ここから本文です

投稿コメント一覧 (4908コメント)

  • >>No. 1003

    >少数の低レベルの人を排除すべきということです。

    低レベルを排除した凡人が選ぶ政治家よりも、日本でわずかしか存在しない、極めて高い能力をもった人たちだけに、選挙権を与えたほうが、能力の高い政治家を選べると思うのですが・・・

    能力という基準こそが、政治であり選挙であるという、あなたのコメントを忠実に思えばこそです。

    限られた少数の高い能力を持つ人たちに、政治家を選び、政治をしてもらえば、政治に無関心でも世の中を何も知らなくても、安心して暮らせます。

    むしろ、凡人が政治に関心を持ち、選挙などと言うものに参加させられるから、ひどい政治家達ばかりになります。

    高い能力を持つ人間をさしおいて、凡人が政治や世の中に関心を持つこと自体、間違ってると思いますが・・・

    能力こそが、政治である選挙であるという、あなたのコメントではね

  • >>No. 1003

    >反日外人は排除すべきです。

    以前のコメントで、あなたのコメントが面白かったので、自分で意訳します。

    間違っていたら、修正してくださいね

    反日とは何か?

    日本文化に反対することです。

    日本文化とは何か?

    現在の日本文化と、日本語であり、日本語は古代より今に受け継がれてる。

    つまり、日本語の存在を否定して世の中から撲滅しようという外国人を排除する事で・・・。

    私が知る限り、日本語を否定する外国人は知らないので、よくわかりませんが・・・

  • >>No. 1001

    >本来なら、そういうレベルの人は選挙権を持つべきではない。

    つまり、あなたの定義する民主主義とは、少数のレベルの高い知識を持つ人間が、多くの知識レベルが低い人間を支配する。

    旧ソ連、北朝鮮、現在の中国で、労働者の少数のエリートが、多数の人民を支配し、外国人を排除する

    これこそが、民主主義だと・・・・

  • >>No. 993

    中学校の時の勉強覚えていますよね?

    国語の古語、漢文などなど

    数学の因数分解、連立方程式などなど

    理科の、化学方程式、実権などなど

    社会の地理、歴史などなど

    英語はどうですかね?

    >>選挙の政策レベルで言うなら、義務教育の知的レベルは、関係ないんです<

    >関係大ありですよ。もちろん足りないぐらいだ。

    ・・て、中学校の卒業証書は、中学校卒業レベルの能力を保証するものではない。

    仮にあったとしても有権者が死ぬまで、能力を持ってるかどうか?誰が証明するんです。

    年に、何回もある選挙の度に、全ての有権者に、最低主要5科目の筆記試験をやり、合格したら、選挙権を与えましょうか?

  • >>No. 992

    >それは立候補する選別の時に行われているかも。

    あなたも確認出来ない、つまり透明性が担保されていないんです。

    透明性を重視して、多くの国民が、最終的に政策判断を監視しやすくするためには、立候補の選別や、党の公約を決めるために、個人の政策のすり合わせでよりも・・・

    国会で、論争するほうが、透明性が高く、監視できるんです。

    >反日とは現政権に反対する事ではなく、日本に反対する事です。

    どれだけ、ナルシストなのでしょうか?

    反対だったり、嫌いだったり、普通にある事で、むしろ、存在しないほうが異常です。

    確かに、日本は世界中から、好かれる努力はするべきですが、嫌いな人を排除するのは、間違っています。

    どんなに嫌いでも、日本に巨額のお金を落としてくれたり、労働力だけを提供してくれる外国人のほうが、日本の利益になり歓迎するべきで・・・

    逆の場合は、歓迎はされにくいですね・・・


    >新聞テレビをあまり見ない事が一つの原因だろう。

    そして、まったく政策を理解出来ない人が、政策選挙に参加する権利、選挙権を与えても良いのですか?

  • >>No. 989

    >外人が選挙権を持つのは民主主義ではありません。

    それぞれ、いろいろな条件があるものの、外国人に選挙権を与えるヨーロッパの主要先進国や、アメリカでも一部の州で外国人に選挙権を与えていますが・・

    これらは民主主義では無いのですね。

  • >>No. 993

    昨日、近所に住む、私の中学校時代の担任で、当時バレーボール部の顧問で、定年直前は、教頭先生になった人と、自宅で飲みました。

    年に数回会ってますし、そろそろ40年近くの付き合いになろうかと思いますが・・・

    中学校の卒業証書が、中学卒業レベルの学力を所持している事の証明にならない

    極端な例ですが、真偽の確認はできませんが、大学入学後、講義前に中学レベルの漢字の書き取りをさせている大学が増え、新たな問題になっていると聞きます。

    そして、私の恩師が経験した事ですが、統合失調症で、閉鎖病棟に入院していたり、登校拒否で、引きこもりで、3年間、一日も、登校した事もない生徒にも、中学校の卒業証書を与えます。

    能力ではなく、保護者や学校が努力したという事が認められれば、校長先生の判断で、卒業証書が与えられるからです。

    中学校卒業レベルとは、誰が判断するのか?という基本的な話があります。

    >でも、それ以外の基準は考えられない。

    入管法についての基本的な知識が無い大半の日本人や、年金、国家財政の基本的な知識を持っていない、大半の日本人には、選挙権を与えるべきではないというのが、あなたの主張ですか?

  • >>No. 987

    >15歳以下の知的レベルなら選挙権無しで良いと言うなら一部賛成します

    選挙の政策レベルで言うなら、義務教育の知的レベルは、関係ないんです

    むしろ、選挙の政策レベルの知的水準で、選挙権の与えるか?与えないか?で言えば・・・

    日本人の大半が選挙権を失います

    日本の話で言えば・・・

    日本は多くの借金を抱えていて、老人から赤ちゃんまで、一人あたり多くの借金を抱えている・・

    日本は破産寸前だという話が、今でも多くの日本人が信じています・・・・typさんなど、典型的な例だと思いますが・・

    でも、借金が多いという事は知っていても、日本には多くの財産が有り外国にも多くのお金を貸しているという事を、興味が無いというより知らないんです。

    財政が破綻するのか?しないのか?で、考えた場合、借金の額だけに注目するのは、バカげているのは、ちょっと考えれば分かりますし・・

    そもそも、破綻寸前なのに、行政がしっかり機能しているはずがない

    これをマスコミの問題だけにすり替えるのは可能です。

    しかし、根本にあるのは、国民の知的水準だと、私は思います

    国民年金の5割近くが未納だという報道を聞いた事があり、年金制度が破綻するという報道を聞いたことがあると、思いますが・・・

    年金制度を注意深く調べると、実は未納は3%程度だという事は、誰でも調べれば分かります・

    もちろん3%でも、未納は許せませんし、何とかしなければいけませんが、3%なら、何とかなるかも?って、思いませんか?

    アメリカでもそうです

    アメリカへのテロリスト流入を防ぐために、中東7か国の入国制限をかけましたが・・

    9.11テロの首謀者のビンラディンは、サウジアラビア出身で、9.11テロの容疑者は他にもいますし、サウジ以外の国の出身者もいますが、出国制限をかけた国は、サウジは含まれていませんし、他の容疑者の出身国、いずれも含まれていません

    それでも、アメリカ国民は、これで中東からのテロリストを防げると支持しています。

    この程度の知的レベルで、国家財政、年金、外交政策を訴える訴える候補者も有権者も、とても国家の命運を握る選挙が出来るとは、到底思えません

    でも、私は、知的レベルで選挙権を与えるか?否かか?は、関係ないと思います。

  • >>No. 51

    今月、医師からADHDの診断を受けた47歳の男です。

    子供の頃から、落ち着きが無い、よくしゃべる、おっちょこちょいで、失敗が多いと、言われ続けて、今も職場でもあり得ない失敗を、何度もやっています。

    まさか、それが精神障害だとは、最近までは、想像すらつきませんでした。

    診断を受けてからコンサータという薬を服用していますが、時折、副作用の激しい頭痛があるくらいで、特別、おっちょこちょいが、治ったという実感がなく、医師に話したら、薬の量を増やされました。

    ・・・で、いろいろ調べて、私と同じ患者さんが多いのに、ビックリしています。

    さらに、精神障碍者手帳なんて、、まさか自分が当事者になるなんて・・・

    幸い、患者さんが多いせいか、情報が多く、情報の整理と、メンタルヘルスのカウンセラーと電話で話していますが・・・

    なかなか、難しいですね・・・。

    もし、有益な情報がありましたら、よろしくお願いします

  • >>No. 981

    中国人の嫁が、帰化するかどうか?で、悩んでいた時・・ま、結果として、永住者を選び選挙権を放棄したんですが・・

    とにかく、選挙権について悩んでいた時、選挙について、嫁が考えていたんです。

    嫁の話では、中国でも選挙があり、係長が投票用紙に、この名前を書いて、この投票箱に入れるように・・と云う指示があり、係長の目の前で名前を書いてみせて、投票用紙に入れるですって。

    私が意味ないよね・・って言ったら、嫁も意味が無いと言ってました。

    その話を同僚の中国人に聞いたら、母国にいる時は、そんな経験はした事が無いっていうんです。

    どちらかがウソをついてるのか、場所によって違うのか、分かりませんが・・・

    ・・で、嫁が、もし、選挙権を得たら、悩み過ぎて、結局、投票出来ないかも?って言うんです。

    日本人で、その感覚を持ってる人って、少ないか?あるいは一人も存在しない気がします。

    選挙の経験が無い国と、選挙が年中、行われている国の国民とでは、選挙に関する意識というのが、ここまで違うものか?と、思いましたね・・・。

    実は、選挙というものの大切さを、理解してるのは、選挙のある国ではなく、選挙の無い国の国民かも?知れないと、思いました。

    選挙に行かない人も、この選挙の大切さを理解することが出来れば、もしかすると選挙に行って、投票率も上がるかも?しれませんね・・

  • >>No. 981

    >中選挙区の方が、自民党内で相当な緊張感が有ったはず

    仁義なき派閥抗争と言う意味ではね・・・・

    自民党内で、政策の違いがあったとしても、最終的には、党の方針として一本化されます。

    ただ・・・国会で政党間の議論に比べて、透明性が低いと感じます

    ちなみに、私の投票行動は、所属する労働組合から出ている候補者に投票し、候補者が所属する政党や、その政党が支援、支持する政党に投票します。

    それすら無い時は、共産党に投票する事にしているので、政策を読んだ事は一度も無いし、興味も無いですね・・・

  • >>No. 981

    正直、中選挙区だろうが、小選挙区だろうが・・・誰が政治家になっても、そうは変わらないよねというのが、一般人の感覚だと思いますけどね・・

    だから、メンドクサイから、選挙に行かない

    それだけ、官僚組織がしっかりしてるんですが・・・

  • >>No. 980

    >身体的障碍者は知的障碍者とは別です。

    知的障碍者でも選挙の意味が分からなければ、投票行動に移れないですが、それでも権利は与えるべきだ

    知的障碍者でも選挙の意味が分かり投票行動に移れるように、医学的にも、社会的にも社会が支援するべきだ

    >組織で駆り出されて反日的な人が当選されては困りものです

    別に困りはしません

    在日外国人有権者が少数なので、影響力は少ないので、無視しても良いだけで・・

    それが民主主義ですから・・・

    政府に反対するのが反日だとしたら、それが自然の流れですし・・

    政府が特定の国に肩入れするなんてのも、特に珍しくもない

    アメリカの前政権のオバマ政権は、政権の中枢と親族に、イラン人を置いたので、親イラン政策になり、現政権のトランプ政権は、政権の中枢と親族に、ユダヤ系を置いたので、親イスラエル・・という事で、反イラン政策をとってます。

    外国人を多く受け入れるべきと、日本人の多くの人が思えば、日本の国土に多くの外国人が来日しますし

    外国人を受け入れるべきでないと日本人の多くの人が思えば、外国人は減ります。

    ただ・・・・俺は外国人は嫌いだ!だから、今後、外国人は一人たりとも、外国人は日本国土に入れない!と、主張する人がいても、今は極論として、受け入れられる人は少ないでしょうね・・

    多くの人が外国人を受け入れ、その結果、外国人政権になっても、それはそれで、仕方ないと思いますが・・・

    もちろん、多くの人が受け入れるか?どうか?ですが・・

  • >>No. 979

    >それならば年齢制限も不必要ですか?

    まさか、3歳の幼児に、社会の責任を負えと言われても、無茶ですよね

    社会人になって、責任感が出る年齢という事で・・・

    日本では義務教育が終わるのが15歳を過ぎてから、普通に就労が出来ますよね

    それからしばらく経って、20歳くらいなら、社会の責任を負えるというのが、年齢制限の必要性ですが・・

    そうなると、学生に選挙権は必要ないという事になりますが・・

    その辺は、曖昧で学生でも選挙権は与えても良いと思いますが・・

    昨年、選挙権が20歳から18歳に引き上げられましたが、将来15歳まで引き上げられる余地はあると思います。

  • >>No. 971

    >お馬鹿に選挙権は無いだろう。

    あなたは、選挙権という言葉を使うべきではない

    あくまで、選挙出来る権利だから、選挙権なんだ

    選挙できる資格ではない

    あなたの単語は、選挙権ではなく、選挙資格

    日本では、年齢制限と犯罪者以外は、全ての人に権利はある

    あなたのいう能力は、誰が見極めるのか?

    犯罪さえ犯していなければ、共産主義だろうが、右翼だろうが、危険思想を持とうが誰でも平等に選挙出来る権利はある

    政府が、気に入らない人間に対して、能力が無いからと言って、選挙権を取り上げる事だって出来る

    結果として野党が存在しなくなり、1党独裁の共産主義国家と同じ国に作る事すらできる

    野党が存在しない共産主義国家の末路がどうなったか?言うまでもないだろう

    それに気づいてないのなら、話にすらならない

  • >>No. 971

    >お馬鹿に選挙権は無いだろう。

    逆です、まず選挙権を与えて、バカを減らすように、教育に社会はお金をかけるべきです

    障碍者や、貧しくて、十分な教育を受けられない日本人に選挙権を与えるべきではないと・・・

    あなたは、弱者に対する思いやりは、無いのですか?

    現実的に投票する能力が無くても、権利は与えるべきだと、私は思う

    >日本語が分からなければどうして人を選べますか?

    出来ますよ、十分

    権利や資格という問題は完全に無視して、投票行為と日本語だけに焦点を当てれば、十分可能です。

    外国人で日本語が分からなかった場合、母国語で、翻訳して投票用紙に名前を書く練習すれば良いだけです。

    また、障碍者や知識が無いものでも、候補者や支援者がサポートすれば良いだけで・・むしろ今以上にするべきです。

    バリアフリーは、選挙にこそ適用するべきです。

    >だからと言って無視はできない。

    無視しても良いんです・・

    外国人は日本の被選挙権に、興味が無い事が、ハッキリしてるんですから・・・

  • >>No. 969

    >少ない差異でも選べるのは良いことだ。

    つまり、私の親父のように、酒をたらふく飲ませる候補者に一票という時代に戻るべきだと・・

    冗談ですけどね・・

    少ない差異というかですね・・・

    多くの人の支持を得ようとすると、極端な意見と言うのは、特に平和な時代では敬遠されるんです。

    典型的な例が、ネットで爆発的な人気?の、在特会ですが・・・選挙では議席を得る事は出来ませんでした・・・。

    それでも、健闘したほうだと思いますけどね・・・ナチスドイツが飛躍したような時代だったら、話は別で、それはそれで、怖いんですが・・・。

    ともかく、極端な主張が敬遠される以上、誰もが支持する政策という事で、本気で当選しようと思うと、多くの支持を受けるとなると・・だいたい、誰が立候補しても政策が似通ってしまう傾向があるんです。

    ただ・・・それでは、政党色が無いという事でですね・・・

    政治家としては、有権者にサービスではなく、政策、公約で選んでほしいんです。

    少ない差異では、有権者が政策で選びにくいんです。

    政策で選挙しようと思ったら、小選挙区制度が中選挙区制度よりも、有効だというのは、そういう事です。

    さらに、小選挙区制度では、政権交代がしやすくなりますし、民主党の馬鹿さ加減は、別にして、とにかく、政権交代は、しました。

    政治に緊張感が生まれるという点でも、小選挙区制の利点ではあります

  • >>No. 970

    >それは遠因として選挙権にもつながる。

    外国人は、無視しても良いんです

    1890年に、アメリカで、中国人の移民を、全面禁止して、その後、すぐに、日本人の移民を全面禁止しました。

    さらに、戦時中は日系人を強制収容所に収監しました。

    人類の負の歴史ですが、その気になれば、日本政府も在日外国人や来日外国人に対して、好きなように出来るんです。

    もちろん、今は、現実的な話ではありませんが・・・

    ところが、同じ日本人で、十分な教育が受けられないとなると、話は別です。

    例え、どんなに少数でも、社会が救ってあげなければなりません

    知識、知能がある無しに関わらず、被選挙権は与えるべきで、能力によって、被選挙権を与えるとか、与えないとかとは、別の問題です。

    被選挙権は、あなたが言う能力ではなく、社会が選んだ指導者を受け入れられる責任があるかどうかです。

  • >>No. 961

    在日外国人が嫌いだというのは、理解出来ました。

    実際、多くの問題を抱えているのも事実。

    ・・・ところが、在日外国人の問題を理解するうえで、あなた、何をやっています?

    実際に、在日外国人と接していますか?

    在日外国人には、入管法が適用されていますし、毎年ではないですが、法律も時代に合わせて変化しています。

    入管法の中身を熟読していますか?

    帰化について問題だそうですが、実際、帰化制度も問題点はあるかも?しれません。

    では、実際の帰化の手続きの何が問題なのでしょうか?

    そもそも、在日外国人と言ってもネットで問題になっている、中国人と朝鮮人だけが、来日しているわけではありません。

    来日するには、中国人、朝鮮人だけでなく、多くの国の人に違う理由があります。

    調べましたか?

    国によって、それぞれ事情が違いますし、それは、過去の歴史、あるいは宗教も知らなければなりません。

    あなたのコメントをみると、私はあなたには知性のカケラが感じられない

  • >>No. 961

    語学力や知能レベルが選挙権がどうの・・て。

    貧しくて、十分な教育を受けられない人もそうですが・・・

    貧しくて教育を受けられなかった人に、選挙権を与えるべきではない。

    今月、私、ADHD注意欠如多動性障害という診断を受けて、精神障害について、調べていたんです。

    精神障碍者に選挙権を与えるべきではないという意見にもなります。

    あなたが、語学力や知能レベルで選挙権を与えるべきでないという意見に、絶対に反対ですね

    ところが、今度は、外国人参政権の話になる。

    外国人参政権の是非についての議論は、最近は特に盛んですが、

    少なくとも私は、在日外国人に選挙権を与えるべきでないという理由に、知能レベルや、語学力を挙げる人は、あなたが、初めてです。

    もっとも、前回のコメントで話したように、当の在日外国人が、帰化して選挙権を得る事を希望する人が激減している現状があります。

    こうなると、在日外国人の国政への影響は無視しても十分で、外国人参政権の是非の議論は、全くの無意味になります

本文はここまでです このページの先頭へ