ここから本文です

投稿コメント一覧 (682コメント)

  • >>No. 1575

    夢ドラさん、こんばんは!
    久しぶりで申し訳ありません。
    ですね、M4だけなので何かありそうな予感は満載です(笑)

    モルスタが北リスクと共に戻ってきたのは気になりますが、慌てて逃げ出したなら益々面白いのですが、後場は機関も必死の売りで楽はさせてくれませんね〜。

  • お疲れ様です。
    素直にIRに反応したのは久し振りのような気がします。調整が始まるとIRにも反応しなくなる、という通説をひたすら進んでいたのは面白くなかったですが、これで霧が晴れてくれるのを期待します。

  • お疲れ様です。ご無沙汰しています!
    というか、さっぱり動かなくなったのでスレも斜め読み程度で失礼しました(^_^;)
    途中からの参加でしたが、懇親会等がなくなった割には出席多かったような印象です。

    やはり、5~10年後は大きく成長してくれるのでは!という思いを強く感じました。
    これからも、離れず見ていきますよ(^-^)/

  • >> 今日の総会で久しぶりに田村会長の声が聞けて嬉しかった。
    > 会長にはまだまだ第一線にいてほしいけど、人材育成の観点からも仕方ないかな。
    > 会長に話を振ってくれた質問者さんに感謝です。

    確かに、田村会長で僅かに盛り上がりましたね!
    でも、何となくですが・・あの関西(今回は大阪と言っていたかと)の質問者、昨年長々と自分の投資経歴をダラダラと発言し、途中で当時の田村社長に「要点を」と言われた人ではないかと・・
    噂ですが、あれがもしかしたらこのスレの一番の多投稿の・・・(4月ヤフーに投稿禁止措置で別IDで復活)ではないかと思うのは私だけでしょうか(笑)

  • 田村会長、自己紹介で大風呂敷の田村です(笑)
    株売却については、一部で逃げたと言われているがそうではなく、正規の手続きで一部売却したが逃げてはいないと(笑)
    今回は立場もあるので無難に発言。

  • 株主の株式分割要望について、ピーターは言質取られないよう、無難に答える。

  • 田村さん、一言話し始めました!

  • 今日は総会ですが、まだ出席するか迷っています・・
    イベント日が、外部要因もあったこともありますが最近は暴落することが多く・・、買い増しのチャンスもあるかと思っていますよ。
    でも、お土産も会食もないから意外に参加者少ないカモですね。
    ここのことろのカラ売り機関の買い戻しが本物か、勢いを継続できるか、慎重且つ大胆に(笑)

  • お疲れ様です。業績修正から書き方変わっていないので進捗状況に異変はないと理解できますね。専門的なことはわかりませんが、研究開発は計画通りに簡単には進まない。結果は出せるから少し時間をくれ、そんな感じがします。
    ついでですが、MiNAの成功時のマイルストンはヘプタのようなとんでもない一時金&進捗に応じて得られるかもしれません。理由は全株取得がヘプタとほぼ同額で条件付対価に至ってはヘプタより上の契約だからです。仮にそーせいG内で開発促進で自律的成長に貢献するため「進捗に応じて」がないとしても、製薬に著しい可能性があるならいうことないと思っています。

  • お疲れ様です。
    確か、ソフトバンクも前期は業績予想出さなかったと記憶しています。結果は素晴らしい決算でしたよね!規模もなにもかも違いますが、IFRS採用法人は調整も難しいのでしょうね。

  • お疲れ様です。決算短信をざっと見ると
    会社業績修正との比較   売上:18,901百万→△5億 減
               営業利益:12,389  →△4千万微減
    コンセンサスとの比較 当期利益:12,483  →+5億 増
    また、H29/3月期は業績予想せず

    と言う結論ですね。詳細見ると面白いですね↓↓
    為替換算差額(英国財産の評価)は、ポンド安の影響が緩和され第2四半期より20億改善したとみられる。その割に金融収益(為替差損含)が第2四半期より増加しているのは、ドル円の円高も落ち着いたためか・・。

    今後の影響としては
    ・Heptares Zurich で開発研究費は増加
     MiNA 持分法適用でその分損益は増加(マイルストンは早くてH29年中見込)
     ITSUBO社 連結外れ持分法適用でその分の損益は減少
    ・MiNA社当初50億買収資金は、与信の範囲内で行われたようで、支払利息等の業績への影響は軽微である見込。

    ここからは私見です。ということは、これだけの異動事由の損益が今期影響する&マイルストンの受領時期が予測しにくい。前期も結局最後のマイルストンが今期以降にずれる結果となった。事実関係整理すると「予想無し」が決してネガティブ発言とは言えないと思います。
    また、東一鞍替えの願望を述べている方もいますが、適用要件に
    「企業の継続性及び収益性:継続的に事業を営み、かつ、安定的な収益基盤を有していること」とあるので、業績予想が出せる若しくは四半期の進捗状況でそれなりの結果が出ない限り、願望は秘めた楽しみに取っておいた方が良いかと思います。(社長も急がないと言っているので)

  • 昼休み、個人のパワーには恐れいる(^_-)以前も、昼時にS高あったね。そこまでは望まないけど、見ていて愉快(笑)

  • そうですね。推測ですが、ヘプタの成功をMiNAの創業者や研究者、出資者が羨望の目で見ていた、そしてこれ以上の資金を捻出できないので、成功者そーせいに助けを求めていた。マイルストンの確定度が上がった時点でそーせいがゴーサインを出した。
    このストーリー、褒めすぎでしょうか(笑)

  • 総額でいうなら、ヘプタ買収総額は約460億(当時の為替換算)、内訳は買収額200億と条件付260億だったですかね。で、今回のMiNAは600億強、内訳は先ずは50億(この時点では持分法適用)で、1年〜1年半程度で確定するマイルストン(いくら?)で150億にて完全子会社、条件付350億ですか。
    ヘプタが先例となり良い感じで今回の契約になったと好意的に見ています。
    しかも、ヘプタでは当初の疑心暗鬼と中国ショックも重なり、増資も思うようにいかなかったことも今回の契約に生かしていると考えます。つまり、マイルストンの受領で資金を得たMiNAを150億追加で完全子会社化する。
    それまでにグループの子会社そーせいがグループ資金(親のそーせいG又はヘプタ?)を融通してもらうと思うのですが、グループで自己資金をどこまで積み上げられるか、貸したくてしょうがないみずほから一時借入れするか、NASDAQ上場、それを機会に東一鞍替え同時増資…
    ん〜、成長が一気に早まる可能性もあるので大いに期待しています。

  • 前場、お疲れ様です。最後はヒヤヒヤしましたが、窓を埋めてからが以外と強かったですね(^-^)
    ここ最近では今迄にない粘りで、期待は持てそうです。
    そういえば、ある資産家(数億では無い↑)から言われたんですが、なんでもある証券会社がそーせい「buy」で勧めてくると言っていました。勿論、絶対はないですが「2万」と言っているらしいです。資産家相手の証券会社・・・皆さん大体が特定できるでしょうね。一任取引でここ最近の行ったり来たり相場で手数料稼ぎも意外と彼らも相当関与しているかもしれません・・・勿論、2万は行くとして、それが何時かが問題ではあります。ただ、そういう流れがあるかもと思っています。
    投資は自己責任。私の考えを押しつけるわけでは無いので(笑)

  • 「その他の収益」に計上されていると考えられます。補助金・助成金の類いは会計上は「雑収入」なので、IFRS(国際会計基準)ではそのような表示かと。参考にCFの補助金収入(簡易法なので前期比較で表示)で推測できそう・・です。

  • お久しぶりです(^-^)
    いや、夢ドラさんには孤軍奮闘していただき、感謝感謝です。自身の繁忙期も重なりここもあまり見なくなっていましたが、このIRでどうやらアク抜けに目処が立ってきましたね!

  • 久々に投稿します。成り買い3万行きそうですね!

  • お疲れ様です。
    先週の勢いを維持して今週もと思っていましたが、昨日は踏みつけられましたね(^-^;)この辺りで足場を固めてくれたら良いのですが、明日から後半はどうなるか。出来高が減少しているのは気になりますが期待しています!

  • 追伸、BSにしか計上されないので皆さんピンとこないかもしれませんが、極論短期的には30億円の含み損(評価差額)が改善した=資本の部改善=株の価値が改善した。と言う意味合いです。

本文はここまでです このページの先頭へ