ここから本文です

投稿コメント一覧 (332コメント)

  • >>No. 4473

    While My Guitar Gently Weepsはジョージの傑作でクラプトンの素晴らしいギターが印象的ですが、ジョージが静かにアコースティックで演奏しているバージョンも同じくらい好きです。

  • 今日サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)が届きました!
    LP大の豪華なケースに感激ですが、中身はもっと素晴らしい。
    生きてて良かったです。

    16歳のときに初めて買ったアルバムがビートルズのオールディーズ(初期から中期頃までのヒット曲集)で、擦り切れるほど聞きました。次に買ったのがサージェント・ペパーでした。
    レコード店で買って自宅に帰るまで期待感で胸がいっぱいになったのを今でも覚えています。
    わくわくしてレコードをかけてみると、あれれ、何かビートルズじゃないみたい、これが最高傑作?っていう感じでした。
    ヒット曲しか知らなかったのでサージェント・ペパーの良さがまったくわかりませんでした。
    A Day In The Lifeだけは最初から夢中になりましたがその他の曲は好きになれなかった。
    このアルバムが好きになるまで20年くらいかかりました。
    今では一番よく聴いているアルバムかもしれません。

  • 『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のコラボです。
    https://www.youtube.com/watch?list=PL8s6sSjUyaxUk3mCUqiNuJiMNxs9QdthO&v=NYD3QtyEGGM

    私はスター・ウォーズファンなので楽しめました。
    いよいよ明日はサージェント・ペパーズの50周年記念盤が発売ですね。
    このアルバムには少し複雑な思いがありますが、いろんなランキングで史上1位のアルバムであることに依存はないです。

  • >>No. 4440

    >♪ This Boy(こいつ)
    >♪ You're Going To Lose That Girl(恋のアドバイス)
    >♪ Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)
    >♪ She Loves You
    >♪ If I Fell
    >♪ Baby's In Black

    G6on325さん、どの曲も素敵です。
    She Loves YouとBaby's In Blackはジョンとポールの共作ですが、他の4曲はジョンの曲ですよね。
    メイン歌手が2人で、その上サブ歌手もいるというユニークなバンドでした。
    ビートルズの曲は当然ですが非常に高く評価されていて、その一方でボーカルや演奏に関してはあまり評価されていない気がして、いつも残念に思っていました。
    歌唱力も演奏力もどのグループと比較しても負けないと思っています。

  • >>No. 4433

    yoshihuru51さんもG6on325さんも連休は大いに楽しまれたようですね。
    私はのんびりしています。

    >ま、人生もいろいろ有りますね?

    ほんとそう思います。
    でも十代のときにビートルズを知って夢中になり、それ以来ずっと変わらず彼らの大ファンでいられることに感謝でいっぱいです。

  • >>No. 4432

    ジョージに限らずビートルズの曲は好みが別れる気がします。
    それだけ彼らの曲には多様性があるのでしょう。
    ビートルズの曲について語っている本を読んでみると人によっていろいろだし、私自身も変わっていると思います。
    これは感性の違いなので良し悪しの問題ではないですよね。

    私のジョージの好きな曲ベスト5は、
    Something >While My Guitar Gently Weeps >Within You Without You >Long Long Long >The Inner Light
    で、Here Comes The Sunは次点の6位です。

    掲示板の趣旨から外れますが、ビートルズの有名曲でもLove Me DoやCan't Buy Me LoveやOb-La-Di, Ob-La-Daなどはあまり好きじゃないです。
    一方で評判の悪いRevolution 9は大好きで私にとってはホワイトアルバムの中で外せない曲だったりします。

  • >>No. 4415

    私はジョンが一番好きですが、And your bird can singは傑作とは言えないと思ってました。
    あとラバーソールのRun For Your Lifeもあまり好きじゃないです。
    どちらもジョンがやっつけ仕事で作った曲のように感じています。

    RUBBER SOULはジョンの傑作が多くて、REVOLVERはポールの傑作が多い印象があります。
    REVOLVERの中のジョンの曲ではI'm Only SleepingとTomorrow Never Knowsが好きです。

  • >>No. 4426

    ビートルズ・アンソロジーの中でポールは、次のように言ってます。
    「Something」はジョージの最高傑作だって思った。「Here Comes The Sun」と「While My Guitar Gently Weeps」と合わせて、たぶん彼のベスト3だね。

    私はHere Comes The SunよりもLong Long Longの方がずっと好きです。
    Here Comes The Sunがなくても平気ですが、この辺は好みですね。

  • >>No. 4418

    Somethingはジョージの最高傑作ですよね。
    Within You Without You、While My Guitar Gently Weeps、Somethingはジョンとポールの名曲に匹敵する曲だと思います。
    私的にはこの3曲以外はビートルズの平均レベルに達していないかな~って勝手に思っています。(ジョージファンの方、ごめんなさい)

  • >>No. 4414

    Two of usは聞いててホッとするような感じの曲で私も好きな曲の一つです。
    ポール自身もMANY YEARS FROM NOWなかで好きだと言ってますね。

  • >>No. 4408

    ジョンはあまり他人の曲は褒めないけど、ポールには一目置いていますよね。
    傑作アルバムRevolverの中では、ポールの曲であるHere, There And Everywhere、For No One、Got To Get You Into My Lifeをジョンは好きだと言っています。
    晩年のインタビューとか読むとジョンがポールを高く評価しているので嬉しくなってきます。

  • >>No. 4404

    I Saw Her Standing Thereはジョンも好きだったようですね。
    ジョンとヨーコ ラスト・インタビューで次のように言ってました。

    「ポールだ。ジョージ・マーティンがよく言ってた“面白くて引き込まれる”類のいい曲だよ。僕が歌詞を少し手伝った。」

  • >>No. 371

    渡辺事件で将棋界が変になってしまったが、藤井四段の活躍で良い方向に行って欲しいですね。

  • Taxmanのリードギターは誰かご存知ですか?
    いろいろな説がありますがリードギターポールというのが真相らしいです。
    こんなの常識?

  • >>No. 4396

    英語音痴な私には、To (me) that is a modern rock and roll music にしか聞こえないです。
    Rock & Roll Musicはノリが良くて好きです。

    ところで、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の発売50周年を記念したスペシャル記念エディションのリリースが決定したそうです。(5月26日世界同時発売)
    高いけど6枚組スーパー・デラックス【完全生産限定盤】を予約注文しました。

    好きなアルバムのベスト3はアビーロード、ホワイト・アルバム、リボルバーなんですが、
    サージェント・ペパーズにストロベリー・フィールズ・フォーエバーとペニー・レインが入ってたら、
    ベスト1なのにとずっと思ってました。変則的ですがそれが実現したディスクも入っているんですよね。
    EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Yearsの映画もロードショーされるまで待ち遠しくて仕方なかったのですが、
    それ以上に待ち遠しいです~

  • >>No. 4387

    ボーイツルマルさん、4386は曲名をコピーミスしてました。
    誤:ジョンのYour mother should know → 正:ジョンのAll You Need Is Love

    Your mother should knowは一般的にはビートルズの名曲ベスト50にも入らなそうな曲ですが、
    私は何故か大好きで何度聞いても幸せな気分になります。
    マジカルミステリーツアーは映画で使われた曲の寄せ集めですが、名曲度(駄作がない)から言えば一番のアルバムでしょう。
    ただヒット曲集やベスト・アルバム的なところがあるので、アルバムとしての価値は評価されてないようです。
    そもそもビートルズはEP版で出していて、アメリカが勝手に(?)アルバムとして出したものですからね。

  • >>No. 4385

    ボーイツルマルさん、こんにちは。
    Your mother should know いいですね!
    同じ頃のジョンのYour mother should knowと同じくらい好きです。
    ポールはMANY YEARS FROM NOWの中で次のように語っていますね。

    「Your Mother Should Know」はプロダクション・ナンバーとして思いついた。「よし。せめて1、2曲は本気で歌おう」と思って、カヴェンディッシュ・アヴェニューの自宅の食堂に置いてあるハーモニウムで作曲した。ジン伯母さんとハリー伯父さんと、あと親戚がふたりほどホールの向こう側の居間でくつろいでいたから、僕は食堂のドアを開け放して、みんなに聞こえる状態で何時間かかけて作曲した。そんな家族の雰囲気が、あの曲に染み込んだと思う。ジン伯母さんが家にいたお蔭で、ミュージック・ホール的な作品になった。

  • >>No. 4377

    Long Tall Sallyはポール絶世のボーカルだと思います。
    この曲、大好きです。
    ポールはアンソロジーでこんなことを言ってました。

    僕はジョンのハードなイメージの引き立て役になることも多かった。でもその逆もありえたんだよ。みんな一方的な見方をしがちだけど、ジョンがすごくソフトになることもあるし、僕がハードな曲をやることだってある。映画「BACKBEAT」で僕が気に入らなかったのは、「Long Tall Sally」をジョン役に振っていたことだ。僕は面白くなかったね。あれはいつだって僕が歌っていたんだ。僕と、リトル・リチャードがね。
    おかしいよね。僕はメロディアスでソフト、ジョンはハードで辛辣っていう伝説がすっかり定着しちゃった。表面だけ見ればそれも当たってるかもしれないけれど。ほんとはね、昔の彼が気に入っていた曲は「Girl Of My Dreams」なんていうのもあったんだよ。あれは彼のお母さんの影響だね。それに「Little White Lies」。あれも、確かにクールじゃないけど良い曲だしよくできてるよ。「This Boy」も、そういう曲だよね。

  • >>No. 4373

    Can't Buy Me LoveとYou Can't Do Thatでは、私は後者の方が好きなんですよ。
    多くの方はきっとCan't Buy Me Loveの方が好きですよね。

  • >>No. 4372

    yoshihuru51さん、こんにちは。

    >ビ-トルズっていいですよね?

    ほんとにそう思います。
    どの音楽も素晴らしいですが、私は特にロックが好きです。
    ジャズもクラシックもよく聞きますが、私の中でビートルズは別格です。

本文はここまでです このページの先頭へ