ここから本文です

投稿コメント一覧 (199コメント)

  • 輝く星の間を移動する光、人口衛星だ。

    近くで、流れ星が・・・・・・・。

  • 永遠と無限の指向性です。  クイズドレミファドン

  • >>No. 149

    ・不幸は知らないと避けられません。知ってから予防をしなければなりません。また、ことが起こってから対処しなければなりません。すべてに対して知ると言うことが大切なんですね。

  • ・人生において、良き師に出会えるかどうかで人生が変わります。どうですか皆さん、子供たちの良き師になってみませんか。先達になってあげてください。お願いします。

  • ・私たちは輝いています。体から赤外線が出ています。目で見ることが出来ない波長なのです。精子と卵子が受精した時に輝きが走る映像を覚えていますよね。輝いているのです。すべてのものが輝いています。貴方の中にある輝きに合掌です。

  • ・知らないだけなんだ。知ればいい。経験する。教えあう。幸せに生きれる生き方を知らない、病気の治し方を知らない、人との関わり方を知らない。まだ、知らないだけなんだ。人類は知るという過程にまだいるのです。

  • ・幸せを知らないから幸せにはなれない。知らないから不幸は避けられない。
     何か望みのあるとき、心はそちらに向かわなければそこには行き着けません。もし、幸せになりたいならば心はそこに向かわなければなりません。行きたい所があるときはそこを目指して歩くでしょう。心が向かわなければなりません。
     心の中の志向性を確かめて見ませんか。
     食べ物の嗜好性は食べてみないと何が好きかわかりませんよね。カレーが好きとか、マヨネーズが好きとか。食べてみて初めて好きとわかります。心の志向性も色々なことを体験してみないとわからないのです。多くの本を読み多くの映像を見て、多くの音楽を聞くなどをして体験をしなければ何が好きか、志向性を確かめることは出来ません。感動したり好きだったことを深く心に記憶させてください。それが貴方の志向性です。貴方の進むべき道です。生きる目的です。貴方の心の求める幸せを見つけて確認してください。
     幸せはとりに行かないとなりません。そして、不幸は避けないとなりません。不幸も確認をしなければなりません。しっかりと確認をしてくださいね。世間を見ること。本や映像を見ること。想像をしてくださいね。皆さんが幸せになりますように・・・・・。

  • ・幸せを理解する時は不幸の時です。幸せとも不幸とも思わず過ぎてゆく日々が幸せであると感じるのは苦しんでいる時。日々の何気ない生活をこれが幸せですと確認することが幸せの心を作るはじまりです。すべては心しだいです。


  • ・新奇探索性は何のためにあるのか。ドーパミンはセロトンニンは何のためにあるのか。手はつかむため、足は歩くためにある。人の中に存在する能力はするべきことがある。目的を持っている。それがなすべきことです。人間の生きる目的です。

  • ・北海道では雪が降りました。寒い時には暖かさは幸せを与えてくれます。朝の布団の中での暖かさは幸せです。寒い時の暖かい汁物は幸せです。ストーブの炎は幸せです。暖かさは幸せを与えてくれます。暖かいものをよくとりましょう。

  • ・光りからエネルギーをもらいますから光りを見るとかあびると元気がでます。想像しても元気になれます。私たちが食する食材は太陽の光りをあびて成長します。その食材を食べて身体を維持しています。光りはすごいんです。ビタミンDを作ります。心身の健康に無くてはならないものです。でも、気をつけなければいけない人たちもいますから、その人たちは気をつけてくださいね。心に光りを持ちませんか。心に太陽をもちましょう。

  • ・風をひいた時には熱が出ます。免疫の力を上げてウイルスや細菌と戦う。過去の風邪をひいた時に体温計で測った体温を思い出してください。体の負担がかからないていどに一日に一度体温を上げてみませんか。37~8度まで上げれれば良いんですが、身体に負担がかかる人はそれ以下でもいいと思います。体と相談しながらです。ガンにも良いはずです。ガンの予防にもなるはずです。炎症性の病気にも良いはずです。細菌やウイルスにも効くはずです。でも、身体に合わない人もいると思いますから気をつけてください。低体温の人にお勧めです。暑いお風呂に入る。毛布にくるまってコタツに入る。電気毛布や電気ひざ掛けなどでも良いと思います。体温計を持って体温を確認しながら体温を上げて健康増進をはかる。

  • ・シュメール文字が出来て6000年、日本に漢字が伝わって2000年も経ってはいません。文字がないと伝承量が限られます。文字により思想が発達します。まだ時間はそれだけしか経っていないのです。
     この世の素晴らしさ、命の素晴らしさ、人生の素晴らしさ、森羅万象の素晴らしさを詠おう。それが、幸せに生きる秘訣なのさ。それがまだまだだから苦しさの中、不幸せなのだ。思想がまだまだなのだ。もっともっと先へ行かねばならない。誰かが半歩でも先へ行ったならば、人類は半歩前進する。さあ皆、幸せの思想を考えよう。皆様、人類の思想を導いてください。お願いいたします。

  • ・人間は社会性の動物であるから、社会での生き方を学ばなくては生きてはゆけません。幸せの生き方を子供の時に教えてもらう必要があります。親は子供に生きる力を与えなければなりません。子供の時にスリを教えたら、一生をスリから抜け出せないかも知れません。
     幸せな生き方とはどのような生き方でしょうか。感動を経験して、目を輝かせて生きて欲しいものです。親は感動を経験させてあげて欲しい。感動で導いて欲しいと思います。幸せへと導く感動を。そう願ってやみません。算数が出来ても幸せな人生ではないものね。

  • ・無いのならば創れ。 子供の時に教えて欲しいことです。

  • ・昔は飢饉が訪れると子供の間引きや子供を売ったり、或いは働けない年寄りなどを姥捨て山の話のように死なせていたり、年寄り自らが死ぬ道を選んだりしていたんだろうと思います。そこには色々な口減らしが存在していたはずです。人は苦しいと理性を失うのです。それを批判は出来ないですよね。苦しくない立場の人が批判をしても苦しみに襲われるとどのような行動をするかわかりません。
     高層ビルで火災が発生しました。火が迫っています。焼け死にます。焼死する人もいますが、飛び降りて死ぬ人もいます。苦しみに耐え切れずに飛び降りる。この人を最後までなぜ頑張らないんだとは批判できないですよね。胸が苦しくはなりますがそれでいいんです。
     色々の死がありますが、どんな死でも必ず誰かに迷惑はかかります。なくなった方の冥福を祈るばかりです。
     生きなさい、どんなことがあっても生きなさいではなく、苦しみの無い社会を無くすほうが先のような気がします。真心を育て、いじめの無い社会をつくる。弱肉強食だ、強いものが生き残るが通用する世の中では弱いものは生きれるところが無いのかもしれません。
     他人に迷惑がかかるから生きなさいでは、なんの問題解決にはならないような気がします。
     どのような死でも暗黙の了解見たいものがあるのではないでしょうか。どうしょうもない。また、見ていると苦しみが無いようでも死にゆく人がいるような気がする。死にとりつかれたような死。これは苦しいと言う情報や情報によって生み出された気によるもの、その気に感応する死。これは情報を垂れ流しているマスコミがおかしい。
     安楽死を望んでいる大物脚本家がいます。この流れは大きくなってゆくのでしょうか。そうなってゆくような気がします。賛成、反対色々あるでしょうが、最後まで生きる努力をしたい人が1割。死にたいと思ったことのある人や死にたい人が3割あると言いますから。最後まで頑張れでは無いような気がします。人それぞれに考えは異なります。私の考えはそのときになってみないとどのような死を選ぶかはわかりませんね。どのような考えや行動をしようと必ず死んでゆけます。すべての魂が幸せでありますように。合掌。

  • ・私は今でも無知です。書き込みも果たして正しいのかと思いもしますし、知識の豊富な方は沢山います。
    私は弱い人間ですから、弱い人間は淘汰される、滅んでゆくと言う言葉には胸が痛みます。

  • >>No. 121

    足は歩くという目的があります。では、心の中の好きは何のために存在しているのでしょうか。好きの方へ進むためです。好きも足も生まれた時にはすでに存在しているのです。そちらの方へ進めばいいだけです。で、人間の進まなければいけない方向は生まれた時には既に存在しています。生きる目的です。あなたの生きる目的です。

  • >>No. 117

    ・私の命は初めて生命が誕生した時から続いています。何十億年、或いは何億年も生きています。もうすぐ私の命が終わりますが。
    魂は分かれるのです。分かれて分かれて合わさります。精子や卵子が出来た時に霊が分かれます。受精した時に合わさります。滅んでは生まれ、滅んでは生まれではないのです。今はクローンがあります。人間には60兆の細胞があり、一つの細胞を人間にすることができます。魂はどうなんでしょうか。

  • ・「そうおもわない」にチェックを入れてくださった方。訪れてくれてありがとうございます。貴方の心の中には「仏性」や「神性」や「真心」があります。それは素晴らしいことです。
     法華経の第20品 常不軽菩薩品の菩薩様は人々の中にある仏性を礼拝してまわった仏様です。「あなたは将来仏となります」と人々に言ってまわりました。宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」はこの仏様が投影されているのでしょうか。
     私は貴方の心の中にある真心や思いやりや愛する心に礼拝し合掌したいと思います。
     私は人々の心の中にある真心や思いやりや愛する心に礼拝し合掌したいと思います。ありがとうございます。

本文はここまでです このページの先頭へ