ここから本文です

投稿コメント一覧 (5842コメント)

  • 私は野村に相場が下がってから買わされた高値玉について抗議し、取り消しを求めていました
    昨日野村から電話があって、長々と話した後でご要望として受け止めましたとか言われたのですが、相場が反転し24000超えたあたりで特別にご要望にお応えして取り消しを致しましたとか事後報告されそうで嫌だ

  • 似たような位置で下ひげ陽線を引くのも疲れそうですね。がっかりしなきゃいいですが。

  • 久しぶりに建玉を見てみましたが、TOPIXはノーポジが流行ってるんでしょうか。
    ちゅうか、まぁ日々回転はさせてるんでしょうけど、アムロなんて開店休業に見えます。
    パリバやソジェンは売り崩す余力がありますが、9月にロールしたとして今売って利益の出る玉かどうかよくわからない。

  • 5MA超えたと判断し、少し追加。

  • 22300で少し拾いました。騙しだかなんだかわかりませんが久しぶりの垂直上昇です。
    日経のサイトを見ても材料らしいものは売り一巡と上海株高だけなので、今のはそれプラス日銀期待くらいのものでしょうね。

  • 銘柄の内訳は聞いたことがないですが、裁定売買はそれをやっているのでは?

  • 最近よく言われる住宅が弱いという指摘も確かに当たっているようです。半年も下げ続ければ一時的なものとは言えないでしょう。金利が上昇する中で失速しているので、今持ち直して上昇軌道に戻ることはなかろうと思います。
    ただ、こちらの影響力は製造業よりもさらに緩慢で、リーマン・ショックにつながる不動産バブル時代は明らかな低下が続く中株価の上昇は何年も続いています。このあたりが、相場は経済に半年先行するとかいう、株屋の好む警句と矛盾するところですが、株屋が言う経済は企業収益のことで、より原始的な統計に表れるこれらの指標は企業収益にも株価にも先行するというのが実際のところだと思います。

  • 景気が天井を打った可能性も疑わなければならないと思います。
    ISMではよくわからないものの、NY、フィラデルフィアの製造業景気指数は方向転換しているきらいがあります。
    ISMにしろ、連銀指数にしろ、下がり始めてもしばらく株価は上がり続けるのですが、間をおいて株価は下げています。リセッションの定義に当てはまらないチャイナ・ショックのときも同じでした。

  • >>No. 11495

    細かい話なのでどちらでもいいのですが、添付のグラフは買い株、売り株の平均単価を日経平均の比率で動かした17日現在の推定売買残です。機械的な計算では1.499兆円。
    いずれにせよ裁定買い残だけ見れば底に来ています。

  • 空売り比率が50%近くになることは滅多にないことで、理屈の上からは更なる下落を食い止め、リバウンドが始まればそれを加速する効果が現れるはずです。03/20頃、08/10頃、06/29は翌日少し下押しした後上昇に転じました。10/15は底だったのかもしれませんが、現在進行中と考えればどうなるか。いずれにせよ、「今回は違う」のでなければ一日かそこらで相場が反転しそうな感じはあります。
    しかし、VIやPCRや騰落レシオは中立的な位置にとどまり、逆張り指標としての明確なメッセージを発していません。チャートそのものを見ると22500の抵抗線下抜けは困難に見えるので、このあたりで停滞しながら次の材料待ちになるのかもしれません。
    トレンドフォロー型CTAはVIが18を超えると機械的に売ってくるといいます。実際VIの底打ちは日経平均に先行しているようですが、15日頃の異常な上昇が一度収まってからもVIのカーブは10月以降の上昇傾向が継続しているように見えるところが不気味です。
    一方のPCRは15日の底値で既に回収を終え、新たなPUT投入は避けているように見えます。
    一番下に張り付けたのはSP500のPCR(倒立していないのでwWaraのとは逆)も中途半端な位置で、相場が再度下落したのと同時に下がり始めました。こっちもよくわかりません。

  • >>No. 11450

    このまま反発するなら年初より09/14のパターンになるかと思っていましたが、09/14は売り残の買戻しで相場が上昇したともいえます。買い残は底でも売り残がない現在、裁定残は相場を動かす原動力にならないように思えます。

  • あの、ドット問題で非表示です。
    texterm内部もダメみたい。

  • >>No. 11486

    ubaさんは英語以外にローマ字投稿もありましたから、ああいった投稿も今はまずそうです。
    マエストロも1570で法螺吹くよりぜひカマダさんをスカウトしてきてもらいたいです。でもカマダさんがコナーズを連れてきたときはドットを使わないよう頼まなきゃ。

  • >>No. 11484

    英語圏の人がtextreamに書き込むんですかね。w
    英語でダラダラ書くのは多分スノッビーな日本人だと思いますが、何か具体的なトラブルをもとに設けられたにせよ、ドット問題は無意味で馬鹿げた規制です。
    廃止前ならyahooもまじめに考える気はないでしょうけど。

  • >>No. 11481

    教えていただいてありがとうございました。
    どっちもurlの引用があるのでドット問題でしょうか。
    とすると、これも非表示になるでしょうね。
    It is absurd to put a post restriction on the period.

  • >>No. 11477

    間違えました。青の折れ線はドル円なので、日本円のコムポジは円安で円を買って円高で売っています。結果的には短期筋よりずっとうまく立ち回っているので、やっぱり賢き長期筋でした。

  • プロのポジションも底着き反転。しかし、この後株価は下がっているので、週末時点ではまた逃げているでしょうね。指数50は3月や5月のレベルなので、プロは素早く厳重警戒体制をとり、多少のリバウンドがあっても全力で飛びつくようなことはしていません。
    とはいうものの、チャイナ・ショックの指数20と比べれば警戒もまだ軽度なので、この先大きな崩れがあればまだまだ絞れる余力は残しているようです。

  • 株価は調整し、ボラティリティが上がっていますがAAIIは比較的強気に見えます。
    一方のCNNF&Gは底着きしたかに見えますが、カマダさんは買いサインとは見ていないようです。

  • シカゴ先物ポジション。上段は日本円。ドル円が下がったのに合わせて売り残の減少、ネットポジションの低下が始まっていますが、巻き戻しなのか揺らぎなのかわからないレベルです。今更ですが、ドル円の動きはコムポジションのネットポジション残高に比例していることに気づきました。日本円の場合コムは実需筋といわれているので、円高でも買うし円安でも売るはずですが、投機筋と比較すると金額が大きいため直接相場を動かしているのですね。
    二段目の10年債も、短期筋の売りポジで利益確定の買い戻しのような動きが出ています。日本円と同じで、こちらもまだ揺らぎの範囲でよくわかりません。
    DJIとSP500は参考程度です。

本文はここまでです このページの先頭へ