ここから本文です

投稿コメント一覧 (1079コメント)

  • >>No. 4222

    > 進次郎はないと信じる。

    もちろん、次が進次郎さまなんてありえません。
    派閥的にも無理がありおりはべりです。

    それに、もう少し身長があると良いんですけど。
    欲をいうと、185㎝あったらすごい良い感じ。
    そしたら、ファンクラブじゃなかった、後援会に入るのに 。

  • >>No. 4220

    > 受け入れようと受け入れまいと日本はどうでもいい。
    > 受け入れなければ更なる経済制裁を受けるだけ。

    (その技術がなくても)廃棄は自らの手でやるので費用を出せと言い出すような?
    常識的にはそんな要求には応じられるわけがないのですが、状況次第では拒否しきれないことが
    あるかもとの危惧はあります。

    > 安倍を信じようじゃないか。

    代わりになる人もいないし、今はそうするしかないのですが、本当に北に援助するとか、
    北に廃棄処理費用を与えるとか言い出したら、もう信じません。
    次は進次郎様の時代ということで。
    カッコいいし。。。

  • >>No. 4218

    > 北朝鮮には廃棄する技術はない。
    > そこで廃棄技術を持った国に委託しなければならない。
    > 委託を受けた国にその費用を払うと言う意味だ。

    北はそれを受け入れます?
    主権にかかわる問題ですよ?

    > 決して北朝鮮に金を払うと言う意味じゃない。

    それでも、日本のお金が北の核廃棄に使われる理由にはならないと思います。

    > 北朝鮮に直接金を払えばその金で核開発をやるに決まっている。

    もお、本当にそうですよね、絶対にそうなると思います。

    > 安倍はそんな間抜けなことはしない。

    ちょっと、ビミョーですけど、どうなるか様子見と言うことで。

  • >>No. 4216

    わたしがなにより許せないのは、
    「核の脅威がなくなることによって平和の恩恵を被る日本などが、費用を負担するのは当然」
    この発言です。
    はぁ?
    敵性国家に兵器を廃棄してねってお金を払うんだ?
    それが当然という考えなんだ?
    北はニンマリじゃん。
    今までと同じじゃん?

    わたし、安全保障の原則は防衛力=軍事力と思っていました。
    いえ、そればかりではないのは当然ですけれど、相手によるでしょ。
    中朝韓には力で臨まないとダメでしょ。

    三選してほしくなくなったわ。。。

  • >>No. 4215

    > IAEAの査察費用の一部を負担しましょう!ってことですよね。

    う~ん、どうなんでしょう。
    非核化費用の負担とあるので、素直に読むと査察費用の一部負担ではないと思ったのですけど。

    菅官房長官も13日の会見で、査察の初期費用の負担はあり得ると言っています。
    ただし、前提となるのは、北朝鮮の非核化が進んでIAEAの査察が行われることとしているので、
    非核化と査察は分けて考えているととらえられます。

    総理と官房長官が重大な問題で異なる理解をしているとは思えませんけれど、
    とりあえず、様子見と言うことで。

  • >>No. 4213

    北非核化で首相「日本が費用負担するのは当然」
    首相は「核の脅威がなくなることによって平和の恩恵を被る日本などが、費用を負担するのは当然」と語った。「拉致問題が解決されなければ経済援助は行わない」とも述べ、経済援助と非核化費用の負担は区別して考える意向も示した。

    NTPに違反して核開発したテロ国家の非核化費用を日本が負担するのがなぜ当然なのでしょうか。
    しかも、経済援助とは別ということは拉致被害者とは関係なく費用負担するということですね。

    それに、北が本当にCVIDを実行するのか不明な今、なぜあえてこのような発言をするのでしょうか。
    全く理解できません。
    三選を阻止したくなってきました。

  • >>No. 4210

    拉致問題「既に解決」と北朝鮮ラジオが再主張 米朝首脳会談後に初

    そうですよね。
    何年もそう主張し続けてきて、いまさら交渉材料なんてありませんよね。
    拉致したテロ国家が
    「無謀な対朝鮮(北朝鮮)強硬政策にしつこくしがみついている」
    と喚いているのは身代金の引き上げを狙ってのことでしょう。

    テロリストとは交渉しない姿勢を明らかにすれば良いだけです。
    被害者のご家族の方々も、憎いテロリストを利することは望まないでしょう。

    ところで、早くも北は合意文章を都合よく解釈しはじめているとか?
    わかってたけど。。。

  • >>No. 4209

    「朝鮮民主主義人民共和国は朝鮮半島の完全な非核化のため努力することを約束する。」
    ということですから、完全な非核化を約束したのではなくてそのための努力を約束したわけですね。

     ダイエットを約束したのではなくて、ダイエットする努力を約束したということと同じです。
    体重は減らなかったけど、痩せようと努力はしたのよぉ、ね、約束はまもったでしょぉ?
    どれだけ努力するかなんて、約束してないも~ん☆

     で、さっそく中共が四の五の言いだしています。

    >>中国は昨年から朝鮮半島の緊張緩和のため、北朝鮮が核・ミサイル開発を、米韓が大規模軍事演習を一時停止する「二つの一時停止」案を提唱してきた。トランプ氏もこの提案に乗る形で演習停止を表明したことで、中国側は「我々の主張が支持を得た」と、半島情勢における影響力を誇示するとみられる。

    中国は、北朝鮮が求める「段階的な非核化」とそれに応じた「見返り」を支持しており、中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は14日の定例記者会見で「各国は外交対話と非核化の努力を支持し、後押しすべきだ」と制裁緩和の必要性を主張しており、米中間の綱引きが今後激しくなるとみられる。

     トランプ-アメリカは事前に中国とかなり話し合っていたのではないかと思われます。北朝鮮問題は中国と調整できなければ進みません。日本は実際には蚊帳の外に置かれていたのではないかと思います。

     完全な非核化が実現するまで制裁は続けるなんて言っても、そんなことできるわけありません。
    もう、トランプ-アメリカは本気で北の非核化を追求するつもりがないということが明らかになりましたし、それ以外のことでも信頼を失っています。
     中共もロシアも韓国も制裁緩和に向かうと思われます。
    トランプ-アメリカ自身も制裁という言葉は残すものの、緩和することはあってもこれ以上は厳しくできないでしょう。

    >>未来永劫、平和国家に向かうなんて有り得ないことは肝に銘じて置かなきゃダメです。
    一度手にしたものを捨てるのは有り得ない。
    いつ何時、日本に仕掛けて来るかもしれない敵対国家としての認識を持ち続けるべきです。

     まったく、その通りだと思います。
    敵対国家という意味では、北ばかりでなく南も、中共もですけど。

  • >>No. 4205

    >>『さて、日本としてはどちらが経済的か?を検討してみます♬』
     おっしゃる通りですね。
    ところで、以下の文はダイヤモンドオンラインなどから拾ってきたものです。

    米国は「アメリカファースト」であり、既に米国に届くICBMの開発を北朝鮮に断念させて、核実験場を爆破させた。つまり、実際は非核化に強い関心はない。

    米朝首脳会談で、トランプ氏は「完全な非核化を実現すれば経済制裁は解くが、本格的な経済支援を受けたいならば日本と協議するしかない」との旨を金氏に説明。その上で「安倍首相は拉致問題を解決しない限り、支援には応じない」と述べたとされる。

    日朝首脳会談へ本格調整 金正恩氏「安倍首相と会ってもよい」 トランプ大統領に伝える

    トランプは当初から日本にお金を出させるつもりだったようですね。
    安倍総理も外務省もそのあたりのことは考えて当然でした。

    日朝首脳会談は平城で開かない方がいいです。
    それから、開催する前に拉致問題と経済はリンクしない、させないことを明確にしておくべきです。
    拉致被害者を返すのは当然のことです。
    見返りを与える必要はありません。
    テロリストには制裁があるべきで、ご褒美などありえません。

    日本は北へ経済援助する義務も義理もありません。
    それは南がやればいいことです。
    敵対国に援助するなんて馬鹿なまねは、中国に対しての失敗で十分です。
    援助すればその見返りに、北の日本に対する軽減すると期待するなんてお花畑過ぎます。
    援助を利用して脅威が強まることはあっても軽減など絶対にありえません。

    いま日本がするべきことは、日本を目標とした北の核ミサイルにどう対抗するかであって、
    どう廃棄させるかでは、もはやありません。
    トランプにそんな気がないことは明らかになったのですから。

    いずれにしても、トランプ-アメリカは世界の信頼を失いました。
    アメリカファーストは視野狭窄な愚か者の身勝手に過ぎないことが明らかになったと思います。
    目先の経済的損得勘定でしか思考できないビジネスマン大統領です。
    それにしても、アメリカは何度も同じ間違いを繰り返していますね。
    ルーズヴェルトも、ニクソンも、クリントンも、証拠にもなく共産主義独裁国家に甘い甘い。
    そして、いままたトランプです。
    はぁ。。。溜息が出るわ。

  • >>No. 4204

    こんなのどうかしら?
    3項:
    諸国民の公正と信義に信頼することで我が国国民の平和のうちに生存する権利を保障できない場合に限って、我が国国民が平和のうちに生存する権利を保障する手段を保持し履行する。

    九条教信者さんたちが大好きな言葉をちりばめてみました。
    これで核兵器も戦略爆撃機も攻撃型航空母艦も保有できる?

  • >>No. 4203

     ちょっと時間が時間なので、レスくださったお二方にはまた、ということで。

     アメリカのメディアの中には、勝者は北朝鮮と中国というような見方をしているところもあるようです。
    私もそう思います。
     北朝鮮が勝者であることは当然過ぎるほど当然なのですが、一番の勝者は中国だと思います。
    サードを持ち出すまでもなく、南鮮に米軍基地があり、軍事訓練を行うことは中国にとって非常な脅威だったはずです。それが、軍事訓練の中止→朝鮮戦争終結→米軍撤退となれば中国は大喜び、まさに濡れ手に粟です。

     トランプの発想はビジネスマンそのものの発想です。
    安全保障も金銭に還元してしまいます。
    当初の中国に対する強硬姿勢は、経済的な譲歩を引き出す手段だったのかもしれません。
    中国にとっては、安全保障問題を金銭に置き換えることができるのならこんな与しやすい相手はいません。
    期せずして、結果2G状態が現出する可能性があります。

     日本としてはアメリカとの軍事同盟を見限ることはできませんが、それがなくても安全保障を図れるような準備がますます必要になったと言えるでしょう。
     次期戦闘機ももう一度国産化を真剣に考えるべきでしょう。
    もはや、米国頼み、米国頼りでは立ち行かない状況に迫られていると言っても過言ではないでしょう。

  • 非核化費用「韓国と日本が」 トランプ氏が会見で強調

    具体的なことはなにも決められなかったトランプ。
    アメリカの脅威になったからこそ北との対話を急いだくせに、そしていずれは南から撤退したいと言うくせに。

    なーにが
    「米国はあらゆる場所で大きな金額を支払い続けている。韓国と日本は(北朝鮮の)お隣だ」なのよ。
    米国自身のための費用でしょ。

    もう、トランプには利用価値がないみたいね。
    日本は距離をおいた方がいいわ。

  • 南北統一費用は?…FT「最低2000兆ウォン『隠れたコスト』大きい」

    ユリジョンアナリストは、韓国だけでなく、米国と中国、日本が韓半島の統一費用を均等に負担する場合、各国が約10年間、それぞれ5000億ドルを負担する構図を提起した。
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    ???バカなの? 米中露が負担するのはまだわかるけど、なぜに日本?
    日本はぜんぜん全く関係ないし。

    「世界的な投資銀行のゴールドマンサックスは、2007年と2009年の二度にわたって南北が統一すれば世界第2位の経済大国に跳躍することができるという報告書を出したことがある」とし「韓国の研究でも、南北が統一すれば、2050年のGDPは8万ドルで、米国に続いて世界で二位になると分析している」と南北統一がもたらす経済効果について強調した。

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    薔薇色の未来が朝鮮人に用意されているようです。
    是非とも日本を巻き込まずに実現してください。
    羨ましいわ☆ミ

    ポンペオ米国務長官は11日、北朝鮮が早期非核化に向けて「思い切った行動」を取れば、米国は北朝鮮の経済発展に協力すると強調した。
    国務省のナウアート報道官はツイッターで、ポンペオ氏の「経済発展への協力」発言について、米国による直接支援ではなく、国際的な貿易・投資、世界中の訪問客らが集まることによって、北朝鮮がより明るい未来を手にすることを意味すると説明した。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    それって、経済協力とは言わないでしょ。
    トランプ政権内部も相変わらずのようです。半島関連ニュースはフェイクが多い感じですね。

  • >>No. 4196


    > 正直な見解を述べると、返せる拉致被害者はいないのではないか?と推測しています。

    そうかもしれませんね。
    そうであってもなくても、北が日本から金銭を引き出す手段としている限り同じことのように思えます。
    拉致被害者と家族の方にはお気の毒ですが、日本に金銭授与以外のカードはないでしょうし、
    そのカードは切ってはならないのですから。

    だからこそ、経済制裁で締め上げてきたにもかかわらず、あの南朝鮮のバカが邪魔してくれちゃったわけです。
    自国の国民も多数拉致されているのに、知らん顔で南北融和まんせーです。
    そんなことどーでも良いから、核の放棄と拉致問題の解決を迫るべきです。
    あのおバカのお陰で、北はお喜びでしょう。

    > 日本側はあくまで『被害者を返せ!』と言うのはカードとして割り切るくらいにしたたかだと良いのですが…。
    > かくなる上は、このカードを上手に使って北朝鮮を追い詰めて貰いたいものです。

    どう使えば一番効果的なのか、私には思い浮かびませんがそうなって貰いたいですね。
    いずれにしても、どんな名目であっても、金銭の授与やそれに同等の行為は反対です。

  • >>No. 4194

    拉致問題提起を非難=北朝鮮「過去の清算回避」

    高く買えとテロ国家がわめいています。
    お金をタカることができなくなったら元も子もないので、とりあえずテンプレート的に
    喚いてみましたというところでしょう。

    北は日本に対して、拉致被害者を返さない以外に何もできません。
    日本は、賠償責任などありませんし、経済援助も一切しないという姿勢を貫けば良いと思います。

  • 『拉致問題「なぜ日本は直接言ってこないのか」金正恩衝撃発言までの内幕 』 文春オンラインです。

    この中で、
    ››日本政府にはポンペオ氏にあたるような交渉ルートがないように見える。
    ››元韓国国防省北朝鮮分析官の高永喆氏は「日本が、拉致問題解決に向けて切れるカードは“経済支援”しかない」と断言している
    このような記述があります。

    交渉ルートがあっても、切れるカードが経済援助では無意味です。
    それは、テロリスト、テロ国家に屈して身代金を支払うことを意味します。

    拉致された国民を取り戻すことは国家のもっとも重要な行為の一つですが、それでもテロに屈することだけはしてはなりません。

    経済援助だけが切れるカードという現状はなぜなのかを日本国民として真剣に考えなければなりません。
    平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼しても、拉致された日本人は帰って来ないじゃないですか。
    無意味な戯言はもううんざりです。

  • >>No. 4189

    >A国が正式に条文に則ってB国を攻撃したのであれば、
    > 他の国は国際法に則てA国を制裁することは困難になります。

    死文化した条文に則っての攻撃であると強弁しても、強弁は強弁であって正当化できるものではありません。
    それに、国際社会ができる制裁は経済制裁に限定されますし、国連の承認がなければできないというものでもありません。

    > でもね、「軍事力を強大にして」という発想は第2のアメリカを目指すっていう発想になりませんか?
    > 数の理論だけで何とかならないかと思っています。

    誤解があるようです。
    日本にアメリカに匹敵するような軍事力など持てるはずがありません。
    経済的にも、技術的にも無理です。
    そうではなくて、日本と同盟を結ぶことが自国の安全保障のためになると思わせるだけの軍事力を持たなければならないと言っているのです。
    今の日本はそのような存在とはほど遠い力しか持っていません。
    世界一の軍事力を誇るアメリカだからこそそんな日本と同盟を結んでいますが、
    それも極東における米軍の補完としかとらえていないはずです。

    つまり、今の日本は数の理論を構築する力さえないと言うのが私の見解です。

    憲法改正の問題に戻りますが、今日も野党は憲法を守れなどという訳のわからないことを叫んでいたようです。
    守るべきは憲法ではなくて国民です。
    憲法を守ることが自己目的化しているような感じです。

    憲法改正は、そういう人たちから『護憲』というスローガンを奪うことによって、レゾンデートルを突き崩す効果もあります。
    夢の中のお花畑からは、お花を刈り取らなければいけません。
    目覚めさせて、実り豊かな大地を持つ国にしたいものです。

  • 高校生平和大使がノーベル賞候補に 長崎の関係者喜び「活動の励みに」

    国連での日本の高校生の反核スピーチは、日本の第2次大戦の被害を強調することになるのを嫌う思惑から中国の圧力によって取り止めになりましたが、この件ではどうでしょうか。

    私はブーメランとなって日本の核保有に対する足枷となりかねないのでびみょーに賛成しかねます。

    中共、ノルウェーに圧力よ‼
    大丈夫、ノルウェーなら簡単に屈するわ。

  • >>No. 4186

    誤字脱字など訂正しきれないのはご容赦ください。
    PCからの投稿でないと自分が書いたものが推敲しにくいです。
    ごめんなさい。

  • >>No. 4184

    > 残念ながら、日本は国連憲章により敵国条項という縛りを受けたままです。

    敵国条項はすでに死文化しています。
    ロシアがたまに引用しますが、北方領土を手放さないための方便でしかなく新たな安全保障上の脅威になっているわけではありません。
    敵国条項があろうが無かろうが中国は侵略するときには侵略してきます。
    それを阻止する力は国連にはありません。


    >プランA、プランB、プランC

    どのようなプランであっても、日本自身が強力な軍事力を持っていなければ中国を仮想する同盟に加わることは国はあり得ないでしょう。
    わざわざ負け馬に乗る騎手はいません。

    > 必ず核保有国(シェアリング)も残ります。

    これはまた別の問題ということで。

    > したがって、国連憲章で縛られている段階では、他国に日本へ攻め込む口実を
    > 与えないためにも、防衛力にこだわる必要があるというのが、オイラの考えです。

    重ねて書きますが、国連憲章にあろうが無かろうが、いえ、それ以前に国連があろうが無かろうが、
    侵略和企てる国は侵略します。
    国連など侵略する側される側双方にとって大して役に立つものではないと言うのが私の見解です。
    ですが、異なる見解があるのは当然のことと思っています

本文はここまでです このページの先頭へ