ここから本文です

投稿コメント一覧 (11352コメント)

  • 売られ過ぎ銘柄が国策銘柄に変貌を遂げる時。

    機関投資家集団の買い上げにより、株価はどうなってしまうのでしょうか…。

  • 社長、社名に「日本」と付けていらっしゃる訳ですから、あっと驚くポジティブな話題を市場に流してみませんか…。

  • 機関投資家の方々。

    お持ちの高いアンテナから何かしらの情報をキャッチした時点で、売り方を圧倒する全力買いをお願いします。

    今ならディカウント株価でお買い上げできますので。

  • 社名に「🇯🇵」付くのでから。

  • 社長、そんな時ですから、市場関係者に存在感を誇示してみませんか…。

  • 日経平均株価は二番底を探る展開が続き、大型株は上値が重い状況が続くでしょう。

    そんな時ですから、機関投資家の方々、売られ過ぎ銘柄の日本通信が買われてみては如何でしょうか…。

    材料が出れば急騰は必至ですから、材料が出る出ない関係なく、先ず大陽線にしてチャートの見栄えを良くして、市場関係者の目が向かう状況を作ってみませんか…。

    買いが買いを呼ぶとよく言いますし。

    資金力、存在感のある機関投資家の方々にとっては、お安い御用でしょう。100万株一括購入でも、今なら、たったの1億3,000万円~1億4,000万円です。材料が出てしまえば、2億円は必要でしょうから。お安いうちに。

  • 機関投資家集団にかかれば、日本通信の株価はTWOバガーにはなるでしょう。

    社長、1つ目の材料を出してみましょうか…。

  • 反騰!

    急騰!

    機関投資家の方々、宜しくお願い申し上げます。

  • 材料一つで何もかも変わりますよね。

    機関投資家の方々。

  • 材料が出たら、株価ぶっ飛びですよね!

    機関投資家の方々。

  • 早く来い来いお正月ならぬ、早く来い来い材料ですよね。

    機関投資家の方々。

  • 2018年09月03日11時11分
    日本通信---大幅反発、格安スマホの普及に向けた政策進展を期待

    2018年09月25日16時30分
    株式会社ヤマダ電機およびサイバートラスト株式会社との業務提携ならびに合弁会社の設立に向けた検討合意に関するお知らせ

    この続編を知りたい機関投資家がいるでしょう。材料が出る順番を気にする機関投資家はいないでしょう。

    社長、隠し球をお持ちであれば、お投げになったら如何でしょうか…。ポジティブサプライズということで。

    日本通信株で稼ぎたい機関投資家は数多くいるでしょう。

    久し振りに1億株を超える出来高となる大商いをライブで見てみたいものです。

  • 株価130円は谷深しの水準です。

    山高しの水準は機関投資家の方々の本気度で変わるので分かりません。

    期待、思惑、仕手株化。

    このフルコースとなった場合、一体株価はどうなってしまうでしょうか…。

  • 1つスレッドは投稿数1,000を超えると更新されます。

    材料が出た途端、手の平を返す人が出てきそうです。

    機関投資家の方々が株価を買い上げることで、その数は増えるでしょう。

  • 材料一つで、噴きます、跳びます。

    機関投資家が集団で飛び付きますから。

  • 材料一つで株価が急騰する環境が整ってきました。

    社長、IR配信指示を出しましょうか…。

    菅さん、格安スマホ普及の政策推進を経産省に求めましょうか…。

    機関投資家の方々、アルゴリズム取引のプログラミングはお済みでしょうか…。

  • 今日の出来高768,000株。出来高80万株割れ、8月7日(768,800株)以来。

    陰の極でしょうか…。

    陰の極
    相場全体が下落し、これ以上下げることはないだろうと思われる水準。「大底」。転換期が近いことも意味する。

    陰の極
    最も状況が悪く、これ以上下がらない状態。つまり、上げ相場の直前。下げトレンドが続いて安くなり悪材料が蔓延しているが、売りが一巡した状態で下げ止まっており、多少の日柄が経てばトレンドが上向きになるであろう、と観測できる状態。

    陰の極
    株価がどうしようもないくらい大きく下がって、動きが取れないという時の状態を言う時に、陰の極と表現する。でも、陰が極まったということは、陰が終わるということも表している。次に待っているのは、陽である。これ以上下げようが無いというような状態にまで株式市場が下落して、出来高も少なくなった相場の大底が、陰の極。株式市場が大きく下落する時には、大量の銘柄が安い値段で叩き売りされるが、陰の極を迎えたということは、これ以上もう売り物が出て来ない程、すっかり売られた状態。言い換えると、買いのエネルギーが溜りに溜まっているので、何か良い材料が出たりすれば急騰する、というスタンバイ状態と同じこと。だから『陰極まれば陽転す』とか『陰の極に買いの機あり』という格言もある。

    陰の極
    相場が下げ続けて、これ以上は下がらない価格まで下げ切った状態。極には、限界点、頂点という意味がある。

    陰の極
    相場が下げ続け、もはやこれ以上下げることはないだろうと思われる水準に落ち込むような、人気が冷え切った状態を言う。狭義では、相場が方向性を見失い、売りも買いも手が出せなくなり、売買高が極端に減少した時などに「売買高は陰の極」などと言われる。相場が陰の極の状態になると、悪材料はほとんど織り込まれてきて、何か好材料が出ないか心待ちしている状態であることが多くなるので、ちょっとしたきっかけで大きく反発する可能性がある

    陰の極に買いの機あり
    陰の極とは、長期で下がり続けた後に安値圏で、値動きを殆どしなくなった状態のことを言う。売り物がほぼ出尽くした陰の極では、株価を刺激する材料がちょっとでも出れば大きく値動く。

    陰の極に買いの機あり
    売り物が出尽くした陰の極では、好材料が出れば大きく相場が上昇するため、買いの絶好の機会であるという格言。

  • 日本通信は売られ過ぎ銘柄から国策銘柄に変貌を遂げます。

    そのことは、機関投資家の方々も承知しています。

  • 昨日の菅官房長官による携帯電話料金「競争環境の構築が政府の役割」の発言。

    この発言は日本政府が格安スマホの普及に舵を切る方向に着実に進んでいることを示しています。

    日本通信の出番です。

    機関投資家の方々の出番です。

  • この先、一山も、二山もきます。

    その山々の高さは凄いでしょう。

    谷が深いだけに。

    それを機関投資家集団は熟知しています。

本文はここまでです このページの先頭へ