ここから本文です

投稿コメント一覧 (1887コメント)

  • ""年の瀬””
    何かと雑務が続き、心が落ち着く暇がない。
    4日間の京都・奈良旅から帰って、体重を測ったら。2キロも増えていた。
    これまでも、太るのは、うっかりして食べていると直ぐに太るのだが、それを抑え痩せるのには、大変苦労する。
    この先にも忘年会が2回も控えている。そこではどうしても飲むし・よく食べる。
    昨日は初雪も降って、車のタイヤも代えねばならぬし、暮れになれば、全ての顧客にお歳暮を持って行って挨拶するのが恒例になっているので、もしも行かないと変に誤解されそうで、元気にしている顔を見せに廻らねばならぬ。
    『師走』とは、実に的を得た呼び方だと、つくづく感じている。
    ーサトシー

  • ””ナンデ・ナンデ??””
    お酒を飲むと横暴な面が出るという横綱から暴力を受け、そのことが因となって相撲界は嵐を受けた船の如く揺れに揺れて、その横綱は船を下りた。がその後もその波のうねりが続き、遂に一つの相撲船が沈没してしまった。
    海に投げ出された船員の殆どは、他の船に救われたが、船長は帰らぬ人となってしまった。
    それから間もなく、救われた人の内のひとりが、大マグロを釣り上げ大喜びしている片方で、救われた人の内のひとりが自ら海に身を投じてしまった。
    そういう行為をするとどのような結果になるかを一番よく知っている当事者が、ナンデ海に飛び込んだのか判らない。
        -サトシー

  • ""京都・奈良 三泊四日の旅””
    首都圏から3人・富山から5人で京都に合流し古都のスタンダード観光地を旅した。
    心配した空模様だったが、四日目の午後、観光を終え、各自土産物を求めている頃になって雨が降り出した。その点ではラッキーだった。
    今回の旅で、世界寺遺産になったり、国宝に指定されている神社・仏閣等を観光し、私なりに特出しべきことは殆どありませんでしたが、今度の旅で何処にいっても外国人が多くいて、特に金閣寺では85%を外国人・10%が修学旅行生、残り5%が我々国内老人衆という割合でした。
    昨今、海外からの観光客の急増を肌で感じてきました。
    ひと際目を引いたのは、日本の十代の娘さんでも着そうもない、かなり派手な模様の和服を着た東洋系の婦人グループ数組が見受けられ、世の移り代わりを実感してまいりました。
        -サトシー

  • ""うんざり!!””
    今日から京都方面の旅に出ます。パソコンで天気予報を見ましたら、ほとんどの日が70~80%の降水確率。
    笠が手離せない旅になりそう。
    チョット残念!!
        -サトシー

  • ""お寺巡りの旅に・・・””
    明日から3泊4日で、京都・奈良の有名お寺ばかりを巡る旅に出ます。
    ややもすると修学旅行の定番になっていそうなところばかりで、わくわくもしませんが、誘っていただけたことに感謝するだけの旅になりそうです。
         -サトシー

  • ""倅が49歳に・・・・””
    昨日が倅の49回目の誕生日で、ささやかな誕生パーテーを開いた。
    誕生の本人も、そんなに嬉しそうでもなく、取り巻きも恒例になっているから…という程度で盛り上がりはないままにパーテーは終わった。
     いま、日本の国は、少子高齢化と共に、人口減少問題が恒常化していて、世の親の立場から、私ら夫婦は3人の子を世に送り出し、それなりの務めを成した積もりであったが、3人の子の内一人が伴侶を得て孫を二人得ただけで、あとの二人は伴侶を得ないまま49歳・47歳となっている。
    そういうことから、わが身を振り返れば、親としての勤めには、子を成すだけでなく、うまく育むという努力に欠けていたようで、誕生パ―テーが空しかったことの原因は、どうやらそこらあたりにあるようだ。
     また、今国内に空き家が820万戸あるそうだが、私らが2年前に建てたこの家も、その時が来たら空き家なるのかと思えば空しいばかりである。
              -サトシー

  • ”たふさん”すごい・凄い!!
    太極拳の有段者におなりとは。
    何事も、その道を極め、まっすぐに進む姿は神々しいものです。
    これからも一段・一段と登っていかれることを祈っております。

    韓国最高裁は、恥ずかしくもなく、またも民意迎合判決を出した。
    前回も同等の判決を出したから、そうせざるを得なかったに違いない。
    『恨』の精神構造は、朝鮮半島の民族独特のモノらしく、その『恨』(=うらみ)を乗り越えてこそ人間精神の成長が出来る・・・と教え込まれて育てられる民族ということらしい。
    だから昔のことを蒸返し。蒸し返し持ちだし、「うらみ」を晴らそうとする。
    同じく同じころ日本の統治下にあった台湾の人々は、一切恨みを言わないばかりか、東日本大震災の折にも、巨額(28億円)の義援金を出してくる。
    そろそろ世界の人々から虐げられている根本を知るべき時になって来ているのだがね~~
    ーサトシー

  • ""外国人材””
    いま国会で外国人材活用の議論が盛んである。
    今朝の新聞にも大きく取り上げられ、地域に大きな難題が三つあるという。
    ①異文化対応 ②住まい環境 ③トラブル対策。だという。
     ①では、ある会社ではイスラム圏からの人々には職場で礼拝を認めて、採用枠を拡げている。
     ②では、一般アパートで、外国人に対して4割が入居を断わられているという。
     ③では、生活ゴミの収集場所に、指定曜日外・指定時間外・指定禁止物等を平然と出すという。
    私共の取引事業所でも、中国人研修生を雇っているところが数社ある。
    その雇用主さん達は、異口同音にいうことは、
    「彼女達は、日本人と違って文句を言わないで良く働く・・・・」
    と好評である。
    日本政府は、移民という制度に警戒感が強い。
    今のアメリカも、かなり移民に警戒している様だが、アメリカ自身移民族で作り上げたことを忘れている。
    日本も過ってはハワイ・ブラジル等に多くの人々を送り出した過去がある。
    いずれにしても、外国人達は、『戦争をしない・安全で豊かな国日本』というイメージで日本の国に憧れている。
    国会では外国人受け入れを各角度から見て議論が闘われているが、寛大な心で受け入れる方向性に進んでほしいと願っている。
    ーサトシ-

  • ””西暦表示が・・・”
    来年になれば元号が代わるからかもしれないが、今後開かれる国際的な行事・オリンピックであれ・万国博であれ、西暦でしか表示できない。
    国際的でないものも、すべて西暦でしか表示できない。
    わたしら昭和生まれの人種は、元号の昭和生まれの・昭和育ちで、その頃は何から何まで元号で世の中進んできた。例えば、
    〇明治時代に育った人々の心意気・・・云々
    〇大正時代の雰囲気を残す町並み・・・
    〇昭和の時代の名曲・激動の昭和時代・・
    等、々は、元号で表すからこそ、そのイメージがピンとくる。
    やがて、平成を冠した言葉も生まれてこよう。
    若い世代は西暦表示が分かりやすいようだが、私は年賀状から、見積書・請求書・領収書等はしっかりと元号を大事にしていきたいと思っている
        -サトシー

  • ""好き嫌いの激しい倅が!!””
    私の倅・幼き頃に、『健康優良児』という事で表彰されたことがある。
    そろそろ50歳になるのだが嫁を貰うということを考えたことがないことと、食べ物の好き嫌いの激しいのが欠点で、今でも健康に関しては”優良児そのまんま”である。

    東京からの帰りに、横川のサービスエリアにて、久しぶりに”横川の峠の釜めし”昼食として食した。
    釜めしは昔のままの美味しさを残していた。
    食したあと、カミサンと倅にと、お土産に二個の釜めしを求め家に帰った。
    私が例の如く晩酌をしながら”たふさん”から頂いた鹿児島名物「サツマアゲ」を肴にチビチビやっていたとき、倅が帰ってきて、直ぐに釜めしを食べ、私の目の前に置いていた「サツマアゲ」に箸を伸ばし、次々と口に運び、気が付いたときには残り2~3ケだけになっていた。
    倅の精神構造は、おいしいものを一人占めしたい餓鬼根性のまま50歳を迎えるのかな~~??
    と、心配になってきた。
    世に『独身貴族』と言う言葉が有るが、せがれは我が家の『独身ワガママ』と言うべき存在である。
        -サトシー

  • 先ほど無事に我が家に帰り着きました。
    ”たふさん”昨日は大変美味しいお食事を頂き、帰り際にはお土産まで頂き本当にありがとうございました。また、娘さん執筆の御本もいただき時間を見つけて読みたいと思っております。
    私の好きな分野なので、とても楽しみにしております。

    そちらに向かうとき、周りの若いドライバーの速い流れに乗せられ、その分燃料を使いすぎ,リッター当たり22kmと、燃費のプリウスで名を売っているのに名車なのに、とんでもない数値が表示され、帰途は回復を期してゆっくりとマイペースで走ってきました。
    そしたら、トータルで24.5km/ℓ迄伸ばすことが出来ました。
    今日は浅草では高校時代の友人に会って、その後河童橋の道具街のお店に伺い、例の製品を見ていただき、それなりの評価をいただいたが、相手も商人・最後の価格の面で妥協点が見いだせず、1回目の商談には不成立に終わりました。
     特許をとったからと言って、一気に全国レベルに販売しょうという目論見はあわてすぎだったようです。
     しばらくは地元で足場を固めて出直すことにしました。そして地元で実績を積んで、一歩・一歩進みたいと考えています。
          -サトシー


    たふさん、昨日はおいしい昼ごご飯を頂き、帰りには素晴らしいお土産まで頂き、本当にありがとうございました。

  • ””たふさんヘ””
    これからそちらに向かいます。
    順調に走れても11時30分になります。
    齢が齢だけにソロリ・ソロリと走ります。
        -サトシー

  • ””たふさんへ””
    当初、そちら迄は。4~5時間で行けそうだと申しておりましたが、今よく調べましたら、高速だけでも5時間要する様で、途中で休憩時間を入れたり、高速道路前後の走行時間を考えると6~7時間の時間が要する様です。
    その昔、富山を朝早く出て、昼の2時過ぎに青森に着いた経験もありますが、もうその頃の元気はありません。
    あすの朝、また到着予定をお知らせいたします。
        -サトシー

  • ””今の日本に、こんな野蛮な人が?””
    煮えたぎる鍋に若者の顔を押し付けるとは!!
    何に腹が立ったか判らないが、やくざの親分でも、自分の子分に制裁を加えることがあっても、こんなにも野蛮な制裁を加えるなんてことをしないだろう。
     この社長は常々パワハラを行使しているとか。
    何が魅力で従業員がこの会社に勤めているのかね~~

    極悪非道な一面を持つ武将・信長でも、このような卑劣なことをしただろうか?
    戦国時代には、独りでも将兵を多く集めた武将が有利である。
    将兵はどのような武将の下に集まるのか?
    10人までは・・・・体力
    100人までは・・・ 気力
    1000人までは・・・知力
    10000人までは・・・魅力
     と言われている。
    さて、如何ですか?ご自身に魅力をお持ちでしょうか?
           -サトシー

  • ””日に日に寒さが増してきています””
    遂に自宅の寝室の室温が15℃を割った。
    これから真冬になると10度を割る日が続く。
    私は数日前から床暖房のスイッチを入れた。
    部屋にいて、足の裏からのぬくもりは、実に快く、心も温まる気がする。
    今年は原油の高騰が気になるが、床暖房の快適さには勝てない。
    『手前みそ』になるが、床暖房のある暮しは、高齢者の私らには、慈悲深い神々からの、ほのぼのとした贈り物を頂いている感じがする。
    -サトシー

  • ””電話帖で調べると・・・””
    私は今折角特許をとった新型ケースの販売に寿司屋さん・居酒屋さんの店にケースの紹介とその挨拶に富山県内を回っている。
    電話帖で調べると富山県内には。寿司屋さんが400軒近くあり、居酒屋さんはその3倍以上ある
    当初全てのお店を訪問して、新型ケースの紹介と、その宣伝に寿司屋さんと居酒屋さんのすべてを回る予定でしたが、居酒屋さんの3割近くが、電話等に名前を残しているが、既に閉店していて、寿司やさんも2~3%は閉店している。
    私が思うには、居酒屋さんは、ややもすると店主は女性が中心で店を開く場合が多いのに比べ、寿司屋さんはそれなりの修行をしていて、男性が店を開いている場合が多い。
    だから寿司屋さんは、自分の開いたお店に対する執念は、どうしても男性は意地もあり、それなりの修行を積んで来ているので、お店に対する執念が強いから簡単に廃業しないと私はみた。
    それとそれぞれの客筋の求める趣旨が、お酒を飲んで楽しめればそれで充分である人が来てほしいと思っている居酒屋の店主・一方少しでも美味しいものを食したい人種に来てほしいと考えている寿司屋の店主と、根本的に大きな差があることを知った。
    それで、私は広壮な機能を持つ新型ネタケースの販売先を寿司屋さんにのみ販売することに絞ることにした。
    また、同じ寿司屋さんでも、私の新型ケースに興味を持つ人・全く興味を示さない人等さまざまである。
    いうなれば、それぞれのお店の経営状況がそれぞれの対応の仕草で概ね判って面白い。
    何しろ、稲であろうと麦であろうと種を蒔かないと芽が出ないし、それなりに肥やしを施してやらないと大きな実を付けてくれない。
    稲や麦は1年でそれなりの実を付けるが、この種のモノは1年や2年では実を付けてくれない。
    いうなれば実を付けてくれるまでしっかり追肥を絶やさないことが大事であるようだ。
          -サトシー

  • ””注文相撲は規則違反ではないが・・・””
    昨日と一昨日、二日続けて大関の豪栄道が、平幕関取相手に注文相撲をとった。
    過って、大事な大一番の取り組みで注文相撲をとり、多くの相撲ファンから非難された横綱がいた。その人は朝青龍である。
    この人はモンゴル人で、ややもすると恥知らずの部分があり、その仕種にも日本人の心にそぐわない部分があって、その人気は『イマヒトツ』であり、あの注文相撲をとってから日本中の相撲ファンから強烈なブーイングの嵐が吹いた。
    いずれにしても、 横綱・大関の注文相撲は実に見苦しい!!。横綱・大関陣は、本割でやるべきことではない。
    今場所は、三横綱休場で、大関陣が頑張らないといけない場所なのに、日本人の豪栄道が、こんな恥すらずの相撲をとるとは実に情けない。
    平幕の力士が、千秋楽が迫り、ここで対戦相手が苦手の関取に当たり、ここで勝っておかないと十両に陥落しそうな時だったら、多くの相撲ファンは、『イイジャナイカ・気持ちは判るよ』となる。
    相撲協会のお偉い方々と親方衆は、理にそぐわない相撲をとって平然としている力士に強く注意すべきだと思う。
     報道機関も相撲ファンの声として報道すべきではなかろうか?
        -サトシー

  • ””年間99億8000万円の報酬とは!!!””
    日産のゴーン会長は、以前から巨額の報酬をとっているとの話題が拡がっていた。
    世界有数のトヨタ自動車の社長は、確か5億程度だったと記憶している。
    その20倍もの報酬をブンドッテイタとは・・・・

    昔、60年前に東京で走っていたタクシー料金は、2km迄80円クラスのクラウン・セドリック・スカイラインがあり、70円クラスにコロナ・ブルーバードがあり、60円クラスのルノーが走っていた。
    私もたまにルノーに乗ったことがあるが、スピードを上げて走られると恐怖を感じ、出来るだけ乗らない様にしてた。
    そのルノーからやってきたゴーンさんが、日産自動車にやってきて、よく日産を復活させたことはそれなりに評価できよう。
    しかしその報酬は、少し取りすぎ!!少しじゃなくて、多すぎというべきか!!
    お金はつかう事で価値が生まれる。つかいきれない大金をどうするの??
    病院には特別室があるが、逮捕されて牢屋に入っても特別室は無いと思うよ。
        -サトシー

  • ””APEC(アジア太平洋経済協力会議)が物別れ””
    世界の超大国・アメリカ・中国を含むアジア・太平洋地域の多くの国々が、1993年から開いている経済協力の会議で、大国同士が合意文の内容に異議を訴え互いに譲らず恒例の合意宣言を出せずに閉会するようだ。
    昨今の米中の対立はエスカレートするばかりで、一向に収まる気配が見えないままである。
    なんだか、どこかで大爆発するのではないかと気になって仕方がない。

    ””たふさん””ヘ
    来週の日曜日(11月25日)にそちらに向かう予定を組んでいます。
    そちらに到着予定時間は当日このトピでお伝えしたいと思っています。
        -サトシー

  • ””今の時期にサウジアラビアの国が・・・・””
    今朝の我が家の室内気温は16℃になっていた。
    ココ数日は暖かい日が続き、気分が良かったのだが、急に寒くなり、暖房が欲しくなってきた。
    世の中地球規模で暖房の時期に入る時、世界最大の原油産出国のサウジアラビアの国がとんでもないことを起してしまった。
    サウジアラビアの政府批判を繰り返していたジャーナリストを殺害してしまったことである。
    最近までアメリカとサウジアラビアは稀に見る親密関係にあったが、いろんな事が絡んで昨今は冷え始めた。
    そんな時にアメリカのCIA(米中央情報局)がサウジの次期国王と目されるサウジの皇太子がジャーナリスト殺害を命令した…と断定したという。
    サウジ側は強く否定しているが、ひょっとしたらサウジはアメリカを困らせる方法として、原油の産出量を極端に少なくし、原油の価格の高騰を目論み、世界の人々が困れば、その原因の矛先がアメリカに向くようになれば、サウジとすれば
    『シテヤッタリ・・・』
    となり、アメリカは困るだろう・・・
    私ら日本人は、そのことはどうでもいいのだが、原油高は冬場に向うこの時期とても気になることである。
    なにかと、トランプ政権になってから、大国のアメリカがギクシャクした話題が絶えない。
    困ったモンダ。
    -サトシー

本文はここまでです このページの先頭へ