ここから本文です

投稿コメント一覧 (1425コメント)

  • >>No. 6614

    Re:ベルクワイア

    国枝厩舎のロードカナロア産駒でルメール騎乗、しかも母系はスカーレット一族。
    触手が動きましたが、牝馬なので私も指名は見送りました。
    今年は名牝たちの子供が牝馬ばかりなので、牝馬の指名は絞らないと。
    でも、レースぶりはメチャ気になります。

  • ダイアナヘイロー

    荒れるレース。
    1着か惨敗か・・・よくわからない馬ですが、
    昨夏の快進撃は夏が好きなのかも、あるは滞在競馬が好きなのかも。
    ちょっと狙ってみます。
    展開は、2、3番手からスンナリ抜け出せるか、外から被されてしまうか、イチかバチかで惨敗もありなので、
    ヒルノデイバローとタマモブリリアンからの穴狙いも。

  • >>No. 6611

    Re:ルヴァンスレーヴ

    ルヴァンスレーヴかグリムか。
    2頭以外に勝ちそうな馬が見当たらないのですが、
    だからと言って、2頭のワンツー1点で勝負するにはちょっと不安な気も。
    2頭とも無敗で来ていないのがちょっと残念。
    調教の動きの比較で、グリムがやや上か。
    3番手の馬がピンとこないですが、やはりルメール騎手な分、グレートタイムか。
    前走、横山騎手が試走したかもしれないダンケシェーンからの穴馬券も。

  • >>No. 6605

    Re:サトノアーサー

    雨は十分過ぎるほど降ってくれましたが、
    その雨に泣いたのはサトノアーサーではなくて、ダイワギャクニー。。。
    重のサトノアーサ消しが狙いだったので、きれいに外れました。

  • >>No. 6604

    Re:サートゥルナーリア

    一瞬、ヤバイっと思いましたが、
    新馬戦なので、レベルに差があったこともあってか勝てました。
    危ないレースぶりでしたが、抜け出すときの瞬発力は期待を次に繋げるものでした。

    エピファネイアのデビュー戦は、
    中団で折り合いもつき、最後は凄い末脚で差し切る非の打ちどころのない勝ち方でしたが、
    レースを重ねるごとに走る気持ちが抑えられなくなっていきました。
    まだ、まだ油断はできませんが、取り敢えず1勝して、テンション上がる前にお休みする作戦でしょうか。

  • >>No. 6600

    Re: ダイワキャグニー

    秋の府中G1に向かうには、ここで賞金加算は必須条件。
    2着は外せないところです。

    府中の雨がどれくらい降るか?微妙ですが、
    重くなると見て、サトノアーサー消しで勝負。
    サトノアーサーは渋い馬場でも実績残してますが、きさらぎ賞を見たとき重い馬場は下手だとの印象が強かったので、今回はそれを馬券で試したい。
    対抗はハクサンルドルフ。
    川田が騎乗志願した以上、結果を残す自信があると。
    サーブルオール・グリュイエール・エアアンセムに、穴はアデイインザライフとこのレースよく来るマイネル2頭(なかでも主戦のフロスト)。
    アデイインザライフはクラシックで期待した馬、新潟記念でやっと本格化したと思った矢先にまさかの怪我。
    復調途上も重い馬場なら、実力の片鱗が出るかも。
    スマートオーディンはダービーまでの史上最強世代の1頭・・・まずは無事に走ってほしい。
    馬場が渋る程度に収まっちゃったら、アーサー抑えても馬券にならないので、「見」かなぁ。

  • >>No. 6598

    Re: ジャスティファイ

    やりましたね!
    結果を知らずになんとか動画を見られないかと、やってみましたが、
    動画のタイトルで万事休す。。。
    レース前のドキドキ感とか味わえず、また、レースのメンバーの情報もほとんどわからず、
    せっかくの偉業なのに実感がないのが残念。
    マグナムムーンとかメンデルスゾーンとかライバルと思ってた馬たちが姿を消しちゃってるのも寂しい。
    果たして、シアトルスルー級の馬なのか?これからの古馬たちとの戦いで、どんな走りを見せるのか楽しみです。

  • サートゥルナーリア

    昨季のことは忘れて、今季POG第一弾!
    シーザリオ産駒と言えば、気性と能力の組み合わせがどうか?
    父がロードカナロアに変わって、抜群の能力で気性も落ち着き十分・・・なんてならないかなぁ。

  • >>No. 6592

    Re: モズアスコット

    私はアエロリットとスワーヴリチャードに注目していて、外から来るサトノアレスをスワーヴリチャードが抑えた!
    と思った瞬間に、内から何が割って入って来たのかわかりませんでした。
    モズアスコット・・・去年の連勝時の大物感に、これがフランケル産駒の真打かと思いましたが、その後足踏み。
    でも、全然底を見せていないレースぶりに連闘策・・不気味さを感じていましたが・・・やはり、という感じでやって来ました。

    アエロリットとリスグラシューの府中マイル巧者対決は、予定ローテと高速馬場でアエロリットの勝ちでした。
    リスグラシューには余力が残っていなかったこともあり、今年は1勝1敗。
    来年も決着をつける2戦勝負やってくれないかな。

    ペルシアンナイトとサングレーザーは案外な結果でした。
    ペルシアンナイトは高速瞬発力勝負にハービンジャーの弱点が出たと思います。
    サングレーザーはよくわかりません。マイラーズCの勝馬が来てないデータはありましたが、反動があったのか?
    スワーヴリチャードはマイルのペースについていくと末脚が甘くなるということでしょうか?
    秋の府中G1が勝負でしょうね・・・宝塚出るのかな?

  • >>No. 6590

    Re:サクソンウォリアー

    残念でした。。
    勝負どころで、外から次々に来られ、踏み遅れたのが致命的だったように見えたのですが、
    盛り返せなかったのは距離なのか・・・微妙なところです。
    順調なら愛ダービーに向かうということなので、その結果には注目したいです。

    元々、ディープインパクト産駒のクラシック候補として注目されていたのは牝馬のセプテンバーだったし、
    仏ダービーにもディープ産駒が出走、そして先月末には英仏で日本産のハーツクライ産駒と日本産のルーラーシップ産駒の3歳馬が次々と勝ち上がるなど、ヨーロッパへの日本産馬の進出の予感もチラリと感じるんですが。

    と、書いたところで、フランスダービー制覇のニュースが!
    中継で見たかったなぁ。

  • >>No. 6585

    Re:ペルシアンナイト

    マイルの絶対王者不在の中、いろんなとこからやって来る有力候補が多過ぎて・・・これが安田記念の姿として定番化しつつあります。
    トロットサンダーが懐かしい。。。

    多過ぎる有力候補がそれぞれ不安点も抱えていて、軸に指名できる馬がいないので、ボックス気味に買えるとこまで。
    一番、正統的なマイル王者候補のサングレーザー・・・東京経験ないのがどっちに出るか?
    マイルCS王者だが大阪杯からのペルシアンナイト・・・高速決着のときに対応できるか・
    能力一番で左回りを狙って参戦のスワーヴリチャード・・・出遅れの不安とペースに対応できるか?
    スプリントよりマイルに適性が移ってるレッドファルクス・・・田辺騎手に替わって出遅れが無くなれば。
    この4頭は不安もあるけど消せない馬。

    いつ走ってもおかしくないリアルスティール。
    ヴィクトリアM組ではここも最初から狙っていたアエロリットをリスグラシューより上に取りますが、オッズや当日気配によって1頭だけ買えるか、2頭とも買えないか、2頭とも買えるか。
    リスグラシューは崩れない馬ですが、前走が目一杯の調整だったので、高速馬場では今回はさすがに厳しそう。
    でも、人気無くなりそうなら、単勝だけちょっと応援。

    穴はなんとも不気味なモズアスコット。
    調教師が恐いウエスタンエクスプレス。
    外回しが嵌ったときのブラックムーン。

  • >>No. 6584

    Re: サクソンウォリアー

    競馬を見始めた頃、「日本は名馬の墓場」という言葉にショックを受けつつも納得してましたが、
    日本の馬の血がヨーロッパに広がっていくということはあるんだろうか?
    その可能性を少しでも高める引き金になるかも知れない・・・今年の英・仏ダービー。

    圧倒的1番人気ということですが、エプソムの起伏の激しい馬場での2400M戦。
    マイルしか走ってないディープインパクト産駒にこなせるのか?
    ディープを知ってるだけに不安になりますが、ガリレオの血とムーアの腕が助けてくれるか?
    フランスダービーのスタディオヴマンもガンバレ!

  • Re: ワグネリアン

    記憶に残るダービーになりました!

    馬場状態からも脚質的にも気性的にも、どう考えても不利な17番枠を引いてしまい、これがまだルメール騎手だったらなぁ・・・などとも思ってしまいましたが。
    福永騎手には皐月賞だけでなく、ワールドエースとエピファネイアでの貸しも十分返してもらいました。
    イケイケの若い勢いで乱暴に乗ってしまったキングヘイローの呪縛から、今日、やっと解放されたんじゃないでしょうか?

    レース前に思い出したのですが、福永騎手はラインクラフトの桜花賞でも不利な大外枠のピンチに立ったことがあって、あのときは内隣に逃げ馬がいて、その馬の通った後をついていくように先行して行きました。
    そして、今日の内隣はジェネラーレウーノ・・・これは、ヤルなと思いました。

    ダノンプラチナムは距離が長かったように見えました。マイルから2000Mくらいのスピードはワールドクラスの馬に成長していく可能性を感じます。
    ブラストワンピースは出遅れたということですが、直線のゴチャツキが痛かったように見えました。

    エポカドーロはまだまだ底を見せたとは言えず、コース適性も距離適性も今のところ不問・・・どんな馬に成長していくのか楽しみです。

    高速馬場にキンカメ産駒が強いのは意識してましたが、
    ダービーまでの芝レース4つのうち2レースをキンカメ産駒が勝ち、キンカメ関係の馬は消そうと決めていたステルヴィオ以外は全部マークし、コズミックフォースもワグネリアンの連ヒモと思いましたが、オッズ高いのでワイドにしました。

    馬券は単勝・馬連・ワイド(1着3着)ゲット!馬連もワイドも100円ですが。
    それから、イギリスダービー生中継実現!
    ディープインパクト産駒がイギリスダービー制覇しちゃうかも!

  • >>No. 6578

    Re: ダノンプレミアム

    スパッと予想が決まったオークスとは逆に、今年のダービーは軸にしたいが不安もあるという馬ばかりで難しい。
    ワグネリアン・ダノンプレミアム・ブラストワンピース・・・軸候補は3頭まで絞りましたが、取り敢えずこの3頭の馬連ボックス3点は決定。

    ワグネリアンの皐月賞はコース・展開不向きにしても負け過ぎですが、気性重視の緩すぎる調整が裏目に出たのも敗因の一つ。
    今回は惨敗したので、開き直ってハードな調整・・・これも裏目に出てレース前にテンションが上がってしまったり、道中引っ掛かる可能性もけっこうありますが、ダービーではダノンプレミアムを逆転と思っていたので本命に。
    と、決心したところで、まさかの17番枠。。。
    今の前が止まらない高速馬場では後ろから外外を回してはノーチャンス。
    JRAが勝手に決められる抽選方法だけに怒り心頭!
    福永騎手が人気のプレッシャーがないだけに思い切った乗り方をするか?
    本人も後ろから行っては厳しい馬場と書いていたので、中団に出して行くか?内に潜り込んで直線で外に出すか?

    ダノンプレミアムは間隔を空けても大丈夫そうだし、枠もダービーでは最強の1番枠。
    馬を前に置いて、内で先行してスムーズに抜け出せば圧勝も。
    不安は、内で先行してるときに外からドッと前に入られて揉まれる競馬になったとき。

    一番、不安要素の少ないのがブラストワンピース。
    ある程度前に行けて、長い末脚を使える今の馬場にはピッタリな感じ。
    不安要素は今までの相手関係と高速の瞬発力勝負になったときの、ハービンジャーの切れ不足が出ないか?
    3、4着までに来る可能性は一番高いが何かに差される可能性も高そうで、何頭に差されるのか?それとも1頭も差されずに凌ぐのか?

    ダノンプレミアムが抜け出して圧勝のレース。
    ブラストワンピースが早めにダノンプレミアムを潰して突き放し、後続を封じるレース。
    ダノンプレミアムを潰したブラストワンピースを最後にワグネリアンが差し切るレース。
    それとも、全然違うレース。

    やはり、本命は勝ってほしい馬でワグネリアン。
    単はワグネリアンと蛯名騎手がラストチャンスの気合で乗るゴーフォザサミット。
    3頭の買い方は悩みますが、
    穴はグレイル・ジェネラーレウーノ・タイムフライヤーで、イレコミなければステイフーリッシュも。

  • >>No. 6575

    Re: アーモンドアイ

    道中も直線も致命的な不利を受けるような馬はいなくて、それぞれが力を出し切った気持ちのいいオークスでした!

    パドックを見てビックリしたのは、アーモンドアイだけ発汗が目立ったこと。
    装鞍所からパドックの間で何かあったのか?
    気性面は心配して無かっただけに、ちょっと不安が。
    結局、スタート前の輪乗りまで発汗は止まらず、テンションも他馬より高めに見えました。
    ゲートの出遅れを心配しましたが、ちょうど前に体重がかかったときにゲートが開いたみたいで、逆に好スタート。
    こうなると、前に馬を置けずに掛かってしまわないかと、道中はハラハラでした。

    そんな心配も直線を向いて、後ろから迫ってくるサトノワルキューレを一瞬で突き放した瞬発力を見て、どこかに飛んでいきました。
    手前を何回も替えながら加速していく独特のフットワークで、リリーノーブルを抜き去りゴール!
    さすがに、今日はスタート前にテンションが上がったせいか、前に行く競馬で折り合いもやや欠いていたせいか、桜花賞のときのような余裕は無かったですが、それでもジェンティルドンナとほぼ同等の時計で勝ち切った点はワールドクラスの馬の可能性をさらに強く感じさせてくれました。
    今日のテンションの高さが、今後も続いていくのかがちょっと心配ですが、ゆっくり休んで秋にまた成長した姿を見せてほしいです。
    今、見ているだけでハッピーな気分にさせてくれるのは・・・野球なら大谷、競馬ならアーモンドアイ♪♪

    ・・・と、素晴らしいオークスでしたが、唯一誤算だったのは、ラッキーライラックがリリーノーブルを差せなかったこと(^^ゞ。う~ん、馬券は難しい。。。

  • >>No. 6566

    Re:テイエムオペラオー

    大外から飛んできた皐月賞。
    グラスワンダー・スペシャルウィークを脅かした有馬記念。
    包まれてアウトと思った位置から、いつの間にか抜け出してきた有馬記念。
    ジャングルポケットに主役の座を譲ったジャパンカップ。
    やはり、記憶に残るレースは多いですが・・・個人的には世界に出て戦ってほしかった。
    ・・・安らかに。

  • >>No. 6567

    Re:ラッキーライラック

    う~ん、
    アーモンドアイがサトノワルキューレに負けた時点で、私のオークス予想は負け。
    なので、馬単で!

  • >>No. 6565

    Re:ラッキーライラック

    昨日のテイエムジンソクの残像が、まだ頭に。。。
    ラッキーライラック陣営は、桜花賞の先行策を踏まえて、
    今回は2番枠でも出して行かずに中団くらいで前半リラックスさせて末脚を温存させる策に出ると読んでますが、
    そうなると、2番枠だけに昨日のテイエムのように内で包まれて動けなくなる事態も。
    逆にそれを恐れて石橋騎手が出して行ってしまうとオークスでは不利。

    ラッキーライラックが2着を外す場合、リリーノーブル・マウレアより、やはりサトノワルキューレを警戒すべき。
    現在、アーモンドアイとサトノワルキューレの馬連が6.6倍、アーモンドアイからの馬単が7.9倍。
    これなら、馬連にすべきか?
    意地でも2着までの馬単にすべきか?

    トーホウジャッカルの妹・・・気付きませんでした。

  • >>No. 6561

    Re: ダイワギャグニー

    前半はちょっと後ろ過ぎるかと思いましたが、直線に入ってからは順当に伸びて来ました。
    書き込みには馬連と馬単を組み合わせてと書きましたが、パットに入力するときは馬単の発想が頭から消えていて馬連だけ買ってました。
    それでも、相手にストーンウエアがうまく引っ掛かり、こちらはプラス。
    ただ、平安Sと合わせると160円ですがトリガミ・・・まぁ、これくらいならイイか(^^ゞ。

  • >>No. 6560

    Re: サンライズソア

    2頭のダート王候補の対決・・・ホントに楽しみにしてたのに。。
    1100Mの通過が、例年に比べて1秒以上遅い、去年に比べたら3秒も遅いスローペースで、
    テイエムジンソクは内に閉じ込められ、グレイトパールは前走の反動かミツバの捲くりにリズムを乱されたのか力を出せない、つまらないレースになっちゃったなぁ。。。

    ミルコにやられたと言えばそれまでだけど、
    古川騎手はもっと注意して乗ってほしかったなぁ。
    4コーナー手前から仕掛けて後続を引き離す競馬が必勝パターンなんだから、スローになった時点で自分からサンライズソアの外に進路を取るとか、少なくとも内で包まれないように外に出す努力をしてほしかった。
    まぁ、馬券の負けを騎手のせいにするのはどうなの?とはわかってるんですが・・・今日はちょっと。
    せっかく、クイ&クイが馬券圏内に入って来て、2走ボケなのかグレイトパールが沈んで、馬券的には狙い通りのパターンだっただけに。。

本文はここまでです このページの先頭へ