ここから本文です

投稿コメント一覧 (32コメント)

  • 斉藤くんの将来を思えばこのままサントリーとプロ契約して、春はサンウル秋はトップリーグで頑張るのか一番だと思いませんか!?
    もはや大学にいても無駄でしょう。彼を伸ばせる指導者がいるとは思えないので。彼も真剣に考えているはずです。

  • 来年に向けて明るい兆しというご意見もあるが、
    対抗戦 選手権共に昨年の成績を下回っているのが現実。去年はスクラム、今年はワイドラインと未完成のままシーズン終了。未完成というより相手が対策をしてくるとそれ以上の策が打てない指導者のスキルの問題。これをどう改善するのか伺いたい。

  • こうして見ると学生のシーズンは短いし緩いですな。真剣勝負は選手権入れてもせいぜい数試合。SRで半年に10数試合のタフなゲームを経験する海外の同年代には敵うわけがないですな。
    有望選手はSRスコッドに参加して半年はその中で生活することが必要ですなぁ。

  • パスミスやキックチャージを軽微なミスと捉え、あれがなければ。。。というご意見もありますが、軽微ではないと思います。
    相手のミスを誘うのはプレッシャーをかけ続ける体力・気力と技量があってこその成果。このプレッシャーに耐えかねてパスミスやキャッチミスが起きる。ミスした方にプレッシャーを跳ね返す技量がなかったということです。普段の練習からどれだけ負荷のかかる環境でやってきたかが試された結果です。
    これは相当の実力差です。逆に早稲田が相手にミスを起こさせた場面がこの春いくつあったか?
    この致命傷を克服するのは練習だけ。学生だからオフもいいですが、せめて1週間にしてもらって、菅平まではこれまで通り週休2日でやりきってほしい。もしかして来週もオフなんですかね?
    Bクラスチームなんだから夏前に仕上げる必要がある。菅平は鍛える場所ではありません。仕上げる場所です。
    7月一杯徹底的に鍛えて、8月は9月から始まる格上との対戦に備える場所ですよ。

  • かなり痛い行為ですね。私も見てました。試合中に呼びつけて怒鳴り散らすとは。
    試合中にプレーさせないで怒鳴るぐらい俺は怒ってるんだぞ〜
    試合中にプレーさせなくてもいいぐらいの権限を俺は持ってるんだぞ〜
    って観客に見せたかったんですね。相手に失礼だなんで気づきもしないで。

    ザンネンな指導者です。

  • お題 「試合に出ていい外国人選手とダメな外国人選手」

    米英系はいいんですか? 南の島系はダメなんですか?
    ハーフはいいんですか? 両親が外国籍でも本人が日本生まれならいいんですか?
    大学からの留学生はダメなんですか? 高校からならいいんですか?
    志願して来るならいいんですか? スカウトで来たらダメなんですか?
    ラグビーが下手ならいいんですか? パワフルでスピードがあったらいけないんですか?
    ライバル校にいるからダメなんですか? 早稲田ならいいんですか?

    その大学で本気でラグビーをやりたいという気持ちがあればそれで十分じゃないんですか?

  • C戦から現地観戦。結構な賑わいでした。A戦は前半で勝負の行方が見えてしまいましたが、帝京の集中力はさすがでしたね。敵にも味方にもミスを許さない厳しさがありました。
    グランド脇で見ていたので選手同士のコミュニケーションもよく聞こえましたが、短い言葉で意思疎通を図り引き締めていました。
    以下、感想文です。

    ・ダブルタックル
      早稲田はフェーズを重ねられると乱れ始めてミスマッチを突かれます。帝京は見事。崩れないし、大型選手が当たってもその場で一歩も引かない強さがある。
      早稲田FW/CTBが全力でいってもほぼ全てタックルラインで仕留めてました。ライン整備が早くノミネートがしっかりしてますね。
    ・ラインアウトの精度
      堀越君も一本とんでもないノットストレートをやってましたが、早稲田はチャンスでミスが何度も。相手のプレッシャーというよりコンビの問題。LOの頭を超えていくボールがありました。
    ・スクラム
      押したり押されたりでしたが、結局去年と変わらないのは、押した後どうする。。の判断。押し勝った時もその優位が全く生かされてません。押して終了でした。
      もうそろそろいいでしょ。押しくらまんじゅうは。
    ・キック
      ハイパンをあげるも距離感が悪くほとんどが相手ボール。ジャパンクラスが揃う相手にはごっつぁんボールだったでしょう。チェイスも弱くほとんど仕留められてません。
    ・ラインアタック
      CTB縦で崩して展開が約束事なんでしょうが、あまりのワンパターンで読み切られてましたね。裏を使う余裕がないのか。2次攻撃以降は流れすぎて威力なし。
      ライン参加したFWがSHからのパスを見事なノックオン。この辺りの基本プレーの精度が差になってました。
      SHが持ちこんだりしてもいいと思いましたが、全体にバリエーションが少ない印象。
    ・個人技
      竹山君のスワーブは見事。FBと正対し、さぁスワーブ行きますよ。。というタイミングでのものでしたが、横っ飛びのFBに指一本ふれさせず教科書のようなスワーブでした。
      線が細い印象でしたが、さにあらず。ムキムキでした。
    ・FWの大型化
      早稲田でかいんですね。バック5は早稲田の方が大きかった。190cm超えと180台後半の合わせて4人。もはやサイズは理由にならない。仕事量ですね。
    ・観客席
      レフリーが今イチだったようには見えませんでしたが、早稲田観客席(ベンチ?)からは"おいおい!そりゃねーだろ。どこ見てんだよ!このレフリーダメだよ!"の連呼。 ダメです。
      ノーサイド後に選手が相手応援席に挨拶に行きますが、帝京サイドは全員立ち上がって大きな拍手。早稲田サイドは座ったままで拍手もまばら。次の試合のメンバーは挨拶無視。 ダメです。

  • どのタイプでも大賛成!強豪校だろうが外人だろうがいいじゃありませんか。早稲田が強くなるなら。
    なぜ出自を気にするのかわかりません。英国○、豪州xとか。皆さん強い外人や強豪校の選手は大好きですよね。
    要は早稲田でラグビーがやりたい!という気持ちがあれば十分じゃありませんか。

  • 外人がいようがそれがラグビー留学だろうが早稲田が勝てばそれでいいんですよ。本当にそれでいいのかどうか悩むのは、勝ち続けて無敵になった時で十分。
    Japanだっていろいろ言われながらも勝てばあれだけ騒がれている実態がある。今やリーチ、マフィが復帰するだけでみんな大喜び。
    そんなもんですよ。勝ってナンボのものです。純血チームの思い入れは吹っ飛びますよ。
    あと強化の道は、海外留学しかないですよ。日々チームの頂点で練習して、時々大学相手に試合じゃ力はつくはずもない。力を伸ばすコーチングも十分ではないようなので。
    要は本気かどうかという事です。

  • 早稲田スポーツに載ってるんだからそっちを見ろとはあまりにお粗末な対応。早稲スポに載せるならHPに転載すればいいだけの事。こういうところなんだよなぁ。
    写真は一本目なのにスコアは勝ったBを掲載とは。。情けない。
    この辺りの都合の悪い事は隠してしまえ的な所が信頼を得られない根源ですよ。何を隠れてコソコソしているのか。。
    "勝って謙虚に、負けても潔く" 結局これじゃないですかね。
    首脳陣のレベルが知れます。

  • シーズンが終わって間もなく一ヶ月が経ちますが、相変わらず山下氏はだんまりのまま。総括もなく御礼もなく展望も出さない。このあたりの無頓着さが絶対の信頼を得られないところなんですね。プロ監督なんだから情報発信はしっかりやらないと。
    決勝を見てあまりのレベル座に気を失ってましたか?

  • ・去年とは形式が違うとはいえ、今年もベスト4を前にして敗退。結局は去年のチームを超えられなかったということですな。
    ・慶応明治に勝利しても、結局揃って敗退ではそもそもみんな強くなかったということですな。
    ・せっかくスクラムは強かったのに勝利に結びつかず、ただのおしくらまんじゅうに自己満足してただけだったというわけですな。
    ・留学生を妙に嫌う割には、有能高校生を取れ取れという。結局は同じ話ですな。
    ・負けたら笛のせいとは情けない。笛に対応するのを臨機応変とか対応力と言うんですな。監督の発想がまずなってないと言うことですな。
    ・来季への期待は、勝つためのスクラム、勝つためのタックル、勝つためのアタックをして欲しいと言うこと。セットのモタモタ、おしくらまんじゅうはもう結構ですわ。

  • 明日見たいもの。
    1. 肩のあたった厳しいタックル
    2. ペナルティーからの速攻
    3. リズムのいい球出し

    明日見たくないもの
    1. 押しくらまんじゅうスクラム
    2. ノーフッキングスクラム
    3. No.11 小手先タックル(トイメンでかいよ!)

    声を枯らして現地応援するが、まだまだ差は大きいと推測。最終スコア18-43と予想。

  • 山下監督はダンマリですね。
    岩出さんも丹羽さんもファンへのメッセージを出してます。
    こういうところなんだよなぁ。。

  • 現地で観戦。帰って復習。今後の不安がますますつのるゲームでしたね。
    •まずFB君。ビビってちゃタックルできませんよ。手先だけとは情けない。しっかり肩を当てなきゃ!
    •ノーフッキングのスクラム。首脳陣は一体何をさせたいんでしょう。前半40分過ぎのラストプレーでひたすら押し相撲。解説者が言ってました。「この後にどうトライを取るかがイメージできているかどうかですね?」同感!
    •一年前に90点取られた王者に手の内を隠して。。?はぁ?って感じ。筑波を除く下位に連勝して勘違いしちゃったんですね。 ザンネン!
    •ペナルティでモタモタ背を向けて戻るのも皆さんご指摘の通り。ラインアウトにのそのそ向かう姿も皆さんご指摘の通り。
    •スクラムにこだわる鈍重なチームを目指しているわけではないですよね。押し疲れて走れなくなっちゃっただけですよね?

    これら強化の時間が足りていないということで理解してます。
    しかし改めて見てあのジャージやっぱりダメですわ。慶応明治の伝統校らしい奇をてらわないオーソドックスなデザインは素晴らしい。背番号から星がはじけているのは何?即刻戻すべし!

  • 明日は2016年度チーム とはこういうものだ! という熱いゲームを期待したい。勝ち負けではなく思いを体現してほしい。テンポアップ、意思統一、一次ディフェンスの3つができれば試合になるはず。特に後藤前任監督の遺産となる上級生には大いに期待をしている。
    点数は、チームとしての熟成度に差があると見て20-50と予想する。
    明日は聖地に駆けつける。

  • これからの後半戦でどこまで食い下がれるか期待が高まりますが、ここいおいでの皆さんの趣味嗜好が自分と似通っていることに安堵しています。
    今週末からより熱を入れて応援しましょう!

    (きらいなもの)
    デカくて強い外人選手
    有力選手の独り占め
    係属校の無名選手

    (好きなもの)
    デカくて強い日本人選手
    有名校出身選手
    肩書き付きの選手と指導陣

  • 先週日吉で慶応-日体戦を観てこれなら4-50点は取れるかと考えた自分の見る目のなさを恥じております。また、昨日の試合を辛勝と評するのもずいぶんと日体に失礼な話。あえていうなら、逆転以降は常にセーフティリードを保った快勝というゲーム。
    まぁまさにこれが実力だったという事です。筑波に勝ってはしゃいだ気持ちになった事が情けない。1年生が多かったとか上級生が欠けているとか言い訳はあろうともこれも含めて実力という事。
    ここにおいでの方の大半は、次は大丈夫とお考えでしょうがそう甘くはないですよ。上位校との対戦を残すものの、次週の戦いは今シーズン最大のヤマ場。気合い120点で向かってくる相手にどれだけ気持ちで戦えるか。当然入念なスカウティングしているとは思いますが、一年間の集大成として結果を求めたいところ。
    しっかり肩の当たったタックルができていないのが最大の不安要素であります。

  • ご意見ごもっとも。大賛成です。ぜひ有能な選手には在学中に代表を狙うつもりでやってほしいですね。
    そのためにもまず海外での武者修行が必要と思います。海外の列強と一番差があるのはこの年代。国内のぬるい学生ラグビーでは時間がもったいない。11月〜1月を早稲田で。これ以外は海外で腕を磨いてもらいたい。サンウルブスにほまだ手が届かないので、南半球のクラブからスタートが望ましいですね。

  • 好調な滑り出しには安心しました。こちらの書き込みも元気一杯でなによりですね。
    ただ、まだ昇格校との初戦が終わっただけ。先の書き込みさんには強く共感です。大いに期待は持ちたいところですが、ここは落ち着いて今後の格上校との対戦を待ちたいと思います。
    合わせて、今年の屋台骨を支える上級生を地道に鍛えてきた前監督にも感謝です。

本文はここまでです このページの先頭へ