ここから本文です

投稿コメント一覧 (3146コメント)

  • スクフェス3Dは新作でしたね~ しかも、ただスクフェスを3Dにしただけでなく新基軸もありで。
    スクフェスALLのPV見ましたけど3Dの動きいいですね。

    で、角川とのコラボIPの話もありましたがあれKLabの役割なんですかね?開発運営がオルトプラスになってますが。
    原作側でゲームのパブリッシングも?それともパブリッシングのみ?
    あと、『禍つヴァールハイト』という新作の発表ありましたがグラいいですね。ただ、これを単品売りしても埋もれるんじゃないかな。
    一昔前で大手ゲーム会社がこれを出してればヒットしたかもしれませんが。
    新興ゲーム会社はとにかくブランド力がないですからね。あそこのゲーム会社が出したゲームならやってみるかというやつ。
    世間の人はバンダイナムコとかスクウェア・エニックスとかコナミとかカプコンは知ってても新興大手のガンホーとかコロプラですら社名は知られてないんじゃないですか? パズドラや白猫というゲームのタイトル名は知ってても。ましてやアエリアとかgumiとかアカツキとかKLabなんて。

  • 今日の値動きは想定内。
    ゲーセクは何かしらの節目がある毎に強引に売られる事が多い。

    ドラゴンボールのPV見ましたけどアニメーションするんですね。「HTML5がどうたらなんて言ってるけど所詮ブラウザゲーでしょ」となめてましたが間違いですね。これならアイドルマスターの新作も期待できそう。

    発表会の動画見てバンナムの力の入れようわかったのでBXD成功するかも。
    ゲーセクはKLabだけでいいと思ってたがドリコムも安い所は追加していこう。

  • TGSで株価どうなるかわかりませんが業績ついてくるなら最終的には上がるからどうでもいいですね。
    スクフェスフルCGの動画をやくみたい。スクフェスの新情報にこれが含まれてるはず。

  • BXDネタあるんだから安い所を拾っていけばいいだけ。
    バンナムがついてて世界展開も視野にいれてるんだからこの時価総額で終わる事はないでしょ。
    ただ、明日のTGSの発表で下がるかもしれないという事は念頭においておくべき。
    何が出てもどういうセルランでも「~ゴール」されるのがゲーセクだからw
    それよりみんゴルときららの取り分知りたいわ。目先の業績これ次第なんだから。
    中間予想「マジかよこれ」レベルですからね。みんゴルあってこれどういう事って感じですから。くっそ超絶保守的予想なのか取り分少ないからこうなのか開発や広告経費用使い捲くりでこうなのか。
    仮にBXDが業績に貢献したとしても反映されるの来期以降だし。

  • メルカリの記事を目にする機会が増えてきましたね。
    まあ、上場確定するまでは大して上げないだろうし上げてもどうせ叩き落とすんだろと思ってれば気が楽。

    織り込み済みという方はもう相手しなくていいでしょう。良くも悪くも織り込んでないから。
    メルカリ上場後時価総額1兆(w)か500億かだったら話変わるでしょ。それに更に持分かけるんだから。その持分もわかってないし。だから織り込めるわけないのよ。
    上場後時価総額500億×持分1%だったら今の株価たぶん保てないよw ねっ、織り込んでないでしょw 時価総額1兆×持分9%だったら今の株価激安だよ。ねっ、織り込んでないでしょw
    まあ、1兆はさすがに・・・ 自分は初値時時価総額2000億~3000億ぐらいかなって思ってますが。ナイスタイミングさんは4000億~5000億ぐらいと思っておられるみたいですが。

    delyも上場きたらとは思いますが同期内はさすがにムシが良すぎでしょうなぁ。ただ、メルカリ上場してもすぐに全部売り払うとは思えないので、、、あだメルカリ株保有中にdely上場来てその期も安泰という可能性はあるかと。

    メルカリ上場したらメルカリ株買うべ。メルカリは上場ゴール会社じゃなくてモノホンだと思う。
    スタートトゥデイも大きくなりましたからなぁ。だいぶ前に株もってたけどあの当時は値動き面白くなくて薄利で売っちゃったw 後悔してますw

  • 高品質を謳っても高価格のままなら大して普及しないでしょうね。
    空中映像は生活において必需でも必須でもありませんから。
    ある程度の品質を保ちながらとにかく低価格化。
    普及の鍵は価格。安ければとりあえず製品(自動車・家電等)に組み込んでみるかとなる。
    高価格でも製品コンセプトには使われでしょうけどそれではね。
    安かろう(低価格)でも悪かろう(低品質)ならこれまたダメでしょうが。
    まあ、なかなか難しいのは事実でしょう。が、ここを超えた先にアスカネットの飛躍があるのだと思います。

    そういう意味で量産を前提とした樹脂製AIPがいくらなのかが問題。もしくは今後も継続した品質改良が行われる中でのいっそうの低価格化が可能なのかどうか。

  • どの業界か別にしてその業界内の大手企業が量産型樹脂製AIPを正式採用するかどうかがアスカネットが会社として化けるかどうかの分かれ目でしょうね。
    小さな企業ばかりだと所詮ニッチな商材でしかなかったという事に。
    もちろん、短期で判断できるものではありませんが。CEATECでお披露目→いいね!→即採用なんて風に事が簡単に運ぶわけありませんから。興味をもってもまずは新製法樹脂製AIPのサンプルを取り寄せての評価からでしょうし。
    中長期で見て大手企業に採用されるかどうか。

  • 今後、ドリコムが大きく伸びる可能性があるとしたらBXDでしょうな。
    正直、今更ブラウザゲーってどうなんという思いがしないでもありませんが、「HTML5だから~」とバンナムもドリコムもいってるし何よりも提供コンテンツの魅力。
    バンナムがいるからコンテンツには事欠かない。
    将来は世界展開も視野にいれてるようですしね。

    かつてのDeNAがそうでしたがプラットフォーマーは高収益が期待できる。モブキャストのモバゲーもプラットフォームですがあれはコンテンツがw
    繰り返しになりますが、その点バンナムがいるから心配はない。問題はゲームの質ですな。いくらコンテンツに魅力があってもクソゲーではどうしようもない。

    大きく伸びる可能性としてはスマホゲーで当てるという道もありますがね。

  • 量産型樹脂製AIPが自動車とカジノ遊技機含むアミューズメントマシンに採用されたら売上利益凄い事になると思うんですけどね。特に自動車なんて毎年新しい型でますから。
    まあ、樹脂製AIPの価格次第でしょうが。品質にもよると思いますけど安ければ爆発的に普及する可能性もあると思います。ガラス製AIPは高いから普及しないと最初から思ってた。

    スマホにも採用されたらとは思いますけど、画像を空中結像させてもあんまり意味がないようなw サイネージ広告やアミューズメントマシンなら演出効果としては抜群だし自動車とか飲食店とか医療機関なら空中タッチパネル的な使い方できますがスマホ画面を空中にだしても他人に見られるだけだしw まあ、それでも何かしらの用途で採用されるという可能性も否定できませんし採用されたらアスカとしては大きい。

    将来的だとは思いますが、能動系の技術が確立する事にも期待。

  • 四季報予想いいといえばいいですけど、あれ保守的ですよな?
    来期の伸びに関しては保守的とかいうレベルですらない。まともな予想してないんじゃないかと。
    まあ、四季報の新興企業の予想って前々からあまり正確とはいえませんが。

    北朝鮮がまた弾道ミサイルを発射しやがりましたが過剰反応しなくてなにより。北朝鮮は戦争する気なんてないんだから相手にしなければいい。危機感煽りの報道よくやってますがあんなのしなくていいわ。国防は政治と防衛庁自衛隊がちゃんと考えているんだから。
    北朝鮮は騒がれなくなるのが一番困る。だからそれをやればいい。
    問題はアメリカとトランプ大統領。内政がうまくいっていない時に外に活路を見出そうとするのは古来からよくある政治手法なのは事実なわけで。

  • 四季報予想それなりだったのとBXD思惑そろそろ始まんないかな~と思い少し買ってみました。

    みんゴルときららファンタジアのドリコムの取り分が知りたい。
    KLabと違ってドリコムは儲けが少ない仕事をやってるイメージがあるんすよね。
    まあ、BXDが上手くいけば何の問題もないでしょうが。BXDの立ち上がりがうまくいけば今の時価総額はおいしい。

  • 四季報読みましたがメルカリ抜きの予想でもまいいですね。
    メルカリ上場すればあれにプラスされるわけか。

    しかし、思惑相場始まらんですね。上げたと思ったらすぐ下げる。上場確定するまで忍耐ですな。

  • 正直まだ下があるかなとは思いますがとりあえず打診程度に買ってみました。
    CEATECまではたいして動かないんじゃないですかね。先行量産型樹脂製AIプレートのお披露目はそこでされるわけですから。
    ただ、量産型の樹脂製AIプレートが多方面に採用されだしたらどうなるかアホでもわかるので先につばをつけておきます。

    他の方がおっしゃってますが、『なお、出展するプレートは初回製品であり、さらに品質の向上の可能性もありますので、その点ご承知おきください。』この文章いらないですよねw
    「じゃあ次のバージョン待つわ」といわれる可能性でてくるからw。
    誠実といえば誠実かもしれないが商売っ気ないなぁと。一々こんな事言わなくていいと思いますね。
    どのメーカーだって常に品質改良おこなってますが、「新製品出ます。でも次でる奴のほうが性能いいかも」なんてわざわざいうとこないでしょ。

  • 好業績になると思う方が買えばいいし残ればいいと思います。
    自分は好業績だと思うのでホールド継続。

    これだけ急落させられるとすぐに回復するのは難しいでしょう。
    挙句にまだ空売り機関に粘着されてるし。
    ここは放っといて他の銘柄見てたほうがいいですね。

  • とうとう樹脂製のAIプレート量産の目処がたったみたいですね。なら買いですね。
    こういうのは質よりもコストですから、結局普及するかの鍵は。
    ガラス製AIプレートの質が良いのはわかりますがあの価格では普及しないと思ってました。
    だから樹脂製のAIプレートの量産ができるようになったら再度ここを買おうと思ってました。
    なんでも高品質ならいいってものではないですからね。最終製品なら品質に拘るのもありでしょうが組み込み用途ではメーカー側はコストを優先するでしょう。
    安ければAIプレート使いたいところは多いと思いますね。量産型樹脂製AIプレートは普及すると思います。

    昨日このニュースでS高していたの知っていましたが今日買いませんでしたw
    こういう上げ方してる時に乗るとロクな事にならない事が多いのでw
    ある程度落ち着いたと判断できたら中長期目線で買います。

  • 百歩譲ってクソ業績の会社や思惑とかで超割高になった会社を空売るなら理解しよう。
    業績だしてる企業を執拗に空売るのはおかしいと思う。
    機関の空売り規制必要だと思いますね。
    あと、悪さした時の罰則も厳酷にしたほうがいいかと。現状、罰則くらってもそれ以上においしいから一向にやめないんでしょう。
    この程度の事でこれ程の罰をくらうのかにしないと罰に意味はありません。

  • あれだけ売上あってこの利益はないですよね。しかもオリジナルタイトルメインの会社なのに。経費かかりすぎでしょ。
    ゲーム開発費かかるのは仕方ないにしても多少は見直したほうがいいのでは?
    社員増やしまくってた時のKLabみたい。まあ、黒字なだけあの時のKLabよりマシですけど。

    まあ、安い所はしこんでおいていいかなとは思いますが。
    売上はあるので。利益出そうと思えば出せるという事ですから。ゲーム開発を含む先行投資を優先させているというだけで。

  • ZMP上場については何ともいえませんが、それにしても2年以上も投資先の上場が0というのはVCとしてどうなのかw
    ジャフコは大手なのでコンスタントに上場してくるのは当然としてもDIや日本アジア投資ですら投資先上場してますからね。
    谷口社長の1年もかけずにが現実になってZMPが上場すれば諸々チャラにできる威力あるかもしれませんけど。

    情報漏洩によるセキュリテイ強化云々は信じてませんね。それとは違う事情で上場取りやめたと私は思っております。

  • なんか急激に過疎りましたねw
    いつものここの掲示板ならこのシャニライの順位だったら買い煽りの投稿で凄かったはずw
    賑わってる掲示板の銘柄はいかに短期や信用買いの人が多いかの証左でしょうな。

    シャニライも順調だし中国アジアブリーチもここ情報によるとKLabもそれなりに関与してるみたいだしキャプテン翼海外は期待できるしで待つだけですね。

    もう北朝鮮ミサイル撃っても過剰反応するのやめてほしいわ。正直、今日明日や近いうちにまた弾道ミサイル撃つだろうなってほとんどの方思ってるでしょ? なら挑発行動としてのミサイル発射は織り込みなんですよ。戦争にならない限りは。
    でも、織り込み済みにしたら面白くないだろうからな機関とか。

  • またここ買いだそうと思って色々調べましたがZMPはまだそれなりの評価されてるみたいですね。
    なら上場してもらいたいところですね。
    ZMPと関係を深くしたい企業に売却するのも手ですが上場益には敵わないでしょう。
    FVCがまだZMPを保有してるなら上場する可能性高いと考えているからなのでは?上場しなさそうと判断したら他企業に売却や経営者に買い戻させたりするはず。ファンドの期限もありますからね。

    あとはスパイバー保有してるかどうかと保有株数期待できるヴイストンの上場はいつやねんって感じですかね。
    スパイバーネタ出た時にFVCの株価が反応してるようなら多少は期待できるかな。

本文はここまでです このページの先頭へ