ここから本文です

投稿コメント一覧 (29コメント)

  • プレサンス強いな

    前日比プラス
    日経下げに動ぜず

  • >(昨日、今日とかも売っていれば、空売り残は250万株くらいになっているでしょう。)

    仮に、野村が、権利確定日(12/25)を跨ぐとなると、
    配当分として、8000万円程度(32円×250万株)を支払う事となるが、
    果たして、社内稟議が通るんかいな?

  • ※ここの掲示板には、
    「野村の回し者」が、数名潜んでいるようだなw

    ※プレサンスコーポレーション(3254)
    11/22開示 年間配当増額 (29.4円➡35円)

    この増配開示を契機に、業績好調が再認識され
    11/22終値1334円➡本日12/10終値1486円で推移している。

    ※エスコンの年間配当・増配IR (26円➡32円)
     ホルダーなら、素直に喜べばと思うが、、

    ●ここで、ネガ投稿を繰り返すは、
     上がれば困る、野村空売りコバンザメ野郎共じゃねぇーのw

  • ※本日の日経記事(大阪版)
     中部電力がエスコンと業務提携した意味が理解出来る
    ※来週から、12月配当権利取りの動きが加速するだろう

    ※関電「不動産で稼ぐ」鮮明 千里中央駅前に552戸タワマン 供給戸数 17年度比65%増へ
    2018/12/7付日本経済新聞 地域経済

    関西電力グループの関電不動産開発は千里中央駅前(大阪府豊中市)に552戸のタワーマンションを整備する。2019年2月に竣工予定。20年には仙台市に進出する。関電の主力の電力事業は燃料価格の変動に収益を左右されやすい。非エネルギー事業の核に不動産を据えて経営基盤を強化する。19~20年度に17年度比65%増の年1000戸を供給する計画だ。

    関電不動産は高級マンションブランド「シエリア」を関西圏や首都圏で展開している。戸建てなども含む17年度の分譲戸数実績は605戸だった。18年度は17年度比3割増の800戸の供給を予定する。

    千里中央駅直結の「シエリアタワー千里中央」は552戸と、1棟で同社の17年度の年間供給戸数に迫る規模となる。大型商業施設が隣接。関電の持つノウハウを生かしてエネルギー利用を効率化する設計が特徴で、高速インターネット通信や家庭用セキュリティーシステムなど関電グループのサービスを一括して提供できるのも強みだ。

    大阪府北部では北大阪急行電鉄が20年度をメドに千里中央駅から北に2.5キロメートル延伸し、箕面市に新たに2駅が整備される。これに伴って沿線の再開発が進む。梅田など都心にもアクセスしやすいことから、シニア層だけでなく子育て世帯が増加。関電不動産は21年以降、「シエリアシティ千里山」(吹田市)を建設するなど延伸で活気づく大阪府北部を関西での重点地域に位置づける。

    地盤の関西圏以外にも物件を増やす。18年初めに352戸の「シエリア湘南辻堂」(神奈川県茅ケ崎市)を竣工したほか、20年をメドに仙台市にも高級マンションを竣工する。

    関電は18年度に2000億円を見込む連結経常利益を25年度に3000億円に増やす目標を掲げる。このうち不動産事業は180億円から300億円に引き上げる計画だ。

    ☆参考にしてください。

  • >野村が空売りの的にかけてるなら下がって当然だと思います。

    ※プレサンスコーポレーション(本日、株価1476円 19円安)
     野村の兄弟、nomura international

    エスコンと同時期の11/2~12/4 迄の空売り751,700株
     では、この場合の結果は、
    nomura internationalは、
     140円ほど負けており、評価損は1億を軽く超えているだろうな。

    ☆野村が入れば下げて当然などと繰り返し叫ぶは、
     単なる、「個人の妄想・盲信」に過ぎず。

     今日は、現物5000株買い増しじゃ。

  • ※こうなると、年末に向けて、「上昇」あるのみ!
     頑張ろうぜエスコン!

    米の”関税引き上げ見送り” 中国国営メディアが伝える
    2018年12月2日 10時09分米中貿易摩擦

    G20サミットに合わせて、アルゼンチンで行われたアメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席による首脳会談が終了しました。詳しい結果は明らかになっていませんが中国の国営メディアは、来年1月にアメリカが予定している関税を引き上げる一段と厳しい制裁措置は見送られることになったと伝えました。

    会談の詳しい結果はまだ明らかになっていませんが、国営の中国中央テレビの海外向けの電子版は、「1月からの追加の関税引き上げは実施されないことになった。両国の交渉は継続される」と伝えています。

    また会談終了後、トランプ大統領らは、直ちに帰国の途につきましたが、ホワイトハウスのクドロー国家経済会議委員長は、記者団に対して「トランプ大統領と習近平国家主席の会談はうまくいった」と述べました。

    また、ホワイトハウスのサンダース報道官は「まもなく声明を発表する」と述べました。

  • ※野村、11/26 空売・積増し 122、000株

    ・空売り野村151万株コストを試算してみる

     10/30~11/26 当日中値を規準に加重平均
     ※野村空売コスト試算値=「677.86円」

    ・明日も、↑へ引き離したいねw
     エスコンは、伊藤社長(47才)が持つ「強運」を味方に追い風あるのみ。

     ホルダーand新規買い各位
     皆さま、気合を入れて、頑張りましょう!! !

  • >信用買いが毛嫌いされるのは

    ・その名義人たる証券会社を通じ
     「貸し株」として利用される。

     エスコンの場合、
     空売り・野村の手にわたり
     「実弾売り」として相場の下げに利用される。

    ・「信用買」は、廻り回って、自分の首を絞めることとなる。

  • 【エスコン配当政策は、
     原則として「減配なし、配当維持もしくは増配のみ」】

    ☆堅実に拡大を続けるエスコン・伊藤社長は有言実行あるのみ。
     今期配当権利付き最終日は12月25日 配当支払い 年1回 26円
     
    ☆下記は、配当政策に関する「2年前」の開示内容

    平成28 年11 月29 日
    各 位
    会 社 名 株式会社 日本エスコン
    代表者名 代表取締役社長 伊 藤 貴 俊

    配当政策の基本方針の変更(累進的配当政策の導入)に関するお知らせ

    当社は、本日の取締役会において、下記のとおり、株主の皆様への還元の基本方針として「累進的配当政策」を導入することを決議しましたので、お知らせいたします。


    1.累進的配当政策とは
    累進的配当政策とは、1 株当たりの配当額を前年度の1 株当たり配当額(DPS)を下限とし、原則として「減配なし、配当維持もしくは増配のみ」とする配当政策であります。

    2.配当政策の基本方針の変更(累進的配当政策の導入)について
    当社は、企業価値の最大化と株主様への還元を、経営計画の基本方針の一つとして掲げ、業績の状況、内部留保の充実並びに配当性向等を総合的に勘案・決定し、継続的かつ企業の成長力に応じた安定的な利益還元に努めてまいりました。

    来年度平成29 年12 月期以降においては、上記記載の基本方針のもと、さらなる株主様への安定した還元を実現すべく、配当性向目標は設定せず、第2 次中期経営計画期間内(平成29 年度~平成31年度)のDPSについては、累進的配当政策を導入することを決議いたしました。

    株主様への還元としては「配当性向」が一般的ではありますが、単年度の利益変動に左右されてしまうため、将来の配当水準は必ずしも明確ではないと考えます。

    今般導入の累進的配当政策は、原則として「減配なし、配当維持もしくは増配のみ」とする配当政策であり、経営方針である持続的な企業価値の向上を可能にする政策と考え採用いたしました。

    平成29 年度以降平成31年度までは、前年度のDPSを下限とし、配当額維持もしくは業績進展により増配のどちらか(原則として「減配しない」)となります。

    この累進的配当政策の導入により、安定した配当の実現とともに、将来の配当水準の透明性を高め、株主様への還元をより強化し、持続的な企業価値の向上に努めてまいります。
    以上

  • 【野村は、「万博誘致」を読み間違えたんじゃね 笑】

    ・空売り野村139万株コストを試算してみる

     10/30~11/21 当日中値を規準に加重平均
     ※野村空売コスト試算値=「675.18円」

    ・明日も、グゥゥゥンと↑へ引き離したいねw
     エスコンは、伊藤社長(47才)が持つ「強運」を味方に追い風あるのみ。

     ホルダーand新規買い各位
     皆さま、気合を入れて、頑張りましょう!! !

  • 【明日からが楽しみです】

    ・空売り野村131.6万株
     10/30~11/19 当日中値を規準に加重平均
     ※野村空売コスト=「674.8円」

    ・明日からは、グゥゥゥンと↑へ引き離したいねw
    エスコンは、伊藤社長(47才)が持つ「強運」を味方に追い風あるのみ。

     ホルダーand新規買い各位
     皆さま、気合を入れて、頑張りましょう!!

  • 空売り野村の
    太鼓持ち、提灯持ち野郎共の

    「個人・空売り142万株」。

    こりゃ、大変な事になりそうじゃw

    ・今年2月高値1063円
    ・中部電力2300万株 買価格1150円

  • 【万博誘致成功!エスコンに追い風続く!】

    ・伊藤社長(47才)は、
     経営者資質として重要な「強い運気」を持っているな。

    ・エスコンに「マイナス材料なし」
     現物・新規買い、12月配当取りOK!
     ホルダーは、「ガチホ」or「現物・買増し」有るのみ。。  

    ・先日のNY500ドル安においても、エスコンはプラス引け。
     案外、大株主・王グループの「買い戻し」が働いているかも、、

    ・私的には、2月の「本決算」開示で、
     居所一段高を密かに期待している。。

    エスコン・ホルダーに幸あれぇぇ!

  • ※中部電力プレスリリース(8/28)

    株式会社日本エスコンとの資本業務提携および同社株式の取得による関連会社化について~不動産事業を強化しグループ全体の収益拡大を図る~
    2018年8月28日
    中部電力株式会社

    当社は、本日、グループの不動産事業の強化に向け、株式会社日本エスコン(以下「日本エスコン」といいます。)と資本業務提携を行い、日本エスコンの株式を取得して持分法適用関連会社とすることを決定しましたので、お知らせいたします。

    日本エスコンは、東証第一部上場の総合不動産デベロッパーであり、首都圏、関西圏および福岡の主要都市で主に分譲マンションや賃貸用不動産の販売事業を行っています。また、人々の暮らしや住まいの「理想」をかたちにする「ライフ・デベロッパー」として、次世代を見据えた街づくりや地域再生を積極的に展開しております。

    一方、当社グループは、中部圏を中心に主に不動産賃貸事業を展開しております。また、当社は、本年3月に公表した「中部電力グループ経営ビジョン」において、新たな成長分野として「新しいコミュニティの形の提供」を掲げており、これにつながる事業展開に向け、外部リソースを活用したさまざまな取り組みを行っております。

    今回の資本業務提携により、日本エスコンの不動産開発のノウハウと当社グループが有する地域の皆さまとの深いつながりを相乗的に活かすことで、中部圏での不動産開発を推進するとともに街づくりや地域再生に取り組み、日本エスコンを加えたグループ全体の収益拡大を図ってまいります。

    なお、当社は、引き続き日本エスコンの上場会社としての自主的で機動的な経営を尊重し、グループの企業価値向上に努めてまいります。

    別紙
    PDFを開きます当社グループと日本エスコンとのシナジー効果[PDF:240KB]

  • ・確かに、前期は12/1に
     上方修正(純益 44億➡54億)、増配(15円➡18円)、
     自社株買90万株を開示したが、

    ・今期は、既に6/29に
     上方修正(純益 60億➡70億)、増配(20円➡26円)を開示済み。

    ※私的には、今期は6/29の上方、増配で充分に満足。
     4Qでは、純益30億を確実に達成し、通期70億へと繋げてもらいたい。

     投稿には、
     今期、6/29に続き、昨年同様に12月初旬に今期2回目の上方をとの
     期待もみられるが、それは、伊藤社長に「酷」、「煽りすぎ」と言うもんだろう。
     
     違うかな?笑

  • エスコン怒涛の進撃中!!
    伊藤・エスコンに死角なし!!

    ※3Q前年同期比

    売上1.86倍 営業益2.04倍 経常益2.32倍 純益1.59倍

    伊藤社長、47才絶好調だね(1971.9.1生まれ)

  • 中部電、ホテルに参入 名古屋・栄に複合ビル
    住建・不動産 中部 2018/9/3 20:30

    中部電力はホテル市場に参入する。全額出資子会社の中電不動産(名古屋市)が3日、名古屋の繁華街である栄地区でホテルと商業店舗の複合ビルを建設すると発表した。電力小売り自由化で本業のエネルギーは競争が激しくなっており、収益源の多様化を目指す。

    中電不動産が名古屋・栄地区で建設するホテルと商業店舗の複合施設(写真はイメージ) 

    地上16階建ての複合ビルを2019年3月に着工し、20年11月に開業する予定。投資額は未定。市営地下鉄矢場町駅から徒歩7分の場所にあり、商業施設「ラスキーオンザパーク」の跡地で現在はコインパーキングになっている。敷地面積は1220平方メートルで、延べ床面積は8090平方メートル。

    1~2階が商業フロア、3階以上がビジネスホテルとなる。福岡地所グループのエフ・ジェイホテルズ(福岡市)が運営するビジネスホテル「ホテルフォルツァ」が中部地区に初進出する。客室数などは検討中という。商業フロアは店舗面積970平方メートルで、1社に1~2階をまとめて貸し出すか、区画を分けて貸すか検討している。

    栄地区では百貨店の丸栄が閉鎖した後の跡地開発や、中部日本ビルディング(中日ビル)の建て替え計画などが進む。名古屋駅地区では27年のリニア中央新幹線の開業をにらんで大型ビルの建設が相次いだが、栄地区でも再開発が活発だ。

    ☆中部電は不動産開発の【日本エスコン】と資本業務提携するなどグループ全体で再開発に注 力する。

    ・9/3の配信だが、
     中部電力とエスコンは、相当早くから、緊密な連携関係にあったようだ。

  • 最高純益更新中のエスコンは、
    時価総額500億未満の不動産小型好業績株

    配当は今期26円、来期も減配せずの今期並みの26円で充分
    今期、来期の2期分の配当で、
    実質エスコン取得単価は、50円下がると言う見方も、、

    野村やそれに追随するかのように個人の空売りが増えているようだが
    現株価水準からの波らんは、
    「現物買い増し」の好機とみて、断固、買い増しの一手。

    11/9の3Q決算に期待

  • 中部電力が持つ
    未利用地・低利用地の範疇に属する土地は、
    恐らくは、広大なスペースになると思われる。

    どなたかの指摘にも有ったように
    「この先10年の仕事量を確保」の表現は的を得ているだろう。

    エスコンに期待大!

  • 【来週、11/9 3Q決算 大下方修正は必至だろう、、、】
    【いつも、いつも、将来の夢のみを語り続けるが、現実経営は、お粗末の一言】
    【DDSは、5連続・4半期「純益・赤計上」、騙されるなよ】

    ※ 利用料・無償の掲示板を最大限活用し、
     個人投資家(株主構成比ほぼ90%)への株価対策よろしく、
     どこぞの教祖(職業的投稿者)が、
      三吉野DDSにぴったりと寄り添い、DDS賛歌を、朝、昼、晩と繰り返す。
     この構図は以前から変わらず。
     ただ今の「ネタ」は、予想通り、FIDO2とブロックチェーンw

    ※※5連続・4半期「純益・赤計上」※※
    【期近・単独4半期 売上・純益】
    H29/12
    2Q 売上1.20億   純益マイナス1.21億
    3Q 売上1.99億   純益マイナス0.36億
    4Q 売上1.64億   純益マイナス0.58億
    H30/12
    1Q 売上1.47億   純益マイナス1.30億
    2Q 売上1.58億   純益マイナス0.79億→【10年間の成果は利益剰余金マイナス48.2億】

    ※期近5連続・4半期 「純益・赤計上」
    どこぞの教祖(職業的投稿者)が、この1年半、朝、昼、晩と連日にわたり
    「DDS賛歌」を繰り返した結果が、これですわ。

    誠に、惨憺たる、恐ろしい経営成績です。
    この1年半の「期ズレ」は、一体どこに消えてしまったのか???

    ※過去より現在まで、DDSの指紋認証は、結果として、まったく金にならん。

    ※ 今期上期の惨憺たる実績に加え、
     増資入金3億を、開示通り、ブロツクチェーン開発に充当するならば、
     その分、営業益を下押すこととなる。

    ※また、3Q売上が1Q、2Qと同程度の「1.5億」なら、まさに嘲笑するしかない。

     よって、
     3Q開示時には大下方修正(会社予想売上20.5億、純益3.8億)は、必至じゃね。

本文はここまでです このページの先頭へ