ここから本文です

投稿コメント一覧 (24コメント)

  • >>No. 3195

    本当かどうか分からないし、実はラグビーへの愛から出た言葉だと思うんだけど、
    「ラグビーは国境が出来る前からあった」と。
    もちろんラグビー発祥の頃から国はあったと思うけど、
    時代によって国境はあちこち変わるけど、ラグビーにとっては今誰と一緒にラグビーしているかってことの方が大事だと。
    だから、国籍主義ではなく、協会主義というか、その協会に属していたら「なにじん」だろうとその協会の代表ということ。
    同じ釜の飯を食って一緒にラグビーしてるんだから、「なにじん」かなんて関係ないという考え。
    昔はそんなおおらかさが通用したけど、今はそうもいかないから一応基準はあるけど、
    他のスポーツより国籍基準が緩い。
    とまあ、本当かどうか分からないけど、私はこの考え方が好きでそう信じています。

  • >>No. 3187

    おっしゃるとおり、人によるんだと思いますよ。
    殴った外国人選手を諫めているのも外国人選手でしたから。

  • 天理が早稲田を圧倒したらしい。
    天理は明治にも勝っています。
    きのうの明治は終了間際にかろうじて同志社を逆転しての勝利。
    関西もなかなか頑張っていますね。
    東海が調子が上がらないようですが、まだまだこれからでしょうね。

  • 3161のご意見に賛成です。
    これを書かれた sum*****さんは、最近ずっと留学生ラガーマンが増えるのに反対されてるsam*****さんとは大学生や大学ラグビーというものに対して真逆の考え方をされていると思います。

  • >>No. 3143

    sam*****さんとおっしゃる方のコメントが続いていますが、ラグビーよりもあなた自身の日本人感が色濃く出ているような気がします。
    日本人感は人によって様々ですが、私の記憶の中には、現在のように公共性も協調性も倫理観も乏しく、自分勝手で道が汚れても構わず用を足しゴミを落とし、アジア人を公然と見下し欧米人に卑屈になり団体で売春ツアーに出かけ、公害で自然を壊し日本人同士でも人権などないものとして上が下を男性が女性を蔑む、ヘドロのような社会が事実としてありました。
    それほど大昔の話ではありません。
    今の日本は自らの力とまわりの国からの影響で良い発展を続けてきていると思います。
    同じ顔をして同じ言葉を話すのはある種の一体感や安心がありますが、それだけではまた澱んでしまいます。
    新しい価値観や新しい視点がどんどん入ることで、新しい日本が生まれてくるのではないかと思います。
    これまでの歴史を見ても、新しい風はただ破壊だけをもたらしません。賢い日本人がどんどん異文化や異なる価値観を吸収しつつ新しい日本を作って来ていると思いますよ。

    ラグビーの話ではなくて申し訳ありません。

  • >>No. 3091

    私の知る限り、多くの大学では4年生が自分たちでキャプテンを選んでいます。
    私が応援している関西某伝統校もそうです。
    なので、

    >やはり誰しもがそうだと思うのですが、自分が納得できないことを本気では取り組めないと思うのです。
    決断するプロセスの中で、できるだけ多くの人間を議論に巻き込むことで主体的に選ばせる。そこには当然、自分たちが選んだのだという責任感も生じますし、納得する度合いが違う。選ばれた主将はみんなのために頑張ろと思うし、選んだ学生たちは主将を支えようとする。

    は、他の多くの大学でも同じ環境です。
    帝京の強さは、この点ではないと思います。

  • >>No. 2810

    そこし脱線されていませんか?

    私が2805で「ラグビーは多くのスポーツの中でもとりわけ懐が深いスポーツだと思っているので大変な違和感を感じます。」と書いたのは、「ラグビー経験者は人格者が多い」という意味ではないと、皆さん分かっておられると思います。

    ラグビーは懐が深いスポーツ、上手く表現出来ませんが、例えば国籍や人種にこだわらない、フィジカルが重要なのに大小高低様々な選手がいる、そもそもボール自体に不確定要素が大きい・・など、多様性に寛容というか、様々な要素を包み込んでなりたっているスポーツだと思う、という意味です。

    この多様性はある意味でラグビーを特徴づけているものですが、決してスポーツの優劣を言っているものではありません。
    野球には野球の良さが、サッカーにはサッカーの良さがあり、たかがラグビーされどラグビーの精神はどのスポーツにも当てはまることでしょう。
    ご自身の周りの嫌いな人間をあげつらって何を証明しようとされているのでしょうか?

  • 明治はたいした大学であるという主張に共感します。
    ですが、「お前は半島人か」この一言で台無しです。
    進学校卒の知性豊かであろうあなたの頭の中が突然透けて見えてしまって台無しです。
    ラグビーは多くのスポーツの中でもとりわけ懐が深いスポーツだと思っているので大変な違和感を感じます。

  • >>No. 2769

    そんな。
    何を言っているんですか。

    日本のレフリーの方々には頭がさがりますが、レフリーの質はどんな時でも高い次元で保たれるべきだと思います。
    ある意味レフリーは試合中絶対権力者なのですから、その責任を痛感して日々努力しておられると思います。

    あなたの抗弁はむしろ厳しい環境の中であえてレフリーの重責を担っている人たちに対して失礼な言い方だと思いますよ。

  • 伝統校は文武両道だとか、大学生としての本分が・・とか言う話には、うんざりします。
    私の応援する伝統校にも、その大学の学力に全く見合わない部員がたくさんいます。
    他の伝統校のリクルートの話もよく聞きますが、大学の求める学力条件をいかに下げさせるか、有名無実のものとするか、すきまを狙って押し込むか、苦心惨憺されています。
    こう書くと、そら、だから伝統校は文武両道を目指しているということではないかと言う人がいますが、逆です。

    大学はもちろんそう考えていますが、クラブはいかにそのタガを外そうかと必至ですから、文武両道など考えていません。
    そして、そのクラブの文武両道の縛りを外すことに、工夫して努力して成功したクラブが今頑張っているのです。
    だから、結果として、所謂高偏差値の大学が多いと言われる伝統校の方が、一般学生と部員との学力差が大きく、大学生の本分云々から言えば、非伝統校よりも明らかにいびつな構造なのです。

    じゃあ、リクルートに苦労する伝統校はかわいそう、誰でも入れる非伝統校は有利だと思いますか?
    とんでもない、入学するのに学力重視ではないと分かれば、伝統校のブランド力に惹かれて入りたい高校生は少なくない。
    学生の集めやすさで言えば伝統校の方が有利な側面もあるのです。

    結局、どちらもプラスマイナス0という話です。
    ラグビーチームの強さの大きな要因がまずいい選手を集めることだというなら、
    伝統校も非伝統校も、抱えるマイナス面が異なるというだけで、結局学力に関係なくいい選手を集めるという姿勢と目的では一致しています。

    伝統校は文武両道などという話は、ただの妄想です。
    ましてや人間教育は伝統校非伝統校に限らずなされているというか、4年間のほとんどをグラウンドで過ごす彼らにとってクラブでの人間教育は大きいものがあるでしょうね。

    母校だから愛着がある、昔からその大学のプレースタイルが好き、それでいいじゃないですか。
    私は母校愛からは離れられないものの、最近はそのプレースタイルに疑問を観じ、対戦相手のラグビーに感動することだってあります。
    そんな人間だっているのですよ。

  • 早稲田の結果はある程度予想できるものでした(あそこまでの点差とは思わなかったが、大きく負けるだろうと言う意味で)が、天理が帝京に肉薄していることに注目したいです。最後はあわや同点というところまでいったようです。
    天理は明治に敗れており、帝京も天理も連戦疲れもあり、正確なことは言えませんが、天理は注目に値するチームだと思います。
    天理は、留学生以外はもともと体も小さい選手が多く、高校のスターがほとんどいないチームですが、その状況下でも確かなチーム力を維持し、4強に入りつつあります。帝京を狙う他のチームに様々な示唆を与えると思います。


  • (つづき)
    もちろん、できない理由には人件費をまかなうための資金も伝統校は自前で集めなければならないという高いハードルがあります。これも大きいですね。
    同志社もOB会が中心となってOB会費や企業からの寄付を集めていますが、全く足りません。
    知恵を出して、監督を企業からの出向という形で企業に負担してもらって人件費をまかなっているので、出向は3~5年が限度です。終身監督制度を採用できない同志社としては、数年で監督をやめるならその後の再就職ができねば監督のなり手などいるわけもなく、すんなり企業に戻れる出向制度は同志社にとってはよく考えられた制度なのです。

    伝統校は非伝統校に比べOB会の発言権が強いので世間で言われているようにOBに固執しOB会に振り回される現場という悪しき構図があることも確かです。
    しかし、それ以上にリクルートの段階でも、一体育会クラブの運営に関しても様々な大学としての規制があり、ラグビー部に資金や人材を集中させる(優遇)ことはある程度できても、日本一への強化にふさわしいほどに特化させることは難しいのです。

    それはラグビー強化のためには不合理だねと言われても、確かにその通りだけどどうしようもなく、その中でどうやって強化していくのか?
    例えばリクルートに関しては指定校推薦にかかる進学校の中でラグビー強豪校とのパイプを強くするとか、付属高校の強化をするとか、推薦にかかりそうな生徒の進学指導をするとか。
    短期指導陣の問題では、監督が替わっても基礎的な鍛錬の部分に関してはOB会が責任をもって同じ強化を続けていくとか、知恵を出せばなんとかなるでしょう。

    国立大学である筑波は、大学自体がスポーツ強化をテーマのひとつとしているので、大学が人材や環境を整える理由がありますから、筑波はまだ大学との協力体制を取りやすい大学と言えます。

    伝統校が、非伝統校のようにできない点をむしろ鼻にかけるがごとく非伝統校にいちゃモンをつけるのもバカげており、また、非伝統校が、伝統校では不可能に近いことをやるべきだと言ってもそれでは議論になりません。

  • 伝統校では監督がコロコロ変わる。非伝統校では比較的長い期間同じ監督が指導する。
    その方式で帝京や天理などは実績をあげているので、メメントさんのおっしゃることはその通りだと思います。
    以前にもメメントさんはその点を強調しておられました。
    私はその時にも投稿しようかと思ったのですが、機会を逃し、また同じテーマで議論されているので今度は参加させていただきます。

    これがラグビーのクラブチームならメメントさんの提案はその通りだと思いますが、大学で伝統校の場合、難しいです。それは大学のシステムが違うからです。
    私の過去の投稿を見てもらえればわかりますが、伝統校はラ専ではないのだよと揶揄する意味で言っているのではありません。
    伝統校も非伝統校も大学の体育会の一クラブであるとして、やれることの巾が事実として違うので難しいと言っているのです。
    やりたいけどできないシステムなのに、やらないのはばかげていると非難されるのは違うかなあと思います。

    伝統校では、監督というのは非正規嘱託職員・教員のような形なので、契約の問題として同じ人物が長くその地位にあるのは難しいです。
    かつて、同志社の岡監督(教授職)は長期政権でした。そのおかげか同志社は強かった。あの時代は、体育会クラブ指導がおもな業務である正規教員が存在するという大学や学部教授会からの批判とラグビー部の成功がバランスをとっていましたが、その後同志社が難関大学になる過程で、ラグビー部への優遇は「悪」となりました。
    つまり、主にラグビーの指導をするために人を正規職員・教員として長期に雇うことはできないので、短期雇用になります。また、課外活動である体育会クラブの指導者は大学の承認がいるので、OBでない場合はなぜOBではないのか、どこが委託するのかなどハードルがあり、「勝つためにもっとも合理的な最短ルートをとって強化すべき」というスポーツ界の常識が、町のクラブチームでは当然でしょうが、大学の一体育会クラブでは必ずしも常識ではないのです。
    (つづく)

  • >>No. 2598

    私も某伝統校を長年応援していますが、日本の大学に在籍する留学生を調べてみると2~10%ぐらいのようです。
    いわゆる伝統校という大学ほど留学生数は多いようです。
    ですから、100人を超えるクラブなら2~10人ぐらい留学生がいてもいいことになるなあと思います。
    (そうはいっても、留学生はアジア系が圧倒的に多いですから、ラグビーをやる留学生はそれほど多くないとは思いますが)
    私は大学というところは世界に向かって開いているはずで、中学高校と違って、どちらかというと「純血」という言葉とは対極にある場所だと思っています。
    学部に留学生が一定数いるのであれば、その中に体育会クラブに入部する学生がいてもおかしくないのですが、ただ日本の大学の体育会クラブというのが、実は日本人学生にとってもお気軽に参加できない特殊な場所だというのも留学生が少ない理由かもしれません。
    大学の中にあっても、一般の学生には敷居が高く、そのクラブのためにわざわざ特別な推薦枠を用意して特別な選手を集めるような組織なのです。体育会クラブは大学に通う大学生の部活動というイメージとはすでにかけ離れていると思うのに、留学生は助っ人だから入れないとか、大学スポーツにそぐわないという論理には、いつも違和感を感じてしまいます。

    広く開かれた大学であるなら、入試をクリアし能力があるなら入部させればいいと思います。
    日本の大学でラグビーをしたいという海外の高校生は結構いると聞いています。
    一部の大学が能力の高い外国人高校生を取り放題であるなら、少しもったいないなあと思います。

    勝利至上主義のプロスポーツとは違う意味で、日本の大学を舞台に、海外の高校生たちがラグビーをするために集結し日本人選手と相互にいい影響を及ぼすというなら、それはそれで心躍る世界だと思います。
    早稲田や慶應から巣立った外国人選手が世界のラグビーで活躍するなら見てみたいです。

  • >>No. 2541

    私は長年同志社ファンをやっていますが、
    >同志社さんは、純血日本人メンバーですね!!
    >帝京さんの8連覇を純血メンバーで阻止してもらいたいですね!!
    こういう書き込みを見ると反吐が出ます。
    汚い書き方で申し訳ないですが、心の底からそう思います。
    このような狭量で非理性的で臆病者としか思えないような書き込みに同志社の名が使われること自体我慢なりません。
    純血っていったいなんですか?ラグビー選手は馬かなにかですか?

    同志社の躍進はうれしいですが、同志社は単に組み合わせの結果、初戦も第2戦も留学生のいないチームに当たって勝ち残ったに過ぎません。
    留学生をひっくるめて異星人か何かのように扱う人がいますが、私にとっては留学生は個々の強力なペネトレーターにすぎないと思っています。
    日本国籍の選手にも強力なペネトレーターもいるし、留学生でもさほど強力でない選手もいます。
    同志社は初戦、第2戦と強力なペネトレーターを擁するチームと当たってこなかったので、次の東海戦は正念場です。
    留学生だろうが、日本国籍の選手だろうが、来年度同志社に入部予定のいわゆるハーフの選手だろうが、
    同じ釜の飯を食ってチームに好循環をもたらす選手なら大歓迎です。

  • >>No. 2493

    ???
    対抗戦の伝統校3校は、関西の伝統校3校に負けたのではないですか?
    単に、対抗戦2位~4位の3チームが関西の1位~3の3チームよりも弱かったというだけだと思いますが。

  • >>No. 2313

    なぜ自明か?
    あなたの言うことが理にかなっていないからです。

    「私はその学校の古くからこだわるラグビースタイルであったり、憧れの選手の出身校であるという伝統校ならではの理由で入学しているものだとばかり思っていました。
    伝統校に行く部員ってそんな軟派な理由で入学するんですね?
    何大学の誰がそんな不埒な輩なのか教えていただけませんかね?」

    とあなたは主張され、「ラグビー高校生は様々な理由で進学してくる。(だからこそ大学側は良い選手を取るための戦略を練ることができる)」という私の意見に異を唱えられました。

    それでは、聞きたい。
    なぜ伝統校の選手はみんなその大学のラグビースタイルやOBに憧れて入って来ると思うのですか?
    それ以外の理由で入って来るはずはないと思うのですか?
    それ以外の理由で入って来る者を「不埒な輩」と決めつけるのはなぜですか?

    ちなみに、ネットで色々検索してみてはいかがでしょうか?
    私が先ほどやってみただけでも、佐々木隆道氏は関西の同志社か立命に行きたかったので早稲田からのオファーに対して嫌だといったら記虎監督にダメだと言われ、「先生に違う選択肢を言おうものなら……」と書いてありました。

    重ねて書きます。

    自分で大学を選べる高校生などごくわずか、ほとんどが高校の薦めや大学からのオファーの状況で自分にとって最善と思う進路を選んでいます。
    その結果入った大学で「~のプライド」という矜持に共感し、自分もそうありたいと努力するようになる。
    伝統校であろうと非伝統校であろうと、今そこにいる選手達は自分のチームを愛しているはずです。

    伝統校に入学する選手はすべてそのラグビーに憧れて来たと信じているなんて、今時信じられませんが、
    それ以上に、知らずに応援していたことを後悔しているかのような発言自体、その価値観こそ私には驚きです。
    私も某伝統校のファンですが、様々な理由でこの大学に集い、その大学を背負って戦う選手達の入学理由に興味もなければ、その理由によって失望したりもしません

  • >>No. 2292

    驚きました。
    私の書いたことはすでにラグビーファンには自明のことだと思っていました。
    また、ソースを書けとのこと、こんなところに名前でも書くと思うんですかね?
    小学生が何時何分何秒だったか言ってみろといちゃもんをつけるのと同じです。

    伝統校に入る選手は皆その大学に憧れて来る(が、非伝統校に入る選手は計算ずくで来る)というのは、ファンタジーです。
    しかも、気づいておられないようですが、その大学のラグビースタイルに憧れる、または活躍するOBに憧れるのであれば、伝統校と非伝統で違いはないはずです。なぜ伝統校は憧れが理由だと思うのでしょうか?

    しかし、もっと重要なファクターは大学からオファーがなければ進学できないということです。
    どんなに憧れても計算ずくでもラグビー推薦はオファーがなければ行けません。

    私自身は仕事の関係で、本当は○○大学に行きたかったけれど先生が××大学を薦めたので、または、○○大学に行きたかったけれど××大学からしかオファーがなかったのでと言うのを何度も聞きました。
    最初の○○大学に行きたかった理由も、先輩がいる、そこのラグビーが好き、大学自体が好き、就職がいい、経済的理由、兄弟との兼ね合い、○○弁が嫌・・・など様々です。

    しかし、世の中に出ている記事では、もちろん××大学に憧れて来ましたと書いてあります。
    それは嘘でもあり本当でもあるのでしょう。
    自分で大学を選べる高校生などごくわずか、ほとんどが高校の薦めや大学からのオファーの状況で自分にとって最善と思う進路を選んでいます。

    その結果入った大学で「~のプライド」という矜持に共感し、自分もそうありたいと努力するようになる。
    伝統校であろうと非伝統校であろうと、今そこにいる選手達は自分のチームを愛しているはずです。

    伝統校に入学する選手はすべてそのラグビーに憧れて来たと信じているなんて、今時信じられませんが、
    それ以上に、知らずに応援していたことを後悔しているかのような発言自体、その価値観こそ私には驚きです。
    私も某伝統校のファンですが、様々な理由でこの大学に集い、その大学を背負って戦う選手達の入学理由に興味もなければ、その理由によって失望したりもしません。

    伝統校のファンタジーにどっぷりつかっていたいなら、私の前回の投稿は見なかったことになさるのがいいかと思います。

  • 今の大学ラグビーは、その大学に学力で進学した部員によってチームを編成しているのではありません。

    今、ラグビー高校生は、同じ強豪高校から、おまえはあっちおまえはこっちと各大学へ送り出されてきます。
    つまり、大学はラグビー高校生達が大学でラグビーをする際、さあどこでやるのが一番お得かなという話になっているのです。

    その際、伝統校はそのブランド力(○○卒の方が箔がつく?一般就職もよさそう?楽しい大学生活?)でいい選手を集めやすい環境ですね。
    それに対して非伝統校は、ブランド力が弱いのでいい選手が集めにくい環境があります。

    それでもいい選手を集めるには、ラグビーの環境を整え、ラグビー選手として未来があるという図式を提示し、実際にラグビー選手があこがれるような強豪校にするしかありませんし、かつて大東文化大学や関東学院大学、そして今帝京大学もそのような戦略をたてて、成功しています。
    逆に、こうした大学が強豪校でなくなると、とたんに選手が集めにくくなるという弱点を抱えていますので、継続性が最重要です。今年いいメンバーだから勝てそうだとかのんきなことは言っておられません。

    こういう戦略は、別に卑怯なことでもなんでもなく、伝統校のもつブランド力という実はラグビーとは直接関係ない要素に対抗しいい選手を集めるために、帝京でラグビーをした方がお得ダと思わせる効果的な戦力をたて、実行したというだけです。

    学生スポーツの範疇云々の話がよくでますが、世に言う高偏差値の伝統校も、どう考えてもその大学の一般学生の学力と釣り合わない部員を多く抱えています。
    その矛盾は、今後ももう後戻りできません。
    逆にいうと、低偏差値の非伝統校の方が部員と一般学生の差は小さく、高偏差値の伝統校の方が部員と一般学生との学力差が大きいということになり、学生スポーツという話であれば、コチラの方がおかしな話なのです。

  • 嘘とかお世辞とかでなく、なんで事実であってもそんなに相手をバカにしたような書き方をするのか不思議です。
    私は関西のチームのファンで、絶対王者たる地位を確立した帝京を限りなく尊敬していますが、
    それは帝京大学ラグビー部を尊敬しているということで、
    まるで自分の成し遂げたことのように、他大学をバカにする帝京ファンの物言いは疑問に思います。
    それは、同様に伝統校のファンが他大学をバカにするのが嫌いなのと同じです。

    メメントさんのラグビーの話は確かなもので毎回楽しみに読ませていただいています。
    できれば、わざわざ相手をバカにしたような書き方でなく、
    ラグビー好きがラグビーの試合を見て熱く語るというような書き込みをたくさん読ませていただきたいです。
    メメントさんの厳しい反論は他大学ファンが理不尽な攻撃をしたときのためにとって置いてください。

本文はここまでです このページの先頭へ