ここから本文です

投稿コメント一覧 (1566コメント)

  • Re: グランアレグリア

    2年連続で牝馬の怪物が出現するのか?
    人気も被ってるし、G1だけど見るレースかなぁ。
    グランアレグリアは圧倒的なパフォーマンスもスローの競馬しかしてないので、厳しい流れでの走りを見てみたい。
    今回のメンバーではここもスローになるかも知れませんが。

    グランアレグリア本命。
    アドマイヤマーズ対抗。
    グランアレグリアの後を内ピッタリに回れるクリノガウディー。
    外枠で脚質的に外外を回らされそうで評価を下げたものの、血統的に距離はこなせるファンタジスト。
    調教イマイチのケイデンスコールは評価を下げます。

    馬券は3連単、本命対抗の1、2着折り返しに3着を広めかな。
    単勝ならアドマイヤマーズの方が妙味ありか。

  • >>No. 6994

    Re:ビューティージェネレイション

    まったくの楽勝で、おそらくトップ10パフォーマンスに今年を加えればロードカナロアと1位を争ったかも。
    香港だけで走ってないで、ヨーロッパのトップマイラーとかウィンクスとかとやってほしい。
    モズアスコットはどう見ても本来の走りではなかったので、来年立て直してほしいです。
    ヴィブロスは繁殖モードに入ってるのかと思いましたが、最後に海外での強さをまた見せてくれました。
    リスグラシュー・・惜しかった! 馬体重もほぼ維持していて、本格化を思わせる内容でした。
    ファインニードルは最初レース映像を見たときは力負けで、「香港スプリントの壁はやはり厚かった」と思いましたが、後から、川田騎手のコメントでゲート入りで発走除外になるほどゴネた馬がいて、「ゲートの中で長時間待たされて走る精神状態ではなかった」と聞いて運が無かったと。
    ディアドラは前が止まらない流れで、外から追い上げた末脚は目を瞠りました・・あともう少し直線が長ければ。

    スプリントはゲート入りのアクシデントで力を出し切れない馬もいて残念でしたが、残りの3レースは見応えのあるレースで、日本馬もガンバッタと思います・・・ただ、馬券は日本・香港とも不発続きで、最後の香港Cでディアドラが2着を死守してくたおかげで馬連ゲットも・・焼け石に水というか。。

  • >>No. 6993

    Re:ダノンファンタジー

    ファンタジーSの勝ち馬は本番で好走のイメージがなかったので、消してしまいましたが・・・こんなときに。
    クロノジェネシスは馬体減もイレコミもなく、結局馬券は単勝と2着になったときの保険で馬連を流しましたがよく走ってくれました。
    直線はなんとか交わしてくれ!と力が入りましたが・・・いいレースではありました。

  • >>No. 6992

    Re:テンジンショウグン

    記憶に残る名前ですね。
    なんかオジュウチョウサンにバトンタッチするかのようで。。

  • >>No. 6989

    Re:シェーングランツ

    初の長距離輸送⇒初の当日輸送でした(^^ゞ。

  • >>No. 6987

    Re:サングレーザー

    グリーンCHで香港ジョッキークラブ作成の「30年の香港国際競争のトップ10パフォーマンス」という映像を見ました。
    香港馬が上位を占めるのかと思いましたが、モーリスの香港Cが3位に!
    そして、1位はロードカナロアの香港スプリント!・・・今見ても・・強ぇ~!

    私の今年一番勝利に近いと思う馬はディアドラ・・府中牝馬Sの強さは衝撃でした。

    モレイラ騎手で再び折り合えばサングレーザー。

    勝利に近いとは言えないけど、ここで本当の能力を見せてほしいモズアスコット。
    ビューティージェネレーションを負かすとしたら、この馬しかいないのでは。

    春からこの秋の成長ぶりを証明したいファインニードル。
    ここはファインニードル・ミスタースタニングの馬連・ワイド・2頭軸3連馬券。

    ヴァルトガイストとリスグラシューがここで一緒に走るなんて・・不思議な気分。
    リスグラシューもモレイラ騎手で再び折り合えばチャンスありですが、今まで叩き3走目で必ず崩れてるのが大きな不安。
    もし、それも克服するようだとディアドラと一緒に「まだ牝馬最強馬は決まってないのよ!」とアーモンドアイに一喝あるかも。

  • >>No. 6985

    Re:シェーングランツ

    混戦というか、未知の部分が多過ぎて、このレ-スの走りで来年のクラシックが見えてくるというレース。
    本命はまったく違う舞台で見せた末脚の強靭さからクロノジェネシス。
    小さな牝馬なので、初長距離輸送が課題・・・馬体減・イレコミがあれば馬券再編成も。
    人気割れてるので広めに。
    妙味があるのは今度は地元のビーチサンバ・好内容でも人気ないレッドアネモス・メイショウショウブ。
    人気でも末脚魅力の実質角居厩舎のタニノミッション・ソウルスターリング妹のシェーングランツ。
    あと、注目なのはグレイシアが前走をド返しできるかどうか?
    過去例からは惨敗からの巻き返しは厳しい。でも、外からゆったり折り合えば阪神外回りならあるかも。
    馬券は3着狙いの3連複。
    サヴォワールエメも未知の割に極端に人気薄で複勝を200円。

    ダノンファンタジーは人気的に消さざるを得なくなりましたが人気薄との組み合わせは押さえ。

  • >>No. 6983

    Re:ルヴァンスレーヴ

    先週のアーモンドアイを見てるような勝ち方でした。
    後はゴールドドリームの得意の舞台のフェブラリーSでリターンマッチを制すれば、文句無しの最強ダート王ですね。(怪我療養中のスマハマとの対決も残ってますが)
    来年は世界を目指してほしいですが、最大の問題は日本のダートと世界のダートが異質なものということで。。
    こればかりはやってみないと。

    ウェスタールンドは前走接触して失速した分を取り返すようなお得なコース取りで一発。
    ケイティブレイブは太めもあったのかもしれませんが、時計の速い勝負ではやはり弱点か。
    サンライズノヴァは陣営が府中のワンターンを使い続けてきたのがわかるようなレースぶりでした。
    ノンコノユメも来年の根岸・フェブラリーが正念場か。

    馬券は馬連ゲットで好調期に入ってきました。

  • >>No. 6979

    Re:ルヴァンスレーヴ

    ゴールドドリームがリベンジして意地を見せるのか?
    ルヴァンスレーヴが返り討ちにして世代交代を告げるのか?・・・楽しみにしてたんですが、残念。。

    ルヴァンスレーヴは2番枠だけにスムーズな競馬ができるかどうか。
    先週のアーモンドアイに似てる状況に思えますが、まぁ、出遅れたり内が詰まったりしたときはしょうがないというスタンスでルヴァンスレーヴ本命。
    ポニポニさんの仰るとおり、前残りの展開か後ろ差しの展開かが大きなポイントですが、
    普通に考えれば、サンライズソアが単騎で行ける前残り有利ですが、
    騎手もみんなそう思ってるので、逆の展開になるか・・・これはもうレースにいっての各騎手の判断次第でわからない。
    脚質に幅があり、安定感のあるケイティブレイブが対抗。
    人気上位馬の中で、何か消さなければならないとしたら、ずっと府中のワンターンを使い続けてきたサンライズノヴァか。
    穴は前走不利ありのウェスタールンドと無条件で買い続けるセンチュリオン。

  • >>No. 6977

    Re:アーモンドアイ

    私にとっては・・・ディープインパクト以来の衝撃です。
    後ろに下げずに流れに乗せてほしいとは思いましたが、3、4番手で先行するとは!
    一度もやったことのない競馬で、府中の長い直線、もつんだろうか?
    でも、彼女の走りを見ていたらそんな不安は無くなり、いつスパートかけるのか?ワクワクしながら見てました。
    競馬を見続けてきたからこそ味わえる幸せな瞬間でした(^^ゞ。

    とは言っても、1枠だけにスタート前の緊張感は半端無く、スタンド前発走で前走のようにテンション上がらないか心配でドキドキでした。
    ゲートの中も注目していましたが、ずっとじっとしてたのにスタート直前に前脚を掻き込んで伸び上がった瞬間にゲートが開いてそのまま出て行く感じに。
    もし、ワンタイミング開くのが遅かったらゲートにぶつかってからゲートが開くという最悪の出遅れになっていたかも・・・この辺も「持ってる馬」ということでしょうか。

    消耗戦に持ち込んだキセキの加速力をともなった持久力はルーラシップを想い出させてくれました。
    スワーヴリチャードは輸送の渋滞で馬体減を心配しましたがキッチリ増減無しで、本番で左回りでの強さを見せてくれました。

    馬券は馬連・3連単ゲット。

    ただ、JCの出馬表を見たとき、違和感というか寂しさを感じたのも事実です。
    いろいろ理由は挙げられてるけど、レイデオロ・ワグネリアン・フィエールマン・マカヒキ・・なぜ、揃って回避?
    そこにノーザンファームの思惑を感じてしまうのですが・・・考え過ぎかなぁ。。

  • >>No. 6971

    Re: アーモンドアイ

    期待と不安・・・
    枠順1番は連勝中でラッキー枠のように言われますが、アーモンドアイにとっては1番難しい枠。
    普通に出して行けば、初めての揉まれる競馬になる可能性が高い。
    出遅るか、あるいは揉まれる競馬を避けようとすれば、最後方から大外を回す競馬にならざるを得ない。
    ルメール騎手がどちらを選択するか?注目です。
    断然1番人気ではリスクがあるけど、できれば敢えて内で我慢して抜け出す競馬をここでやってほしい。
    トレヴが2回目の凱旋門賞で見せたような。

    本来ならレイデオロ・ディアドラ・ワグネリアン・フィエールマン・エタリオウたちとの対決も見たかったですが、今年のメンバーを見るとなんとも複雑。
    サトノダイヤモンド・ミッキースワロー・キセキ・シュヴァルグラン・スワーヴリチャード。
    みんな、本来なら強敵ですが、本来の力をどの馬が出してくるのか?どの馬が出せないのか?なんとも微妙。
    力を出せない馬が多そうな気もするので、今年に限っては外国馬にもチャンスか。
    馬券は買い方が難しい。
    いっそ、アーモンドアイの単勝かなぁ。
    キセキ・スワーヴリチャード・ミッキースワロー・外国馬に相手を絞るか。
    キセキのイレコミ・スワーヴリチャードの大幅馬体減があれば、サトノダイヤモンド・シュヴァルグランを補充か。
    まぁ・・・アーモンドアイの走りに注目(^^ゞ。

  • >>No. 6972

    Re: クラージュゲリエ

    クラージュゲリゲとブレイキングドーンがクラシックに向けて抜け出しました。
    ワールドプレミアは武騎手のコメントでは気性がまだ若いということですが、来春までに上手にレースができるようになるのは厳しいかな。

  • >>No. 6966

    Re: ステルヴィオ

    56Kは有利とは言えない斤量ですが、ビュイック騎手の完璧な騎乗もあり2年連続で3歳馬の勝利になりました。
    1600~1800Mでは今後もかなり期待できそうです。
    ペルシアンナイトもアルアインも内枠を生かしていい競馬をしましたが、勝ち切れませんでした。
    なんかこの2頭、同厩舎で同い年で着順もいつも同じようで、何年か経って想い出すとキャラが区別できなさそう。

    私的にはモズアスコット本命だったので、本命馬がアクシデントで力を発揮できない一番嫌なレースになってしまいました。
    TVの映像では他馬とぶつかった衝撃でバランスを崩して終わってしまったように見えましたが、自分で前の馬にのっかかったようにも見えたので、自業自得なのかと思いました。
    後でパトロール映像を見たら、この映像が接触の直前で画面が切り替わり、見にくいのなんの。。
    何度も見返したら、内のレーヌミノルが横にぶつかってきて他の馬も近くにいてかなり危ない状況でした。
    レーヌミノルが制裁を受けなかったのは、内で各馬がゴチャついてレーヌミノル自身も外に動かされたからかもしれません。
    ただ、モズアスコットもパドックでつるっ首、返し馬で発汗と気性面で不安を感じさせてました。
    この馬だけは無関係と思ってましたが、もしかしたらフランケルのマイナス面が出て来たのかなぁ。。
    アエロリットはムーア騎手もコメントしてますが、右回り、そして関西への輸送もダメですね。

  • >>No. 6956

    Re:アルアイン

    中距離トップクラスで崩れることなく、本質的にはマイラーの可能性もあるアルアインが適距離で覚醒。
    そんな思いもよぎった昨日、「世界ネコ歩き」という番組を観ていたら、偶然、アルアインがアラブ首長国連邦の都市名だと、初めて馬名の由来を発見!
    これは、何かのお告げのようで、アルアイン本命で行こうと思いました・・・昨日は。
    検討したら、やはり3着までに来る確率が一番高いという意味でモズアスコットを本命に。
    マイルが吉と出ればアルアイン。
    関西ではすべて馬券圏内のペルシアンナイト。
    これもマイルが吉と出ればステルヴィオ。
    Cデムと合いそうなロジクライ。
    ここ3戦本命にしてきたアエロリットは左回りでこそ馬券勝負したい馬。
    ヴィクトリアMは直前の雨で、安田記念はモズアスコットの強襲で涙を飲みましたが、前走で一仕事完了。
    手前の関係で左回りよりは苦手でも能力で馬券に絡んでしまう可能性もあるので△に。

  • >>No. 6959

    Re: ニシノデイジー

    直線、4頭の叩きあいは見応えのあるレースでした(^^ゞ。
    ただ、ここを1頭で圧勝するくらいじゃないとクラシックの主役候補とは言えないような気もしてます。
    このレースのレベル評価は難しい・・・これからの戦いを経て、クラシック本番近くになってわかってくるのかも。

  • >>No. 6957

    Re: カテドラル

    この中に来年のクラシックの主役が隠れているのかも。
    騎手も揃って楽しみな一戦。
    予想をするより見るレースですね。(買うなら単勝少し)
    なかでも、ルヴォルグとヴェロックスは精神面も注目して見ます。

  • >>No. 6952

    Re:リスグラシュー

    ついにG1奪取!
    2歳時からトップクラスで戦ってきたのを見てきましたが、やっとチャンスをものにしました。
    自分の知る限り、馬を折り合わせる騎手としては、スミヨン・ムーアは別格と思ってきましたが、モレイラもそうだと改めて実感したレースでした。
    アーモンドアイを除くと3歳牝馬よりも4歳牝馬の方がレベルは高いということかもしれません。
    馬券はエリ女なので逃げ・先行残りをマークして馬連取れましたが、単勝の替わりに3連単頭で買ったので、クロコスミア残らなかった方が大きかった。。

  • >>No. 6950

    Re:ノームコア

    普通にディアドラが出ていれば本命でしたが、不在となると。。
    リスグラシュー・モズカッチャン・ノームコア・レッドジェノヴァ・カンタービレ。
    どの馬も一長一短で、消せる馬もなく難しい。
    強いて不安材料の強い順に挙げていくと、
    カンタービレは陣営が疲れが出たので、調教を変えたとコメント。
    モズカッチャンは休み明けで走らないタイプなのに叩き台の府中牝馬を使えなかった。

    消去法で残った3頭からG1奪取のラストチャンスかもという心情も入りますが、リスグラシューを本命に。
    モレイラ騎手への乗り替わりは両刃の剣で微妙ですが。
    今まで、G1では位置が後ろになりいい脚を使いながら2着というレースが続いていて。
    モレイラ騎手が折り合いを付けながら早め早めの脚を余さないレースをした場合、馬がそれに応えて直線射程圏内からいつもの末脚で圧勝してしまうのか?
    武豊騎手でさえ折り合い重視で、後ろから溜める競馬をしたことを考えると、早めにまくって行ったとき失速して惨敗してしまうのか?
    危ないですが、秋天のサングレーザーの折り合いの付け方をみるとモレイラに期待しようかと。

    対抗はルメールが選んだノームコア。
    単穴は前に行けて底を見せていないレッドジェノヴァ。
    モズカッチャン・カンタービレが続き、穴は人気のまったく無くなったアドマイヤリード・スマートレイアーと、
    横典が逃げの手に出たらのミスパンテールが面白いですがイレコミは要チェックです。
    コルコバード(ここのところ、ここで消すと書くとなぜか馬券に絡んで来るので恐いですが)は究極の相手なりに走る馬の可能性もありますが、今回はオッズ的に消します。

  • >>No. 6937

    Re: ケイティブレイブ

    ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームに比べると今回の人気馬たちはそこまで信用できないと思っていたので、荒れる方に賭けましたが・・・完全に逆目に出ました。
    ケイティブレイヴは最後の叩きあいでスピード負けするイメージでしたが、切れ味を増してました。
    テイエムジンソクは調教で走ったのが裏目に出たのか、パドックから入れ込み気味で、無理に抑えるよりは逃げた方が良かった気が。
    センチェリオンは途中から追走が苦しくなり、このメンバーでは厳しかったか。
    ノンコノユメの後方から外を回っての直線の脚は際立ってました・・・もう一度復活があるかも。

  • >>No. 6925

    Re:エネイブル

    ユーチューブで探したら、「エネイブル出走・・・」というタイトルだったので、結果を知らずにレースを見ることができました。
    ひょっとして左回りは初めてなのかなとか、長距離輸送の影響はどうだろうかと心配しながらレースを見ましたが、
    直線は内の馬と2頭の叩きあい・・・脚色はどちらが優勢とも言えず、負けちゃうんだろうか?とハラハラしました。

    これで引退なのか?
    来年も現役続行なのか?
    気になります。

    BCクラシックも「ヨシダ出走・・・」というタイトルで同様にレース映像を楽しめました。
    道中、後方2、3番手の位置から4コーナー手前で1頭だけ物凄い脚で先頭集団に取り付いていって、
    直線も急に失速することなく4着。
    新潟の現地で見たあのアイリッシュダンスの孫がアメリカの最高峰のレースで4着・・・感慨深いです。

本文はここまでです このページの先頭へ