ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • 陸上自衛隊の日報問題、森友問題、加計問題、スパコン疑惑、厚生労働省のデータ問題、そして今回の財務省文書改ざん問題…こんなにも行政に関わる問題が続いています。国会では佐川さんの証人喚問を求めていますが、これは自民党が自分たちの卑怯な政治を、野党の声に応じる形で、個人に責任転嫁しているだけでしょう。関わった財務省関係者は全員懲戒免職とすればいい。公務員に対する責任はそれで十分と言えるものです。これだけのでたらめな行政問題が続けておきているその責任を取るのは、行政の長たる安倍総理以外にはありませんね。内閣総辞職は、行政の長たる安倍さんがとるべき最低限の姿です。間違ったことを行い続けているリーダーにその責任追及能力はありません。自民党の国会議員のみなさん。あなたたちは、国民を馬鹿にしていますね。

  • >>No. 600084

    役人の不始末ではありません。役人はそこまで忖度しません。これは、自民党の政治がらみの大問題です。結論は、NHKのニュースで流れています。それと、日本を愛する保守本流であれば、外国に対してもきちんと意見が言えるはず。某国のご機嫌取り外交ばかりを行ってきたからこそ、戦後日本の肝心要な問題は何も解決してこなかったのです。保守本流としての堂々とした政党を私は求めます。自民党議員の中から志あるものは今、立ち上がるべきではないでしょうか。

  • 保守本流を名乗るのであるなら、森友・加計問題をきちんと説明すべきである。卑怯な形でごまかさない。総理への一国民からの訴状。その流れに乗る自民党議員の醜さは選挙が組織票に左右されるとしても決して私は忘れない。国民をだましつくす自民党の政治の在り方は絶対に覚えておく。今回ほど自民党を嫌悪したことはいまだかつてない。

  • >>No. 521453

    国家戦略特区という名によって、国がお金を出して獣医学部をつくってくれると勘違いしている今治市民も多くおられるのではないでしょうか。37億円相当の土地を加計学園に無償譲渡し、最大で約96億円を税金から拠出することになっていますね。坪単価80万円前後の建築費を、坪単価150万円に計算していますので、愛媛県や今治市を揺さぶる巨大な詐欺事件に発展し始めています。このことに気づき始めた人たちの手で、今から行政を相手とした訴訟等もおきるのではないかと言われています。
     それと、革命とか極左とかテロリストとか一方的に決めつけて言葉を封じるのはやめましょう。私は、「イチシミン」として、おかしなことだなと思ったことを述べているだけです。

  • >>No. 509294

    加計学園獣医学部の全貌が見え始めましたね。坪単価70~80万円の工事を、150万で計算し(加計側は、120数万としていますが、)今治市や愛媛県の負担する額で、実際はほぼ支払いゼロ。工事費として渡ったお金はどうなるのでしょうか。それこそ見えてきてはいませんか。国民の税金をこのような形で換金していく手法は、森友そっくりです。今治市や愛媛県の皆さんは、これからが大変ですね。今治市は特に大切に積み上げてきた40億円をそっくり加計に援助するというのですから。

  • 〉保管されていた日報が非公表となった経緯に関し、稲田朋美防衛相が了承した事実はないと結論付けたが、稲田氏が報告を受けた可能性は認め、疑念を残す結果となった。…報告書によると、2月13日と15日に、陸自幹部が稲田氏に日報について説明。だが、陸自に日報データが保管されていた事実に関しては「何らかの発言があった可能性は否定できない」とあいまいな表現にとどめた。これについて監察本部は、陸自側と稲田氏の主張が一致しなかったためと説明した〈 時事通信
     
     シビリアンコントロールに関する大問題ですね。さらには、大臣が国会で虚偽答弁を繰り返していた大きな疑いがそこにはある。自由民主党は、私たち国民に対して、きちんと国会で説明する責任があります。

  • >>No. 435324

    労働条件の悪化を招くことには変わりがありません。今までと大差ないという論理の下で一つの制度をつくり出し、それを広げていく手法ですね。何度このような愚劣なペテンをやれば気が済むのでしょうか自民党は。それに公明党が引っ付いていることがまったく解せません。先日アメリカのレモン農家が雇い入れる労働者の賃金をテレビで知りました。時給17ドルでも労働者が集まらないそうです。トランプ政権のメキシコ国境政策によってさらに労働者確保が難しくなっているとのことでしたが、時給17ドルを計算してみてください。日本の最低賃金がいかに搾取そのものか。ちなみにスイスでは、アルバイト学生でも時給が日本円にして2000円はざらだそうです。無知バカからでした。

本文はここまでです このページの先頭へ