ここから本文です

投稿コメント一覧 (1267コメント)

  • 此処はワテの思う「安値圏」にあるとは思うのやが。買うにしても一度に買わん事やで。640円台で少し買ったのやが。未だ、何がしかの下値があるかも知れんし。様子見ながら少しづつやで。又、底を確認でけても。余程の強力材料でも出ん限り。一挙に100円高する等ありえん事やし。それなりの時間が掛かる事も覚悟してるで。

  • 「株で大事な事は。株価の一サイクルの中での安値圏で買う事」
    ソロソロ安値圏接近やろか。ここから買い場探しになるとみてるのやが。ドナイになる?

  • 株で大事な事は。株価の一サイクルの中での安値圏で買う事。ホンで上げ止まったと思うたら。一部でもエエからキッチリ利確する事。
    詰まりは。「儲けよう」と思わんで。「損をせんように」を心がけることやで。大勝は無いかも知れんが。損を抑えて確実に利を積み上げる事やで。

  • ヤマシンは今日の下げで天井打ったように見えるのやが。ドナイになる? 全て手仕舞い済なんやが。

  • 絶好の買い場やで。ここで買えば儲け出せる確率大きいで。

  • ワテはここに新たな買い手が現れて。730、750・・・と上値を買いあがってくれること願ってるで。ワテ自身は今の値段でよう買わんけどな。

  • ヤマシンフィルタは今日も新高値更新やないか。昨年11月に注目してから。2.5倍にもなったやがな! ホンマ強いで! もうソロソロ限界にも見えるのやが。ドナイになる?
    トランプ政権発足時から言われてきた景気浮揚策を含む新施策。大幅減税、巨大インフラ投資、軍事力増強、移民の制限。貿易不均衡の是正等々。日本ではインフラ投資関連の目玉がヤマシンやったということやろ。

  • トランプ氏とロシアとの関係。大統領選挙中もそれ以前からも謎が多いで。以前から。プーチン大統領がヒラリー・クリントン氏の大統領選を妨害しようと。米民主党にハッキングを仕掛けるよう指示を出したと言われているが。又、先月、国家安全保障問題担当補佐官、マイケル・フリン氏がロシア政府関係者との交信取ってたとの疑いで辞任したやが。その他、トランプ氏側とロシアとの秘密交渉の交信が有ったとの噂が絶えないようやで。トランプ政権のアキレス腱とならねばエエのやが。株価に悪影響出ないようにトランプ政権の更なる安定を事願っているのやが。

  • ほほう~ 「証拠隠滅しておきながら因縁つけないでね」とか。よう言うわな。今回の件を見てもわかる通り。個人宛でも何でもないワテのカキコに先に因縁つけたのはあんたやで。前回も全く同じやったで。その人の意見に絡んで来て、罵詈雑言を浴びせかけてな。最後は馬鹿呼ばわりするのや。これまで、ワテ以外に何人も。人の投稿に先に絡んできて、難癖をつけてるで。そのやり方は変わらんで。自分の意見は全て正しくて。それ以外は皆、馬鹿言うてるとな。他人絡んで、攻撃するその精神構造は一生、治らんやろや。以前、ワテの事を「金の亡者」と決めつけて、吠えまくったが。あんさんは何のために株をやるのかいな? 結局は金を儲けたいの一心からやろが。ホンで、毎日、毎日。シグマの株価を見ているのやろが。ホンマにΣという会社に貢献したいのなら。何もΣ株を褒めはやして、他人に推奨する必要も無いし。毎日、株価を見る必要も無いで。

  • たまちゃんとか。ワテの事「バカソロに似てる」とか。よう言うてくれたで。ホンマ、その度胸に感心するで。ところで、しき姐やがボロカスにしてたgumi。大当たりしたやないか! 大したもんやで! エエ気分やろ。シキちゃんご推奨のここΣも大当たり間違い無しということかいな。もう一つの推奨銘柄のQPはどないしたのかいな?未だ持ってるのかいな? そう言えば、しき姐やの腰ぎんちゃくであった精華もとっくに消えてもうたし。もう一人のしき信者であったchocolateもここにはカキコせんようになったし。シキ信者で残っているのは。他にtou氏位のもんかいな。これまでのしき姐さんのカキコはホンマ勉強になるで。あんたらしきちゃん信者はしき姐さんにお礼言わんとあかんで!

  • シキ姐さんや。あんさん、以前、ワテがシグマの損切の嘆きをカキコしたら。「ここのスレッドはあんただけのもんやない」と、非難の連射法を浴びせてくれたで。ここはルールを守れば、何を言うのも自由やが。最低の礼儀というもんもあるで。何も個人攻撃をする訳でもない単なるその人の考え・意見に対して。こんな事しか言えん姐さんの精神構造はド何になってるのかいな。。
    >いやいや、バ○ソロよりもあたま悪いし質(たち)も悪いと思うわ。。。。

  • シキ姐さんお久やな。そう言えば去年の10月の末にかけて。ここを790円台で買ってしもうて。翌々日に損切りしたとき。ワテの阿保さ加減を此処で嘆いたら。ワテの事「拝金主義・金の亡者」とかボロクソに攻撃・非難してくれたでや。以前からもここの読者なら。当時のやり取り読んでるもんもいるやろ。その後も。株価が動いたり、決算前になると。チョクチョクカキコしてるようやが。ホンで、自分の考えに沿わないカキコには相変わらずの攻撃砲を打ち込んでいるようやな。姐さんのお陰でエエ勉強させてもろうたで。ここの読者の中でも姐さんのカキコに感謝してるもんも多いやろ。何事もそうやが。株はあれこれ理屈つけても。結果が全てや。姐さんの予測する此処が3,000円に早く到達する事を祈ってるで。

  • ワテのようなボンクラで阿保が株やると。一時は儲けることあっても。結局は大損をこくことになるで。何度失敗したことか! 何年もかけて、いろんな本も読んだりして。考えることでけるアラユル方法を使って。アレコレやってみたのやが。結局は損が膨らむばっかりやった。ある日、何年も見たきたチャート(日足)をフト、別の観点からみたら。ある事に気が付いたで。「そうか! そう言うことやったのか!」とな。株言うもんは何日かかけて上がると。やがて頭を打って、下がりだす。ホンで、何日かかけて下がると。底打って上がりだす。それを繰り返すで。途中持合いとなる事も含めてな。詰まりはサイクル運動をしてるとな。ならばその一つのサイクルの下値圏にある時に買えばエエのや!問題はどうやってその下値圏を判断するかやが。そこに日柄整理(調整)と値幅整理(調整)と言う考えをしたらエエのや!とな。
    ホンで、材料株の飛びつき買い。下落途中の根拠の無い買いせんようになったで。デイトレも止めたし。余程のこと無い限り。値ごろ感だけの空売りもせんようになってな。今はこの手法で。如何に下値圏を判断するかに専念して、買うことにしてるで。

  • 株の成否は買いのタイミングが殆どを決定するのやが。大事な事は中途半端なとこを買わん事やで。飛びつき買いも勿論厳禁やで。株価は大なり小なり上げ下げのサイクルを形成するので。一つのサイクルの底値圏に来たとこを買わなあかんで。底値圏を買うことさえでけたら。瞬時含み損でても。直ぐに含み益出すことになるで。含み益があれば、自由な行動取れるし。毎日嫌な思いをせずに済む。含み損を抱えた長期塩漬けだけはしたらあかんで。もう一度。中途半端なとこを買わん事。

  • ここは中途半端な位置にあるで。上に行くには一旦下値押しせんと動けんように見えるのやが。確かに今買うなら、他になんぼでもエエのが有りそうやで。時間的効率も考えんとな。

  • Σは中途半端な位置と見てるで。この先上がるかも知れんし、下げるかも知れんで。ワテはこれまでと同じ。今、買う事無いで。上げるとしても、当分大きく上げることないやろし。

  • igaさんお久やで。ワテ、夜に酒飲んでて、倒れてもうて。暫く病院で過ごしてたのや。体の調子悪くてな。もう歳やさかい。先、短いかも知れん。ヤマシンは先月末にかけて、すべて売ってもうたのやが。その後、押したとこ買おうかと思ていた時に倒れたんやし。その後も強い動きで驚いてる。ここからは怖くてよう、買わんけどな。ソフバンGは動きが止まったようやが。暫くは調整が要るよな感じやが?明日の トランプ演説で期待感の出尽くし。下げに入ると見る向きも多いのやが。ドナイになる?

  • 個人投資家説明会資料。
    今期の上方修正はともかく。来期・来々期の業績予測。素晴らしい伸びでは無いか!
    今日買うべきだったのか!!!!
    あすは高いのだろうが。動きを最大注意して、監視するで。中期で5,000円以上も十分望める数字だが。

  • ■トランプ大統領の金融規制緩和策も追い風にまず分割権利落ち後高値奪回に再発進
     
     株価は、昨年10月に公開価格1400円でIPOされ、初値は公開価格を下回る1390円でつけ、その後の前期の2016年1月~9月期(第3四半期、3Q)業績の高利益進捗率や株式分割を歓迎し、期末配当の権利取りも加わって上場来高値4500円まで買い進まれ、IPO株投資の投資セオリーとされる「小さく産んで大きく育てる」通りの株価推移となった。株式分割の権利は4200円で落としたあとは、落ち後安値1360円から落ち後高値2259円まで6割超高して、足元では2000台固めから下ぶれた。株価水準は、25日移動平均線からは10%超の下方かい離と下げ過ぎを示唆している。トランプ大統領の金融規制緩和を追い風に権利落ち後高値2259円抜けから中期的には分割権利落ち埋めを目指そう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • 前より続く
    ■前期業績はIPO予想を上ぶれ着地し今期はさらに最高益を伸ばし実質増配と観測報道
     
     同社の前2016年12月期業績は、営業収益が、IPO時予想を2億5000万円上ぶれ25億2100万円(前々期比23.1%増)と連続増収率を伸ばし、利益も、同じく1億3800万円~2億円上ぶれ営業利益12億4800万円(同41.2%増)、経常利益12億4800万円(同38.7%増)、純利益8億5400万円(同37.6%増)と大幅増益転換して着地し、純利益は、2014年12月期の過去最高(7億3900万円)を2期ぶりに更新した。同社は、国内外の投資家の資金を投資事業組合などのファンドを通じて運用するファンド運用事業と自己資金を運用する自己投資事業とを主力事業としており、ファンド運用事業では、新規組成したファンドの管理報酬や、管理運営ファンドの投資資金回収に伴う成功報酬などが発生し、さらに円高進行により管理運営しているSpring REITの管理報酬の円換算額が増加したことが、上ぶれ着地につながった。
     
     今2017年12月期業績は、ファンド事業が、経済環境や株式市況、各国の政治状況などの影響を受け、現時点では成功報酬の動向など業績予想を合理的に行うことは困難として非開示とした。ただ日本経済新聞の業績報道では今期も続伸、純利益は、10億円と連続して過去最高を更新すると観測されている。また配当についても、会社側は、前期に45円(前々期実績0円)として実施し、今期は未定としているが、これも日本経済新聞では17円と予想、昨年12月31日を基準日に実施した株式分割(1株を3株に分割)を換算すると実質で2円の増配となる。

本文はここまでです このページの先頭へ