ここから本文です

投稿コメント一覧 (967コメント)

  • 直近のマネジメントブログで、CBS9106(SL-801)フェーズ1は来年も続く事が予想されてる。
    キャンバス社の考えに賛成、当然。
    固形癌での安全面がよりクリアーに成り、より上の投与量を試すはずだから、より競争力の有るデータ集積が出来る訳だし。

    血液癌は、別枠でフェーズ1を設定すると思うが。
    固形癌での安全面の確保と、フェーズ2に向けた有効性の下見完了でマイルストーン発生じゃないかな、かなり先。

    CBP501、CBS9106、独自の候補剤双方で順調にデータ集積が続いてる。
    投資対象として見直され始めた事での、直近の値動きだと考えたいなあ。怪しいのは、困る。

  • >>No. 708

    luvさん、こんにちは。

    >競争相手が多すぎ競合率が高い・・・ 企業が求める証明を補完するための工程の進捗率の低さ

    どちらも、確かにその通りだと思う、今現在だと。
    ライバルとなる治験の多く、そして、CBP501フェーズ1bで進捗状況(獲得データ)が出て来ないと、高めの確率は出せない、これには賛成。
    ただ、CBP501は極めて独自な存在だから“他社に獲られた場合のリスク”、これが交渉相手の中に生まれれば、早期の提携が現実味を帯びて来るんじゃないかな?
    私が視てるのは、基本的には、その点。

    >CBP-A08が、リボーンの系譜と言うことは、作用機序は変わらない性能アップした後継との理解で良いのだろうかということです。

    カルモジュリン→様々な細胞間での情報のやり取りに広範囲に関わってるタンパク質、未解明の部分が多い。

    カルモジュリンを変調させて、癌細胞が持ってる様々な優位性を奪っていく、これが今現在のCBP501の本質だと思う。
    化合物としての構造を変化させて、癌細胞の浸潤や転移などで、より有効性が期待出来るのがCBP-A08のはずだから。
    影響を与える範囲が広くなるという事は、恐らく、作用機序はかなり変わると思う。

  • CBP501フェーズ1b、フェーズ1bとは言え、以前からの200症例以上のヒトでの治験データと、しっかりとした論文発表に下支えされてる。
    東大との共同研究の中に、CBP501+免疫チェックポイント阻害剤のデータも含まれるが。
    2年延長だし、ヒトに近い反応を期待出来るマウスでやってるから、ここでのデータが効いてくる場面も有るのかも知れない。
    最終データでの提携は疑ってないが、早期の提携を期待したい。
    とは言え、買い煽りはしたく無い、長期目線も必要だろう。

    話は変わるけど、堅調過ぎるサンバイオの値動き、羨ましいと言うよりは。
    監視委員会も苦笑い、なんじゃないかなあ・・・

  • akkは、自分が知恵遅れだという事を、証明し続けているんだが。
    自分が何をやってるか、解からなくなってるんだろうな。

    知恵遅れのサンプルとしてはもう十分だ、用済み。

  • >>No. 394

    知恵遅れのお前は、出てこなくていいんだよ。

    家族の介護で忙しい、他で書いたが。
    妻でなく、子でなく、兄弟でもなく、何故、親と決めつけるんだ?
    現実と妄想の区別が付かない、知恵遅れの子だからだよな。

    生ゴミとして処分される前に、病院探しいや。

  • 伝説、結局、質問(テロメライシンの対メラノーマ単剤データで導出出来ると考える根拠)の答えは。
    社長の発言がポジティブだったので、導出を妄想してる、だよな。

    何だそれ、子供か?
    30000円台の根拠問われて、訳の分からない事言って逃げ続けるakkと変わらないじゃないか。

    この妄想コンビ居る限りだめだな、ここは。

  • 返信は最後、こう言っていたが早速やってるなakkは。
    反論と呼べるようなものは全く無く、子供じみた悪口並べるだけなのも相変わらず。
    正常な人間なら、恥ずかしくて出来ない。

    オンコリス社についての、的を得た話は無理だろう。
    頭おかしい人間として、こういう場所をウロウロするだけの子。
    親は大変だろう・・・

  • 伝説、自分の頭の中だけで考えるから、そういう偏りが出るんだよ。
    会社への問い合わせや、詳しい人とじっくり話する等した方がいい。

    FDA管理下(国際的な信頼性が高い)のテロメライシンの治験はフェーズ2で、有効性の見極めに入っている訳だから。
    上市、そしてその後の収益力に説得力が有るデータなのかどうかを視られる段階。
    単剤データが良くても併用データが良いとは限らない、だから併用データを求められる。

    浦田社長は確かに、3社程度に絞る、を含む発言をしているが。
    提携交渉には多くの段階が有る、明らかな手応えや勝算を示めした訳では無いから。
    社長の発言は、冷静に受け止めるべきだろう。

  • 伝説にも、困ったもの。
    投稿履歴視たが、コピーか根拠の怪しい導出期待が中心。
    先生?
    色々教えた記憶は有るが、教わった記憶は無い。

    私が対メラノーマ単剤データでの導出が厳しいと考える根拠は、以前にも書いたが。
    既に、有力な承認薬が多くある。(ヤーボイ、オプジーボ、キイトルーダ、BRAF+MEK阻害剤、Imlygic等。)
    ライバルとなる治験が、最も多い癌種、併用が多く、当然単剤より上の成績を目指している。
    Imlygic(T-VEC)が提携獲得したのは、6年前で、免疫チェックポイント阻害剤が中心となってる今では参考にならない。

    それから、FDA長官の承認についての考え方は、原文読んだが。
    FDA管理下で、テロメライシンは早期承認治験申請をしていない。
    手続きの流れ、理解した方が良いと思うよ。

  • >>No. 358

    伝説、なぜ質問に答えないんだ?
    腫瘍溶解性ウィルスは、20種程度研究開発が進んでいる、次世代型も含まれる。
    全体が注目される事も、勿論、大切だが。
    全体としてではなく、テロメライシンが注目される為にオンコリス社は頑張っている。

    ヤーボイ、オプジーボ、キイトルーダ、BRAF+MEK阻害剤、Imlygic、これら有力な選択薬が有り、新規治験が最も集中している対メラノーマで。
    単剤データで導出出来る、なぜそう考えるんだ?

    ライバルの少ないテロメライシン+放射線の対食道癌、そして勝算高い適応範囲に絞り込み、既に勝負を始めている。
    浦田社長はコラムの中で、これにのみ触れて、次世代型に話を進めている、社長の意気込みを感じ取るべきなんじゃないかな?

  • >>No. 349

    どの腫瘍溶解性ウィルスの、どのフェーズ2と比べてどういった優位性が期待出来るのか?
    根拠を合わせて、説明してくれるかな?

    それから、会社は欧米メガファーマに免疫チェックポイント阻害剤との併用データを求められている事を説明しているが(提携交渉に於いて)、単剤データで導出出来ると考える根拠も。

    “700前半維持、これがやっとだろう”、言葉の通り予想だが。
    大丈夫なのか、伝説?

  • 都合の悪い人間を皆同一視したがる、akk君。(強引過ぎるが。)
    さすが、知的障害者代表。
    投稿履歴は何処まで行っても、値上がり妄想か他人への悪口のみ、オンコリス社の説明は出て来ません、これも当然かな。
    こんなのが居るから、騰がらないんじゃないか?

    とは言え、怪我人は少ない方がいい。
    テロメスキャンの検査システム化、テロメライシン+放射線の対食道癌フェーズ1中間結果。
    これらには現実的な期待が出来るが、早くても来年3月頃だろう、強いIRは。
    テロメライシン+キイトルーダ(国がん東病院)の治験開始等で、一時的な急騰は有るかも知れないが。
    700円台前半維持、これがやっとの状況が続くだろう、くれぐれもご注意を。

  • >>No. 313

    だから、根拠示さない高値妄想か投稿者への悪口だけだろ、akkは。
    自己分析出来ないから、そんな恥ずかしい事しか出来ないんだよ。

    オンコリス社の治験計画視れば、2020年迄に上市出来るパイプラインが無い事は、一定以上の知識が有れば解かるはず。
    上市やそれに伴うロイヤリティーの確定無しに、2020年に株価30000円台、無知なakkならではの妄想なんだろうが。
    目先の厳しい競争に向き合ってるオンコリス社に対して、失礼でも有るな。

    それにしても、参考となる事実のみ示めして、怪しい高値予想はしていない私の投稿を、買い煽りと言ってる伝説。
    これも、困ったもの。
    二人は、似た者同士の部分有るな。

  • 順天堂大学とテロメスキャンの検査システム化を、共同研究。
    このIRの中で、肺癌に対する手応えが丁寧に示めされていた。
    日本人の癌で最も多い肺癌、広い範囲での早期発見が実現すれば。
    医療費を圧迫している、オプジーボやキイトルーダなどの免疫チェックポイント阻害剤を使用する前に手を打てる。
    投資対象としての格は、騰がったと思うが。

    更に、格が上がる為には。
    順天堂大学と、オンコリス社含めた企業との連携強化、国からの支援獲得の為の協議。
    実用化に向けた、そういった説得力が必要に成るだろう。

  • >>No. 295

    相手の言葉利用しないと話出来ないようだから、12歳ぐらいの精神発達状況だな。

    最後の返信?
    その言葉、守れないだろうな。

  • >>No. 293

    わざと間違えた、食いつくと思ったからな。
    そんな事に一生懸命になるような場所では、無いんだよ。
    知的障害有る事を、自ら証明している。

    恥をさらし続けるな、哀れ過ぎる。

  • >>No. 291

    他の銘柄の掲示板を、色々視てごらん。
    そんな幼稚な投稿をしてる人は、一人も居ない。

    保護者と相談して、君に合った居場所を探した方がいいんじゃないかな?
    君の投稿は、値動きに対する妄想、都合の悪い投稿に対する悪口。
    どちらかしかない、株式投資が理解出来るとは思えないな。

  • >>No. 288

    いぜれ、30000円台に成る。
    増資完了すれば、300円は騰がる。(増資の対象となってる治験申請でも、FPIでも、株価が大きく騰がることはなかった。)
    こういう馬鹿げた事言ってる人間に、そんな事を言う資格は無いんだよ。

    投稿見てると、知的障害の子特有のものだが。(自己分析、反省が出来ない。)
    誰でもログインさせるヤフー、こういうところしか出入り出来ないのは解かるが。
    オンコリス社、そして、株主の迷惑を少しは考えた方がいい。

  • >>No. 664

    免疫システムの反応が強くなってる場合は、理屈の上では全て免疫活性という事に成るのかも知れないけど。
    人間にとって都合の悪いものだと、免疫システムの暴走だし、多くの場合、病気に繋がる。

    CBP501の対象となる、患者の絞り込みに関するキャンバス社の説明は。
    大なり小なり免疫システムの暴走を抱えてる患者とのミス-マッチを避け、正常な免疫システムを出来るだけ活性させ、癌細胞に向かわせる事を目指す。
    で、いいんじゃないかと思う。

    luvさん、どうかな、納得出来る?

  • 私は家族の介護で忙しいので、株主総会も、セミナーも、出席は厳しい。
    zawさんの話は興味深いなあ、臨場感含んでいるので。

    それにしても、昨日の値動きは気になる。
    本当の理由は、何だったのだろう?
    ステムライン社絡みだったような気が、しないでも無い。
    SL-801(CBS9106)でFDAが何らかの優遇措置をしそうだ、とかなら話はキレイなんだが。
    (確かな根拠は無いので、ご注意を。)

本文はここまでです このページの先頭へ