ここから本文です

投稿コメント一覧 (101コメント)

  • 2018/01/17 18:37

    政府は16日、行政の電子化を推進するための「eガバメント閣僚会議」を首相官邸で開き、「デジタルガバメント実行計画」を取りまとめた。

    行政電子申請、紙の添付全廃へ=安倍首相、関連法の一括改正指示

     引っ越しの際の役所への転出・転入届提出や電気・ガス事業者への住所変更連絡など、煩雑な手続きをインターネットにより一括で済ませられるよう官民一体で取り組むことが柱だ。

     菅義偉官房長官は閣僚会議で「行政のあらゆるサービスが最初から最後までデジタルで完了するよう徹底していく」と強調。各閣僚に対し「これらの作業はスピードとリーダーシップが不可欠で、力強い取り組みをお願いする」と求めた。

     計画は引っ越しについて「さまざまな行政機関や民間事業者にほぼ同一の情報を届け出る必要があり、負担が生じている」と指摘。「転居者が手続きを網羅的に把握できず、手続き漏れが発生しやすくなっている」と現状を説明した。

     その上で、住所変更などの届け出がなくても問題のない手続きを洗い出し、不要とするよう各府省に求めた。残る手続きも原則オンライン化し、「マイナンバー」も活用して他の行政機関や民間事業者のシステムと連動させることを提案している。

     引っ越しに加え、「死亡・相続」「介護」をめぐる手続きでも同様の試みを推進し、これら3分野で得られたノウハウを他の分野にも拡大する。各府省に対し、実現に向けた工程表を明記した中長期計画を今年前半に策定することを義務付けている。

    上記のように国家戦略として「電子認証」を位置づけている。

    正に「電子認証事業に特化」しているガイアックスは、これから檜舞台に登場する本命株である。

    その背景が理解されていないため、¥1,000以下の株価に放置されている。

    国家戦略にリンクしている株と周知されれば、¥4,000台に向かって爆騰しても可笑しく無い!!

    本年の出世株となることを期待したい!!

  • 2017/10/02 16:50

    「京セラ」との業務提携とは違って、材料の質が大きく異なる事業領域の拡大。

    今後の株価は、京セラ相場を上回る大きな株価変動が起き上場来高値を付ける可能性が大である。

    エヌエフ回路設計ブロック<6864.T>が一時200円高の2516円と大幅高に買われたほか、ユビキタス<3858.T>も90円強の上昇で連日の年初来高値更新、データセクション<3905.T>、ホットリンク<3680.T>などのAI関連にも物色の矛先が向かうなど、量子コンピューターをテーマとした物色意欲は依然として旺盛だ。

     これまでのコンピューターの基本コンセプトである「01」の世界での大容量・高集積化競争から離れ、量子力学的な重ね合わせにより、極微の世界で起こり得る物理現象を活用して並列コンピューティングを実現させるという量子コンピューター。この分野に経営資源を振り向ける動きが世界規模で活発化している。国内では富士通<6702.T>が成長分野の柱のひとつに位置づけ注力、この流れを受けて関連銘柄の物色の裾野も広がりをみせてきた。

    出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

  • 2017/09/28 14:51

     「実現は遠い未来のことだと考えられていた「量子コンピュータ」。それが突然、従来とは異なる方式で実現した。カナダD-Wave Systemsが開発し、米グーグルや米航空宇宙局(NASA)が導入した量子コンピュータ「D-Wave」だ。
     D-Waveが期待通りの性能を出すことができれば、現在のビッグデータ活用が子供の遊びに思えてくるほどの、計り知れないビジネス上のインパクトがもたらされる。」
    「ユビキタスの日本販売代理店契約」は、同社の業容を変貌させる大きな材料だ。
    「エヌエフ回路設計:6864」が、¥2,700台に暴騰している。
    ユビキタスは、それに対して¥1,100台と出遅れている
    目先¥2,000台 中期的には¥3,000台を目指す勢いをつけることを期待している。

  • 2017/06/01 14:29

    AI関連企業から引く手あまた

     エヌビディアは1993年に創業した半導体メーカーで、得意とするのは「GPU」と呼ばれる画像処理向けの半導体。パソコンやゲーム機などに使われ、最近では任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」に採用されている。

     GPUの特徴は、画像処理などの作業に特化して同時並行で処理することで、処理速度を大幅に上げられる点である。

     これが、AIにピタリとはまった。現在流行している深層学習(ディープラーニング)などのAIの性能を上げる技術では、大量のデータを機械に読み込ませる必要がある。そして、GPUの作業をAIの“学習”に特化させると、学習速度が飛躍的に向上することが分かってきたのだ。

     エヌビディアのGPUはAIの学習分野で“1強”の地位を固めつつあり、自動運転などAIに関係する企業から引く手あまた。5月10日にはトヨタ自動車との協業を発表し、エヌビディアはAI向け半導体の“覇者”として、時価総額が1年前と比べて約3倍の809億ドル(約9兆円)、5月20日時点)まで上昇している。

    上記の掲載記事は、ソフトバンク孫社長が投資対象として注目している企業である。

    「ユビキタスの経営最重点施策ー自動車AI事業に特化」は、まさに時流とピッタリはまっている事が

    示されている。

    村田製作所を始めとする大企業との事業提携が、今後続々と事業化実現に向かって花を咲かせる時機到

    来である。

    当社の赤字の累積は、研究者の給与が主要原因である。

    裏を返せば、IT・AI技術の累積であり先行投資そのものである。

    零細企業が確信を持って先行投資できるのも、先述の村田を始めとする大企業群の後押しがあるからで

    ある。それが、一転して事業化が実現して黒字となれば、零細企業の大幅収益転換は株価への影響は

    計り知れない。

    ¥1,000台乗せから、株価への関心も強まり大幅高を演じる事になるであろう!!

    返信する 3

    そう思う91

    先述した通りの動きとなって来ました。

    世界のトヨタが売れ筋の「カムリ」に搭載した事は、他の機種にも採用される可能性大である。

    更に、他の内外メーカーが、採用する可能性が期待される。

    零細企業の株価だけに、この材料を契機として大化けする期待が大きく膨らんで来た!!

    さー、これからが本番である。積極的に買い進みたい!!

  • 2017/05/24 14:01

    AI関連企業から引く手あまた

     エヌビディアは1993年に創業した半導体メーカーで、得意とするのは「GPU」と呼ばれる画像処理向けの半導体。パソコンやゲーム機などに使われ、最近では任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」に採用されている。

     GPUの特徴は、画像処理などの作業に特化して同時並行で処理することで、処理速度を大幅に上げられる点である。

     これが、AIにピタリとはまった。現在流行している深層学習(ディープラーニング)などのAIの性能を上げる技術では、大量のデータを機械に読み込ませる必要がある。そして、GPUの作業をAIの“学習”に特化させると、学習速度が飛躍的に向上することが分かってきたのだ。

     エヌビディアのGPUはAIの学習分野で“1強”の地位を固めつつあり、自動運転などAIに関係する企業から引く手あまた。5月10日にはトヨタ自動車との協業を発表し、エヌビディアはAI向け半導体の“覇者”として、時価総額が1年前と比べて約3倍の809億ドル(約9兆円)、5月20日時点)まで上昇している。

    上記の掲載記事は、ソフトバンク孫社長が投資対象として注目している企業である。

    「ユビキタスの経営最重点施策ー自動車AI事業に特化」は、まさに時流とピッタリはまっている事が

    示されている。

    村田製作所を始めとする大企業との事業提携が、今後続々と事業化実現に向かって花を咲かせる時機到

    来である。

    当社の赤字の累積は、研究者の給与が主要原因である。

    裏を返せば、IT・AI技術の累積であり先行投資そのものである。

    零細企業が確信を持って先行投資できるのも、先述の村田を始めとする大企業群の後押しがあるからで

    ある。それが、一転して事業化が実現して黒字となれば、零細企業の大幅収益転換は株価への影響は

    計り知れない。

    ¥1,000台乗せから、株価への関心も強まり大幅高を演じる事になるであろう!!

  • No.640

    強く買いたい

    「イスラエルのJungo Co…

    2017/05/18 15:43

    「イスラエルのJungo Connectivity Ltd」が、5期連続の赤字企業(零細企業)と販売提携を結んだ意義を深く洞察する必要がある。何のメリットがなければ、零細企業で5期連続赤字企業と提携”火中の栗を拾う”ことはあり得ない。
    この大きな疑問が株価が大化けする可能性を秘めている点にある。
    過去のユビキタスを見るのではなく、将来性に賭けることが肝要ではないか。
    村田製作所と始めとする多くの国内大企業との業務提携が背景にある。
    株価¥1,000台から本格的な株価始動が始まることが予測されている。

  • 2017/05/17 17:07

    世界最大の半導体メーカーであるインテルは、日産自動車のセレナに採用された自動運転用カメラモジュールを供給しているイスラエルの企業「Mobileye」を153億ドル(約1兆7000億円)という巨額で買収することを明らかにした。インテルの幹部は買収攻勢を今後もかけることを隠しておらず、自動車向け半導体メーカーの買収によりNVIDIAとの差を縮めていく方針だ。また、スマートフォン向けの半導体でトップシェアのクアルコムも、車載半導体では世界1位のNXPを買収することを昨年発表している。このように、NVIDIAよりも規模が大きく、資金的に余裕があるメーカーが本格的に自動運転ビジネスに乗り出してきている。
    「ユビキタス」が、世界的なビジネス【自動運転ビジネス】の潮流に『イスラエルJungo社』との提携にどう結び付けていくのか要注目である!!
    『イスラエルJungo社』との販売提携が意外に過小評価されているが、これから意外の展開になることが期待されている。
    トヨタ自動車が米国中堅企業の技術を採用して【自動運転ビジネス】に本格的に取り組み始めたことを契機として加速度を増して大きな動きとなる。
    その視点からも「ユビキタス」が再評価されてくること必至である。
    ここは、黙って積極的に買い進みたい!!

  • 「セプターを餌」にして、仕手筋の格好の餌食にされ仕手筋の完勝に終わりました。

    それにしても、寄り付き「¥266」から始まった「仕手戦:出来高19,457k株」の参加者は徒労に終わりまし

    たね。「セプター材料」シャボン玉のように現れたり、凋んだりと人騒ぎなことですね。

    企業自体の業績と増配含みの業績動向から分析すれば、この「株価;¥268」は低評価ですね。

    冷静に見れば、¥300台への見直しは必ず起こるでしょう!!

    腰を落ち着けて、仕手筋に惑わされる事なく行動する事が肝要です。

  • 【 収益柱の出版がマーケティング、プログラミング分野でヒット作連発。Web広告もしっかり稼ぐ。後半に

    複数投入するスマホゲーム向け開発費増見込む会社計画慎重。

    電子化 14年秋立ち上げたビジネス系Webメディアのビズジン軌道化。PVと登録会員じわり増勢。スマホ

    ゲームは従来多かった共同運営に加え自社運営案件投入。】

    上記(会社四季報発表)、会社見通しが、株価に反映されていない。

    増配含みで、企業業績が好調に推移しそうなのに株価低位置にあるのは不自然である。

    現在の株価は、絶好の買い場である。”積極買い”で報われること確実である。

    これから、評価見直しで『株価:¥300台』に乗せるのは時間の問題である。

  • 好業績・増配含みを背景にして、下値切り上げの匍匐前進。

    そろそろ「¥300台」に向かっての噴射時機が来そうですな!!

    ここは、積極的に買いたい場面ですな!!

  • 2016/09/18 18:01

    ユビキタスの戦略的な強みが、加速度的に「産業社会に認知」発揮されつつある。

    9月17日(土)「NHK」がパナソニックの無人自動運転システムを画期的開発と報道された。

    「ユビキタス」と「パナソニック」は、2007年4月【USB関連のソフトウエア使用許諾契約締結】をしている。

    「パナソニックの無人自動運転システム機器」に、「ユビキタス部品」が搭載されている可能性大である。

    [ 機器組み込み型ソフト研究・開発が主で、「小さく」「軽く」「速く」のキーワードに表象されるユビキタス社独

    自の技術的ニッチは他社では提供できないものとして大手メーカー各社に採用されている。

    2009年(平成21年)11月にはそれまでのネットワーク、データベースに次ぐ新製品「Ubiquitous QuickBoot」の

    開発に成功。QuickBootは、デジタル家電や携帯電話に採用されているLinuxやAndroidなどのOSの起動時間を

    画期的に短縮することができる技術。]

    更に、日本電装が富士通テン(カーナビにユビキタス製品搭載)を買収。

    日本電装は、トヨタグループの優良企業であり新製品開発には定評があり販売力も強力である。

    自動車分野での、トヨター日本電装との連携も大変魅力的な動きである。

     富士通テンはカーナビを主力とするほか、自動車メーカー向けに車両の周囲を確認するシステムやエンジンなどの

    制御用コンピューターなどを手掛けている。同社が得意とする車載オーディオ分野の技術を、デンソーは自動運転車

    のコックピットに使う部品に生かすなどして相乗効果を狙うとしている。

     デンソーがいま最も力を入れているのは、自動運転に必要な人工知能(AI)などの開発だ。

    1月には自動運転技術の開発に特化したADAS推進部を設置。国内外で相次ぎ共同出資会社を立ち上げるなど、

    これまでの自前主義から外部との連携に大きく踏み出した。

    加えて、政府が新たな成長戦略の司令塔と位置付ける未来投資会議の初会合が開催して、

    「ユビキタス」に追い風になっている。

    安倍総理大臣は、ドローンなどを使って建設現場の生産性を20%向上させる考えを示した。
     
    安倍総理大臣:「(建設現場の)3K(危険、きつい、汚い)のイメージを払拭し、多様な人材を呼び込むことで

    人手不足も解消します。全国津々浦々で中小の建設現場も劇的に変わります」
     
    安倍総理は未来投資会議の初会合で、橋やダムなどの公共工事にドローンでの測量などを取り入れることで工事にか

    かる期間を短縮させ、建設現場の生産性を2025年までに20%向上させる。

    今後は、医療・介護・農業やスポーツなどの分野についても議論を進め「スピード感を持った改革を進めるべき」

    と言明している。

    まさに、「ユビキタス社会の到来」であり、「成長戦略の国策」が ユビキタスを飛躍させる起爆剤となる。

    今までの累積赤字は先行投資の研究開発のものであり、事業開発が実り収益が出れば大した金額ではない。

    “バカだ” “チョンだ” “アホ”と、嘲笑されても地道に研究開発を続けてきた苦労が実り始めて来たのである。

    新製品開発途上の赤字をバカにして嘲笑してきた輩に投資をする資格はない。

    新規事業開発は、粘り強く地道な血の出るような努力と忍耐と先見性が必要なのである。

    今、”努力の華が咲こう”としている時機の局面であり、“千載一遇” 絶好の買い場である!!

    当面、¥2,000台を通過地点とし、¥10,000台を目指す爆騰を開始する事であろう!!

  • 増配:¥1.4⇒¥2 を、予定。

    増配に加えて、下記のように企業業績も順調に伸びているが株価は非常に安く評価されている。

    業績を正しく認識すれば、¥300台でも低評価だと推測する。

    株価修正が、必ず起きる株価ゾーンなので積極的に買いたいところである。

    【収益柱の出版がマーケティング、プログラミング分野でヒット作連発。Web広告もしっかり稼ぐ。後半に複数投入するスマホゲーム向け開発費増見込む会社計画慎重。
    電子化 14年秋立ち上げたビジネス系Webメディアのビズジン軌道化。PVと登録会員じわり増勢。スマホゲームは従来多かった共同運営に加え自社運営案件投入。】

  • 2016/09/15 13:14

    "猫に小判"の雑魚グループの売り煽り一段落。

    15%以内の調整は、セオリー通り。売り逃げしたと思っている輩、後で臍を噛む事であろう!!

    N総研資料も「材料豊富」と推奨。

    「ユビキタスの真の価値」を、正しく認識して”果報は寝て待て”を貫く姿勢が肝要!!

  • 2016/09/11 15:13

    9月3日「投稿文章」―株価¥1253-は、下記参照。

    「ソフトバンクG」【IoT時代の覇権を握ることを狙った買収】との、業務提携が実を結べば夢は更に大きく羽ばたける!!

    IoT時代の中核に位置する「ユビキタス」が、存在感を示す時機到来である。
    村田製作から始まった業務提携は、楽天まで十数社と締結されている。
    締結した大企業の事業開発は、静かに進行中である。
    大企業は事業の先行きが不透明になった場合は、即時撤退するのが業界常識である。
    然しながら、業務提携した大企業が撤退したニュースはない。
    それだけ、「ユビキタス要素技術」は、事業具現化が確実視されている証拠である。
    1社でも事業化が軌道に乗れば、今の株価ではいられないことは火を見るよりも明らかである。
    株価の先見性から見ても、現在の株価は仕込み時機である。

    9月9日終値:¥1,462(高値;¥1,483)と、助走段階である。

    村田製作所と、「資本・業務提携時」の株価は、約¥4,000である。

    その後、次々と業務提携先大企業は増加して十数社になっている。

    大企業の視点から業務提携を立案する際には、マーケテイング本部・研究開発本部・事業開発本部からなるプ

    ロ中のプロ達が子細な資料・技術の優位性を検討する。

    参入する[lot]市場規模・業務提携する技術の周辺特許・隙間戦略の差別化・市場参入した場合の当社の市場占

    拠率・月商100億円以上の売り上げが期待できるか・他社との差別化が図れるか・長期に亘っての優位性が保

    てるか等々を緻密な分析の基に業務提携の決定を下す。

    「ユビキタス社」は、ユビキタスの要素技術を搭載した機器からのロイヤルテイ収入・ライセンス収入によっ

    てもたらされる。

    業務提携先の大企業は、【lot事業を最重要戦略】と位置付けて行動している。

    従って、大企業各社から得るロイヤルテイ・ライセンス収入は「超零細企業ユビキタス」にとって大変貌を遂

    げる材料である。

    ユビキタスの売り上げ予想には、大企業に搭載される製品売上の計上は「大企業販売戦略」に深く関連するた

    めに、大企業の許諾なくして売り上げ予想は公表できない。

    その事を吟味して「ユビキタス」の価値を理解することが重要であり、将来性を鑑みなければならない。

    ようやくユビキタスの秘める価値に気付き始めた投資家が“買い”の端緒に出たのである。

    高値からみれば、1/3の株価は、超割安価格である。

    反転開始の序の口の株価は、積極買いで大きく報われる事必定である。

    [ガンホー]を、上回る大化けの期待を持った銘柄であり、¥5,000台乗せから大爆騰を演じるだろう!!

  • 【自社開発のスマホゲームをキャリアサービス投入。手持ち資金多く、16年度はゲームの自社開発・

     運営に本腰。】

    「スマホゲーム」が、時流に乗り販売好調で増収・増益軌道化.

    17年3月期は増配(¥2)が、見込まれている。

    株価も静かに下値切り上げて、¥300台に再び挑戦!!

    現在の株価は、業績反映せず超割安で積極買いで報われるであろう!!

  • No.413

    強く買いたい

    「ソフトバンクG」【IoT時代…

    2016/09/03 14:36

    「ソフトバンクG」【IoT時代の覇権を握ることを狙った買収】との、業務提携が実を結べば夢は更に大きく羽ばたける!!

    IoT時代の中核に位置する「ユビキタス」が、存在感を示す時機到来である。

    村田製作から始まった業務提携は、楽天まで十数社と締結されている。

    締結した大企業の事業開発は、静かに進行中である。

    大企業は事業の先行きが不透明になった場合は、即時撤退するのが業界常識である。

    然しながら、業務提携した大企業が撤退したニュースはない。

    それだけ、「ユビキタス要素技術」は、事業具現化が確実視されている証拠である。

    1社でも事業化が軌道に乗れば、今の株価ではいられないことは火を見るよりも明らかである。

    株価の先見性から見ても、現在の株価は仕込み時機である。

  • No.264

    強く買いたい

    ¥1,265抜ければ、次は¥1…

    2016/08/23 13:06

    ¥1,265抜ければ、次は¥1,500台。

    更に、LOT本命株として¥3,000台に戻る期待大!!

  • 2016/07/27 12:00

    ロボット・lot関連の投信が、新たに設定される。
    lot関連株の中核銘柄として、見直されて来る事は必定である。
    安倍内閣の経済対策が、lot関連産業の育成であり重点投資が行われる。
    既に、iot関連製品を開発している大企業との業務提携が積極的行っている「ユビキタス」。
    村田製作と、業務提携した時に示現した”¥3,000台”に向かって株価は上昇すると推測している。
    この株価水準は、絶好の買い場である。

  • 2016/05/18 14:25

    業績は、改善傾向にあり特別損失は一時的な措置。

    むしろ、来期の黒字化を実現するよう頑張って貰いたいものだ!!

    多数の業務提携をしている以上1~2社位の事業が軌道に乗るであろうことを期待する。

  • この「プレスリリース」どの程度業績に反映されるのか??

    取らぬ狸の皮算用でもいいから、売り上げに貢献して欲しいものだ!!

    2016年5月9日
    株式会社ユビキタス
    ユビキタス社、TPM(Trusted Platform Module)対応ソフトウェアライブラリ
    「Ubiquitous TPM Security」を5月20日に発売
    ~TPM2.0も今夏対応予定、高いセキュリティ機器の開発を強力にサポート~

    株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下ユビキタス社)は、高い耐タンパ性・セキュリティ機能を実現するTPMに対応したソフトウェアライブラリ「Ubiquitous TPM Security」を2016年5月20日(金)に発売します。

    「Ubiquitous TPM Security」は、コンピューターの信頼性と安全性を高める国際業界標準規格を制定する業界団体「Trusted Computing Group (TCG)」が策定したTPMを利用するためのソフトウェアライブラリです。
    TPMは耐タンパ性に優れたセキュリティモジュールの規格仕様で、対応したICチップでは内部に格納されている秘密鍵(暗号鍵)を取り出すことができないため、秘密鍵(暗号鍵)の安全性が担保されます。また、「秘密鍵(暗号鍵)と公開鍵のペアの作成」、「RSA暗号の符号化・復号」、「ハッシュ値の計算」、「デジタル署名の生成・検証」等、セキュリティに必要な機能を備えています。これらの機能により、「ハッキング」、「なりすまし」、「改ざん」を防止し、高いセキュリティを実現します。

    Ubiquitous TPM Security.png
    高いセキュリティ機能を実現するTPMは、すでにWindows Vista以降のビジネス向けPCのデータ漏えい防止、マルチファンクションプリンタのカウンター値改ざん防止やデータ漏えい防止、その他さまざまな機器のセキュリティ対策に幅広く利用され、現在までに約24億台※1の機器でセキュリティ対策に利用されています。

    一方、中国やロシア圏では、TPMの利用においてはISO/IEC国際標準として承認された最新のTPM2.0が必須になる等、最新スペックへの対応が急務となっています。また、2016年7月28日以降に出荷されるWindows 10搭載PC(コンシューマ向けを含む)では、Windowsハードウェア認定プログラムの要件としてTPM2.0の実装と有効化が必須となります。
    今後、TPMを用いたセキュリティ対策はますます注目され、マルチファンクションプリンタやPOS端末等、高度な情報処理が必要な組込み機器や次世代コネクティッドカーへの採用が広がるものと考えられています。「Ubiquitous TPM Security」は、コンパクトなプログラムサイズでいち早くTPM2.0に対応し、市場ニーズに応えます。

    ユビキタス社は、デジタル機器の機器認証や、SSLなどのインターネットセキュリティなど多数の組込み機器のセキュリティ対応の経験と実績を元に、今回の「Ubiquitous TPM Security」をIoT時代のセキュリティリスクに立ち向かう強力なセキュリティ製品としてラインナップに加え、システムへの実装のノウハウと併せて展開することで、機器製造事業者やサービス事業者がIoTを活用したサービスを安心、安全に実現するためのソリューションを提供してまいります。

本文はここまでです このページの先頭へ