ここから本文です

投稿コメント一覧 (203コメント)

  • チュウが岡本に対し、コンパクト教を伝授しています。ホームランよりも最短で芯に当てていかなくてはならんと指導しています。マジで!ホームランバッターにチュウが余計な事を言ってますわ!こいつホンマに死んでもらいたい!チュウなな指導されて成功した輩は1人もいいひんわんな。なぜにコイツに指導さすかなぁ!これも原の影響やな。

  • 多くのG党にとってはポストシーズンの行方と並行して、来季首脳陣の顔ぶれも気になる時期。なかでも最も注目されているのが村田ヘッドの去就だろう。由伸巨人で中心的役割を担ったベテラン参謀は、自身の進退をどう考えているのか…。
     ――ヘッド、お疲れ様です。どうしても聞きたいことがありまして…
     村田:聞きたいことってなんやねん。どうせ、俺が来年どうするかを聞きたいんやろ?
     ――はい
     村田:それはシーズン終わってからや。俺が会社(球団)と話してから。それからなら話すよ。会社と話す前にメディアに話すのは失礼やろう、人としてさ。
     ――由伸監督が決断を下した以上、一番近くで支えてきたヘッドの去就にも関心が高まっています。チームに残るという話も流れていますが、まずはご自身に確認するのが我々の仕事ですので
     村田:それは俺はなんも聞いていないし、わからへん。聞いていないんやから。これから先、終わって会社と話したときに答えが出るさ。それから発表があるやろう。そうしたら答えるよ。
     ――では球団の判断は別として、現時点で自分自身で思うところはあるのでしょうか
     村田:そりゃ、人間みんなそれぞれ考えってあるんちゃう? でも、それがどうなるかはわからへんよ。
     ――たとえば球団に「残ってくれ」と言われたらどうしますか
     村田:“たとえば”の話には付き合えん。(球団と)今後話して、自分の意見を言って、話し合いの結果どうなるかはわからへんって。君らの仕事は分かっているけれど、俺には明日からの戦いの方が大事やし、終わってから来てくれよ。

    とまぁこんな感じでしたわ。
    考察!これだと自分自身では責任があまり感じられず本社と話し合って辞めてくれと言われれば辞めるという風に聞こえます!さすがコンパクト教の教祖様や!

  • ルンバ原!複数年というが単年契約にしようや。しかも全面任すて、やりたい放題やないかい!これでチュウも残り決定やな。腹立つわ!

  • 原第3次就任決定!!しました!
    あとは組閣ですね。二軍監督に篠塚の名前が上がり始めています。川相が辞め誰がヘッドコーチになるのか注視したいところです!クライマックスシリーズが始まる前にチュウの退団話しがあれば、ベンチもファンも盛り上がるんでしょうが、、、。

  • 3割32本100打点!岡本和真おめでとうございます

  • 最後の試合ですね。悔いのないよう楽しんで試合わ全うしてもらいたい。

  • >>No. 43908

    原政権!あの一億円騒動がなければ良かったのですが。日大のようなパワハラが蔓延しなければ良いと思います。
    川相や田代のように育成指導に定評があるスタッフが去る事はとても寂しくおもいます。今までありがとうございます。また数年後戻って来る事を期待します。
    チュウはどうしてるんでしょうねー?w
    よもや原監督になるので、残れると思っているのかな。バッテリーコーチ無能!打撃コーチ無能!ヘッドコーチ最上級の無能!何をやっても無能評価。さてさてw。

  • ルンバ原が降臨してまたもや勇人、慎之助以外ポジション白紙なんて事を言うんでしょうねー。岡本を育てるのでは無く、彼も横一線。競い合ってとか言ってね
    それにしても、球団としてのコンプライアンスは大丈夫なんですかね。たかが3年で舞い戻り全て解決したみたいに思っているのか?!コンプライアンスよりも優先的に優勝と思っているんでしょうか。小判鮫のチュゥも何やら残りそうですし。全く変わらない体質だと推察されますわ。兎にも角にも、良いも悪いも原第3次内閣はほぼ第2次と同じような陣形とミスターXによる補強になりそうですね。FAも使えない選手をとって、良い若い芽を放出。

  • ルンバ原降臨か!?
    やっとここの掲示板の内容に沿う監督問題!
    鹿取GMが去り、セイロクも降格と聞かれるが、チュウの事は一切何も出ず。原イズムの継承者チュウは残り草ヤバいなこれは。それと原なら中井の一軍帯同は無くなる事は確かだが。

  • だれもが周知の記事内容です。

    9月12日、東京都内で行われたオーナー会議に初出席した、巨人の山口新オーナーは、今季が3年契約の最終年となる高橋由伸監督に「来季続投」を要請する意向を示した。
     しかし、低迷を続ける巨人の内情について、番記者は嘆息する。
    「巨人低迷の一番の原因は、間違いなく由伸監督です。とにかく無策で、采配は村田ヘッドや斎藤投手総合コーチに任せきり。かといってヤル気を引き出すモチベーターとしても、まったく尽力しておらず、選手とは基本的に没交渉です」
     最近では、その「仲良し内閣」とヤユされてきた由伸政権が崩壊の兆しすら見えているというのだ。
    「監督ばかりか斎藤コーチも番記者相手に『みなさんとしゃべるのも今年が最後ですから…』と目がウツロ。ネット上で悪口を書かれていることに落ち込んでいるようで、ベンチをしらけさせています」(日本テレビ関係者)
     仮にCS進出を逃すとなると、同一監督での2年連続Bクラスという、球団創設以来、初めての屈辱にまみれることになる。

    オーナーは続投を明言したものの、現状は由伸の評価をしていないらしい。由伸は評価されたと思い来季に思いを語るに至る。
    責任感のなさを痛感して欲しく、本人から辞表を出してもらいたいのが本音らしいが、由伸がどこかの坊ちゃんみたいに、誰かが責任とれば僕は辞めなくていいと思っていたら本末転倒で、由伸長期政権になりそうです。中畑が監督になるにしろ、他の方が監督になるにしろ、全ては由伸しだいになるということだと推察します。ナムー(-ノ-)/Ωチーン

  • そや、陽もいらんわ。高っかい買い物したなぁ。
    いらんFA全て血の入れ替えせぇよ!コバやんもリード悪すぎや。頑固はええが、もうちょい勉強しようや。
    毎回同じやで。

  • どうしてこうも同じ相手にとことん負けるんや💢
    データ室だかという部門は機能してないことを証明しとるやないかい!
    由伸よ!いい加減メモどりの成果を出せよ!
    由伸よ!采配しようや。なんでセイロクに継投を任せんのや。セイロクに花道を作るために采配任せとんかい。そんで負けたら前みたいに会見拒否すんのかい!
    あとな、中井の枠もったいないわ!別にムードメーカーでもないんやから。誰がコイツ推すねん。

  • 山口俊をクローザーに抜擢したのは由伸です。
    尚岡本を育成し四番に添えた実績を評価されていますが、育成したのは内田さんや田代さんです。由伸は二軍戦すら見に行かず、なんの情報も無いまま一軍帯同し現在に至るです。しかも直接指導も何も無いまま。
    チュウが岡本を推し進めた結果です。由伸はただただ、チュウが勧めたからなんです。なのでたまたまそこに居たのが、由伸なんです。ここ3年何にもしてないんですよ実際!なので、由伸本人も責任がないんです。

  • 小林9月はノーヒットだったらしいです。
    月間ノーヒット記録保持!

  • 広島の戦略的組織改革がモノをいってますな。
    お見事です。松田オーナーを初め、各分野の構図がハッキリし意見交換を常に持ち、ブレない方針が今に結びついている。独立採算式のメジャーのような選手育成方式が実った現状ですね。
    我がジャイアンツには、真似出来ない体制ですな。
    我がジャイアンツはブレにブレまくりでオーナーからしてぶれまくっている。人気人気と由伸に託したものの、地蔵根暗で選手の時のような人気は皆無。選手育成はしない、選手育成よりもメモを優先。打撃指導も皆無。試合はセイロクやチュウに任せ、遠い空を見つめたり、メモにチェックをいれたり、最悪は試合を見てない。審判に交代を告げるくらいが一番の大きな仕事。先日のコメントでは投手起用どのようにして行きますかの質問に、斎藤コーチに任せていますので、私に質問されてもちょっとと返答。打てない打線に関しても、そうですか?もうちょっと自分たちで考えながらやってもらわないと、、、それだったらコーチはいらんというものだ。なんにせよ、コーチや監督の質が広島より低いのが、原因と言えそうです。
    よもやとは思いたくないが、由伸以下主力のコーチが
    留任なんてないでしょうが、、、。由伸が居座る条件として、オーナーにゴリ押しというのも考えられる事がとても怖い感じがします。

  • オリックス福良監督!潔く退任。
    続投要請も頑なに退く事を決意!
    アッパレです!由伸は?

  • 日刊ゲンダイの記事抜粋

    高橋由伸監督は9月12日からアレックス・ゲレーロを1番で起用した。ファンも驚いただろう。私がもっと驚いたのは、そのゲレーロが3試合連続無安打に終わると、15日の試合ではもうスタメンから名前が消えていたことだ。

     ストッパーに配置転換した山口俊の起用にしてもそう。同じ12日のヤクルト戦で1―0の九回に登板して、同点に追いつかれた。すると、次にマウンドに上がったのは、16日の中日戦。8点リードの九回だった。

     ゲレーロの1番起用も山口俊のストッパーへの配置転換も、それなりの根拠と覚悟があってのことではないのか。それをわずか数試合でひっくり返してしまう。その場しのぎもいいところ。みっともないとしか言いようがない。

     巨人は3年目の内野手・山本泰寛がフライを落球したり、チームに信じられないような守備の乱れが続出している。これだって、ベンチの問題と無関係ではない。

     年俸3億円の助っ人や2億3000万円のFA選手ですら、失敗が許されないと知れば、若手選手はミスをしたら終わりだと、余計な力が入るものだ。味方であるはずのベンチにプレッシャーをかけられているようなもので、平常心でプレーなどできない。選手はベンチ、特に監督の顔色が気になるもの。だから、監督は追い詰められても、どんなミスが出ても、泰然自若とし、堂々と、クールに振る舞わなければいけない。それが、やせ我慢であってもだ。

     打順や役割をコロコロと変え、ベンチがジタバタ浮足立つと、その焦りは間違いなく選手に伝染する。今年の巨人はずっとそう。いや、中日だって阪神だって、起用が一貫せずに、ベンチと選手の間に信頼感が感じられない。広島との差はそこにもある。

    (権藤博/野球評論家)

  • 岡本、調子悪い原因の一つにポジションが固定化されていない事もあるな!しかもジャイアンツの4番がコロコロ守備位置が変わるんわ余り見たことないな。決まって居るんは勇人と慎之助スタメンの一塁だけや。
    岡本のポジション固定化しようや!

本文はここまでです このページの先頭へ