ここから本文です

投稿コメント一覧 (774コメント)

  • アルデプロ株主資本比率17.4%。
    株主資本比率10%~20%で2002年から2018年の17年間で倒産した割合は17%程度。
    ITバブル崩壊やリーマンショックが在ってこの程度、簡単には倒産しません。

  • 募集新株式および第8回新株予約権の発行と整合性が取れない、
    A種優先株式およびE種優先株式の取得は、暫く無いのか?

  • もっと株価が下がったら、募集新株式および第8回新株予約権の発行価額や権利行使価額の見直しをするかも知れませんね。

  • 募集新株式および第8回新株予約権を割当てたのは良いが、12月3日の申込期日&払込期日に、株価が53円を大幅に下回っていたら、発行出来ない可能性が有りそう。

  • 2014年7月末 株価169円 1株益7.11円 PER23.8倍
    2016年7月末 株価120円 1株益13.21円 PER9.1倍
    今期予想1株益3.10円から、株価は28円~74円
    不動産株PER中央値11.4倍から、株価は35円

  • 「A種優先株式およびE種優先株式の取得に関するお知らせ」が、
    今月の中頃にある気がします。

  • 株主総会で行使された議決権 196.7万個(57.6%)
    (内筆頭株主グループ   170.1万個)
    (内筆頭株主グループ以外  26.6万個)
    未行使議決権        144.6万個
    総議決権          341.3万個
    筆頭株主グループ以外の議決権行使割合
    26.6万個÷(26.6万個+144.6万個)=15.5%

    総会の議決に関して、多くの人の関心は薄い。

  • 金融庁のEDINET
    http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/

    書類簡易検索

    提出者 アルデプロ
    大量保有報告書 にチェック
    提出期間 全期間

    で検索してみてください。

  • 拝見して、今、気づきました。
    平成29年7月31日現在の秋元氏の持株数は間違いですね。
    2017年9月19日に750万株×113円を売却した後のものです。
    9月下旬か10月初めに資料を作る時、最新にしてしまい、間違ったのでしょう。

  • 株主総会
    10月25日(木)、ベルサール西新宿ホールにて。
    会場の出席株主数は60数人/座席数237席。
    議決権行使書、インターネットを含めると3,848名?で約201万個?。
    10:00~10:12 監査報告、事業報告等を説明。
    10:12~10:16 議案を説明。
    10:16~10:45 質疑応答、質問者8人で9問、打切り無し。
    Q1、配当、株価について、どう感じているか?
     責任を感じている。株価も気にかけている。
     新体制で新経営計画、成長戦略を立て進めていく。
    Q2、信頼できるIRにして欲しい。主な資産の明細を出して欲しい。
     相手先の関係、細かい物もあり、公平性から出していません。
     引き合いがあります。
    Q3、IRザックリしている。
     守秘義務契約もあり、個別に詳細は開示していません。
    Q4、A種優先株とE種優先株の取得は出来るの?
     今期中に取得、消却予定です。
    Q5、オリンピック後の不況対策はどうするのか?
     今は資金回収を優先しています。
    1等地は影響が小さい。慎重に進めます。
    Q6、配当、来期は出るのか?
     配当性向20%目標にしています。出るかは業績によります。
    Q7、従業員16人でどのように仕事しているの?
     外部の不動産業者も活用。即戦力の募集もしている。
    Q8、業績厳しいから、総会の外部警備員を無くしては?
     総会は重要と考えています。万一支障があると困るのでお願いしています。
    Q9、太陽光発電等について?
     多角化で業績を安定させたいと考えています。
    10:45~10:48 採決を行い、全議案可決。
    (役員、監査等委員紹介はその議案可決時に行った。立ち上がり顔を見せ会釈。)
    株式市場では、日経平均が800円ほど下げた様だが、総会は滞りなく終了。
    お土産等は、無し。

  • 総会出る権利を持って居る人の多くが株を売ってしまい、
    最近買った人は、損だろうが出席の権利は無い。

  • A種優先株とE種優先株合わせて配当金は、427万円。
    A種優先株とE種優先株を強制償還すると取得費は、合わせて約13億円。
    利回りは、427万円÷13億円=0.33%
    借入金の平均金利約3.0%より、格安ですね。

  • 権利落ち以降の出来高         3億679万株
    筆頭株主グループと自己株を除いた株数 1億7160万株

    10月25日(木)は、株主総会。
    権利を持って居る人の多くが株を売ってしまい、出席者は少なそう。
    会場へは、50人以下だろうか?

  • A種、E種を高く売る
    E種の議決権が減る
    DPで安く買う?

  • >PER:10.65倍    会社四季報による業績予想に基づく1株益使用
    >PBR: 3.54倍    前期末BPS使用
    IRで40億円の赤字が公表されている後に、それを考慮せずにレポートを出している。
    投資顧問はそれでも良いのか?

  • 現在保有物件の主なもの         「推定原価合計157億円」
    (注.「推定原価」は、適当です。漏れや間違いあるかもです。)
    ①子会社日本住宅開発(SPC)     「推定原価77億円」
     2017年7/14 仕入契約、9月末までに決済予定
     2017年10/31 1都1道2府34県418物件から、210物件の内203物件取得
     アルデプロの出資19.63億円(53.6%)
     その他株主の出資17億円(推定)
     2017年10/31 48.4億円借入(社債)
    ②自社保有物件             「推定原価80億円」
     2016年3/31 仕入契約、5月末までに決済
     2017年11/10 売却契約解除 77.33億円以上の金額
     東京都港区 総床面積3085.58㎡ 地積810.64㎡
     東京都港区 総床面積883.43㎡ 地積261.00㎡
     違約金 売買代金の20%相当額を請求検討

    高値掴みかも知れない。損切りしたら、債務超過に成りかねない。

  • また、年末か来年に増資(Dパワー38億円分想定)があるだろう。
    筆頭株主Gの議決権割合を50%未満にするとすれば、総会以降、
    増資で増える分の半分(約4000万株)くらいAさんが売ると思う。

  • レジデンス、今期の売却が黒字か分からない。

  • 現在保有物件の主なものは、こんな感じだろう。 「推定原価合計174億円」
    (注.「推定原価」は、適当です。漏れや間違いあるかもです。)
    ①子会社日本住宅開発(SPC)     「推定原価79億円」
     2017年7/14 仕入契約、9月末までに決済予定
     2017年10/31 1都1道2府34県418物件から、210物件の内208物件取得
     アルデプロの出資19.63億円(53.6%)
     その他株主の出資17億円(推定)
     2017年10/31 48.4億円借入(社債)
    ②自社及び子会社中央マネジメント保有物件 「推定原価15億円」
     2017年7/14 仕入契約、9月末までに決済予定
     1都1道2府34県418物件から、105物件の内残り39物件
    ③自社保有物件             「推定原価80億円」
     2016年3/31 仕入契約、5月末までに決済
     2017年11/10 売却契約解除 77.33億円以上の金額
     東京都港区 総床面積3085.58㎡ 地積810.64㎡
     東京都港区 総床面積883.43㎡ 地積261.00㎡
     違約金 売買代金の20%相当額を請求検討

  • 40億円の損失、文章の中で、さらっと書いているから、みんな気にしない?

本文はここまでです このページの先頭へ