ここから本文です

投稿コメント一覧 (2420コメント)

  • ta2さん

    終わりというのは、過去の件についてもうお答えしないという意味です。

  • 今日は、この2曲を聴いて寝る事にします。

    ttps://www.youtube.com/watch?v=MItMDkc343M

    ttps://www.youtube.com/watch?v=Fa8Q4cJGMKg

    時を経て・・・

  • あ~そうかぁ!
    私達がVOICEだったのか!
    そういえば、なんか名前変えて・・・みたいな話もあったような・・・
    いや・・・しかし、ぜんっ~ぜん覚えてない!w

    >ひょっとしたら最初から・・・
    そうですよ。
    上手くもないバンドを育てるとなると、莫大な先行投資と時間が要ですから。
    ただ、彼があの2人といっしょじゃなきゃやらない、事務所にも入らないって
    私達を守ってただけです。

    さて、終わりです。
    お互いのやりとりの最初から読み直してみて下さい。
    ごめんなさいね。

  • >>No. 9915

    ありゃりゃ・・・最後に。

    上京を固辞したDs(農家を継ぐから)の代わりに紹介を受けたのが小沼君です。
    事務所の先輩方が、アマチュアから見つけてきたんです。
    私達より先に、所属(たって・・・)してましたよ。

    私が脱退したのは、彼が「これからはパンクの時代だから、パンクやる(決心)」と
    宣言したからです、世話になったし、2人を好きだったし、約束もしたけど
    ヘドが出るほどパンクはキライなのでw

    その後は、事務所経由で話を聞いているだけなので
    菊池さん加入や9thの件も、結果的に知っただけで経緯は知らないんです。
    菊池さんは、深〇君とセットなのが、ちょっと気にかかりましたね。
    私は、別の仕事でギター弾いていたので交流もなくなっちゃったし
    脱退後の事は、あまり知らないんですよ。

  • このライブ音源?
    あれ?「吊りバン連合」のやつはボツのやつですよね?
    菊池さんのヤツは、URL貼ってないですけど・・・それに1979年じゃないし。
    ライブ音源とはどれの事でしょう?

    ギターは、そもそも弾いてたはず、加入当初から休憩時に私のギター弾いてたし
    新曲は、最初に本人の弾き語りを私が聴くところからスタートですから。
    DsからVoにコンバートしたのは本当です。
    当初は言わなかったけど、私が加入した時は「完全プロ志向」でしたよ。

    結成がいつかは知りませんw
    尋ねた事ないし、そもそも過去の話はバンドではほとんどしてませんから。
    在学中から、オリジナルやってましたよ。
    私加入したのいつだろう???すみませんw

    卒業時に解散というのは、オリジナルメンバー間の当初の決め事です。
    プロ志向だった2人だけ上京。
    オーディションの度に、トラとしてですがまたみんな集合w
    バンドのメンバーを探しあぐねてたんです。(Bs以外です)
    レッスン?それは知りません。

    「単に東京で・・・」え?
    本人が言っているなら、そうです。

    帰郷、まぁそんなとこです。
    仕切り直し、本気で説得されて「約束」したのはその時です。

    NHKの特番?
    へぇ~知らない知らないw

    前文で、「説得を固辞した為Ds抜きで上京、事務所の紹介で・・・」と書きましたね。

    ほらね?Bsの発言しかり、記憶なんてどう変わるか分からないし
    状況によっては「必要とされるように話す」「思って貰いたいように話す」
    「勘違いしてる」「こう言ってと指示される」
    TV番組には脚本がありますしね。

    繰り返しますが「真実は存在しないし、このように増えすらします」

    人の事より、自分の事を見て下さい。

    知る事の目的です、存在しない過去を探しているのですから興味本位だけでは・・・

    さてさて、一方的ですがこれで終わりにしますね。
    ご自身の気に入るストーリーでもいいんじゃないかなぁ~。
    たとえば、BsなりDsなりに確認したとして・・・たぶん、また増えます。
    かいつままずに、本人がどうでもいいと思ってるからテキトーな答えみたいなのはX
    飛ばさず、時系列に沿って、伏線辿って辻褄確認して、登場人物整理して、本題戻って
    時間という縄をほぐして、再び縄に編み上げるんですから。

    歴史研究家が、膨大な資料と、度々の現地取材と、関係者辿りと証言集め
    「あれ?」となったら、また作業を遡って、気の遠くなるような時間をかけてする事です。
    終わりにしましょう、私は終わりにさせて頂きますね。

    デッチ上げの話にしても喋り過ぎですからねw

  • 私も喋り過ぎですね。
    どっちみち嘘八百なんですから。

  • 菊池さん時代の音源までアップされてるんですね。
    みんな言いたい放題だし・・・
    仕方ないし、止めようもないんでしょうけど。
    どうかと思うなぁ~。
    プロじゃない人のまで晒してるんですよ・・・
    悲しいですよ・・・なんかメゲたなぁ・・・

    だって、近しい人間しか持ってないはずのものでしょう?
    コピーだとしても、近しい人間が渡さない限り出来ないんですから。
    私、一つも持ってないですよデスペの音源なんて。
    安っぽい事しやがって、世も末だーッ!

  • 以前もココで話題にした事がありますが

    「人前で芸事をする人間の背負う宿命」みたいなものがあるんです。

    人は、日々進歩するし変化していきます。
    ところが、パブリックイメージにせよ、ファンが考える「その人」というのは
    ほとんど変化しないんですね。
    変化してなくても、知らないかった一面などがあったり、ファンが望む事とズレたりすると
    大変なバッシングにあったり(キムタクとか)。
    だから固定されたイメージが着いちゃうと、ずーっとそれに追われ続け(最強伝説とか)
    ずーっとそれを求められる。

    時には「過去の自分のふりをする」とか「自分で自分の真似をする」必要すらあるんです。
    求められるから。
    ヒット曲や、ファン受けの良い曲などは「常にセットリストから外せない」
    「何十年も歌い、演奏し続けなければならない」ですし
    これ、大変な苦痛です。

    印象が強烈なほど、それも強くなります。
    例えば、何年振りかで以前の仲間とバンドで音を出したりすると
    みんなが、過去の私に対して演奏してるのが判るくらいです。
    そのくらい縛りが強いです。
    「音聴けよ」って思うけど・・・仕方ないんですよね。

    言っても仕方ない事なんですけど、ちょっと自分の事として想像してみてって思います。
    ファンって、結構残酷な存在なんですよね。
    私、2人と離れてから一足早くそういうの散々味わっちゃって・・・
    口には出せないけど「もぅ、カンベンしてくれない?」ってw

  • >>No. 9907

    企画もの・・・ポパイ~も、ピーヒャラもそれです。
    最初に、テーマなりコンセプトなり、受注などがあって音だけ作るんです。
    必要になった時点で、バンドをデッチ上げるという・・・
    悪い事ではないみたいですよ、手法ですから。

    「吊りバン連合」の写真が懐かしくて(関係ないんだけど)「おーッ!」なんて
    忘れちゃいましたが、流出音源はすべてラフミックスです。
    ま、ファンはそういうのこそ聴きたいんでしょうけど・・・
    廃棄されるはずの、確認用だったりするので「テキトー仕上げ」です。
    本来は、関係者がそれぞれ聴いてプランなりアイデアなり出して
    スタジオで大音量で、一般的なオーディオセットで、ラジカセで、カーステで
    可能な限りの再生装置で、繰り返し確認しながら
    1曲当たり数時間もの時間をかけて、あらゆるバランス取りをして
    全員OKが出たらトラックダウンして
    マスターがプレスに回る(レコード時代ですから)というプロセスの最初のものです。
    ですから「録音は、一応終了」という音です。

    トラックダウンが一番重要というくらいなので(上記プロセス)
    そんだけのもんです。

    流出音源で判断されちゃ、現役の人達はたまったもんじゃないと思うので
    お知らせしておきます。

  • あ、そうそう・・・松井さんまで本出してるんですか?

    まぁ、お金積んでオファーするんでしょうからね・・・
    質問に答えてれば、それなりに書いてくれるし
    あとは、チェックして・・・

    あ、いやいや、書いたのかな・・・
    書いた、書いた、書いた、「書いた」

  • >>No. 9906

    オファーの話
    歌が1番上手かったからw
    彼が私を選んだのは、彼から見てギターが1番上手かったからw
    笑えるでしょ、単純でw

    「成り上がり」をバイブルにしてましたね、当時。
    とにかくNo1にならなきゃ意味が無いと。

    ソッチじゃないです。
    「やくざは嫌だし、だからといって勤め人?俺が?」です。
    音楽は好きだし、仲間もいるし、じゃこの道で天下取るか!です。

    私達の時代は、バンドやる人間は変人系なのでモテませんよ。
    彼のバンドは、女の子がキャーキャー言ってましたけど。(加入前ね)
    バンドがモテる時代じゃなかったです。

    後年、若い人に「俺にカッコつける必要ないですよ、モテたかったからでしょう?」
    なんて言われもしましたが、そんな時代じゃありませんよ。
    モテるのはスポーツマンです。
    スクールカーストで言えば、最下層の「うらなり、(後年の)オタク、引きこもり」
    そういった人たちと同列です。

  • >>No. 9905

    あれ?ここ飛ばしちゃったのかな?

    当時、事務所にはパーマネントなバンドは存在しなかったんじゃないかな・・・
    寺西さんをVoに据えて、企画ものとしてその都度スタジオミュージシャンを使って
    デッチ上げてたバンドに実体を持たせようとしてたのは(社長が)事実です。
    SPなんて存在しないんです、最初から。
    私隊の件も、最初からバンドはいらないって言ってましたから。
    仲良かろうが、一緒にやってきた仲間だろうが、そんなの時間と金かけて育てるより
    自分で、アマチュアの中から拾ってきた各パートでバンド組ませた方が
    よっぽど上手くて安上がりですからね、商売ですから当然です。

    ただ、実力不足は真実です。

    社長の手法なんです、デッチ上げるの。
    子飼いの各パートがいて、その都度実体の無い何かにそれぞれ参加するという。
    寺西さんも、当たらなければ(どっちにせよ)その一人にすればいいと。
    宙ぶらりんで、私を欠いて・・・の中で押し切られましたでしょ。
    その直後、正月休みに彼の実家で一度話したんですけどね。
    不本意ではあったみたいですけど
    もっと勉強しろって事でUKもの(昔はテクノって呼称)聴くようになったりしてました。
    取り敢えずバンドすら無い中で、松井さんは9thイメージに参加しちゃいましたしね。
    これも、バンドというには・・・なんですけど。

    音源について
    おーッ!「吊りバン連合」w
    音源流出は、上級生2人の関係者だろうと思っていましたが間違いないですね。
    聴こえてるギターは天才さんです。
    私はフェーダーかなり下げられちゃったので。

    後の録音
    「わざわざ、こんなに変えてまでリベンジしなくてもいいんじゃない?」
    と思いました。
    でも、済まないか・・・やられっぱなしじゃw

  • あははは!
    サラシ巻いてましたって!
    ダボシャツ・ステテコ・蛇の雪駄ですもん、初対面では。
    テカテカのオールバックだし・・・でもHydeみたいには見えないw
    ヤンキーどころじゃないです、映画で観た「その筋の人」そのもの。
    着流し、長ドスで単身殴り込みそうな。

    近くに行かないと分からないかもしれませんが
    「血だらけのヤッパが転がってる」ような
    「撃鉄の上げられた拳銃がポンと置いてある」ような
    とでも言うか・・・とにかく、言葉に出来ないんですけど
    怖いですよ、とにかく。
    少しでも噂知ってたら、前に立ったら話せないんじゃないか?ってくらい。
    至って穏やかで、気さくなんですけどね。
    何なんだろう・・・殺気なんですかね?

    私、ヤンキーでもなければ、族でもないんで
    泣く子も黙るってほど怖い人って知らなかったんですよ。
    歳は下だし、髪の毛長いしw
    私一人だけ、記号性が全く違っちゃってて・・・。

    でも、メンバー含めて誰も差別も区別もしなかったですよ。
    「お前は仲間」って認識で。
    グリングリンのカーリーヘアに、どす黒いグロスとシャードー塗って(ベットリ)
    スカジャンのポケットに両手突っ込んで、くるぶしまである長いタイトスカートで
    ガムくっちゃくっちゃ噛んでる、怖いお姉さんまでみんなやさしかったですよ。
    そんなのどこで売ってんのぉ?!です、コッチは。
    初めて見るんですから、あれもこれも。
    「どっひゃー!」みたいなw

    パトカーの件は聞いてないけど、やったかも・・・(その程度なら)

    ただ、私が加入した頃には、過去と決別しようとしてたので
    いつも、そのテの話題出されるので「うんざり」してましたよ。
    気の毒でした。

  • また、やらかしました。
    〇テイのファンの方いらしたら、申し訳ありませんでした。
    少々の悪口を聞かされたからといって
    真偽も判らないのに、ファンやめるなんて事は無いと信じています。

    私にとっては、悪口ではないんですけどね。
    あ、言い訳がましいか・・・
    私については、どう思っても構いませんので(嘘つき野郎とか)
    ご自身の好きなもの、大切なものを選択してくださいね。

    しょうもない嫌われ者のろくでなしなら、今の立ち位置にはいませんよ。
    支持してくれる人も、信奉者も沢山いるはず。
    信用だって、信頼だってされているはずです。

    アホの戯言に、揺れてしまわないようにお願いします。

  • こちらこそ、ありがとうございました。
    全くのデッチ上げですけどねw

    実家に行ってッ!・・・まぁ、火つけられちゃうんですもんね・・・。
    何でそんなに背負わされなきゃいけないの?って、悲しかったですよ。

    不良w 初対面の時なんて堅気とは思いませんでしたよ、ハハ笑いが止まらない。
    免許来る前から免停だしw
    美人と見れば、手は速いしw
    眉無いし、顔に絆創膏貼って腫らしてるしw
    練習場は族の溜まり場になるしw

    いけね!スキャンダルだw


    さて、そろそろ終わりにしましょう。
    思い出話もキリが無いので。

    ストーリー作るのも大変だしw

  • >>No. 9892

    あれまッ!
    全部、初耳というか・・・
    彼らが動員できるようになったのは、私が業界そのものから引退した後なので。
    元ドラマーさんは、本を出してるんですか、へぇ~。
    解散・離脱は〇テイからなんですか、へぇ~。
    (失礼、バカにしてるんじゃありません。本気で「へぇ~」なんです)

    〇テイを嫌いでも構いませんが、ベクトルがついちゃうので
    情報分析や仮説は、慎重なうえにも慎重に自分の感情を排除して下さいね。
    ちょっと心配です。

    誰かを嫌いなら、それを強化する情報が集まりやすくなるし
    好きなら、その反対になります。
    芸能人の事で、それほど本気になる必要はありませんが
    自分自身の情報収集や分析にクセ(傾向)がつきやすくなる。
    つまり、自分に不都合になるので、本当に気をつけて。

    1行目は、同意せざるを得ませんねw
    ただ、そのくらいでないとキビシイ世界ではありますけどね。

    寺西さんを・・・か・・・・・・
    松井さんと寺西さんは、絶対離れないと思っていたので
    それぞれ、ソロでと知った時は意外でしたが
    まぁ、長く一緒にいれば色々あるでしょうしね。

    Dsの人は、よく〇テイとつるんでいたので納得いきますよ。

    あ、それから良くも悪くも〇テイは気が小さいので、お許しを。
    とっても「みみっちい」です。
    俺様で高圧的で喧嘩腰なんですけどねぇ・・・

    地元にいた頃、私と寺西さんについて陰でボロクソ言っていたのですが
    さすがに目に余ると思ったのか、1度呼び出して叱ったそうです(寺西さんが)
    もちろん、中身じゃなくて「言いたい事が有るなら、ちゃんと俺に言いなさい」と。

    ま、ま、すべて昔の話ですからね。
    今は違うでしょう、いっぱい手に入れたし。

  • しまった・・・うっかりしました。
    人によってはコチラの方が重要であろう

    「イエス様~」発言はあったのか?です。

    私は、言っておりません。
    (サイドストーリーあり)

    彼については、知りません。

    ここからは「推測・でっち上げ、作り話・嘘」ですが
    彼の言いそうな事だとは思います。
    根拠は

    比較を使う
    対立構造になっている

    からです。

    比較はお分かりですね
    「~方が、~より」です。
    対立構造は「ああ言えば、こう言う」とか
    「お前が〇なら俺は□」とか
    時に敵対的になりやすい動き方ですが、感情的に敵対せずとも
    構造・構成において対立は出来ますし、発生する場合もあります。

    比較も対立も、要するに「極化」なのですが・・・

    あまり感心しないのは、相手にはしごを掛けて自分が上るになりやすいからで
    ぶっちゃけ彼のキャリアは、基本的にこれで出来てるように見えます。
    多分、無意識なので「なっちゃう」で悪気は無いと思いますけど。

  • 読んだすべての方々にご忠告申し上げます。
    他者に話す(伝える)時は、よくよくご注意下さい。

    人は、真実を信じるのではありません。

    先に知った方
    社会的力学の強い方
    そして
    自分に都合のよい方

    を信じます。
    ご自身の前で、信用したような素振りをみせてもです。

    自分自身が、嘘つき、大ぼら吹きにされます。
    くれぐれも、ご注意ください。

    だからこそ、重ねて申し上げます。

    公式発表が真実、著名人の発言が真実
    私の話は、嘘八百です。

  • あぁ!そうそう!
    版権に関してですが、「おそらく」地方ヤマハ営業所スタッフからのアドバイスで
    注意は受けたかもしれません「ヤマハ以外で使えなくなるよ」と。
    コンテストに出る前に「曲名を変えなきゃならない」という話を
    「彼」から聞いたような気がします。

    ただ、結果から見れば
    そんな見え見えの上っ面の誤魔化しでは通用しなかったのでしょうね。

  • ta2さん
    訂正があります。
    何分、話す・書くなどして外へ出すと、その奥の記憶が時間差で蘇って来る
    なんてことも多分にあるので、私に限らず「話が飛んでしまう」「経緯が違ってた」等
    嘘や作り話をする気も無いのに、それに近い物になってしまう事もあります。
    緻密に正確に伝え、受け取れたとしても
    それはその個人からの、全体の一部あるいは断片でしかありません。
    も~恐ろしく面倒くさいのです。
    しかも、ほとんどの場合聞く方が飽きちゃって「かいつまんで話して欲しい」となります。
    恐ろしさを知らないからです。

    さて「イエス様の方が・・・」ですが、本を読んだ人から「~だってさ」と
    聞いた事はあります、そういう意味では知っています。
    その時に(それまでの関りから)「何言ってんだ、アイツ」とは思いました。
    それが文面に表れてしまった可能性はあります。
    しかし、真実と言えるようなものは知りません。
    本当に奇妙な偶然かもしれません。

    アレンジが気に入らず差し替え~・・・ですが
    長くなりますよ・・・

    再三の説得にも応じず、状況を拒んだDsに変わって
    上京後間もなく「コイツとやってみろ」とDsの紹介を受け
    取り敢えずはそのK君を加え、レコーディングに備えてリハーサルを始めました。
    (すでにサイドストーリーが2つあります)

    一方で、事務所側はその頃すでに「天才」と呼ばれていたスタジオギタリストに
    「お前、アレンジやってみろ」と私たちのオリジナルアレンジをアレンジし直すという
    仕事を振っていました。
    そして、時に演奏しながら、時にテーブルで差し向かいで作業を進めましたが
    「が」です。
    いかに天才でも、生まれて初めてですから何も解らず
    結果的には、オリジナルアレンジそのままと言っていいアレンジに
    自分のギターを被せて「多少カッコよく」しただけという結果に。
    これが「ボツ」だと思います、4曲あります。

    「まだまだだなぁ~、お前何も解ってないんだよ」と
    その天才は、社長にダメ出しされてました。

    上記4曲は、ディレクター及び上層部がシングルを決めかねていたので
    「異例」ながら、4曲録音になったのですが(経費大変です=レコード会社の期待)
    それは、その新しいDsを加えた3人+天才の4人で録りました。
    まだ、Dsの生音を録音していた時代なので「ハイ録りましょう」まで12時間。
    (上手でない、慣れてない、チューニング出来てない)
    始まる前にDsは、ヘトヘトです。
    (サイドストーリーかな・・・でも次につながる為には・・・)

    全ボツからほどなくして、社長がアレンジし直したうえで
    レコード会社がシングルに決めた(多分、社長も加わって)1曲を
    全てスタジオミュージシャンで録り直す事に。
    私達は、勉強の為に見学に来いと言われたので、むろん行きました。
    15分でアッサリ録り終えて、スタジオミュージシャンが天才を残して帰った後
    社長が突然「彼にソロ弾かせたいんだ」と私を指名。
    驚く、ビビる、うろたえる・・・しかも機材は全部天才のを借りろと
    (もちろん楽器持ってきてませんから)
    で、ブースへ行ったらFXがいくつも繋がっていて、まず音が出せない(泣)
    使い方を教わり、ビビってへなちょこになってるのをやさしく励まされ・・・
    クソなギターソロを録り終え(自分だけ参加)

    しかし、それも発売延期になり、中止になり。

    私に限らずですが、何もかも初体験ですから
    「状況に翻弄されているだけ」でした。
    自分の実力不足も明らかでしたから、悔いも無いし何も残っていません。
    ただ、体験した事の記憶だけです。

    辻褄や時系列は整理出来ましたでしょうか?

本文はここまでです このページの先頭へ