ここから本文です

投稿コメント一覧 (53コメント)

  • >>No. 161699

    政府は一基1,800億(米希望価格/政府見込み価格は1,000億)の陸上配備型迎撃ミサイル/イージス・アジョアを二基購入する予定だ。つまり増税分はミサイルに消える計算になる。

  • ■調教の コツは少しの 飴(アメ)与え

    <アメ/減税>
    フリーランスの自由業者の所得控除額は変わらず(変わらないことを減税と言えるかは疑問)
    賃上げや設備投資を促す企業向け減税を強化
    中小企業の設備投資の固定資産税ゼロ(3年間)

    <ムチ/増税>
    消費税引き上げ(2019/10)
    ワイン・第3のビール酒税引き上げ
    タバコ税引き上げ
    年収」850万以上のサラリーマンの所得控除額を減
    公的年金1,000万以上者の年金等控除額引き下げ
    国際観光旅客税(新税) 千円/出国者一律一人
    森林環境税(新税/2019年度) 千円/住民税支払者一人

    この結果、2,800億円程度の増税を見込むとしている。

  • 来年(2018)度の国防費は今年度の5兆1千億円を上回るもよう。「北朝鮮様、様」。終わってみれば米朝紛争も何も起らず日米の軍服組だけがニンマリというわけか。

  • >>No. 161690

    aho(アホ)*****>働く意欲がなくなり

    24時間PCに張り付きカキコしているお前がそれを言うか。我が国も終りだな(苦笑)

  • 重さ7.7㌔の米軍ヘリの窓が小学生の10㍍そばに落下!背景にあるのは人命軽視の民家上空の飛行ルート。日本人は黄色人種。もうお分かりであろう。欧米人は白人以外は人間でないと心の中で思っているからだ(白人至上主義)。

  • 日本政府 「一帯一路」民間協力指針 ビジネス後押し (毎日新聞2017年12月4日 07時30分)

    中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関し、日本政府が民間経済協力のガイドライン(指針)を策定した。年内にも経団連など経済界に説明し、東南アジアなどでの中国企業との協力を後押しする。インフラ需要などの取り込みによる経済成長とともに、対中関係の改善につなげる狙いだ。
    一帯一路に関しては、安倍晋三首相が11月にベトナムで中国の習近平国家主席と会談し、「第三国でも日中のビジネスを展開していくことが、両国のみならず対象国の発展にも有益」との認識で一致した。ただし、日本側には中国の進出への警戒感もあり、経済界からは「どこまで踏み込んで投資すればいいのか分からない」(製造業幹部)との声が出ていた。
    このため、政府は中国企業との協力を後押しする条件や分野を示す必要があると判断。首相官邸と外務、財務、経済産業、国土交通の4省が先月下旬にガイドラインを作成した。
     ガイドラインは「日中の民間企業間のビジネス協力を後押ししていく」と強調。政府系金融機関による支援や事業実施可能性調査などが必要な場合は個別具体的に検討することなど、支援の姿勢を打ち出した。(以下略)

    ※結局、日本は中国に屈したのかという声もささやかれている。しかし日本には「遠くの親戚より近くの他人」ということわざがある。米との共同歩調は大事だがわざわざ隣の巨大市場とマネーを敵に回すことはない。ともに繁盛すればそれでいいのだ。

  • 12月9日、台北発バンコク行の中華航空機内で日本人旅行客3人が酒を飲んで騒ぎ一人はタバコを吸うなどの行為に及んだため危険と判断した同機は台北に引き返す騒ぎとなり台湾メディアも大々的に報じたためSNSで炎上している。成金中国人旅行者の愚評は聞くが日本人旅行客の例は50年前の経済成長の頃以来だ。もう中國人をバカにできなくなった。日本人も中国人も大して変わらないなら日本が中国に占領されてもあまり問題は起きないだろうと欧米人は思うかもしれない。

  • 今の若者にとっては第二次大戦は歴史物語でしかない。原爆被爆者が若者相手に原爆の恐ろしさを語っても伝わらないのは当たり前。「なぜ避難しなかったの?」「嫌なら国外に逃げりゃいいだろう」ぐらいしか若者は思わないだろう。実話、国民全体が戦争に賛成した時期があったことを戦争の語り部は伝えていない。真珠湾攻撃の成功ではみんな喜び浮かれた。敗戦色が濃くなってもメディアは勝利しか報じなかった。人間は自分が正しいと思えば死も恐れないものだ。国民は完全にコントロールされていた。それはいつの時代も同じ。真実を教えてくれる者は誰もいない。教えてくれるのは本人の探求心だけである。

  • >>No. 161642

    まともな人間は「国を守れ」とか言いながら朝から夜中までカキコしていない。そう思わないかい?(苦笑)

  • >>No. 161639

    >アメリカは世界一国。

    入院費の尽きた患者を公園に放置する国だよ(実話、NHKの取材でやっていた)。そんでも良ければ行きな(大笑)

  • >>No. 161626

    aho(アホ)*****>今の日本国憲法は史上最悪の憲法だ。世界の恥、笑い者。

    在日米軍の撤退は決まっている。そうなったら現在の自衛隊の規模で米軍の支援と日本の防衛ができるわけなかろう。帝国憲法に戻って徴兵制を復活させるべきだろう。ニート60万人に無駄な税金をつぎ込んでいることこそ世界の恥、笑い者じゃないのか?

  • >>No. 161622

    第二次大戦前だって日米は仲が良かった。それが原爆を投下するまで争うことになる。そこまで何を恨み合う必要があったの?と問うても誰も答えられない。戦争なんて個人の喧嘩と同じ。冷静さを取り戻せば無駄なことをしたと後悔だけが残る。そんなものだ。

  • 米朝が武力衝突した時は日本も知らん顔はできない。自衛隊がやられるか北のミサイルが日本に飛んでくるか何かしらの被害が出るかもしれない。そうなったらでいいんだが「ハテ、日朝の間にどんな恨みがあったんだっけ」と考えてみたらいい。思いつかないから(大笑)

  • >>No. 161604

    Aho(アホ)****>戦争反対と叫んでいれば、平和が獲得できるとでも思っているのだろう。貧乏嫌だと叫んでいるのと同じ。

    「戦争反対」の声は同時に「改憲反対」とも叫んでいる。だから70年間も自衛隊の存在を明記できなかった。政治家が恐れるのはミサイルではなく落選なんだよ。おわかりかな?

  • ■幼子は 泣くかわめくか 術(すべ)もなく
    誰かが上げた数字を否定するなら「正しい数字はこれだ」と数字をあげて示して欲しいものだ。わめくだけなら、ただのアホと変わらん。そうか、アホだったな(苦笑)

  • ■幼い子 予報はずれた 雪と言う
    昔、ミス苦というアホを虫リストに入れてからずいぶん経つ。なぜ虫リストに入れたかというと読解力がないくせに評論家ぶっているからだ。例えば「明日は雨だろう」と書けば「雨じゃないよ、雪だよ」と書いてくる。それで本人は反論したつもりで何十行も書いている。大事なことは晴れないことで起きるトラブルが焦点だということが理解できていない。雨でも雪でもどっちでもいいことなのに。ちなみに気象予報では雪も雨も同一に扱う(苦笑)

  • ■借金と 核のゴミは 孫まかせ
    日本の債務残高は2016年度GDP比232.4%でもちろん世界第一位。だが北朝鮮の挑発でトランプは対韓国・日本への兵器輸出が伸びホクホク顔で北朝鮮に心で手を合わせる。アベも水を得た魚のごとくイキイキと防衛費を増額。一方で原発の核廃棄物処理問題はいっこうに進展していない。昔、アパートに一人住まいだった頃は押し入れに物を突っ込み部屋をキレイにしたものだ。目の前になければとりあえず問題を先送りにする日本人の気質。「あとは野となれ孫となれ」

  • >>No. 161588

    前にも書いたが北朝鮮が日本を標的にするのは在日米軍基地があるがゆえである。北がそう言っているのだからまちがいない。今まではそうだった。だが日本が射程距離1,000㌔(新潟~平壌市内)のミサイルを保有すれば北ばかりか中国も日本に照準を合わせることになる。専守防衛から大きくかじを切った日本。国民はそれなりのリスクを覚悟しなければならない。

  • 敵基地攻撃ミサイル購入予算計上
    防衛省は相次ぐ北朝鮮の挑発を受けて日米同盟を強化すべく敵基地攻撃ミサイルの購入を決め予算計上した。それはいいが日本にはシェルターひとつない。攻撃はいいが防衛する術がないのだ。スイスでは一家に一個、地下シェルターの確保が義務付けられている。先頃、北のミサイル落下時の避難訓練を行っている自治体のニュースが流れていたが一体、どこに避難しようとしているのか。

  • 軍の強さというものは相手と同格プラス1程度では抑止にはならない。その程度では「ひょっとしたら勝てるかも」と思う敵もいるからだ。相手より圧倒的な火力を見せつけることで無駄に争う気を起こさせないことが相手のためであることは勿論、こちらも無駄に武器を消耗させずに済む。デモ隊の混乱を警官隊に制圧させてはケガ人が出る。完全武装の軍隊と戦車・装甲車、ヘリなど、大げさすぎる規模で制圧すれば比較的抵抗は少ない。それは米国の警官が丸腰の相手にも銃を向けることでも説明した。もはや巡視船を恐れる領海侵犯艦船は少ない。中国領海侵犯艦船に自衛艦を対峙させる必要性もそこから来ている。ローソクの火は吹き消すのではなく水をかけて完全に消す。この辺の駆け引きは世間を知らないガキニートには理解できない。

本文はここまでです このページの先頭へ