ここから本文です

投稿コメント一覧 (59コメント)

  • >>No. 25

    【↓この糞株の真の姿ですわ】
    > (参考)
    > この株の資産価値を見直しましょう!
    > 売上と1株益は過去3年間(15.12~17.12)の平均を採用。
    > ① 現在の時価総額 221億4700万
    > ② 過去3年間の平均売上 8億6400万
    > ③ 過去3年間の平均1株益 -6.5円
    > ・PSRの観点
    > ②より適正時価総額は8億6400万となる。
    > 現在の時価総額の26分の1のため、妥当株価は21.3円
    > ・BPSの観点
    > 現在のBPSは37.1円
    > 来年のBSPは③より、-6.5円を差し引くと30.6円
    > 【結論】
    > よって適正株価は30.6円(笑)となるが、潜在発行株式数(将来の希薄化分)及び新株発行部分は含んでいないため、適正株価は30.6円(笑)以下となる。

    【DDSは、現実直視あるのみ!】

    ※ 利用料・無償の掲示板を最大限活用し、
     個人投資家(株主構成比ほぼ90%)への株価対策よろしく、
     どこぞの教祖が、
      三吉野DDSにぴったりと寄り添い、DDS賛歌を繰り返す。
     この構図は以前から変わらず。
     ただ今のネタは、予想通り、FIDOとブロックチェーンなんだ。

    ※※5連続・単独4半期「純益・赤計上」※※
    【期近・単独4半期 売上・純益】
    H29/12
    2Q 売上1.20億   純益マイナス1.21億
    3Q 売上1.99億   純益マイナス0.36億
    4Q 売上1.64億   純益マイナス0.58億
    H30/12
    1Q 売上1.47億   純益マイナス1.30億
    2Q 売上1.58億   純益マイナス0.79億→【10年間の成果は利益剰余金マイナス48.2億】

    ※期近5連続・単独4半期 「純益・赤計上」
    どこぞの教祖が、この1年半、朝、昼、晩と連日にわたり
    「DDS賛歌」を繰り返した結果が、これですわ。

    誠に、恐ろしい経営成績です。
    この1年半の「期ズレ」は、一体どこに消えてしまったのか???

    ※過去より現在まで、DDSの指紋認証は、結果として、まったく金にならん。

    ※ 今期上期の惨憺たる実績に加え、
     増資入金3億を、開示通り、ブロツクチェーン開発に充当するならば、
     その分、営業益を下押すこととなる。
     よって、
     3Q開示時には大下方修正(会社予想売上20.5億、純益3.8億)は、必至であろう。

  • 【四季報を鵜呑みするとドエライ事になるぜ】

    > 本年度 四季報春号 『急回復』・・・結果 大幅赤字
    >
    >     四季報夏号 『急回復』・・・結果 赤字(特損付)
    >
    > 『急回復』と提示しても  「噓」 と見透かされる。
    >
    > これらを踏まえ
    >     四季報秋号 『回復』
    > と,控えめにした。
    >     しかし,結果は ・・・ 皆さんお分かりのと通りとなるでしょう。

    【ことDDSに関する限り、
     四季報の記載内容は、全く信用できないんだよな】

    ※別に四季報が悪いわけではない。
     四季報からの調査票に、
     DDSが、ハッタリ回答してきたものを、
     四季報が「そのまま」掲載してきただけ。

     つまり、
     DDS側が、個人が信頼感をおく株雑誌「四季報」を、
     ハッタリ回答をそのまま掲載させる事で、
     逆に利用してきたとさえ言えよう。

    PS 最近のフィスコ2期予想も、四季報掲載内容と同様に
      「単なる提灯記事」位の認識が適切だと思うぜww

  • 一昨日、日経朝刊に下記番組宣伝が掲載されていた。

    ※※生体認証のリキッドが、明日、TVで特集される、これは必見だろう※※
     9/22(土) BSフジ 18:00~18:30 司会はSBIの北尾吉孝社長。

    SBIが組成したファンド
    SBI AI & Blockchain投資事業有限責任組合が、
    リキッドの第3者割当33億に引受人の1社として出資しているな。

    今日は、リキッドと資本業務提携と開示したUBICOM(3937)が大幅高。

    DDSの2位株主(持ち分1.9%)に、SBI証券の名があるが、
    これは、個人信用の仮名義分だな。
    SBIが、糞株・DDSを純投資で持つなんてことは、
    あの北尾が決済するはずもなかろうて、、

    PS DDS株主構成の、ほぼ90%は、個人株主で占められている。
    其れゆえに
    常時、この板に張り付き、三吉野DDSにそっと寄り添い、
    DDS広報担当よろしく、いつも、いつも、いつも、
    DDS賛歌を囁き続ける奴の存在が、
    特定の人間にとっては、極めて重要なんだろう。ww

  • どこぞの、「名ばかり認定販売パートナー制度」とは、
    次元が違い、全くの異次元だねww

    ※生体認証リキッド/主な株主(五十音順)
    伊藤忠商事株式会社、イオングループ、上田八木短資株式会社、SMBCベンチャーキャピタル、SBIグループ、NTTドコモグループ、クレディセゾングループ、KDDI株式会社、JA三井リース株式会社、株式会社大和証券グループ本社、デジタルガレージグループ、株式会社電通、株式会社電通国際情報サービス、東急不動産株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社東京大学エッジキャピタル、トレイダーズインベストメント株式会社、農林中央金庫、株式会社百五銀行、みずほフィナンシャルグループ、三菱地所株式会社、三菱UFJ信託銀行株式会社、森トラスト株式会社、株式会社ワイヤレスゲート

    ※生体認証リキッド/共同研究パートナー(株主を除く、五十音順)
    エイチ・アイ・エスグループ、オリックス株式会社、CCCマーケティング株式会社、株式会社JTBコーポレートセールス、株式会社セールスフォース・ドットコム、株式会社セブン銀行、トヨタファイナンス株式会社、日本ユニシス株式会社、株式会社ファミリーマート、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ、明治安田生命保険相互会社、株式会社LIXIL、株式会社ローソン

  • フィスコ業績予想

    誰かの依頼を受けて、「提灯記事」を書いたんだろうよ

    容易に想像がつくぜww

  • 【いま、ふと思いついたんだが/プーチン風】

    同業のリキッドは、すんなりと第3者割当増資で33億円を確保した。
    そこで、仮にだ、
    DDSホルダー自慢の「DDS認定販売パートナー80社」に対し、
    総額16億、1社2000万円での割当増資を企画していたら、どうなるだろうな

    どこの1社たりとて、「稟議」は下りず、
    逆に、販売パートナー側から見れば、
    何の実効性・メリットもない、「DDS認定販売パートナー」なるものから、
    一斉に、脱退となるんではなかろうかww

  • > ここのビジネスモデルは株式市場から株主を騙して増資を繰り返し延命して社員に給料払うことにある
    > 退場するまでこの繰り返し

    ※運転資金に充当、その事は、可能性としては有るな。

    今回の増資入金3億を、
    ブロックチェーン開発費に使用されようが、
    はたまた、
    社員給与の支払いに回されようが、
    勘定分類は、いずれも「営業損益の部」となる。

    監査法人による監査は、
    一言で言えば、
    作成された、貸借対照表及び損益計算書に記載された数字が正しいかどうかを監査する。

    入金された金が、
    開発費に使用されようが、給与の支払いに回されようが、
    そういう金の支出先については、監査対象項目からは、外れる。

  • ※【信頼されている企業
      生体認証リキッドの第3者割当増資33億円の引受先】

     信頼されている企業・リキツド、
     第3者割当増資33億円の引受先は、

     DDSの新株予約権行使による第3者割当引受先とは、
     その手段、方法においても
     雲泥の差、マジで比較にならんわ。ww

    ※リキッドがTVで特集されるぜ、これは必見だろう。
     9/22(土) BSフジ 18:00~18:30 司会はSBIの北尾吉孝社長。

    ※ 生体認証システムやそれを応用したさまざまなプロダクトを提供するLIQUID。
    7月6日、
    農林中央金庫、東京海上日動火災保険、森トラスト、大和証券グループ本社、上田八木短資株式会社、SBI AI & Blockchain投資事業有限責任組合、その他国内事業会社を引受先とする第三者割当増資等による総額33億円の資金調達を実施したと発表した。

  • 【四季報記載内容は、信用に値せず】
    > 四季報記載事項は、
    > 四季報からの調査項目に対し、
    > DDSがハッタリ回答してきたものを
    >「 そのまま」、掲載しただけだろうな。

    DDSは、株券印刷業だともよく言われる、
    まさにDDSは、「上場を維持させる」事が、
    延命のために、必要絶対条件・最優先事項なんだろう。
    有償Sオプション行使(三吉野)、第3者割当行使で入手した株券を、
    市場で、カモ個人に売却換金する集金システムを稼働し続ける事が重要なのだ。

    その事を可能とさせるべく
    三吉野DDSにピッタリと寄り添い、
    利用料無償の掲示板を、最大限利用、株主構成90%弱の情弱個人を相手に
    連日にわたり、朝、昼、晩とDDS礼賛を繰り返す投稿者。

    ウタ=ハイテクが、工作員だと言われるのも不思議でない。

    DDSは、プレスリリース・ネタでは、ハッタリ、放言を繰り返すが、
    決算開示での虚偽報告は、「しない」と思う。
    有価証券虚偽記載は、DDS生命線である「市場」からの一発退場もあり得るからな。

    これまでの、DDSの仕打ちから
    四季報での記載事項など、ここでは、一切無視すべきだろう。

    3Qでは、
    上半期のお粗末な実績(通期会社予想達成率は15%)から、
    下方修正は必至だろうよ、その理由は「期ずれ+ブロックチェーン開発費」。

  • ウタ=ハイテク

    キャラを変えて、
    今度はハイテクで投稿なんすか?ww

  • > ブロックチェーンの普及にDDSの生体認証技術・製品が必要とされれば業績は飛躍します。
    > 売り上げは20億、30億円どころではなくなります。

    DDSの生体認証技術・製品が必要とされればだと  ぷ
    心配せんでも、必要となどされんよ。

    必要とされると叫び続けるは、
    「この掲示板限定」での、ウタ=ハイテク一派のみ。

    DDSを早く損切りし、NECのホルダーになれや。
    業界をワールドワイドに先導する
    NECの掲示板で叫び続けろや。

    爆笑

  • 四季報記載事項は、

    四季報からの調査項目に対し、
    DDSが回答してきたものを
    そのまま、掲載しただけだと思うが、、

    違うかな?ww

  • 「サラリーマン大家」特化のシノケンは、

    この先、危ないとの評価がまん延しだしたな。

  • ※ウタ=ハイテク
     キャラを変えての投稿、痛み入りますw

    ※DDSに技術力があるだと、笑わすな、
     その結果が、5四半期純益連続「赤」かよ。
    10年間の成果は、利益剰余金48.2億の「赤」、マジで泣けてくるぜ。。

    ※1か月前の会議ネタを、今頃?
    ※じゃあ、3年前のネタを検証してみよう。

    ※帝国ホテル・三吉野記者会見(2015/10/27)
    【マガタマ・デバイス年間100万個出荷予定】
    ───何社くらいといつまでに組みたいのかとか、何個くらいとか、売り上げをどれくらいとか、将来的な数値の目標はありますか。

    当社は上場しておりまして、7年連続赤字でした。ベンチャー企業として集めたお金を投資にまわしておりました。それで、今いただいたご質問に明快にお答えしたいのですが、答えてしまうといろんな投資政策上、もしくは開示上の問題がありまして、ゼロサムであることから、本日は伏せさせていただきたいと思います。
    ただ、提携したいという会社は上場している企業だけで10社は超えていますし、また来年以降売れる単位というのは数千個とか数万個といった単位で売れるものはなくて、多分累計で年間数十万とか、百万を超える数字を狙えるような製品になるであろうと考えております。

    ※これだけのアドバルーンを上げ、
     掲示板では例によって、ウタ=ハイテクを初め常連共が煽りまくるも、、

     その後において、
     「マガタマデバイス現物を見たもの誰一人として無し」。

     新規ご検討の皆さま、ネタではありませんよ、マジですわww

  • > 例の如く
    > DDSプレスリリースでネタ提供かい
    > このネタで、
    > ここぞとばかり、ウタ=ハイテクが、
    > 騒ぐんだろうが、、、、
    > DDSのプレスリリース・ネタで、
    > 業績へ貢献した例を知らず、
    > 以前に、何か、有りましたか?ww

    ケケ、案の定、プレスリリース・ネタで
    ウタ=ハイテクが騒ぎ出したぜ、「素晴らしい情報」だとさ。
    毎度、まいど、こいつのやっていることは、掲示板工作員そのもの。
    今迄のプレスリリース・ネタで、
    業績へ貢献した例を、我、知らず、、

    既に指摘がある通り、
    ここからの上値には、
    マイルの毒入り売り玉が、たんまりと待ち受けているのであろう。

  • 例の如く
    DDSプレスリリースでネタ提供かい

    このネタで、
    ここぞとばかり、ウタ=ハイテクが、
    騒ぐんだろうが、、、、

    DDSのプレスリリース・ネタで、
    業績へ貢献した例を知らず、

    以前に、何か、有りましたか?ww

  • ハイテクは、ウタの別HNだろう。w

    DDS認定販売パートナーは、81社らしいが、
    「81社で、半期売上3億円」って、
    まったく販売に寄与しとらんじゃないのw

    単純計算では、1社の月間売上は、124万となる。
    こんな調子では、いくら数を増やしたところで、
    単なるマスタベーション、

    業績寄与度は軽微そのものです。

  • 【DDSは、現実直視あるのみ!】

    ※過去より繰り返されるDDSプレス・リリース
     それらは、業績に与える影響ごく軽微、又は大風呂敷、ハッタリに近かったな。

    ※5連続・単独4半期 「純益・赤計上」※

    【単独4半期 売上・純益】

    H29/12
    2Q 売上1.20億   純益マイナス1.21億
    3Q 売上1.99億   純益マイナス0.36億
    4Q 売上1.64億   純益マイナス0.58億
    H30/12
    1Q 売上1.47億   純益マイナス1.30億
    2Q 売上1.58億   純益マイナス0.79億→【利益剰余金マイナス48.2億】

    ※5連続・単独4半期 「純益・赤計上」
     恐ろしい経営成績ですわ
    ※過去より現在まで、DDSの指紋認証は、まったくに、金にならん。

    ※ 今期上期実績から、
     3Q開示時には大下方修正(会社予想売上20.5億、純益3.8億)は、必至であろう。

  • ノンホルだが、なんか文句あるの
    【下期に予想される大下方修正】

    ・今回の増資資金は、全てフィンテック開発研究費に充当する予定とある。
    ・また、掲示板工作員ウタ=ハイテクも繰り返し、運転資金ではなく、
    フィンテック開発研究費に充当される事を強調しているな。

    と、言う事で
    ・今回、行使により入金された3億円は、
     今月中にも、フィンテック開発費に充当されるんだろうよ。
     開発費の全額は、営業損益の部へ費用計上され、
     3Qの営業益を、その分、下押すこととなる。

    ・皆さまご存知の通り、
     DDSの上期実績は、売上3億 純益マイナス2.1億。

     前期3Q単独実績は、売上2億 純益マイナス0.4億。
     (今期会社予想は、 売上20.5億 純益3.8億ですわ)

     こんな、劣悪実績継続中(5四半期連続、純益「赤」)の所へ、
     開発費として、3億が下押しして来れば、目も当てられん酷いことに成るだろう。

    ・なお、増資開示文に
     株価が、500円を超えれば、or576円を超えれば等の記載があるが、、、
     これらの株価を記載することで、
     DDSの株価は、先行き、その程度までは上げるんでわと言う、甘い幻想を抱かせる事に
     主眼が置かれているのかもしれんな、、
     
     幻想、目くらまし株価としては、掲示板・株価対策としては「有効」なんだろうよ
     なにしろ、株主構成は、大株主不在でほぼ90%が、「個人株主」だもんな、、

  • > さて、8/10の2Q決算短信3ページより
    > ・昨年度の期ズレ案件を含む商談が下半期に集中している
    > ・現在の売上の進捗状況や経費の見通しから、それぞれ連結売上高2,050百万円、連結営業>利益444百万円、連結経常利益444百万円、親会社株主に帰属する当期純利益378百万円を見込んでいる
    > これを信用する投資家は買い、ホールド。

    喉から手が出るほどに「現金」が欲しいDDSにとって、
    新株予約権増資は、このタイミングあるのみ、
    初回行使分として、3億入金の成功は至上命題だったんだよな。

    ハッタリDDSが、
    8/17の新株予約権増資の開示を前にして、
    その1週間前の、8/10の開示で
    「通期見通しに不透明感あり」なんてことは、「禁句」、絶対に言わんだろうよww

    僕は、3Q開示で「大下方修正がある」と固く信じておりますが、
    DDSの事ですから、
    あるいは、又、得意の目くらましハッタリ戦術で、
    3Qでの下方を先延ばし、4Qまで下方を引き延ばすかもですが、、ww

本文はここまでです このページの先頭へ