ここから本文です

投稿コメント一覧 (34コメント)

  • 3月末までと言うのは確かです。
    株主総会で発表したから。
    問題はIR発表と北朝鮮有事のどちらが先になるかだと思います。

  • 今日発表の1Qは赤字予想ですか。
    1Qの数字はあまり心配ないけど、悪材料には違いない。

  • hcjさんBASF社の話は信頼できる筋から出ていますか。
    このタイミングで会社が考える選択肢ではありますね。
    西独自動車産業と富士通、FDKの思惑が一致しそうな気がします。

  • 知人から株主総会の質疑記録をもらった、以下全文。

    1. 為替予測値の根拠とドル圏、ユーロ圏の売上比率について。
    【ご回答】
    <為替予測値>
     平成29年度の為替予測レートは、1ドル=105円、1ユーロ=115円で
     想定
    <設定根拠>
    ●基本的に半期毎に見直して決定
    ●為替レートは、①足元の水準、②複数の金融機関が公表している為替見
     通しを元に決定
     →現在の為替レート(USD:110円、EUR:125円)に対して、複数
      の金融機関は、USD/EURとも円高が進行すると予測
      より厳しい状況になっても損益計画を達成するため、事業管理上の為替レ
      ートは当社にとって厳しい水準に設定
    <地域別売上比率>
     北米:10%、欧州:10%、日本:50%、アジア:30%
    2. 長年にわたり続く不採算事業、液晶事業からの撤退時期について。
    【ご回答】
     不採算事業につきましては、常にその状態からの脱却を図るため、コスト構造
    改革、事業からの撤退、事業の売却等のあらゆる選択肢を常に追求しておりま
    す。
     液晶事業については、現状不採算事業とはなっておりません。
     なお、他社とのアライアンスについては、直近の採算状況に係らず長期的観点
    から常に可能性を追求しております。
    3. 全固体リチウムイオン電池とメガトワイセルの、経営学上禁止されている二重
      投資の理由ついて。
    【ご回答】
     全固体電池の目指す市場としては、高エネルギー密度、高安全性という特性
    を活かし、エネルギーハーベスト用途、ウェアラブル機器、IoT機器等、小容量
    ながら、小型、軽量、安全性を重視した用途を想定しております。
     メガトワイセルは、非常電源用、電力系統周波数調整用、電力ピークカット用
    等、大容量を必要とする用途を想定しております。
     よって、二重の投資をしているとは考えておりません。
    4. 全固体リチウムイオン電池の早期市場投入時期は、具体的に3年後なのか
      5年後なのか、全く未定なのか。
    【ご回答】
     商品を早期に市場投入するため、まずは、平成29年度中のサンプル(ES)
    投入を計画しております。
    5. 株主総会の議事録をネット公開をする気が有るか無いか。
    【ご回答】
     インターネット上での株主総会議事録の公開については現時点では検討してお
    りません。
     しかしながら、株主様の権利として議事録の閲覧および謄本の請求が可能とな
    っておりますので、閲覧請求があった場合には都度対応させていただきたいと考え
    ております。
    6. 北朝鮮の問題を考慮されていますか。(追加質問、株主総会ではご回答し
      ておりません)
    【ご回答】
     北朝鮮との輸出入は、日本の輸出管理上取引を制限されており、そもそも弊社
    に直接的な影響はございません。
     なお、弊社は、自然災害発生時に加え、北朝鮮の何らか軍事行動などによる有
    事が発生した場合、国内全事業所で策定したBCPにより、お客様へのご迷惑を
    最小限にとどめるべく対応させていただきます。
     以上、ご回答させていただきます。
     今後とも、弊社グループへのご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
    以上
    +------------------------------------------------
    FDK株式会社
    株主総会事務局
    -------------------------------------------------+

  • 10年後じゃないよ、平成29年度中に全固体リチウムイオン電池のサンプル出荷を開始すると言った。
    今年度中だろ。
    勿論、TV朝日が言ったのとは作り方が違うだろうけど。

  • 株主総会で言ったとか、サンプル品 平成29年度中
    信じるか信じないかはあなた次第です

  • 間違えた、よく聞いたら
    全固体リチウムイオン電池は今年度中らしい。

  • みんかぶFISCOの業績が厳しい
    予想連結18年3月期損失925
    3ケ月後予想株価128円
    これと言った材料も無い、全固体は2年ぐらい先とか聞いた。

  • CSRレポート2017
    何が言いたくて出したんだろう。

  • 乾電池を買っておこう。
    株の話ではないが、5月22日と26日に館山沖、熊野灘で鮫の一種メガマウスが捕獲された。
    この魚が獲れると2ケ月以内に地震が起きると言うデータがある。
    勿論、 データが絶対ではないが、データはウソをつかないとも言う。
    震源は必ずしも捕獲された場所と一致しない。
    地震発生の確率が高いので、しばらくの間注意して頂きたい。

  • 太陽とつながる電池の音コンサートのご案内 無電源ライブが開催されます。
    5月28日(日曜日) 会場;サラヴア東京
    協賛 ; 富士通グループ/FDK

  • 製品化の可能性が無いのに、技術情報だけ流すから株主に迷惑がかかる。

  • 空気/水素二次電池は800Wh/Lを既にクリアして2000Wh/Lをめざしているとか、同志社大学リエゾンオフィスに出ている。
    FDKトワイセルの社名も出ている。
    ただ、特許公開は取得したわけではないんです、他社からのクレームが無ければ1年後ぐらいに取得出来るという事だ。

  • 32億円の赤字を発表している。

  • IRの出た翌日から下がるのは、技術情報だけで製品が無いからです。
    「絵に描いた餅」つてやつです。

  • 赤字続きの液晶ディスプレーに何でしがみつくんだろう。
    これだけ長い期間(15年以上にならないか)損失が連続したら、撤退するのが経営の常識だ、今後黒字に転ずる事は100%ない。
    取引上のしがらみだろうけど、年度決算報告書で株主に対して理由を説明しないといけない。

  • 株価どころじゃないのかもしれない「知らぬは国民ばかりなり」
    昔で言う空襲警報だ。
    何の知らせだなんて言わないように、聞いておいてください。
    J-ALEART(弾道ミサイル警報)
    https://www.youtube.com/watch?v=rp3AjS_Tf-I

  • 埋蔵金を掘っているつもりだったけど、今の所出てくるのは石ばかり。
    地合も悪いけど、3月末決算赤字の可能性が大きいのだろう。
    為替を理由にするのは難しい、先行投資に金を使ったと言う方がいいだろう。
    明日を底にして新年度に期待したい。
    一つ懸念材料がある、米国の北朝鮮爆撃開始だ。
    「近い戦争は売り」

  • ここは無配当株だから3月末は毎年こんな動き方をする。
    「他社の配当が落ちれば」に期待するしかない。

  • 漏液、長期保存性能の向上ですね、災害用に長期備蓄するには良いでしよう。
    ただ、一般家庭で買う場合は1、2年で使い切るからどうなんだろう。

本文はここまでです このページの先頭へ