ここから本文です

投稿コメント一覧 (15コメント)

  • 保守本流を名乗るのであるなら、森友・加計問題をきちんと説明すべきである。卑怯な形でごまかさない。総理への一国民からの訴状。その流れに乗る自民党議員の醜さは選挙が組織票に左右されるとしても決して私は忘れない。国民をだましつくす自民党の政治の在り方は絶対に覚えておく。今回ほど自民党を嫌悪したことはいまだかつてない。

  • >>No. 521489

    物の見方によって大きくとらえ方が変わることは時にあるでしょうが、今回の加計・森友問題は明らかに不可思議な点がめだちますね。「忖度」という言葉のもとに不正な案件が封じ込められたり、財政難で苦心しているはずの国が、特定の人物にはただ同然の大盤振る舞いを行っていたり、「イチシミン」の目線からは異常な限りに移ります。保守本流をうたい、国政をリードしてきた自民党の本来の姿が、このようなものであることが残念でなりません。日本の停滞は、既得権益を握り続ける自民党とその組織によって生まれています。自民党の若手議員の中には、志ある人が見当たりませんので、新しい革袋が必要な時に来ていますね。

  • >>No. 521453

    国家戦略特区という名によって、国がお金を出して獣医学部をつくってくれると勘違いしている今治市民も多くおられるのではないでしょうか。37億円相当の土地を加計学園に無償譲渡し、最大で約96億円を税金から拠出することになっていますね。坪単価80万円前後の建築費を、坪単価150万円に計算していますので、愛媛県や今治市を揺さぶる巨大な詐欺事件に発展し始めています。このことに気づき始めた人たちの手で、今から行政を相手とした訴訟等もおきるのではないかと言われています。
     それと、革命とか極左とかテロリストとか一方的に決めつけて言葉を封じるのはやめましょう。私は、「イチシミン」として、おかしなことだなと思ったことを述べているだけです。

  • 本当のことを言っただけですよ。完全なごまかしでしょう。大まかな計算ですが、ほぼ愛媛県民と今治市民のお金で、加計学園の獣医学部を作っているようなものですね。これ、よく住民が怒らないなぁと思っていますが。今治市なんか、コツコツとためてきた約40億のお金を全て出すらしいではないですか。さらに、ごまかしで浮いた部分のお金はどう動かすのでしょうか。ほぼあたりの予測はついていますが。おそらくこんなやり方で、我が国は財政破綻寸前となっているのでしょうね。…ちなみにわたくしは「イチシミン」です。サヨクもウヨクも関係ありませんよ。自民党のこのようなやりかたが、この国をいかに後退させていることか。情けない限りです。

  • 工事費を高く見積もり、地元に負担させていて「国家戦略?」・・・これ完全に詐欺でしょう。こうして儲けてきたんだ。全国津々浦々の支持者のみなさんは。

  • >>No. 509294

    加計学園獣医学部の全貌が見え始めましたね。坪単価70~80万円の工事を、150万で計算し(加計側は、120数万としていますが、)今治市や愛媛県の負担する額で、実際はほぼ支払いゼロ。工事費として渡ったお金はどうなるのでしょうか。それこそ見えてきてはいませんか。国民の税金をこのような形で換金していく手法は、森友そっくりです。今治市や愛媛県の皆さんは、これからが大変ですね。今治市は特に大切に積み上げてきた40億円をそっくり加計に援助するというのですから。

  • 内閣改造で全てをごまかしてはいけない。森友も加計学園も、日報問題も何も解決していない。自民党の強権政治で、国民の財産を好き放題に餌食としている疑いは何も説明されてはいない。「イチシミン」として、卑怯な政治は許せない。

  • >>No. 508967

    保守本流を自負する政党は、卑怯な事はしてはいけませんね。資本主義の健全な成長に対して、壁となり、弊害として存在しているのは、まさに全国津々浦々に張り巡らされている自民党の利権集票構造以外の何ものでもありません。政治資金としてキックバックされるお金は、建設費用として、税金で賄われたものです。シャープしかり、東芝しかり、日本を代表する企業が、日本の知の集積が、今日の無能な政策によってつぶされ続けています。森友、加計疑惑をごまかす政党は、日本の保守本流とは断じて言えません。

  • 〉保管されていた日報が非公表となった経緯に関し、稲田朋美防衛相が了承した事実はないと結論付けたが、稲田氏が報告を受けた可能性は認め、疑念を残す結果となった。…報告書によると、2月13日と15日に、陸自幹部が稲田氏に日報について説明。だが、陸自に日報データが保管されていた事実に関しては「何らかの発言があった可能性は否定できない」とあいまいな表現にとどめた。これについて監察本部は、陸自側と稲田氏の主張が一致しなかったためと説明した〈 時事通信
     
     シビリアンコントロールに関する大問題ですね。さらには、大臣が国会で虚偽答弁を繰り返していた大きな疑いがそこにはある。自由民主党は、私たち国民に対して、きちんと国会で説明する責任があります。

  • 次期衆議院選挙では、自民党をは終焉をむかえるであろう。この政党は、あまりにもひどい。日本を食い物にしてきた巨大ながん細胞だ。私たちの時代には、保守本流の新しい革袋が必要だ。やくざまがいの恫喝や、利権誘導は新しい時代には必要ない。

  • 森友・加計と、いくら擁護してもおかしいものはおかしい。「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」…一国のリーダーが夫妻でおかしなことをしているのに、それを党として糺そうとしない自民党は、すでに政党として終わっている。同じ時期に同じようなお友達政治が行われ、「忖度」という言葉でごまかされ続けている。国の財産を私的に流用した大事件のはずだ。この時点で、首相は責任を取って辞任すべき事件である。それをしないのなら、この国は、法治国家とは言えない。

  • 森友・加計と、いくら擁護してもおかしいものはおかしい。「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」…一国のリーダーが夫妻でおかしなことをしているのに、それを党として糺そうとしない自民党は、すでに政党として終わっている。

  • 数しか見れない政治学…森友・加計問題は、お友達利権がらみの事件です。一国の総理夫妻が、その知人・友達に対して、国民の財産である税金の使途をあざむいた大事件以外の何ものでもありません。もみ消そうとすればするほど問題の核心が表出してきます。

  • 「瓜田に履を納れず李下に冠を正さず」…自民党議員の皆さま。あなたたちが、ドリルで穴をあけるのは、岩盤規制ではなくて、自分の事務所のハードディスクなはず。間違えてはいけません。

  • >>No. 435324

    労働条件の悪化を招くことには変わりがありません。今までと大差ないという論理の下で一つの制度をつくり出し、それを広げていく手法ですね。何度このような愚劣なペテンをやれば気が済むのでしょうか自民党は。それに公明党が引っ付いていることがまったく解せません。先日アメリカのレモン農家が雇い入れる労働者の賃金をテレビで知りました。時給17ドルでも労働者が集まらないそうです。トランプ政権のメキシコ国境政策によってさらに労働者確保が難しくなっているとのことでしたが、時給17ドルを計算してみてください。日本の最低賃金がいかに搾取そのものか。ちなみにスイスでは、アルバイト学生でも時給が日本円にして2000円はざらだそうです。無知バカからでした。

本文はここまでです このページの先頭へ