ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • 菅さん退任のお知らせを日本語と英語で読み比べてみた。

    英語版のほうが、今回の退任がPDにとって発展的な帰結であることをすっきりと理解できる内容になっている。

    英語バージョンでは、菅さんがアカデミアでの共同研究により、PDが開発する環状ペプチドや低分子薬とは異なる新規生理活性物質を創成する技術を確立したこと、これを企業化するためのスタートアップベンチャーを立ち上げるに至った経緯が説明されている。

    新企業での開発にはPDの技術が必要であり、ライセンスおよび協業に向けた打ち合わせが進んでいるようだ。両企業間でのライセンスや協業の過程で利益相反が起こることを避けるための退任とのこと。

    将来的には、PDが従来のペプチド、低分子化合物に加えてスタートアップ企業の新規生理活性物質までをレパートリーとして持つ企業へと展開しそうだ。無論、原薬合成はペプチスターが担うだろう。

  • >>No. 5986

    菅さん退任のお知らせを日本語と英語で読み比べてみた。

    英語版のほうが、今回の退任がPDにとって発展的な帰結であることをすっきりと理解できる内容になっている。

    英語バージョンでは、菅さんがアカデミアでの共同研究により、PDが開発する環状ペプチドや低分子薬とは異なる新規生理活性物質を創成する技術を確立したこと、これを企業化するためのスタートアップベンチャーを立ち上げるに至った経緯が説明されている。

    新企業での開発にはPDの技術が必要であり、ライセンスおよび協業に向けた打ち合わせが進んでいるようだ。両企業間でのライセンスや協業の過程で利益相反が起こることを避けるための退任とのこと。

    将来的には、PDが従来のペプチド、低分子化合物に加えてスタートアップ企業の新規生理活性物質までをレパートリーとして持つ企業へと展開しそうだ。無論、原薬合成はペプチスターが担うだろう。

  • 倉敷市での投資家向け説明会はできたのかな?

    被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

  • 4500はすぐにでも通過しそうだな。

    IRがあれば5000回復も目前。

    着々と6000越えをめがけて進みそうだ。

  • ペプチが自信を持って機関投資家や個人投資家に会社説明ができている現状が確認できたことは心強い。

    信用売り組は早々に買い戻さないと大変なことになりそうだな。

  • ミラバイオロジクスの業務内容がまだ不明のままだが、PDPSを使いながら新しい可能性を生み出す企業のようだ。

    表の板では菅ロスが誇張されているが、ミラバイオロジクスの内容が明らかになり、ペプチとの協業で向かう方向が見えてくると、医薬およびバイオサイエンスの業界を揺るがすペプチ・ミラバイオロジクス・ペプチスターの大いなる野望と仕掛けが見えてくると思う。

    株価はちょっと下がりましたが、オネンネしながら大いに期待して待っています。

  • ペプチ以上にそーせいが売り込まれています。

    菅さん問題とは関係なく、弱気になっているところが狙われたようです。

    プラス材料が出て反騰すると良いですね。

本文はここまでです このページの先頭へ