ここから本文です

投稿コメント一覧 (915コメント)

  • とりあえず半値戻し。
    やはりインフォコムと似たパターン。
    あとは後場に救世主が現れてくれるかどうか。
    キャッシュに余裕がある人、よろしくお願いします。

  • インフォコム掲示板に貼られてたこっちの方がわかりやすいかな。
    1Qと2Qの翌日の値動き。狼狽すると損をする良い見本ですね。
    いまのところ、似た感じになってきてるので後場に期待。

  • インフォコムの振い落しに比べればまだまだ可愛いもの。
    インフォコムの1Q翌日は前場-16%で後場プラ転まで戻しました。
    2Q翌日も前場は-8.5%まで下げましたが終値は+5.3%。
    決算翌日には超長い下ヒゲを付けてます。
    ここも誰か仕掛ける人が現れれば切り返すと思うけどさてどうなるか。
    まぁ、決算イナゴが居なくなればそのうち落ち着くでしょう。

  • インフォコムパターンかイーブックパターンかと考えるとインフォコムパターンになりそうですよね。
    先日の上方修正で織り込み済みというほどまだ買われてないですし、イーブックのような悪材料も無い。
    そもそも上方修正の時にS高ぐらいしてて良かったと思うのですが、あの時は地合いが最悪でしたからね。
    決算が出揃い、地合いも落ち着けば改めて評価されるのではないでしょうか。
    PER24倍なら割高感も無し。ビーグリーはおそらく下方修正でPER悪化するでしょうから
    電子書籍関連では一番割安になるんじゃないかな。下期予想も控えめなので上振れ余地もありそう。
    過去最高売上・最高益で株価の方も近い内に上場来高値更新を狙えるのではないかな。

    四半期ごとの対前年売上成長率は1Qの+5.9%から2Qは+16.6%と大きく改善しています。
    利益の伸びは、もう言うに及ばず素晴らしいもの。
    もっと大胆に広告費を削ってるのかと思ってましたが、まだ半年で23.5億使ってるんですね。
    これはまだまだ削れると思う。年47億ってイーブックの10倍ぐらいですからね。
    まだまだ金を掛けずに集客する努力が足りてないように思う。改善の余地おおいに有り。

    個人的に嬉しいのはコミックシアターのフルカラー・フルボイス化を準備中という点。
    これを本格的にやってけば魅力的なコンテンツになると思う。

    月曜は短期勢の売り買いで乱高下もあるでしょうが、長期の人はドッカリかまえてればよろしいかと。
    なにより、不安材料が何も無いのがいいですね。

  • >>No. 841

    へ~、約20倍、そんなに違うんですか。
    関東ローカルだから視聴者数もそれなりなんでしょうけど
    深夜アニメとかけっこうたくさんやってるから
    そういう時間帯のCMならコストパフォマンスは良さそうですね。
    コミックBARもちょうどアニメに挟まれた谷間番組だし。

  • >>No. 838

    そーなんですかー。
    ウチはMX見られない地域なので、どういう存在なのかよく知らないんですが
    キー局とかよりは放送枠がかなりお安いのでしょうね。
    こういうのも、ただ流すだけではなく事前にどれだけ告知出来るかで
    視聴者の数も大きく変わってくるでしょうから宣伝頑張ってもらいたいです。
    その点、声優さんは告知に熱心だしフォロワーも沢山いるので期待出来ます。
    この4人でツイッターの合計フォロワー数110万人もありますね。

  • なぜか電書銘柄が弱い中、切り返してきましたね。
    バクバク食べてるお金持ちが来ているようです。

    ニュースリリース
    ・番組名   『コミックBAR Renta! SP ~ありがとう100回!人気ゲスト再来SP~』
    ・放送日時  2018年11月25日(日) 20:00~20:30
    ・放送局    TOKYO MX1および、エムキャスにて放送 (※1)
    ・出演者    森嶋秀太、豊永利行、代永翼、沢城千春

    コミックBAR初のゴールデンタイムに豪華メンバーを揃えてきましたね。
    かなり節約してきたので、たまにはこういうのもいいかも。

  • >>No. 802

    へ~、そんなに人気があるゲームなんですか。
    ゲーム絵を見てみましたが、たしかに独特な雰囲気ですごく可愛いですね。
    それにしても、やっぱり中国はスケールが桁違いですね。
    中国といえば、パピレス香港はどうなってるんでしょうね。
    そのあたりの進捗も、決算で報告があるといいですが。

  • >>No. 798

    今年はTVCMを絞ってるので、会員増加ペースは多少時間が掛かるかもしれませんね。
    500万人はキリがいいし予算も余ってるでしょうから盛大にやってほしいですね。

    イベントと言えば、昨日までイーブックで手塚治虫400冊無料読み放題をやってました。
    さすがマンガの神様だけあって、ネット上でも大盛り上がりだったようです。
    私も3日間で15冊ぐらい読んでヘトヘトになりました。手塚漫画は内容がヘビーです。
    割引セールもいいですが、こういう思い切った企画物も話題性があっていいですね。
    中途ハンパでは効果も薄いですが、このぐらい大胆な企画になると
    ツイッターや2ちゃんねる等でのクチコミの拡がり方がものすごいです。
    会員以外にも伝達されるので新規会員獲得にも効果が高いと思います。
    広告費は大胆に使うのに、キャンペーンイベントはイマイチ中途ハンパなので
    パピレスももうちょっと頭を捻って盛り上がるイベントを企画してほしいです。

    ネット広告はWEBサイトからゲーム内の広告にかなり移っているというニュースがありました。
    胡散臭い怪しいサイトへ知らないうちに広告出されるより、
    身元のハッキリしたゲームに広告出したほうがブランドイメージ毀損リスクが少ないそうです。
    客層が一致しそうな内容のゲームなら宣伝効果も高そうですね。

  • 昨日はどうなることかと思いましたが今日は強かったですね。
    決算まであと1週間、まだまだ波乱はありそうですが肝心なのは決算後。
    インフォコムとイーブックで決算後の明暗がハッキリ出てしまっていますが
    インフォコムみたいに連日高値更新コースになってくれるといいですねー。

    昨日、大量保有の変更報告が出てたんですね。
    仕込む人はしっかり仕込んでいるようです。

    サマラン ユーシッツ 7.27%⇒8.48%  +1.21%買い増し

  • 今日もまた日本中が弱気の虫に襲われてますね
    いい加減うんざりですが、ここが我慢のしどころ
    業績は絶好調なのですから見直される時がいずれ来ます

  • 決算を通過した気になってましたがまだ前夜祭でしたね。本番は11/9。
    その頃には米中間選挙も終わって少しは地合いが落ち着いてるといいですが。
    今は皆おっかなびっくりで逃げ足が早い。
    これだけ波が荒いとヒット&アウェイのデイトレが増えるのも無理ないですね。
    嵐が去り落ち着いた業績相場になれば上場来高値を狙う展開になるのではないかな。

  • 良い数字が出ましたね。
    四季報予想も全て上回り文句なし。
    通期が保守的なのはいつものこと。
    順調に行けば、もう1回上方修正あるかもしれませんね。
    過去最高益。いい響きです。

  • めちゃコミックの今日の決算は絶好調って感じですね。
    売上前年同期比で1Q+17.9%から2Qは+28.2%へと大きく伸ばしてます。
    他の店も売上の伸びは明らかに良くなっています。
    電子書籍市場の成長は2016年頃から徐々に緩やかになっていましたが
    今年になって再び成長加速期に入ったのかもしれません。

    ・電子コミックが紙を追い越し、いよいよ出版社も本気で電子推進に舵を切ったこと
    ・漫画村騒動で、多くの人が電子書籍を体験しその便利さを知ったこと

    この2つが大きな要因かなと思いますが、他にもいろいろと電子書籍には追い風が吹いてます。
    どこも決算前後は上に下にと乱高下して、さらにこの地合で荒れていますが
    いよいよパピレスの番が回ってきますので無事に通過してほしいですね。

  • 今日インフォコムの決算なんだね。
    めちゃコミックはかなり好調みたいだから
    明日こそインフォコムとパピレスの反撃開始を期待したい。

  • ここは本業一筋で余計なとこに手を出さないのが良いですよね
    メディアドゥ、イーブックは予期せぬ特別損失で少しつまづきましたが
    月曜のめちゃコミックで景気づけして電書セクターに再びスポットが当たるといいんだけどなー

  • 今日のイーブックの決算、特損のオマケ付きだったので評価が割れそうだけど
    電子書籍事業の売上成長は前年同期比+24.8%とイーブックにしちゃ相当良いですね。
    昨日のLineまんがの決算なんて前年同期比+60%という恐ろしい数字。
    電子書籍業界全体が漫画村被害から回復というより更に成長加速してる感があります。
    パピレスは2Qも広告宣伝費を抑えてるっぽいので、売上成長は多少鈍いかもしれませんが
    利益の伸びは1Q以上を期待できそう。
    2年前は10/31に上方修正を出してるので、今年もあるとすれば来週あたりかな。
    それまでに、この地合の悪さが落ち着いてほしいですね。

  • 時価総額で勝ってるとはいえ、イーブックに株価で抜かれるのは屈辱ですねー。
    赤字企業のメディアドゥも+5%で背後まで迫ってきています。
    電子書籍セクター全体が盛り上がってくれるのは嬉しいけど
    各社の企業価値と株価のバランスがおかしくなってきていますね。
    いずれ正しい位置に修正されるでしょう。

  • >>No. 642

    私ももちろんいつか東証1部に上がってもらいたいなーとは思ってますが
    この前のビーグリーとか、数年前のイーブックの1部行き見てても悲惨でしたからねー。
    他の一部に移った銘柄も、けっこう下がってるとこが多いんですよねー。
    やはり見栄はって無理して1部行くようなとこはボロが出るっぽいですね。
    インフォコムが埋もれてしまうのが嫌という理由で1部に行けるのに
    ずっと行かないでいましたがようやくこの冬に1部に行くのでどうなりますかね。

  • >>No. 638

    ここはもう東証1部の基準は満たしておりますね。
    株主数は基準2200人に対して5216人ですから3000人も超えてます。
    時価総額の基準250億も、最近の株価上昇で300億を超えてきました。
    パピレスのような高優待銘柄は分割しても優待条件が変わらないと
    100株優待族の半分売りで株価が暴落することがあります。
    ここが昨年分割した後も10日間で674円下落しています。
    1単元30万程度なら高すぎるとも思いませんし株価1万ぐらいまでは分割不要と思います。
    それに東証1部はまだまだ時期尚早な気がします。
    小さい会社が1部行ってもろくなことありません。

本文はここまでです このページの先頭へ