ここから本文です

投稿コメント一覧 (1132コメント)

  • >>No. 5808

    Re:ケイティブレイブ

    ダート路線・・・わからなくなってきました。

    ケイティブレイブは逃げて流れが向いたときだけの馬と思っていたので、追いこんで来たときには実況アナが馬名を間違えてるんじゃないかと。
    これで、脚質に幅ができたのか?・・・1回だけでは信じられない気も。

    アウォーディーがクリソライトを捉えられなかったのは、武騎手のコメントによると「去年の秋からの気の悪さ」が原因っぽいです。

    グレイトパールが故障、エピカリスも順調でなく、アウオーディーも力を出せない状態が続く。。。
    この3頭の対決が秋の楽しみだったのですが。

  • >>No. 5801

    Re:サンデームーティエ

    今の競馬の切れ味の象徴と昔の競馬の切れ味の象徴・・・たしかにロマンをそそられる名前ですね。
    ・・・でも、逃げてるんですね。

    タニノムーティエ・・・ライヴで見てないのに、見てたような気がするアローとの一騎打ち、豪快な末脚。
    なんか、「今の競馬より昔の競馬の方が面白かったなぁ☆」と思ってしまうのは・・・馬券が当たらないせいでしょうか?年を取ったせいでしょうか?

  • >>No. 5800

    Re:キタサンブラック

    考えてみると、あれだけの距離を走って、ホンの0.何秒かの差で明暗が分かれてしまう馬券って・・買う方にとってかなり不利じゃないかなぁ。。
    やっぱり、競馬は見るものかなぁ・・・と、久し振りに思ったり。

    キタサンブラックは春天の疲れが残っていた可能性が高いですが、過去の名馬たちと比べると安定感はあるものの、凄みというか圧倒的な強さを感じません。
    凱旋門回避の声がすぐに出てきたのも、既定路線だったんじゃないかなと。

    サトノクラウン・・馬場は最適でしたが、デムーロ騎手が陣営に「阪神の小回りの馬場は向いていない」と言っていたという情報があり、成績を見るとその通りだったので、これは消せると。。。
    ただ、堀師の仕上げの恐さとパドックでのゴールドアクターのテンションの高さから最後にゴールドアクターと入れ替えました・・・が、結果は同じでした。。。
    この馬こそ、タフな馬場のヨーロッパ遠征に向いてると思うんですが。。

    ミッキークィーンは思った通りの走りを見せてくれました。
    直線に入ったところで他馬とぶつかったのがどれだけ響いたのか騎手のコメントがないとわかりませんが、残念。

    シャケトラは一瞬勝ったかと思いましたが、最後力尽きた感じ。
    デムーロ騎手の追い上げて前のペースを上げておいて、自分は息を入れるという神騎乗に嵌められたかなぁ。

    横典騎手は最後の脚を生かす差しの作戦に・・・今日はこの作戦が当たったのが私には痛かった。。。

  • >>No. 5796

    Re:キタサンブラック

    馬体重・・・サトノクラウン・プラス10K
    調教師の思惑どおりに前走のハード仕上げの失敗からソフトな仕上げが成功したのかも。
    堀師だけに凄く恐いですが、ここはキタサンを買う以上消すしかないです。

  • >>No. 5792

    Re:キタサンブラック

    横典・・・逃げるのか?まさかの追いこみか?
    今までのように先行してキタサンを早めに捉えに行くという乗り方はしないような気がするんですが。

    馬場状態・・・急にドバッと降ることもあるので、最後まで余談は許されませんが、何が来てもおかしくない不良馬場は免れそう。
    ただ、JRAの馬場発表はG1ではよっぽどひどくない限りやや重で済ます傾向があるので、今の時点でも実際には重馬場くらいなのかなと。

    重馬場で浮上しそうと思った馬のうち、サトノクラウンは阪神内回りコース自体に適性がない気がしてきてやはり消し。
    シュヴァルグランは意外に重馬場は合ってないという気もしてきて、前走がピークの仕上げと思うこともあり、やはり消し。
    レインボーラインは調子がどうかもオッズ的に買い目に入れることに。

    シャケトラの重適性はやってみないとわかりませんが、ミッキー・シャケトラ・キタサンの3頭狙いの方針でいきます。

  • >>No. 5793

    Re:モカチョウサン

    スピリットワンベルはスピードで、モカチョウサンは最後の追い上げで見せるものはありました。
    これからですね。

  • >>No. 5788

    Re:キタサンブラック

    去年のハイペースでも3着に粘ったキタサンブラックが今年はメンバーも流れも楽になりそう。
    3着までに来る確率は一番高いとは思いますが、瞬発力のある脚質ではないだけに人気ほど1着になる確率は高くない気がします。

    当日の天気が読みづらいですが、
    やや重までなら、キタサンブラック連軸、相手本線は底を見せていないシャケトラ・瞬発力でミッキークイーンの2頭。
    ゴールドアクターの逃げ残りと人気妙味のミッキーロケットを穴で。
    単勝・馬単・3連単はミッキー・シャケトラ頭も。
    シュヴァルグランはキタサンが順当勝ちしたとき2着に来そうな筆頭ですが、去年の負け方がイヤなのと、オッズ的にこれを買うと他をほとんど買えないので消しに。

    重い馬場になったら、サトノクラウン・レインボーライン・ゴールドアクター・シュヴァルグランと得意そうな馬が多いのでまとまらなくなりそう・・・再検討か、少額にして押し通すか。。。

    キタサンブラックは宝塚記念に出てきた時点で、凱旋門賞の参戦確率は50%を切った感じがしますが、もし、本気で挑戦なら、いっそ不良馬場での走りがどんなものか、本番が重い馬場になったときの参考に見たい気もします。

  • >>No. 5787

    Re:モカチョウサン

    濃いですねー。
    サッカーボーイのスピードが受け継がれていてほしいところ。
    それにしても、牝馬でもチョウサンなんですね。

    ロードカナロア×フジキセキのスピリットワンベルにも注目してます。

  • >>No. 5782

    Re:サンライズノヴァ

    どんな環境の変化にも崩れないリエノテソーロの走りに注目してましたが、初めて惨敗してしまいました。
    デビューからずっと乗ってきた吉田隼騎手からの乗り替わりもなんで?と思いましたが、さらに大野騎手も落馬で急遽内田騎手に・・・さすがにかわいそうだった気も。。

    馬券はテソーロ組とサンライズ組の4頭ボックス馬連でパソコンに入力始めたのですが、最後にルメール騎手が恐くなりアンティノウスとハルクンを交換してしまいました。。。

  • >>No. 5781

    Re:ジューヌエコール

    土曜日から函館の馬場は例年の洋芝とは時計が違ってました。
    現地のトラックマンからは例年より芝丈がかなり短いというコメントもありました。
    どういう理由かはわかりませんが、馬券の予想という観点からは傾向の変わってしまう馬場変更はやる気なくなります。
    洋芝得意ながら速い時計に不安のあったクリスマス・ブランボヌールはやはり対応できず、速い時計に実績のあったキングハートが馬券に。
    しかし、最近の競馬ファンはさすがと思うのはキングハートも東スポの印ではありえない人気に。
    去年のソルヴェイグとカブるジューヌエコールも人気でしたが、これがベタなのか?罠なのか?
    迷った末に人気ならやめておこうと。。。

    セイウン・ブラン・シュウジ・クリスマスに疑問で、ジューヌ・キング・エポワス狙いのトピ主さん・・・参りました(^^ゞ

  • リエノテソーロ

    馬券はまだ検討してませんが、一番の注目はこの馬の走り。
    ダートで行くのか?芝で行くのか?・・・二刀流?

  • >>No. 5775

    ブランボヌール

    力関係とか斤量とか長休明けとかいろいろありますが、取り敢えず滞在競馬では着外になるまで狙おうと決めてます。

  • >>No. 5773

    Re:ウサギノパンチ

    なんか、強そうで弱そうな・・・応援してあげたくなる名前ですね。
    明日のトラネコもこの馬主さん。

    同じ新馬戦に出るミスティカルはダイナアクトレスの孫の娘の息子??

  • >>No. 5765

    Re:エピカリス

    残念・・・出走回避。
    無理してレースに出て、取り返しのつかないことになるよりはいいですが・・・厳しいとは思いつつも内心サプライズも期待していただけに気持ちが萎みました。。

  • >>No. 5767

    Re:レピアーウィット

    次に繋がるレースでした。
    ヘニーヒューズの現役時代のレースはなぜか注目して見ていたので、あのスピードを生かすには日本でも1400Mか長くて1600Mくらいまでと思いますが、ダートでの走りも見てみたいです。

  • >>No. 5764

    Re:レピアーウィット

    私の昨季のPOGは・・・かつてない惨敗でした。
    2勝馬さえも出なかった。。。

    ジナンボーは堀厩舎ということで、モクレレとは違う結果になればと指名しましたが、
    兄がモクレレなのでデビューは年末に間に合うだろうかくらいに思ってましたが、まさかの今週デビュー。
    そして、明日はモクレレの2走目、弟のデビュー前日にいいとこ見せてくれないか。

    レピアーウィットはダービー制覇を第一目標にしてるので、ヘニーヒューズということで指名しませんでしたが、スピードありそうですね。

  • >>No. 5763

    Re:エピカリス

    ・・・そして、スペシャルの4×5でもあり、エルコンドルパサーのダート適性と距離適性を兼ね備えていれば(^^ゞ。
    とは言うものの、ベルモントパークの砂に合うかどうかはまったく未知数。
    ラニの場合はまったくの規格外の存在という気がしているので、ラニが3着だから好勝負できるとは思えませんが、
    出る以上は砂適性があって能力も高いことを期待してレースを見ます。

    ただ、中間は馬場入りできないほどの歩様の乱れがあったとか、日本ではまず間違いなく走る馬だと思うので、ここで怪我とかだけは避けてほしいです。

    馬券は・・・日本のオッズだけにエピカリスに被ると買い辛いですね。
    米馬では一番強いのではと思ってたクラシックエンパイヤの名前がなぜか無いので、混戦というかますますわからないです。
    私もルッキンアットリーは軽視で、アイリッシュウォークライ・ツイステッドトム・ゴームリー・シニアインベストメント・タップリットあたりをボックス気味にエピカリス消しで買うか、エピカリス応援で相手を絞るかをオッズを見て判断ということになりそう。
    いずれにしても、穴はパッチ。

  • >>No. 5759

    Re:サトノアラジン

    メンバー的にはどうしても逃げたいという馬がいなくてスローペースが見え見えのレースでしたが、
    こういうときは、だったら自分がペースを握ってと思う騎手が出てくるのもよくあることで、展開を読むのはホントに不可能なことだと思います。

    サトノアラジンは馬群を縫う瞬発力はなく、外から加速していくしかないので、良馬場で外枠は好条件もスローで外外を回らされたらアウトと思ってました。
    ハイペースになったらステファノスとアンビシャスも来るだろうとアラジンからは2頭との馬連のみでした。

    逆にロゴタイプはスローで尚且つ自分だけは先に仕掛けて瞬発力勝負を逃れたときに限ると見ていたので、このハイペースで勝ち負けまで粘るとは驚きでした。

    このレースで一番の収穫はグレーターロンドンが厳しいペースにも対応できることがわかったことでしょうか。
    調教過程から本調子ではないと判断していたので、このデキで出遅れてハイペースを追い上げて行ってラストの伸びも目立ってました。
    まだまだ、底を見せたわけではなく、今後がさらに楽しみになりました。
    無事にいってほしいです。

    ステファノス・アンビシャスには絶好のペースと思いましたが、
    アンビシャスは調子に問題あったか。
    ステファノスは本番仕上げの調教内容と判断しましたが、マイルの早いペースについて行き過ぎたか。
    エアスピネル・イスラボニータは重賞では安定してるけどG1では?ということでしょうか。

  • >>No. 5757

    Re: イスラボニータ

    大混戦ですね。
    当初、マイルの絶対王者候補と期待していたエアスピネルは成長が止まってしまったのか?昨春の激戦の疲れがまだ癒えないのか?安定はしているが、マイルの王者にはまだほど遠い。

    最初から大物感は無かったものの、一時のスランプから立ち直ったイスラボニータも安定しているがマイルの王者とは言い難い。

    ならば、距離を短縮してきて折り合いの不安が軽減されるアンビシャスを本命と思うも、調教が一息で微妙。
    同じく距離短縮の実力馬ステファノスも本番仕上げなのか、宝塚への叩きなのか微妙なところ。

    だったら、底を見せていないが厳しいペースに対応できるかどうかがポイントと、最も走りに注目していたグレーターロンドン。
    ・・・ところが、この馬も中間一頓挫あり、どうも急仕上げっぽい雰囲気がぷんぷん、走りには注目しますが、この人気だと馬券は買いたくなく、押さえまで。

    ということで、エアスピネル・アンビシャス・ステファノス・イスラボニータの4頭中心にボックス気味に。
    単はアンビシャスかステファノス。
    ヒモ穴候補は消耗戦になったときのヤングマンパワー、逆にスローになったときのロゴタイプ・・・。
    香港馬ではビューティーオンリーの方か。

  • >>No. 5749

    Re:ラニ

    ダービーの後の脱力感で、馬券を買う気にはなれませんでしたが、ここもルメール騎手でした。
    ラニの力を出し切れる舞台・・・難しいです。

本文はここまでです このページの先頭へ