ここから本文です

投稿コメント一覧 (1803コメント)

  • 世界は5G援用へ・・・・今はしっかり仕込み・・・・・

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    日刊工業新聞                      2018年(平成30年) 6月 21日 木曜日(赤口)

    【電子版】Tモバイルとスプリント、合併後に5G投資4.4兆円を計画

    TモバイルUSとスプリントは、両社の合併案を米規制当局が承認した場合、第5世代(5G)無線ネットワーク構築に400億ドル(約4兆4000億円)投資する計画であることを米連邦通信委員会(FCC)に伝えた。

     両社は合併承認を求めてFCCに18日提出した678ページの要望書で、統合会社の5Gネットワークの容量は別々の企業で保有した場合の3倍になるとし、従来の家庭向けブロードバンドサービス業者に代わる妥当な代替サービスを提供すると説明。「米消費者は支払いが少なくなり、より多くを得るだろう。新生Tモバイルが容量を拡大することで、消費者にギガバイト単位でデータを届けるコストは大幅に低下する」との見通しを示した。

     通信業界が5Gネットワーク構築へ準備を進める中、Tモバイルは4月、AT&Tやベライゾン・コミュニケーションズに対する競争力を高めるため、スプリントを265億ドルで買収すると発表。FCCと米司法省は、米国内の携帯電話サービス大手が4社から3社に減ることになるこの買収案を慎重に審査する。

     ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のデータによると、統合会社の携帯電話の個人契約者数は9960万人。これはベライゾンの1億1630万人を下回る一方、AT&Tの9320万人は上回る。Tモバイルとスプリントの合併実現にはFCCと司法省の承認が必要。両社は2019年上期中の合併手続き完了を目指している。(ブルームバーグ)

  • 日足:長い下髭が出そうだな・・・

  • ITmedia でも報じられている。5G関連企業が、本格始動。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

          ~~【ITmedia NEWS >   企業・業界動向 > 「5G」標準仕様決まる 商用展開に弾み】~~

    2018年06月14日 17時51分 公開

    NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどは6月14日、5G(第5世代移動通信方式)の無線方式「5G NR」の標準仕様が決まったと発表した。同日、携帯電話などの通信規格を定める国際団体「3GCP」が会合を開き、仕様を策定した。

    5G NR(New Radio:5Gで使う新しい周波数帯)の運用は(1)既存の周波数帯を使ったLTEのネットワークと組み合わせるノンスタンドアロンと、(2)新規の周波数帯だけを使うスタンドアロン――を想定している。このうちノンスタンドアロンの仕様は2017年12月に固まっていたが、新たにスタンドアロンの仕様が加わり、全仕様が決まった。

     策定を受け、国内通信キャリアの他、富士通、京セラ、三菱電機、NEC、パナソニック、シャープ、ソニーモバイルコミュニケーションズ、住友電気などは「5Gの商用展開に向け、さまざまな業界との連携を加速させ、新たなビジネスを創出する」としている。
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    ヤフーフアイナンスの企業情報には:

     アイレックス
      「通信系コア技術に強いシステム開発会社。NEC、パナソニック主力、グループ連携強化が課題」とある。

    返信する

  • しかし・・週足で歴然・・この4週目立つ「週の値幅」・・・「小商い」を繰り返し、騰げていく輩。

  • 2018/06/15 06:46

    CNET Japan

     ~~~~~~~~~~【5Gの標準仕様策定が完了--5Gの商用化へ】・・・飯塚 直2018年06月14日 18時02分

    6月14日、3GPP(移動通信システムの規格策定を行う標準化団体)における仕様を規定する全体会合「3GPP Plenary」会合において、5G NR(5G New Radio)標準仕様の策定が完了した。

     今回の仕様では、2017年12月に完了していたノンスタンドアローン5G NR標準仕様(LTEとの連携を含む重要機能を規定)に、スタンドアローン5G NR標準仕様(LTEとの連携をせず、5G NR単独で動作する機能を規定)を加えたもので、5Gの主要機能の全仕様が初めて規定された。

     5G標準仕様策定の完了を受け、China Mobile、アンリツ、Asia Pacific Telecom、AT&T、British Telecom、CAICT、CATT、China Telecom、China Unicom、Chunghwa Telecom、Deutsche Telekom、DISH Network、Ericsson、富士通、Huawei、Intel Corporation、InterDigital、Keysight Technologies、KDDI、KT Corp、京セラ、Lenovo、LG Electronics、LG Uplus、MediaTek、Microelectronics Technology、三菱電機、日本電気、Nokia、NTTドコモ、OPPO、Orange、パナソニック、Qualcomm Technologies、Rohde-Schwarz、Samsung Electronics、シャープ、SK Telecom、ソフトバンク、ソニーモバイルコミュニケーションズ、Spirent Communications、StarPoint、住友電気工業、TIM、Unisoc、Verizon、VIAVI、Vivo、Vodafone、Xiaomi、ZTEらは連名で発表。5Gの商用展開に向けて、さまざまな業界との連携を加速させ、新たなビジネスを創出するという。

  • 21日総会  新ネタ期待

  • 4月の431以来の短期調整も終わった?

  • 日足パラ持続中:  明日? 「雲」の「捻じれ」地点通過・・・ビッグニュース期待!

  • (株探)  2018年06月12日12時20分
    ~~~~~~~~~【特集】「5G」のテーマ性再燃へ、高速・大容量でIoT時代支える<注目テーマ>~~~~~~~~

    (前段  略)

     みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で「5G」が8位となっている。

     あらゆるものをオンライン化するIoT時代の本格化に向け、切り離すことができないのが次世代通信規格である「5G」だ。IoT社会はビッグデータや人工知能(AI)の普及がバックボーンにあり、その可能性も大きく広がっていくが、ここで重要なのは飛び交う膨大なデータを遅滞なく処理するインフラがなければ、絵に描いた餅に終わってしまうということだ。
     IoT時代が加速する2020年には500億台の機器がネット接続されるとの試算があるなかで、センサー需要が爆発的に伸びることになる。同時にインフラ面では、LTEの1000倍以上の大容量化と10Gbps以上の通信速度を実現する5Gの実用化が必須となる。IoTを活用したスマートシティ構想などは5Gのインフラ基盤の整備が前提条件といえる。さらに、大手自動車メーカーが経営資源を注ぐコネクテッドカーも、 IoTの一形態であり、その普及局面では高速・大容量の5G技術は外せない。
     既に5Gの商用化に向けて世界の通信事業者や機器メーカーが一斉に動き出し、2020年の商用化を2019年に1年前倒しする方向で注力しており、日本も官民を挙げてその流れに乗る方向にある。
     関連銘柄として、主力銘柄ではNTTドコモ<9437>などの通信キャリアや光ファイバーを手掛ける古河電気工業<5801>、コンピューター分野に強い富士通<6702>、自動車業界の盟主トヨタ自動車<7203>などが挙げられる。
     また、通信計測器のトップメーカー、アンリツ<6754>をはじめアルチザネットワークス<6778>やサイバーコム<3852>。通信システム開発ではアイレックス<6944>やアイ・エス・ビー<9702>、構造計画研究所<4748>。IP電話システムを手掛けるネクストジェン<3842>やアンテナメーカーのヨコオ<6800>、通信機器関連などの技術商社である理経<8226>。このほかコムシスホールディングス<1721>や協和エクシオ<1951>などの通信工事会社も要注目となる。

  • 日足にもMACD上昇点灯。ストキャも急上昇。

  • ~~~~~~~~~~~~~~【5G普及へ環境整備必要 世界デジタルサミット】~~~~~~~~~~~~~~
    日経デジタル
    2018/6/4 16:19 (2018/6/4 19:04更新)  

     次世代通信規格「5G」や人工知能(AI)などの革新技術について議論する「世界デジタルサミット2018」(日本経済新聞社・総務省主催)が4日、開幕した。5G時代にはデータが大量に飛び交うことを前提としたビジネスが生まれ、データ処理で力を発揮するAIの重要性も増す。今後、利用する側の知識や法整備を拡充すべきだとの指摘が相次いだ。

     NTTドコモの吉沢和弘社長は「5G時代には様々な企業とのビジネスやサービスの協創が重要」と述べた。ドコモは1月から技術仕様や意見交換の場を提供する「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を開始。1400超の企業などが参加し、大量のデータを必要とするビジネスが広がる可能性を指摘した。

     データの流通量は加速度的に増え、その際にカギを握るAIについて、思考判断の経緯や理由が分かる「ホワイトボックス型AI」を打ち出したのはNECの新野隆社長。「経営判断などにおいてはなぜそうなったかを説明することが必要」として、自社のマーケティングやアサヒビールの需要予測などに活用されていることを紹介した。

     富士通の田中達也社長は、「課題はデータを処理するコンピューター側の限界」とし、コンピューターの性能を高めることが必要との認識を示した。同社が5月から商用化した「デジタルアニーラ」は、交通経路の最適化による渋滞解消などにつながると指摘した。

     移動通信の業界団体、GSMAのマッツ・グランリド事務局長はモバイルが世界経済の成長を促すとし「デジタル時代に見合った規制環境が必要。次世代のネットワークのインフラを容易にする政策、平等な競争環境、適切なプライバシー、データ保護のルールが求められる」と指摘した。

     米クアルコム幹部やノキア日本法人トップらによるパネル討論では、個人情報やデータの取り扱い方も話題となった。欧州で始まった「一般データ保護規則(GDPR)」について、ソラコムの玉川憲社長は「世界進出を目指すスタートアップは同規則への対応で組織としても洗練される」と前向きに捉えていた。

  • 日足の カギ十字。気になるじゃーないか。以前もあったなあ。週足で頼むよ。株は週足、か、50日。

  • やれやれですな、切り返し。

  • 日足:5日線が25日線を下から抜きましたね・・・週足雲抜けは240かな?   天空はもうちょいだ、

  • 平成30年度株主総会は 6月30日予定・・では?

  • 万単位で・・上値で拾っていく。速く仕込みたい?こういう日は騰がる。

  • 日足:ほんじつ上昇パラ点灯!  週足と揃い踏み!

  • 日足にも、パラ上昇点灯! 週足雲完全抜け!

  • (株 探)1週間前でした。再確認

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    2017年05月29日13時21分

    ~~~~~~【材料】FDKは売買代金を大きく膨らませて大幅反発、富士通研究所の正極材料開発に反応~~~~~~

    FDK<6955>は売買代金を大きく膨らませて大幅反発している。一時、前週末比11円高の133円まで買い進まれている。日本経済新聞が29日付朝刊で「富士通研究所(川崎市)は希少金属(レアメタル)のコバルトに代わって安価な鉄を使うリチウムイオン電池用の正極材料を開発した」と報じたことにFDKの株価が反応している。

     FDKは2月27日、富士通研究所と共同で安全性に優れる全固体電池の正極材料を開発したと発表した。従来製品に比べて高い電圧と容量を持つ「全固体電池」の実現が可能となり、各種の携帯機器やIoT(モノのインターネット)関連機器などに向けての主要拡大が期待されているという経緯がある。

     FDKは、今回のコバルトに代わって安価な鉄を使うリチウムイオン電池用の正極材料の開発には直接関わっていないものの、レアメタルであるコバルトを使わず、数百分の1のコストで正極材を利用できるというこの技術が実用化された場合には、富士通<6702>が全株式の70%超を保有する子会社として、また富士通グループの電池部門として、生産を担当する可能性は高いといえそうだ。

    (注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

    出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

  • 週足が見事:平均線(5日・25日・50日・75日・200日)ほぼ緩やかに上昇。パラ上昇も維持。雲抜けもあとわずか。
    アルゴ設定の好材料?

本文はここまでです このページの先頭へ