ここから本文です

投稿コメント一覧 (161コメント)

  • わたしも、先ほどまでIR担当者と会話しておりました。問い合わせに対し、大変丁寧かつ誠実に対応いただきました。
    組成から出資金販売までのリードタイムにつき、以前は半年ほどかかっていたが、
    今では、3か月、早ければ1-2か月で販売する案件も増えてきているとのこと。
    バランスシートの商品出資金が減少傾向にあるのは、販売好調だけでなく、こうした効率改善も寄与しているとのこと。3Q末の商品出資金の規模が小さいことで、4Q売上が不調に終わることを懸念していましたが、いくばくか勇気づけられました。

  • 昨年6/12の上方修正IRは6月の8営業日目でした。
    今年6月の8営業日目は明日6/12なので、明日に期待しましょう。
    (社内の経営実績の算出は営業日ベースで動いています)

  • ありがとうございます! <(_ _)>

  • 2018/04/25日刊ゲンダイ 杉村富生の富を生む新成長株
    資産家を顧客に持つ金融サービス「FPG」が押し目の好機

     FPG(7148)は独立系の金融サービス会社だ。青山財産ネットワークスは富裕層向けの不動産投資(小口化商品↓アドバンテージクラブ)をメインとするが、同社は航空機、貨物コンテナなどのリース商品販売を得意とする。

     やはり、資産家が主要顧客だ。最近は会計事務所、金融機関と連携、業容を拡大している。現在、「運用難民」という言葉があるほど、資産家、機関投資家は頭を悩ましている。投資商品の組成、販売、管理の会社は伸びると思う。

     足元の業績は好調に推移している。18年9月期は16%増収、15%増益(史上最高決算)を見込み、1株利益は122円となる。配当は51・3円(前々期35・5円、前期45・8円)とする。

     続く19年9月期の見通しも明るい。1株利益は138~139円となろう。配当は57~58円とする方針だ。この株主優遇姿勢は評価できる。

     株価は1350円前後での推移。1月26日には1729円の高値がある。ここは押し目買いの好機だろう。

  • 2018/05/10日刊ゲンダイ 杉村富生の富を生む新成長株
    首都圏マンションに強い不動産関連「プロパスト」を狙う(3/3)

     営業利益に関していえば3~5月(第4四半期)は赤字(8700万円)ということ? 計算上、売上高は3~5月に50億円程度、オンされる(第3四半期までの売上高は105億円↓通期予想は155億円)。これが「利益率ゼロ」とは考えにくい。
     いずれにせよ、増額修正(上方修正)は確実だ。1株利益は30円がらみとなろう。
     株価は320円前後の水準でもみ合っている。チャート的には高値ゾーンだ。しかし、PERは10倍ちょっと。割安すぎるのではないか。

  • 2018/05/10日刊ゲンダイ 杉村富生の富を生む新成長株
    首都圏マンションに強い不動産関連「プロパスト」を狙う(2/3)

     プロパスト(3236)は地味な銘柄だ。知名度は低い。ジャスダックに上場している。5月決算企業だ。企画マンション(1棟売り、および分譲・販売)開発、バリューアップ事業(収益マンションを購入し再生し販売)がメインである。さらに、投資用賃貸マンション開発を手掛けている。
     首都圏エリアを中心に、交通の便の良い(最寄り駅から徒歩10分以内)、戸数は20戸程度、価格は3億~5億円(1棟)の物件が中心だ。ユーザーは個人、外国人という。
     一方、足元の業績は好調だ。18年5月期は第3四半期(昨年6月~今年2月)までに、営業利益が9億5100万円(前年同期比94.3%増)、経常利益が6億400万円(同2.8倍)を確保した。伝えられているように、首都圏のマンション業界は活況が続いている。
     ちなみに、会社側は通期(18年5月期)の予想(営業利益8億6400万円、経常利益6億100万円)を変えていない。これはないだろう。

  • 2018/05/10日刊ゲンダイ 杉村富生の富を生む新成長株
    首都圏マンションに強い不動産関連「プロパスト」を狙う(1/3)

     GW明けとともに、3月期決算企業の決算発表がピークを迎えている。マーケットは19年3月期の予想数字に一喜一憂というか、振り回されている。ネガティブな企業が売られるのは理解できるが、“好調組”だって急落するケースがある。
     まあ、材料出尽くしとか、予想数字がアナリストコンセンサスに届かなかったという理由だろう。
     好決算が意外に評価されないのはサプライズが乏しいことが多い。株価はすでに、好業績をハヤし買われていたのだ。実際、決算発表のスケジュールを調べて事前に仕込み、好決算発表↓株価急伸↓売却を繰り返している人たちが存在する。
     この場合、発表された企業業績の内容はあまり関係ない。良し悪しにかかわらず、機械的に売る。もちろん、好業績と思われる企業にマトを絞って“仕掛ける”わけだが……。

  • 2018/01/23 08:09

    Premium Asset Series FPGリンクス銀座 不動産信託受益権販売開始
    2018/01/22
    Premium Asset Series FPGリンクス銀座 不動産信託受益権の販売を開始しました。
    物件の概要につきましては、12月27日付でリリースいたしました
    「組成用不動産として銀座の事務所・店舗ビル取得完了のお知らせ」をご覧ください。
    ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1542078

  • 18年9月期予想 出資金販売額は、前年比+35.8% TLA売上高は、前年比+4.6%
     → 期中での上方修正が楽しみですね~ (*‘∀‘)

  • 本決算翌日の11/1 13:30-14:30に 
    日本証券アナリスト協会主催による2017年9月期アナリスト向け決算説明会が開催されます。
    昨日10/26のファナックの値動き(始値+6.17%→終値▲0.17%)は、
    10/26午前のアナリスト向け決算説明会で足元の受注状況が嫌気されたことによるとされています。
    FPGでも同様の事態になることがないように、祈りたいものです。

  • 秋は、税制改正検討の季節ですね。
    定率法の見直しについては、今年の政府税制調査会では議論されていません。
    ttp://www.cao.go.jp/zei-cho/

  • 株式会社FPG信託、株式会社山形銀行と信託契約代理店委託契約を締結
    この度、当社連結子会社である株式会社FPG信託(以下「FPG信託」)は、株式会社山形銀行と 信託契約代理店委託契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。 FPG信託は、運用型信託の免許を受け、主に個人および中小企業のお客様の資産運用・管理、相続、事 業承継に関わる信託機能を提供しております。高齢化の進展によって、相続、事業承継に対するお客様の ニーズが高まる中、地方銀行、信用金庫等の金融機関との提携を通じて、信託機能を活用した金融商品・ サービスの拡販を目指してまいります。

  • 2017/10/10 15:35

    Premium Asset Series FPGリンクス恵比寿 不動産信託受益権販売開始
    2017/10/10
    Premium Asset Series FPGリンクス恵比寿 不動産信託受益権の販売を開始しました。
    物件の概要につきましては、9月15日付でリリースいたしました「不動産小口運用商品組成のための恵比寿駅前ビル取得のお知らせ」をご覧ください。
    http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&s...
    <当該不動産小口運用商品に関するお問い合わせ>
    不動産推進室
    フリーダイヤル:0120-707-107(受付時間 9:00~18:00 土日祝日除く)

  • 2017/09/21 10:01

    good newsですよ FPGの事業には追い風です

  • 「お客様本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)を実現するための取組方針」策定についてのお知らせ
    2017/09/15

    この度、FPGグループは、金融庁が2017年3月30日に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」を全て採択することを決定いたしました。あわせて、「お客様本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)を実現するための取組方針」を策定しましたので、お知らせいたします。
    FPGグループは今後もお客様にご満足の頂ける金融商品・サービスを提供してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。
    「お客様本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)を実現するための取組方針」ついてはこちら。
    ttp://www.fpg.jp/company/policy.html

  • 不動産小口運用商品組成のための恵比寿駅前ビル取得のお知らせ

    平成 29 年 9 月 7 日付「不動産小口運用商品 Premium Asset Series 第 4 弾の組成用不動産取得に 関するお知らせ」にてご案内のとおり、当社は信託機能を活用した不動産小口運用商品 Premium Asset Series 第 4 弾を組成するため、このたび、恵比寿駅前の商業ビルの取得を完了しましたことをお知ら せいたします。 なお、商品販売時期につきましては 10 月を予定しておりますが、決定し次第、別途お知らせいたし ます。

  • FPGのホームページのトップ画面を参照ください。
    IR情報に載っていないニュースも、たまにありますので、こちらを参照されるがよいかと。
     ttp://www.fpg.jp/index.html

  • 2017年9月期連結決算発表日時のお知らせ
    2017/09/11
    2017年9月期連結決算発表日時をお知らせいたします。
    2017年10月31日(火) 16時30分(予定)
    発表資料は同日16:30以降に当社ホームページに掲載いたします。
    http://www.fpg.jp/ir/index.html
    当社のIRニュースメールにご登録いただいている方には、
    ホームページ掲載後、 メールにてご案内をお送りいたします。
    *IRニュースメールのご登録は下記URLをご参照
    https://ssl.eir-parts.net/EIR/MailMagazineRegister.aspx?page...
    どうぞよろしくお願いいたします。

  • 2017/09/07 16:46

    2017 年 9 月 7 日
    株式会社日本格付研究所(JCR)は、以下のとおり信用格付の結果を公表します。

    株式会社 FPG (証券コード:7148)

    【据置】 国内CP格付 J-2 (発行限度額変更:50 億円 → 100 億円)
    ■格付事由 (1) 匿名組合などを介するタックスリースの組成とその出資金部分の投資家への販売を主業とする独立系の金 融会社。格付は、収益性の高さおよび低位にある損益分岐点比率、厚みを増している自己資本などによっ て支えられている。
    (2) JCR では、17 年 8 月 1 日に当社の長期発行体格付を「BBB-」、CP 格付を「J-2」で据え置きと公表してい る。その後、信用力に対する判断に変化はない。本件 CP 発行限度額の変更は、資金調達手段の多様化を 企図するものである。
    (担当)杉浦 輝一・大石 剛
    ttps://www.jcr.co.jp/download/9da2b1169098182dd1acbb624a4b8fb94844629742486649b4/17d0492.pdf

  • 不動産小口運用商品 Premium プレミアム Asset アセット Series シリーズ 第 3 弾 「FPGリンクス新宿」販売開始

    平成 29 年 7 月 18 日付「不動産小口運用商品 Premium Asset Series 第 3 弾の組成用不動産取得 に関するお知らせ」にてご案内のとおり、当社は信託機能を活用した不動産小口運用商品 Premium Asset Series 第 3 弾を組成するため、東京都新宿区の伊勢丹新宿本店に近接する物件を取得し、本日 より、当該不動産小口運用商品の販売を開始いたしますことをお知らせいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ