ここから本文です

投稿コメント一覧 (783コメント)

  • 素晴らしい株価上昇ですね!!
    社長の話に興味津々です!

  • >>No. 572

    そうかもしれませんね!
    ただ、枚数が欲しかったんで今日みたいな日って嬉しいんです。
    いつもはそんなにたくさん買えませんから

  • めっちゃ買い増し出来た~☆
    嬉しい~!!!

  • 株主総会向かってます!
    今日誰か来られる方はいますか?

  • ピープル(7865)続き
    次に今月開示があった月次の数字を見ても分かるように前年同月比で見たときに売り上げは約0.8倍ですが、営業利益は約1.4倍です。

    月次開示の終わりの文章に↓の文章が記載されています
    『…当9月度の売上では前年同月対比で縮小していますが、原価構造が改善されているため、営業利益、経常利益と
    もに前年同月を超えて推移しています。』
    ttp://www.people-kk.co.jp/global-image/units/upfiles/10656-1-20171019145254_b59e83db69f252.pdf
    収益構造が変化により、今期の四季報予想は過小評価だと自分は思っています。
    ↓本文抜粋ー
    (4) 商品力の向上

    同社の高付加価値品には価格競争力が備わってきた。 大幅な値上げも実現できるようになった。
    たとえば、「ハイチェア」は14000円台を19000円台に三割以上にあたる5000円の値上げを実施。 意匠(国内16件)や防衛的な特許(国内出願52)の重要性を学んだ同社はBlue Ocean(ブルーオーシャン)を自ら創造する力が備わってきた。 (幼児向けブロック ピタゴラスやテディハグの意匠が登録されている) (海外の特許ではMagna-Tilesが登録されている)

    (5) 磁石を利用したブロックMagna-Tiles(日本ではピタゴラス)などの海外展開力の高さ

    グローバルな展開力を有すること。 5年前、3億円に過ぎなかった同社の北米売り上げは、昨年15億円を突破した。 5年で5倍という急成長である。 米国市場にMagna-Tilesのブランドは着実に浸透しつつある。 これが同社の全社売上げを押し上げているのだ。 海外売上過去7年間の平均増収率の平均32%で、その標準偏差は28%である。 このことは海外における同社の知育玩具に対する潜在的な需要が強いことを示している。 (中期成長率の平均よりもその標準偏差が小さい製品には潜在需要が存在する)

    ※ちなみに同社は配当性向率が100%なので、現在の四季報予想では前期より↓で見ており、現在予想での配当利回りは3.2%ほど
    今期が前期実績並みと考えると配当利回りは4.3%ほどで全銘柄のTOP10に入ろうかというレベルです

  • ピープル(7865)
    すでに幼児関連で資金が突っ込んでるとこに今から行くよりも、クリスマス商戦も踏まえて面白い銘柄のが魅力があると思います。
    リンクは山本先生の記事!月次から見ても四季報は過少評価であり、上振れ濃厚だと思います。
    ttps://double-growth.com/1181-2/
    ーー本文から抜粋ーー
    『…保育園が無償化になれば、平均的に兄弟姉妹2人の家庭で、 年間数十万円規模の負担の軽減となろう。 その一部が、子供関連の市場、たとえば、知育玩具市場に流れると想定するのは不自然ではないだろう。 保育園が無償になり、月々の負担が大きく軽減する中で、 来年以降、地域玩具市場は幾分ながらも活性化するだろうと期待している。

    マクロでは日本全体で数千億円の負担軽減であるから、わずかな乗数効果であったとしても、 数百億円規模で幼児関連への消費増加につながると見立てている。 1500億円といわれる国内の知育玩具市場へのインパクトは決して小さいとはいえないのだ。』
    『…インバウンド需要が盛り上がったとき、同社の商品も恩恵を受けた。 そのことが、同社の商品が世界に通用することを物語っている。
    今後5年の配当成長率は筆者は20%程度と算定した。 無償化の恩恵の国内の底上げと海外の継続的な成長が業績に寄与するためだ。 事実、海外売上は5年前3億円弱の海外売上が足元20億円に迫るペースで拡大中だ。 これは筆者の個人的な予想だが、 5年後に売上1.5倍程度はいけるであろう。
    地域玩具の限界利益率の高さから計算すれば、 配当は5年後倍増する計算となる。
    (計算根拠等については後述する参考資料部分を参照のこと)
    150円程度の配当ならば、株価は少なくとも3%の利回り、株価は【5000円の価値がある】はずである。
    そのとき、同社は東証1部に昇格しているはずである。 流動性も向上しているだろう。
    個人投資家向けに長期保有で推奨するには適切な株であると結論。
    — 2022.1月期予想 —
    売上げの予想 e6900 百万円
    営業利益の予想 e1200 百万円 (OPM15%)
    純利益の予想 e 700 百万円
    配当の予想 e 160円 (e:予想)
    売上の 海外比率が50%。 国内比率50%。 為替110円ベース。
    (同社の経営目標は営業利益率であり10%以上を目安としている)』

  • kaiさんがこないだここに書いていたピープル(7865)に今、大注目しています。
    まだまだ資金が流れ込んできていないと思っているのでチャンスも大きいと思います。

    ピープルに書き込んだのと同じ文章をこちらでも書き込ませて頂きますね!

  • 次に今月開示があった月次の数字を見ても分かるように前年同月比で見たときに売り上げは約0.8倍ですが、営業利益は約1.4倍です。

    月次開示の終わりの文章に↓の文章が記載されています
    『…当9月度の売上では前年同月対比で縮小していますが、原価構造が改善されているため、営業利益、経常利益と
    もに前年同月を超えて推移しています。』
    ttp://www.people-kk.co.jp/global-image/units/upfiles/10656-1-20171019145254_b59e83db69f252.pdf
    収益構造が変化により、今期の四季報予想は過小評価だと自分は思っています。
    ↓本文抜粋ー
    (4) 商品力の向上

    同社の高付加価値品には価格競争力が備わってきた。 大幅な値上げも実現できるようになった。
    たとえば、「ハイチェア」は14000円台を19000円台に三割以上にあたる5000円の値上げを実施。 意匠(国内16件)や防衛的な特許(国内出願52)の重要性を学んだ同社はBlue Ocean(ブルーオーシャン)を自ら創造する力が備わってきた。 (幼児向けブロック ピタゴラスやテディハグの意匠が登録されている) (海外の特許ではMagna-Tilesが登録されている)

    (5) 磁石を利用したブロックMagna-Tiles(日本ではピタゴラス)などの海外展開力の高さ

    グローバルな展開力を有すること。 5年前、3億円に過ぎなかった同社の北米売り上げは、昨年15億円を突破した。 5年で5倍という急成長である。 米国市場にMagna-Tilesのブランドは着実に浸透しつつある。 これが同社の全社売上げを押し上げているのだ。 海外売上過去7年間の平均増収率の平均32%で、その標準偏差は28%である。 このことは海外における同社の知育玩具に対する潜在的な需要が強いことを示している。 (中期成長率の平均よりもその標準偏差が小さい製品には潜在需要が存在する)

  • これからはここが来ると思います。
    幼児関連で資金が突っ込んでるとこに今から行くよりも、クリスマス商戦も踏まえて面白い銘柄のが魅力があると思います。
    リンクは山本先生の記事!月次から見ても四季報は過少評価であり、上振れ濃厚だと思います。
    ttps://double-growth.com/1181-2/
    ーー本文から抜粋ーー
    『…保育園が無償化になれば、平均的に兄弟姉妹2人の家庭で、 年間数十万円規模の負担の軽減となろう。 その一部が、子供関連の市場、たとえば、知育玩具市場に流れると想定するのは不自然ではないだろう。 保育園が無償になり、月々の負担が大きく軽減する中で、 来年以降、地域玩具市場は幾分ながらも活性化するだろうと期待している。

    マクロでは日本全体で数千億円の負担軽減であるから、わずかな乗数効果であったとしても、 数百億円規模で幼児関連への消費増加につながると見立てている。 1500億円といわれる国内の知育玩具市場へのインパクトは決して小さいとはいえないのだ。』
    『…インバウンド需要が盛り上がったとき、同社の商品も恩恵を受けた。 そのことが、同社の商品が世界に通用することを物語っている。
    今後5年の配当成長率は筆者は20%程度と算定した。 無償化の恩恵の国内の底上げと海外の継続的な成長が業績に寄与するためだ。 事実、海外売上は5年前3億円弱の海外売上が足元20億円に迫るペースで拡大中だ。 これは筆者の個人的な予想だが、 5年後に売上1.5倍程度はいけるであろう。
    地域玩具の限界利益率の高さから計算すれば、 配当は5年後倍増する計算となる。
    (計算根拠等については後述する参考資料部分を参照のこと)
    150円程度の配当ならば、株価は少なくとも3%の利回り、株価は【5000円の価値がある】はずである。
    そのとき、同社は東証1部に昇格しているはずである。 流動性も向上しているだろう。
    個人投資家向けに長期保有で推奨するには適切な株であると結論。
    — 2022.1月期予想 —
    売上げの予想 e6900 百万円
    営業利益の予想 e1200 百万円 (OPM15%)
    純利益の予想 e 700 百万円
    配当の予想 e 160円 (e:予想)
    売上の 海外比率が50%。 国内比率50%。 為替110円ベース。
    (同社の経営目標は営業利益率であり10%以上を目安としている)』

  • 多分5000株成り買い注文入れて、特買いに3000株入って1667円まで上げたと思ったら数秒後に成り売り5000株入りました(笑)でも、驚くのはその後5000の売りに対して買いが急に増えたこと(笑)
    LCを狙ってる人はいる感じかもですね!成り売り5000株入った時には1400円くらいまで落ちると確信して押し目拾えると期待したんですけど、まさかの1507円で急に買いが入りました。

    証拠のキャプチャー載せときますね!

  • 今日のIR『子会社に対する債権の株式化(デット・エクイティ・スワップ)』
    について全く分からなかったんで会社に問い合わせてみました。

    ttp://www.sugino-jpcpa.com/m-and-a/des.html

    結論としては投資家側には何の関係もない会社の中での数字の動きの話のようです。
    元々一年前に会社の経営体制をホールディングス化したときにロジコムに対して債務を多く持たせていたことでその時から債務超過だったようです(あくまで連結子会社の話)
    それを子会社単体で評価した時に債務超過だと銀行にも相手にしてもらえない(親会社がLCHDってのを説明すれば問題は無い)&見た目も良くないから今回それを整えたっていうIRらしいです。

    よって、単なる報告IRってことみたいです!

  • >>No. 556

    これ気付いてたんですけど、どうしても買い増しって気がしなかったんでファンド業界で働いてる伝手にそれとなくこれについて聞いてみたら『これは空売りの玉』だと回答を頂きました。
    添付画像見にくいかもしんないんですけど確かに状況確認するとそう受け取れます

    大量保有報告の2.85%⇒755万株(発行済み株)×2.85%=21万5175株
    空売りネットで確認できる9月15日の貸付残高の増加分は21万5800株

    この近似値は偶然ではないと感じてしまいます。

    あくまで真実は自分にも分かりませんし、カラクリも実体が分かりません。
    ただ、株価と出来高の関係を紐解くと『買った』というより『売ってきた』方がしっくりは来るんです。

    空売り説が本当だと考えるなら(日証協の数字からもそう見える)現在の信用買い残が116000株
    貸株残高が207900株で空売り超過です。踏み上げ祭りにも期待出来そうです。

    ここはまだ上方修正も大いに期待できますし、今年から業績に寄与している世界最高硬度の表面処理であるTM3シリーズも堅調なようですし、IoTセンサーの磁歪材料のポテンシャルもはかりしれません。

    安値は拾うに限ると思います。

  • これさっきから1427当たりでばかり出来高あるけど、これ拾ってない?(笑)
    売り板並べ過ぎでしょw

  • 指標だけで比べてもロードスターよりLCのが安いし成長性に期待できると思う

    今期も上方修正の可能性大有りだし、初の医療系のリートだしで思惑たくさんある(笑)

  • 今こそ、この知名度の低い会社を知ってもらうべき!!
    否!!知ってもらいたい!!

    株主総会の人数を倍化させるんだ!!

  • ロードスターよりもはるかにこっちのが良い!!
    LCの劣化版なのに時価総額130億弱!?

    こっちに資金回るでしょ?

  • もう一つ現在イチ押しの銘柄も紹介させて頂きたいと思います!

    東北特殊鋼(5484)
    ①割安
    時価総額142億の会社でありながら176億7千万円ほどの含み益を賃貸不動産事業で抱えています

    が、貸借対照表には『簿価』で計上されているので、BPSには反映されていません。
    時価総額も142億円に対して含み益176億のインパクトは超絶です。
    会社の公表しているBPSは2585円ですが、↓が時価ベースです
    ※BPS4920円
    ※PBR0.38

    ②好業績
    12期遡っても黒字です。研究開発も余念がなく、特許も多数取得しています
    その甲斐あり、自動車用のエンジンバルブ用耐熱鋼の分野では国内No.1のシェアを誇り電磁ステンレスも高い商品力です
    第一四半期ですでに通期の46%の進捗率。
     東北特殊鋼の製品は自動車向け80%、うちエンジン向け50%の特殊鋼の製品群でも利益が大きく伸びています。また、今年から 大同特殊鋼と共同開発した『TM3シリーズ(世界最高硬度の金型の表面処理加工)』も業績に寄与していることも前期より高い決算数字の理由の一つです!
    自動車プレスにおける高張力鋼板(ハイテン)の加工において大変重宝される新商品で、多様な用途と引き合いがあると思われます。
    ↑自分の本職が金型を扱う仕事なのでこの価値は分かりますが、かなり高い価値を持つ技術です。

    ③隠れたIoTセンサー銘柄
    会社からはPRだけ、他には日経の記事で取り上げられてるだけですが、今後のIoTセンサーの要となる基本特許の取得が実はすでに済んでいます(笑)
    後は具体的な商品化を待つだけですが、この会社の開発したのはセンサーではなく『センサーを作るための画期的な原材料』です。磁歪材と呼ばれるものです。

    今期の四季報にも露出してきたものです
    まだ業績寄与は先ですが、非常に大きな思惑のネタでもあるので、これを持つ東北特殊鋼の魅力は大変高いと考えて長期で投資しています。

    こういった下町ロケット銘柄を探すのが最近の楽しみです(笑)

  • はじめまして!
    テノックスの掲示板からこちらに来ました!!
    ここには現在賢者集合中なのですね!!面白い銘柄の事が知れて大変うれしいです!!

    書き込み頻度はそれほど多く無いかもしれませんが、こちらでもお世話になりたいのでお願いしますm(_ _)m
    テノックスの板にも書きましたが、
    自分が得意とするのは局所的深堀りによる情報精査になります。

    ・会社の商品・製品価値が他社のモノに比べて優位性があるのか?
    ・市場規模、シェアから見た可能性の推察
    ・割安銘柄から成長銘柄に変わるタイミングかどうか?

    自分は主に上記の観点から投資対象を決めています

    今年一のホームランは山王(3441)ですね!
    去年の12月頃に山王に出会い、会社に電話し、展示会に行き、ガッツリと投資させて頂きました!
    一番安い玉は320円で仕込ませて頂き、1月の水素透過膜の時に短期で6倍超えの1940円まで付けました(もちろん天井売りは出来てませんw)
    再度その後下がったところで仕込み、9月の銀メッキアクリル粒子で再度1974円まで短期2倍と今年は山王様さまでしたm(_ _)m
    その山王についてはNAVERまとめも作成しましたのでこちらも見て頂けるとよくわかると思います。
    https://matome.naver.jp/odai/2150364045792717701

    山王に関してはすでに思惑銘柄としての地位を確立しているので、高値追いは自分は怖いと感じており、下がってこれば買っていきたいと考えています。
    投資スタイルとしては『バリューグロース』を心がけています。
    なので、Kaiさんのバリュー銘柄は大変参考にさせて頂いています☆

  • kai****さん、age***さん、なかちゃんさん
    いつも参考になる投稿ありがとうございます。

    自分はお三方に比べて投資歴も浅く、年齢も若輩ですが良ければ自分も混ぜて頂きたいです!
    得意とするのは局所的深堀りによる情報精査になります。

    ・会社の商品・製品価値が他社のモノに比べて優位性があるのか?
    ・市場規模、シェアから見た可能性の推察
    ・割安銘柄から成長銘柄に変わるタイミングかどうか?
    自分は主に上記の観点から投資対象を決めています

    テノックスはこの観点から見ても買いでした!おかげで買い値からはテノックスも既に約2倍になってくれました☆

    地盤改良の業界ではピュアパイルがその他の柱状改良の工法よりも抜きんでて優位性があります。

    ピュアパイル普及協会に加入する会社も増え続けており、まだまだこの流れは止まらないと思われますし、テノックス初のフランチャイズ展開事業なのでこれの限界利益率はかなりポテンシャルの高いビジネスです。
    いまだにここの株を現在購入している方ですらその価値の真価をあまり理解しておられない方が大多数だと思います。

    四季報研究会でもよろしくお願いしますm(_ _)m

本文はここまでです このページの先頭へ