ここから本文です

投稿コメント一覧 (71コメント)



  • ◎◎ 今日の「IR」

      ・・・うっかり、見逃していました
      ・・・今後大きな「IR」が続いて来るような予感!!


    ・・・2017年11月21日

    ◎ 創薬事業のパイプラインを更新し、「BTK阻害剤 CB1763」を「前臨床試験段階」に追加しました。


    ◎ 当社では、「イブルチニブ耐性の血液がん」を治療標的として、次世代BTK阻害剤の研究を進めてまいりましたが、・・この度、臨床開発化合物を見出すことに成功し、CB1763として「前臨床試験段階へのステージアップ」を決定しましたのでお知らせいたします。


  • ◎ 今日も・・堅調予想!!

    ・・・・・最高値(52W)・・・2.64ドル!!

    2.52
    +0.18 (7.69%)

    Range 2.32 - 2.64
    52 week 1.10 - 2.64


  • ◎ 今日の上げの・・80%はこれで!!

    2.34
    +0.18 (8.33%)

    Range 2.11 - 2.44
    52 week 1.10 - 2.44

    ◎ 残りの・・20%はこれか!!

    ◎◎米国AssayQuant社との代理店契約締結のお知らせ



  • ★★ 今日のIR

    ◎◎米国AssayQuant社との代理店契約締結のお知らせ

    当社は、本日開催の取締役会において、AssayQuant Technologies, Inc.(本社:米国マサ
    チューセッツ州マールボロ市、代表者:Erik M. Schaefer, Ph.D. 以下「アッセイクオント
    社」という)と、同社が販売するキナーゼ活性測定に係る製品・サービスを、当社が代理店と
    して提供する契約の締結を決議しましたので、お知らせいたします。


    1.本契約の概要

    アッセイクオント社は、主として当社が提供した高品質なキナーゼタンパク質に対して同社
    の革新的なアッセイ技術であるPhosphoSensTM技術を組み合わせて最適化されたキナーゼ活性
    を測定するアッセイキットを開発し、米国などにおいて販売しています。

    今般、当社は、アッセイクオント社の日本における代理店として、同社が提供するキナーゼ
    アッセイキットを日本国内において独占的に販売いたします

  • >>No. 167


    ◎ 残念・無念・・・5分遅刻!

      ・・・出掛けていて・今戻ったところです
      ・・・「1万円タッチ」の歴史的瞬間に立ち会えなかった


  • ◎ マサ!

      ・・・頼むぞ・「1万円」タッチ!!
      ・・・200円位・・30分で行ける!!


  • ◎ 皆さん・・お早うございます

       ・・「1万円」タッチの現場に立ち会いたい!!
    ・・歴史的出来事をこの目に焼き付けたい(大袈裟か?)

    ◎ 5953 ➡ 9940 (2016-11-9 ➡ 2017-10-12)
    ・・・約・1.67倍


  • ◎再投稿

    インドにネットワーク接続がある場合は、Sify

    1998年、私たちはインドの最初のISPでした。数百万人がSifyネットワークで初めてインターネットを体験しました。私たちは、国際コールセンター向けのインターネットカフェや音声およびデータサービスのパイオニアでした。

    20年後、ビジネスは私たちの中心的な顧客です。

    今日、Sifyはインド亜大陸で最大のサービスプロバイダー、システムインテグレーター、オールインワンネットワークソリューション企業です。また、カリフォルニア州のシリコンバレーの中心に本社を置く米国にも拡大しました。

    8500を超える企業がSifyの顧客になりました。また、他の大手ネットワーク事業者と提携して、グローバルネットワークソリューションを提供しています。多くの組織がSifyを選択する理由はいくつかあります。

    Sify Technologiesについて

    Sifyは、インド最大の統合ICTソリューションおよびサービス企業の1つで、包括的なテレコムデータネットワークインフラストラクチャを通じて包括的な製品を提供するエンドツーエンドのソリューションを提供し、インドの1400都市以上に及んでいます。このテレコムネットワークは、今日、チェンナイ、ムンバイ、デリー、バンガロールの都市を横断するSifyの6つのTier-3データセンターを含む、インド全域で48のデータセンターを接続します


  • ◎「今期の導出について」・・!!!

      ・・・社長は説明会で言いました「多分に」と・・・

       ・・・この「に」がキーワードなのです!!

       ・・・「多分」では駄目なのです

       ・・・にこにこの「に」です

       ・・・株主全員が「にこにこ」出来ると良いですね!!!


  • ◉◉ シエラ・4倍どころか!!!!!・・ここから「16倍」も有るかも!!

        ・・・・2015-9-11・・30.79ドル(約16.2倍)

  • ◉◉ シエラ・買い増し検討!!!!!・・ここから「4倍」も有るかも!


  • ◎ 情報!!!

    ・・・ノバルティス、成功報酬型薬価、日本初の導入へ、厚労省も検討 
    ・・・18年にも発売の超高額薬で 

    ・2017/10/5 2:00
    ・日本経済新聞 電子版

    ・・医薬品世界2位のノバルティス(スイス)は薬が効いた患者にのみ支払いを求める・・「成功報酬型」薬を日本で販売できるよう政府に働きかける。高額の新型がん免疫薬が対象


  • ◎ 「創薬化学分野最大の学術会議」に・・口頭発表演題として選抜されたのは・大いに価値有り

    ・・実行委員長挨拶

     日本薬学会医薬化学部会の主催による第35回メディシナルケミストリーシンポジウムが、平成29年10月25日(水)~10月27日(金)の三日間、名古屋大学豊田講堂(名古屋市)にて開催されます。

     本シンポジウムは日本における創薬力の更なる向上を目的に、産学官の各分野で活躍されている多くの研究者が一堂に会して活発な意見交換が行われる「創薬化学分野最大の学術会議」です。第一線の研究者のみならず、これからの創薬を担う若手研究者・院生・学生の方々にとりましても、創薬化学研究に関する意識高揚や情報収集、ネットワーク形成のための貴重な場でもあります。

     ・今年度も創薬関連分野でフロントランナーとして活躍されている研究者の方々に、ご専門の研究に関する最前線と展望をご講演いただくことになっています。また、企業や大学の創薬の現場で活躍されている多くの研究者の方々に研究成果を口頭あるいはポスターで発表して頂き、活発な議論を繰り広げていただきます。新たな企画として、今年度はポスター発表を主題別にカテゴリー化しポスターを配置する予定です。主題別カテゴリーは、従来から活発に発表が行われてきた分野に加えて、これからのメディシナルケミストリーの発展に欠かせない関連学問分野においても設定し幅広く発表を募集します。共通の主題でより深い議論を可能にするとともに関連分野研究者との多角的な議論も大いに期待しています。

     ・名古屋での開催は11年ぶりになりますが、近年、創薬を取り巻く環境は大きく変化し、オープンイノベーションが活発に行われている昨今です。本シンポジウムでも参加者の皆様による積極的な知識や経験の共有を通して創薬力の更なる醸成の機会になることを期待しています。多くの皆様のご参加、ならびにご発表を心よりお待ち申し上げております。

    ・実行委員長 福山 透
    (名古屋大学大学院創薬科学研究科)

  • ◎ 参考です

    ☆ EPR効果

    ・・・腫瘍周囲の新生血管は不完全であり,血管内皮細胞の間に隙間が存在する.そのため,正常の血管は透過しない数百nmの高分子薬剤が,腫瘍では血管壁を抜けて組織中へと透過する(enhanced permeability).また,腫瘍ではリンパ組織も成熟していないため,組織中の異物を排除することができず,結果として,血中から漏れだした高分子薬剤は腫瘍組織中に貯留する(enhanced retention).

    このよう
    な,高分子薬剤が腫瘍へ集積する特性をEPR(enhanced permeability and retention)効果という.


  • インドの人口は12億8千万人と、中国に次ぐアジアの大国です。総人口に対して働き手の割合が高く、労働力増加率が人口増加率より高くなる“人口ボーナス期”が2020年ごろから続くことが予想され、今後の高い経済成長が期待されており、インドへの投資に注目が集まっています。

    インド株式指数であるSENSEXは直近2年で約45%上昇しており、日本株と変わらないパフォーマンスとなっております。また、同期間、インドルピー/円は約15%のルピー高円安となっており、日本国内の投資家にとって、インド株式は日本株以上のパフォーマンスをあげたことになります。


  • ◎◎ 約・「295倍」だ!!!
       ・・・期待・期待・期待!!!

    ◎ アマゾンの「500倍」には、及ばないが

       ・・・・約・「295倍」だ!!!

       ・・・・1.29ドル  ⇒ 380ドル(2000年--2--11)
       ・・・・60万円  ⇒ 約 1億7700万円
       ・・・・70万円  ⇒ 約 2億650万円

  • Sify Technologies Limited(Sify)は、統合情報通信技術(ICT)ソリューションおよびサービス企業です。 当社のセグメントは、国内

    データ、国際データ卸売音声およびネットワーク管理サービスを含むテレコム・サービスである。 コロケーションサービスを含むデータセンターサービス。 情報技術(IT)インフラサービス、IT変革サービ

    ス、リモートおよびオンサイトのインフラストラクチャ管理サービスおよび配信プラットフォームを含むクラウドおよびマネージドサービス データセンタービルド、ネットワークインテグレーション、情報セキュリティ、エンドユーザコンピューティング、コラボレーションツールおよびソリューション、アプリケーション開発および保守、アプリケーションテスト、モビリティソリューション、eラーニング、ポータルなどのアプリケーション統合サービスを含むテクノロジー統合サービス ツール、プロセス、および自動化が含まれます。 当社は、

    インドの様々な地理的位置に「約6つのTier IIIデータセンター」を有している

    ◎・・・大化け期待!!!!!


  • ◎◎ 3か月で・・約2.2倍

    出来高急増!!

    ・・・日付   ・始値 ・高値・安値・終値・出来高
    2017年9月19日 1.25 1.54 1.24 1.46 2,128,131
    2017年9月18日 1.09 1.2 1.08 1.2 474,456
    2017年9月15日 1 1.09 1 1.08 190,736
    2017年9月14日 0.93 1.04 0.93 1.02 221,664
    2017年9月13日 0.92 0.97 0.85 0.96 269,121

    2017年6月23日 0.69 0.73 0.69 0.72 112,443
    2017年6月22日 0.77 0.77 0.7 0.74 148,092
    2017年6月21日 0.78 0.78 0.76 0.77 50,853


  • ◎大化けか!!!

    ・・Sifyは、インド亜大陸で最大のICTサービスプロバイダー、システムインテグレーター、オールインワンネットワークソリューション企業です。 また、カリフォルニア州のシリコンバレーの中心に本社を置く米国にも拡大しました。

    ・・8500を超える企業がSifyの顧客になりました。 また、他の大手ネットワーク事業者と提携して、グローバルネットワークソリューションを提供しています。


  • ◎急騰の理由はこれか??


    ・・Varian Medical Systemsの放射線治療用に世界初のプライベートクラウドを立ち上げ、インドのがん病院のCancer Treatment Services International(CTSI)ネットワークに導入

本文はここまでです このページの先頭へ