ここから本文です

投稿コメント一覧 (1211コメント)

  • 銀行トヨタ半導体と強く、不動産 建設 鉄道はお休みか。REITも1WAVE終わったかも。

    久々に20年ぶりだろうか A列車を発注。
    オイラもお休みモードだ。。。。

    銀行株 年初来高値を即座に奪還できるか。。。。
    そこでREIT系の防御株のパフォーマンスも決まりそうだ。

    東急電車。建設。REIT ウッパラッタって現金多大。
    冬眠だ♪

  • 欧米のMSQは抜けた。
    残るイベントは日銀ぐらい。

    日経先物150円高。半導体指数先導でダウとNASDAQは史上最高値でホットスタート。
    来年のマラソンはすでに号砲が鳴った。

    月曜日は逆流に注意も指数は堅調だろう。
    あとは小魚系の材料系か。

    REITはこれで???になってきた。
    この1週間強かったし天敵の銀行や半導体が強そうだからだ。

    個人的には通信株に注目。PERが13倍というのはヤリスギか?
    なおドイツが格下げ&ターゲット株価棒下げ。と一役買っている。
    私が最も敬遠する予想屋。ずばり個人に売らせて大口の顧客に大量取得させる作戦を疑う。

    海外ならともかく、日本でなんで無能なNTTが強いのか?よく考えるとよい。
    ネットのスピードは世界先進国のドンジリだし通信料が異様に高い。
    NTTが本当に強いなら海外で成功するはず。

    法律。アンテナを置く不動産。アンテナを使って放送するMEDIA。アンテナを建てる人。
    政治家。JR。マスゴミ。建設。
    日本の闇のボスをまとめて負かすパワーが必要になる分野。
    そんな事が楽天に可能か?

    いや10年後に潰れている可能性の方が高いだろう。
    ソフトバンクですら崩せない牙城は消えないと思うが。。。。
    しかも投入予算は少なく、実現には時間がかかる夢物語。
    正直なところ 話だけで計画で終わる可能性があるとみる。
    戦争にもならないし小競り合いの抗争にも発展しないかも。

    唯一の光明は日銀政府含めて通信費がタカスギルと指摘している点か。

    なんで通信系REITが我が国にないのか?考える良い機会だと思う。

    そういう意味でいちご株ホルダーは面白い話。
    いちご社は通信系REITができる場合、先鋒で突撃する可能性がある会社。

    私はハードウェアの開発設計を離れたが、やる事は不変。
    各端末で衛星と直接通信できる無線機が出来ない限りアンテナ中継の問題は残る。
    楽天の具体的なプランに期待しよう♪

    総合的に考えると人口の多い駅前の高層ビル。主要鉄道。主要高速道路。
    は優先的に価値がある。

    通信は万人に平等理念で野山でも必要。単独決算では赤字になる。
    楽天はどーするのか?三木谷に聴いてみたい。

    なお楽天はプロジェクト失敗の穴埋めをする為に公募増資。しかも三木谷一族がその直後に楽天株を買うというオカシナ会社である。上場審査をしてほしい。

  • 天敵の銀行株は落ちるだけの展開へ。
    特に日本の銀行株は最近年初来高値を付けたばかり。字J属性が最も疑わしい。

    REIT。鉄道あたりの内需系。
    IPO株。そんなところだけ熱くなりそうだ。。。

    あとは年内の米国減税案の成立ぐらいしかネタがない。
    ネタ切れか。。。

  • ドル円は落ちたが安定。
    株価も静かなもの。

    REIT強し。年末相場始まる。

    12月1月配当ものを仕込み完了。

  • おやおや FOMC大発表会の直前に銀国株が下げ。円高方向に動き始めた。
    決定内容は予測の範疇だろうが、、、、意味不明の売りに注意か。

    もうイベントがないのでここで強引に売ってくる可能性あり。
    反対売買の最終便。
    出来高に注意か。。。

    少しの下げで終わるならそれでよいが。。。。
    さて 値幅は予測がつかない。

  • 米国で銀行株は下げたが日本の銀行株が強いのなんの。
    非常に珍しいケース。

    また鉄道の出遅れ筆頭の東急電車が強い。
    割安系をピンポイントで買っている動きか?

    まだ外人はいるかもしれない。ただし銘柄選考する古狸系か。

    FOMCを通過するタイミング。
    現金化と中小型化へ資金移動を敢行。

    さて 来週はどうなるか。。。

  • リニア談合問題で大手ゼネコン大林組がニュースになってしまった。
    談合は建設業界の常なので株価は動かない事も多いが明日の寄りは注意かも。。。。

    大林組が下がるようなら他社への影響も疑われる。
    チャート的には一番上がりそうなタイミングで不祥事と運がない。

    明日は注意か。。。。

    また全体の物色もどこに向かうか?かなりわかりにくそうだ。。。。

  • NY市場は再び恐怖指数VIXは9ポイントと一桁。
    輸送株指数も続伸。史上最高値圏へ浮上。

    物色はヘルスケアや防御系が高いがマイクロソフト等高いハイテクも混在。わかりにくい。
    なお欧州でバーゼル3が合意に達し銀行株の不安材料は1個消えた。

    来週はFOMCと欧米MSQへの動きになる。
    どの程度乱高下するか?期待する人も多いかもしれないが無風の可能性もあり準備が必要。

    前哨戦の雇用統計は普通の数字が予定どうり出た。
    相場はこの材料をカンケーナシとして続伸した。

    なお注目の賃金はやはり上昇が鈍い。
    日本も同じだ。

    来年は企業が誰にどれだけペイバックするか?でパフォーマンスは分かれそう。
    やはり上がりやすいのは米株か?
    米株は割高あのは事実だが、それを理由に下がるとは限らない。
    何を注視するかで目標は変わるものだ。
    それが人間の特徴であり、欠点の一つでもあろうか。

    不動産や鉄道株の今年は面白い相場であった。チャートを並べるとわかるが形がバラバラに変異した。

    それがまだ起こっていないのが銀行株だ。
    前にも述べたがまともな銀行というのが地方銀行にはあり、違うチャートになる年に来年はなるかも。
    証券株も同様だ。

    優勝劣敗のダービー。来年は2万4000円。
    今年中に有馬記念に出走しない事を祈る。
    これは相場短命と考えるパターン。

  • 信長の野望大志の売上はファミ通集計によれば
    PS4が3万5000本
    Switchが5000本。合計で4万本スタート。

    前作が5~6万程度であったそうだからやや低調だ。

    1年で20万本売れればそれでよかろう のタイトル。
    株式的には下げ材料にはならなさそう。

    あとは4000円で売る携帯の売上が乗る。
    正直なところゲームの面白さ、操作性を考えると伸びないだろう。

    12月はタイトルが続々出るが定番ものでアップサイドは見込めない と予想。

    やはり三国無双8の一本足打法になりそう。
    とりあえず 3Qの数字を見たいが
    その頃には三國無双8の売上がだいたいわかる。

    仁王の完全版が11月(DLのみ)。12月に円盤で出た。
    かなりの良作で世界的にユーザーが多いので売上がどの程度あるものか期待したい。
    信長よりはるかに売れている可能性があったりする。
    一度3月に円盤を中古屋に流した人も買い戻す可能性があるタイトル。

    冬に大量の新作発表。
    チェックするのがメンドーになってきた♪

  • 不動産セクターがトップパフォーマンスの全面高。
    やはりREITは横で動いてしまった。

    三菱地所2000円
    トヨタ7000円
    大台回復した銘柄は多い。

    さて正月までに23500円を再トライするのか?
    正直わからないが年末相場はある程度期待できそうだ。
    やはり水曜日の下げは一過性のようだ。

    一応は本日の雇用統計。そして次のFOMCイベントは注意。

    明日 保有分のREITは売却を考えて他はホールド。
    そして何を買おうか悩むところ。

    メンドーだから保有銘柄の買い増し♪

    あとはいつ売るかだけの算段だけだが意外とこれが今回は難しい。
    トランプの税制改革の内容と期日が全て。
    今年は例年にないフルポジションで越冬を考えねばならん。

    利益確定は年末年始に出るだろうが、小規模かもしれない。。。
    銘柄によって細かく資金移動が必要かと思う。

  • 本日はMSQの朝一なので気配は無茶苦茶である。
    1か月に1度の日。
    MSQなので3か月に1度の祭り。

    寄りで買った人はウハウハの銘柄多し。

    米国市場はVIXが低下。また10を割る勢い。
    長短金利差拡大で正常運転開始か。
    正直なところ日付が怪しい。日本のMSQを待っていたような動き。
    言い変えると日本市場で暴れるのを黙認していたような動き。

    来週は欧米でMSQである。
    身構えるのか?
    いや 日本とは同じにならないのである。

    まず法律が違う。
    日本では無礼講の売買も欧米ではNGだからだ。

    また売りたい輩は既に売っているのではないか?
    FOMCイベントがある訳で、そこに到達する前に玉整理が終わっていない投資家はいないのである。
    その為の日本MSQを単に利用するだけだ。

    半導体関連の戻りは鋭いものの他の景気敏感はやや鈍い印象だ。
    取り残される形でREIT指数は横這い。

    短期筋の売りに注意のREIT。
    REIT⇒金融。景気敏感のシフト
    ただし いちご株は強く420円をキープできそうだ。

  • 12月のMSQ合戦はオワッタ。
    欧米のSQは来週だが日本株については一段落か。

    本日は22000円ピッタリを狙われると見たが到達する事無くオワッタ。
    昨日の値幅が出たのでやらなかった感じである。

    今週の雇用統計。そして次のFOMCで今年の相場イベントは終了。
    そこで機関投資家は冬眠。日本特有の餅つき相場が始まりそう。

    いちご株は426円で終了。
    チャート的には意味ある終値。420円を割ること事がなければ強いパターンになる。
    420円を割ってしまうと昨日の日経平均と同じく早そうだ。正念場か。

    さて次の2週間で上がりそうな株はどれか?
    かなり難題ではなかろうかと思うが。。。さてさて

  • >>No. 55

    DISSIDIA FF は開発担当でどれぐらい利益が出るかは?微妙ではないでしょうか。
    話題性でというのは理解できますが、株式は最終的に1株あたりの利益で決まってくるものです。

    アトリエは定番ですが新規客等々で爆発的な売上はなさそうだと思います。

    三國無双8は中国人も遊ぶタイトルという事で期待していま。
    ただし最近の三國無双は100万本は行っていませんし低調そのものです。

    いわゆるオンライン課金系も期待されますが収益レベルが不透明なんですよね。
    実際わざと不透明にしているんじゃないでしょうか。
    タイトル毎の売上は???です。

    そういう意味で円盤の売上は偽りのない実数レベル。
    三国無双8の売上数には若干の警戒をしています。

    前述のとうり100万本は???。
    会社の年度計画には販売数目標が明記されていますが、どうも三國無双8か?
    進撃の巨人?か 売上を100万本以上と見積もっているような気配で気になる点です。

    信長のアップサイドが見込めない以上 2月と3月の売上で全てが決する銘柄と言えるかもしれせん。

    もし未達と首脳陣が判断すれば 仁王の続編発表を強行。
    そんな流れを想定しています。

  • いちご株はついに420円を突破し定着できるか?
    定着できるようならトリプルトップ崩しとなり短期筋も買いでエントリーするタイミングで売買高に注意。

    REITは今日は低調だが
    いちごオフィス:NAV1.1倍 配当4.9% 4月決算
    いちごホテル:NAV0.85倍 配当5.3% 1月決算
    いちごインフラ:省略割愛

    この水準で来年度は公募増資を強行するか?
    いや株価が2か月で回復できるのか?

    いちご株と同時に観察すると面白いかもしれない。

    いちご株は2月決算である。
    いちごホテルは最近調子がいいがNAV0.85倍。
    まだまだと言えるレベルか?
    ホテルはいちご社が保有しており流せる環境にある。
    他社へ売却するか?注目される点である。

    2019年の中期計画の数字は今年度比で高くはないので強引に売却しないで保有続行があるやも。
    即ち株価は頭打ちになる可能性も高い。

    2019年の中期計画完了まで1年。
    短期勝負か長期勝負かでパフォーマンスは変わりそうな銘柄かも。

    個人的には2019年以降の飛躍に期待したい。
    持たざるリスクもある銘柄。JPX400採用で上位200社を目指すこの会社。2年連続の停滞は許されない。
    来年度は何か作戦変更をしてくる可能性もある。来年の停滞は2年連続を意味する。
    IRには注意が必要かもしれない。

  • 信長の野望大志の評判が悪いようだ。
    アマゾンで1.5点(5点満点)
    Steamではダメ評価が多い。

    私も少し遊んでみたが、良い点と悪い点が両方あった。
    良:①大名家の特徴がある程度は出ており色々な大名で楽しむリプレイの回数は増えそう。
       長く遊ぶには良いかも。

    悪:①内政は無きに等しい
      ②城下町の発展を観察するような箱庭の楽しみがない
      ③決戦は明らかにCPUがイカサマをしており、それによってゲームバランスを保っている。
       挟撃有利だが、士気の回復はCPUは早く自軍の消耗は早いものと思われる。
       兵力分散が意外に強い設定。(CPU側だけ?)
      ④決戦は省略不可でプレイ時間膨大。

    残念だが大志の売上は大した事はなさそう。歴代と同じく1年で20万本行けば良い。
    携帯用を4000円で発売の上乗せ。追加DLCの売上。あまり大きな上乗せは期待薄かもしれない。

    今年度の売上と株価は
    ①三國無双8 2月
    ②進撃の巨人 3月
    の売上で全てが決しそう。

    三國無双8がやや心配だ。100万本の売上を会社側が予定しているように思えるからだ。
    今回の三國無双8はマンネリを打開する為、別のゲームのように仕上がっている。
    オープンワールド。各武将はかなり自由に人生を歩める。
    ゲーム性が変われば固定客を捨てる事になりかねない。
    コーテクにしてはリスクを取っただけに心配な点ではある。100万本は???

    進撃の巨人は前回並みではないかなと予想。

    残る期待は
    ①ミダスのプロジェクト内容公開。
    ②急速に増えるDLC売上で利益率向上
    ③中国での売上(非常に不透明)
    ④携帯課金系の売上
    ⑤新築ビルは五輪ごろに開業(コーテクらしい手堅い収入源)

    ここでカバーできれば。。。

    個人的に期待するのは仁王の新作発表だ。
    珍しく中毒性の高いゲームであり世界中で売れる可能性があるタイトル。

    信長シリーズは日本人しか遊ばないので売上本数はたかが知れている。
    だから故に定価が倍近いとみる。

  • MSQ前にテキトーな理由で大量の利益確定。
    12月の頭という事を考えると外人の売りか?

    1Qか2Qの決算を作るために利益が出ているのは売り。持っていて回復しそうにないのも売り。
    要するに全種類の株を売ったものと思われる。

    1月になれば今度も売りが出そう。12月決算の会社はスタートダッシュを決める為売ってくる可能性がある。
    4月は日本勢だ。というのが例年の動き。

    ただし今年は特殊。
    トランプの減税があるので、今売るのは得策ではない。
    だからこそNYダウは正月から夏休みもなく一本調子で上昇。

    日欧米のMSQの今週と来週で動きは分かるだろう。
    結果は1週間で出る。

    こういう環境でいちご株は強かった。
    420円を明確に抜ければトリプルトップ崩しで強いチャートとなる。
    正念場だ。

  • 火曜日か。。。。
    MSQは金曜日だから、あと2日かのお。。。といった所か。

    本日も金融株を除けば割安系と防御系有利。(REITだけ除く)

    さて 正月までは何をしようか。。。
    いちご株は 1月に3Q決算発表。
    いちご含めて 業績の良さそうなのを仕込む事に専念しようか。
    タイミングが難しい局面か。

    ゲーム株は意味不明の下げが多かった1日。
    ポジション整理とSQへの仕掛けか。

  • いちごは新築のホテルを購入し商業系の物件と入れ替えたようだ。

    さて全体相場はやや防御寄り。
    ただし一部のハイリスク系も高く超テキトー。しばらくグダグダ。
    MSQ抜けまで適当誰も腰を入れて買わない。

    そりゃそうだ。。。。11月のSQは醜いの一言。
    チーターだらけのオンラインゲームと同じで誰も課金しない季節だ。。。。

  • 12月が始まれば半導体も上がり始めた。

    いちご株は420円を付けて即終了。トリプルトップの下準備はオワリ。
    トリプルトップ崩しとなるか?今後注目だ。

  • 11月は終わった。
    SUMCOの戻りは不自然そのもの。

    北朝鮮も最終ダンマリモードやも。
    核ミサイル開発が完了した!に近い事を言っており微妙。
    即ち米国との対談を望むのだろうが、米国は対談に応じてくれるとは限らない。

    12月は何の株が来るか。。さてさて

本文はここまでです このページの先頭へ