ここから本文です

投稿コメント一覧 (2148コメント)

  • >>No. 44

    kbsf102030さん 今日は
    私たちも九電とのお付き合いが長くなりましたね。

    つきあい始めは確か、川内原発の申請前でしたから
    25年2月~3月頃からでしょうか。
    5年以上たちますね。そのころはどこの原発も1~2年程度で
    再稼働し、株価も停止以前に戻るものと思っていましたが・・・・・・・

    そして規制委員会の議事録を見ては一喜一憂していたのを思いだします。
    申請が認可され、稼働前の8月に1700円台を付けたのが、最高値になるとは
    その時は全く思ってもいませんでした。

    電力はやはり配当金で株価が左右されるのでしょうね。
    (昔から配当取りの銘柄でしたものね)
    来期は最低でも40円、うまくいけば50円
    そうなれば現在の関電の株価程度までと、気長に行こうと思っています。
    下値リスクが余りないのが良いところでしょうか。
    今後ともよろしくお願いします。

    幹事証券会社がその会社の株式の売買で・・・・・・・儲ける??とは
    ファイアオールが効いていると答えるのでしょうが・・・・・
    納得できませんね。

  • 東洋経済 12月15日号
    営業利益 来期増益率ランキング
    九電35位 増益率33.3% 予想営業利益1400億
    です。

  • 三菱UFJ -1.36%
    三井住友FG -1.02%
    に比べ
    三井住友トラスト -3.65%です。

    米中貿易問題に一番遠いトラストが下落率トップとは・・・・・
    今日は買場ではないでしょうか
    利回り160÷4275=3.74%です。
    一部上場の平均利回りは2.26%
    安すぎますね。

  • 今日の銀行株の値下げ要因は・・・・・・・・
    ご存知でしたらお教え願います。

  • 太陽光発電抑制要請に関して多くの投稿がありますが・・・・・・・・
    そもそも国の方針に疑問があります。
    その1 自然エネルギーを拡大するため高めの単価で且つ無条件に買い取らす制度
        (自由競争を広げるのとまったく正反対の制度です。結果は国民負担に
          申請してその権利を売っている業者があるようです)
    その1 ベース電源として位置づけたこと
        ・雨の日は発電しない、夜も発電しない このような電力を
         ベース電源にすることは、国民に雨の日はテレビは見ない、電気
         冷蔵庫も電源を切る・・・・・このようなことを前提に国民
         に要請して、了解を得てベース電源にすべきと・・・・・
         又は、蓄電技術の大幅なアップを確認してからと

         結果、電力会社の火力発電、稼働、非稼働と揚水発電に頼って
         太陽エネルギーを拡大し今日の新聞のようなことになっています。
         仮に電力会社に頼って、拡大するのであれば、電力会社が買い取れる
         範囲に限定すべきと思います。(何故されていないのか?????)

         例えば揚水発電で消費できる電量量+即稼働がストップでき(また
         足りなくなると稼働する)る」量の範囲。

    国はこのような話し合いを電力会社としてきたのでしょうかね。

  • №118の一部訂正です。
    2月9日 ダウの24,601 -741 → +741の間違いです。
    失礼しました。

  • 金利高ショックは今年2月に続いて2回目です。
    ご参考までに

     日     ダウ      日経        九電
    2月2日   25,520 -666
    2月5日   24,345 -1,175 22,862 -592   1,206 -11
    2月6日   24,912 +567  21,610 -1,072  1175 -31
    2月7日   24,912 -19   21,645 +35   1,170 -5
    2月8日   23,860 ‐1,033 21,890 -245   1,164 -6
    2月9日   24601 -741  21,382 -508    1,148 -16

    1週間ほどかかっています。
    九電は下げ基調が続きました。

    さて今回は今のところは電力の中では下げが少ないですね。

  • >野村證券というのは犯罪者集団という認識で間違えてないでしょうか?

    以下は野村の謝罪文からの抜粋
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    3. 内部管理態勢の強化に向けた取り組み
    当社では、かねてこうした事案の発生防止のための施策を実施しておりますが、本事案を厳粛に受
    け止めております。社員の行動に対するさまざまな角度からのモニタリングや牽制の強化などを実施し
    てきており、今後も、内部管理態勢の一層の強化とその実効性の向上に取り組んでまいります。また、
    引き続き法令遵守の徹底および高い職業倫理の醸成に努め、再び違法行為が行われることのないよ
    う、全社をあげて社員教育を徹底してまいります。
      ・・・・・・・・・・・・・
    上記内容にプラスして
     野村の自己売買部門と顧客管理部門、調査部門、それに法人部門との
    間のファイアフォールが守られているか否かも厳重にお願いしたいものです。
    できなければ自己売買部門は即別会社に分離すべきと思います。
    (CB発行の情報が法人部門から自己売買部門に事前に流れてる???等)
    幹事証券を務めている会社の株式を自己部門で売買するのは如何と思いますが・・・・・
    (金融庁が何らかの通達を出しているのでしょうかね)

    それに上記に記載の法令順守と高い職業倫理の醸成に努め・・・・・・
    とありますが、
    しっかりとお願いしたいですね。

  • >>No. 347

    >25日の高裁判決は,四国電力側勝訴の可能性が高いことを大勢の方が
    >認識しているのにもかかわらず,昨日は下げた原因をご教示いただければ幸いです。

    再稼働は織り込み済では?????
     
    井方原発仮処分は29年12月13日

    前日12月12日の株価は1516円(昨年の一番の高値です)
    そして翌日(仮処分)12月13日は
    1390円(▲126円)です。
    更に12月14日は1287円まで下落です。
    2018年9月21の終値は1561円ですから織り込み済み?

  • >さて、来週は❔
    >熊本の時は、次週の月曜日に⤵️⤵️⤵️
    >去年は、減益発表で⤵️⤵️⤵️

    熊本地震は 
    28年4月14日夜が1回目
    28年4月16日未明が2回目でした
    当時の株価は
    4月15日(金)1370 1404 1368 1398 ▲2でした。
    そして
    4月18日(月)1388 1376 1352 1359 ▲41です。
    そして4月19日以降は△16 △7 △13で1日のみの影響です。
    地震1回目の株価への影響はそれほどなく、2回目で下げていますが、それもⅠ日限りです。

    今回の地震は1回で6日朝に発生。
    6日は▲13と下げましたが、翌日は△36です。
    10日は地震の影響はないと思っていますが・・・・・・・・

  • monさんおはようございます。
    >その数字、おかしくないですか?

    転記ミスをしていました。
    要電の残存価格は、正しくは746→7464億円です。
    失礼しました。
    東電が746億円はありえないですね。

  • ご参考までに
    私の古いメモです。(多分日経新聞から転記???)
    2012年現在の数字です。
      会社  原発残存価格 解体引当不足
     中電   2544      1428
     中国   1249       284
     北陸   2187       948
     東北   3466       1504
     関電   4858       1460
     四国   1377       407
     九州   3386       1021
     北電   2970        820
     東電   746        4031

    その時から6年も経っていますので償却も進んでいるでしょうから残存価格も下がっているのではと、また引当金も
    もっと積み上がっているのではと・・・・・・・

    但し安全対策のため、残存価格が上がっている?????可能性がありますね。
    残念ながら最新の資料はありません。

    2012年からの貸借対照表、損益計算書を分析すれば見えてくるかもしれませんが

  • 九電 寄付再開を検討


    九電、唐津市に寄付再開へ 財務改善、早稲田佐賀にも
    サガハイマットなどへの寄付再開について言及した池辺和弘社長=福岡市の九州電力本店

     鳥栖市の九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)への寄付再開を検討していた九州電力の池辺和弘社長は31日の会見で、早稲田佐賀学園(唐津市)と唐津市民交流プラザへの寄付も再開する方針を明らかにした。再開時期や金額は各運営団体と協議して決める。

     九電は管内の原発が停止した後の2012年度以降、業績悪化を理由に寄付を保留していた。寄付総額の予定はサガハイマット39億7千万円、早稲田佐賀学園20億円、唐津市民交流プラザ5億円。これまでの寄付額は公表していない。

     池辺社長は再開を決めた理由について「3期連続の黒字が達成できて財務が改善し、対応できる準備が整った」と説明。「どういうやり方で何年間かけてやるかこれから相談する。それほど長い年月をかけるわけではない」と語った。

    配当金を元に戻す準備は整っていないのですか

    寄付も大事でしょうが、もとに戻っていないのは、配当、電力料金
    元に戻す順序に疑問がわきますね。

  • >来週にはJPX400の入れ替え新規採用発表がある。

    これですね。
    材料】JPX日経400入れ替え予想、リクルートHDやコスモエネHD、すかいらーくなど採用候補



    JPX日経400 <日足> 「株探」多機能チャートより
     8月に実施されるJPX日経400入れ替えの事前予想が発表された。
    大和証券では21日、18年3月期決算が概ね出揃った今月18日時点での情報を用いて入れ替え予想を公表。
    新規採用は26銘柄、除外は25銘柄程度とみている。JPX日経400の入れ替え発表は8月7日で、同月30日の終値でリバランスが実施される見込み。

     採用候補の予想順位の上位銘柄はリクルートホールディングス<6098>、九州電力<9508>、コスモエネルギーホールディングス<5021>、出光興産<5019>、すかいらーく<3197>など。

  • 九州電力
    本日の電力使用状況
    九電でんき予報】[ピーク予報:14-15時 1630万kw 84.9%]2018年07月26日14時の使用量は1599万kW(ピーク供給量の83.2%)
    昨年比+8.6%

    関東の今日は少し暑さが収まり、過ごしやすくなっていますが、九州は相変わらず
    暑い日が続いているようですね。

  • デコミさん 有難うございました。
    九電の各発電所の発電燃料単価まで踏み込んでの分析で
    略それに近い増収効果が出るのではと・・・
    どちらにしても楽しみですね。
    有難うございました。

  • デコミさん 今日は
    横から失礼します。
    >というか希薄化はもう仕方ないんで、松浦石炭火力2号機の稼働開始で増資分>>(900億円)の新たな収益源を創出できる見通しがあるのか説明して欲しいもん>です。

    今年12月から稼働予定の松浦石炭火力(100万Kwh)の増収効果がどの程度か
    気になっていましたので、試算してみました。
    発電コスト(1KwH当たり)
      石油30円 天然ガス13.7円 石炭12.3円
      (これらの数字は各電力会社の平均であり?、各発電所の効率の
       良しあしや燃料価格によって変わるのでしょうね)

    この一般的なコストを当てはめて試算すると次のようになります。
     (LNG→石炭として 石油であればもっと差が出てきます)
     1Kwhの差は13.7円-12.3円=1.4円
    年間の効果は
      1.4円×24時間×365日×100万Kwh=122億円

    900億円÷122億円=7.3年
    7.3年で増資分回収できますね。
    それに松浦石炭火力は高効率と聞いていますので、1Kwhの利益効果は
    もっとあるのかもしれません。

    原発が4期稼働、そして上述の松浦石炭火力が稼働す第4四半期はどのような
    決算になるのでしょうか。楽しみですね。

  • 佐賀新聞 6月9日 9:00

    玄海4号機 16日にも再稼働

     九州電力は8日、玄海原発4号機(東松浦郡玄海町)の原子炉を試験的に使用するための承認を原子力規制委員会から受けたと発表した。1次冷却水ポンプの不具合による点検、部品交換で工程が遅れたため申請を一度取り下げ、再提出していた。九電は「16日以降準備が整い次第、原子炉を起動する」としており、早ければ16日にも再稼働する。

     再稼働に向けては、原子炉の安定的な連続運転を確認するため、試験的に動かす必要がある。10日から炉内の圧力や温度を上げ始め、再稼働前の最終工程である制御棒駆動系機能検査を15日に実施する予定。当初は、5月18日から試験使用、同25日前後の再稼働を見込んでいたが、同3日にポンプの異常が判明。分解点検と部品交換作業に時間がかかった。6月に予定していた最終検査を1カ月延期し、7月の営業運転復帰を見込んでいる。

  • 東電   8:46
    気配 557円 +46円 +8.2%
    電力株全体に広がるか???

  • 九電 IR 29日

    川内原子力発電所1号機の原子炉起動、発電再開予定をお知らせします
    -5月30日に原子炉起動、6月5日に発電再開予定-
     川内原子力発電所1号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力89万kW)の第23回定期検査(平成30年1月29日着手)については、停止中における所要の検査をほぼ終了し、5月30日に原子炉を起動、翌31日に臨界に到達させ、6月5日には発電を再開できる予定です。
     発電再開後は、徐々に出力を上昇させながら各機器の機能を確認するための調整運転を行い、6月下旬には、国による総合負荷性能検査を受検し、通常運転に復帰する予定です。

    長かった定期検査も終了しようやく稼働、これで2基稼働そして6月中旬からは
    玄海原発4号機も稼働し3基稼働体制となります。

本文はここまでです このページの先頭へ