ここから本文です

投稿コメント一覧 (1855コメント)

  • 【_| ̄|○】

    ラストクリーガーはパドックで駄目と思わせる出来、というか造り。
    私にパドックで失望させるなんてよほどですよ。本で見誤ったか。

    カウディーリョは事情を把握していませんが、ネット競馬のコメント読んでいたら出来が悪いみたいに言われていて不安でしたが、何とか勝ってくれました。こんな状態?で勝つなら逆に期待できるかも知れませんが、動きは良いけど小さい。せめて440くらいで出てきて欲しかったです。

  • 【ちゅまんないちゅまんない大阪桐蔭ばっか勝ってちゅまんない!】

    大阪桐蔭が嫌いな訳ではないのですが、あんまり同じところに優勝して欲しくないので、3年に1回くらいで許して下さい。

  • 【七冠陥落】

    8月3日に行われた碁聖戦第3局で井山裕太が敗れ七冠から陥落。2度目の七冠独占は290日で終わり、国民栄誉賞もはく奪です。この1年、七大タイトル戦は24勝2敗の成績でしたから、0-3ストレートでの失冠はまさか、まさかでした。新しい波、ヌーヴェルヴァーグか。

    勝った許家元七段(このタイトル獲得で八段に昇段)は台湾出身の20歳。プロ入りから5年4カ月での七大タイトル獲得は史上最速記録。プロ入りして間もなく勝ちまくっていて、特に数年前は国内での成績以上に中韓の棋士相手に強さを見せていました(中国乙級リーグに参加して無敗とかね)。ここ2年ほどは逆に中韓の棋士相手に結果が出ていませんが、国内での成績は驚異的なまでに伸びてきています。

    若い力だと、18歳の芝野虎丸七段が4月に日中流星戦で柯潔を破って優勝。この勝利は本人にも自信になったでしょうが、日本勢にとっても大きな実績になりました。虎丸君はその後の数ヶ月で中国のトップクラスを何人も倒しています、プロ入りした当初から井山級の逸材と言われていましたからね。これから数年でどこまで伸びるか楽しみです。

  • >>No. 18333

    【昔話】

    私はアフターSSの世代ですから、かつてはSS以降にレベルが上がったのだと信じていましたよ。その当時に見始めたら、それが当たり前のように言われていましたから。

    掲示板には10~15年前には多くの、色々な人がいました。ルドルフが最強だと言う人から、SSだか御三家以前だかは今では通用しないと言っていた人まで。私はその通用しないと言っていた人に反する立場でしたが(強さの変化とはグラデーション的なものなので、そんな急激な変化は起こらないというか、起こったなら世代間の対戦で劇的な差が見て取れるのは当時でも分かっていましたから)、しかし今と比べれば昔の馬を評価していませんでした。

    「あの人の主張に隠れて目立っていないが、ささくれが昔の馬を低く見ているのもアレだな」とね、アレキさんに言われたのを記憶しています。

    ブログなどには最終的に私が納得したことだから書いている訳ですが、私だけでは考え付かなかったことや、最初はそう考えていなかったことも多くあります。昔は人が多く、私と意見が合わなくても鋭いことを言う人もいましたし、そこから自分で調べたことも多くありましたし、私もその中で考えを変えたり他人の意見を取り入れたりしたのです。あの頃の皆さんはどこに行ってしまったのでしょか?

    世の中の多くの人は権威主義なのだろうと思います。有名な人が言っていたからとか、詳しい人が言っていたからとか。

    最終的には自分で判断しなければなりません。しかし、自分で判断して理解出来るようになるのはかなり難易度が高いものです。

    私も色々言っていますが、最近のアメリカのレースを見ていて「この馬と25年前の日本の馬の評価に本当に整合性があるのだろうか?」「間違っていたらどうしよう」「また見返してみたら、昔の馬が全く違って見えたらどうしよう」というように不安に駆られることはしょっちゅうあります。

  • >>No. 18328

    【いや別にそんなんじゃない】

    ブログに何度かコメントして下さったので、そんなにご熱心ならこちらの方がいいですよ、とお誘いしただけです。
    アレキさんがネット競馬でやってるようなあんな感じではないですよ。

  • 【Re: 5万年前のウィーンフィルは良かった】

    「ウィーンフィルを褒める人は昔は良かったというが、5万年前のウィーンフィルは確かに良かったのだろう。そんな時代があったのならばの話だが」という言い回しを他所で見て面白いと思いました。昔は良かったというのはファンタジーだという話です。

    先日『食戟のソーマ』の30巻を購入しました。あのときのえりなの顔は良かったので、ここだけは買おうと思っていたのです。が、もう30巻もいってたんだなと思いました。最後に買ったのが20巻だったか・・・・・・。

    最近、CSでアニメの1期目の再放送をしていて保存しながら観ているのですが、これはファンタジーではなく昔は本当に面白かったのです。最初の頃の四宮がクズ過ぎだろって思い、堂島さんのセリフに関心して。

    アリスの半端ない強キャラ感、玉の世代の熱い戦い、あそこからよくここまでつまらなく出来たなと。本当に原作者が変わったのでしょう。

  • >>No. 18324

    【昔は良かった】

    かつてはヤフー掲示板であり人も多く、2001年頃はグラスだオペラオーだタキオンだと最強論争が盛んでした。その後、ディープが出てきた頃も本当に盛り上がっていました。人が多かったのは10年くらい前まででしょうか?

    ブログとかミクシィとかツイッターとかインスタとか、競馬ならネット競馬の掲示板とか、後発のものがどんどん出てきてここの人も減り、2012年にはテキストリームって訳ワカメな改装がされますし、アバターは廃止されるし(これは本当にショックでした)。

    掲示板時代は投稿するときの名前をいくつか使えたのですが、テキストリームになって1つに絞らなくてはならなくなりました。そのとき、トピ主さんは自らを犠牲にしてアレカちゃんを残したのです。

  • >>No. 18324

    【それはそうと】

    シーバードのこれほど多くのレースは初めて見ました。ナイスです。

    スローになっているのがやや残念ですが(通常速度とスローどっちもあればいい)、画質的にも問題ありません。

  • >>No. 18324

    【最初の投稿がいきなり非表示対象になってしまい申し訳ありません。トピの責任者は私が処刑しておきますので・・・・・・】

    ヤフーテキストリームは、外部リンクを貼り付けるとたまに非表示対象になってしまう欠陥システムなのです。

  • 【コイツずっと同じことを言ってるな】

    今週ふと、自分の大学にもアメフト部があったことを思い出しました。そう言えば、あそこのグラウンドで練習してたな、と。

    私は大学時代、サークルにも入っていませんでした。「家でやることがあるから忙しいんだ」って言ってたの。それを思い出して、もう完全に今と言ってることが同じだとびっくりしました。

    狭い付き合いしかしませんし、「あいつらみたいなどうでもいい遊びをして時間を潰してる場合じゃないんだ」って周りを見下しているし。

  • >>No. 18315

    【あんまり早期デビューすると良くない】

    昨年は私が指名して6月にデビューしたレイエンダ、ダノンポピー、ララロワが3頭とも故障しましたからね。

    ソルドラードはそんな特別に評価していた訳でもありませんし、ちょっと余裕残しだったようなのであんなものだと思います。

  • 【夏の甲子園って本当に良いものですね】

    100回記念大会って盛り上がっていますし、松井の始球式も感慨深いものがありました。

    良いのですが、中学の野球部が部員不足だとかいう話を聞いていると、何十年後かは同じような盛り上がりはなくなるのだろうという寂しさというか不安を感じます。少子化ですから野球に限った話ではないのですが。

  • 【細かすぎだよ細杉君】

    かつてはヤフー競馬でニュースをよく見ていたのですが、ここ何年かはほとんど見なくなりました。細かいニュースが増え過ぎて、興味ありそうなニュースがどんどん下にいってしまっているからです。今日の朝から今までで120くらいニュースが出ています。

    条件戦他、細かい展望や見どころなどは別カテゴリーにして欲しいですね。そのせいで主要なニュースが埋もれているのですから。パッと見ですが、コメント数や「そう思う」の数でも以前より見ている人が減っているのではないかと思うのです。

  • 【函館スプリントステークス】

    ◎アスターペガサス

    単勝6

    地中海競馬モードの馬体なんちゃらを見ていて興味が出ました。

  • 【まず実物の走る馬を持ってくるところから始めよ】

    今週の地中海競馬モードに『馬体は語る』という本の著者が出て話をしていました。番組内で話された範囲では何も目新しいことはないというか、ちょっと検索してサイトを見れば出てくるようなことだったので、こんなものをわざわざ出版する意味があるのだろうかと思いました。

    それはそうとしても、ああいったものの解説に使う図(馬の標本みたいなもの)ってどうしていかにも走りそうもない、サラブレッドじゃないようなものを使うのでしょうか。

    走る馬を見つけたいなら、そもそものモデルもセクレタリアトやディープインパクトのような馬を使えばいいのに。

  • 【Re: 日本の文化に精通している】

    先日、あるイラストを見ていたら端の方に英語が書かれていたので「これって外国人が描いてるの?」と思ってツイッターを調べたらやっぱりアメリカ人でした。

    日本人が描いているようなイラストだったんですけれどね。アメリカ人にあのような絵(日本のマンガやアニメっぽい、でも今の主流の絵よりは大人っぽいかも知れないが)が描けるとは驚きました。

    アメリカ人は本人たちの顔立ちも日本人とは違いますが、アメコミなんかを見ていると顔というものへの認識も日本人とは違うのではないかと感じるのですよね。日本のマンガ、アニメの絵は、日本人が日本人の顔をデフォルメして可愛く美しくと進化させてきたものでしょうから、アメリカのオタクがそれを良いと思っても同じようなものが描けるとは思いませんでした(これが偏見だろってことですが)。

    ただ、その人が描いている(描いてきた)イラストは全て日本のゲームやアニメのものみたいなので、アメリカには同じような魅力的なものはないんだろうなと思う訳です。

  • 【さてはこいつらハンターハンター読んでねえな】

    先週の日曜日にNHKで『人類誕生』の第3回をやっていました。

    沖縄に白保人というのがいて、3万年前に台湾から海を渡って来たらしい(台湾と大陸は当時陸続きだった)のです。

    そこで、どのようにして渡ってきたのか、当時の道具だけを使って再現する実験考古学というのをやっていました。

    これ、渡れなくて失敗したってニュースで見たなと思ったのですが、やっぱり失敗していました。

    最初にヒメガマという植物を束ねて舟を作ったのですが、水の抵抗が大きくて速度が出ず、黒潮に流されて北の方に行ってしまうのです。渡ることが出来ず途中で断念して船で引っ張ってもらうという結果になっていました。

    「昔の人の方が体力があったから渡れたとかじゃないの?」などと見ながら言っていました。

    次に竹で舟を作って再挑戦したのですが、やっぱり失敗していました。

    これを観ていて思いました。「さてはこいつらハンターハンター読んでねえな」と。途中で断念したら伴走する船で引っ張ってもらえるなんていう甘えがあるから駄目なんです。昔の人は、島に辿り着けなかったら漂流して死んじゃうのです。どうやっても行かなければならないという覚悟があるから力を出せる。念能力の制約と同じです。

    ところが番組の後半で オーストラリアの遺跡で斧にした石が見つかったから、石の斧で木を切って丸木舟を作るということをやり始めていました。

    いやいや、沖縄の遺跡では石の斧は見つかってないんでしょ?

    取り敢えず現状では、丸木舟でどれだけ速度が出るかの実験だけやって、まだ島の間を渡れるかは試していないらしいです。しかし丸木舟でも渡れなかったら、いよいよハンターハンターを読んでいないからということになりそうです。

  • >>No. 18297

    【体力と気力の限界でうっかり八兵衛編】

    アレカ「ささくれ子ちゃん、ドラフト始まったなのはいいのだけど、ととさまが・・・・・・」

    ささくれ子「どうしたの? また処刑されたの?」

    アレカ「ううん、寿命なの」

    ささくれ子「こらこら、陛下はまだそんなお年じゃないでしょ」

    アレカ「ほんとだもん! ととさま強過ぎる力を抑え切れなくて燃え尽きたなの。激しく燃えたら早く燃え尽きる、夜空のお星さまとおんなじ。アレカあんなに体力と気力の限界を迎えた人を見るのは千代の富士が引退したとき以来だよ」

    ささくれ子「えー、でも本当に寿命だったらザオリクできないのよ?」

    アレカ「んま!」

    ささくれ子「ザオリクは、運命の導きによって生命エネルギーが残ってる人にしか使えないから、そうじゃない人は生き返らないの。真田幸村さんとかネテロ会長とかね」

    アレカ「じゃあどうするなの?」

    ささくれ子「とにかく王宮に行って見てみましょう」

    ―王宮―

    そこには全ての力を使い果たし、枯れ果てたアレ王の姿があった。

    ささくれ子「陛下・・・・・・」

    アレ王の体を抱き寄せるささくれ子。

    ささくれ子「最近うっかり八兵衛が多いと思ったらこんなになるまで・・・・・・。しくしく、しくしく・・・・・・」

    ささくれ子の頬から零れた涙が、アレ王の右腕に落ちた。

    しかし何も起こらなかった!!

    ささくれ子「普通こういうときってヒロインの涙に反応して生命エネルギーが回復するものじゃないの?」

    アレカ「ささくれ子ちゃんのヒロイン力が足りないんじゃないなの?」

    ささくれ子「そんなことないわよ。ふう、こうなったら、ぱふぱふしかないわね」

    アレカ「ささくれ子ちゃん、決心したなの?」

    1時間後。

    ぱふぱふ、ぱふぱふ・・・・・・。

    ささくれ子「どうかしらね?」

    ぱふぱふ、ぱふぱふ・・・・・・。

    アレ王(・・・・・・! な、なんじゃこのやわらかな感触は?)

    ぱふぱふ、ぱふぱふ・・・・・・。

    アレ王(のおおおっ!)

    アレ王の生命力がみるみる回復していく!! アレ王は蘇った!!

    アレ王「復活じゃー!!」

    おじさん「どうだ、俺のぱふぱふ気持ち良かっただろう?」

    アレ王「・・・・・・」

    アレカ「アッサラームのおじさんありがとうございましたですなの!」

    ささくれ子「本当にお世話になりました」

  • >>No. 18158

    【私は前だけを見て歩いて行く編】

    アレカ「ささくれ子ちゃん・・・・・・」

    ささくれ子「アレカちゃん、そんな悲しそうな目をしても、私はPOGには参加しないのよ?」

    アレカ「そうじゃないなの。今期もニートちゃんが不参加みたいなので」

    ささくれ子「え、ニートちゃんて誰?」

    アレカ「ニートちゃんだよ! 2013‐2014シーズン王者の」

    ささくれ子「アレカちゃん、そんな昔の人の話をされても私には分からないのよ?」

    アレカ「昔じゃないなの! 一緒に暗黒大陸行って冒険したじゃん!」

    ささくれ子「あのね、ミキタニさんとかフーリングさんとかイオさんとかゆうさんとか、昔参加していて今参加してない人たちは、私の記憶からは完全に消え去っているのよ。アレカちゃんはそのこと覚えておいてね」

    アレカ「むー、ささくれ子ちゃんがそんなに冷たい人だとは思わなかったなの。ふん、もういいもん!」

  • 【人知れず処刑されていた】

    死刑とは犯罪者への刑罰であって大衆のためのショーではありません。

    昔は公開処刑があり、処刑される様を見て快哉を叫んだ人たちがいたのでしょうが、現在も同じです。中島岳志氏の「いま行われているのは、死刑のショー化・見世物化に他ならない。執行場面だけが不可視化された公開処刑だ」という指摘はまさにその通りだと思います。

    公表しなくても死刑執行は出来るのです。公表しなければならないのであれば、数年経過した後でするべきでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ