ここから本文です

投稿コメント一覧 (1768コメント)

  • >>No. 991

    たしかにここ最近気配値の並べ方も変わってきてるね。

    野村が1%買ってた時と同じ感じな気がする。

    気がするだけで確証は一切ないけど(笑)

  • >>No. 968

    どこかで読んだけど、ヒト化マウス作れたら一匹辺り数十倍の値段になるんだってね。

    ここの掲示板をお気に入りに入れてる数って280位なんだね。最近気づいたのだけど、注目はされてるんだね。同じ時価総額のその他バイオベンチャーよりよっぽど人数いるんだね( ̄ー ̄)

    クリスパ9 各種ガンマーカー 個別化医療 ヒト化マウス 糖ペプチド 決算
    どれかもうそろそろ反応ないかね?

    2月はじめよりパッタリとIR来ない(/_;)/~~

    どれもこれも事後報告のお知らせばかり(・ε・` )

    こういうのは前触れなんてないものだけどさ。誰も見ていないともろへいきなり材料来てびっくりして大相場


    なったらいいけど、さすがに明日からって訳には行かないわな( ´△`)

  • ご無沙汰です。
    最近トランスジェニックにご執心でした(笑)

    ebiさん流れに乗ってるときはとことんですね☀

    私のご執心のトランスジェニックは4月まで爆睡予定😋

    決算は良いはずなのだけどなぁ😱

    リボミックに関してはアステラスはむっちゃうれしいけど、やはり共同研究による開発協力金のみなので長くは続かないのかなぁと思ったり思わなかったりであまり期待はしていなかったりします。しかし次世代は核酸と再生医療とバイオシミラーは間違いないという思いから、ジーンテクノとサンバイオとリボミックとトランスジェニックを選んでいるのでどれか当たれば良いなぁという思いです。

    私は予想があたってダブルになったやつがいくつかあったのですが取りこぼしもあるので、悪い流れに入っているのかも(笑)


    こういうときは予想投稿は控えます❗


    しかしあえて

    確実に利益を積み上げれるような新規銘柄選ぶとすれば、わたしはまずはチャートの移動平均線です。これでスクリーニングをかけてある程度しぼります。PERは15~20が目安です。それ以外は最近あまり見ません。この1年チャートをみて、材料の伴う根拠のある形を作っているならば買いにはいります。マイネットとウィルプラスはまさしくそんな感じでした。
    ちなみにトランスジェニックもそんな感じだったのですが、こっちは外れだったみたいです(笑)数字も材料も伴って控えており、あとはゴールデンクロスと共に材料が顔を出すだけだったのですが、デッドクロスです(笑)


    そのふたつが伴うものがあればまた投稿してみたいと思います。
    以上久々の投稿でした。

  • 一旦動意着いたら、材料山ほどあるのに、一向に動意つかない(笑)

    中期計画発表あたりになにか出てくればいいけど🎵

    4月までがTaedokiを🎵

  • >>No. 605

    ここにもいるよ❗

    荒れてたから投稿してないだけだよ😁🙇

  • >>No. 972

    あれだけの高値で上場する腕とセンスをお持ちなんですよ。次に増資はあるだろうけど、一番高く売れるときを狙うでしょう?

    こんな低い場所では売らないでしょう?

    来年までには相場を演出するでしょうよ!

    と思っています。

    この会社の科学者もすごいですが、財務を束ねているかたもエキスパートですよ。

    まぁ何をどうしたって火曜日は下がるでしょうが、remelさんに言われなくってもわかっている。

  • >>No. 930

    言葉足らずだったですね。商品売り上げやライセンス収入などの収入がないという意味でした。
    まぁ投げるかどうかは説明会の後でも良いんじゃないですか?

    個人的には3ヶ年程度の中期計画を提示してほしいと思っとる。普通のバイオ投資家はその程度の期間は見据えて投資を考えている。

  • >>No. 914

    それをいってしまうと17年1月期の当初予想はもっととんでもない金額だったよ。

    この会社の考え方として、これからかかる治験費用においてわかり得るすべてのコストを計上していますよ。

    今後として株主としてはあとどれくらい費用がかかるのかわかりやすくて良いのではないだろうか?

    収入もないのに赤字額で騒ぐでない。

    来期予想が10億の赤字だろうが70億の赤字だろうが、火曜日は下がるに決まってるじゃん(笑)

    円高プラスそーせいがあんなんだし(=`ェ´=)

    もうすぐ俺のサンバイオの黒字がなくなる(・ε・` )

    下回ったら買いましてやる❤

  • >>No. 848

    おれは相変わらずガシッと握っときます。

    18年度は欧州ライセンスアウトという淡い夢を見つつ(笑)

    妄想はともかく増資は2b後だと思うよ。

    去年の今時点での17年度の会社予想の赤字額は必要な2b通過までの臨床費用をすべて組み込んだ額だといっていた。これはIR確認済み

    そのうちの半分ほど今期消化したのだから、来期予測は残り半分とプラスαになる予定だったので、私としては来期予測としては妥当かと思う。ここからだけど、臨床が予想通り進捗状況が遅くなっていれば、今期予測の赤字も今期のように修正されると思うよ。

    これはおそらくかなり確度が高いと思っているし、今度自分自身IRに確認する予定ですが、よって財務諸表を見る限り増資は2b終了後になる予定

    そのときには妄想の欧州ライセンスアウトも現実になるだろうし、株価もえらことになってるだろう⁉

    そーせいは興味ないのでわからないのですが、サンバイオは治験費用と資産をしっかりと予測ほしいと思う。

  • >>No. 845

    たしかに男女にもからだが合う合わないはあるな((( ̄へ ̄井)

    ホルダーさん余計なこと考えない方がいいよ❗

    金をバンバン使って臨床試験進展させてもらえないと❗

  • 四季報に欧米のことがいろいろ書いてある。


    興味そそるな( ̄ー ̄)

  • >>No. 899

    病理診断施設拡充費用吸収

    ここもけっこう好きですよ。

    2本柱に上乗せしてほしいですね!

  • >>No. 897

    早速アップありがとう。

    良い感じの分かりやすい文書にまとまっていてなによりです。

  • >>No. 247

    あくまでも確認だよ

    買い煽りじゃないよ😱

    私は絶賛買い方だけど🎵

  • h ttp://jpxnikkei400.net/sbi/gene-techno-science-strong-buy

    目標株価だって(・ε・` )

  • >>No. 221

    10年はわかりませんがそれと同じ気持ちで入れたら良いですね。

    それと同じ情報も聞きたい気持ちも山々ですが(笑)

    しかし振り替えると現金の心配が一転して潤沢になりましたね。

    研究にいっそう力を注いでほしいものです。

    しかしこの前の順天堂大学との免疫寛容の共同研究の流れで今回の再生医療を次世代の柱を河南さんが育てるとの1文があったのはやはりそれだけ力をいれてるんでしょうね。

  • >>No. 219

    今の時点で聞いても胸の支えはとれるのですかね?

    ダンボの耳になって聞いてみたい((o( ̄ー ̄)o))

    私は引責とは考えなかったです。交代することでマイナスに受け止められることはあるかな?とは思いましたが。
    私は引責やマイナスな理由で交代するような文章の作り方ではないと思いました。河南さんがもっと自由に動けるようになるのかな?と感じました。

    念のため長い目線で持ち株の保有状況など確認すれば良いのではないでしょうか?

  • >>No. 210

    京都の説明会ってこれかな?

    ツイッターで良いの見つけましたよ❗

    h ttps://jp-stock.me/%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9/2016%e5%b9%b41%e6%9c%8822%e6%97%a5_%e4%bc%81%e6%a5%ad%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a%ef%bc%a0%e9%87%8e%e6%9d%91%e8%ad%89%e5%88%b8%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%94%af%e5%ba%97/

    振り返ってみてください。

  • 今のところバイオ全体が絶賛下値切り下げ中だから仕方ないよね(/_;)/~~

    まだ値を保ってる方なのかな?

    しかし材料が来る匂いはするのだけど、匂いだけなんかなぁ?

    いろいろと材料は転がってるんだけど、出てくるもにはどれもパットしないなぁ(笑)

  • せっかくの記念なので新社長の一言を掲載。2016年新春のインタビューです。

    こんな雰囲気でこんな考え方の方ですよという意味で掲載しました。
    日経バイオテク調べれば出てくるものです。

    新年おめでとうございます。2015年はバイオシミラーが久しぶりに脚光を浴びた年だったかと思います。その流れに乗り、2016年は益々バイオシミラーへの期待感と認知度が盛り上がっていく年になると考えています。

    【2015年を振り返って】
     2015年は久しぶりに“バイオシミラー”が注目された年でした。現在、バイオシミラー開発の看板を掲げている当社にとっても大きな転換点となりました。当社は2012年11月に東京証券取引所マザーズに上場し、2013年5月に当社のバイオシミラー製品第一号となるフィルグラスチムバイオシミラーを提携先企業様より上市して頂きました。上市以降、2013、2014年と販売推移を固唾を呑んで見守っておりましたが、2015年は当社の原薬販売額ベースで前年比約3倍超となり、バイオシミラーが医療現場において着実な評価を得た年になりました。当社としては、経営の安定基盤を構築していく目的で先ずはバイオシミラーに注力していますが、本製品がその第一歩となり得ることを示してくれているものと感じています。
     
     偶然の一致かとも思いますが、当社の原薬販売の伸長と共に、以下のような政府側での動きがこれまでに増してありました。これら以外にもバイオシミラーに関するレギュラトリーサイエンスの協議会の活動が活発化するなど、過去に無かった大きな動きが出てきています。
    ・2015年3月 国会答弁で安倍首相が医療費削減のためにバイオシミラー使用促進の重要性について言及
    ・2015年3月 バイオシミラーの使用促進を目的とした超党派の議員連盟の設立
    ・2015年9月 厚生労働省の医薬品産業強化総合戦略の公表:日本発の革新的バイオ医薬品の製造販売を目指すためにバイオシミラーを通しての高度製造プロセス等の基盤整備に言及

     国外に目を移すと、米国でもようやく昨年4月にバイオシミラーのガイドラインが整備され、9月から米国での最初のバイオシミラー製品がサンド社より販売されています。中国でもバイオシミラーに関するガイドラインが公示され、これからガイドラインに沿った開発活動が活発になるものと予想されます。

     これらと連動するかのように、2015年は国内外の企業方々からバイオシミラーの事業化についての協議や相談が多く持ち込まれ、それ以前の数年間の静けさが嘘のようで、バイオシミラーの将来性にあらためて大きな手応えを感じる年になりました。

    【2016年の展望】
     さて、2016年ですが、当社としてはバイオシミラーの開発を推し進めることには変わりありません。2020年前後に大型のバイオ医薬品が特許満了を迎えますので、そこに向けて着実に一つ一つのパイプラインを仕上げていきたいと考えています。更に、欧州は以前から門戸が開いていましたが、米国や中国などの大きな市場に対してもバイオシミラー市場が開いてきました。これらの国々に向けても提携活動を積極的に進めていきたいと考えています。
     
     また、今年の薬価改定も含め、社会保障費削減に向けた行政の動きも引き続き注視していきたいと考えています。数量ベースで80%の普及率を目指すジェネリック医薬品による医療費削減効果は早晩限界に達すると予想しています。そうしますと、金額ベースでみればバイオ医薬品の占める割合は一段と高くなり、医療削減のためには、自ずと、バイオ医薬品の医療費をどう削減していくかという流れになるのではないかと推察しています。その時期は2020年を待たずして訪れるだろうと考えており、当社のバイオシミラー開発品目が患者さん自身の医療費負担を軽減するのみならず、社会保障費削減という国の施策に対しても大きく貢献できるものと信じています。
     
     2016年、協業先皆さまと共に、バイオシミラー事業を鋭意促進して参りたいと考えています。

本文はここまでです このページの先頭へ