ここから本文です

投稿コメント一覧 (2462コメント)

  • 一体、何人の方がROMっているのか?いないのか?
    そして、必要無いのだろうとは思いますが
    下から録り直してみたので、上げました。
    ゆっくり弾いても押弦がおぼつかないので、音になっていない箇所もありますが
    やはり、低音は少し抑えられました。
    ピックもちゃんと当たらないし・・・・
    実は、指弾きの霞がかかったような音も好きなんですがね~。
    独りで夢に酔うにはイイんですよ、包み込まれるようで。
    もとい、音です(一応ネタにはなるので)

    ttps://youtu.be/BgklJ4JmA_w

  • もっとも・・・
    カメラとの距離、カメラのマイク位置、その機種の基本的なトーンなど
    もっと緻密にやれば、また違った結果だったのかもしれません。

    本職の現場では、ギターを替えられないのならマイクを替えるし
    マイクの位置を変えるし、録りたい音で録れるようにしますけどね。

    基本的には、ふくよかに良く鳴るギターは好まれないですね。
    独奏なら別ですが、アンサンブルの場合低倍音が豊富だと音が濁っちゃいますからね。
    質屋で3000円で買ったという古~いアコギを使ってましたよ、某有名事務所では。
    社長が、むき出しのままネック持ってやってきて
    「レコーディングはコレが一番イイ音がする」なんて。
    ジャキジャキガシャガシャみたいな音w

    私はモーリスの3万円のドレッドノート使っていましたが
    低音はカットされて、薄くモジュレーションかけちゃうみたいな使われ方。
    (もちろん卓で)

    ーーーーーーーー

    行動すれば、気づいたり、思い出したり。
    失敗でもいいから、やはりやってみる事は大事ですね。

  • 実は、ここのところアコギばかり弾いています。
    何年も弾かずにいたら、全く弾けなくなってしまったので
    まぁ左手の握力強化にもなるし、もう少し弾けるようになりたいと。
    しかし、困ったことにアコギは自分では音が判らないんですよね。
    アンプの場合は、スピーカー正面へ自分が行けばちゃんと音は聴けますが
    アコギの場合は、誰かに弾いてもらうか録音しかない・・・
    当たり前ですが、アンプ同様アコギの音は正面に出るようになってますからね。
    よほど経験豊富で、サイドからの音で正面の音が判断出来れば別ですが
    低音側ばかり聴こえる訳ですから、まず難しいでしょうね。
    しかも、低音ばかり出るような弾き方にもなりやすい(モニター出来てるから)
    私はアコギを買うときは、誰かに一緒に行って弾いてもらうか
    楽器屋さんに弾いてもらうか、音は無視して買うか、ですw
    これは、音は無視して買いました。
    この型番で、価格の折り合いの着くのがこれだけだったからです。

    で、久しぶりに確認用に音を撮ったので
    よろしかったら参考までにどうぞ。
    もともと、サイズの割に・・・あるいは弾き方でで低音が強いのですが
    ん~やっぱり、弾き方を考えないといけませんね。
    (限定公開です、自分用のサンプルを四の五の言われると面倒なのでw)

    ttps://youtu.be/BjDVlYhyFL8

  • このコ・・・マジで驚きました!

    ttps://www.youtube.com/watch?v=Rw8w5tYuEQ4

  • 失礼しました。
    weberだろうがJBLだろうが、重さで願い下げでしょうから
    どうでもいい事だとは思いますが
    ebayに出てたのは12inchでした、送料込みでも1万ちょっと
    買い得なので頭に残っちゃったんですね。
    自分で欲しいくらいですが、マーシャルは1wだし・・・。

    ある程度の年齢になると、やはり重いのは嫌ですよね。
    私も、茶寺を2階から降ろすのすら嫌ですもん。

  • そうそう・・・ヴィクトリアをアップした頃なんて
    茶寺フルアップにする事もありました(ほんの短い時間ですけど)
    Vo3~4くらいが、日常の音量。
    妻が、勝手に過敏になっただけなんですけど、水を差すようなことを言うと
    (いや、筋道立てて話すと)
    怒ってしまって、失礼と理不尽のオンパレードを始め
    最後は、離婚だなんだって話が大きくなって「泣き怒り」になるので
    もう、お手上げw
    不愉快な毎日を避けるためには、言うなりになっているしかないので
    今では、ラジオみたいな音量で弾いてます。

    無意識で生きている人は、それまでの周囲の音や、気分、体調などで
    自分の音の感じ方も変化するとは思っていないので
    「うるさい=相手が悪い」と直結なんですね。

    まぁ、仕方ないです。
    結局、私が全部悪い、いつも私が悪い、じゃないと収まりませんからw

  • little treeさん

    ハハハ、私は、JJ、EH、tung-sol、genalexの順でした。
    genalexは、柔らかくてジャジーですね。

    耐圧が高いスピーカーは重いですよね。
    出力が見合っていれば、反応は速いんでしょうけど・・・。


    weber california、ebayで出てますね。
    セラミックのやつですけど、いづれにせよ重いですもんね。
    D120なんて、ひとつ8kgですから!
    デュアンのキャビは、それが4本でしょう・・・ローディーは怪物ですよw

    エミネンスのレジェンド好きでしたよ。
    Vicroria Ampのマーク・ベイヤーのフェイバリットです(当時)
    私が35210tを買った時は、すでにRe-Jensenが標準装着だったのですが
    「何にする?」という事で迷っていたら、国内で在庫処分品を見つけて
    ひとつ1500円くらい(だったと思う)で購入、35210tはそのままRe-Jencenで
    組み上げてもらって、入手後比較をアップしました。
    何年前だったか・・・
    レジェンドは、バランスの取れた穏やかな音でRe-Jensenのような喧しさが無く
    透明感はやや劣るし、強烈な個性も無いけれど好きでした。
    まだ、アルニコマグネットのガード(カバーじゃない、コの字型の)
    にステッカーが貼ってある頃のものでしたけどね。


    こうして聴くと、判別しにくいかもしれませんが・・・
    レジェンドは5:30くらいから。

    ttps://www.youtube.com/watch?v=GNKyak66skY


    ちなみに、比較で鳴らしている56ツイデラは、六本木ヒルズの高層階に住んでる
    有名人に売りましたw

  • そういえばJBL・・・

    当トピ、以前はJBL好きの方なんかもいらして、話題や情報もあったのですが・・・
    今では「諸行無常の響き」になっちゃいましてw
    もとい、JBLは、ご存知のようにローミッドが張り出した、ガッシリした音です。
    黒や銀のように、ちょうどその辺の帯域が薄い事で明るく高音のクッキリしたアンプは
    JBLを入れる事で、太くしっかりとした音像になるので好まれたのかもしれませんね。
    「らしさ」は薄らいじゃいますけども、特にSSのツイリバには純正装着したくらいですから
    流行りもあったんでしょうねけどね。
    また、当時は楽器用(ギター用ともいうべきもの)に耐圧の高いものは無かったので
    JBLに換装すれば、ツマミは全部10なんてしても飛びませんからね。

    私は、Youtubeに投稿するようになるよりかなり前にJBLにしてみましたが
    (重量でバッフルが割れないように、わざわざバッフル自作して)
    もともと、ローミッドがしっかりあるがゆえにフェンダーらしくない茶寺ですから
    バランスが大きくローミッドに寄ってしまい、変な音になっちゃいました。
    パワーも無いからコーンも動かないし、完全に失敗・ミスマッチでした。

    ブルース系で、フェンダーアンプは好きだけど、ちょっと線が細いと感じている人には
    おススメですねJBL。
    エレボイは、かなり高音が強いので(バランスも音圧も)また違った音像になりますが
    あまりフェンダーアンプには向かない(一般的でない)かもしれません。

  • >>No. 9984

    私の場合、子供の頃偶然「哲学」に分類されるような本を読んだら
    「ゲッ、これ俺じゃん(いや、みんなそうw)」と思いまして
    それから、ある程度の冊数読んだだけでして
    取り立てて、しっかり学習した経験は無いんです。

    ただ、思考の展開のさせ方がそれっぽいんだと思います。

    「精進」・・・そうですね。
    「道」とか

    イメージほど、重いものではないんですけどw

    真面目とか、本気とか、遊びとか
    「仕事・勉強=正しい」「それ以外(金にならない)=悪い」
    という信仰のようなものw
    そもそも、全ての行為が経済活動と結びついているものではないですからね。
    「結び付けたんだよね?で、無抵抗に刷り込まれたんだよね?」ですw

    角が立つので、普通言いませんけどw

  • >>No. 9985

    私は、出力の低いピックアップは苦手なんです。
    高けりゃ高いで、歪んじゃうのでダメなんですが・・・
    という訳で、中くらい(と、言っても体験した限りにおいて)が好きです。
    出力が低いと「反応が鈍い」感じがしてしまい、力んじゃうんです。
    ピッキングに力が入ってしまう。

    どうも、ここ何年かの低出力流行りはジョンメイヤーが
    「出力の低いピックアップで、アンプのゲイン(Vo)を上げる方が良い」
    という発言以降のような気がするんですよね・・・
    本人のはミドルが強いので、結果として中+くらいなんですけど・・・(高くはない)
    シグネチャーとJazzy Catの印象から。

    低出力(低DC値)
    ニュアンスが出しやすい・・・ほんとかよ?
    が、正直なところw
    自分が馴染んじゃってるモノが違いますから
    そういう背景なんでしょうけどね。

  • >>No. 9983

    Little treeさん

    >トリオ・・・

    慣れなんでしょうけどね、和音楽器が(ベースもみんなやるけどw)あると
    コンビネーション考えないといけないですし・・・
    もっとも、ギターX2の編成の時は、ソロにソロを被せてくるという禁じ手をやる人だったので
    ステージ両サイドで、時にグチャグチャ、時にハーモニー、時に対位法なんて
    もぅ面白がってる状態でしたけど、それはそれで良かったです。
    お互い遠慮しちゃうと最悪ですけどね。
    思い出したら、もう2回ありました。
    1回はコンテストに出たバンドで、コンビネーションでやりました。
    お互い、相手の出方で決める(基本は、相手が私に対して)。
    もう1回は、アホのお調子者(カワイイ・人気者)だったので、曲を覚えない為
    彼は、ソロ以外弾かないw私のソロになるとギターのバッキングが無くなる・・・
    あいや、余計なことまで・・・
    やみつきになりますよ、是非1度トライして下さいな。

    >整流管

    そうです、そうです。
    合奏時、ドラムの立ち上がりに追い付かないので「ギターが聞こえない」と苦情にw
    5Y3GT
    ツイデラとチャンプにはデフォルトですから、一番良いでしょう、やはり。
    ツイデラに5V4を入れると、ゲインとミドルが増し、さらにセレッションブルーに換装すると
    ガッツのある音になるったけっな・・・
    人間道具のメェメェさんが、米国で仕入れた手法らしいんですけど。
    ちょっとチャンプでやってみたんです。
    簡易ホットロッドですかね。

    >PAF系

    どうなんでしょうね・・・DC値は、思うほどは音に影響していないという話もありますし
    デュアンのは、どれなんでしたっけ?お好みのは。
    メーカー毎、どれを標榜しているんですかね?
    いっそJBLにしてみては?
    Rolphは、老人ですし生産数が少ないので入手がなかなかねー。
    私のは58ですが、購入当時は57、58、59と出力が高くなるって話でした。
    その後、61ってのを見た事があるんですが「何でそんな半端な?」
    カスタムオーダーかもしれませんけど。
    療養中でも、何の疑問も感じませんよ。
    San Ford
    具合が悪いんですかね?身体壊して辞めちゃう人もいるんですよね、案外。
    68は、思いっきり低いDC値ではありますが、音が小さい感は無いです。
    耳につきやすい周波数なのかな・・・ミドルが、あまりない。
    弾いている本人には、硬質感あり(ミスが出やすい)
    68に限らず、スペックシートに忠実にカッチリ作っている印象。
    Crystal Clearの製品に近い、クソ真面目w
    ファットとかラフとか、ワイルドとかは、別の機材で。
    そんな感じです。
    個人のカスタムオーダーを、本人が気に入ったから商品化したものなので
    基本的には、使いやすいものではないのではないかと・・・

    >rewind

    拘るメーカーですね、ココもw

    長くなったのでページ改めます。

  • 満たされる

    不足を感じる、願望がある・・・「ある」

    充足する、手に入れる・・・不足は解放される「不足が無くなる」

    マイナスを感じる→達成される→ゼロになる
    また、マイナスを感じる→ゼロに戻す→またマイナス→またゼロ・・・・

    これは、自分をネタにしていますが
    決してプラスにならない。

    これが、欲望というものの正体、機能、役割です。
    決して充足しないし、終わりも無い。
    常に必要を作り出す。
    ただ、無意識のまま「それ」に乗っているだけでは
    -0-0-0の繰り返し。

    ゼロ始まりのプラスにするには?
    何かが生まれる為には?

    満たされたら終わり?気が済んだら終わり?
    手に入れたら終わり?達成したら終わり?

    欲望は生きる為に、動き続ける為に
    欲望が無くなると、全ては停止します。
    痴呆と同じ、モルヒネ中毒と同じ、深い瞑想の桃源郷と同じ。

    機能に乗っかったまま、支配されるのか?
    機能を使うのか?

  • さてさて・・・
    再開してしまったからには、誰の投稿も無いからといって
    放置という訳にもいきません。
    だからといって、ネタが無いのもまた事実。

    では、始まりに立ち返ってみると
    フェンダーアンプとは、何ぞや?とか(視点によってさまざま)
    何故、フェンダーアンプを使うのか?使い続けるのか?追々使いたいのか?とか
    トピを始めた人は(私じゃないです)、何が目的だったのか?目的は達せられたのか?
    参加していた人たちは、何故来なくなったのか?まだ、F Ampを使っているか?
    みな、何が望みなのか?
    満たされたのか?満たされたら終わり?(いや、悪くないですよ)

    フェンダーアンプに出会って、好きになって、手に入れて、使って
    グレードアップしたり、修理したり、情報共有したり
    始まりがあって、盛り上がりがあって、沢山の人がいて、そして終焉の時が来る。

    当たり前のことで、誰でもそうで、あらゆる事がそう。

    じゃぁ、何か一歩進めたい、今までとは違う何か・・・

    模索するものなのか?発生するものなのか?
    興味、好奇心、好きという気持ち、そして・・・
    これは、自分のパターンの反映ではないのか?
    平行移動、単一層平面移動、いつも同じ深さまで、同じ限界まで
    何をやっても、だいたい同じパターン。

    壁に当たれば、痛いとか、苦しいとか、大変とか・・・
    越えようとしていれば当然。
    越えなければ、カテゴリー移動してまた同じパターンの繰り返し。

    シリアスさの無い、このような気楽なところでやっているのも
    予行演習としてはいいかもしれない。

  • ジジイが、またナンパな事を・・・

    ttps://www.youtube.com/watch?v=QFNEQ9ybrGI

  • 私には「泣き」ネタ、お読みいただく方には「笑い話」ですが

    ここ数日、再びアコギ(Martin OOO)を引っ張りだして弾いているのですが
    ドレッドノートより薄いにも関わらず、LPより手を前に出して弾かなければならないので
    30分程度弾いただけでも、後で肩が痛くなります。

    そんな事が起こるなんて・・・

  • いや、私も整流管の方が好きですよ。
    ただ、現場で全くダメだったトラウマがあるので
    「後で泣きをみる」という恐怖から避けてるさけなんです。
    独りで弾いてたら、絶対に整流管の方が心地よいです。

    あ~、そうそう、そうでしたね電圧が低くても歪み(コンプ)ますもんね(適正でない場合)
    ヴァンヘイレンは電圧を下げてたのに、上げてると誤解した雑誌記者の記事で
    多くの若者が電圧を上げて使用して、マーシャルを昇天させたんですもんね。

    その辺の真空管は以前、チャンプでやってみました。
    電圧を上げる方向なので、ビビりながらですけどw
    ギターは、忘れましたけどペグからすると335です。

    ttps://www.youtube.com/watch?v=hE7U1yll1_M

    >12AX7比較

    客観的かつ、音量及び録音環境の違いを無視して・・・ならtung-solが好きなんですけどね。
    自分の手持ちでやると、音が籠る、引っ込む感じで「あれ?」w
    箱入り化してます。
    あと、面倒なあまり「どうでもよくなる」という悪い癖もあり・・・。

    小編成

    トリオは、最高ですよ。
    私は、4人以上のバンドはやったことが無いんです。
    ツインドラムにブラス入りみたいな、大編成もやってみたいです。

    ピックアップは、ネック側が「Jim Rolph」ブリッジ側が「bare knuckle Black Dog」です。

    昨日、Tokaiとヒスコレの比較動画観たんですけど
    やっぱり、木質にせよ塗装にせよ「硬さ」が無いとネック側はボケるみたいですね。
    悲しい・・・ウチのはダメだぁ~・・・。

    ttps://www.youtube.com/watch?v=lp1ELZ-vBCo

  • Youtubeにアップしていると、面白い事にであったりします。
    例えば、あまり良い出来ではなかったからといって
    同じテーマの動画をアップしても、ほとんどの人は観ないのです。
    1回で、理解したという認識になってしまうんですね。
    実は、脳は同じものを2度は見ないと言われています。

    1回目は見るけれども、2回目は「記憶を再生している」んだそうです。
    それに近いものがあるようです。
    実際、職場でも自宅でも「私以外誰も気づかない」事って多いです。
    もちろん、興味の度合いも関係しますが・・・

    つまり、自分(自我)の興味の対象以外に関心が無いんです。
    別に良い悪いじゃありませんし、それで何の問題も無いですし
    普通はそうです。

    しかし、1度で、あるいは1回で、納得のいく答えに辿り着けるのか?
    それが妥当な着地点なのか?という視点もあります。
    私自身そうなのですが、やっている事の本質は
    自分への「気休め」「いい訳作り」だったりして
    事柄の必要性や、正確さなんて大して気にかけていないのです。
    理由もちゃんとあります「時間が無い」「予算が無い」などw

    ですから、よく思います。
    どうせ、その程度の事なんだからいいんじゃない?どうでも。
    気に入るように解釈しとけば。

    大切なのは対象ではなくて
    自分の内面の納得や、ケリなんです。

    引き摺らない、ひとつひとつ終わらせる、ケリをつけながら進む。

    たとえば、私の動画のように「直しがきく」「何度もできる」のは
    Youtubeの中では、ただのゴミなんですね。
    観る価値も無い、時間の無駄って事です。

    今の人生は、1度きりです。
    ひとつひとつ、真面目に、精一杯生きましょう。

  • 妻が留守で、雨が降っているうちに・・・という事で
    帰って来るなり、そのまま録画したのですが
    歳のせいなのか、せめて30分くらいは基礎練習しないと
    ピックが弦に当たらない、運指がたどたどしい、状態なので
    (毎日、全て失う感じ)
    思い切って出来ません。

    加えて、しばらく「まとも」に音を出していなかったので
    近所への遠慮が抜けきらず、ビビり気味w

    この、社会性、日本特有の「遠慮・気遣い・忖度」は
    最も音楽とは相いれないもので「当たり障りない」とか
    「こじんまりと綺麗」とか、むしろ音楽の敵と言ってもいいくらいです。
    いや、アート全般の敵かもしれません。

    私の場合、楽しみでギターを弾けているだけでも
    ありがたいと思える身ですから「仕方ない」と思えますが
    妙な表現ながら「自分より小さい音しかコントロール出来ない」これが現実です。
    自分の「良識ある、真っ当な社会人」の部分は
    楽器を手にした瞬間に「殺さねばなりません」。

    しかし、習慣や慣れというものは恐ろしいもので・・・
    「吹っ切ったつもり」なのに、全然お呼びではなかったりw

    多くのバンドが「こじんまり綺麗に上手い」になりやすいのは
    歌い手(Vocal)の声が小さすぎるのも一因です。
    マイクの入力ゲインを上げなければなりませんから
    バンドの音が被るのは当然です。
    本来、歌手という人種は「恐ろしく声がデカい」のが当たり前です。

    もう一度、本気で音楽やってみたいです。
    あらゆる方向に、忖度している自分(必要かつ大切な事だけど)
    答えは、見つからないままです。

    音量あげちゃダメなんですけどねw ↑
    でも、ちょっとグッときました。

    ttps://www.youtube.com/watch?v=LvgwVJYNNqo

  • >>No. 9973

    撮り直しました。

    ttps://youtu.be/Lh7hyMOFPNs

    なるほど、SSの方が「えげつない」歪み方ですね。
    ただレンジが広がるのか、弦の音だけ歪んで聴こえますかね?
    真空管だと、びっしりと歪んでしまう感じがします。
    もっとも・・・真空管自体、元気かどうか・・・
    音量が上がっているので、不慣れな為、整流管の方が弾くのは楽です。
    SSは立ち上がりが速いので、自分のテンションが低いと綺麗に弾けません。
    うろたえる、とでもいいましょうか、ヘタが目立ちますw

    出力管には、絶対的に整流管の方がやさしいでしょうね。
    SSだと、即座に光り始めますが、整流管だとじんわりです。
    SSは、突入電流とかで短命になるかも。
    あと、よりいっそうドライですね。

    私はSSで綺麗に弾けるように練習します。

  • >>No. 9971

    私は妻に苦情を言われ続けて
    まさにラジオみたいな音量で弾くのが当たり前になっていたので
    友人に(stefano)指摘されるまで、ほとんど(かなり小さい音という程度)
    自覚が無かったのですが、コリャ本当にラジオですね。
    今日、アコギを弾いた後に、スイッチを入れて「そのまま」弾いて驚きました。
    もう、絶句です・・・「ここまで小音量にさせられていたのか!」

    しかし、聴きたくない人間には騒音でしかありませんから
    上げる訳にもいきませんしね。

    ただ、テストとしては(違いはハッキリ判るけど)どうかと思いますね。
    早々に削除しますね。

本文はここまでです このページの先頭へ