活を終えた後に 仲間と稲刈りの手伝いをした覚えがある。
    未経験の我々でも少しは役にたっていたのだろうか?
    その後に頂いた御飯が美味しくて 特に春雨サラダの美味さが記憶にある。


    今月お彼岸の頃に町内のお祭りがある。
    今年は、孫達を呼んで出店に行って観ようかとおもう。
    寄付をしているので抽選会に参加できるのだ。
    抽選で当たりますように・・と願って当たったためしがないから
    どうせ当たりはしないだろう・・
    で、何か当たれば嬉しさ百倍!\(◎o◎)/!
    結局、当たるように願っているのだから人間の欲は奥深いですね~

  • 今日は土曜日
    世間では休みの人も多いだろうが私は事務所にいる。
    明日も明後日も・・ 

    朝から雨が降っていて湿っぽい。
    こんな日は床下換気扇と除湿器を回しながら洗濯物も屋内干しだ。

    昨晩、友人からメールが来て今日訪問したいとのこと。
    前の職場の創立記念でパーティに呼ばれて着物で行きたいとのこと。
    そこで、私に何を着たらいいかを参考にさせてほしいと。
    で、着物はレンタルで私の意見を聞いてから選びたいって。
    自分の着物だと手入れなどが面倒だからレンタルは気楽でいいらしい。
    確かに、一度来たら手入れが必要、これも負担が大きいのも確か。
    私の場合は、知り合いのお陰で20パーセント引きできることもありがたい。

    その着物選びは貸衣装屋さん?の質問に  
    ネット! ・・(@_@) 
    そうか我々の世代でもネットなのかと改めで時代を感じる。
    買わずとも手入れいらずで安く上がり。
    それに同じ着物は着なくていい訳だからね
    私は古臭い人間になってしまったのだろうな・・

    ふと呉服屋さんの売り出しで買ってしまった後悔も浮かび上がったが直ぐに消した。
    確かに自分に似合うものを進めてくれるし
    色んな相談もできる店員さんとも顔なじみで友人感覚になり、細かい事でも頼めるのだ。
    もう充分!もう買わない!と何度決心しても見たら欲しくなる。
    もう売り出しには行かない!今度こそ! 
    揺るぎない決心で老後破綻にならないようにしないと。

    レンタル着物・・・
    良いアイデアだ!
    もっと早く気付けば良かった。
    今更だが これも人生のお勉強だ。

  • 今日は、降ったり止んだりのお天気の一日の予報が出ています。
    やっと気温30度超えの日々を乗り越えた。
    なのに
    朝刊の北海道の地震前と地震後の写真が載っていた。
    それを見た時、動悸が起き恐怖感が蘇った。
    過去の震度強の経験を想い出した。
    これからも余震が被災地の人達を襲うのかと思うと涙が出てくる。
    同じ経験をしているからこそ理解できるのだ。
    高温被害農家、台風災害といい今年は災害が多い年になった。
    どうか復興に向けて立ち直って頂きたい願いです。

    昨日のお稽古は賑やかだった。
    台風の影響で曜日を代えた人が多く、一番に入った私はエアコンが効いていて寒い位だったのに
    その内、一人二人・・・
    終わる頃には額に汗流して膝の上にポタポタ。
    集中心が切れた一瞬 ミスった!
    次回は新しい手前に入ると聞いていたので
    今回で完璧に終わらせたかったのに残念~

    外が暗くなってきた。
    今日は外出しないで静かにして居ましょ♪

  • 歯科医院に向かう車の中からススキが風に吹かれて同じ方向を向いている。
    この時季の毎年の風景だ。
    去年まで犬の散歩で四季を感じることができていたが
    最近は目に留まらないのだ。
    なんだか・・寂しい気分。
    こんな時はパン作りだ! ただ今コネコネ中で夕飯前には完成~
    一晩寝かせて朝食用に。

    台風
    他の地域で、大災害を撒き散らしながら去って行った21号。
    我が地域ではさほど影響なかったように思う。
    夫は暴風雨で何度も目が覚め眠れぬ夜を過ごしたと言う。
    寝る前に避難場所を確認していたので
    その気でいたのだろうか?
    私は行く気などなかった。
    此処は洪水の心配もなく雪国造りの家なので飛ばされるなんてあり得ない。
    と、信じてはいても世の中想定外はつきものなのだろう。

  • 暑い日となりました。
    台風対策で植木鉢やスダレなどを片付けたら部屋に日差しが入り明るい。
    こんな明るかったっけ?と夫と会話中に
    裏宅の奥さんがベランダで干し物をする姿が観える。
    あちらも観えていたはず 
    意外とこちらが考えるほど観ていないものでしょうが・・
    裏のお宅の二階が家の一階の高さだから窓が向きあっていれば丸見えだろう。
    幸い、少しずれて建てられている。
    それって早く建てた者勝ちかも!

    それにしても、軽い労働でも玉のような汗が出る。
    お昼までに2度シャワーした。
    気温30度超えなら当たり前の話ですが
    事務所はモーレツな暑さです。
    この暑さ、台風が去れば収まるのかしらね~


    仕事を兼ねて書店へ向かった。
    4冊ほど買いレジに行ったら・・・
    お金が足りない! アタフタしてカードでもOK?に
    レジ係の人が笑顔で両手でOK!
    その仕草に一瞬怯んだが安堵。
    これからは
    出かける前には必ず財布の中身を確認しましょっと。

  • 久しぶりに清々しい朝を迎えています。

    台風が気になり 
    家周りを点検していたら裏のお宅の奥さん同士(A宅とU宅)の会話が聴こえた。
    窓越しに朝の挨拶をしている様子なのだが・・・
    A宅の奥さんの声が初めて聴く高音で朝から元気!
    今まで耳にしたことのない言葉「おっはよ~~~~ん!」
    どちらかと言うとつっけんどんな話し方をする人なのに
    きっと何か良い事があったのだろうと勝手な想像。
    だけど、
    そこで不思議に思ったのが
    本来U宅の奥さんの方が何時も元気で近所にも響き渡る声だったはず
    その声に力が無く とても静かに会話していた。
    昔の病気が再発か? 等々こちらも勝手な想像ですが・・・

    そろそろ、夏物の片付け準備を始めた。
    季節の変わり目に最初にしているのは、床の間の夏飾り。
    9月だから浴衣、透ける着物や帯類もお呼びではない。
    来年また飾れるように、着れるように大切に保管。

    昔から何でも物持ちが良かったのだが
    最近は特に洋服のバーゲン物を買う。
    この度も通販で夏物50%引きの売れ残りを数枚買った。
    来年用に・・・

    5年着ない 使わない物は捨てることにした。
    これは思い切りが大切だと聞いている。
    高かった、また何時か着る!使う!
    しかし、現実は?  
    着ないし使わないのだ。
    まだ、捨てるに捨てられないスーツやコートがある。
    決心がつくだろうか・・・


    今日は日曜日
    まだまだ休めない日が続きますが 過ごし易くなってくれたので有りがたい。
    もう少し!と
    協力業者の若者たちを励ましています。

  • 今日から9月
    今年も後4カ月で2018年が終わる。
    来年は新しい年号も始まるし来年は良い年になりますように・・

    深夜にエリアメールが鳴った。
    深い眠りについていた時である。
    驚きで心臓がバクバク・・
    市内に洪水・土砂災害警報が発令された。
    幸い 私の地域はどちらも心配はないのだが、
    山川沿いに住む人たちは心配で眠れる夜を過ごしたことだろうと察する。
    またか・・
    と、他の地域で繰り返しの災害に涙する人たちの映像をみて本当にお気の毒に思います。

    先月入籍した息子夫婦、式はしないと言っていたけど
    せめて写真位は・・
    それなら両親位は・・
    序に兄弟家族位は・・と嫁ちゃんが言い始めた。
    女性なら一生に一度だ、当然の思い。
    そこで出たのは
    両家の親せき、恩師、友人等々は? と話の流れが進む。
    嫁ちゃんはそこまで考えていないようで
    私は、正直安堵した。
    大勢になると面倒な親戚関係の接待を私一人がやらなくてはならないのである。
    遠方からの親戚を自宅に泊めなくてはならない。
    娘の式の時に散々な思いを経験していたから
    この度の嫁ちゃんの思いに感謝。
    そして
    豪華日本庭園で古典的な雰囲気の式場の名前が出た。
    おっ!聞いた事が有る!
    お茶会会場にも使用されていたが私は一度も行っていない会場だ。
    嬉しさと期待感が生まれ、箪笥に仕舞ってある江戸褄が脳裏に浮かぶ・・
    袖を通すのもこれが最後だろう。
    着付けの稽古もしないと・・

    秋は、バイトメンバーが減って私の出番が多くなり趣味でも行事が多い季節。
    だけど、嬉しい忙しさはいいものです。

本文はここまでです このページの先頭へ