ここから本文です

投稿コメント一覧 (1260コメント)

  • 武田は来週もう一回投げさすのかな?
    工藤監督は「1週間で調整してくれれば」って言ってましたね。
    よく考えれば、松本を来週のオリックス戦に投げさすとすると中5日になりますから、今日投げたら一旦彼を抹消する予定かもしれません。

  • いやはや、13安打6四球、毎回ランナーを与えてよく勝ちました。
    昨日からそうだが、ホームランの威力は大きい。
    中村が1番になってからつながりが良くなってる。

    そもそも1番が出れば2番がバントする決まりなんだから、何故1番の足に拘り続けたのか意味不明でした。
    中村の1番について、昨日の工藤監督のインタビューでコーチと相談してって言ってたけど、結局今までの走力優先の1番は工藤監督の考えが大きかったんでしょう。
    それと、今年の中村はランナーを置いての場面で打てていない事もあったのでしょうかね。

    それと、今日の武田は明らかにまだ調整不足。
    初回から見てて、ベンチでも分かってたはず。
    5回に大谷が代打で出てきたとき、カヤマに代えてほしかった。
    あと一人で勝利投手は分かるが、どっちみちそこまでの投球内容でファームでの再調整が必要なのは明らかなのだから、情けをかける必要はないでしょう。

    今後7月いっぱいまで5人で回せるから、
    当面は東浜、石川、松本、千賀、バンデンハークの先発陣になるのではないかな。

  • モイネロは面白そうですね。
    キューバリーグでも1イニングに1三振の割合で取ってたらしいし、コントロールも今日見た限りではそう悪くはなさそう。
    しかし、あのガリガリの体でどこからあんな力のあるボールを投げられるんだろうね。
    外国人は筋肉の付き方が違うんだろうな。

    最近先発投手はバンデンハーク以外、日本人投手は若手で固められてきた。
    今日の石川もそうだが、やはり見ていて生き生きしている。
    野手も投手も若手が伸びてきていて、最近のホークスの野球は面白いですね。

  • 今日スポーツ報知見てたら、明後日の先発が中4日で松本らしい。
    千賀の登板が楽天戦に延びたことで、中田や攝津、大隣の第二グループの名前が挙がっていたけど、前回86球という事で踏み切ったか。

    という事は、今週は
    石川→武田→松本→東浜→千賀→バンデンハーク
    ですか。

  • 福田選手といえば、昨年開幕から1番スタメンに起用され、1か月以上スタメンで使ってもらった。
    ところが結果が出ず、スタメンの最後のゲームだったかチャンスで代打を出され(高田)ベンチで涙してた。
    その後二軍行き。

    昨日も今日と同じように代走に出て、回ってきたチャンスの打席で出て行こうとしたが、相手が右投手に関わらずデスパイネに代えられてすごすごベンチへ逆戻り。

    今日のサヨナラホームランは本当に良かった。
    で、ホームランボールの受け取りを拒否したり(これで終わりでないという事)、ヒーインでどこかのチームの選手のように泣かずに生き生きと話したのは、立派でしたね。
    後は上林との競争になるだろうが、頑張ってもらいたい。

  • 福田の打席、ツーボールになった時もしやと思ったら本当にそうなっちゃった。
    彼のライトスタンドへのホームランはいつもよく飛ぶ。
    最近調子よかったし、彼も三振かホームランタイプですしね。
    高田も一軍に上がる直前、番組で藤井コーチが打球が強くなったと言ってた。
    長谷川もそうだけど、ファームがしっかりしてる。

    工藤監督はこれで益々バントを愛用するだろうな。
    インタビューでも1点差に追い上げたのが大きかったと言ってた。
    今日は瓢箪から駒であって、思い描いたように勝ったわけではないという事を認識してほしいが、認識していないだろうなあ。

  • 福田はタイニングランでもないんだけどなあ。

  • >>No. 301318

    勝ってる時、終盤の栗山のバントは正解。
    ビハインド時、特に2点負けててバントしてもなかなか勝てないですよ。
    今までそれで勝ったケースはほとんどない。

  • >>No. 301304

    >たぶん、確率からすれば、送りバンドの方が得点の確率が高いのでしょうが、

    ほぼ同じです

  • >>No. 39573

    タッチアップできる飛距離じゃなかったです。
    1塁ランナーの柳田はセンターから捕手への送球間に2塁へ走りました。
    あれもギリギリだった。
    とにかく走って危うい場面やアウトが多すぎます。
    時と場合を考えるよう、注意しないと駄目だが多分走ること自体を評価しているようだから今後も走塁死は減らないだろうな。

  • 8回も9回も1点を求めすぎだな。
    同点にして延長になっても、相手の方が信頼できて長いイニングを投げられる投手の数が多いし相手の方が有利だ。
    8回の柳田の盗塁はもってのほかだし、9回もすんなりバントは無い。
    8回は相手投手が立ち上がりから6球続けてボールだし、9回も後の打者の信頼性に問題がある。

    9回までに逆転を狙いに行くゲームでしたね。
    まず同点っていう試合ばかりではない。

  • 盗塁禁止のサインも時には出すべきだ。
    あそこは絶対走ったらダメな場面。

  • 菊池はもうここまで来たら、対ホークスアレルギーというしかない。

    今日もブルペンでは今年最高の出来だったらしいが、いざゲームになればコントロールは定まらない、球威も無い、表情もさえない。
    今年WHIPが0点台、防御率1.4の投手とはとても思えない。
    彼は昨年も一昨年もホークス戦は1試合だけの登板でいずれも打ちこまれている。
    前監督の田辺さんは明らかに避けてた。

    ここまで極端なケースは珍しい。
    今後どうするんだろうね、ちょっと興味深い。

  • 審判はええ加減やのう。
    スローを見る限り、最初の源田はファーストアウトでゲッツー。
    次の浅村は微妙だ。

  • >>No. 39562

    >西武は菊池、十亀、ウルフかな。

    西武のローテは順番通りだと、野上、岡本、十亀になるんですが、どうでしょう?
    この3人の方が打ちやすいかな。
    西武としても菊池をホークス戦に避けることができるし、この順だとオールスター明けのホークス戦も菊池を避けられる。

  • >>No. 39557

    そうですね、バンデンハークはハム戦に出したくない。

    ただ、楽天戦の次の週末が札幌でハム3連戦だから、最初のヤフオク3連戦かどちらかに投げささねばならない。
    それかどうしてもハム戦を避けるなら、楽天3連戦の日曜日に投げさせて中八日で次回投げるか。
    まあ、普通は1回ハム戦に投げざるを得ないかな。

  • >>No. 39558

    投げ方も何となく似てますね。
    下半身の上下動が無く、投げ方が安定している。
    コントロールが良い。
    後皆さんご指摘のようにもう少し球威が増すと申し分ない。

  • 選手たちもファンも良かったですね。
    これで4日間気分よく休める。

    工藤監督、この前のバスターエンドランや今日のスクイズ、若手野手の選手起用となかなかやるね。
    後、この交流戦は巨人戦以外は巡り合わせも良かった。
    相手投手にも恵まれていたし、前半に調子落ちしていた中日、DeNA、ヤクルトと対戦できたのも大きかった。

    さてリーグ戦だが、投手ローテはもし千賀が回復しているとすれば、
    強敵(西武、日ハム、楽天)と当たる最初の3カードは、
    東浜、石川、千賀、バンデンハーク、松本、中田、東浜、石川、千賀か?
    そして7月からは、東浜、石川、千賀、バンデンハーク、松本の5人で回すかな?
    武田はまだちょっと時間がかかりそうだ。

本文はここまでです このページの先頭へ