ここから本文です

投稿コメント一覧 (1809コメント)

  • >>No. 10248

    大雪の影響 宅配便など遅れ
     関東やその周辺では、大雪の影響で、宅配便などの配達に半日から1日程度の遅れが出る見通し。

    宅配便大手のヤマト運輸や佐川急便などによると、大雪による高速道路の通行止めなどの影響で、関東やその周辺の地域で荷物の配達に遅れが出ている。

    このうち、佐川急便は関東や周辺の地域で22日から23日にかけて集荷や配達する荷物に少なくとも1日程度の遅れが出る見通し。

    また、ヤマト運輸も配達に半日から1日程度の遅れが出るとしているほか、日本郵便でも郵便物やゆうパックの配達に遅れが出ている。

    各社では、配達の遅れは高速道路の通行止めなどが解除されるにしたがって、次第に解消される見込みだとしている。

  • >>No. 10247

    大雪警報
    気象庁は関東甲信・東北地方に大雪警報などを発表。東京都心(千代田区北の丸公園)では14:00に積雪1cmが観測された後、17:00現在で9cmに達している。

    1月22日14時30分 気象庁予報部発表
    多摩市 [発表]大雪警報 着雪注意報 
     雪 警戒期間 22日夜のはじめ頃から 22日夜遅くまで
       注意期間 22日夜遅くまで
       12時間最大降雪量 15センチ
     着雪 注意期間 22日夜遅くまで
     付加事項 降雪による交通障害

    ◆東京都心での近年の最深積雪記録
    ・2016/01/18     6cm
    ・2015/01/30     3cm
    ・2014/02/08・/15  24cm
    ・2013/01/14     8cm
    ・2012/01/23     4cm

  • 22日昼から大雪の恐れ
     22日昼から23日朝にかけて、低気圧の影響で太平洋側を中心に広い範囲で雪が降り、東京23区を含めた関東平野部でも大雪になる可能性があると気象庁が発表した。降雪は22日夕方から夜にかけてピークを迎えるといい、通勤や通学の帰宅時間帯に交通機関などに大きな影響が出る恐れがある。

     気象庁によると、22日は本州の南岸を前線を伴った低気圧が東に進む見通し。このため、甲信地方では22日昼前から、関東や東北では昼過ぎから雪が降り始め、夕方以降に雪は強まるという。都心で積雪となれば2016年1月以来で、関東などでも大雪警報が発表される可能性がある。気象庁は大雪や路面の凍結による交通障害に厳重に警戒するよう呼びかけている。

     23日午前6時までに降ると予想される各地の雪の量は、東北地方の太平洋側で30〜50センチ、甲信地方や関東北部の山沿いで20〜50センチ、多摩地方や秩父地方で20〜50センチ、東京23区を含む関東平野部で5〜10センチ。

     また、23日からは寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が今月末まで続く見通し。各地で残った雪の影響で路面が凍結しやすくなるほか、北日本から西日本にかけての日本海側では断続的に雪が降り、降雪量はかなり多くなるという。太平洋側でも雪雲が流れ込みやすい地域では、普段は雪の少ない平野部でも積雪になる地域があるという。


    国土交通省は、22日からの大雪に備え、下記のとおり、ドライバー等へ。

    関東甲信地方や東北地方では、明日22日昼頃から23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降り、東京23区など、普段雪の少ない平野部を含めて大雪となるおそれがある。
    大雪による立ち往生等に警戒が必要。
    不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、チェーンの早めの装着等。
    大雪が予想される地方整備局においては、道路交通の確保ができる対応を24時間体制で行う予定。

  • 運転免許証の自主返納
     内閣府は19日、運転免許証の自主返納制度などに関する世論調査の結果を公表。免許証を保有する70歳以上の高齢者のうち、家族や医者から運転をやめるよう勧められた場合に返納しようと考える人は26・3%だった。

     調査は高齢の運転者による事故が社会問題化していることを踏まえ初めて実施した。昨年11月16~26日に18歳以上の男女3千人を対象に行い、回収率は61・3%。このうち70歳以上の高齢者は488人だった。

     「どのようなときに免許証を返納しようと思うか」(複数回答可)を尋ねたところ、70歳以上の免許保有者で「自分の身体能力の低下などを感じたとき」と回答したのが74・3%、「返納するつもりはない」が9・2%だった。障害や病気のある人たちが運転に必要な助言を受けることができる「運転適性相談」については、28・3%が利用するつもりはないと回答した。

    リリース
    https://survey.gov-online.go.jp/tokubetu/h29/h29-jishuhenno.pdf

  • 明日20日からの「多摩エコ・フェスタ2018」に出展します。

    ~映像を通して地球環境について考える~
    -自然との共生- EARTH VISION 多摩 映画会
    『福島、辺野古の海で今起きていること』
    http://taenoha.com/ev

    つながろう!つなげよう!多摩のエコ
    開催日:1月20日(土曜日)から1月21日(日曜日)まで
    開催時間:各日10時から17時まで
    開催場所:パルテノン多摩2階 市民ギャラリー・特別展示室
    参加費:無料
    主催:多摩エコ・フェスタ2018実行委員会

  • 桜開花予想3/22
     ウェザーニューズは桜の季節に向け、第一回桜開花予想を発表。今シーズンのソメイヨシノの開花は、主要都市では3月22日に福岡(舞鶴公園)、佐賀(神野公園)、熊本(熊本城)、高知(高知公園)、東京(靖国神社)で開花する見込み。3月までは、低気圧や寒気の影響で西・東日本を中心に気温の低い日があり、桜のつぼみの生長はゆっくりとしたペースになりそう。ただ、西・東日本では3月後半から、北日本では4月になると平年より暖かい日が多く、開花が一気に進むため、開花時期は、西・東日本では例年(過去5年平均)並、北日本では例年並~やや早い予想。

    https://jp.weathernews.com/news/21259/

  • 多摩NT再生プロジェクトシンポ(第5回)
    開催日時:平成30年2月3日(土曜日) 13時30分から16時45分まで(開場13時から)
    開催場所:パルテノン多摩 小ホール
    定員/参加費:250名(先着順) 参加費無料
    ※手話通訳あり
    プログラム
    13時30分 開会挨拶  多摩市長
    13時50分 第1部 報告 西浦定継氏(多摩市ニュータウン再生推進会議 職務代理者)(明星大学理工学部総合理工学科教授)
           『諏訪・永山まちづくり計画について』及び『PDCAサイクルについて』    
    14時20分 第2部 基調講演 三浦展氏(カルチャースタディーズ研究所)
           『2040年の社会をデザインする~郊外を脱して、本当の街へ~』
    15時20分 第3部 座談会  
    コーディネーター 上野淳氏(多摩市ニュータウン再生推進会議委員長)(首都大学東京学長)
    『多摩ニュータウンのリ・デザインに向けて』

  • インフルエンザ全国で週124万人
     インフルエンザの流行が拡大している。国立感染症研究所の集計によると、全国約5千の定点医療機関から報告された患者数を基に推計した1~7日の1週間の患者数は約124万人。前の週の約101万人に比べて20万人余り増えた。
     インフルエンザは主に、せきやくしゃみのしぶきに含まれるウイルスを吸い込んで起こる。厚生労働省は、ウイルスをまき散らさないために「せきが出るときはマスクやハンカチで口を押さえることが重要だ」と「せきエチケット」を呼び掛けている。
     また高齢者は重症化しやすく、子どもではまれに急性脳症を起こすこともある。

     都道府県別では宮崎県(34.17)、沖縄県(31.76)、大分県(28.93)、福岡県(28.14)、長崎県(26.04)、滋賀県(25.38)、岐阜県(25.28)、熊本県(24.63)、茨城県(23.69)、鳥取県(23.31)、香川県(23.26)の順となっている。20府県で前週の報告数よりも増加がみられた。27都道府県で前週の報告数よりも減少がみられた。
     全国の保健所地域で警報レベルを超えている保健所地域は94箇所(1都1道2府29県)、注意報レベルを超えている保健所地域は263箇所(1都1道2府41県)となった。

  • ライフウェルネス検定
    老後の過ごし方などを考えるきっかにしてもらおうと、多摩市は市民を対象に、健康や介護などの知識を問う「ライフウェルネス検定」を来月初めて実施する。

    多摩市は、多摩ニュータウンを中心に多くの団地や住宅が造成されたことで、都内の中でも高齢化が進み対策が求められている。

    このため、市民に老後の「老い方」などをみずから学ぶきっかけにしてもらおうと、多摩市では来月24日に「ライフウェルネス検定」を初めて実施。

    検定は、市が専門家の監修のもとで独自に作成したテキストから出題され、バランスの取れた食事や筋力低下を防ぐ運動など健康に過ごすための情報のほか、病気や介護、終末期の医療など、「老い」や「死」の知識を問う内容になる。

    健康づくりや老後の過ごし方について、自治体がテキストを作成して、検定を実施するのは全国でも初めて。

    検定は来月24日に行われ、市民や市内で働く人などは無料で検定を受けることができますが、事前に申し込みが必要。

    多摩市健幸まちづくり推進室は「前もって自分の人生の最期まで考え備えておく、『後始末から前始末へ』という考え方を広げることで、人生を満喫できる地域にしていきたい」としている。
    1月12日NHKニュース抜粋編集

  • 地域ふれあいフォーラム2018
    日時→平成30年1月28日 午前10時~午後5時(繰上終了有り)
    会場→ヴィータコミューネ1Fさくら広場、7F~8F
    「関戸公民館」
    「多摩ボランティア市民活動支援センター」
    「多摩女性センター」
    「多摩市国際交流センター」
    「ヴィータホール」等、全フロアー

  • 1/14福島のお話とライブ
    ■東日本大震災から7年―福島のお話とライブ「いのちが大事の歌」 
    日時:2018年1月14日(日)14:00~16:00 
    会場:多摩市立永山公民館・視聴覚室(ベルブ永山4F) 
    ゲスト:関久雄さん、星ひかりさん 
    主催:3.11フクシマを忘れない 原発のない未来を TAMA実行委員会 
    参加費:500円

  • 東京五輪経費
     東京都は12日、2020年東京五輪・パラリンピック準備の経費として、1288億円を基金に積み増すことを盛り込んだ補正予算案を発表した。2月の定例議会に提出する。20年大会経費の都の負担分は6千億円。経費に充てる宝くじの収益を合わせると約5850億円となるため、小池百合子都知事は記者団に「(都負担分の財源は)ほぼめどがついた」と話した。

     都幹部らによると、1288億円は16年度決算で出た剰余金から充てる。20年大会に向けて都が財源として準備する基金は16年度末に残高が約3800億円あり、今回の積み増し分と宝くじの収益、すでに使った経費の合計額は、都負担分の97%となる。残りは18年度以降に積み増すという。

     20年大会経費は1兆3500億円と試算されており、昨年12月に都と大会組織委員会が各6千億円、国が1500億円を分担することで合意。財源の捻出方法が課題となっていた。ただ、このほかに不測の事態に備え、予備費(1千億~3千億円)も必要になる可能性がある。

  • キネマ旬報ベスト・テン
    「キネマ旬報」は11日、2017年に公開された作品のベスト・テンと個人賞を発表した。日本映画の1位は、東京の片隅で生きる若者を活写した石井裕也監督の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」が選ばれた。ベスト・テンと受賞者は次の通り。
    「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」主演の石橋静河さん「モヤモヤの1ミリ先に」
    「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」出演の池松壮亮さん「純粋さを前に」
     【日本映画】①映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ②花筐/HANAGATAMI③あゝ、荒野④幼な子われらに生まれ⑤散歩する侵略者⑥バンコクナイツ⑦彼女の人生は間違いじゃない⑧三度目の殺人⑨彼女がその名を知らない鳥たち⑩彼らが本気で編むときは、
     【外国映画】①わたしは、ダニエル・ブレイク②パターソン③マンチェスター・バイ・ザ・シー④ダンケルク⑤立ち去った女⑥沈黙―サイレンス―⑦希望のかなた⑧ドリーム⑨ムーンライト⑩ラ・ラ・ランド
     【文化映画】①人生フルーツ
     【個人賞】日本映画監督=大林宣彦(花筐/HANAGATAMI)▽同脚本=石井裕也(映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ)▽主演女優=蒼井優(彼女がその名を知らない鳥たち)▽主演男優=菅田将暉(あゝ、荒野など)▽助演女優=田中麗奈(幼な子われらに生まれ)▽助演男優=ヤン・イクチュン(あゝ、荒野)▽新人女優=石橋静河(映画 夜空はいつでも最高密度の青色だなど)▽新人男優=山田涼介(ナミヤ雑貨店の奇蹟など)▽外国映画監督=ケン・ローチ(わたしは、ダニエル・ブレイク)

  • 迎撃ミサイル、4発で150億円
     米国務省は9日、日米共同で開発している新型迎撃ミサイルSM3ブロック2Aの日本への売却を承認し、議会に通知した。売却総額は約1億3300万ドル(約150億円)。国務省当局者は「日本のミサイル防衛能力の向上に寄与する」と説明している。

     声明によると、売却が承認されたのはミサイル4発と発射機4機で、配備のための技術的支援なども含まれる。ブロック2Aは現行のブロック1Aより迎撃範囲などが向上し、自衛隊の護衛艦や陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」にも装備できる。
    1月10日時事通信抜粋編集

  • EV充電設備が無料
     マンションへのEV(電気自動車)充電設備の設置が無料になる制度を新設する。
    東京都は、2018年度の予算査定で、マンションなどの集合住宅に、EVの充電設備を設置する費用について、都の補助を新設することを決めた。
    国が行っている補助と併せ、基本的に初期投資が不要となり、負担なしで設置できるのは、全国で初めてだという。
    都によると現在、都民の6割が住んでいる集合住宅13万棟のうち、EVの充電設備は、16カ所30基しか設置されていない。
    都は、住民側の費用負担をゼロにすることで、EVなどの普及を加速させたい考え。
    また、設置する際の合意形成に向けて、マンション管理士などの専門家を派遣し、アドバイスも行う。
    1月9日FNNニュース抜粋編集

  • 多摩エコ・フェスタ2018
    つながろう!つなげよう!多摩のエコ
    開催日:平成30年1月20日(土曜日)から平成30年1月21日(日曜日)まで
    開催時間:各日10時から17時まで
    開催場所:パルテノン多摩2階 市民ギャラリー・特別展示室
    参加費:無料
    主催:多摩エコ・フェスタ2018実行委員会

  • 成人式2018
    平成30年 多摩市成人式
    新成人の皆さんおめでとうございます。

    日時: 平成30年1月8日(月曜日・祝日)
    開場12時30分/開式13時/閉式15時(予定)
    会場: パルテノン多摩 大ホール
    対象者: 平成9年(1997年)4月2日~平成10年(1998年)4月1日生まれの方
    会場:パルテノン多摩 大ホール

    “今後の活躍に期待する新成人”ランキング
    (マクロミル調べ)
    1位はフィギュアスケート選手の「宇野昌磨」で33%、2位はモデル・タレントの「藤田ニコル」31%、3位はプロ野球選手の「オコエ瑠偉」22%がランクイン。
    1位 宇野昌磨 (フィギュアスケート選手) 33.2%
    2位 藤田ニコル (モデル・タレント) 30.6%
    3位 オコエ瑠偉 (プロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」) 22.4%
    4位 桜井日奈子 (女優・モデル・タレント) 18.2%
    5位 宮原知子 (フィギュアスケート選手) 17.8%
    6位 杉咲花 (女優) 13.6%
    7位 小笠原慎之介 (プロ野球「中日ドラゴンズ」) 12.0%
    8位 上白石萌音 (女優・歌手) 11.8%
    9位 飯豊まりえ (女優) 9.0%
    10位 井上苑子 (シンガーソングライター) 8.8%

  • 消防団出初式2018
    平成30年多摩市消防団出初式を挙行。
    多摩のまちを守る消防団員の雄姿
    日時:平成30年1月14日(日曜日)午前10時30分~午後0時30分
        ※当日午前7時30分に市内全域でサイレン。
    場所:多摩ニュータウン市場(永山7-4)
    内容:
    団員表彰10:40頃~
    徒列部隊行進11:35頃~
    機械部隊行進11:45頃~
    一斉放水11:50頃~
        ※雨天時は表彰のみ。

  • 東京町田学園が用地取得
     建築デザインなどの専門学校を運営する学校法人東京町田学園(町田市)は、多摩市内の業務用地約7300平方㍍を取得する。取得先はUR都市機構首都圏ニュータウン本部。取得予定価額は7億3880万2000円。
    1月5日建設通信新聞抜粋編集

  • 交通事故死、過去最少に
    2017年の交通事故による死者数が過去最少になった。

    警察庁によると、2017年の全国の交通事故による死者数は、3694人だった。1949年の3790人を96人下回り、統計を取り始めてから最少となった。最多だった1970年の1万6765人からは、およそ5分の1となる。

    都道府県別では、愛知県が200人で最も多く、埼玉県が177人、東京都が164人と続いた。

    政府は、2020年までに死者数を2500人以下にすることを目標としている。

本文はここまでです このページの先頭へ